FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

浄福寺城址  (2013年12月16日)(東京都八王子市) 

12月16日 公休日



陣馬高原下から八王子市内へ戻るために陣馬街道を走っていると
左手にお寺が視界に入った。

『浄福寺...........』

何か聞いたことがあるなぁって思っていたら
『新城址入口』って看板に書かれていた。

もしかして? と思いUターン。
道路脇のスペースに車を停め、確認すると
お寺の前に説明版が建っていました。


そこは、いつか訪れようと思っていた  浄福寺城址  でした

      20131216浄福寺城址01


      20131216浄福寺城址02


      20131216浄福寺城址03


この看板に気づかなければ、素通りしていました。

      20131216浄福寺城址05



浄福寺城は

中世山城である。新城(にいじょう)、案下城(あんげじょう)、松竹城(まつたけじょう)、千手山城(せんじゅさんじょう)など様々な別称で呼ばれていた。城の南側、陣馬街道に沿って、大石氏によって開基された浄福寺がある。この寺は、当時武将が待機する居館との説もある。一帯は八王子市の史跡となっている。八王子市教育委員会の説明板によれば、大石氏は系図(山木伊藤家伝)によれば木曾義仲の後裔が信濃国大石郷に住んでいたが、1356年(延文元年)入間・多摩に十三郷を得て多摩に移住し、秋多町(現・あきる野市)の二宮から浄福寺城、高月城(長禄2年)、滝山城(大永元年)と次第に大豪族となり城を移したといわれ、大石氏の経緯を知る上でも貴重な城跡であるという。

1384年(至徳元年)大石信重によって築城されたと言い伝えられる。一方、『新編武蔵風土記稿』によれば、「大石源左衛門尉入道道俊と云もの当所に居城を構へし」(道俊は大石定久といわれる)との記述もある。

後北条氏の時代になると、八王子城の出城として使用されたとされる。

1590年(天正18年)の豊臣秀吉による八王子城攻め、落城とともに浄福寺城も落城、廃城となった。

                           (Wikipedia より引用)


こちらが浄福寺城址の縄張り図 (余湖くんのHP よりお借りいたしました)


      浄福寺城祉縄張り図


こちらが浄福寺参道
これだけでも、城址の雰囲気満載(笑)

それもそのはず、浄福寺は居館跡
そして、浄福寺の裏山が詰めの城と言われているようです。

      20131216浄福寺城址04


      20131216浄福寺城址07


      20131216浄福寺城址06



浄福寺の裏手にあたる墓地の脇から登城します。
寺が城址になっている場合、このパターンが多い。

墓地のすぐ裏に建つ白山神社

この時点では、これから先の山道がいかに苦労するか露知らず
まだまだ元気でした(笑)

      20131216浄福寺城址08


この先を、ひたすら登っていくことになります。

      20131216浄福寺城址09


ほどなく登ると観音堂のある曲輪に到着します。

      20131216浄福寺城址10


こちらが観音堂

      20131216浄福寺城址11



観音堂の背後の土塁

      20131216浄福寺城址12



しばらく尾根伝いに歩き、やがて急斜面の上り坂が続きます。
乾いた土ですが、靴がズルズル滑って歩き辛い道です。


こちらが堀切

主郭はもうすぐです。

      20131216浄福寺城址13


ここを登れば主郭になります

      20131216浄福寺城址14


こちらが主郭
尾根続きの山城にしては30mほどの幅があり、意外に広い。

      20131216浄福寺城址15



こちらは主郭虎口

      20131216浄福寺城址16


主郭中央部には土壇があり、祠が祀られています。
おそらく、往時はここに天守台か何かがあったのでしょう。

      20131216浄福寺城址17


      20131216浄福寺城址18


      20131216浄福寺城址19





主郭から尾根伝いに二郭へと移動します。

この主郭から二郭に至る尾根沿いには城郭遺構の見所があります


こちらは大きな堀切

      20131216浄福寺城址20


尾根を下った先にある別な堀切

      20131216浄福寺城址21


埋もれているものの、それなりの深さのある堀切

      20131216浄福寺城址22



二郭から三郭に至る尾根を下った先にある堀切

      20131216浄福寺城址23


尾根を分断する堀切が幾重にもあるように感じてしまいます。

      20131216浄福寺城址24


      20131216浄福寺城址25


四郭の先の崖の行き止まりまで尾根を下り
再び主郭へと戻ることになります


誰かが道に迷わないように印を付けてくれたのでしょうか?
何本かの木に白いペンキで目印が付けられています。
おかげさまで、戻るときに迷わずに済みました。

      20131216浄福寺城址26



同じ堀切でも往きと還りでは見え方が違うようです。

      20131216浄福寺城址27


      20131216浄福寺城址28

一度下った尾根を再び登っていくのも意外に辛い

何とか再び主郭に戻り、下山いたします

      20131216浄福寺城址29


急な斜面を気をつけて下り、なだらかな尾根に到着
ここまで来れば、多少、気も楽になります。

しかし、脇の下は汗びっしょりです(笑)

      20131216浄福寺城址30



今更ながらに、こお細い尾根の先
そして遥か上に郭を設け城を作ったとは驚きです

      20131216浄福寺城址31



登城開始から約1時間半
浄福寺に戻ってきた時はさすがに疲れ果てました

浄福寺から眺める浄福寺城址

      20131216浄福寺城址32


何気にと言うか、偶然見かけた看板で立ち寄った浄福寺城址
攻略に1時間半もかかるとは思ってもいませんでした。

私にとっては要害と言っても過言ではない山城でした


山城攻略はやっぱり辛い............(笑)






スポンサーサイト



2014/01/04 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit