FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて...............つくば市立筑波第一小学校                            (2014年3月9日)(茨城県つくば市) 

3月9日 公休日

この日は茨城県のつくば市に出掛けていました。


平沢官衛遺跡をあとにして、向かった先は当初の目的地。
筑波山の麓にある 筑波第一小学校跡


筑波山の麓と言えども、かなりの上り坂を車で登りました。
と言うのもナビが案内した道は旧・つくばスカイラインへと続く県道ではなく
つくば道という昔ながらの街道。
歩行者って言うか、筑波山登山のハイカーが多く
狭い道でちょっぴり大変でした..........


つくば道を登りきると、筑波第一小学校の正門に突き当たります。


      20140309筑波第一小学校01





筑波第一小学校は

明治8年   筑波郡筑波村に筑波学校として創立
明治22年 筑波村が近隣の村々と合併し、筑波町が発足。
筑波町立筑波小学校と改称。
昭和63年 筑波町がつくば市に吸収合併し、つくば市立筑波第一小学校と改称。 
平成17年  つくば市立筑波小学校と統合し廃校となる

最後の年である平成16年度の児童数は12名だったそうです

学校のあった地域は筑波山神社の門前町として発展してきたところであり
筑波山神社 と深いかかわりの中で生活しています。
筑波山の中腹の狭い土地に住居をかまえ生活し ているため
筑波山や筑波山神社といった観光関係の業務に従事する両親を持つ児童が多かったそうです。





こちらが正門


      20140309筑波第一小学校02


      20140309筑波第一小学校03



門柱には年季の入った表札

      20140309筑波第一小学校04




廃校後、敷地跡を利用して現在は、つくば松実高等学校になっています。
ちなみに、つくば松実高等学校は私立の通信制の高等学校です。


      20140309筑波第一小学校05



獣が入ってくるのでしょうか?
校庭や中庭には防護ネットが張られ、中に入れません。

仕方がないので台地の上からのショットです。
こちらが校舎。


      20140309筑波第一小学校06


      20140309筑波第一小学校07



たまたま校内にいた関係者(おそらく職員)に許可を頂き、
校内を見学させてもらいました。


校舎玄関に飾られていた筑波第一小学校の標柱。

正門前に残っていた物とほぼ同じようです。


      20140309筑波第一小学校08



こちらは体育館竣工記念の石碑。


      20140309筑波第一小学校09



こちらが体育館。
実はこの体育館が非常に貴重なモノ。
オール木造の体育館で、全国的にも珍しくモノらしい。


      20140309筑波第一小学校10



この防護ネットの先が校庭。

      20140309筑波第一小学校11


びいすけ には、この場所で待機してもらい、跨いで中をダッシュで見学。


      20140309筑波第一小学校12


二ノ宮金次郎の像は見当たりませんでしたが、
おそらく児童たちが作ったと思われる像が
校庭の片隅に残されていました。




校庭から眺める校舎。

      20140309筑波第一小学校13


      20140309筑波第一小学校14



中に入れない びいすけ とネット越しに一枚。

      20140309筑波第一小学校15


筑波神社の門前町にあった小さな小学校でしたが
学園都市であるつくば市の市街地に移り行く人も多く、
学園都市の反映とは裏腹に少子化の影響をモロに受けた小学校。

きっとこの町で育った人たちは、残念な想いをしているんだろうなぁ。

2014/03/19 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

平沢官衙遺跡  (2014年3月9日)(茨城県つくば市) 

3月9日  公休日

この日は茨城県のつくば市へ出かけていました。


北条の大池をあとにして、当初の目的地へ向かうはずが.........



北条の大池を出て最初の角を左折すると、
いきなり大きな広い芝生広場が現れた。



『何これ?』


芝生の奥には、高床式の時代がかったデザインの建物が3棟。


      20140309平塚官衞遺跡04




気になったので、すぐさま駐車場に車を入れ立ち寄った先は
      
     平沢官衙遺跡


確かにナビにも平沢官衙遺跡と表示されている


ここって一体何?
駐車場脇にある説明看板をじっくり読みます


      20140309平塚官衞遺跡02




どうやら今から1000年以上前の奈良・平安時代の常盤国茨城郡の役所跡らしい。
常陸国や武蔵国のいわゆる国史が置かれた国府跡は聞いたことがあるけれど、
郡部の役所跡は初めて聞きます。





色々調べていくと........





平沢官衙は、奈良時代から平安時代にかけて造営された
常陸国筑波郡の郡衙(役所)の一部で、
その重要性から国の史跡となっている。

郡衙には、郡衙政庁(役人が執務する場所)、
正倉(租税として集められた稲などの保管倉庫)、
館(宿泊・饗応の役割)、厨(食事を作る場所)などの建物があり、
平沢官衙跡はこの中の正倉部分と云われている。
この遺跡には、掘立柱建物跡が55棟、礎石建物基壇跡4基、
大溝跡や柵列跡、竪穴住居跡25軒が発掘されている。

この遺跡にあった建物は、コの字やLの字などの平面配置になっており、
それぞれのまとまりごとに順番に増築されていったと考えられている。
建物跡には、側柱式建物と総柱式建物があるが、
この遺跡の3分の2が総柱式建物になっていた。

                      (Wikipedia より引用)


ちなみに、今から1000年前の古代常陸国の国府は現在の石岡市にあり、
常陸国には

新治 真壁 筑波 河内 信太 茨城 行方 鹿島 那珂 久慈 多珂 と10の郡部があり、

この筑波郡部には、
 
大貫 筑波 水守 三村 栗原 諸蒲 清水 佐野 方穂 と9の郷がありました。
 








近隣の方も犬の散歩に来られるようで
びいすけ もご挨拶。


      20140309平塚官衞遺跡01

びいすけ が匂い嗅ぎに専念している間
父さんは飼い主さんに色々とこの遺跡のことを教えてもらいました

実は」、このワンちゃんの飼い主さんからもご教授いただきましたが
平成9年から6年間をかけて復元したそうですが
その復元費用は半端なく、一説には数億円かかったと言う事らしい

思わず 『うっそ~!!』

(本当の話だったなら、こんな税金の使い方はないでしょう!!)




と言いながらも、せっかくの芝生広場
ロングリードに付け替えて、散策してみます。


      20140309平塚官衞遺跡03



説明看板の奥には正倉(高床式倉庫)等、復元された3棟の建物があります。


      20140309平塚官衞遺跡06



こちらは、高床板倉。


      20140309平塚官衞遺跡07



向かって左側が高床土壁塗双倉。
右側が高床校倉。


      20140309平塚官衞遺跡08



おいおい! 勝手に上がっちゃ駄目でしょう。


      20140309平塚官衞遺跡09



高床土壁塗双倉の前でハイ、ポーズ。


      20140309平塚官衞遺跡13



高床校倉の前でハイ、ポーズ。


      20140309平塚官衞遺跡15


もう一つの高床校倉の前でハイ、ポーズ........

と思ったら、間髪入れずにゴロ〜ン。


      20140309平塚官衞遺跡14



芝生が気持ち良いのか?
いきなり、ゴロ〜ンと転び回る びいすけ 。


      20140309平塚官衞遺跡10


やめてくれ〜!

      20140309平塚官衞遺跡11



体が枯れ芝生だらけになってます。
車に乗せたくないなぁ(笑)。


      20140309平塚官衞遺跡12






よくよく考えたら.........
この移籍というか、復元高床校倉を見るために立ち寄ったのではない。

だだっ広い芝生広場が気になって立ち寄ったはず......

ロングリードに付け替えているし
周りには誰もいないし
一応、安全確認をして...........


走れ~!  びいすけ !!


      20140309平塚官衞遺跡16


      20140309平塚官衞遺跡17


      20140309平塚官衞遺跡18


      20140309平塚官衞遺跡19





休憩したかと思えば......


      20140309平塚官衞遺跡20




再び、猛ダッシュ


      20140309平塚官衞遺跡21


      20140309平塚官衞遺跡22


      20140309平塚官衞遺跡23


      20140309平塚官衞遺跡24


      20140309平塚官衞遺跡25


      20140309平塚官衞遺跡26



気持ちよく走っていますねぇ。
まぁ、芝生でゴロンゴロンと転がり回れるよりは
こうやって芝生で走り回ってくれる方がやっぱりいいですねぇ




----------------------------------------------------------------


自宅に戻って、ネットで平沢官衙遺跡についていろいろ調べてみると
多くの城郭ファン(城好き)のHPに平沢官衙遺跡のことが載っていた。

1000年前の役所跡と言うことで城郭ではないけれど
城郭の一種で扱われている様です。


      平沢官衛遺跡縄張り図

           (余湖くんのホームページ  よりお借りしました)


余湖さんが作成された縄張り図では、台地の奥に空堀もあったらしい。
事前情報不足で気がつかなかったなぁ

せめて空堀だけでも見てくれば良かった

こういうのが後悔先ただずって言うんだろうな............




2014/03/18 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

北条の大池  《大池公園》   (2014年3月9日)(茨城県つくば市) 

3月9日  公休日


この日は茨城県のつくば市へ遊びに行っていました。


山口小学校をあとにして、次なる目的地へ向う途中、気になる場所を見つけた。

大きな池があり、ぐるっとひと回りして散歩するのも面白そう...........

そんなわけで立ち寄ったのが   北条の大池




こちらが、北条の大池


      20140309北条大池08


      20140309北条大池06


      20140309北条大池07




この辺りは、桜の名所のようです。


      20140309北条大池05




ぐるっとひと回りしてみましょう。



      20140309北条大池09



水鳥を見つけて、いきなりダッシュの びいすけ 。


      20140309北条大池10




当然、水鳥は逃げますが.......

水鳥が気になる びいすけ 。


      20140309北条大池03




目の前からいなくなっても、視線は追いかけています


      20140309北条大池04



基本的には水が苦手な びいすけ。
でも海と違って波がないから、池は大丈夫のようです。


      20140309北条大池11



何かを見つけて、必死に匂いを嗅いでいます。


      20140309北条大池12


何があるんでしょうか?


どうやら蓮か何かの水草(?)のようです


      20140309北条大池13




池沿いの芝生で再び匂いを嗅ぐ びいすけ 。
やっぱり芝生の匂いはどこか違うのかなぁ?


      20140309北条大池14



『いっぱい匂い嗅いでいいよ!!』

そんな投げかけに、きょとんとする びいすけ 。

いっぱい匂いを嗅いだから、散歩を続けましょう


      20140309北条大池15


元々は農業用の溜池としての池だから、そんなに大きくはなく
10数分でゆっくり一周できてしまいます。


      20140309北条大池01



四阿もあるから休憩していきましょう。


      20140309北条大池02




桜の木は500本あるとか説明看板にも記されていたけれど
まだまだ蕾も膨らんでいない。

1ヶ月は早かったかな.......?

(って言ったって、この場所を今日まで知らなかったし、桜の花を見に来たわけでもないし...)

ネットで調べたら、ソメイヨシノの木は約250本あるんだって.....。




桜の花の季節に来たかったなぁ......などと、四阿に腰を下ろして、
タバコをゆっくりと2本吸って次なる目的地へ向かうのだった.............





2014/03/17 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............つくば市立山口小学校                            (2014年3月9日)(茨城県つくば市) 

3月9日  公休日


茨城県つくば市には、廃校になった小学校が3校あると知り、
廃校を訪ねてみました。

訪れた廃校は     つくば市立山口小学校



山口小学校は

明治14年    筑波郡山口村に山口小学校として創立。
昭和22年    近隣の村々が合併し小田村となり、小田村立山口小学校と改称。
昭和30年    近隣の町村合併により小田村は筑波郡筑波町と合併し、
          筑波町立山口小学校と改称。
昭和63年    筑波町がつくば市に吸収され、つくば市立山口小学校と改称。
平成25年    北条小学校に統合され、廃校となる。



ちょうど一年前の3月に廃校となりました。
廃校時には全校生徒が8名と言う、本当に児童数の少ない小学校だったようです。




こちらが、山口小学校の正門。


      20140309山口小学校01



学校名の入った門柱の表札も外されずに残っていました。


      20140309山口小学校02



正門脇には丸ポスト。


      20140309山口小学校03



残念ながら、現役ではないようです。
しかしながら、山口小学校専用と書かれているのと
集荷時刻表が貼られていたと言うことは
山口小学校が廃校になるまで、生徒(児童)専用の
投函ポストだったのでしょうか?


      20140309山口小学校04




校門前から眺める学校全景。

正面が体育館です。


      20140309山口小学校05



校舎の前には、二ノ宮像。


      20140309山口小学校06



やっぱり、小学校にはコレがなくっちゃ!


      20140309山口小学校07



比較的新しい石碑。
廃校記念碑かと思ったら、校歌の碑でした。


      20140309山口小学校08



こちらは、創立百周年の記念碑。


      20140309山口小学校09



廃校にこう言った創立記念碑が残っていると、
何となく哀しさみたいなモノを感じてしまいます。


      20140309山口小学校10





子供たちが遊んだ遊具。


      20140309山口小学校11



タイヤを積み上げたトンネル。
びいすけ もちょっびり遊ばせてもらいました。


      20140309山口小学校14



決して広いとは言えない校庭。
でも児童8名で遊ぶには充分な広さです。


      20140309山口小学校15



校庭の隅には閉校記念の植樹。


      20140309山口小学校12

実は後で知ったのですが、この植樹は在校生の数だけ植えられました。
即ち、8本の樹が校庭に植えられました。



その記念の植樹の位置から眺める校舎。


      20140309山口小学校13



水飲み場。
今は使われなくなった水栓。

追いかけっこをして、汗をかいたら
一気に水を飲んだんだろうなぁ。


      20140309山口小学校16




帰る直前、
もう一度校門前で校舎を眺めてみました。


      20140309山口小学校17



おそらく、再び訪れることは無いと思うけれど..............

時が流れ、この校舎が取り壊されることになっても
8本の記念樹と、この門柱に掲げられた山口小学校の表札は
いつまでも残して欲しいなぁ。



2014/03/16 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

小田城址    (2014年3月9日)(茨城県つくば市) 

3月9日  公休日

この日は茨城県のつくば市に出掛けました。

つくば市には、国史跡である 城郭跡があります。


国史跡であれば、一度は見ておきたい。
そんな思いで向かったのは小田城址




小田城とは
小田城は、鎌倉期から戦国期まで小田氏の居城であり、
その始まりは小田氏の祖八田知家が文治元年(1185年)に常陸守護に任命されて
当地に移って居館を構えたことによると云われる。

その後、南北朝期には、当主小田治久が南朝方に属し、
小田城は常陸南部における南朝方の拠点となり、
北畠親房や春日顕国なども入城している。

下って戦国時代の弘治・永禄年間、当主小田氏治は佐竹氏・多賀谷氏・真壁氏や
越後の上杉謙信、小田原の後北条氏らと抗争を繰り返した。
後北条氏と結んだ小田氏治は、永禄7年(1564年)に山王堂の戦いで上杉謙信に敗れるなど
苦戦を強いられ、激しい小田城争奪戦が繰り広げられる。
天正元年(1573年)の手這坂の戦いに敗れ、小田城は佐竹氏のものとなり、
翌元亀元年に太田資正が城主になり、同三年に資正の子の梶原政景が城主になった。
のち、佐竹氏の一族小場義宗が城主になったが、
慶長七年(1602年)に佐竹氏の秋田移封に伴って廃城になった。

                 (Wikipedia より引用)








小田城址そのものが、この地区では観光資源でもあるため、
小田地区の民家の塀に、大きな案内看板が掲げられていました。


      20140309小田城址01



縄張り図も掲げられていますが、正直言って数百m離れているこの場所より
現地の入口に掲げたらいかがでしょうか?

      20140309小田城址02




こちらが、小田城址の縄張り図

      小田城址縄張り図

          (余胡くんのホームページ からお借りしました)





駐車場がないから、適当な空き地に車を停めて
案内板に導かれるように本丸跡を目指します。

      20140309小田城址20


嫌な予感..............

見たくない部類の看板です。

      20140309小田城址21


肝心の小田城址と言えば..............

      20140309小田城址03

只今、絶賛工事中。

整備工事中のため、中には入れません。


は〜い、思っ切り工事中で
ダンプも虎口を平気で突き抜けて行きます。

      20140309小田城址18


仕方ないので、土塁と掘りの間に設けられたサイクリングロードを
土塁沿いに歩きます。

確かに堀は残されています。

      20140309小田城址04


      20140309小田城址05


この橋も通行止め。
出丸にも行けません。

      20140309小田城址06

さすがサイクリングロードを歩くだけじゃつまらないから
それらしき土壇を見つけると、突撃開始!

      20140309小田城址12


      20140309小田城址13


土壇を登りきった所には、小田城址の碑がありました。


      20140309小田城址07


      20140309小田城址08



確かに、本丸跡も工事中。

      20140309小田城址10


この辺りにあったと思われる小田城址の碑(石柱)も
工事期間中は移設されているようです。

      20140309小田城址09


土壇の上から周辺を眺めてみます。

      20140309小田城址11





土壇から降りて、再びサイクリングロードを歩きます。
城内(郭内)に入れないから何とも言えないけれど、
サイクリングロードから見る城址は見事な土塁、そして堀。

正直、それしか分からない。


ただ、土塁も整備されているから、角々しいと言うか
角ばった感が強く、歴史の重みを今一歩感じ取れない気がする。

      20140309小田城址14


      20140309小田城址15


保育園裏手にある土塁。

こちらは、今回の整備工事には関わりがない場所のようで
年季の入った土塁のように見えます。
近年、人の手が入っていない感がいいですね。


      20140309小田城址16


      20140309小田城址17



縄張り図を見ても、自分が何処にいるのかも
今一歩分かりづらい。

説明看板らしき物も遊歩道に掲げられていますが、
肝心の遊歩道が工事中。
カラーコーンで行く手を阻まれます(笑)。


      20140309小田城址19


とにかく、訪れた時期が悪かった。
せめて工事整備中って知っていれば..............


絶対にリベンジで再訪するぞ!!

そんな決意を胸に、この地をあとにしました。



2014/03/15 Sat. 14:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............つくば市立大形小学校                            (2014年3月9日)(茨城県つくば市) 

3月9日  公休日


茨城県つくば市には、廃校になった小学校が3校あると知り、
廃校を訪ねてみました。

訪れた廃校は     つくば市立大形小学校



大形小学校は

明治12年    筑波郡大形村に大形小学校として創立。
昭和22年    近隣の村々が合併し小田村となり、小田村立大形小学校と改称。
昭和30年    近隣の町村合併により小田村は筑波郡筑波町と合併し、
          筑波町立大形小学校と改称。
昭和63年    筑波町がつくば市に吸収され、つくば市立大形小学校と改称。

平成20年    小田小学校に統合され、129年の長き歴史の幕を下ろし、廃校となる。




ネットで調べた住所を頼りにナビに案内されるままに運転したら
大形小学校の裏手に着いてしまいました。



      20140309大形小学校01

車で来ると、校門らしき物もなく、
いつの間にか学校に到着って感じです。


体育館脇をぐるっと回って、正面に出ます。




こちらが、小学校跡の石碑。


      20140309大形小学校02


      20140309大形小学校03


石碑の裏には廃校時の文言が記されていますが
御影石だから、写真に私と びいすけ がしっかりと反射して
映り混んでしまってます。


      20140309大形小学校25



こちらは、大形小学校創立百周年の石碑。


      20140309大形小学校04



大形小学校は廃校後、つくば市の総合教育研究所として
再利用されているようです。


      20140309大形小学校05

      20140309大形小学校08




こちらが、体育館。


      20140309大形小学校06



こちらが校舎。


      20140309大形小学校07




校舎全景。


      20140309大形小学校09



校舎の裏手は小高い台地と言うか、大形小学校そのものが台地の上に建ち、
さらに奥には、花崗岩が露出した小さな山があります。


岩崎山と言うようです。


      20140309大形小学校11



お地蔵さんも祀られています。


      20140309大形小学校10



こちらが校庭。


      20140309大形小学校12

残念ながら、鉄棒や滑り台といった遊具は既に撤去されてしまったようです。



こちらがプール。


      20140309大形小学校23


      20140309大形小学校24



プール脇を下る細い道があり、
おそらく児童たちはこの道で通学をしていたのでしょう。

その道を下ってみました。

下り道の途中には鹿島神社が鎮座していました。


      20140309大形小学校13



さらに下ると、こんな石柱が目に止まります。


      20140309大形小学校14

これぞ、学校遺構ですね。

校門ではないけれど、刻まれた文字が時代を感じさせます。




そして、手書きの案内看板。

やはり、この細い道は通学路だったんですね。


      20140309大形小学校15



でも、どう見たって鹿島神社の参道なんですけど.......


      20140309大形小学校16



こちらが、鹿島神社の一の鳥居。
先ほどの大形尋常小学校の石柱の脇に建っています。


      20140309大形小学校17

そして、鳥居の前には石碑群。


せっかくだから、参道を再び小学校に戻る形になるけど歩きます。


      20140309大形小学校18



こちらが鹿島神社の拝殿。


      20140309大形小学校19



拝殿の扁額。


      20140309大形小学校20



そして、こちらが本殿。


      20140309大形小学校21

本殿の背後にかすかに見えるのが、大形小学校の校舎。

大形小学校は鹿島神社の真裏の台地に建てられたんですね。


本殿の隣に見慣れた石像。


      20140309大形小学校22

何と、鹿島神社の境内に(本殿の脇に)二ノ宮像がありました。

えっ!?
鹿島神社って大形小学校の一部?
そんな疑問も湧いたりします。


この坂道を毎日登って通い、そして学び
下校時には、鹿島神社の境内でかくれんぼ。

そんな楽しい小学生生活を大形小学校の児童たちは
過ごして来たのだろうか?

愛知県の田舎で小学生時代を過ごした私たちは
学校近くの神社が遊び場でもありました。
学校帰り、まっすぐに帰らず神社に寄って、
蝉捕りやクワガタ虫捕りに夢中になった遠い昔を思い出してしまいました。


遠い遠い昔の思い出です。




 
2014/03/15 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

丸ポストを探して..........茨城・つくば編                  (2014年3月9日)(茨城県つくば市) 

3月9日  公休日


茨城県内に84基現存すると言われる現役の丸ポスト。(2013年4月19日現在)

つくば市には4基の丸ポストが現存するということで
丸ポストを探しに出かけてみました。


最初の1基は、栗原地区。
栗原郵便局前にありました。

      20140309つくば丸ポスト01


      20140309つくば丸ポスト02


      20140309つくば丸ポスト03


      20140309つくば丸ポスト04




続いて2基目の丸ポストは、神郡地区。
つくば田井郵便局前にありました。

      20140309つくば丸ポスト05



丁度、写真を撮り始めたら、赤い郵便車がやって来ました。

      20140309つくば丸ポスト06


一応、許可を頂いて集荷状態を撮らさせて頂きました。

      20140309つくば丸ポスト07


      20140309つくば丸ポスト08


      20140309つくば丸ポスト09


      20140309つくば丸ポスト10







3基目の丸ポストは、今鹿島地区。
スズキストアー前にありました。


      20140309つくば丸ポスト11


      20140309つくば丸ポスト12


      20140309つくば丸ポスト13


      20140309つくば丸ポスト14






最後の1基、つくば市現存の現役丸ポスト4基目は、
上横場地区のスーパー白井前にありました。

      20140309つくば丸ポスト15


      20140309つくば丸ポスト16


      20140309つくば丸ポスト17


      20140309つくば丸ポスト18



これで、つくば市現存の現役丸ポストを完全制覇となりました。



これまでに

桜川市(真壁)    2基
石岡市        4基
稲敷市        2基
土浦市        6基
龍ヶ崎市       8基
かすみがうら市   1基
行方市        2基
取手市        6基
鹿嶋市        2基
大洗町        9基
茨城町        1基

そして、本日、つくば市も4基制覇いたしました。
合計47基制覇した事になります。

茨城県内の丸ポスト、あと37基。

完全制覇目指して頑張っちゃおうかな......?(笑)


2014/03/14 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

北総花の丘公園ドッグラン  (2014年3月6日)(千葉県印西市) 

3月6日 公休日


この日は公休日。
八千代市にちょっと寄り道をした後に、久しぶりにドッグランに出掛けました。

って言うか、新しい首輪の調整用の金具を買いに
ジョイフル本田・千葉ニュータウン店に買い物に行ったついでに
ホームグランドである 北総花の丘公園ドッグランに立ち寄りました。

平日の昼間。
この日は風が強く、そして風が冷たい日でした。
当然、誰もいません。

でも1月にドッグランで脚を捻ってしまった びいすけ には、
誰も居ないドッグランで、思い切りフリーにさせた方がいいかと思うから
却って誰も居ない方が良いかも?

いつものように、ドッグランの匂いチェックから始まります。

      20140306北総ドッグラン18


      20140306北総ドッグラン01


久しぶりのドッグランだから、いい匂いがするのかな?

      20140306北総ドッグラン02


      20140306北総ドッグラン03



そして、いつもの様に匂い付け。
マーキングにも余念がありません。

      20140306北総ドッグラン07


こちらでもマーキング。

      20140306北総ドッグラン12



スッキリしたのか?
はたまた、久しぶりのドッグランにテンションが高くなったのか?

珍しく自分から走り出しました。

      20140306北総ドッグラン04


      20140306北総ドッグラン05


      20140306北総ドッグラン06




久しぶりに見る びいすけ の力走。


      20140306北総ドッグラン08


      20140306北総ドッグラン09


      20140306北総ドッグラン10




誰かを探しているのか?

私と目が合うと、再び走り出す びいすけ 。


      20140306北総ドッグラン11



      20140306北総ドッグラン13


      20140306北総ドッグラン14


気持ち良さそうに走っています。

      20140306北総ドッグラン15



満足そうな笑顔。

そう言えば、こんな笑顔を見るのも久しぶりかも?

      20140306北総ドッグラン16



今日のドッグランは楽しいかい?

      20140306北総ドッグラン17



しかし、風が冷たくて体が冷えるし、耳は痛い。
3月だと言うのにまだまだ寒さは残ります。

あと半月もすれば、春らしく感じる陽気になるんだろうか?


春よ来い!
早く来い!




 
2014/03/13 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

月星紋を求めて  米本神社  (2014年3月6日)(千葉県八千代市) 

3月6日 公休日

千葉県八千代市には、千葉氏に所縁のある神社で
千葉氏の家紋『月星紋』がある神社があると聞き、
訪れたのは、米本地区にある 米本神社

R16沿いに米本神社は鎮座していました。

      20140306米本神社03


いきなり、『月星紋』。

      20140306米本神社04


      20140306米本神社16
 

確かに、米本城からは数百mの位置に鎮座する社。

おそらく米本城さらには、村上綱清に所縁のある神社だとは思うのだけれど、
由緒の記された説明板も無いし、ネットで調べても詳しいことは分からない。




こちらが米本神社の鳥居。

      20140306米本神社01


      20140306米本神社02


真新しい神額。

      20140306米本神社05



拝殿に向かって左側の石灯籠にも『月星紋』

      20140306米本神社06


右側の石灯籠には『九曜』の紋。

      20140306米本神社07


七百餘所神社は『九曜』の紋が左側で、『月星紋』が右側。
左右が逆ですね。

      20140306米本神社14




こちらが拝殿。


      20140306米本神社08


      20140306米本神社09



拝殿正面の鬼瓦には『九曜』の紋。
神紋は紛れもなく、『九曜』の紋。
まさに千葉氏所縁の神社のようです。

      20140306米本神社12



拝殿の社額。
今でこそ、米本神社と言われるが、
1868年に明治政府の出した神仏分離令により
数多くの千葉氏所縁の神社が歩んだように
かつては妙見宮だったものが、当時の村名(米本村)から
村社として米本神社と変遷したのでしょう。


      20140306米本神社10



こちらが本殿。
本殿の屋根瓦にも『九曜』の紋が確認できます。


      20140306米本神社11




境内の石碑群(十九夜塔)。
北総台地の広がるこの辺りには、こういった石碑が多く
信心深い地域なんだなぁと改めて思います。

      20140306米本神社13


この米本神社にも、八千代市の文化財として
天保七年の米本村絵図が残されているそうです。

      20140306米本神社15



R16と言う大きな街道に面しているせいもあって
車の往来も多く、また良くある鎮守の森のような雰囲気もなく、
尊厳さが薄いって言うか、ちょっぴり面白味に欠けているような気がしました。


まぁ、千葉氏の家紋『月星紋』も見ることが出来たから
良し!とすることにいたしましょう。




2014/03/12 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

八千代八福神  《弁財天》《長福寺》  (2014年3月6日)(千葉県八千代市) 

3月6日 公休日

千葉県八千代市には八千代八福神と称して七福神巡りが出来ます。

八福神っておかしくない?って思ったりもしますが。
八千代八福神は1989(平成元)年11月に八千代市仏教連合会と八千代市郷土歴史研究会が
『八千代の八』にちなみ、七福神に吉祥天を加えて設置したそうです

ちなみに八千代八福神はこのようになっています

恵比寿     貞福寺    八千代市吉橋
大黒天     妙徳寺    八千代市真木野
吉祥天     妙光寺    八千代市小池
福禄寿     東栄寺    八千代市保品
弁財天     長福寺    八千代市米本
毘沙門天    正覚院    八千代市村上
寿老人     長福寺    八千代市萱田
布袋尊     観音寺    八千代市高津


今回立ち寄ったのは 米本地区にある  長福寺

実は、当初は八千代八福神で訪れたのではなく、
この長福寺は米本城から近く、七百餘所神社からもさほど遠くない。
そして、七百餘所神社で自刃した村上綱清の菩提寺と言うことで立ち寄りました。


駐車場に車を入れ、長福寺へと向かいます。


      20140306長福寺01


      0140306長福寺02



長福寺の門前には。米本城主・村上綱清の菩提寺である旨が記された石碑があります。
石碑によれば、長福寺にある五輪の塔が村上綱清の墓だと言われているそうです。

      0140306長福寺14



この辺りは 八千代ふるさと50景 と称されているようです

      0140306長福寺03


    八千代ふるさと50景 の詳細はこちら




門前には 八千代八福神の弁財天

      0140306長福寺04


      0140306長福寺05



残念ながらお堂の中に安置されているようで、公開されていませんでした。


      0140306長福寺06




この長福寺には、 戒壇石 と呼ばれる八千代市指定文化財の石碑があります


      0140306長福寺07



山門前に建つ 戒壇石


      0140306長福寺09


こちらが山門

      0140306長福寺08


山門をくぐって参道を歩けば、
長福寺の由緒が記された説明看板が目に入ります。


      0140306長福寺10




こちらが本堂


      0140306長福寺12


      0140306長福寺11


      0140306長福寺13



ちょうどお昼(12:00)だったので
ゴォ~ン、ゴォ~んと鐘の音。


      0140306長福寺15

鐘楼で住職さんが鐘をついているかと思ったら
何と、機械式の鐘の音。
今時はタイマーで自動的に鐘をつく時代なんですね





こちらが村上綱清の墓と言われる五輪塔が建っていた場所
残念ながら、現在はブルーシートで覆われ、五輪塔もありません


      0140306長福寺16


おそらく、東日本大震災で倒壊してしまったんでしょう


八千代市が建てた説明版も、無造作に立てかけられていて........


      0140306長福寺17


あの大震災から3年が経つと言うのに
まだまだ気がつかない部分で被害で残っているんですね............








2014/03/11 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

月星紋を求めて  七百餘所神社  (2014年3月6日)(千葉県八千代市) 

3月6日 公休日


中世の城郭跡を巡るのが好きです。

廃城となった城郭跡を巡っていると、戦国の世に天下取りを目指して
時代を生き抜いてきた武将たちの事をネット等で調べたりします。

個人的に好きなのは、小田原北条氏。

時代と、タイミングさえ間違えなければ
関東一円を制覇、掌握したように、
秀吉に変わって天下を取れたかも知れない。
(まぁ、あくまでも個人的な希望も入っていますけど。)

そんな北条氏と運命を共にして、衰退の道を歩んだ
千葉氏。

千葉県に住んでいるから、贔屓目になっちゃうかもしれないけれど
千葉氏も嫌いじゃない。
自宅から、さほど遠くない本佐倉城も千葉一族の城でした。

佐倉周辺が千葉氏に馴染みが深いと言うこともあって
千葉氏の遺構があると、ついつい興味が湧いてしまいます。


千葉県八千代市には千葉一族の所縁のある神社で
千葉氏の家紋である月星紋の残る神社が八千代市にはあると聞き、
訪れたのは、村上地区にある  七百餘所神社

この珍しい「七百餘所神社」という名前の由来であるが、
米本城落城の際、城主・村上綱清と家臣七百名がここに逃れて
永禄元年(1558年)3月13日に全員自刃したからと伝えられています。

太田道灌が千葉孝胤の臼井城を攻める際、米本城も攻略し
千葉氏の家臣であった米本城主・村上綱清は悲運の死を選んだと言われています。
米本城の訪城記録はこちら



こちらが七百餘所神社。
R16に平行して走る旧道沿いに鎮座しています。


      20140306七百余所神社01



神社入口に掲げられた由緒書。


      20140306七百余所神社02



こちらが鳥居。


      20140306七百余所神社03



神額には、七百餘所神社 の文字がしっかりと記されています。


      20140306七百余所神社04



鳥居の奥に見えるのが拝殿。


      20140306七百余所神社05



鳥居の右脇にある手水舎。
手水鉢には、しっかりと千葉氏の家紋の一つである『九曜』が描かれています。
テンションがちょっぴり上がります。


      20140306七百余所神社06



参道の狛犬。


      20140306七百余所神社07


かなり年季が入っています。
苔生した感じが年月を彷彿させます。


      20140306七百余所神社08



この神社には『村上の神楽』と言われる神楽が伝わっており、
それが八千代市の無形文化財とされているらしい。


      20140306七百余所神社09


こちらが神楽殿。


      20140306七百余所神社23


何と無く、倉庫っぽく見えてしまうのは気のせい?(笑)





こちらが拝殿。


      20140306七百余所神社12

      20140306七百余所神社14


拝殿の社額にも 七百餘所神社 の文字があります。
鳥居の神額、拝殿の社額
こうやってしっかり揃っていると、やっぱり由緒ある神社に見えてきます。


      20140306七百余所神社17



拝殿前の賽銭箱にもしっかりと『九曜』の紋。


      20140306七百余所神社11

      20140306七百余所神社13



そして、拝殿正面の鬼瓦にも『九曜』の紋。


      20140306七百余所神社10



そして、ついに見つけました。

それは拝殿の屋根にありました。

      20140306七百余所神社15


      20140306七百余所神社21

これが有名な千葉市の家紋 『月星紋』。



ここにも『月星紋』はありました。


      20140306七百余所神社16


 
反対側には『九曜』の紋


      20140306七百余所神社18




こちらが本殿。

      20140306七百余所神社19



本殿の屋根の向かって左側には『九曜』の紋


      20140306七百余所神社20



そして向かって左側には『月星紋』


      20140306七百余所神社22


本殿の鬼瓦にも『月星紋』


      20140306七百余所神社31


まさに千葉氏に縁のある神社なんですね



七百餘所神社の境内の裏は竹林。
こんな空堀もありました。

      20140306七百余所神社24



携帯脇には多くの石塔が立ち並んでいます。


      20140306七百余所神社25


      20140306七百余所神社26



天保13年2月と言う事は1842年、
今から172年前のものですね。

      20140306七百余所神社27




こちらは境内


      20140306七百余所神社28



この境内で びいすけ は何かを感じているのだろうか.....?


      20140306七百余所神社29


      20140306七百余所神社30


今から450年ちょっと前に滅亡した千葉氏家臣の村上一族。
しかし、その千葉氏家臣の証は今なおこの地に『月星紋』として残されている。

何となく、歴史の重みを感じてしまうのは私だけだろうか..........?





 

2014/03/10 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

モデルデビュー?   

数日前のことです。


いつもお邪魔している ももんちゃんのブログ(今日はどこ行く?黒柴日記)から
リンクで飛んでドギーズガーデンのHPにアクセスしました。

って言うか以前はHPなんて有ったっけ?
何せ2年以上ご無沙汰で...........

ドギーズガーデンに行ったのも2011年の10月30日。

印西市の名所(?)巡りをしている時に
すぐ近くを通ったりしてはいたのですが
ついつい素通りで足が遠のいていました。
(意識して遠のいていたわけではありませんよ)


ドギーズガーデンのHPも新設されて
順調に運営されているんだなぁとHPを眺めていました。

HPの中の アイテムリスト をクリックしたら
見かけたことのあるビーグルがそこには居た。


はて?
どっかで見たような顔.....
なんとなく びいすけ に似ているような.....?

よくよく見たら、見覚えのあるチョーカーがそこには写っていた。
アルファベットで SUKE も文字が見える。

これって びいすけ じゃん!!


そして、次の瞬間  ニンマリ
こうやってみると、 びいすけ って可愛いじゃん



HPに載っている画像のオリジナルがこちら

      20140305ドギーズから借用


      (ドギーズのおっちゃんのブログからお借りしました)


この頃は、2歳ちょっとだったから、今より顔が黒々している(って言うか茶色っている)
やっぱり、犬の2年ってこんなにも変わるのか?と思い知らされます。


と言いつつも、(親バカですが)こうやってHPに載っけてもらえると嬉しいものです。
これを機にモデルデビューでもしちゃいましょうか.....?(笑)

冗談はさておき........


ドギーズガーデンさん、ありがとうございます。

すっかりご無沙汰していますが、近いうちに遊びに行きますね!


 
2014/03/09 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ジョイフルでお買い物 《ジョイフル本田 瑞穂店》 (2014年3月2日)(東京都西多摩郡瑞穂町) 

3月2日 公休日


入間のアウトレットをあとにして、R16を南下、
八王子方面へ向かいます。
とは言いつつも、このまままっすぐ八王子の実家に帰るつもりは毛頭ない。

福生基地のちょっと手前で左折。

向かった先は  ジョイフル本田 瑞穂店


一番最初にキャンプ用品コーナーへ行き
もっちゃん の目的のダッジオーブンをゲット!!


続いてエスカレーターで2Fのペットコーナーへ向かいます。

      20140302ジョイフル01


店内用のカートに乗ってご機嫌な びいすけ 。


      20140302ジョイフル02



ペットコーナーでは、やっぱり『これは!』っと言った服はなく、
首輪がくたびれかけて来たので、新しい首輪を購入。


そのまま2階のフードコートへ移動。

実は、ここのジョイフルフードコートのテラス席の一画が
ペット同伴可能なのです。

      20140302ジョイフル08


こんな感じです。

      20140302ジョイフル09



ダッジオーブン と びいすけ 。

      20140302ジョイフル10




こちらは、あたらしく購入した 首輪。

こだわりって言うわけじゃないんだけど.......

      20140302ジョイフル03

見た目よりも、強度を優先すると、革製の首輪になってしまいます。
下手な色染めの物より、無地って言うか、無垢って言うか、
なめ革って言うのかな?
肌色の革製で使い込んでいるうちに、茶色くなってくる。
そんな革製の首輪が好きです。

さっそく、着けてみましょう。

      20140302ジョイフル04



びいすけ 首が細いのか?
微妙な穴位置で余った部分がペロンちょしている。

      20140302ジョイフル05

じっくり調整が必要かな?




フードコートのテラス席だから、当然何かを食べます。

僕にも下さいよ!

      20140302ジョイフル06


しっかり、もっちゃん と父さんから
交互にロールパンの端っこを貰う びいすけ 。

      20140302ジョイフル07



軽目のお昼も済んだから、帰りましょう。


駐車場に向う途中、3頭連れの方に遭遇。




このビーグルは10歳(?)の女の子。
名前を聞いたけど忘れちゃいました。

      20140302ジョイフル11



この仔は、ビーグルとポインターのMIX犬。
4歳って言ってたから、ちょうど びいすけ と同じぐらいの年齢。

      20140302ジョイフル12

もう1頭、ダルメシアンの仔が居たんだけど、
8ヶ月位の仔で、元気が有りすきで、写真は全てピンボケ(笑)。

15分くらい、色々と話しをさせていただきました。

おそらく、再びお会いすることは難しいけれど
また出会えたらいいなぁ。


さぁ、びいすけ。
八王子の実家に帰って昼寝をして
夜になったら一週間振りの千葉の自宅に帰るよ。

明日から、一人(?)で留守番出来るかな?







2014/03/08 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

三井アウトレットパーク入間   (2014年3月2日)(埼玉県入間市) 

3月2日 公休日


2月22日から びいすけ は八王子の実家に居候し
その間私は八王子の実家から、そして千葉(佐倉)に帰って
佐倉から職場に通うという日々を続けていました。

3月1日、2日と連休だったため、再び八王子の実家に行きましたが
この2日間は生憎の小雨続き。
本当なら2日間多摩地区で遊びまくる予定でしたが、
小雨では出かける気にもならずにいました。

しかし前日(3月1日)、妹の もっちゃんの車のバッテリーが上がってしまい、
私の車とブースターケーブルで直結。
何とかエンジンを掛け、夜の高速(調布〜八王子)を走ってバッテリーの充電。
更なる充電をするために小雨の中、出掛けることにしました。

それなりの距離があって、小雨でも大丈夫。
そして、ワンコOKの施設となると、おのずと限られてきます。

まぁ、買い物が無難だし、もっちゃんが欲しい物もあると言うことで
向かった先は 三井アウトレットパーク入間


実は、入間のアウトレットには、まだ行った事がありませんでした。


久しぶりに走るR16。
瑞穂辺りはすっかり様変わりさしていて、驚きました。

お昼ちょっと前に入間のアウトレットに到着。

      20140302入13


さっそく、目的の店に向かいます。

      20140302入間01


と言いながらも、いきなりワンコに遭遇。
びいすけ が動きません。
どうやら、匂いを嗅ぎたいようです。

      20140302入02



初めまして、こんにちは!

      20140302入03


匂い嗅ぎの挨拶も済んだから、先を急ぎましょう。

      20140302入04





目的のお店はこちら

      20140302入06

ブランドやセレクトショップに疎い私は初めて聞く店名ですが、
A&F COUNTRY と言うようです。

      20140302入07

店内は抱きかかえていれば、ワンコOK

びいすけ の抱きかかえを交代しましたが
さすがに、12kgの びいすけ を抱きかかえての買い物はキツイ。

びいすけ を抱きかかえて、早々に撤収。

      20140302入08


びいすけ と一緒に目的の商品を探してる もっちゃん を待ちます。

      20140302入09


結局、欲しかった物(ダッジオーブン)は何ヶ月も入荷が無く
諦めることになりました。



じゃあ今度は、父さんの目的のお店(ペットパラダイス)に行きましょう。


びいすけ のロンパースが欲しかったんだけど
時期的なのか?
品数が少なくて『これは!!』って言うのが無かった。

せっかくだから、何も買うものはないけれど、
アウトレットモールをぐるっと1周。

またまた、ワンちゃんに遭遇。

初めまして。こんにちは!

ここでも匂い嗅ぎの儀式です。(笑)

      20140302入10



初めての場所だから、いつもと違う肉球の感触を味わいたいのか?
はたまた、ここに訪れたワンちゃん達の残り香が気になるのか?
やたらとテンションが高い びいすけ 。

      20140302入11


      20140302入12



一方、目的の品が無く、今一歩元気が無いように見える もっちゃん 。

      20140302入05


まあ、買い物が最大の目的じゃないし、
車のバッテリーの充電が最大の目的だから...........


と言いつつも、『ホームセンターに行っちゃう?』と
2人の意見は一致。

帰り道にある瑞穂の大きなホームセンターへ向かうのであった.............


2014/03/07 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

沼南海岸 茅ヶ崎西浜海岸  《茅ヶ崎漁港》   (2014年2月22日)(神奈川県茅ヶ崎市) 

2月22日 公休日

この日は、神奈川県の平塚市に遊びに来ていました。
せっかく、湘南地区に来ているのだし、
平塚市には、『平塚八景』なる景勝地があり、
その中に 平塚砂丘の夕映え なる場所があるらしい。
要は、平塚の砂浜に夕陽が映えるって言うことだと思います。
時刻ももうすぐ15時。
砂浜で遊んで夕陽を眺めるのも良いなぁと思い、
平塚海岸(平塚砂丘)を目指しました。
国道134号線の相模川と花水川の間の海岸線の砂浜が平塚砂丘と言うことらしい。

国道129号線から134号線を右折、平塚海岸に到着したものの、
どこにも駐車場が無い!
車を停められるスペースも無い!
海岸に車が入って行ける道が無い!
いつの間にか、平塚市から大磯町に入ってしまいUターン。
反対車線沿いに駐車場を探すけれど、やっぱり無い!
今度はいつの間にか、茅ヶ崎市に入ってしまいました。

こうなると、海が見たい!
砂浜を びいすけ と歩きたい!
そんな気持ちが、意地と言うスパイスを足して
こうなりゃ、何処でもいい!
湘南海岸だったら何処でもいい!
いざとなったら、江ノ島まで行っちゃえ!

国道134号を東上、海岸に入って行ける道を発見!
すぐさま右折して、辿り着いたのは 茅ヶ崎西浜海岸


ここは茅ヶ崎漁港でもあります
元々は漁港の敷地内に一般の駐車場を設けてあり
その駐車場脇から砂浜へと行けることから、家族連れが結構訪れているようです



      20140222茅ヶ崎西浜19


      20140222茅ヶ崎西浜20



ここが駐車場
駐車場の奥は、すぐ砂浜です


      20140222茅ヶ崎西浜02


      20140222茅ヶ崎西浜03



2月14日に降った雪がまだ少し残っていました。

海(波)と砂と雪
ちょっと変わった組み合わせのような気がします。

      20140222茅ヶ崎西浜01



ロングリードを着けているので、砂浜を走らせてみたかったのですが
生憎の週末の砂浜
多くのサーファーや砂浜を歩く家族連れ
そして砂浜で野球にいそしむ少年たち......

それなりの人が居たので諦めました。


しかし、びいすけ は砂の匂いを確認。
クンクンと徘徊します。


      20140222茅ヶ崎西浜04


      20140222茅ヶ崎西浜18




砂浜で びいすけ と もっちゃんが戯れています。
見ていて、楽しそう(笑)

      20140222茅ヶ崎西浜16



      20140222茅ヶ崎西浜17





実際はもっと明るいんだけど、逆光だから画像が暗くなっています。
もっとカメラの腕を上げなくっちゃ!(笑)


      20140222茅ヶ崎西浜13


      20140222茅ヶ崎西浜14




ロングリードだから、波打ち際を自分なりの距離を保って
砂浜の匂いを嗅ぐ びいすけ 。


      20140222茅ヶ崎西浜07


      20140222茅ヶ崎西浜08



もっと波に近づくかな?と思わせぶり。
しかし、これ以上は近づきません。


      20140222茅ヶ崎西浜09




砂浜の匂いを嗅いでいると.......


      20140222茅ヶ崎西浜10



押し寄せる波に驚く びいすけ 。(笑)


      20140222茅ヶ崎西浜11

しっぽ下がっているし.........



カメラを構えている私を見つけ、近寄る びいすけ 。
呼んでもいないのに、お父さんに寄り添おうと........

こういう時って、本当に可愛いなぁ~って感じてしまいます。


      20140222茅ヶ崎西浜12


波は怖がる びいすけ だけど
ひょっとしたら海っていうか、砂浜は好きなんだろうか......?


      20140222茅ヶ崎西浜15




駐車場は16:00に閉鎖されてしまいます
10分前に漁協のアナウンスで駐車場の閉鎖の案内が入ります。

お~い!! びいすけ


もうすぐ時間だから、帰るよ~!!


      20140222茅ヶ崎西浜06




こっちを見るんだけど、動こうとしない びいすけ 。


      20140222茅ヶ崎西浜05


やっぱり、海が好きなのかなぁ........?


今年の春は、いろんな海、海岸、浜辺に連れて行ってみようかな.....?



 
2014/03/06 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

真土大塚山公園   (2014年2月22日)(神奈川県平塚市) 

2月22日 公休日

この日は、神奈川県の平塚にイチゴ狩りに出掛けてました。


イチゴ狩りの すぎやまイチゴ園 に向かう途中、
道沿いに気になる公園がありました。

イチゴ狩りでイチゴを堪能した後に、その気になる公園に立ち寄ってみました。


立ち寄った先は、真土大塚山公園


      20140222真土大塚山公園13


ロングリードで公園内を散策しましょう。

      20140222真土大塚山公園14



イチゴ園に向かう途中、非常に気になった小高い小山。

フタコブラクダの背中の様に見えたりして。



      20140222真土大塚山公園17



      20140222真土大塚山公園01

あとから知ったのですが.........
このお山のような丘は古墳でした。

と言うか、この公園の辺りが真土大塚山古墳跡だそうです。
充分な発掘調査が行われないまま周辺は開発されてしまい、
古墳は消滅してしまいました。
古墳跡地を公園化し、真土大塚山古墳の墳丘が復元されているようです。


さっそく、このお山に登ってみましょう。


まずは、手前のお山

びいすけ、おいで~!!


      20140222真土大塚山公園18



斜面を力走する びいすけ


      20140222真土大塚山公園19


      20140222真土大塚山公園02


      20140222真土大塚山公園03




今度は、あっちのお山に行ってみよう!

      20140222真土大塚山公園11


一目散に走る びいすけ

      20140222真土大塚山公園04


頂上で待つ もっちゃん 目指して一生懸命に走ります


      20140222真土大塚山公園05


      20140222真土大塚山公園06


      20140222真土大塚山公園07




この日は、晴れているんだけれど若干雲が多く
富士山方向にも雲

雲さえなければ、この先に富士山が見えるのですが........残念です。


      20140222真土大塚山公園08


      20140222真土大塚山公園09


      20140222真土大塚山公園10




しかし、陽射しは暖かく、春の穏やかな感覚

公園の河津桜も蕾が膨らみ始めています。
もう少しで開花かな?


      20140222真土大塚山公園12





遊具のある広場に移動

子供たちが居ないのを確認して、ちょっぴり遊具をお借りします。


なぜだか、滑り台が好きな びいすけ 
ここでも滑り台に自ら上って行きます

そして滑るわけではないけれど
滑り台を下っていきます。


      20140222真土大塚山公園15



こちらは、キノコのような丸テーブル(?)
不安定だからバランスをとって遊ぶ遊具です。

上に登るかな?って思ったけれど
さすがに揺れて、そしてちょっぴり滑ったりして無理でした

      20140222真土大塚山公園16


そんなに大きな公園ではないけれど、出先で偶然見つけた公園。
こう言った偶然見つけた場所って意外に穴場が多かったりて
私のツボにズッポリはまってしまったりします。

わざわざこの公園だけを目的に平塚に行くことはないと思うけれど
またイチゴ狩りでこの辺りを通ったら訪れることにしよう.........




2014/03/05 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

平塚でイチゴ狩り   (2014年2月22日)(神奈川県平塚市) 

2月22日 公休日

この日は、神奈川県の平塚方面へ遊びに行っていました。


『馬入の渡し』のあとに向かったのは、本日のメインイベント。
春の味覚を堪能するイチゴ狩り。

山梨とか、静岡に行かなくても、近場で犬連れイチゴ狩りができないか?
色々とネットで調べたら、有りました!

さっそく、電話で問い合わせをしたら

「昨年、マナーの悪いペット連れのお客が多くて、
一般のお客からクレームが出てしまい、止む無く今年からペットNGにしました。」


オ〜マイ、ガット!

でも、自ら犬を飼う愛犬家のオーナーさんの計らいで
2月22日のこの日限定で ワンちゃんDAY として
犬連れに貸し切りでイチゴ狩りを開催してくれました。
速攻で予約し、本日13時に集合と相成りました。

気持ち早めで向かった先は すぎやまイチゴ園


      20140222平塚イチゴ狩り01


集合時間より気持ち早めに着いて、受付手続きを済ませます。

その間に、 もっちゃん はカートを準備します。


      20140222平塚イチゴ狩り02



実は、このすぎやまイチゴ円、ワンコOKの条件として
ワンコをカートに載せるか、キャリーバッグに入れる等して、
直接ワンコが地面を歩かない状態が課されます。


      20140222平塚イチゴ狩り03


久しぶりの びいすけ号。
ハコ乗りはダメですよ!(笑)


      20140222平塚イチゴ狩り04


      20140222平塚イチゴ狩り05



この日は、ワンコ連れ家族10家族ほどの貸し切り


案内されたハウスには べにほっぺ が甘い香りを漂わせていました


      20140222平塚イチゴ狩り14



ハウス内には、私たちを待っていたかのように
真っ赤に熟したイチゴがいっぱい。


      20140222平塚イチゴ狩り12


      20140222平塚イチゴ狩り06


こちらのハウスは高苗(高床)式。 

却ってワンコの顔の近くにイチゴの実が来ちゃうわけだから
カートじゃない方のが衛生的って感じはするんですけどね。


      20140222平塚イチゴ狩り07


      20140222平塚イチゴ狩り08



昨年あたりから、イチゴを食べなくなった びいすけ。
以前は喜んで、貪りつくように食べていたんだけど、
こんなに大粒のイチゴを顔に近づけても、興味はないみたい。

      20140222平塚イチゴ狩り09



試しに、 もっちゃん が『ゴイチ、ぺ〜る?』(イチゴ、たべるぅ?)って言うと

      20140222平塚イチゴ狩り10




ちゃっかり食べたりして............
おい、おい それは、どういうこと?(笑)


      20140222平塚イチゴ狩り11





私がイチゴを捥いで、びいすけ に与えても食べないから
頑張って一人でイチゴを食べまくりました。


      20140222平塚イチゴ狩り13



いやぁ、今回は力一杯、イチゴを食べまくりました。



オーナーさんの粋な計らい。
高齢のため、自宅内に居た看板犬のBJくんも登場。

      20140222平塚イチゴ狩り15


しっかりと匂いを嗅ぎ回った びいすけ。


次回のワンちゃんDAYは今の所計画は無いそうで、
非常に残念です。

でも、またワンちゃんDAYの企画があれば、しっかりと乗っちゃいます(笑)。


とにかく、今まで行ったイチゴ園の中で、
1番大粒のイチゴが多かったイチゴ園でした。
たまたま偶然だったかも知れないけれど、
平塚って言う近さもあって、気に入っちゃいました。

ワンちゃんDAY、また企画してくれないかなぁ(期待!)





2014/03/04 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

東海道 馬入の渡し   (2014年2月22日)(神奈川県平塚市) 

2月22日 公休日


この日は公休日。

13時に平塚に予定があったので、 八王子の実家で妹の もっちゃん をpick upして
平塚方面へ向かいます。

平塚市には、平塚市民が選んだ『平塚八景』なるものがあります。

平塚八景とは、平塚市民の目線で平塚の代表的な景色・景観等を、
市制施行50周年を記念して、市民の推薦のもとに「平塚八景」として制定しました。
(昭和57年4月1日制定)

その平塚八景の『湘南潮来』が、国道1号線の馬入橋辺りだと知り
訪れてみました。


背後に見えるのが、馬入橋。
情報ではこの辺りと言うことです。

河原にある駐車場に車を停め、散策開始。
早くも びいすけ は匂いクンクンと絶好調。


      20140222平塚馬入の渡01


しかし、大した景観でもないし、
それらしい案内もない。

おまけに びいすけ は河原の匂い嗅ぎに夢中。


      20140222平塚馬入の渡02


少し、上流に向かって散策します。


相模川の土手沿いに少し歩くと、
何やら説明看板があります。


     20140222平塚馬入の渡03

『えっ! 馬入の渡って? 何?』

てっきり、『湘南潮来』の案内板かと思ったら、違ってました。


     20140222平塚馬入の渡06

江戸時代, 幕府は大きな河川に橋をかけることを禁止しました。
そのため, 相模川(馬入川)や多摩川(六郷川)は「渡し船」、
酒匂川は「徒歩(かち)渡し」 などで渡っていました。
相模川には 60以上の渡し場がありました。
大動脈である東海道は「馬入の渡し」と呼ばれ、
幕府が管理し, 周辺村々の負担によって成り立っていたそうです。

馬入川に最初に橋が架けられたのは明治42年(1909)1月です。
船で往来する「馬入の渡し」は現在の馬入橋とほぼ同じ所にあったと言われています。
川の巾は70間(約120m)、渡し舟3艘のほか、平田船2艘、お召船1艘があり、
運行は朝6時から夕6時までで、元禄3年(1690)の渡し賃は一人10文だったと言われています。



こちらは、立派な石碑。


      20140222平塚馬入の渡08


      20140222平塚馬入の渡09


      20140222平塚馬入の渡07




この辺りは、 ふれあい馬入公園 と言うようです。



河原にはサッカーのグランドがあり、
公園内にも、普通のグランドと体育館があるようです。


      20140222平塚馬入の渡10


      20140222平塚馬入の渡12


      20140222平塚馬入の渡13

実は、湘南ベルマーレの練習グランドでのようで、
この日もベルマーレの選手が練習に来ていたようです。
若い女性にサインをせがまれていたようでした。
サッカーは好きですが、Jリーグには余り興味がないのて選手がよくわかりませんでしたが
地元に愛されているチームのようです。


サッカーグランドをバックにパチリ☆。


      20140222平塚馬入の渡04


ついでに少し早いけれど、 もっちゃん が作ってきてくれたオニギリで軽い昼食。
あんまり、食べちゃうと、この後のお楽しみがダメになっちゃいます。


      20140222平塚馬入の渡11


中には入れないけれど、体育館(平塚サンライフアリーナ)も見に行ったりして。
(本当はトイレを借りに行ったんですが.......)


      20140222平塚馬入の渡05




馬入の渡しから、再び堤防沿いに相模川を下流に向かって歩きます。


相模川の河原には菜の花が咲いていました。


      20140222平塚馬入の渡14


少しづつですが、春の兆しが見え始めています。


      20140222平塚馬入の渡15


      20140222平塚馬入の渡16


再び、馬入橋まで来ました。


      20140222平塚馬入の渡17

今でこそ、この橋があるから、相模川を簡単に渡ることが出来ますが
江戸時代はここを渡し船で渡って居たんですね。


今のこの時代は、川を渡る苦労も無く、逆に川で遊ぶ。
そんな時代になったんですね。

水上スキーで楽しんでいる人もいるようです。


      20140222平塚馬入の渡18

時刻もお昼を過ぎ、当初の目的地である『湘南潮来』には辿りつけませんでしたが、
偶然にも『馬入の渡し』なる地に訪れることになったけれど、
これは、これで今回は行き当たりばったりだから、まぁ良しとしましょう。


2014/03/03 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

丸ポストを探して..............東京・八王子編Part2                 (2014年2月22日)(東京都八王子市) 

2月22日 公休日

この日は公休日。
当初からの計画通り、春の味覚ツアーのために
八王子の実家に向かいました。

実は、先日(2月8日)の大雪で帰宅難民となり
夜勤の仕事と重なって、約54時間の留守番をしなければならなくなった びいすけ の救出(?)に
八王子から千葉県の佐倉まで駆けつけてくれた妹の もっちゃん に
お礼の意味を込めて、30分間の食べ放題に行くことにしていました。

朝、メールで『こっちは、まだ雪国だからね』と言うメールをもらったけど、
てっきり冗談かと思っていました。

しかし、多摩ニュータウン通りも路肩に雪の塊が続く道。
いやぁ、久しぶりの八王子市は凄いことになっていたんだと痛感しました。



でも、せっかく八王子に来たし、
前回、未達に終わった丸ポスト。(前回の記事は こちら
残りの1基の場所も調べ直したし.............

と言う訳で、実家に行く前にやっつけちゃいましょう。


八王子市に7基現存する丸ポスト。
これまでに6基の丸ポストに出会って来ました。

いつの間にか移転して、昨年末にすれ違ってしまった丸ポスト。

京王堀の内近くの松木地区。
ドンキホーテ近くの大沢商店前の丸ポスト。

      20140222丸ポスト八王子2-01


      20140222丸ポスト八王子2-02


      20140222丸ポスト八王子2-03


      20140222丸ポスト八王子2-04


これで、八王子市の丸ポスト完全制覇。


東京都には237基の現役の丸ポストがあるそうです。
(2013年4月15日現在)

とりあえず、これまでに東京都の丸ポストは

日野市           5基
調布市          1基
八王子市part.1     6基

      を制覇してきました。

そして本日、八王子市part.2として1基を制覇し、合計13基。


地道にコツコツと頑張ってみましょうか..............


2014/03/02 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

千葉公園  (2014年2月17日)(千葉県千葉市) 

2月17日 公休日


個人的な連休2日目。

この日も兼ねてから行きたかった公園に行ってきました。


その公園は千葉市にあり、その名も ズバリ!  千葉公園



公園そのものに駐車場が完備されていないと言うことで
千葉競輪(千葉公園に隣接しています)前のコインパーキングに駐車。

こちらは千葉競輪場

      20140217千葉公園01


この日は、場外発売の日でそれなりに人が来ているようでした。

      20140217千葉公園02


競輪場には用がないので、競輪場の脇を通り、千葉公園に入ります。


千葉公園のある辺りは、江戸時代には佐倉・堀田藩領(千葉寺・寒川村)と
旗本・中山勘解由の領地(作草部村)との入会地(共同作業地)になっており、
当時はヨシなどが生えた沼地湿地のようなところであったと言われています。

明治41年(1908年)、旧陸軍はここに鉄道連隊を設けました。
その後、大正7年10月(1918年)、津田沼に鉄道第二連隊ができるとともに
名称が鉄道第一連隊と変わりました。
鉄道第一連隊の兵士たちは、この辺一帯の演習作業場で、
鉄道の保守、新設、修理をはじめ、敵地での鉄道の破壊訓練を行っていました。
現在でもその名残りとして公園事務所脇のコンクリート造りトンネルや
荒木山周囲に橋脚などがあり、当時の面影を伝えています。

終戦後の混乱期には、園内にある樹木のほとんどは切り倒されて燃料になってしまったり、
敷地の一部は食糧難を補うための菜園にされたりしたそうです。
その後、市民の憩いの場、県都にふさわしい公園とするため、
昭和21(1946)年6月に千葉戦災復興都市計画に基づき
千葉市初の総合公園として整備することが決定されました。
昭和24年(1949年)から公園整備にとりかかり、
順次、施設を整えてきた結果、昭和40年頃ほぼ現在の形になりました。

                  (千葉市HP より抜粋)




適当なところから公園内に入ったから
現在地がわからず、自分たちがどこにいるか判りませんでした。

      20140217千葉公園03


仕方なので適当に歩きます(笑)

      20140217千葉公園04


偶然にもって言うか、公園出口にたどり着き、
改めて公園内に入ります。

千葉公園の西門のようです。

      20140217千葉公園08


園内MAPで現在地を確認。
散策開始です。

      20140217千葉公園09



西出口に隣接する千葉縣護國神社

公園の敷地内にあるから、公園施設になるのかなぁ?

      20140217千葉公園07

とりあえず、ちょっと覗いてみましょう


こちらが大鳥居

      20140217千葉公園10



奥に見えるのは拝殿

      20140217千葉公園11


      20140217千葉公園12



こちらが拝殿

      20140217千葉公園13


単なる普通の神社だと思っていたのですが、
どうも雰囲気が違う。
こちらの神社は戊辰戦争から太平洋戦争に至るまで、
国事に殉じた千葉県出身・由縁ある英霊を祀る神社と言う事らしい。



神社の脇には、石段。
上ってみましょう。

      20140217千葉公園14


      20140217千葉公園15


石段を上った先は、忠霊塔のある広場。

芝生は気持ち良さそうですが、こう言う場所で
オシッコをしまくると罰が当たりそうだから、
ささっと退散となります。

      20140217千葉公園05


      20140217千葉公園06





体育館の脇を通って、プールの前を通って
千葉公園の中心部へ足を向けます。



千葉市民の憩いの場でもあるから
犬の散歩に訪れる人も多いようです。

最初に挨拶をしたワンちゃん。

柴犬の女の仔でした。

      20140217千葉公園16



牡丹園のある広場には、なぜか蒸気機関車が展示されています。

      20140217千葉公園17


この蒸気機関車は昭和20年代に製造され、昭和36年から44年まで
川崎製鉄千葉製鉄所で資材や原材料の運搬に使用されたC型タンク飽和蒸気機関車です。
廃車後千葉市に譲渡され、この千葉公園に静態保存されました。
アスベストが使用されていることが判明し、一時期は解体か?と言われたそうですが、
千葉市がアスベスト除去と再塗装を施し、子供達が集まるこの場所に展示されています。

      20140217千葉公園18



公園内の案内標識を頼りに、綿打池を目指します。

      20140217千葉公園19


2月8日、2月14日と2回も降った大雪で、千葉公園のかなりの木々の枝にダメージを与えたようです。
折れてしまった枝を危険だからと伐採し、何ヶ所かにまとめているようです。

      20140217千葉公園20


こちらにも折れて、伐採された枝の山。

      20140217千葉公園21


この道をまっすぐに行けば、綿打池。

      20140217千葉公園22


池の手前に、戦争遺構と言ってしまって良いんだろうか?
かつての陸軍鉄道第一連隊の演習場(作業場)の橋脚跡。

      20140217千葉公園23

高台と低地という土地の高低差を利用して、高台の縁辺に低い橋脚を置き、
台地下に高い橋脚を置いて、鉄橋を作る訓練をした名残りであります。




なんだかんだで、やっと綿打池に到着。

      20140217千葉公園24


平日(月曜日)の昼間だからだろうか?
この綿打池の周りは 長閑(のどか)って言葉がピッタリ。

      20140217千葉公園25


この場所だけ、時間が止まっているような気がしました。

      20140217千葉公園26


千葉市の市街地の中にありながら、静かな環境。
そして、モノレールと言う近代的な設備と綿打池が
やけにマッチングしているように見えてしまう。

不思議な感覚です。

      20140217千葉公園27

      20140217千葉公園30




綿打池に隣接する、大賀ハスの沼?池?
そして大賀ハスの展示資料館である蓮華亭

蓮華亭の中はワンコNGですが、ウッドデッキはワンコOK。
少ないテーブル席を先着のワンコ連れが利用していて、残念でしたが
日向ぼっこを兼ねて、蓮華亭のウッドデッキから
綿打池をボォ〜っと眺めているのも良さそう。

      20140217千葉公園28



こちらは、大賀ハスの記念碑。
ちなみに、千葉市の花は大賀ハスだそうです。

      20140217千葉公園29





綿打池の正面にある、小高い台地は荒木山

      20140217千葉公園31


荒木山には、かつて展望台があったそうですが、
現座は取り壊されてありません。

      20140217千葉公園32


かつての展望台跡は、今はこんな感じ。
記念碑が建てられています。

      20140217千葉公園33



荒木山を下り、綿打池沿いに園内を歩き、南門に向かいます。


南門手前に建つ説明看板。
かつての陸軍鉄道第一連隊の事が記されています。

      20140217千葉公園34

先ほどの演習用橋脚跡以外にも、陸軍鉄道第一連隊の遺構はあるようです。



こちらが南門。

      20140217千葉公園35



南門の隣は厳島神社。
こちらの神社も千葉公園の敷地内にあり
公園の一部なのかなぁ?

      20140217千葉公園36



鳥居が連なる厳島神社。

      20140217千葉公園37



こちらが拝殿。

      20140217千葉公園38


拝殿に掲げられた神額。

      20140217千葉公園39

簡単にお参りして、厳島神社の向かいにあるセブンイレブンでオニギリ調達。



再び、南門から千葉公園に入り、綿打池前のベンチに座ります。

      20140217千葉公園40


気が付けば、時刻もお昼を過ぎました。

さぁ、 びいすけ。
お昼にしましょう。

『オニギリ、食べるぅ?』

      20140217千葉公園41


食べない訳がない!(笑)。

      20140217千葉公園42


具の無い所を選んで、 びいすけ には食べてもらいます。

      20140217千葉公園43



軽くお昼を頂いて、タバコを一本。

こんな風景を前にタバコをふかしながら
30分近く、ボォ〜っとしていました。

      20140217千葉公園44



ベンチに長い時間座っていると、根が生えてしまいそうだから
そろそろ駐車場の方に戻りましょう。


綿打池沿いに歩いていると、再びワンちゃんに出会いました。

平日の昼間ですが、やはり近隣の方々の身近な散歩コースのようですね。

      20140217千葉公園45



こちらは、かつての陸軍鉄道第一連隊の遺構。
このコンクリートの台は、クレーンの台の跡らしい。

      20140217千葉公園46


公園事務所の裏にある、かつてのトンネル跡。
これまた、かつての陸軍鉄道第一連隊の遺構です。

      20140217千葉公園47



千葉都市モノレールの千葉公園駅前が、千葉公園の東門。

東門には、房総の魅力500選の碑。
確かに(と言っても個人的な主観ですが)
この千葉公園は私にとっては魅力がありました。

      20140217千葉公園48


500選の碑の隣が東門。

      20140217千葉公園49


このまま、競輪場近くのコインパーキングに戻ったら
入庫してから約3時間近くが経っていました。

いやぁ、千葉公園も侮れません。
お気に入りの場所の一つに付け加えておこう..........。


2014/03/01 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit