02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて...............岡田小学校女化分校                           (2014年3月19日)(茨城県牛久市) 

3月19日  公休日

この日は茨城県の牛久市に出掛けてきました。

牛久市には廃校となった小学校が5校あるそうです。


その中の1校、廃校当時の木造校舎を残す分校跡を訪れてみました。



訪れたのは 旧・牛久町立岡田小学校女化分校


女化分校は、

明治26年   私学校として女化尋常小 学校が創立し、
        一時廃校になりましたが、再び設置 され、
明治40年   村立の学校となり、
明治42年   岡田第四尋常小 学校と改称しました。
昭和13年   岡田第一から第四尋常小学校が統合して 岡田尋常小学校となり、
         女化分校が開校しました。、
昭和14年   新校舎(現在の建物)が完成。
昭和16年   岡田国民学校、
昭和22年   岡田村立岡田小学校に改称し、
         この年から4年生までは女化分校で学び、
         5・6年生は本校へ通うことになり ました。
昭和29年   町村合併で牛久町立岡田小学校女化分校と改称され、
昭和47年   本校の岡田小学校に統合され閉校となりました。

と沿革はざっとこんな感じですが、
この沿革だけでは語れない物語もあります。



明治の初め、この女化の地に徳島から47名の開拓者が入りました。
元々作物が育たない不毛の地というところへやってきた開拓者たちが
この地を開拓していったのです。

開拓の中心人物が杉本民蔵という人物でした。
当時、この女化の地には学校がなく、
国の尋常小学校まで4kmほど離れていたそうです。
読み書きのできる学校を立てたいと、
明治24年(1891)に「化成学館」という学校を建てました。
校長1名、先生1名の小さな学校で、近所の子供たちに読み書きソロバンを教えました。
しかしキリスト教の教えを説いていたので反発され、
学校は2年後に廃止されてしまったそうです。
しかし、民蔵は諦めずに寄付を集めて、
明治26年、私立の尋常小学校を建てました。
やがて明治40年(1907)にこの学校が正式に国の小学校の分校となり、
昭和47年まで続いてきたと言います。
実に民蔵の想いは約70年も形として残されたんですね。






こちらが女化分校の正門。

      20140319女化分校01


校門に往時の名残り、校名の表札を確認しましたが
残念ながらありませんでした。

      20140319女化分校02



こちらが木造の校舎。

      20140319女化分校03


真正面の玄関。
建物の顔ですね。


      20140319女化分校05



校舎全景。


      20140319女化分校06


逆アングルから

      20140319女化分校08


      20140319女化分校07


      20140319女化分校09




そして、こちらが校庭。


      20140319女化分校04



      20140319女化分校10



校庭の隅には、かつて子供たちが遊んだ遊具。
と言っても残っているのは、この スベリ台のみ。

      20140319女化分校11



木造校舎の裏手に回れば、裏庭はゲートボール場。

      20140319女化分校12


地域の年配者が利用しているのでしょうね。

実は、この女化分校跡地は
女化青年研修所として残され活用されているようです。


炭焼きの実習でも行なっているのでしょうか?
校舎の裏手、ゲートボール場の隣には炭焼き小屋?

      20140319女化分校13


そして、炭の材料なのか?
周りの雑木林で切り出した木々がいっぱいです。

      20140319女化分校14


      20140319女化分校15




以前、ネットでこの分校跡の事を知り、
木造校舎も残されているとのことで、
いつかは訪れたいと思ってました。

この日に訪れることが出来て良かった。

      20140319女化分校16


そんな父さんの気持ちを察しているんだろうか?

女化分校の木造校舎の前で、
びいすけ もいつになく凛々しい顔付きをしているように見えるのは
単なる気のせいなんだろうか...............?



スポンサーサイト
2014/03/31 Mon. 18:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

千田城址  (2014年3月16日)(千葉県香取郡多古町) 

3月16日 公休日


この日は多古町に出掛けていました。


水戸谷城址をあとにして、向かった先は 千田城址


現在の多古町はその昔、千田荘と称し、平安時代末期には千葉氏の領地でありました。
古くからこの地に栄えていた千田荘の押さえとして、千葉一族の千田氏が築いた城であるとされています。
しかしながら、詳しい文献等も残されていなく、築城時期、廃城時期等、詳細は不明です。

千田は現在では芝山町との境界の小さな集落になっていますが、かつては広大な領域を有していた。
千田台遺跡とも呼ばれ、県の発掘調査では中近世遺構として、
溝や土坑、掘立柱建物跡などが確認されたそうです。

現在はフェンスで囲まれた立入禁止の平地となっています。

 
 
こちらが千田城址。

      20140316千田城址01


残念ながら、ここが城郭だったことは城址碑はもとより
説明看板、案内看板などの類いが全く無く、
判りようがありません。

      20140316千田城址02


千田台遺跡としてフェンスが張られているとの事ですが、
千田台遺跡の案内や説明もありません。

そしてフェンスも朽ち始め、簡単に中に入れてしまいます。

      20140316千田城址03


フェンス内を軽く散策(探索)してみましたが
城郭遺構らしきモノも確認出来ませんでした。



まぁ正確に言えば、ウム?と思える箇所はあったのですが..............



例えば、こちら。
真ん中の土壇が何なのか?    

      20140316千田城址07

さすがに土壇の手前から藪状態。
勇気を持って突入する元気とパワーを今日の私と びいすけ は
もはや、持ち合わせていませんでした。


      20140316千田城址04




それならば、せめてもの記念写真。

      20140316千田城址05


      20140316千田城址06



森へと続く藪。
藪の中は未確認ですが、先人(この場合は城郭ファン)のHPの記述を信じるならば
何も無い! と言うことらしい。

      20140316千田城址08


      20140316千田城址09
 

ここが千田城址だとは誰も気づくまい。
せめて、説明看板か、案内看板ぐらい建てて下さいな。
これじゃあ、どこかの森でしょ?と言われてもわかりません。

そんな訳で
千田城址からは撤収となりました.................。






2014/03/31 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

水戸谷城址  (2014年3月16日)(千葉県香取郡多古町) 

3月16日 公休日

この日は多古町に出掛けていました。


島集落の妙見神社をあとにして、向かった先は 水戸谷城址


水戸谷城は

城主は水戸谷蔵人景賢であったと言われています。
小田原の役の際には、北条方として小田原城の湯本口で防戦をしていたとされ、
井田因幡守に従って小田原城に籠城していたと言われています。
 
小田原の役後は武蔵多摩郡萩久保村(現在の杉並区荻窪)に隠棲して、
井川氏を名乗るようになったと言われています。

おそらく、水戸谷城は秀吉の小田原の役の際、下総の諸城と同じように
家康の別働隊によって攻められ、廃城になったものと思われます




こちらが水戸谷城址の縄張り図

      水戸城址縄張り図


          (余胡くんのホームページ よりお借りしました。)




県道沿いの水戸地区集会所の駐車場に車を停め、
水戸谷城址の散策開始です。



この道を登って行けば、城址に突き当たります。

      20140316水戸城址01



坂の途中にある城址碑。

      20140316水戸城址02



水戸谷城主の子孫の方が建てられたそうです。

      20140316水戸城址03

確かに、多古町にはこう言った城址碑って言うのが殆ど無い。
町役場とか教育委員会よりも個人(子孫)の方々の方が
史跡や文化財に対する価値観が高いんでしょうね。



この坂は、主郭へと続きます。

      20140316水戸城址04


こちらが、主郭虎口。


      20140316水戸城址16


主郭はすっかり耕地化され、一面の畑となっています。

      20140316水戸城址14

      20140316水戸城址15



主郭虎口手前の三叉路を右方向に行けば、
雷電神社に突き当たります。


雷電神社への導線はまるで空堀跡のようです。

      20140316水戸城址05



雷電神社手前の郭。
位置的に三郭になるようです。

      20140316水戸城址06


こちらが雷電神社。

      20140316水戸城址07


      20140316水戸城址08



こちらが鳥居に掲げられた神額。

      20140316水戸城址09

なかなか粋なデザインって言うか、
珍しさもあって新鮮に感じます。



本殿は覆本殿。
中は暗くてよく見えませんでした。

      20140316水戸城址10



神社と三郭の間の登城路。

      20140316水戸城址11


こちらが本来の登城路かもしれません。

腰曲輪と思われる削平地もあります。

      20140316水戸城址12


      20140316水戸城址13


城郭遺構は、ほとんど残されてはいませんが
多古町には珍しい城址碑を見ることが出来たから良しとしましょう。

願わくば、多古町の教育委員会あたりが
雷電神社辺りに、城址の説明看板などを建ててくれれば
もう、言うことはないんだけどなぁ...............。











2014/03/30 Sun. 00:01 | trackback: -- | 本文: -- | edit

妙見神社 《多古・島》  (2014年3月16日)(千葉県香取郡多古町) 

3月16日 公休日


この日は多古町に出掛けていました。

志摩城址をあとにして向かった先は
島集落に鎮座する 妙見神社


多古町はその昔、千田庄と称し、平安時代末期には千葉氏の領地でありました。
室町時代には千葉宗家の争いで、千葉城(亥鼻城)を追われた千葉胤直・胤宣父子が自刃し
千葉宗家が滅亡した地でもあります。

そのせいでしょうか?

多古町には妙見神社が数社あるようです。

そもそも千葉氏は築城する際に、城郭の一画(鬼門に当たる北東部)に妙見神社を建て
武運を祈願していたと言われています。
そのため、千葉一族の城には妙見神社が残されていることが多く見受けられます。


こちらが妙見神社。

      20140316 妙見神社 多古島01



鳥居には 妙見菩薩 の神額が掲げられていました。


      20140316 妙見神社 多古島02




厳密に言えば、

1868年、明治政府は「王政復古」「祭政一致」の理想実現のため、
神道国教化の方針を採用し、それまで広く行われてきた神仏習合(神仏混淆)を禁止するため、
神仏分離令を発しました。
政府は、神仏分離令により、神社と寺院を分離してそれぞれ独立させ、
神社に奉仕していた僧侶には還俗を命じたほか、
神道の神に仏具を供えることや、「御神体」を仏像とすることも禁じました。


と言うことで、多くの妙見宮が御神体であった『妙見菩薩』から
天之御中主大神を祭神とし、神社そのものの名前を変えたりしました。


しかし、こちらは思い切り『妙見菩薩』としているところが潔い。

神仏分離令なんぞ、クソ喰らえ!といった感じでしょうか?


      20140316 妙見神社 多古島03


こちらが本殿。

      20140316 妙見神社 多古島04


      20140316 妙見神社 多古島06



御神体の妙見菩薩は切り出された木片?

      20140316 妙見神社 多古島05



本殿脇の小さな石碑。
書いてある文字が読み取れませんでしたが
それなりの歴史を感じさせます。

      20140316 妙見神社 多古島07

      20140316 妙見神社 多古島08




志摩城址も近いと言うことで、千葉氏の家紋でも残されているかと
ほんの少し期待していましたが、何もありませんでした。

残念でした..............。

2014/03/29 Sat. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

志摩城址  (2014年3月16日)(千葉県香取郡多古町) 

3月16日 公休日

この日は多古町に出掛けていました。


多古城址をあとにして、向かった先は      志摩城址


志摩城は
築城時期、主な城主は不明とされています

現在の多古町はその昔、千田荘と称し、平安時代末期には千葉氏の領地でありました。
千葉氏の一族、円城寺氏らの所領と思われ、その一族の城館だったものと思われます。

室町時代には、鎌倉公方足利成氏と関東管領上杉氏との争いで、千葉一族が分裂します。
関東管領上杉氏側に付いた千葉宗家の千葉胤直。
鎌倉公方足利成氏側に付いた一門の原胤房、馬加康胤に本拠の亥鼻城を急襲され、
千田荘に逃れ父・胤直は志摩城に逃れ、子・胤宣は多古城に逃れました。
しかし原胤房、馬加康胤に攻められ多古城も志摩城も落城してしまいます。
千葉宗家の千葉胤直・胤宣父子は自刃し、この千田荘で千葉宗家は滅びてしまいます

志摩城のその後、そして廃城の時期等、詳細は不明とされています。



こちらが志摩城の縄張り図

      志摩城址縄張り図

            (余湖くんのホームページ  よりお借りしました)



志摩城は現在の島集落の東端部に築かれていました。
かつて、この辺りは大小多数の湖沼が点在する大湿地帯であったとされており、
「島」の名が示す通り、湿地帯に浮かんだ島のようであったと言われています。

集落の東端部にある台地が「塙台」と呼ばれていて、こちらが志摩城址となります。

現在は農業公園として整備され、駐車場まで完備されています。


駐車場の片隅に建っている説明看板。

      20140316志摩城址01


以前はありませんでしたが
平成24年に建てられたようです。

多古町も史跡や文化財の保存・管理に力を入れるようになったのでしょうか?

      20140316志摩城址02


ただ残念なのは多古城址同様に、
この志摩城址も遺構はほとんど残されていません。

      20140316志摩城址03



城塁のように見えますが、後世の耕地整理の名残りかもしれません。


      20140316志摩城址04



こうやって見てみると、郭跡に見えなくもない。


      20140316志摩城址05



台地の北東、いわゆる鬼門にあたる場所に鎮座する神社。


      20140316志摩城址06

妙見神社かと思いきや、八幡神社でした。


こちらが八幡神社の拝殿。

      20140316志摩城址07



主郭跡は完全に耕地化され、一面の畑。

      20140316志摩城址08


      20140316志摩城址09


この辺りは、かつての城塁。

      20140316志摩城址10


一部公園化されているから、こんなベンチや四阿もあります。

      20140316志摩城址11



このアングルが1番城郭っぽく見えるみたいです。

緑が映える城塁。
草の緑が映える季節になってきたようです。

      20140316志摩城址12

この西側が「二ノ台」で二郭とみられています。
やはり開墾されていることもあり、
現状では明確に城郭遺構と判断できるようなモノは余り残っていないようです。

二郭から眺める主郭。

      20140316志摩城址13

こうやって眺めてみると、やはり城址だと思える遺構は少ないようです。


まぁ、ネットで事前に調べていたから、覚悟と言うか
心構えはあったけど、やはり千葉宗家の終焉の地だと言うのに
この状態はちょっぴり寂しい気がします..............。






2014/03/29 Sat. 03:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

多古城址  (2014年3月16日)(千葉県香取郡多古町) 

3月16日 公休日

この日は多古町に出かけていました


多古陣屋跡をあとにして向かった先は  多古城址


多古城は

築城時期、主な城主は不明とされています

現在の多古町はその昔、千田荘と称し、平安時代末期には千葉氏の領地でありました。
千葉氏の一族、円城寺氏らの所領と思われ、その一族の城館だったものと思われます。

室町時代には、鎌倉公方足利成氏と関東管領上杉氏との争いで、千葉一族が分裂します。
関東管領上杉氏側に付いた千葉宗家の千葉胤直。
鎌倉公方足利成氏側に付いた一門の原胤房、馬加康胤に本拠の亥鼻城を急襲され、
千田荘に逃れ父・胤直は志摩城に逃れ、子・胤宣は多古城に逃れました。
しかし原胤房、馬加康胤に攻められ多古城も志摩城も落城してしまいます。
千葉宗家の千葉胤直・胤宣父子は自刃し、この千田荘で千葉宗家は滅びてしまいます

戦国末期、飯土井氏が居城していましたが、
原氏の一族牛尾胤仲が攻め落とし居城としました。
その後北条氏の意に沿わなかった為、
飯櫃城の山室氏に攻められ落城したと言われています。






こちらが多古城の縄張り図


        多古城址縄張り図


          (余胡くんのホームページ   からお借りしました。)



古陣屋跡のすぐ近く、直線距離にしても数百mの距離に多古城址はあります。
とは言っても、説明板や城址碑のたぐいは全くなく
城郭ファンのHPの画像を頼りに散策します

しかし、この多古城址のある台地(多古台)は、かなり改変されていて
 



こちらは縄張り図にある古墳

おそらく物見台として利用されていたのでしょう。



      20140316多古城址01



古墳の下には神社がありますが
神社の手前が削平地。
まるで腰曲輪のようです。


      20140316多古城址02


      20140316多古城址03


      20140316多古城址04


      20140316多古城址05


神社と言うか祠から台地を下り、旧道沿いに台地を眺めるように散策してみます


旧道を多古第一小学校方面に向かって歩き、切通バス停のある辺りで、
切通集会所へ入って行く小道を歩きます。
集会所の奥に、いかにも!って感じの道が現れます。


どうやら、搦め手口のようです。

      20140316多古城址07


竹林の間の細い道を登って行きます。

      20140316多古城址08


      20140316多古城址09



しばらくすれば、虎口が現れます。


      20140316多古城址06



こちらが、台地の削平地。
かなりと言うか、完全に耕地されて周辺は畑。
おまけに大きな携帯電話用のアンテナまで建っています。

しかし、この辺りが主郭であったのでしょう。


      20140316多古城址10



確かに、多古城址は耕地化され、また開発によって西側は見事な迄に削られ
とても城郭跡には見えそうにありません。


      20140316多古城址12 



辛うじてこの辺りが、かつての郭跡に見えなくもない。


      20140316多古城址11



千葉氏内紛による千葉宗家の終焉の地でもあるのに
城址として(史跡)として管理されていないのは残念な気がします。

せめてもの救いは、搦め手口が辛うじて残されていることだろうか..............。





2014/03/28 Fri. 23:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

多古陣屋跡  (2014年3月16日)(千葉県香取郡多古町) 

3月16日 公休日

この日は、多古町に出掛けていました。


多古町には、かつての陣屋跡があると言うことで
訪れたのは、 多古陣屋跡


現在の多古第一小学校のある台地一帯が多古陣屋跡と言われています。


多古陣屋は

天正18年(1590年)、徳川家康の関東入部に伴い、
家臣・保科正光が多胡に多古に一万石を与えられ入封し、
多古城に隣接して陣屋を構えました。
慶長11年(1606年)正光は一万五千石を加増され、
旧領の信濃国高遠に転封となり、多古藩は廃藩となります。

保科正光の転封後、しばらくして土方雄久が加賀野々市から入封したが、
次の雄重の時に陸奥に転封となり再び廃藩となります。

嘉永12年(1635年)八千石の旗本(久松)松平勝義は、下総・上総の一部を領有し、
多古で陣屋を構えていましたが、
正徳3年(1713年)松平勝以は大坂定番となり、摂津国にて三千石の加増を受け、
一万二千石となり大名となり多古藩を立藩します。
以後、多古の地は松平氏が領有し、多古藩は明治まで在藩しました。





こちらが多古陣屋の縄張り図


      多古陣屋跡縄張り図

          (余胡くんのホームページ   からお借りしました。)



現在の多古第一小学校のある台地一帯が多古陣屋跡と言われています。


かつての城郭が時代の流れの中で、学校になっている。
城址に学校が建てられているって言うパターンは意外に多く
この多古陣屋跡も正にそのパターン。

こういう場所って、平日には授業があるから訪れにくい。
しかし、この日は日曜日。小学校も休み。

一応、当直の先生に声を掛けて許可を頂き、
大きな顔して陣屋跡の見学(散策)と相成ります。

(これでも、結構気を使っているんですよ!)


せっかく小学校の敷地内に入ったのだから
まずは、二ノ宮さんにご挨拶(笑)。


      20140316多古陣屋跡19


職員室のある校舎からグランドに移動。
さらに、その奥にある旧・校門を目指します。

こちらが、旧・校門。

      20140316多古陣屋跡01



この校門脇に、多古陣屋の石垣が残っています。

      20140316多古陣屋跡02



旧・校門前の高野前神社の入り口に多古陣屋跡の案内があります。


      20140316多古陣屋跡03


高野前神社の拝殿の裏手にある土塁。

      20140316多古陣屋跡04


同じく、高野前神社の裏手にある石垣。

      20140316多古陣屋跡05


高野前神社の境内にある石碑には
多古陣屋(松平家)について記載されています。


      20140316多古陣屋跡06



こちらが、高野前神社


      20140316多古陣屋跡07




もう一度、小学校の敷地内に戻ります。

こちらが第一グランドに残された石垣。

      20140316多古陣屋跡08


      20140316多古陣屋跡09



そして、こちらが第一グランドの隅にある土塁。

      20140316多古陣屋跡10


      20140316多古陣屋跡11


      20140316多古陣屋跡12


      20140316多古陣屋跡13



第一グランド脇の裏山(台地)に登ってみます。

      20140316多古陣屋跡4


物見台にも見える土壇。

      20140316多古陣屋跡15


その土壇の下方には太平洋戦争の慰霊碑。

      20140316多古陣屋跡16

以前からあった陣屋跡の土壇に建てたようです。


      20140316多古陣屋跡17



慰霊碑の下には、削平地。

      20140316多古陣屋跡18

郭跡にも見えなくない。

明らかに人の手の入った削平地。
一瞬、多古城址の城郭遺構かとも思いましたが
多古城址はもうちょっと離れているから、
おそらく陣屋跡の何かだろう。






第一グランドの石垣と一部の土塁しか遺構は残されていないと言うことで、
見所は少ないと思っていた多古陣屋跡だけれど、
意外や意外。この辺りもそれなりの見所があるようです。


百聞は一見にしかず


そんな言葉を思い出しました..........。






 




2014/03/28 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

妙見神社 《多古.・南借当》  (2014年3月16日)(千葉県香取郡多古町) 

3月16日 公休日

この日は多古町に出掛けていました。

北中の妙見神社をあとにして、向かった先は
南借当地区にある 妙見神社 。

ナビにも妙見神社は載っていないので、
iPhoneの地図アプリでおおよその場所に当たりを付け、
妙見神社を探します。



どうやら、この台地の上に鎮座しているようです。


      20140316 妙見神社 多古南別当01


台地に上る石段を登って行きます。
びいすけ 頑張れ!

      20140316 妙見神社 多古南別当02


台地の上に鎮座していた妙見神社。

      20140316 妙見神社 多古南別当03


鳥居には神額は掲げられていません。

      20140316 妙見神社 多古南別当04



拝殿には扁額も掲げられていない。
本当にここが妙見神社なんだろうか?


      20140316 妙見神社 多古南別当05




本殿は覆本殿。


      20140316 妙見神社 多古南別当08



本殿を覗きこんでみます。

      20140316 妙見神社 多古南別当06



本殿の屋根に『月星紋』を発見!

      20140316 妙見神社 多古南別当07


まさしく、ここは妙見神社のようです。



改めて、拝殿の屋根を確認してみます。

鬼瓦には『九曜紋』かと思ったら、ちょっと違う?

      20140316 妙見神社 多古南別当12


屋根の神紋も『九曜紋』とは、ちょっと違う。

      20140316 妙見神社 多古南別当13



自宅に戻ったあと、ネットで調べたら『七曜紋』と言うらしい。
千葉氏の家紋は『月星紋』『九曜紋』が有名ですが、
多曜紋と言って『七曜紋』や『八曜紋』、『十曜紋』もあるらしい。





確かに、こちらの妙見神社の裏手は城址の雰囲気が満載。


土塁に見える土壇が数多く見受けられます。


      20140316 妙見神社 多古南別当09


      20140316 妙見神社 多古南別当10


      20140316 妙見神社 多古南別当11


      20140316 妙見神社 多古南別当14


 
この地がかつて城館だったと言うことは判らないし、詳しい文献も残されていないようで、
詳細は不明ですが、千葉氏所縁の豪族が居を構えていたかもしれない。

推測の域から出ることは出来ないが、千葉氏の家紋が本殿に残されていると言うことは、
きっと千葉氏末裔の氏子さんたちに守られてきた神社なんだろう。

千葉氏の『月星紋』に出会えたことは、
ホンのちょっぴりですが、嬉しいことでした..............。


2014/03/27 Thu. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

妙見神社 《多古.・北中》                                        (2014年3月16日)(千葉県香取郡多古町) 

3月16日 公休日

この日は多古町へ出かけました。


多古町はその昔、千田翔と称し、平安時代末期には千葉氏の領地でありました。
室町時代には千葉宗家の争いで、千葉城(亥鼻城)を追われた千葉胤直・胤宣父子が自刃し
千葉宗家が滅亡した地でもあります。

そのせいでしょうか?

多古町には妙見神社が数社あるようです。

そもそも千葉氏は築城する際に、城郭の一画(鬼門に当たる北東部)に妙見神社を建て
武運を祈願していたと言われています。
そのため、千葉一族の城には妙見神社が残されていることが多く、
裏を返せば、妙見神社のある辺りは、千葉氏関連の城郭があった可能性もあります。


と言う事で、最初に訪れたのは 北中地区にある 妙見神社。


台地の削平地、畑の中にポツンと妙見神社は鎮座していました。


      20140316 妙見神社 多古北中08



こちらが鳥居。
神額には 妙見社 と記されています。


      20140316 妙見神社 多古北中01

      20140316 妙見神社 多古北中05


こちらが拝殿。

      
20140316 妙見神社 多古北中02


さほど大きくありません。


      20140316 妙見神社 多古北中03


千葉氏の家紋の『月星紋』、『九曜紋』が何処かに無いか?
探してみますがありません。



扁額にも 妙見社 の文字。

      20140316 妙見神社 多古北中04



この妙見神社がある辺りだけ、耕作されずにいるようで
土塁っぽい土壇も残されています。

      20140316 妙見神社 多古北中06


      20140316 妙見神社 多古北中07




周辺を軽く散策してみましたが、台地の外れは民家があったりして
庭先で飼われている犬に吠えられたりして..............。


妙見神社まで戻り、じっくりと眺めてみます。

      20140316 妙見神社 多古北中10


      20140316 妙見神社 多古北中09


確かに、この一画だけが雰囲気が違う。
そして、この削平地が主郭跡に見えてきてしまう(気のせい?)。(笑)


この地が千葉氏関連の豪族が支配していたかは不明ですが
妙見神社がポツンと取り残されているのが、なんとなく謎でした。


2014/03/27 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............多古第二小学校一鍬田分校跡                       (2014年3月16日)(千葉県香取郡多古町)                            

3月16日 公休日

個人的な連休2日目

この日は千葉県香取郡多古町へ出かけてみました



最初に向かったのは、他お待ちの外れ、
成田空港にも近い一鍬田地区。

かつてこの地にあった分校跡を訪ねてみました。


訪れたのは  多古町立第二小学校一鍬田分校跡


      20140316 一鍬田分校01


      20140316 一鍬田分校02



実はこの分校のことを色々ネットで調べてみたのですが
どうにもこうにも情報がありません。
詳しい沿革も判りません。


実は、この分校跡の存在も城郭ファンのHPで知りました。








こちらが正門跡

この階段を上って児童たちは通学していたのですね。


      20140316 一鍬田分校03


      20140316 一鍬田分校04



こちらが正門(校門)


      20140316 一鍬田分校05


古びた木の表札が掲げられていますが
文字は読み取れませんでした。



こちらが廃校跡

校舎はとっくの昔に解体されていて何もありません。


      20140316 一鍬田分校06


      20140316 一鍬田分校07


      20140316 一鍬田分校08


      20140316 一鍬田分校09




正門脇に二ノ宮金次郎の像。


これが廃校の証し。
かつて、この地に学校が存在していた証しです。


      20140316 一鍬田分校10


      20140316 一鍬田分校11



実は、この一鍬田分校跡地は 福泉寺 の一画、


      20140316 一鍬田分校20



こんな立派な梵鐘もあります。


      20140316 一鍬田分校12




地元の方で、たまたま話を聞いてみたら
色々と教えてくださいました。


元々、江戸時代にこの福泉寺で寺子屋をやっていたそうで
福泉寺の敷地内に学校を建て、後に分校となったそうです。
以前は木造平屋の校舎だったのが、成田空港建設に伴い、
昭和40年代に公団が鉄コンクリートの平屋建ての分校校舎を建てたたそうです
成田空港解説に伴い、この地を離れる人も多くなり
少子化の何と重なって児童数が減り、平成になる前に廃校になり
元々、福泉寺の敷地と言うこともあって、校舎を取り壊したそうです。

取り壊された校舎は、現在の墓地のところに建っていたそうです。


ちょうどこの位置あたりに校舎が建っていたのですね。


      20140316 一鍬田分校13





詳しい伝承は残されていませんが.........

この福泉寺のある台地一帯が城郭であったとも言われています。
通称、一鍬田城址は城主、築城年代等不明ですが
確かに周辺は城郭跡らしい雰囲気もあります。


福泉寺脇の土塁と空堀跡
ちょうど分校の二ノ宮金次郎像の裏手になります。


      20140316 一鍬田分校14




台地下の谷津の水田地帯からの登り坂。


城址らしい雰囲気満載です。


      20140316 一鍬田分校15


      20140316 一鍬田分校16


      20140316 一鍬田分校17



この坂を城址の雰囲気を味わいながら
一歩一歩、足に力を込め登っていけば、やがて福泉寺。
そして一鍬田分校跡。


何もない分校跡地ですが
梅の花が近づく春を表現し始めていました。


      20140316 一鍬田分校18


      20140316 一鍬田分校19



春は、すぐそこまでやって来ているようです..............。






 
 
 
2014/03/26 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

北総花の丘公園ドッグラン  (2014年3月15日)(千葉県印西市) 

3月15日 公休日


この日印西市に来た最たる理由がドックランの更新手続き。

ホームグランドである、北総花の丘公園ドックランの更新手続きです。

この時期の土・日曜のみ、ドックランのあるエリアの管理事務所で
更新手続きが出来ます。



新しい利用証を手にドックランに入場します。

      20140315北総ドッグラン01




しかし、ドックランに入って5分もしない内に事件が勃発。


この日は週末の土曜日。
既に先着のワンちゃんが7〜8頭は居ただろうか?
知ってる顔の飼い主さん、ワンちゃんも居るから安心。

ランに入って、 びいすけ のリードをフリーにして
いつもの様にフェンス周りの臭いを嗅ぎ始めた びいすけ を見て
バケツを持って水を汲みに行っていた。
水を汲み終えると、 びいすけ がいきなり、ウンチ。

予想だの無い行為に慌ててビニール袋で回収。

その時に事件が起きました。

ウンチを回収している時に、ちょっと目を離した瞬間に
『キャイ〜ン、キャイ〜ン』と犬の鳴き声。
声の方に振り向くと、そこには少し大きな犬に抑え込まれていた びいすけ がいました。

どうやら、びいすけ を気になるワンコが嫌がる びいすけ に押し掛かったようでした。

何人かでそのワンコを取り押さえようとしたら
逆に興奮したみたいで、益々 びいすけ に襲いかかります。
完全に倒れこんで腹を見せている びいすけ に襲いかかります。

何とか私が取り押さえましたが、
正直、気分は良くない。

尻尾が思い切り下がり、震える びいすけ を抱きかかえ、
こみ上げてくる、やり場のない怒りをぐっと堪えてました。
噛まれたのか? よく判らないから
一通りびいすけの身体をチエックして一安心。

確かに犬同士の出来事だから、飼い主には予想しない行動にもなるけど
飼い主同士の反省もありますね。
やっぱり、ドッグランでは愛犬から目を離すのは止めましょう。

ついつい、飼い主同士が話に夢中になって..............

なんてことは良くあるから、気をつけることに致します。





どうやら、この一件のワンちゃんとは相性が悪かったようで
先方も気を使って、早々に帰られてしまいました。


でも、こういう時ってお互いが気まずい思いをしちゃうから
考えモノなんだなぁ..............。






さて、気を取り直してっと..............。




気分の落ち着いた びいすけ は、やはり臭い嗅ぎに専念します。


      20140315北総ドッグラン02



どうも、ドックランでは単独行動が好きみたい。


      20140315北総ドッグラン03



以前、遊んでくれた ノアくん が居ても
あまり興味がないみたい。

      20140315北総ドッグラン04



芝生や土の臭いを嗅ぐのが好きみたい。


      20140315北総ドッグラン05


      20140315北総ドッグラン06



初めて会った、黒ラブくん(ちゃん?)と遊ぶかな?と
一瞬思わせ振りですが、このあとの絡みがありません。

この日、黒ラブは2頭いたから、この仔はイブちゃんかなぁ?


      20140315北総ドッグラン07



同じく、始めましての ゆず丸くん。

やっぱり絡まない。


      20140315北総ドッグラン08



逆に、黒ラブのイブちゃん?には随分と好かれています。

びいすけ の後を付いて行きます。


      20140315北総ドッグラン09


      20140315北総ドッグラン10


      20140315北総ドッグラン11



イブちゃん と ゆず丸くん との3ショット。

でも絡まない。
走らない。
ワンプロしない。


      20140315北総ドッグラン12


まあ、この日は全く走らない日でしたが
ランに入っていきなり、咬傷沙汰(大袈裟か?)があったりしたから
びいすけ の好きにさせましょう。



このあと、お昼を回ったので帰ることにしましたが、
たかがドックラン。
されどドックラン。
飼い主にも考えさせられる1日でした。






2014/03/26 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

松虫陣屋跡  (2014年3月15日)(千葉県印西市) 

3月15日 公休日


この日は印西市に出かけていました。


松虫寺から歩くこと5分ちょい。
松虫寺の駐車場にあった看板に記載されていた 松虫城跡 に向かいます。

松虫城跡、正確には松虫陣屋跡

どうも平成のこの時代には、この城と陣屋との区分が曖昧になってきているようです。


基本的には

陣屋(じんや)は、江戸時代の幕藩体制における、大名領(藩)の藩庁が置かれた屋敷、
また徳川幕府直轄領の代官の住居および役所が置かれた建物のことである。

さらに言えば、

一般的に3万石以下の城を持たない大名が陣屋を持っていました。
また上級旗本も知行地に陣屋を構えました。
さらに大藩の家老の所領地である知行所の政庁が置かれた屋敷も含まれます。
飛地を所領に持つ大名が、現地の出張所として陣屋を設置することもありました。

しかしながら、陣屋の由来は元々は平安時代に宮中警護をする衛士の詰所のことであった。
鎌倉時代には合戦における兵士の臨時軍営を陣屋と呼んだ

そして、この松虫陣屋は伝承によれば、
常陸国河内郡足高城主、岡見中務少輔信貞の臣、栗林下総守義長が
佐倉の千葉氏を攻めたときに陣屋をおいたと古文書に記されているらしいが、
真偽は定かでない。
しかしながら、この松虫陣屋跡は臨時の城であったと思われます。



陣屋跡の脇を北総電鉄が敷かれ、スカイライナーが疾走しています。





こちらが、松虫陣屋の縄張り図。


      松虫陣屋縄張り図
 
          (余胡くんのホームページ からお借りしました。)



残念なことに、松虫陣屋跡の南側の一画は
北総電鉄の線路とその線路と平行して伸びる道路の建設で
見事なまでに破壊されています。


      20140315松虫陣屋01


      20140315松虫陣屋05



また、外郭にあたる城域も民家が建ち並び
郭跡も耕地され、郭跡にも見えるし、
畑にも見えるし、微妙な状態。


      20140315松虫陣屋02



こちらの切通しは、おそらく後世に作られたものでしょう。


      20140315松虫陣屋03


何気に土塁っぽい土壇もあったりして.......。

      20140315松虫陣屋04



右上の高台が主郭になると思うのですが
何せ藪状態で侵入を拒んでいるかのようです。


      20140315松虫陣屋06



何とか、別な登城路を見つけ、郭内に侵入します。


      20140315松虫陣屋07



しばらく歩くと空堀発見。

      20140315松虫陣屋08


しかし、倒木がすごい。


      20140315松虫陣屋09



空堀に降りて歩きたいのですが、この倒木では無理。
それこそハードル競技になってしまいます。

      20140315松虫陣屋10



折れ曲がった空堀と土塁。

どうしても写真だと、そのリアリティさが伝わらないようです。

      20140315松虫陣屋11


掘底からは2mほどはある土塁。

      20140315松虫陣屋12


とにかく、この空堀と土塁が松虫陣屋跡の見所です。


      20140315松虫陣屋13

裏を返せば、他には余り見所がないって言うことになってしまいます。



何故だか、今日は余り歩きたがらない びいすけ 。
片足が固まってます。(笑)


      20140315松虫陣屋14



いつも参考にしている余胡さんの書かれた縄張り図を見ていても
正直、倒木が多くて今一歩。
郭内がどうなっているのか?
完全には把握出来ませんでした。


      20140315松虫陣屋15


まあ、これだけ竹や木に囲まれたら無理もないでしょう。


      20140315松虫陣屋16


これ以上奥へ進軍するのは無理と判断し、
来た道(?)を戻ります。


      20140315松虫陣屋17


振り返って見ると、確かに埋れてはいるけれど
空堀に沿って(空堀を)進軍していたんだなと分かります。


せっかく、空堀や土塁と言う遺構が辛うじて残っているんだから
何処かの一画にでも城址碑でも建ててくれれば
個人的にはポイントが上がるんだけどなぁ。

印西市って合併編入した印旛村や本埜村の
観光資源や文化財にチカラを入れてくれるのかな?
その辺りの対応が今一歩だと感じてしまうのは
私だけなんだろうか..................... ?







2014/03/25 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

松虫寺  (2014年3月15日)(千葉県印西市) 

3月15日 公休日

個人的な連休初日


この日は印西市に用事があったので
朝から(と言っても9時過ぎですが)印西市に出かけました。


せっかくだから、以前から行きたかった場所にも立ち寄りました。

最初に立ち寄ったのは 松虫寺



今から30年ほど前、京都に住んで居ました。
京都と言っても限りなく大阪に近い長岡京市。
そちらに住んでいた時、知り合いから教えてもらったのが
桂あたりだったと思うけど、鈴虫寺と言う珍しい名前のお寺。
真冬の時期外れに訪れたけど、お寺の中に鈴虫がいた。
正確には、鈴虫が飼育されていて、季節外れの鈴虫の鳴き声を聞いた。

そんな遠い記憶を思い出すような、松虫寺。
はたして松虫が飼育されているんだろうか?

多少の興味を抱いて、やって来ました松虫寺。




この坂を登れば、やがて松虫寺の門前に出ます。


      20140315松虫寺01



駐車場に建つ、案内看板。
印西市はこの辺りを『松虫寺といにしえの田園』として、
観光に力を入れたいみたいです。


      20140315松虫寺02



近くには松虫城址(松虫陣屋跡)があります。


      20140315松虫寺03




こちらが、松虫寺の山門。


      20140315松虫寺04




松虫寺は、千葉県印西市(旧・印旛村地区)にある真言宗豊山派の寺院。
山号は摩尼珠山。院号は医王院。本尊は七仏薬師瑠璃光如来。
建立は天平17年(745年)といわれる。
言い伝えによれば、聖武天皇の第3皇女松虫姫(不破内親王のこととされている)が
病にかかってこの地を訪れ、その没後行基が開山となって創建したと言われています。



詳しく語れば..............
この地域には松虫姫の伝説が残されています。


今から1300年ほど前の奈良時代。
東大寺を建立した聖武天皇の第三皇女に松虫姫(不破内親王)という美しい姫君がいました。
年頃になって重い難病にかかり、姫はもとより父帝や母の后の嘆きはひとかたではなく、
あらゆる治療の手を尽くしましたが、病は重くなるばかりでした。

ところがある夜、坂東の下総に効験あらたかな薬師如来があるという夢のお告げがあり、
天皇は藁にもすがる思いで松虫姫を下総に下向させました。
板東は聞くもおそろしい化外(けがい)の地であったので心ぼそいことかぎりなく、
従者は一人逃げ二人去りして、下総の国府に着いたときには、
杉自という乳母と数人の従者だけになっていました。

ともあれ、一行は国府をあとに疲れた足を引きずるようにして、
印旛沼のほとりの萩原郷にたどり着きました。
すでに陽は西に傾き、訪ねる薬師堂は満々と水をたたえた湖沼を見下ろす丘の上にありました。
都を遠く離れて、見知らぬ板東の、人家もまばらな貧しい村里にたたずむ心ぼそさはたとえようもなく、
人々はただ呆然と立ち尽くすばかりでしたが、今の松虫姫にとっては、
この薬師仏にすがりつくほかに生きる望みもありませんでした。

必死に祈ることだけが、ただひとつの生きる証しなのでした。
姫は心をとりなおして、薬師堂のかたわらに草庵を結びました。
その草庵で雨の日も風の日も、粉雪が舞い乱れて寒風吹きすさぶ冬の日も、
朝夕一心に祈り続けました。

乳母や従者たちも、思い思いに近くに小屋をかけて、
姫と行を共にしながら、都で習い覚えた機織りや裁縫、養蚕などを村人に伝え、
生活の糧としながらかしづいていました。

数年の歳月はまたたくまに流れ、姫の一念は御仏に通じて、
さすがの難病もあとかたもなく全快しました。

姫はもとより従者たちの喜びは一方でなく、また都の技術を教わった里の女房や娘たちも、
今はすっかり松虫姫を慕って共に喜んで、病気全快の報せはただちに都へ届けられました。

都からはさっそく迎えの人々が差し向けられましたが、
松虫姫は、見知らぬ下総の地で途方にくれる自分達を親切にいたわってくれた淳朴な村人たちに報いるため、
乳母の杉自をこの地に残し、都の技術を広めよと命じて、名残を惜しむ村人たちに見送られて都へ帰って行きました。

このとき、都から姫を乗せてきた牛は年老いて乗用にたえられなくなっていましたので、
乳母と共に残して行くことにしましたが、これを悲しんだ老牛は自ら近くの池に身を投じて果てたといいます。
村人はその牛の心根を哀れみ、今も「牛むぐりの池」と呼んで語り伝えています。

松虫姫から詳しいようすを聞いた聖武天皇は、効験あらたかな尊い薬師佛を
野末の街道にさらしておくのは畏れ多いとして、僧行基に命じ、
七仏薬師群像を刻して献じ、一寺を建立して松虫寺と名付けました。

その後、松虫姫は異母兄塩焼王の妃となりましたが、皇位継承にからむ藤原一族の政争にまきこまれ、
二度にわたる流刑の悲運に見舞われながら、数奇な生涯を終えました。

遺骨は遺言によって松虫寺に分骨され、村人は境内に墳(つか)を建てて丁重に葬り、
松虫姫御廟と呼んで現在に伝えています。





そんな伝説の残る松虫寺を散策してみましょう。


      20140315松虫寺05


先ずは、仁王門前にて。


      20140315松虫寺06


      20140315松虫寺07



仁王門の仁王が物凄い形相で出迎えてくれます。


      20140315松虫寺26


      20140315松虫寺27




房総の魅力 500選 の碑もありました。


      20140315松虫寺08



松虫寺の由緒の記された碑。
そして碑の脇にずっしりと根を張る樹齢数百年の巨木。

この木を見ただけでも松虫寺の歴史重さを感じさせてくれます。


      20140315松虫寺09


こちらが松虫姫御廟。
本堂の裏手に、石の柵に囲まれた墳(つか)。
一本の老樹が亭々とそびえています。


      20140315松虫寺10


      20140315松虫寺11


      20140315松虫寺12




こちらが、松虫寺に隣接する(って言うか、松虫寺の境内にある)松虫姫神社。


      20140315松虫寺16



左奥に見えるのが拝殿。


      20140315松虫寺15


こちらが、その拝殿。


      20140315松虫寺14


拝殿に掲げられた扁額(神額)。


      20140315松虫寺13






こちらが、松虫寺の薬師堂。


      20140315松虫寺17


薬師堂の扁額(寺額)。

      20140315松虫寺24


扁額と並んで掲げられた絵画。
かなりの時代もの。
色褪せ感が半端なく、これまた月日の流れの重さを感じます。


      20140315松虫寺25






薬師堂脇の梅の木も恥ずかしそうに花を咲かせ始め
何処と無く、春の到来を感じさせてくれます。


      20140315松虫寺21


      20140315松虫寺22


      20140315松虫寺23



こちらは、梵鐘。


      20140315松虫寺18


      20140315松虫寺19




おそらく松虫寺関係者の住居の前に建つ山門。
これだって時代掛かっていて味がある。


      20140315松虫寺20



松虫寺から、ちょっぴり足を伸ばします。


この地方も庚申塔が多く建ち並ぶ地域です。


      20140315松虫寺28


      20140315松虫寺29


      20140315松虫寺30


これらの石碑、石仏群は一体どれぐらいの月日を
この場所で、この松虫姫の伝説の残る里で建ち並んでいるのだろうか?


数百mも歩けば、近代的な分譲住宅が建ち並ぶ印西市の一画。
まだまだこんなに魅力のある場所が残っているんですね。



2014/03/24 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

新車納車 

4月1日から消費税が5%→8%へと上がってしまうために
新車に乗り換えることにいたしました。


3月6日にネットでオーダーして
3月11日の夜に納車されました。

夜の8時過ぎの納車だったため
その日はそのままにして
次の公休日の3月15日、開梱いたしました。








えっ! 開梱.........?






って思うでしょう?










新びいすけ号 と命名した新車がこちら













      20140315バギー01




そうです。
新びいすけ号は びいすけ専用のカートでした。(笑)





意外に大きなダンボール


      20140315バギー02







開梱して組み立ててみました。

さっそく、びいすけは飛び乗ります。


      20140315バギー03



実は今まで使っていたカート、
1歳くらいまではちょうど良かったのですが
大きさの割に居住部の深さがなかったため
移動時でもカバー(囲い)をオープンにしていると
立ち上がっている びいすけ も不安定。
ましてや立ち乗りが好きな びいすけ には、
もっと深さのあるカートが欲しくなりました。


ちょこんと、カートに座り込む びいすけ。


      20140315バギー04



この深さなら問題ないでしょう。



旧びいすけ号は八王子の実家行き。
もっちゃん と びいすけ のお出かけの時に使ってもらいましょう。



びいすけ用の新車も手に入ったことだし
カート利用のお出かけもいずれ計画いたしましょう..............

ねぇ、びいすけ
どこに行こうかね...........?








 
 
 
2014/03/23 Sun. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

爪切り&肛門絞り&etc   (2014年3月10日) 

3月10日 公休日


午前中をドギーズガーデンで過ごしたこの日、
兼ねてから予約していた爪切り&肛門絞りに行って来ました。

先月末から今月初めに八王子の実家に一週間居候をした びいすけ 。
おじいちゃん(私の父親)に爪が痛いと言われ、
近い内に爪切りに行かなくっちゃって感じていました。

最近は、カインズホーム佐倉店内にあるペットショップでお願いしています。

何と言っても値段が安い。
爪切り、肛門絞り、耳掃除、デンタルケア、肉球マッサージの
5点セットで税込1000円(2014年3月31日まで)。
そのせいなのか? 以前はいきなり行っても少し待てば対応して貰えたけど、
最近は当日受付け不可。事前予約制になってしまいました。

 

カインズホームのレジで代金を支払っている間に
手際良く処理してくれています。

ちょうど爪切りが終わろうとしていました。

      20140310爪切り01



あっ!
びいすけ と目が合っちゃった。

      20140310爪切り02


こうなると大変。
びいすけ が興奮して暴れるかと思いきや..............

      20140310爪切り03


なぜか、意外にも落ち着いている びいすけ 。

      20140310爪切り04


おとなしく、お姉さんに身を委ね、爪を切られています。

      20140310爪切り05


爪切りも無事終了。


続いて、肛門線絞り。
もう一人のお姉さんを奥から呼んで、二人掛かりで
手際良くこなして行きます。

      20140310爪切り06


一人が肛門線絞り。
もう一人がデンタルケア(歯磨き)。


      20140310爪切り07


さすがプロの技、
手際が良い。


      20140310爪切り08



      20140310爪切り09


肛門線絞りが終われば、すぐさま、肉球マッサージ。

      20140310爪切り10


あっと言う間に終わったって感じです。

まぁ、これで一ヶ月は大丈夫かな?
また来月もよろしくお願いしますね。



2014/03/23 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ドギーズガーデン  (2014年3月10日)(千葉県印西市) 

3月10日 公休日


個人的な連休2日目。

とは言え、平日の月曜日。
数日前から次の月曜日の休みに行きたい場所があった。

印西市のドッグラン ドギーズガーデンです。


約2年前に一度来たことがありましたが
その後、久しくご無沙汰をしていました。

本来は土、日曜の方が来場者も多そうで
ワンちゃんもいっぱい居て楽しそうですが
何せ、ここ2年ほどはドッグランに行っても
他所のワンちゃんと遊ばなくなった びいすけ 。

よっぽど気に入った相手でないと遊びません。

それなら、空いてそうな平日。
そして、ホームグランドの北総のドッグランの休みの日に行こう!

と言うわけで、この日のドギーズガーデン行きが決まりました。



      20<br />140310ドギーズガーデン01



先着のワンちゃんが1頭居ましたが
入れ替わるように びいすけ をランに入れると
帰って行かれました。


予想通り、貸切状態。


いつもの行動も予想通り。
ひたすらフェンス周りの匂いを嗅ぎ回ります。

      20140310ドギーズガーデン02


      20140310ドギーズガーデン03


      20140310ドギーズガーデン05


そして、芝生の匂いもチェック。
色んなワンちゃんの匂いが染み付いているから
びいすけ にとっては新鮮なのかな?


      20140310ドギーズガーデン20




いつもとちょっと違うのは トンネル に興味を持ったこと。

命じた訳ではないのに、一人でトンネルに入って行きました。


      20140310ドギーズガーデン04

      20140310ドギーズガーデン06

ブルーシートで作られたトンネル。
この手作り感は2年振りに来ても変わっていない(笑)。
それが、このドッグランの味でもあるんだなぁ。



トンネルに入って、びいすけ にもスイッチが入ったのかな?

トンネルを出ると、いきなり激走モードに突入。


      20140310ドギーズガーデン07


      20140310ドギーズガーデン08


      20140310ドギーズガーデン10


      20140310ドギーズガーデン11



ちょっと疲れちゃったかな?


      20140310ドギーズガーデン09




芝生に座って佇む びいすけ 。


      20140310ドギーズガーデン12

時折冷たい風が吹き、びいすけ の大きな耳が旗めきます。


寒いよねぇ。
でも、じっとしてると寒いから、もうちょっと走ったら?

      20140310ドギーズガーデン13



せっかくだから、華麗なジャンプを父さんに見せて下さいな。

      20140310ドギーズガーデン14


      20140310ドギーズガーデン15


      20140310ドギーズガーデン16


頑張ったねぇ。





頑張りついでに、もうちょっと走ろうか?


      20140310ドギーズガーデン17


      20140310ドギーズガーデン18


      20140310ドギーズガーデン19



ドギーズガーデンのオーナーさんの奥さん(だと思う?)もやって来て
びいすけ と遊んでくれました。


      20140310ドギーズガーデン21


      20140310ドギーズガーデン22

男の飼い主さんだと、吠えることもあるけど、
女性には全く吠えない びいすけ 。
ちゃっかりしていると言うか..............

びいすけ 、ひょったしたらお前って女性好き?(笑)





とにかく風がやたらと冷たい日でした。
じっとしていると耳が冷たくて痛くなります。

時刻もお昼を回ったし、
15時半から予約を入れてる場所にも行かなきゃならないし、
とにかく寒さ(風の冷たさ)も限界。

そろそろ、一度家に戻ることにいたしましょう。


と言うわけで、約2年振りのドギーズガーデンでしたが
楽しく遊ばせて頂きました。


また、お邪魔させていただきます................。






2014/03/22 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

谷田部陣屋跡 (谷田部城址) (2014年3月9日)(茨城県つくば市) 

3月9日 公休日



この日は茨城県のつくば市に出掛けていました。


永峰城址をあとにして、向かった先は       谷田部陣屋跡


現在のつくば市立谷田部小学校の建っている辺りが谷田部陣屋跡だということです。




谷田部陣屋とは

岡見氏は保元・平治の乱で武功をたて、常陸国筑波他三郡を領し各地に土着した。
岡見氏は信通が祖で、その後小田氏の傘下に入り、
九代頼忠の子頼治が谷田部城主として居城した。
しかし下妻の多賀谷氏の攻撃を受け落城。
一旦は北条氏照の支援を受けて城を奪還したが、
再度の多賀谷氏の攻撃で頼忠は討死し、城も多賀谷氏に奪われた。

徳川時代になり、多賀谷重経は家康の上杉討伐の際、
小山で家康夜襲を計画したが発覚し所領を没収の上追放されてしまいます。

その後は細川藤孝の子、興元が茂木と合せて立藩します。

谷田部藩は肥後熊本藩(細川氏54万石)の分家です。

初代藩主・興元(忠興の弟)は慶長十五年(1610)、
下野国芳賀郡に一万石の領地を賜り、茂木に居を定めます。
元和元年(1615)には大坂夏の陣に参陣。
戦功をあげたことにより、翌年常陸国筑波郡・河内郡内に六千二百石を加増され、
総石高は一万六千二百石となり、その後藩庁を茂木から谷田部に移し、
谷田部藩が成立しました。

明治の廃藩置県後、陣屋は小学校舎や筑波郡役所として利用されましたが、
郡役所の廃止後は谷田部小学校として今日に至っています。





こちらが谷田部城の縄張り図


      谷田部陣屋縄張り図



そして、こちらが谷田部陣屋の縄張り図


      谷田部陣屋



             (余湖くんのホームページ からお借りしました)




こちらが陣屋跡である谷田部小学校


      20140309谷田部陣屋跡10



谷田部小学校の門脇に説明版が建っています


      20140309谷田部陣屋跡01



門から少し入った玄関脇に城址牌があると聞いていましたが、見つかりません。


      20140309谷田部陣屋跡07


      20140309谷田部陣屋跡08





たまたま門から出てきた小学校の先生に聞いてみると
校舎の建て替えの際、石碑は移動したそうです。

現在は校舎と校舎の間の中庭に移動しているとのことで
許可を頂いて校内に入らせていただきました。



こちらが城址碑。


      20140309谷田部陣屋跡02

正確に言えば、谷田部城は現在のこの場所とは違った場所にあったそうですが
その辺はごちゃごちゃになっているのかな......?


      20140309谷田部陣屋跡04




同じく移設された 千歳松の碑

      20140309谷田部陣屋跡03



中庭には碑や銅像が建ち並びます


      20140309谷田部陣屋跡05



      20140309谷田部陣屋跡06



陣屋跡は様々な変遷を経て、小学校となったため遺構は殆ど残されていませんが、
何か無いかと小学校の外周を散策してみます。


小学校のフェンス脇に建つ石碑。
こちらの石碑には
筑波郡役所
地方事務所
谷田部町役場

これらの跡地と記されています。


      20140309谷田部陣屋跡09


確かに、色々と変遷してきたのですね。




小学校の前には、この地域の公民館がありますが
谷田部陣屋の玄関が公民館として活用されています。


      20140309谷田部陣屋跡14




建物の横には立派な説明看板。

      20140309谷田部陣屋跡11



説明看板によれば、谷田部陣屋の玄関の棟には
細川家の家紋『九曜紋』が残されているとのことです。

ぐっと寄ってみましょう。


      20140309谷田部陣屋跡13



こちらが『九曜紋』。



      20140309谷田部陣屋跡12



      20140309谷田部陣屋跡15


千葉氏以外にも、『九曜紋』を用いていた大名が居たんですね。

ちょっぴり新鮮な驚きです。
正直言って、見所があまり無い谷田部陣屋跡ですが、
この『九曜紋』はちょっぴり感動モノでした..............。





2014/03/21 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

長峰城址  (2014年3月9日)(茨城県つくば市) 

3月9日 公休日



この日は茨城県のつくば市に出掛けていました。


手子生城址をあとにして、向かった先は       長峰城址


手子生城址から県道24号線を常総市方面に向かえば、
やがて小貝川架かる長峰橋にたどり着きます。

長峰橋の手前の右側一帯が長峰城址となります。


周辺は農地と化し、この地域の特色である芝生畑が一面に広がっています。



長峰城は

前九年の役で源義家に従い軍功を立てた赤須四郎平政幹が恩賞として豊田郡を賜り、
豊田氏を称しました。その豊田氏の市場であると言われています。

1479年、長峰左近将監正次が築城したと言われています。
戦国後期の1575年に、多賀谷氏の調略によって豊田治親が家臣に毒殺され、
豊田城が多賀谷氏の手に落ちると、長峰城も落城したようである

  



こちらが永峰城址の縄張り図


      長峰城址縄張り図

                (余湖くんのホームページ  からお借りしました)







県道24号線沿いの長峰橋の手前にポツンと城址碑が建っています。


      20140309長峰城址01


      20140309長峰城址02




城址碑のある辺りがおそらく主郭でないかとお思われますが
この辺りはすっかり農地と化し、城郭遺構はほとんど見当たりません。


      20140309長峰城址03



ご覧の通り、この地域の特産品(?)である芝生畑
周辺は芝生もすっかり刈られていました。


      20140309長峰城址04


      20140309長峰城址05


ちなみに、芝生は方形に切り出されて出荷されているようです。



芝生畑の奥は木々が生い茂り、すっかり破状態。

意を決して藪に突入。
城郭遺構を探してみます。


      20140309長峰城址07


しかしながら、藪の中は何もなく(って言うか藪でよく判らない)
やがて小貝川に突き当たります。


      20140309長峰城址06

この小貝川が天然の堀となって防御の役割をしていたんですね。




県道を挟んだ反対側にある土壇。
土塁のようにも見えますが、県道整備時の名残かもしれません


      20140309長峰城址11



周辺を軽く散策してみましたが、これと言った遺構らしきものもなく
城址碑のある削平地に戻ってきました。

せっかく登城したのだから、せめて記念にと びいすけ を撮ります。


      20140309長峰城址08


      20140309長峰城址09



 

数名の城郭ファンのHP、ブログには『遺構はほとんどない』と記されていましたが
確かにその通り。全くと言っていいほど遺構は残されていませんでした。


う~ん、そうなれば長居は無用。

次なる目的地へ移動することにいたしましょう..............。



 
 
 
2014/03/20 Thu. 18:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手子生城址 (2014年3月9日)(茨城県つくば市) 

3月9日 公休日


この日は茨城県のつくば市に出掛けていました。


水守城址をあとにして、向かった先は       手子生城址




『手子生』と書いて、『てごまる』と読みます。
なかなか、一発では読めません。


手子生城は

八田知家の三子、知経が正治年間(1199~1201年)に築いたとされています。
二重の堀をめぐらした平城で、現在はほとんどが農地と宅地化され
その多くが失われているが、わずかに本丸跡周辺の堀が残っています。
八田氏の末裔はこの辺りを支配した小田氏になります。
北条(現在のつくば市北条)から谷田部、土浦から石下、下妻へ通じる要衝地で、
小田氏にとってこの地は非常に重要な場所でした。
手子生城は南北221m、東西201mの規模があったそうです。

手子生城は以後、小田氏の支城となり、建長年間(1249~1256年)には菅谷孝久、
正平年間(1446~1470年)には赤松則実が城主であったと言われています。

1573年、小田氏治が佐竹義宣に攻められ、小田城が佐竹氏によって落城すると、
氏治は土浦城に後退し、手子生城には多賀谷氏家臣・菅谷正光が入ります。
1577年、小田城奪還を志す氏治は、北条氏政の助けを借り、手子生城を奪還し居城とします。
氏治は手子生城・土浦城・木田余城などを拠点に佐竹氏と戦いますが
小田城を落としきることができず撤退しました。

氏治は秀吉の小田原攻めに参陣せず、豊臣方である佐竹氏と戦ったという理由から
秀吉に所領を没収され、大名として小田家は滅亡してしまいました。
一方、小田氏の家臣で土浦城主であった菅谷範政は、
土浦から国替となって手子生城主となりました。
1698年、菅谷氏は遠江に移封となり、手子生城は旗本堀田大五郎の陣屋して存続し、
明治時代に廃城になりました。


手子生は、手子丸、手配と呼ばれており、
菅谷範政が1603(慶長8)年、徳川家康から領地を安堵されたことに伴い、
手子生に改めたと言われています。




こちらが手子生城の縄張り図


      手子生城址縄張り図

                  (余湖くんのホームページ  よりお借りしました)





こちらが手子生城址碑

  
      20140309手子生城址01



畑の中にぽつ~んと碑が建っています。


      20140309手子生城址02



以前は城址碑の隣には黒い石板が立っていましたが、
今はありません

ひょっとしたらひょっとして........

あの地震で倒壊してしまったのでしょうか....?


      20140309手子生城址03




石版がなくなって殺風景なので、かわりに びいすけ を.......


      20140309手子生城址04


      20140309手子生城址05


      20140309手子生城址06





城址碑の建つ主郭の周辺は一面の芝生畑(?)

どうやらこの辺りは芝生の栽培が盛んなようです


      20140309手子生城址07




主郭の東側には水堀が残っています。


      20140309手子生城址08



こちらが水堀。


      20140309手子生城址09





堀には土橋も残っています。


      20140309手子生城址10




小さな祠も残されています。


      20140309手子生城址11




主格北部
こちらは堀が埋められてしまったように見えるって言うか
堀跡のように見えます。


      20140309手子生城址12


この位置から城址碑の建つ方向を眺めると.........

わずかな堀と芝生の畑


      20140309手子生城址13



こちらも芝生の畑


      20140309手子生城址14



売り物の芝生(?)は見事です
まるでドッグランにいるようです


      20140309手子生城址15



ただ残念なのは、やはりこの主郭以外は城郭らしき雰囲気もない。
築城から廃城まで約650年と言う歴史を持った城であるだけに
城郭遺構を数多く残して欲しかった.....................






2014/03/20 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

水守城址  (2014年3月9日)(茨城県つくば市) 

3月9日 公休日


この日は茨城県のつくば市に出掛けていました。


筑波第一小学校をあとにして、向かった先は       水守城址


水守城のあるこの地は、平将門の乱を描いた「将門記」の中で
平国香の弟の良正が本拠地を置いた「水守営所」があったとされています。

平将門といえば、下総国、常陸国に広がった平氏一族の抗争から、
やがては関東諸国を巻き込む争いへと進み、その際に国衙を襲撃して印鑰を奪い、
京都の朝廷 朱雀天皇に対抗して「新皇」を自称し、
東国の独立を標榜したことによって、遂には朝敵となります。
これが世に言う『平将門の乱』です。

将門の乱は藤原秀郷、平貞盛らにより将門が討伐され鎮静されました。

平貞盛の養子・維幹がこの地に移り住み、水守太夫と称して水守城を築き
常陸大掾氏の祖として繁栄を遂げていったと伝えられています。
その後 維幹は北条に多気城を築いて移り住み『多気太郎』と名乗り、
水守城は廃城となったと言われています。

戦国期は常陸国守護職の小田氏の支城として「小田氏治旗下の十二城」の一つとされ、
水守民部が城主であったとも言われています。





こちらが水守城の縄張り図

      水守城址縄張り図

                  (余胡くんのホームページ からお借りしました)




水守城址の中心部である主郭には、田水山小学校が建てられています。




こちらは水守城址の碑


      20140309水守城址01


      20140309水守城址02


城址の碑は主郭の外れ、小学校の北側の土壇の脇にあります。
 
      20140309水守城址03



びいすけ の背後が小学校の校舎。
画面右側が土壇。
古墳の跡を櫓台(物見台)として使われていたようです。


      20140309水守城址04



主郭の城址碑のある土壇の反対側(小学校の南側)にも
土壇があります。こちらも古墳跡なんだろうか?


      20140309水守城址06


その土壇に上り、城址碑のある土壇を眺めます。
 

      20140309水守城址05




小学校の向いの畑の奥にも土壇があります。

画面の右側が、その土壇。
そして、畑のど真ん中に石碑があります。

      20140309水守城址13


何の石碑なのか?
じっくり眺めますが、文字が良く見えません。

      20140309水守城址14






小学校の前の道をさらに進めば、やがて土橋跡に出ます。

こちらが土橋跡。
往時に比べると、道路造成でその幅は拡張されているようです。


      20140309水守城址09



びいすけ が何やら覗きこんでいます。


      20140309水守城址10


竹藪と化しているため見づらい(写真だと判りづらい)ですが、
そこには、しっかりと空堀がありました。


      20140309水守城址11    

      20140309水守城址08



おっ、 びいすけ 。
お前も少しは城址の見所がわかってきたのか?(笑)。





このあと、空堀と平行して伸びる堀切道を歩き、
城址のある台地をぐるっと散策してみました。


 


こちらが、城址遠景。
この森の奥に主郭跡である多水山小学校があります。


      20140309水守城址12



意外なところで(と言っても常陸国だから当たり前か?)平将門に関する史実が
また一つ勉強となりました。
この地に来るまで全く予備知識もなかった水守城址でしたが
時代背景や築城背景を知れば、変わった見方が生まれてきます。

歴史ある城だけど、平安時代からこの平成の時代まで
都はこの地には在らず、時代の流れに乗ることもなく、
そして歴史の動きに踊らされることもなく、
この古城の周りはひっそりと時が流れて行ったのだろう..............。















2014/03/19 Wed. 18:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit