FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

谷田部陣屋跡 (谷田部城址) (2014年3月9日)(茨城県つくば市) 

3月9日 公休日



この日は茨城県のつくば市に出掛けていました。


永峰城址をあとにして、向かった先は       谷田部陣屋跡


現在のつくば市立谷田部小学校の建っている辺りが谷田部陣屋跡だということです。




谷田部陣屋とは

岡見氏は保元・平治の乱で武功をたて、常陸国筑波他三郡を領し各地に土着した。
岡見氏は信通が祖で、その後小田氏の傘下に入り、
九代頼忠の子頼治が谷田部城主として居城した。
しかし下妻の多賀谷氏の攻撃を受け落城。
一旦は北条氏照の支援を受けて城を奪還したが、
再度の多賀谷氏の攻撃で頼忠は討死し、城も多賀谷氏に奪われた。

徳川時代になり、多賀谷重経は家康の上杉討伐の際、
小山で家康夜襲を計画したが発覚し所領を没収の上追放されてしまいます。

その後は細川藤孝の子、興元が茂木と合せて立藩します。

谷田部藩は肥後熊本藩(細川氏54万石)の分家です。

初代藩主・興元(忠興の弟)は慶長十五年(1610)、
下野国芳賀郡に一万石の領地を賜り、茂木に居を定めます。
元和元年(1615)には大坂夏の陣に参陣。
戦功をあげたことにより、翌年常陸国筑波郡・河内郡内に六千二百石を加増され、
総石高は一万六千二百石となり、その後藩庁を茂木から谷田部に移し、
谷田部藩が成立しました。

明治の廃藩置県後、陣屋は小学校舎や筑波郡役所として利用されましたが、
郡役所の廃止後は谷田部小学校として今日に至っています。





こちらが谷田部城の縄張り図


      谷田部陣屋縄張り図



そして、こちらが谷田部陣屋の縄張り図


      谷田部陣屋



             (余湖くんのホームページ からお借りしました)




こちらが陣屋跡である谷田部小学校


      20140309谷田部陣屋跡10



谷田部小学校の門脇に説明版が建っています


      20140309谷田部陣屋跡01



門から少し入った玄関脇に城址牌があると聞いていましたが、見つかりません。


      20140309谷田部陣屋跡07


      20140309谷田部陣屋跡08





たまたま門から出てきた小学校の先生に聞いてみると
校舎の建て替えの際、石碑は移動したそうです。

現在は校舎と校舎の間の中庭に移動しているとのことで
許可を頂いて校内に入らせていただきました。



こちらが城址碑。


      20140309谷田部陣屋跡02

正確に言えば、谷田部城は現在のこの場所とは違った場所にあったそうですが
その辺はごちゃごちゃになっているのかな......?


      20140309谷田部陣屋跡04




同じく移設された 千歳松の碑

      20140309谷田部陣屋跡03



中庭には碑や銅像が建ち並びます


      20140309谷田部陣屋跡05



      20140309谷田部陣屋跡06



陣屋跡は様々な変遷を経て、小学校となったため遺構は殆ど残されていませんが、
何か無いかと小学校の外周を散策してみます。


小学校のフェンス脇に建つ石碑。
こちらの石碑には
筑波郡役所
地方事務所
谷田部町役場

これらの跡地と記されています。


      20140309谷田部陣屋跡09


確かに、色々と変遷してきたのですね。




小学校の前には、この地域の公民館がありますが
谷田部陣屋の玄関が公民館として活用されています。


      20140309谷田部陣屋跡14




建物の横には立派な説明看板。

      20140309谷田部陣屋跡11



説明看板によれば、谷田部陣屋の玄関の棟には
細川家の家紋『九曜紋』が残されているとのことです。

ぐっと寄ってみましょう。


      20140309谷田部陣屋跡13



こちらが『九曜紋』。



      20140309谷田部陣屋跡12



      20140309谷田部陣屋跡15


千葉氏以外にも、『九曜紋』を用いていた大名が居たんですね。

ちょっぴり新鮮な驚きです。
正直言って、見所があまり無い谷田部陣屋跡ですが、
この『九曜紋』はちょっぴり感動モノでした..............。





スポンサーサイト



2014/03/21 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit