FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

妙見神社 《多古.・南借当》  (2014年3月16日)(千葉県香取郡多古町) 

3月16日 公休日

この日は多古町に出掛けていました。

北中の妙見神社をあとにして、向かった先は
南借当地区にある 妙見神社 。

ナビにも妙見神社は載っていないので、
iPhoneの地図アプリでおおよその場所に当たりを付け、
妙見神社を探します。



どうやら、この台地の上に鎮座しているようです。


      20140316 妙見神社 多古南別当01


台地に上る石段を登って行きます。
びいすけ 頑張れ!

      20140316 妙見神社 多古南別当02


台地の上に鎮座していた妙見神社。

      20140316 妙見神社 多古南別当03


鳥居には神額は掲げられていません。

      20140316 妙見神社 多古南別当04



拝殿には扁額も掲げられていない。
本当にここが妙見神社なんだろうか?


      20140316 妙見神社 多古南別当05




本殿は覆本殿。


      20140316 妙見神社 多古南別当08



本殿を覗きこんでみます。

      20140316 妙見神社 多古南別当06



本殿の屋根に『月星紋』を発見!

      20140316 妙見神社 多古南別当07


まさしく、ここは妙見神社のようです。



改めて、拝殿の屋根を確認してみます。

鬼瓦には『九曜紋』かと思ったら、ちょっと違う?

      20140316 妙見神社 多古南別当12


屋根の神紋も『九曜紋』とは、ちょっと違う。

      20140316 妙見神社 多古南別当13



自宅に戻ったあと、ネットで調べたら『七曜紋』と言うらしい。
千葉氏の家紋は『月星紋』『九曜紋』が有名ですが、
多曜紋と言って『七曜紋』や『八曜紋』、『十曜紋』もあるらしい。





確かに、こちらの妙見神社の裏手は城址の雰囲気が満載。


土塁に見える土壇が数多く見受けられます。


      20140316 妙見神社 多古南別当09


      20140316 妙見神社 多古南別当10


      20140316 妙見神社 多古南別当11


      20140316 妙見神社 多古南別当14


 
この地がかつて城館だったと言うことは判らないし、詳しい文献も残されていないようで、
詳細は不明ですが、千葉氏所縁の豪族が居を構えていたかもしれない。

推測の域から出ることは出来ないが、千葉氏の家紋が本殿に残されていると言うことは、
きっと千葉氏末裔の氏子さんたちに守られてきた神社なんだろう。

千葉氏の『月星紋』に出会えたことは、
ホンのちょっぴりですが、嬉しいことでした..............。


スポンサーサイト



2014/03/27 Thu. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

妙見神社 《多古.・北中》                                        (2014年3月16日)(千葉県香取郡多古町) 

3月16日 公休日

この日は多古町へ出かけました。


多古町はその昔、千田翔と称し、平安時代末期には千葉氏の領地でありました。
室町時代には千葉宗家の争いで、千葉城(亥鼻城)を追われた千葉胤直・胤宣父子が自刃し
千葉宗家が滅亡した地でもあります。

そのせいでしょうか?

多古町には妙見神社が数社あるようです。

そもそも千葉氏は築城する際に、城郭の一画(鬼門に当たる北東部)に妙見神社を建て
武運を祈願していたと言われています。
そのため、千葉一族の城には妙見神社が残されていることが多く、
裏を返せば、妙見神社のある辺りは、千葉氏関連の城郭があった可能性もあります。


と言う事で、最初に訪れたのは 北中地区にある 妙見神社。


台地の削平地、畑の中にポツンと妙見神社は鎮座していました。


      20140316 妙見神社 多古北中08



こちらが鳥居。
神額には 妙見社 と記されています。


      20140316 妙見神社 多古北中01

      20140316 妙見神社 多古北中05


こちらが拝殿。

      
20140316 妙見神社 多古北中02


さほど大きくありません。


      20140316 妙見神社 多古北中03


千葉氏の家紋の『月星紋』、『九曜紋』が何処かに無いか?
探してみますがありません。



扁額にも 妙見社 の文字。

      20140316 妙見神社 多古北中04



この妙見神社がある辺りだけ、耕作されずにいるようで
土塁っぽい土壇も残されています。

      20140316 妙見神社 多古北中06


      20140316 妙見神社 多古北中07




周辺を軽く散策してみましたが、台地の外れは民家があったりして
庭先で飼われている犬に吠えられたりして..............。


妙見神社まで戻り、じっくりと眺めてみます。

      20140316 妙見神社 多古北中10


      20140316 妙見神社 多古北中09


確かに、この一画だけが雰囲気が違う。
そして、この削平地が主郭跡に見えてきてしまう(気のせい?)。(笑)


この地が千葉氏関連の豪族が支配していたかは不明ですが
妙見神社がポツンと取り残されているのが、なんとなく謎でした。


2014/03/27 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit