03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて............西畑小学校宇筒原分校  (2014年4月7日)(千葉県夷隅郡大多喜町) 

4月7日 公休日

この日は御宿海岸を目指して、朝早く自宅を出たものの
市原市、大多喜町の廃校巡りという道草をしていました。

大多喜町も近年の少子化により、多くの廃校があります。

田代分校をあとにして、訪れたのは........

         大多喜町立西畑小学校宇筒原分校


宇筒原分校は

明治7年   宇筒原村に小学校が設置される
明治22年  宇筒原村が近隣の村々と合併し西畑村が発足
        宇筒原尋常小学校と改称
明治41年  西畑高等小学校と合併し、西畑尋常小学校宇筒原分教場となる。
昭和22年  西畑村立西畑小学校宇筒原分校と改称
昭和29年  西畑村が旧・大多喜町と合併し大多喜町立西畑小学校宇筒原分校と改称
平成5年   本校と統合し廃校となる  
 


いすみ鉄道西畑駅から山あいに向かう県道沿いの台地に
宇筒原分校はありました。


現在は、その分校跡をオートキャンプ場として民間企業が活用しているようです。



      20140407宇筒原分校跡13



キャンプ場の看板の脇には宇筒原分校の標柱が建っています。


      20140407宇筒原分校跡15



かなり年季の入った標柱。
文字もかすれていて、かろうじて読めるといった代物です。


      20140407宇筒原分校跡14






こちらが宇筒原分校。

一瞬、木造校舎かと思いましたが........違いました。

平屋建てですが、一応鉄筋建ての校舎です。

 
      20140407宇筒原分校跡01




狭いながらも校庭跡はオートキャンプ場となっているので
芝生はとってもいい感じ。


      20140407宇筒原分校跡02


      20140407宇筒原分校跡03


ゴロ~んと転がると気持ちいいのか?
またまた びいすけ は芝生と戯れます。


      20140407宇筒原分校跡08


      20140407宇筒原分校跡09



校庭に残されていた子供たちが遊んだ遊具。


      20140407宇筒原分校跡04


      20140407宇筒原分校跡05



校舎全景

手前の茶色い建物はキャンプ場のバンガロー。


      20140407宇筒原分校跡06




こちらがバンガロー。


      20140407宇筒原分校跡07



校舎の反対側に回ってみます。


      20140407宇筒原分校跡10



こちらが正面玄関。


      20140407宇筒原分校跡11



看板は意外に新しい。
とても廃校から20年経った物には見えません。

廃校後に新たに制作されたモノなのか....?


      20140407宇筒原分校跡12


田代分校の看板を意識してのモノなのか.....?
真新しい看板にはちょっぴり興醒め。
廃校跡のキャンプ場って言うのも売りにしているからなのか?

確かに廃校記念碑などもなく、二ノ宮金次郎の像もない。
学校遺構としては、古びた遊具類と学校入口にあった標柱ぐらい.....

明治7年に設立された小学校らしさがなんとなく感じきれなかった。
そんな気がした宇筒原分校でした........................。





スポンサーサイト
2014/04/30 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.............西畑小学校田代分校   (2014年4月7日)(千葉県夷隅郡大多喜町) 

4月7日 公休日

この日は御宿海岸を目指して、朝早く自宅を出たものの
市原市、大多喜町の廃校巡りという道草をしていました。

大多喜町も近年の少子化により、多くの廃校があります。

会所分校をあとにして、訪れたのは........

          大多喜町立西畑小学校田代分校


田代分校は

明治7年   田代村に小学校が設置される
明治22年  田代村が近隣の村々と合併し西畑村が発足
        田代尋常小学校と改称
明治41年  西畑高等小学校と合併し、西畑尋常小学校田代分教場となる。
昭和22年  西畑村立西畑小学校田代分校と改称
昭和29年  西畑村が旧・大多喜町と合併し大多喜町立西畑小学校田代分校と改称
平成5年   本校と統合し廃校となる  
 


こちらが、田畑分校。


      20140407田代分校01



県道沿いに田畑分校はありました。
目の前は弓木神社。
バス停も分校前にあります。
どうせなら、 田畑分校前 とか 田畑分校跡 と言ったバス停にすればいいのに。


      20140407田代分校02



こちらが、田代分校の木造校舎。


      20140407田代分校03


この地区の1年生〜3年生がこの分校で学び、
4年生からは本校に通学していたそうです。



手前の建物は増築したもののようです。

      20140407田代分校05


分校時の講堂だったのか?
はたまた、廃校後に地域の集会場として増築されたモノなのか?
正直言って判りません。不明です。


      20140407田代分校06



校庭の桜の木は、学び舎としての役目を終えた今でも
綺麗な花を咲かせています。


      20140407田代分校04


      20140407田代分校07



廃校記念碑や二ノ宮金次郎の像が無いか?
周りを探してみましたが、ありませんでした。


鎖の掛けられた校門の裏に残っていた表札。


『千葉営林署 中野貯木場』と辛うじて読み取れます。


      20140407田代分校08

田代分校には、中野貯木場の門を再利用して使用していたのでしょうか?



こちらは、木造校舎の裏手。
やはり、年月は隠せません。


      20140407田代分校09

廃校から20年も経っているのだから、仕方がないと言うしかない。



こちらが正面玄関。


      20140407田代分校11




玄関に掲げられた看板が、やはり田代分校の歴史を感じさせます。


      20140407田代分校10



明治7年に創立され、生田の変遷を経て
最後は西畑小学校田代分校となり、
創立から119年でその歴史を終えた小学校。


今でこそ大多喜町ではあるけれど
かつては田代村と呼ばれた山あいの集落。
この廃校のように、この辺りは時間の流れが緩やかなように感じてしまう。


      20140407田代分校12


      20140407田代分校13



役目は終えても木造校舎として形を残し
そして地元の人たちにはここで学んだという思い出を残してくれているようです



2014/04/29 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............老川小学校会所分校  (2014年4月7日)(千葉県夷隅郡大多喜町) 

4月7日 公休日

この日は御宿海岸を目指して、朝早く自宅を出たものの
市原市、大多喜町の廃校巡りという道草をしていました。

大多喜町も近年の少子化により、多くの廃校があります。

老川小学校をあとにして、訪れたのは........大多喜町立老川小学校会所分校


会所分校は

昭和22年    老川小学校会所分校として設立。
平成13年    本校と統合され廃校。

養老渓谷のさらに奥、山あいの集落にできた分校でしたが
時代の流れとでも言うべきか?
少子化の影響で廃校となったそうです。
ちなみに廃校時の児童数は11名だったそうです。


こちらが会所分校。
昭和22年に建てられた木造校舎。

      20140407会所分校跡01


平成13年に廃校となりましたが、校舎は取り壊されることもなく
地元の方々の尽力で保存され、土、日曜、祝日限定ですが
『手打そば もみの木庵』として、美味しい蕎麦を提供しているようです。


      20140407会所分校跡02


平日のこの日は、当然営業はしていません。

ひょっとしたら、平日はフェンスに施錠され、
敷地内に入れないのかも知れませんが
たまたまこの日は、東京電力(?)の電気工事が行われていて
敷地内が作業車の駐車場となっていたため、敷地内に入らせていただきました。


      20140407会所分校跡10



そんなに広くはない校庭ですが、校庭の端に行って校舎全体を眺めてみます。


      20140407会所分校跡03


      20140407会所分校跡04



校庭の端、フェンス沿いに何本もの桜の木が
見てとばかりに咲き誇ってます。


      20140407会所分校跡05


      20140407会所分校跡06


こちらが、本来の玄関のようです。


      20140407会所分校跡07


校舎前に 廃校の碑 や 二ノ宮金次郎の像 が無いか?
探してみましたが、見つかりませんでした。


      20140407会所分校跡08


      20140407会所分校跡09



      20140407会所分校跡11


      20140407会所分校跡12


養老渓谷の粟又の滝から、更に山奥に入った小さな集落の会所地区。
きっと、この会所分校はランドマークのような存在だったのでしょう。

地元の人々に愛され、『手打そば もみの木庵』として、新しい活路が見出された会所分校。
いつまでもこの地にその姿を残して欲しいものです。



2014/04/28 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..........老川小学校  (2014年4月7日)(千葉県夷隅郡大多喜町) 

4月7日 公休日


この日は御宿海岸を目指して、朝早く自宅を出たものの
市原市、大多喜町の廃校巡りという道草をしていました。

大多喜町も近年の少子化により、多くの廃校があります。

最初に訪れたのは........大多喜町立老川小学校



老川小学校は明治6年に設立された大田代学校、
明治8年に設立された筒森学校がその前身とされています

明治22年    老川村が発足。
          老川尋常小学校が設立される
昭和29年     旧・大多喜町、総元村、西畑村、上瀑村、老川村が合併し、
          現在の大多喜町が誕生。
          大多喜町立老川小学校となる 

平成25年    西畑小学校と統合し廃校となる。
          西畑小学校は西小学校となる。




県道の旧道沿いにある老川小学校。
旧道沿いに車を停めて、老川小学校に向かったら裏門でした。


      20140407老川小学校01

どうやら、体育館の裏手のようです。




ちなみに、こちらが体育館の正面。


      20140407老川小学校14


体育館の壁面に飾られていた、老川小学校の校章。


      20140407老川小学校13



気を取り直して........


こちらが正門です。


      20140407老川小学校08



校門には老川小学校の表札がまだ残されています。


      20140407老川小学校07



校門をくぐればこんな風景


      20140407老川小学校09



敷地内に入って驚いたのは、校舎がモダンなデザイン。


これが、老川小学校の校舎です。


      20140407老川小学校02


木造のバンガローのような校舎。

      20140407老川小学校03


実は、このモダンなデザインの校舎は
平成12年に、会所分校の閉校に合わせて新築したまだ新しい建物です。
校舎だけでなく、家具にも木材を使用した温もりのある学校で、
文科省のホームページでも「木材を活用した学校づくり」の先進例として取り上げられ、
県建築文化賞も受賞した校舎です。


モダンな木造校舎の見学に来られる人も多かったようで
校舎には、こんな貼り紙もされていたようです。


      20140407老川小学校18


校舎はこんな感じです。
渡り廊下にも木材が使われているし、
下駄箱も当然、木製です。

本当に至る所に木材が使われています。


      20140407老川小学校12




廃校の碑を探してみましたが、見つけられませんでした。
こちらは、老川小学校の校歌の碑。

      20140407老川小学校11



校庭の片隅に取り残された百葉箱。


      20140407老川小学校06



子供たちが遊んだ遊具のタイヤの山。

登ってご機嫌な びいすけ。

      20140407老川小学校04


同じく遊具の鉄棒。

何故か? びいすけ は芝生にゴロりん。
枯れ芝生にゴロ〜んと転がるのが好きみたい。


      20140407老川小学校15


広い校庭。
でも誰もいない。
子供たちがここを走り回ると言う日常的な風景は
もう見ることは出来ません。


      20140407老川小学校10



こんなに立派な校舎があると言うのに..............。


      20140407老川小学校05

よくよく考えてみたら、平成12年に完成した木造の新校舎。
それが平成25年に廃校となった。
たった13年しか、その目的に利用されていない。

なんか、非常に勿体ない気もします。




この風景がいつまでも残されてくれればいいなぁ。

      20140407老川小学校16


      20140407老川小学校17



現在、大多喜町は老川小学校跡地を有効活用するため
地域住民の意見を聴きながら、廃校跡を利用して地域の活性化に結びつく
有効な利用計画等を幅広く募集しているそうです。

この素敵な校舎を利用して新たな、そして素敵なものに結びつけば........



そう願わずにはいられません..........。




2014/04/27 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

菜の花 と びいすけ と そして......小湊鉄道   (2014年4月7日)(千葉県市原市) 

4月7日 公休日


月出小学校をあとにして、大多喜町方面に車を走らせていた。

快調に県道を走っていると、道路脇にこんな看板を見つけた。

      01





『菜の花駐車場.......? 何だそれ?』

とりあえずUターン。
駐車場に車を入れたけど、菜の花なんて何処にもない!
きっと近くに菜の花畑があるんだ!と勝手に解釈し、
道路を横断し、周辺を歩いてみます


『あった〜!!』


      20140407菜の花と小湊電鉄02

ちょっぴり遠い気もするけど、鮮やかな黄色のカーペットです。

      20140407菜の花と小湊電鉄03





さっそく、菜の花畑を目指します。


菜の花畑では、菜の花をバックに びいすけ を撮ります。


      20140407菜の花と小湊電鉄04


確かに、房総半島の春って言ったら、菜の花のイメージもある。


      20140407菜の花と小湊電鉄05


      20140407菜の花と小湊電鉄06


案内板に沿って、遊歩道を歩きます。


      20140407菜の花と小湊電鉄07


      20140407菜の花と小湊電鉄08


      20140407菜の花と小湊電鉄09



菜の花畑に怪しげな集団。
明らかに高級一眼デジカメに三脚。


      20140407菜の花と小湊電鉄10


      20140407菜の花と小湊電鉄11



もしや..............?


      20140407菜の花と小湊電鉄19

はい、正解です。

撮り鉄の方々です。


そういえば、菜の花と小湊鉄道って言うのも
房総半島の春の風物詩で、雑誌とかで良く見かけます。

皆さん、菜の花と小湊鉄道を撮りに来たんだ!



ここは便乗。
邪魔にならないポジションを探して、電車を待ちます。


      20140407菜の花と小湊電鉄18


ポジションはこの位置に決定。
あとは、電車の到着を待つのみ。


      20140407菜の花と小湊電鉄12



周りが騒がしくなり..............


      20140407菜の花と小湊電鉄13


小湊鉄道の到着です。


      20140407菜の花と小湊電鉄14



連写モードで構えていましたが、さすがの小湊鉄道。
運転手さんもサービス精神旺盛。
わざとゆっくり走ってくれました。


      20140407菜の花と小湊電鉄15


びいすけ の脇をゆっくり通過していく小湊鉄道をファインダー越しに眺め、
何とも言えない快感を感じました。


      20140407菜の花と小湊電鉄16


      20140407菜の花と小湊電鉄17


なんとなく一瞬ですが、
『鉄ちゃん』の気持ちが分かったような気がした。

や、や、やばい!
これって『鉄ちゃん』への入口なのかなぁ..............?(笑)






2014/04/26 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..............月出小学校  (2014年4月7日)(千葉県市原市) 

4月7日  公休日

この日は御宿海岸に行くと決め、自宅を出たものの
途中、市原市で道草。
どうせ道草してるんだから、1つ立ち寄るのも、2つ立ち寄るのも同じようなもの。
さらに3つ立ち寄るのも同じでしょうと、高滝ダムをあとにして、
向かった先は..............市原市立月出小学校



月出小学校は

詳しい沿革は船いですが
明治6年   東漸寺を仮校舎として創立
昭和22年   中学校を併設し、小中一貫校となる
昭和42年   中学校を加茂中学校に統合
平成19年   里見小学校に統合し廃校となる


創立から134年、明治、大正、昭和、そして平成と4つの時代に
1049名の卒業生を送り出したそうです。




こちらが月出小学校の正門



      20140407月出小学校01



校門はかなり年代物


      20140407月出小学校07


かろうじて読み取れますが
秋田次郎左衛門 という方の寄贈された物のようです。


      20140407月出小学校08



廃校から7年。
表札は取り外せれずに残っていました。


      20140407月出小学校02


      20140407月出小学校03




校庭の正門脇には

『月出小学校 想いでの碑』 

と記された廃校記念碑が建っていました。


      20140407月出小学校04


      20140407月出小学校05



こちらが校舎。

廃校後はイベント等に利用されているようで
1階の正面玄関あたりが回収されたようです。

この日も3月21日~5月11日までの52日間開催される
「中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックス」の会場となっていました。


      20140407月出小学校06


      20140407月出小学校11




校庭の隅にある百葉箱
上部が朽ちかけています。

      20140407月出小学校09



子供たちが遊んだ遊具類


      20140407月出小学校10


      20140407月出小学校12




廃校の碑の傍らには桜の木。


      20140407月出小学校14



やっぱり、廃校にも桜の花は似合います。


      20140407月出小学校15


でも、もうこの桜の花の下には
真新しいランドセルを背負った新入生は現れないんだよね.........

今日が全国的に入学式の多い日だけに、やっぱり淋しいものです。











2014/04/25 Fri. 17:06 | trackback: -- | 本文: -- | edit

高滝ダム    (2014年4月7日)(千葉県市原市) 

4月7日  公休日

市原市の旧・内田小学校から次なる目的地への移動中に

→高滝ダム と言う案内を見かけた。


数日前にテレビでお天気キャスター(?)の石原良純が
ダム湖の桜も穴場と言っていたのを思い出した。

高滝湖は昨年の秋に訪れた事があるけれど
高滝ダムは未だ行ったことが無い。

それじゃって事で立ち寄ったのは 高滝ダム


高滝ダム(たかたきダム)は、千葉県市原市の二級河川・養老川に建設されたダム。
堤高24.5メートルの重力式コンクリートダムで、
千葉県営の多目的ダムである。ダム湖の名称は高滝湖(たかたきこ)。
房総半島中部を貫流する養老川はしばしば氾濫して流域に被害を与えていたが、
十分な河川改修が施されていなかったため、流域住民からは本格的改修が望まれていた。
これに加え、京葉工業地帯発展に伴う人口増に対応すべく、
利根川以外の河川水源開発も必要とされるようになり、多目的ダムの建設計画が立てられた。

1958年(昭和33年)に建設候補地選定が行われ、
1970年(昭和45年)4月から実施計画調査が開始。
1974年(昭和49年)4月より建設事業が始まり、
     調査開始から20年後の1990年(平成2年)4月に完成した。

            (Wikipediaより抜粋)


こちらが高滝ダム。


      20140407高滝ダム01


      20140407高滝ダム02



ダムのすぐ脇には、小さな公園。
説明看板も用意されていて、ダムの生い立ちが記されています。


      20140407高滝ダム03



このダムで養老川を堰き止め、出来たのが高滝湖。


      20140407高滝ダム04


逆アングルからの高滝ダム。


      20140407高滝ダム05


      20140407高滝ダム06


公園には、ピークをちょっと過ぎた桜の花。
満開に近い状態で、まさに見頃は今。


      20140407高滝ダム07


      20140407高滝ダム08


      20140407高滝ダム09


ダムは車で通る事もできます。
って言うか、ダムが道路としても機能しています。


      20140407高滝ダム10


そして、ダムには近隣の小学校の児童たちが描いた絵が飾られています。

いずれも、平成21年の作品。
しかしながら、その小学校は平成25年に廃校となってしまいました。


こちらは、里見小学校の児童たちの作品。


      20140407高滝ダム11

そう言えば、里見小学校には水車があったのを思い出しました。





こちらは、白鳥小学校の児童たちの作品。


      20140407高滝ダム12





こちらは、高滝小学校の児童たちの作品。


      20140407高滝ダム13




こちらは、富山小学校の児童たちの作品。


      20140407高滝ダム14


いずれも、廃校となってしまった今では、
何と表現したら良いのか?
上手い言葉が見つかりませんが、ちょっぴり淋しさも感じます。



ちなみにダムの欄干に描かれた絵は加茂中学校の生徒たちの作品です





対岸からの逆アングルの高滝ダム。


      20140407高滝ダム15



里見小学校、白鳥小学校、高滝小学校、富山小学校。
いずれも学校はなくなっても、児童たちのこのダムへの想いは
この絵画たちによって、ずっと残されて行くことでしょう。





2014/04/25 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..........旧内田小学校  (2014年4月7日)(千葉県市原市) 

4月7日 公休日


この日は御宿海岸まで出掛けようと、朝早く(6時)に自宅を出ました。

最終目的地は、御宿海岸ですが
佐倉から千葉市内を抜け、市原市、大多喜町と抜けて行くルートになるので
先ずは、市原市で道草。

全国的に4月7日は入学式が行われています。
入学式の当日、二度と入学式が行われることのない廃校を
回ってみるのも面白いんじゃないかと
立ち寄った先は、旧・内田小学校跡


内田小学校は正確には廃校ではなく、
校地を移転したために、旧・校地に旧・校舎が残っています。




明治6年   石川・高砂・堀越・奥野小学校設立
明治20年  内田高等尋常小学校と改称

大正3年 宿174番地の新校舎に移る

昭和16年 内田国民学校と改称
昭和22年 内田村立内田小学校と改称
昭和29年 南総町立内田小学校と改称
昭和40年 島田20番地に移転(旧内田中校舎)


昭和40年に学校が移転して、校舎は残されていました。

こちらが、旧・内田小学校の校舎。


      20140407旧内田小学校05



学校移転後、民間に売却され一時期工場になった旧校舎でしたが、
その後、校舎の一棟が火災で消失してしまったそうです。
残った一棟は工務店の作業所として最近まで使われていたそうです。

一時期、解体話も持ち上がり、解体寸前の校舎でしたが、
地域の方々の努力により現状が保たれています。
と、言うのも最近再び売却の話が持ち上がり、
それを知った卒業生や地域の方が立ち上がり、貴重な校舎を残そうと努力を続けているそうです。
5年後に買い取るという地主さんとの約束で校舎を借り、地域の交流センターを目指し、
現在は建物の修復と各種のイベントを開催しているとのことでした。 


      20140407旧内田小学校06



現在は、内田未来楽校と言う名称で
地域の交流センターとなっています。

未来を楽しむ.......
粋なネーミングですね。


      20140407旧内田小学校13






大正3年に建てられた木造校舎。

所々に手は加えられているものの、木造校舎のいい味を出しています。

      20140407旧内田小学校07


      20140407旧内田小学校08


このアングルは、まさに昭和の小学校の雰囲気満載。


      20140407旧内田小学校09


      20140407旧内田小学校10


この場所が、この形でいつまでも残されればいいなぁと、
ついつい思ってしまいます。


地元の有志、卒業生の想いが、いつか実になるといいですね。


      20140407旧内田小学校11


      20140407旧内田小学校12



学校遺構は全くと言っていいほど残っていなくて
唯一、その雰囲気を残しているのが、この看板。

      20140407旧内田小学校14


      20140407旧内田小学校15






ちなみに、こちらが現在の内田小学校。
数百m離れた場所に昭和40年に移転してきました。

      20140407旧内田小学校01


      20140407旧内田小学校02



内田中学校跡地に建てられた内田小学校。
校門脇には、内田中学校の碑が建っていました。


      20140407旧内田小学校03


      20140407旧内田小学校04


旧・内田小学校の木造校舎。
良いモノを見せてもらいました..............。



2014/04/24 Thu. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.........酒々井小学校墨分校跡 (2014年4月6日)(千葉県印旛郡酒々井町) 

4月6日 公休日


墨泉光院をあとにして、酒々井町にあるもう一つの分校跡へと向かいました。
先ほど、詳しい場所を聞いたので何とか迷わずに辿り着けました。

訪れたのは..............酒々井町立酒々井小学校墨分校跡


この墨分校のことは、殆ど詳しい情報はネットでは入手出来ませんでした。
しかし、先ほど詳しい場所を聞いたおじさんの話では

元々、借地に分校を建てていて現在も私有地であり
土地の所有者がその敷地を貸しているとのことです。
分校時の校舎も一部手を加えて改装しているけれど残っていて、
敷地内には学校跡の記念碑もあるらしい。

これは期待大です。



ちょうど、分校跡のすぐ前で現在お住まいになられている方と会いました。
一言お断りをして(許可をいただいて)、敷地内に入らせていただきました。


こちらが、墨分校。
赤い屋根の建物が、かつての校舎です。


      20140406墨分校跡01


こちらが、墨分校の記念の石碑。

やはり、意外に大きい。

      20140406墨分校跡02


      20140406墨分校跡03




石碑の裏には沿革が刻まれています


      20140406墨分校跡07



明治6年   墨村東伝院を仮校舎として、墨小学校が創立。
明治18年  尾上校と合併し、この地に移転増築し、公立墨小学校と称した
明治41年  町立酒々井尋常小学校に合併され、済分校となる。

      ここで1・2年生約1700名が学び、巣立っていった

昭和54年  本校と統合し閉校となる 


どうやら、閉校となった時期は岩橋分校と同じのようです。





正面から見た旧校舎。

近寄ってみたかったんですが、現在は民家として活用されています。
此処で生活をしている人がいるわけだから
近寄って覗き込むのも失礼にあたります。


若干、遠目ですが、木造校舎はそれなりの時代の経過を感じさせ、
月日の流れを感じます。


      20140406墨分校跡04


      20140406墨分校跡05


      20140406墨分校跡06


この土地の所有者が、旧校舎を取り壊さず
生活をするための最低限の改修をしていただいたおかげで
こうやって貴重なモノを眺めることが出来ました。


現在お住まいの方は、平成元年から此処に住んでいるとのことです。

いつまでも、大切にこの校舎を残していただきたいものです。







 
2014/04/24 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

墨泉光院  (2014年4月6日)(千葉県印旛郡酒々井町) 

4月6日 公休日

岩橋分校をあとにして、墨地区へ移動。
もう一つの分校を探していました。

なかなか、分校跡地が見つからないので
たまたま車を停めた民家の人に声を掛けて教えて頂いた。

そのついでに、この近くにあると思われる『りゅうがい城』の事を聞いたら

『知らないけれど、酒々井町で城って言ったら本佐倉城だよ』と言われ
城の話題で盛り上がってしまった。

(この時、車で留守番の びいすけ は吠えまくり、
でも城の話題は尽きない中年の二人でした。)(笑)



たまたま千葉氏の月星紋と七曜紋の話をしたら
どうやら、その方は千葉一族所縁の人らしく、
名前は『千葉』ではないけれど、
家紋は『月星紋』らしい。

そして、近くに『月星紋』のあるお堂があると教えていただきました。

その方にお礼を言って、速攻で訪れたのは.......墨泉光院



墨泉光院(すみ せんこういん)は

水流山泉光院、本佐倉にあった真言宗文殊寺(廃寺)の末寺、本尊は大日如来。
かつては客殿・庫裏・妙見堂などが建っていたと伝わります。
現在、お堂には千葉氏の守護神である妙見尊像が安置されています。

(酒々井町観光ナビ より引用)
   

こちらが観光ナビ。


      20140406墨泉光院01


酒々井町ってこういう所が進んでいるんだけど
iPhoneだと、そのままじゃQRコードが読み取れないから、使えない..............。



この石段の上が泉光院。

      20140406墨泉光院02


こちらが、泉光院。

確かに小さなお堂です。

      20140406墨泉光院03


      20140406墨泉光院07



お堂(本堂)の屋根に何やらあります。

      20140406墨泉光院04



まさしく、『月星紋』。
これを探して、色んな神社やお寺を回っているのに、
意外な所で意外な形で出会いました。


      20140406墨泉光院05



本堂の扁額。
何と読むのか?
私には判りません。(涙!)


      20140406墨泉光院13





猫の額と言っていいほど狭い境内には
珍しい銀杏がまるで御神木のように祀られています。

      20140406墨泉光院06


      20140406墨泉光院08

オハツキイチョウ(お葉つき銀杏)とは、葉に小ぶりの果実(ギンナン)が直接付くもので
大変珍しいものです。
しかしすべての葉に果実が付くわけではないので、
よく観察しないと気が付きません。

現在、天然記念物に指定されているオハツキイチョウは全国で60か所弱、
県内では2か所(富津市竹岡、神崎町神崎)のみで、
大変貴重な発見となっています。





古い石仏や石碑も苔むして、風化も感じられ
ある意味、いい味を出しています。

      20140406墨泉光院09


      20140406墨泉光院10


      20140406墨泉光院11



印西市や白井市、いわゆる北総の地で良く見かける十九夜塔。
この地でも盛んに講が開かれていたようです。

      20140406墨泉光院12




思いがけない『月星紋』との出会いにちょっと興奮。
いやぁ、さすが千葉氏の本城、本佐倉城のあった町。
酒々井町も侮れないないですなぁ..............。








2014/04/23 Wed. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて............酒々井小学校岩橋分校跡 (2014年4月6日)(千葉県印旛郡酒々井町) 

4月6日 公休日


公津の杜公園をあとにして向かった先は

酒々井町立酒々井小学校岩橋分校。

成田市の公津の杜から国道51号を佐倉市方面に南下します。
成田市から酒々井町に入ってしばらくして、
国道からちょっと入った小さな公園?が、岩橋分校跡です。


実は、この分校は Wikipedia にも載っていませんでした。
たまたま、酒々井町の城址・城郭の事を調べていたら
酒々井町の観光案内(観光ナビ)に載っていました。



分校跡地は小さな公園となっていますが、
名前もない公園のようです。


こちらが、岩橋分校跡の碑。

      20140406岩橋分校跡01


      20140406岩橋分校跡02

意外に大きくて、立派。
ちょっぴり驚きです。


裏面には沿革が刻まれています。


      20140406岩橋分校跡03

石碑にはこのような内容の文面が刻まれています。


明治6年   妙楽寺を仮校舎に充て上岩橋小学校が開校した
明治18年  西蔵院を仮校舎として発足した中川小学校と合併。
        この地に校舎を新築移転し、公立上岩橋小学校と称する
明治41年  学校統合により酒々井尋常小学校に合併され、
        岩橋分教場となる

昭和54年  本校に統合し廃校となる。


学校設立106年間、約1900名の児童が学び、巣立っていった.......
      





公園といっても、さほど大きくなく
確かに小さな分校が建っていたと言えるくらいの敷地。

当然、校舎はとっくに解体され、何もありません。


      20140406岩橋分校跡06


      20140406岩橋分校跡07


      20140406岩橋分校跡08





せめて、二ノ宮金次郎の像が残っていたり
公園の入口に校門が残っていれば、言うことないんだけど..............。


      20140406岩橋分校跡04


      20140406岩橋分校跡05



遊具も幾つかありますが、果たして分校時代のモノなのか?
ちょっとした疑問です。


      20140406岩橋分校跡09

この滑り台とかブランコは意外に新しく見えたりします。


      20140406岩橋分校跡10



鉄棒は意外に往時のモノだったりして..............。

      20140406岩橋分校跡11



って言うか、勝ってに決め込んでます(笑)。


      20140406岩橋分校跡12
 

これ以上何も見所がないので、この地をあとにします。
酒々井町には、もう一つ廃校になった分校があったと言うことなので
そちらの分校を探しに行きましょう!



2014/04/23 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

公津の杜公園  (2014年4月6日)(千葉県成田市) 

4月6日 公休日


大袋尋常小学校跡から、そのまま木橋を渡り  公津の杜公園 を散策しました。



先ずは正門って言うか、正面に行って
公園の案内図を探します。


      20140406公津公園15



こちらが、案内図。

池に沿って、ぐるっと散策出来そうですね。


      20140406公津公園16


この日は朝から曇り空。
午後から雨って言う予報でしたが、時折冷たいモノが
ポツリポツリと顔に当たります。

芝生広場の桜。

      20140406公津公園01


このまま大粒の雨が降ったら、一気に散ってしまうだろう。



それなりに広い芝生広場ですが
前日夜半の雨で芝生も水を吸って、所々ぬかるんでいます。
さすがに、ロングリードで走らせる気にはなりませんでした。


      20140406公津公園02



日曜日の早朝ですが、天気も良くないため
花見客はいません。
多分、今日あたりが見頃。
来週末じゃ、桜もかなり散ってしまっているでしょう。


      20140406公津公園03


ならば、2014年の公津の杜公園の桜を記念に撮りましょう。


      20140406公津公園04


びいすけ〜、こっち向いて〜!


      20140406公津公園05



って、向かないし..............。


      20140406公津公園06



池の周りにも桜が咲いているから、
ゆっくり散策してみましょう。


      20140406公津公園07



こちらの桜は、一部散り始めています。


      20140406公津公園10




池には水鳥が住んでいるのか?
はたまた飛来してきたのか?


多くのカモが岸辺で寛いでいるように見えます。


しかし、ここに落ち着きのないヤツがいます。


      20140406公津公園08


リードを引っ張り、柵の下まで体を乗り出します。


      20140406公津公園09

(当然、カモは逃げますから、びいすけ 激吠えまくり!)(笑)



近くに公津の杜の団地(分譲地)もあるし、
最近はマンションも駅前にいっぱい建って、
人が多くなった公津の杜界隈。

朝の散歩でこの公園を訪れる人も多い。
当然、ワンコとも遭遇するわけで
ビーグルを見かけたんだけど、追いつけなかった。残念。




偶然出会ったワンコ。
犬種もわからないけれど、やたら びいすけ がお気に入りのようで
びいすけ から離れません(笑)。


      20140406公津公園11



なぜか、びいすけ の頬にスリスリ。

      20140406公津公園12


まあ、びいすけ も嫌がって無いから良しとしましょう。




芝生広場の隅にある子供用の遊具。
斜面に設置されたこの遊具がこの公園のランドマークなんだろうか?


      20140406公津公園13



何と無く、要塞に見えてしまうのは私だけ?


      20140406公津公園14



雨も降るんだか?
降らないんだか?
はっきりしない微妙な天気。
一瞬晴れるような感じで曇り空から太陽が顔を覗かせたかと思えば、
また雲が厚くなったりと、変な天気。
雨が降り出す前に次なる場所へ移動することにいたしましょう........。






2014/04/22 Tue. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..............大袋尋常小学校跡  (2014年4月6日)(千葉県成田市) 

4月6日 公休日

午後から雨が降ると言われた週末の日曜日。
数日間、雨が降ったり止んだりと言う天気だったため、
桜の花もピークを過ぎようかとしています。


雨が降り出す前に近場に出掛けてしまおうと、
隣町の酒々井町に出掛けることにしました。

家を出てすぐに、酒々井町に行くのなら、気持ち足を伸ばして
成田市の公津の杜に行ってみよう!と向かった先は

大袋尋常小学校跡


宗吾霊堂から国道51号へと続く国道464号線沿いに
ひっそりと学校跡の標柱は建っていました。


      20140406大袋尋常小学校跡01


成田市のHPを見ても、この学校のことには触れていません。
なかなかネットで調べてもよく判りません。


石碑に刻まれた文面より

明治25年5月 下方小学校より分離し江弁須、大袋、飯仲、成木新田、飯田新田、の児童を収容し、
大袋尋常小学校と称し開校する。
大正4年4月 学区制度を廃止。学校統一の為、公津尋常小学校第二仮教場と改称。
大正7年7月 公津村尋常小学校が完成、開校にともない本校に移り、大袋尋常小学校は廃校となる。


このような沿革を経ているようです。





また、こんな文面も記されています。



寄贈
大袋尋常小学校跡地碑は、公津の杜の団地造成の為、
一時組合で預かっておりました。
公津の杜の完成に伴い、此処に、この小学校跡の記念碑を新たに建立いたしました。

平成十年三月吉日
成田市公津東土地区画整理組合





      20140406大袋尋常小学校跡02


なぜか?
学校跡地の標柱(碑)のそばには桜の木。


      20140406大袋尋常小学校跡03



桜の花咲く頃に入学式が執り行われますが、
この地では、それは二度とありません。


      20140406大袋尋常小学校跡04


      20140406大袋尋常小学校跡05



公園造成時に掘削されたのか?
はたまた、往時から窪んだ区画があったのか?

何せ、明治から大正のことなので詳しいことはわからない。

      20140406大袋尋常小学校跡06


ただ、いかにも此処に学校が有りましたよ!と言わんかばかりの削平地は
現在、公津の杜公園の多目的広場と芝生広場になっています。


      20140406大袋尋常小学校跡07


      20140406大袋尋常小学校跡08


      20140406大袋尋常小学校跡09


      20140406大袋尋常小学校跡10



この辺りは、公津の杜の住宅街を作るのに、かなり改変され、土地の区画整備もしたりと
色々とあったから正確な場所は不明になっちゃうのかなぁ?


高台の台地の上ならまだしも、
この橋が示すように、削平地は溜池のレベルとさほど変わらない。

      20140406大袋尋常小学校跡11


      20140406大袋尋常小学校跡12


これじゃあ、大雨が降って溜池が溢れ出したら
小学校も水浸しじゃないのかな?




2014/04/22 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今日の散歩................桜の佐倉城址公園 (2014年4月2日) 

4月2日 公休日

千葉県下も一気に桜の花が咲き始めたこの頃って言うか、この日。
地元の佐倉城址公園に散歩に出かけました。


自宅の近くの桜もまさに満開直前。

      20140402佐倉城址公園01


      20140402佐倉城址公園02


佐倉高校の桜は、あと2〜3日で満開かな?


      20140402佐倉城址公園03



佐倉城址公園目指しての散歩。
びいすけ も軽やかな足取りで進みます。


      20140402佐倉城址公園04



草や土のある所では、歩調が急に遅くなり、
匂い嗅ぎモードに入るようです。


      20140402佐倉城址公園05


      20140402佐倉城址公園06


      20140402佐倉城址公園07



なんだかんだと言いながらも、佐倉城址公園に到着。

菖蒲園側の入口から、本丸へと散策します。


      20140402佐倉城址公園08



菖蒲園はまだ何もありません。
あと1ヶ月もすれば、菖蒲の花でいっぱいになるでしょう。


      20140402佐倉城址公園09



散策路を歩き、本丸曲輪の土橋を渡ります。
以前は下草が茫々で見えませんでしたが、
昨年辺りから、この空堀も下草が刈られ、余分な竹や木々も伐採され、
見事な空堀が確認できるようになりました。


      20140402佐倉城址公園10


こちらが、本丸。
この日は平日(水曜日)だと言うのに、花見客も多い。


      20140402佐倉城址公園11


      20140402佐倉城址公園12


      20140402佐倉城址公園13


      20140402佐倉城址公園14




本丸の中央には、仮設テントが張られ、
ちょっとしたツマミ(焼きとり、串焼き)や、焼きそばのお店が出ていたりして
その匂いと煙りが花見を盛り上げています(?)。


      20140402佐倉城址公園15


      20140402佐倉城址公園16



本丸からニノ丸へと移動。
別アングルで先ほどの空堀を眺めてみます。


本当に深くて広い空堀。
佐倉城が土の城と言われる由縁は、此処にあるような気がします。


      20140402佐倉城址公園17


      20140402佐倉城址公園18


      20140402佐倉城址公園19


      20140402佐倉城址公園20




ニノ丸にある、佐倉城の基石。
実はニノ丸にあるのは知っていましたが、見るのは初めてです。
(いつも殆ど素通りでした。)


      20140402佐倉城址公園21


      20140402佐倉城址公園22


      20140402佐倉城址公園23



毎年、この時期だけ、ニノ丸が臨時駐車場になります。


      20140402佐倉城址公園24


ニノ丸にも桜の木があるから、正直言って車が邪魔!

車が入らない構図を探していたら..............

      20140402佐倉城址公園25


いきなりの びいすけ の芝生にスリスリ。

やめて〜! おNEWの服が枯れ芝生だらけになっちゃう!

びいすけ の今夜のシャンプー決定!(笑)。


      20140402佐倉城址公園26


      20140402佐倉城址公園27



いまさら、お利口に『伏せ』してもダメですから!(笑)。


      20140402佐倉城址公園28




歴博前の芝生広場。
こちらも、ほぼ満開。

      20140402佐倉城址公園29


      20140402佐倉城址公園30



歴博の前を歩き、馬出し空堀を眺めます。


      20140402佐倉城址公園31



馬出し空堀の桜も、まさに旬。


      20140402佐倉城址公園32


      20140402佐倉城址公園33


      20140402佐倉城址公園34



三ノ丸方面へ歩いていると、レモンビーグルに遭遇。


      20140402佐倉城址公園35


7歳のマルコくん。

佐倉城址公園に犬の散歩で来る人は多いけれど
今までビーグルに出会ったことがない。

喜んだのもつかの間、地元佐倉市民ではなく
たまたま佐倉城址公園に花見にきたそうで..............。

やっぱり、佐倉にはビーグルが少ないのかなぁ?


      20140402佐倉城址公園36



再び、ニノ丸を通り、満開の桜の木を見つけました。
やっぱり、佐倉の桜は城址公園かな?


      20140402佐倉城址公園37


      20140402佐倉城址公園39



ニノ丸にある城址公園の看板。


      20140402佐倉城址公園40


三の丸も花見客でいっぱい。
でも、こちらの桜は一足遅かったような気がします。
確か、三ノ丸には大島桜が多かった気がします。


      20140402佐倉城址公園41


三ノ丸には、知らない内にこんな案内板も建ってました。


      20140402佐倉城址公園42



手作り感が溢れ出しています。


      20140402佐倉城址公園43



生憎の天気。
若干の曇り空。

200mmの望遠で、富士山とスカイツリーを探しましたが
見つけることは出来ませんでした。


      20140402佐倉城址公園45



こちらは、佐倉城址から眺める寺崎城址。


      20140402佐倉城址公園44




三ノ丸の空堀にも緑の草が生えてきて
空堀の緑の絨毯が映える季節になってきたようです。


      20140402佐倉城址公園46



佐倉城址公園から市民体育館までの道は
秋は銀杏の黄色いトンネル。
そして、桜のこの時期はピンクのトンネル。


      20140402佐倉城址公園47


      20140402佐倉城址公園48


佐倉市の市の花である桜。
今年も桜の花と共に、城址公園に春が訪れました..............。

そして、その桜の花を眺める約2時間の散歩は
やはり、充実感がいっぱいでした。







2014/04/21 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

九十九里 不動堂海岸 (2014年4月1日)(千葉県山武郡九十九里町) 

4月1日 公休日

この日は九十九里海岸目指して出掛けました。
途中、東金市で4ヶ所の道草。
遅目の昼ご飯を済ませ、やって来たのは 九十九里不動堂海岸

(でも、正確には豊海海岸って言うのかな?)


海開き前のこの時期は監視員も居なくて、駐車場は無料。
駐車場に車を停め、いざ海岸へ!



この不動堂海岸のランドマークでもある、九十九里ビーチタワー。


      20140401不堂海岸01


こちらは、後で登る事にして、砂浜を散策します。

多少の海風は有るものの、寒くはない。

      20140401不堂海岸02



砂浜におりて、10mのロングリードの範囲内で好きにさせてみます。


      20140401不堂海岸03


私に遠慮しているのか?
やたらとこちらの顔色を伺っているようです。

      20140401不堂海岸04


実は、この時点では砂浜で遊んでいる家族連れが居たので
極力、家族連れの方角には行かせないようにしていました。

こんな時は、波をバックに写真でも撮りましょう。

      20140401不堂海岸05


      20140401不堂海岸06


      20140401不堂海岸07


      20140401不堂海岸08


      20140401不堂海岸09




そうこうしている内に、家族連れも帰ったようです。
さらに周りを確認。
安全確認OK!


びいすけ 走れ〜!!


リードを完全にフリーにします。

      20140401不堂海岸10


      20140401不堂海岸11


      20140401不堂海岸12



一瞬、砂浜をはしりましたが
どうやら、何か気になるモノがあるようで、
そちらに興味を示します。

      20140401不堂海岸13


貝殻か? はたまた、打ち上げられた海草か何かでしょうか?

      20140401不堂海岸14


恐る恐る近寄ると言うか、警戒しています。

      20140401不堂海岸15


何も無い事に気づいたのか?
はたまた、対した匂いでも無かったのか?
それとも興味が無くなったのか?

再び走りだす びいすけ 。

      20140401不堂海岸16


後ろ脚が写ってないから、断言できませんが、
ひょっとして、飛んでる?

      20140401不堂海岸17


さらに、飛んでる〜ぅ?


      20140401不堂海岸18



楽しそうな笑顔。

びいすけ のこの笑顔が見たくて此処に来たから
この笑顔を見ることが出来て、父さんは至福の喜びだよ。

      20140401不堂海岸19


もうちょっと好きに遊んでいていいからね。

      20140401不堂海岸20


      20140401不堂海岸23

風も強くなって来たし、16時を回ったから
そろそろ帰ることにいたしましょう。

帰るまえに、もう一度波をバックに、はいパチリ。


      20140401不堂海岸21


  


ビーチタワーでも、はいポーズ!


      20140401不堂海岸25



ビーチタワーからの眺め
まさに遠浅の九十九里海岸。
砂浜の続く九十九里海岸。


      20140401不堂海岸24




また近い内に、この風景を眺めに来ることにしよう!






 
2014/04/20 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ばんや   (2014年4月1日)(千葉県山武郡九十九里町) 

4月1日 公休日


この日は九十九里海岸目指して出掛けました。
途中、東金市で何ヶ所か道草をして、時刻はとっくにお昼を回っていました。
そう言えば、お昼ご飯もまだでした。

東金小学校跡をあとにして、九十九里へと向かいます。

ランチタイムの時間帯はとっくに終わった14時過ぎに
訪れたのは..............ばんや


犬連れで九十九里へ遊びに行った方々のブログを拝見すると
お昼に利用するお店として、 網元 や えびせい が多いようですが
我が家は個人的に九十九里に来た時は、迷わず ばんや に来ています。

      20140401ばんや01


もう6〜7年前になるのだろうか?
まだ、 びいすけ を迎え入れる前で、
ペットを飼うなんて全く考えていなかった頃、
たまたまペット(ラブラドール)を連れて九十九里に遊びにきた友人と
ワンコを車に留守番させて、ぶらりと入ったのが、この ばんや。

お店の人と話ししたら、テラス席ならペットOKと言うことなので
翌週もラブラドールを連れて、友人と食べに来たと言う経緯があり、
他の人の紹介やネット等で調べた情報では無く、
自分でたまたま発見したお店と言う自負があり
何と無く、九十九里に来たら ばんや って言うパターンです。


さてさて、今日は何を食べましょう?

お勧めメニューから いわしづくし定食 にいたしましょう。

      20140401ばんや02


(やっぱ、九十九里って言ったら、いわしでしょう。)



こちらが、テラス席。

      20140401ばんや04

以前は問題無かったんですが、最近はお客様が増えたのか?
土日はテラス席もワンコNGらしい。



びいすけくん、おとなしくしていなさいね。

      20140401ばんや03



待つこと10分ほどで、 いわしづくし定食 のお出まし。

      20140401ばんや05


テーブルの下から、ひょこっと顔を出す びいすけ 。

      20140401ばんや06


仕方ないので、 びいすけセットを作ります。

ご飯の上に いわしの天麩羅の衣無し+刺身のツマの細切りダイコンのトッピング。

      20140401ばんや07


『お父さん、まだですか?』

必死に訴える びいすけ 。

      20140401ばんや08


『待て!』

      20140401ばんや09


『よし!!』

      20140401ばんや10


あっと言う間に、完食。

      20140401ばんや11


父さんも定食を完食。


本日も美味しくいただきました。


      20140401ばんや12

潮風も心地良い季節になって来たから、
また、 ばんや に来ようね!



2014/04/19 Sat. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.......................東金小学校  (2014年4月1日)(千葉県東金市) 

4月1日 公休日

この日は九十九里海岸目指して出掛けました。
途中、東金市で道草。
天王台公園をあとにして向かった先は..............東金市立東金小学校跡


東金小学校跡地は東金市役所の隣の敷地、
現在は東金中央公園となっています。

公園内にある記念碑。

      20140401東金小学校跡03


      20140401東金小学校跡04



記念碑の裏には、東金小学校の校歌の碑。


      20140401東金小学校跡21




東金小学校は、ネットで色々しらべたのですが
詳しい沿革は不明です。

昭和49年 東小学校・城西小学校・鴇嶺小学校の3校に分割されて廃校となりました。

昭和33年11月23日に全国に先駆けて「フラフープ禁止令」発表したのが、東金小学校。
この記事が全国紙に掲載されて時、生徒数は約2000人と言うことなので
かなりのマンモス校だったのでしょうね。


「フラフープで遊びすぎて腸ねん転になった」とか「胃に穴があいた」とか。
ついには「回しすぎて死んでしまった少年がいる」というウワサが出回り、
この噂に飛びついて、全国に先駆けて一早く禁止とした東金小学校。
その新聞記事の影響もあってか?フラフープのブームは一気に下降したそうです。

その後、フラフープは「健康グッズ」として認知され、ロングセラー商品となり、
最近ではダイエットのためのツールとしても人気上昇中とも言われています。

根も葉もない噂に踊らされ、そして振り回され
ブームを葬り去る原因をつくってしまった東金市としては、
フラフープへの謝罪と鎮魂(?)の意味も込めて、
平成22年11月にフラフープ塚と言う記念碑が建ちました。


      20140401東金小学校跡05


面白いのは、そんな云くが付いたフラフープの塚が
東金小学校の記念碑と並んでいること。


      20140401東金小学校跡06


よほど、東金市は昭和33年の判断を後悔しているんでしょうね。





さらに、公園の片隅には、関寛斎の銅像もあります


東金市が生んだ偉大な蘭学医・関寛斎は、文政13年、現在の市内東中に生まれ、
佐倉順天堂に入門。
長崎で修行し江戸時代から明治にかけて活躍したそうです。



      20140401東金小学校跡01


      20140401東金小学校跡02



さらには、東金御殿を意識しているのか?
こんな門まで建てられています。


      20140401東金小学校跡20


色々な碑や銅像がある東金中央公園ですが
現在の姿から、この地がかつて小学校だったと推察するのは難しい。

とにかく、学校遺構らしきモノがありません。


      20140401東金小学校跡07


      20140401東金小学校跡08


      20140401東金小学校跡09

      20140401東金小学校跡19


      20140401東金小学校跡18



強いて挙げれば、こちらの枝垂れ桜にその面影があるかも知れません。

      20140401東金小学校跡10



廃校となった昭和49年当時のことは判りませんが
おそらく、その当時からこちらにあったであろう枝垂れ桜。

きっと、この辺りは校庭で、当時からシンボルだったんだろう。


      20140401東金小学校跡11



ひょっとしたら、この桜の木も当時からのモノなのだろうか?


      20140401東金小学校跡12


この辺りも、かつての校庭の一部分だったのだろうか?


      20140401東金小学校跡13


      20140401東金小学校跡15



この枝垂れ桜を眺めに訪れる市民の人も多く
手軽に携帯電話のカメラで写真を撮っている人を見かけます。


      20140401東金小学校跡14


      20140401東金小学校跡16



枝垂れ桜も今が見頃。
まさに満開と言ったところです。


      20140401東金小学校跡17


      20140401東金小学校跡22


東金小学校は無くなっても、この枝垂れ桜が市民の憩いの場として
記憶にとどめる場所になっているようです。




2014/04/19 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

天王台公園  (2014年4月1日)(千葉県東金市) 

4月1日 公休日

この日は九十九里海岸目指して出掛けました。
途中、東金市で道草。
八鶴湖から少し足を伸ばして、向かった先は..............天王台公園



この看板に導かれるように天王台公園を目指します。

      20140401天王台公園01


枝垂れ桜がお出迎え。

      20140401天王台公園02


      20140401天王台公園03



ここからが、長い上りの石段が続きます。

      20140401天王台公園04


さらに石段は続きます。


      20140401天王台公園05



さらに、さらに、石段は続きます。


      20140401天王台公園06


今度は散策路の階段。
流石にこの辺りまで来ると、額に汗が滲んで来ます。

      20140401天王台公園07


      20140401天王台公園08


これでもかっ!って言うくらい石段、階段を上がれば台地のてっぺん。
郭跡のような削平地。


      20140401天王台公園09


どうやら、神社の真裏に出たようです。

どう見ても、この土壇は虎口と土塁に見えてしまいます。


      20140401天王台公園10


どうやら、この神社は 古山王神社 。
山王台公園のある台地の最高地に鎮座する神社のようです。

      20140401天王台公園11



本殿に飾られている白龍の彫刻。


      20140401天王台公園12


そして、こちらが扁額。


      20140401天王台公園13



そして、鳥居。

      20140401天王台公園14



鳥居に掲げられた神額。


      20140401天王台公園15



神社から石段を下り、やっと到着した山王台公園。

      20140401天王台公園26

こちらも桜の名所のようで、平日の昼間でも花見客が多い。


桜の木の下で宴会に興じる一行の邪魔にならないように記念写真。

      20140401天王台公園16


      20140401天王台公園17



展望台もあって、ついつい景色を眺めたくなります。


展望台に上ってみます。


      20140401天王台公園19



桜の枝越しからの眺め。

東金市街から九十九里街への眺めです。
ぼんやりとですが九十九里海岸も見えているような気がします。


      20140401天王台公園18


      20140401天王台公園20



公園のある台地先端部には『東方伝説発祥の地』の碑。


      20140401天王台公園21


      20140401天王台公園22

東金市のあたりは、はるか昔の約1100年ほど前に
「辺田方(へたかた)」と呼ばれていました。
「へた」にも「かた」にも「果て、端、隅」の意味があり、
この地は、東の果て、つまり最初に日が昇る地だったのです。
それを記念してこの日が建てられたそうです。





この天王台公園は夜景スポットでもあるらしく
若いカップルもよく訪れるそうです。
いわば、この地区の恋人たちの聖地なのでしょうか....?


公園のフェンスに恋人たちが掛けていった鍵がいっぱい。


      20140401天王台公園24


      20140401天王台公園25



みんな幸せになってくれているといいなぁ。

そんなことを思いながら公園のある台地を下ることにしました...........。








2014/04/18 Fri. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

八鶴湖 (2014年4月1日)(千葉県東金市) 

4月1日 公休日


この日は九十九里海岸目指して出掛けました。
途中、東金市で道草。
雄蛇ヶ池をあとにして、向かった先は..............八鶴湖






八鶴湖(はっかくこ)は、千葉県東金市にある人造湖である。
東金市のほぼ中央、東金市東金に位置し、面積3.4ヘクタール、
周囲約800メートルほどの池で、「湖」というよりは「池」という名のほうがふさわしい。
池の南東側(市の中心街側)を除く三方は、「鴇ヶ峰(ときがみね)」と呼ばれる小高い丘に囲まれており、
市の中心街より少し高くなっている。
池の西側は、池に向かって陸続きにせり出しており、「弁天島」とよばれている。

当地は東金御成街道の終点であり、東金御殿といわれる徳川家康が鷹狩りの際宿泊した御殿があり、
池は東金御殿築造の際、もともとあった「とき池」という小さな池を広げ現在の姿となり、
谷池や御殿池、八鶴池(やつるいけ)と呼ばれ、人々に親しまれた。

八鶴湖の周囲には約1000本の桜が植わっており、
毎年4月上旬になると「東金さくらまつり」が開催され、大勢の花見客でにぎわう。
また、池の北東側の高台に、昼間には九十九里浜まで見渡すことのできる山王台公園があり、
夜景や、正月には初日の出、春には花見客や夜桜見物でにぎわう。

                    (Wikipedia より引用)






こちらが八鶴湖。

      20140401八鶴湖14


      20140401八鶴湖15


八鶴湖全景。
真ん中に出っ張っているのが、弁天島。


      20140401八鶴湖13



弁天島には、弁財天と厳島神社が鎮座しています。


      20140401八鶴湖01


      20140401八鶴湖02



折しも、この日は平日だと言うのに、春休みと言うこともあってか?
家族連れで賑わっていました。
『東金桜まつり』も幟を立てて開催されています。
何と言っても、桜の季節。
湖畔の桜も見頃を迎えています。


      20140401八鶴湖11


散策を兼ねて、湖畔を一周してみます。


      20140401八鶴湖03


      20140401八鶴湖08


      20140401八鶴湖09


      20140401八鶴湖12



びいすけ の背後は東金高校。
東金高校は徳川家康がこの地に鷹狩りに来た時に使用した東金御殿跡地です。


      20140401八鶴湖06


そして、東金高校の背後の山が東金城址

      20140401八鶴湖07



湖面尾を眺めてみると、野鳥が羽を休めています。


      20140401八鶴湖05

      20140401八鶴湖04


屋台のお店や仮設のお店も出たりして
花見客の受け入れ態勢も万全のようです。


      20140401八鶴湖16



桜の花も綺麗に咲いています。


      20140401八鶴湖10


八鶴湖周辺は春本番、そして春爛漫でした..........。



 
2014/04/18 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

雄蛇ヶ池  (2014年4月1日)(千葉県東金市) 

4月1日 公休日

月も変わって新年度。
気持ち新たに頑張りましょう!ってことですが
新年度初日、休みなので九十九里方面に遊びに行くことにしました。

と言っても、起きたのが8時過ぎ。
軽く朝の散歩諸々を済ませ、軽く身支度をして
出発したのは10時過ぎ。
でも気合いを入れて、車を走らせると1時間ちょいで片貝海岸辺りには着いてしまうので、
途中で道草をしていくことにしました。

道草として立ち寄ったのは、 雄蛇ヶ池


今年は遅いか?と思っていた桜の花も
3月下旬の好天気&陽気で一気に開花。

雄蛇ヶ池周辺の桜も見頃(でもちょっと早いか?)になって来たようです。

駐車場脇の桜。


      20140401雄蛇ヶ池01



でも、まだまだ3分~5分咲と言ったところかな?


      20140401雄蛇ヶ池02



こちらが、雄蛇ヶ池。


      20140401雄蛇ヶ池03



雄蛇ヶ池(おじゃがいけ)は千葉県東金市にある灌漑用貯水池である。
その歴史は古く、江戸時代1614年(慶長19年)完成と伝えられている。
池の周囲は約4.5km、面積は約25万平方メートル、水深は浅く満水時最深部で4m程度である。
整備された遊歩道により歩いて一周することができ、
週末はウォーキングをする人釣り人でにぎわう。
池の形状が十和田湖にやや似ていることから「房総の十和田」の別称がある。

                (Wikipedia より引用)


約4.5kmの散策開始です。


      20140401雄蛇ヶ池04


      20140401雄蛇ヶ池05



池の周りの散策路
平坦路だけじゃなくて、適度にアップダウンもあって
単調になりがちな散策に変化をつけてくれます。


朽ち果てかけていますが、こんなベンチの休憩所があったり......


      20140401雄蛇ヶ池06


雑木林の枯葉の道だったり........


      20140401雄蛇ヶ池07


杉木立の道だったりと変化があります。


      20140401雄蛇ヶ池08



池といっても、それなりに広く
伊豆高原の一碧湖と感じが見ているような気もします。

湖畔とは言えないけれど、こうやって池の水面を眺めたり......


      20140401雄蛇ヶ池09



山道のような道を歩いたり.........


      20140401雄蛇ヶ池10



野生動物でもいるのか?
やたらと匂いが気になる様子の びいすけ 。


      20140401雄蛇ヶ池11


      20140401雄蛇ヶ池12




所々に(と言っても4ヶ所ですが....)四阿もあって休憩できます。


      20140401雄蛇ヶ池13



とにかく広いから、いろんな池の表情って言うか、景観があるようです。


      20140401雄蛇ヶ池14

      20140401雄蛇ヶ池15


      20140401雄蛇ヶ池16


      20140401雄蛇ヶ池17


      20140401雄蛇ヶ池18



そして時にはハイキングのように、こんな切通しの周遊路になったりします。


      20140401雄蛇ヶ池19



車を停めた駐車場の対岸にも駐車場があり
そちらにも数本の桜が色鮮やかに咲き始めています。


      20140401雄蛇ヶ池20


まだまだ、3分咲きといったところでしょうか....?


      20140401雄蛇ヶ池21



ベンチで小休止
そして再び散策開始。


      20140401雄蛇ヶ池22


後半戦はどちらかと言うとアップダウンが多い。
再び、切通しの道。


      20140401雄蛇ヶ池25



狭い尾根沿いを歩けば、眼下に四阿。


      20140401雄蛇ヶ池23




四阿で最後の休憩

歳をとったのかな?
2年前にも来たけれど、2年前より疲労度がぐ~んと違うような気がします。
(もう若くないみたい.....うっすら涙)


      20140401雄蛇ヶ池24


びいすけ も水分補給。


      20140401雄蛇ヶ池26



何だかんだと1時間以上かけて、雄蛇ヶ池1周。

脇にうっすら汗が滲み、心地よい疲労感を感じます。




堤防沿いの桜並木


      20140401雄蛇ヶ池27



こちらも少しづつ咲き始めているようです。


      20140401雄蛇ヶ池28


2年ぶり(?)の雄蛇ヶ池。
どことなく雰囲気が伊豆高原の一碧湖を散策しているような気もしてきます。
自宅から車で1時間ほどで水辺と森林の雰囲気の散策が楽しめる。

秋の季節、紅葉の季節にまた来ることにしよう........。



 
2014/04/17 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit