10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

松虫姫公園  (2013年11月16日)(千葉県印西市) 

11月16日 公休日

吉高の宗像神社からの帰り道。
北総線の千葉ニュータウン駅方向に一度出て
北総のドッグランにでも足を伸ばしてから
佐倉に帰る道を選んだ。

実は、以前この道を通った時に
気になる公園があったので、立ち寄ることにいたしました。


立ち寄った先は………

松虫姫公園



駐車場に車を停めて、公園の案内板を確認。

      20131116松虫姫公園01



案内板を見ると、池があったりして、
中々良さそうな公園です。


      20131116松虫姫公園02


北総線沿いの公園。
すぐ近くに線路があって、電車が通ったり
北総線沿いの幹線道路の起点だから
それなりに車の往来があったりして
何やら、 びいすけ は道路や線路が気になるようです。


      20131116松虫姫公園03


今でこそ印西市ですが
この地は、かつての印旛村。

山百合が村の花だったようです。


      20131116松虫姫公園04



公園の中の雑木林。
落ち葉をサクサクと踏みしめての散策となります。


      20131116松虫姫公園05



雑木林を抜けると長い階段を下ります。


      20131116松虫姫公園06



階段を下れば、池。
周辺の団地や宅地の調整池のようです。

葦が生い茂る池のようですが
季節柄、葦は枯れ始めた状態です。


      20131116松虫姫公園07



緑の中に一際映える朱色。


      20131116松虫姫公園08



池の周りの周遊路を歩きます。


      20131116松虫姫公園09


      20131116松虫姫公園10



色付き始めた紅葉。


      20131116松虫姫公園11


      20131116松虫姫公園12



身近に感じる紅葉です。


      20131116松虫姫公園13


こちらは調整池の土手。
この辺りは いにわの とも呼ばれる地区。

公園のすぐ近くには、北総線の印旛日医大の駅もあります。



      20131116松虫姫公園14

      20131116松虫姫公園15



調整池の先には、芝生広場。

こんなモニュメントが有ったりします。

      20131116松虫姫公園18


      20131116松虫姫公園16


これって牛なのかなぁ?

      20131116松虫姫公園17




芝生の上で転がりまくる びいすけ。

最近、このポーズが多いんだなぁ………。


      20131116松虫姫公園19



よっぽど気持ちがいいんだろうか?


      20131116松虫姫公園20


      20131116松虫姫公園21


      20131116松虫姫公園22




芝生広場の先でも色付く木を発見。


      20131116松虫姫公園23


鮮やかな朱色。


      20131116松虫姫公園24



この色はやっぱり秋の到来を感じさせてくれます。


      20131116松虫姫公園25




ただ、残念なのは、この公園にはノラ猫が多い。

いきなり、猫と遭遇。

      20131116松虫姫公園26


びいすけ は大興奮。
リードが一気に引っ張られます。


こんな看板を見ると悲しくなります。


      20131116松虫姫公園27



そして、その看板の近くにも、こんな姿。


      20131116松虫姫公園28



印旛日医大駅からも近く、周辺にはマンションも何棟か建ち、
建売り住宅の戸数もいつの間にか増え
地域の人の散歩エリアとなっているようで、
この日も、こんな感じで
散歩に来ていたワンちゃんともすれ違いました。


      20131116松虫姫公園29


ノラ猫に何匹も遭遇したのには、⤵️ですが
朱色に色付き始めた紅葉は予想外の収穫。
かなり眼の保養となりました。

間違いなく、そして確実に北総の大地にも
秋は訪れているようです…………。




スポンサーサイト
2013/11/30 Sat. 10:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

宗像神社《印西・吉高》 (2013年11月16日)(千葉県印西市) 

11月16日 公休日

印旛沼北岸に13社点在する宗像神社。


これまでに

宗像神社《印西・戸神》
宗像神社《印西・船尾》
宗像神社《白井・清戸》
宗像神社《印西・鎌苅》
宗像神社《印西・山田》
宗像神社《印西・瀬戸》
宗像神社《印西・吉田》
宗像神社《印西・岩戸》
宗像神社《印西・師戸》
宗像神社《印西・平賀》
     

              と巡ってきました。



その多く(12社)が、印西市に点在し、
さらには、その内の10社が旧・印旛村に点在します。

そもそも、印旛村は 旧・宗像村と六合村が合併して新しく生まれた村。
そんな背景もあって、旧・印旛村域に多く点在しているのでしょう。


今回訪れたのは、旧・六合村域の吉高集落に鎮座する


      宗像神社《印西・吉高》



こちらが宗像神社の入口。


      20131116宗像神社 吉高01



石造りの鳥居には神額は掲げられていません
ちょっぴり残念。

神額を見比べるのもちょっとした楽しみなんですけどね......


      20131116宗像神社 吉高02



鳥居の脇には 吉高鎮守 宗像神社 と書かれた木製の碑。


      20131116宗像神社 吉高03


吉高鎮守 っていうのが地域の(集落の)鎮守様っていう感じて
なんとなく、こういう表現って好きだなぁ



      20131116宗像神社 吉高04




こちらが拝殿


      20131116宗像神社 吉高05



拝殿には木製の由緒書きが掲げられています


      20131116宗像神社 吉高06

どうやら、創建は947年頃らしい。



拝殿に掲げられた神額


      20131116宗像神社 吉高07



賽銭箱には地元の方がお供えしたのでしょう
真っ赤なリンゴとお菓子が供えられていました。


      20131116宗像神社 吉高08



こちらは本殿


      20131116宗像神社 吉高09



拝殿前、賽銭箱あたりから振り返って見た境内


      20131116宗像神社 吉高11



うっすら生えた苔がいい雰囲気を出しています。


      20131116宗像神社 吉高10



びいすけ もいつもと違って、
尊厳ある顔付きをしているように見えるのは
ひょっとして、私だけ?(笑)


      20131116宗像神社 吉高12


      20131116宗像神社 吉高13


      20131116宗像神社 吉高14


      20131116宗像神社 吉高15



拝殿脇の紅葉も
ほんの少し色付き始めています。


      20131116宗像神社 吉高16




背後から眺める本殿。


      20131116宗像神社 吉高17



屋根の瓦の神紋は『三つ巴』。


      20131116宗像神社 吉高18




一方、拝殿の屋根の瓦には、こんた神紋が………
これって、この吉高の宗像神社で始めて見たような気がします。


      20131116宗像神社 吉高1920131116宗像神社 吉高20

謎多き、吉高の宗像神社と言ったところでしょうか?
でも、そういう所は嫌いじゃないなぁ………。

いや、却って好きかも知れません(笑)。



2013/11/29 Fri. 12:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

宗像神社《印西・平賀》 (2013年11月16日)(千葉県印西市) 

11月16日 公休日

印旛沼北岸に13社点在する宗像神社。


これまでに

宗像神社《印西・戸神》
宗像神社《印西・船尾》
宗像神社《白井・清戸》
宗像神社《印西・鎌苅》
宗像神社《印西・山田》
宗像神社《印西・瀬戸》
宗像神社《印西・吉田》
宗像神社《印西・岩戸》
宗像神社《印西・師戸》
                   と巡ってきました。



その多く(12社)が、印西市に点在し、
さらには、その内の10社が旧・印旛村に点在します。

そもそも、印旛村は 旧・宗像村と六合村が合併して新しく生まれた村。
そんな背景もあって、旧・印旛村域に多く点在しているのでしょう。


今回訪れたのは、旧・六合村域になるのか?
印旛沼を挟んでいるため微妙なところ
以前も山田の宗像神社の時にもそんなことを感じていましたが
山田の宗像神社の近く、西に1.5kmほど離れた位置になるんでしょうか?


      宗像神社《印西・平賀》






こちらが、神社入り口。
樹齢の高そうな木々の奥に鳥居が覗けます。


      20131116宗像神社 平賀01


鳥居と並ぶように 村社宗像神社 と記された石碑があります。


      0131116宗像神社 平賀02



こちらが、石造りの鳥居。


      0131116宗像神社 平賀03


      0131116宗像神社 平賀04


      0131116宗像神社 平賀05


鳥居の神額は、宗像神社とはっきりと明記されています。


      0131116宗像神社 平賀06


鳥居をくぐって、参道を本殿に向けて歩きます。
参道で振り返れば、こんな感じです。


      0131116宗像神社 平賀07



参道の隅には、古い鳥居の一部が無造作に置かれています。


      0131116宗像神社 平賀08

おそらく、以前は木造の鳥居だったのでしょう。
石造りの鳥居に改修された時の物でしょう。


参道の先を見つめる びいすけ。


      0131116宗像神社 平賀09


視線の先にあるものは…………


      0131116宗像神社 平賀10



鳥居改修の記念碑でした。


      0131116宗像神社 平賀11


どうやら、鳥居は平成14年に改修されたようです。



拝殿前の狛犬と3ショット。


      0131116宗像神社 平賀12


こちらが拝殿。


      0131116宗像神社 平賀13



宗像神社としては、珍しい提灯が飾られていました。


      0131116宗像神社 平賀14



拝殿の屋根の瓦の神紋。
ごく普通の 三つ巴。


      0131116宗像神社 平賀15



この説明板によると、こちらの宗像神社の神紋は
『柏の葉』らしい。


      0131116宗像神社 平賀16



そして、その神紋の由来となった柏の木。

由緒ありそうな宗像神社だけれど、
意外に柏の木は小さかった。(大きくはなかった)


      0131116宗像神社 平賀17




こちらが、本殿。


      0131116宗像神社 平賀18


本殿の瓦の神紋は柏の葉と思ったけれど
これは、どう見ても菊の神紋に見えるのだけれど………


      0131116宗像神社 平賀19




拝殿前の境内。
広くはありません。


      0131116宗像神社 平賀20


でも、木々に陽を遮られ、
苔むした感じが、神秘さを醸し出すのでしょうか?


      0131116宗像神社 平賀21


鳥居から本殿までの参道が200m近くあり
その両脇には杉の木が生い茂り、陽も遮られがちで
独特の雰囲気が溢れている。

こう言った神社から何か感じるものを人はパワーと呼び、
そして、それを感じる場所を人はパワースボットと言うんだろうか………?



2013/11/29 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

カインズホームドッグラン (2013年11月11日) 

11月11日 公休日


この日は公休日。
9:00過ぎから午前中をかけて、宗像神社巡りに
びいすけ を連れ回しちゃったから
ご褒美じゃないけれど、昼からドッグランに連れて行くことにした。

『せっかく印西市に来ているんだから』と
北総のドッグランに向けて車を走らせていて
途中でハっと気づいた.......。

今日は月曜日。
北総のドッグランって月曜日が休みじゃん!!


慌てて、Uターン


向かった先は...........


  カインズホーム 佐倉店 ドッグラン


やっぱり、こういう時は助かります(笑)


しかしながら、いつもは夕方に利用することが多い、このドッグラン。
午後イチで受付したら、満員。
しっかり15分ほど待つことになりました。


店員5名のドッグラン。
順番待って5番目なのに
なぜか利用証の番号が9番。

この番号札ってどうなってるの?(笑)

 
      20131111カインズドッグラン01



既に先着しているワンちゃんの洗礼にも
相変わらず興味無しの びいすけ。


      20131111カインズドッグラン02


      20131111カインズドッグラン03


      20131111カインズドッグラン04


いつもの様に、フェンスや芝生の匂いチエック。


      20131111カインズドッグラン05


      20131111カインズドッグラン06


かと、思いきやフェンスの向こうが気になるのか?


      20131111カインズドッグラン07



さらには、ワンちゃんではなく、若い女性の飼い主さんに
たったったぁ〜と近付いて行って、媚びを売ったりして(笑)。


      20131111カインズドッグラン08



やっぱり、今日もドッグウォーク。


      20131111カインズドッグラン09



走り抜けるわけじゃないけれど
ドッグウォークをびいすけは嫌いじゃないみたいだから
天板を手で二〜三回叩けば、
素直に上ってくれるから嬉しい限りです。


      20131111カインズドッグラン10


      20131111カインズドッグラン12


      20131111カインズドッグラン13


      20131111カインズドッグラン14


最近、こう言ったちよっとしたアジリティっぽい設備があると
ついつい、その写真が多くなってしまいます。


      20131111カインズドッグラン15


      20131111カインズドッグラン16


      20131111カインズドッグラン17



びいすけ!
たまには、思い切り走ってみろよ!

      20131111カインズドッグラン11


そんな事を思っていたら、以心伝心?
あらら、びいすけのスイッチが入ったようです。


      20131111カインズドッグラン18



びいすけ、激走モードに突入。


      20131111カインズドッグラン19



さあ、走れ!


      20131111カインズドッグラン20


もっと、もっと走れ〜!


      20131111カインズドッグラン21


いいぞぉ〜、その調子。


      20131111カインズドッグラン22



父さん、大興奮。(笑)


      20131111カインズドッグラン23


      20131111カインズドッグラン24


元々、1時間しか利用出来ないドッグランですが
時間が短い分だけ、中味が濃い充実した1時間だったようです…………。



2013/11/28 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

宗像神社 《印西・師戸》 (2013年11月11日)(千葉県印西市) 

11月11日 公休日

印旛沼北岸に13社点在する宗像神社。


これまでに

宗像神社《印西・戸神》
宗像神社《印西・船尾》
宗像神社《白井・清戸》
宗像神社《印西・鎌苅》
宗像神社《印西・山田》
宗像神社《印西・瀬戸》
宗像神社《印西・吉田》
宗像神社《印西・岩戸》     と巡ってきました。
 


その多く(12社)が、印西市に点在し、
さらには、その内の10社が旧・印旛村に点在します。

そもそも、印旛村は 旧・宗像村と六合村が合併して新しく生まれた村。
そんな背景もあって、旧・印旛村域に多く点在しているのでしょう。


次に訪れたのは、旧・宗像村域になる師戸地区に鎮座する

      宗像神社《印西・師戸》


こちらは県道64号線から中に一本入った狭い市道沿い
ちょうど印旛沼公園(師戸城址)から鎌苅に抜ける古道沿いに鎮座していました。


意外にこじんまりとしています。


道路沿いから眺めた鳥居。


      20131111宗像神社 師戸01



よく見ると鳥居は2つ並んでいます


      20131111宗像神社 師戸02



手前の鳥居は石造り
一の鳥居になるんでしょうか?
神額は見当たりませんでした。


      20131111宗像神社 師戸10



二の鳥居になるのか?
木製の鳥居にも、残念なことに神額はありませんでした。


      20131111宗像神社 師戸03



奥に見えるのが拝殿


      20131111宗像神社 師戸04


      20131111宗像神社 師戸05




こじんまりとしているから、境内も猫の額のようなもの
狛犬もこじんまりと小粒です。


      20131111宗像神社 師戸06



拝殿には、しっかりと神額が掲げられていました。


      20131111宗像神社 師戸07



ここにも宗像神社の特集の新聞記事。
お金を掛けずに説明版として流用するのって
このあたり(岩戸地区、師戸地区)の氏子さんって知恵がありますね。


      20131111宗像神社 師戸08



こちらが本殿


      20131111宗像神社 師戸09



拝殿前から振り返ってみても
鳥居は本当にすぐそばにあります
10mの距離もない境内


      20131111宗像神社 師戸11



やっぱり、13社もあると、色々な宗像神社に出会えますね
地域、地域で違った色を出している宗像神社
やっぱり、巡り比べてみると面白い............。


 
 


 
2013/11/27 Wed. 19:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

宗像神社 《印西・岩戸》 (2013年11月11日)(千葉県印西市) 

11月11日 公休日

印旛沼北岸に13社点在する宗像神社。


これまでに

宗像神社《印西・戸神》
宗像神社《印西・船尾》
宗像神社《白井・清戸》
宗像神社《印西・鎌苅》
宗像神社《印西・山田》
宗像神社《印西・瀬戸》
宗像神社《印西・吉田》     と巡ってきました。
 

その多く(12社)が、印西市に点在し、
さらには、その内の10社が旧・印旛村に点在します。

そもそも、印旛村は 旧・宗像村と六合村が合併して新しく生まれた村。
そんな背景もあって、旧・印旛村域に多く点在しているのでしょう。


次に訪れたのは、旧・宗像村域になる岩戸地区に鎮座する

      宗像神社《印西・岩戸》


国道296号、佐倉市臼井から印西市方面へ抜ける県道64号線。
印西方面へ走り、岩戸交差点を過ぎてしばらくすると左側に
岩戸の宗像神社が現れます。


こちらが神社の入口


      20131111宗像神社 岩戸01



以前は朱色の年季の入った木製の鳥居が建っていたようですが
改修されて真新しい木製の鳥居が建てられていました。


      20131111宗像神社 岩戸02


      20131111宗像神社 岩戸03


      20131111宗像神社 岩戸04



神額は金色地に黒文字のシックな物

明朝体ではなく、手書きっぽい書体が味があります。


      20131111宗像神社 岩戸05



鳥居は約2年前に建て替えられたようです。
改修の記念碑が境内の隅に建てられていました。


      20131111宗像神社 岩戸06



記念碑の横には小さなガラス張りの小屋があって
その中には御神輿が飾られていました。


      20131111宗像神社 岩戸07



こちらが拝殿
遠目に見ても立派な(大きな)拝殿です。


      20131111宗像神社 岩戸08



近寄ってみたら、さらに大きいのが判ります。


      20131111宗像神社 岩戸09



大きいだけではなく風格もある拝殿


      20131111宗像神社 岩戸10




拝殿の前には、宗像神社の特集の新聞記事。
じっくり拝見させてもらいました。


      20131111宗像神社 岩戸11



拝殿に掲げられた神額
これもちょっぴり変わっていて味があります。


      20131111宗像神社 岩戸12


拝殿の裏手には本殿

これまた一回り大きいって言うか、風格があります。

ただ残念なのが、このフェンス。


      20131111宗像神社 岩戸13



せっかくの本殿の見事な木彫りの彫刻がよく見えません。


      20131111宗像神社 岩戸14


      20131111宗像神社 岩戸15


      20131111宗像神社 岩戸16



拝殿から眺めた境内


      20131111宗像神社 岩戸17



道路脇にある神社だから、車の往来も多い。

時折通る車が気になるのか?
道路に注視する びいすけ。


      20131111宗像神社 岩戸18


      20131111宗像神社 岩戸19



『お~い!!』と声を掛けると
ハっと気づいてこっちを見たりして.........


      20131111宗像神社 岩戸20


      20131111宗像神社 岩戸21



これまでに、ここを含めて8つの宗像神社を見てきたけれど
風格だけで言ったら、この岩戸の宗像神社がピカイチ。

ここが宗像13社の総社だと言われてたら
きっと信じてしまうだろう。

船尾の宗像神社で氏子さん(ひょっとしたら神官の人だったのかな?)に
宗像神社のことを聞かなかったら
ここが総社だと勝手に思い込んでしまったかもしれません。


それだけ鳥居といい、拝殿といい、本殿といい
風格のあるいい物を見せてもらった
そんな感覚でいっぱいです...........。



 




2013/11/27 Wed. 12:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

宗像神社 《印西・吉田》  (2013年11月11日)(千葉県印西市) 

11月11日 公休日

印旛沼北岸に13社点在する宗像神社。


これまでに

宗像神社《印西・戸神》
宗像神社《印西・船尾》
宗像神社《白井・清戸》
宗像神社《印西・鎌苅》
宗像神社《印西・山田》
宗像神社《印西・瀬戸》     と巡ってきました。
 

その多く(12社)が、印西市に点在し、
さらには、その内の10社が旧・印旛村に点在します。

そもそも、印旛村は 旧・宗像村と六合村が合併して新しく生まれた村。
そんな背景もあって、旧・印旛村域に多く点在しているのでしょう。


今回訪れたのは、旧・宗像村域になる吉田地区に鎮座する

      宗像神社《印西・吉田》


国道296号、佐倉市臼井から印西市方面へ抜ける県道64号線
岩戸の交差点で左折し。八千代方面へ向かう途中の吉田集落の一角に
宗像神社は鎮座していました。

通常鳥居がたっていそうな場所に鳥居はなく
神社の入口には宗像神社の石碑が建っていました。


陽が当たって見づらいですが
村社 宗像神社 の文字が確認できます。


      20131111宗像神社 吉田01



参道の奥に小さな鳥居が見えます。


      20131111宗像神社 吉田02


      20131111宗像神社 吉田03



こちらが鳥居.
さほど大きくもなく、神額も飾られていません。


      20131111宗像神社 吉田04



鳥居の脇にあるブロック塀が
すごく違和感を感じてしまいます。


      20131111宗像神社 吉田05



こちらが拝殿


      20131111宗像神社 吉田06


      20131111宗像神社 吉田11





そして、こちらが本殿


      20131111宗像神社 吉田07




こちらは敷地内にある浅間神社の分祠
分祠といっても社務所も備えた立派なもの


      20131111宗像神社 吉田08



そして、珍しい神紋


      20131111宗像神社 吉田09




浅間神社の裏手から眺めた宗像神社の拝殿と本殿
手前には土塁っぽい土壇


      20131111宗像神社 吉田10


携帯は広くはないけれど、適度に木が伐採されています
枝も払われていて、陽がよく当たるせいか?
非常に明るい境内な感じがします

もっとも、この日はよく晴れた日だから
そんなふうに感じたんでしょうか?


      20131111宗像神社 吉田12


      20131111宗像神社 吉田13



どちらかというと北総台地の一画で
、木々が生い茂り、陽射しもそれなりに遮られていて
独特の雰囲気を醸し出すことが多い宗像神社の中で
この吉田の宗像神社はどこか雰囲気が違うような気がしました。

まぁ、この印旛沼周辺に、13も社があるんだから
1つぐらい、こう言った雰囲気の社が有ってもいいのかもしれない..........。
 
 
 
2013/11/27 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

2013北総花の丘公園 わんわんフェスタ   (2013年11月2日)(千葉県印西市) 

11月2日 公休日

この日は公休日。
個人的な連休2日目。
世間は秋の3連休。

土曜日の休みだからと、印西市の宗像神社を2社廻った後に
向かった先は

北総花の丘公園ドッグラン。
 

朝イチでシャカリキになってドッグランに行っても何だから
10:00すぎにドッグランに着いたら、駐車場が大渋滞。

『何事が起きた?』って思っていたら、
この日は『2013北総わんわんフェスタ』でした。

いやぁ〜 最近、北総のドッグランもご無沙汰していたから
わんわんフェスタの事も知りませんでした。

これって、ラッキーって言えるのかなぁ?(笑)

何とか駐車場を確保し、ドッグランへと向かいます。



ドッグラン横の芝生広場はわんわんフェスタ一色。

      20131102北総わんわんフェスタ03

 
      20131102北総わんわんフェスタ01


会場設営準備の中、早くも多くの来場者がいるようです。


      20131102北総わんわんフェスタ02


      

まずは、ドッグランで遊びます。


ドッグランに入るや否や、すぐさまワンコの歓迎。


      20131102北総わんわんフェスタ04



贅沢な びいすけ はお気に入り召さない模様。


      20131102北総わんわんフェスタ05



自分のお気に入りの仔を探すべく、
匂いをクンクン。


      20131102北総わんわんフェスタ06



そして、いつものように群れから離れ
フェンスの匂い嗅ぎに専念します。


      20131102北総わんわんフェスタ07



気にいった仔が見つかったのか?
視線が一点に集中します。


      20131102北総わんわんフェスタ08



どうやら本日のお気に入りは、この仔のようです。


      20131102北総わんわんフェスタ09


シーズーとトイプードル(だったと思う)のMIXの男の子。
名前を聞いたけど、忘れてしまいました。
年齢は…………これまた忘れてしまいました。(笑)


      20131102北総わんわんフェスタ10



久しぶりに見る、びいすけ のワンプロ。


      20131102北総わんわんフェスタ11



『いいねぇ〜、もっと絡めぇ〜』と
ファインダーを覗きこみながら呟いていました。(笑)


      20131102北総わんわんフェスタ12


      20131102北総わんわんフェスタ13


      20131102北総わんわんフェスタ14


      20131102北総わんわんフェスタ15


      20131102北総わんわんフェスタ16

相手の飼い主さんも喜んでいただき、
これだけでもう、今日の北総のドッグランは大満足。


でも、せっかくだから何かイベントに参加しよう。

12:00から始まる『おやつ待て待てゲーム』に参加することにして
先着50頭が参加出来るから
11:45に配布される整理券を貰うために
30分前から列に並びます。

      20131102北総わんわんフェスタ17



無事、番号3番の整理券をGET!


ゲームの時間まで会場内をブラブラします。


      20131102北総わんわんフェスタ18



13:00から開催されるビンゴゲームのカードを購入。
抽選で当たった、散歩バック(通称 ウンチバッグ)、
そして、試供品のドッグフード。


      20131102北総わんわんフェスタ19




幼なじみ(?)で北総友だちの たびちゃん とも出会えました。

たびちゃん とお揃いのスカジャン購入。


      20131102北総わんわんフェスタ20


      20131102北総わんわんフェスタ21




時刻も12:00。
おやつ待て待てゲームの開始です。

整理券番号順に10頭のワンコが台上に上がり
ゲームの開始です。


      20131102北総わんわんフェスタ22


さすがに早い内に列に並ぶ強者たち。
びいすけ も3分間は我慢出来ましたが
ついにオヤツに顔を近づけてしまいました。

ちなみに、このグループは5分過ぎても4頭が残り、
なかなか決着がつかないので4頭とも勝利となりました。

さすが、整理券番号一桁。
意気込みが違ったようでした(笑)


実は、後日判明したのですが…………
この時、同じグループで競いあっていた中に
よくお邪魔(読み逃げ)しているブログ

今日はどこへ行く?黒柴日記 の ももんちゃん がいたようです。
(その時の様子は こちら


いやぁ、挨拶もできず残念でした。






ビンゴゲームまで時間があるので、先ほど買ったスカジャンに着替えて
ドッグランに再び入場


たびちゃん とお揃いだよぉ~!!


      20131102北総わんわんフェスタ23


      20131102北総わんわんフェスタ24


      20131102北総わんわんフェスタ25


う~ん、やっぱりこの2ショットはいいねぇ






わんわんフェスタ会場近くのコスモス畑


     20131102北総わんわんフェスタ26



今年は佐倉のふるさと広場のコスモスを見逃してしまったから
こんな形でコスモスを鑑賞できてラッキー!!


      20131102北総わんわんフェスタ27



でも、今年もコスモスはもう終わりですね......


      20131102北総わんわんフェスタ28





時刻はそろそろ13:00

ビンゴゲームが始まります


      20131102北総わんわんフェスタ29



頑張るぞ~!!
気合は十分(笑)


      20131102北総わんわんフェスタ30




何個も番号が発表されますが
いっこうに欲しい番号は読まれません


      20131102北総わんわんフェスタ31



10個番号が発表されても全くなし!
これまた珍しい


      20131102北総わんわんフェスタ32


結局、リーチの『り』の字も口にすることなく
ビンゴゲームは終了

カードはすぐさまゴミ箱へと直行となりました。


      20131102北総わんわんフェスタ33


風邪気味なのか?
頭痛いのと、喉が痛いので、ここら辺りで撤収することに..........


こうして今年のわんわんフェスタは終了

翌日(11月3日)は鼻水ぐしゅぐしゅ状態で仕事と相成りました...............。



 
 
2013/11/26 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

宗像神社 《印西・瀬戸》    (2013年11月2日)(千葉県印西市) 

11月2日 公休日

印旛沼北岸に13社点在する宗像神社。


これまでに

宗像神社《印西・戸神》
宗像神社《印西・船尾》
宗像神社《白井・清戸》
宗像神社《印西・鎌苅》
宗像神社《印西・山田》     と巡ってきました。


その多く(12社)が、印西市に点在し、
さらには、その内の10社が旧・印旛村に点在します。

そもそも、印旛村は 旧・宗像村と六合村が合併して新しく生まれた村。
そんな背景もあって、旧・印旛村域に多く点在しているのでしょう。


今回訪れたのは、旧・六合村域になる瀬戸地区に鎮座する

      宗像神社《印西・瀬戸》

 

宗像神社の鳥居の前には土壇があって
印旛沼開拓の碑や二十三夜塔といった石碑が建ち並びます。

それだけでも何となくこの地域の近世の信仰の深さ
そして歴史を感じたりします。
 
 
      20131102宗像神社 瀬戸01




こちらが宗像神社の正面玄関とも言える鳥居



      20131102宗像神社 瀬戸05




石造りの鳥居が多い中、木製の鳥居。
朱色が鮮やかです。


      20131102宗像神社 瀬戸03


      20131102宗像神社 瀬戸04



鳥居に掲げられた神額


      20131102宗像神社 瀬戸02



こちらは拝殿


      20131102宗像神社 瀬戸06



拝殿前の境内には、本殿改修の記念碑が建っています。


      20131102宗像神社 瀬戸07




そして、こちらが本殿
本殿も朱色になっていて、宗像神社の中では珍しい色合い。


      20131102宗像神社 瀬戸08



拝殿前から狭い境内を振り返ってみます


      20131102宗像神社 瀬戸09



拝殿前の朽ち果てそうな木製の看板
この宗像神社の創建は 寛和元年(985年)と言う事らしい。

1000年以上の歴史を持った神社ということになります。


      20131102宗像神社 瀬戸10




宗像神社の敷地の一画が、
地域のコミュニティセンター(公民館)みたいな施設となっています。
子供たちの遊具があったりして
雰囲気が同じ印西市・神々廻の鳥見神社に似ています。


      20131102宗像神社 瀬戸11



敷地の境界から眺める宗像神社


      20131102宗像神社 瀬戸12


      20131102宗像神社 瀬戸13


創建が古いからなのか?
鳥居前の土壇の石碑群を見たからなのか?
1000年以上のこの地域の信仰の深さを改めて感じ
厳かな気分が満ち溢れてきた

こういう感覚がまだまだ私の中には残っていることが
なぜだか、ちょっぴり嬉しくなったりして............



 
2013/11/25 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

宗像神社 《印西・山田》  (2013年11月2日)(千葉県印西市) 

11月2日 公休日

印旛沼北岸に13社点在する宗像神社。


これまでに

宗像神社《印西・戸神》
宗像神社《印西・船尾》
宗像神社《白井・清戸》
宗像神社《印西・鎌苅》     と巡ってきました。


その多く(12社)が、印西市に点在し、
さらには、その内の10社が旧・印旛村に点在します。

そもそも、印旛村は 旧・宗像村と六合村が合併して新しく生まれた村。
そんな背景もあって、旧・印旛村域に多く点在しているのでしょう。


今回訪れたのは、旧・六合村域になるのか?
印旛沼を挟んでいるため微妙なところですが

宗像神社《印西・山田》




山田集落の村道(現在は市道)脇に宗像神社は鎮座しています。

      20131102宗像神社 山田01



新しい石造りの鳥居


      20131102宗像神社 山田02



平成24年に建て替えられたようです。


      20131102宗像神社 山田13


      20131102宗像神社 山田03



鳥居に掲げられた神額も当然新しい。

朱色の『宗像神社』の文字が鮮やかです。


      20131102宗像神社 山田04



こちらは、拝殿。


      20131102宗像神社 山田05




境内社の稲荷神社の分祠
そして、鳥居の改修記念の碑


      20131102宗像神社 山田06



拝殿の脇には、改修前の鳥居の一部が無造作に置かれていました。
かつては、木造の鳥居だったようですね。


      20131102宗像神社 山田07



こちらは、本殿。


      20131102宗像神社 山田08


こちらの宗像神社には、境内社としての
色々な神社の分祠が多い。


      20131102宗像神社 山田09



その割りには、ズバ抜けて境内が広い訳でもない。


      20131102宗像神社 山田10


      20131102宗像神社 山田11



拝殿の屋根の瓦には、宗像神社の『宗』の文字入り。
こういう所が趣きがある。

神紋とは又違うから、面白い。


      20131102宗像神社 山田12


こうした発見があるから、宗像神社巡りも面白い


今日はドッグランに行くことにしているから
もう1ヶ所の立ち寄る予定の宗像神社へ急ぎましょう.........


 
 
      
2013/11/24 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

丸ポストを探して..............神奈川・相模原編              (2013年11月1日)(神奈川県相模原市) 

11月1日 公休日

今年になってからハマっている丸ポスト探し。



神奈川県には115基の丸ポストが現存されていると言われています。
                    (2013年4月15日現在)


相模原市には3基の丸ポストが現存しているとのことで
丸ポストを探しに来ました。 
 

いずれも相模原市の緑区
かつての津久井地域にありました

平成18年に津久井郡の津久井町、相模湖町が相模原市に編入され、
平成19年に津久井郡藤野町、城山町が編入されました 

最初の1基は、寸沢嵐(すわらし)地区(旧・相模湖町)
内郷小学校前にありました。


      20131101丸ポスト相模原01


      20131101丸ポスト相模原02


      20131101丸ポスト相模原03


      20131101丸ポスト相模原04




2基目の丸ポストは、同じく寸沢嵐地区(旧・相模湖町)
岡本たばこ店の庭先にありました。

どうやら、この岡本たばこ店、現在は廃業しているみたいです。


      20131101丸ポスト相模原05


      20131101丸ポスト相模原06


      20131101丸ポスト相模原07


      20131101丸ポスト相模原08




最後の1基は旧・城山町。
久保沢にある 城山交番前交差点 にありました。

国道413号線(通称 津久井街道)沿いのため
車の通行量も多く、ましてや交番前のため
車を停めるのがちょっぴり大変でした(笑)


      20131101丸ポスト相模原09


      20131101丸ポスト相模原10


      20131101丸ポスト相模原11


      20131101丸ポスト相模原12
 




これで、相模原市の丸ポスト制覇。


神奈川県内には115基の丸ポストが現存している

これまでに

松田町     1基
山北町     5基

そして本日、相模原市 3基
合計9基の丸ポストに出会いました。

と言うことは、あと106基の丸ポストがどこかの街角に建っている。



う~ん、どんな街角に、どんな感じで建っているんだろう....?



 
2013/11/23 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

寒沢の滝    (2013年11月1日)(神奈川県相模原市) 

11月1日 公休日

滝の魅力にハマった昨今。

神奈川県相模原市には、数ヶ所の滝があると知り
廃校巡りのついでに滝巡りもして来ました

エビラ沢の滝をあとにして
向かった先は...........


寒沢の滝



いやぁ~、ここにたどり着くまでにかなり苦労しました。
正確な場所がよく分からず、目印はこの看板

      20131101寒沢の滝02


狭い林道っぽい、それらしき県道(?)の山道をあっちに行ったり
こっちに行ったり........

この看板を見つけっ時はホッとしました(笑)

 
      20131101寒沢の滝01




道路脇のちょっとしたスペースに車を停め、散策開始

寒沢の滝はその道路脇からちょっと奥まったところ
50mほど歩いたところにありました。


      20131101寒沢の滝03


落差10mほどの滝

陽射しが遮られた、周囲の切り立った崖から流れ落ちる滝


      20131101寒沢の滝04



水は冷たいし、水を怖がるから
びいすけ なりの限界点まで滝に近づいてみます


      20131101寒沢の滝05


      20131101寒沢の滝06


      20131101寒沢の滝09






周囲の切り立った崖は、それなりに迫力があります


      20131101寒沢の滝10



びいすけ も気になるのか?
周囲をキョロキョロと視線が落ち着かないのでしょうか?


      20131101寒沢の滝07


      20131101寒沢の滝08





滝壺には勢いよく流れ落ちてきます
普段はあまり水量は多くないとのことですが
今年は台風が多く、ちょうどこの時は大きな台風が連続して襲来し
長雨が続いていた跡だったので、普段より水量が多かったのか....?


      20131101寒沢の滝11




周りの岩も苔むしていたりして
それなりの雰囲気はあるようです


      20131101寒沢の滝12


エビラ沢の滝に比べたら、見劣りするかもしれないし
これといった見所はないかもしれないけれど
こう言ったマイナーな滝巡りも面白いと感じる今日このごろです............。


 
 
2013/11/22 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

エビラ沢の滝   (2013年11月1日)(神奈川県相模原市) 

11月1日 公休日

滝の魅力にハマった昨今。

神奈川県相模原市には、数ヶ所の滝があると知り
廃校巡りのついでに滝巡りもして来ました


向かった先は...........

      エビラ沢の滝



青根小学校の前から始まる神ノ川林道

今を遡ること20年以上前、オフロードバイク(HONDA XL-250S)を駆り
この神ノ川林道へ走りに来たものです。


      20131101エビラ沢の滝01


神ノ川林道はすっかり舗装されてしまい
昔、オフロード走行にハマっていた者にとってはつまらなくなってしまったが
我が家の軽自動車で走るのは苦ではない。


神ノ川林道を10分ほど走り
神之川キャンプ場を過ぎた先の林道沿いに
エビラ沢の滝はあります


      20131101エビラ沢の滝13



林道沿いから眺めるエビラ沢の滝


      20131101エビラ沢の滝02



このエビラ沢の滝のある林道沿いの土地の地権者が
太っ腹な人のようで、荒地を整地してちょっとした公園っぽくしています

車は2~3台停められ、ちょっとしたベンチがあったり
四阿も作られたりして、気軽に立ち寄ることが出来ます。


      20131101エビラ沢の滝03


      20131101エビラ沢の滝04


      20131101エビラ沢の滝05



狭いながらも遊歩道らしきものもあって
滝壺近くまで降りて行くことができます


      20131101エビラ沢の滝06



太い一条の滝が真っ直ぐに流れ落ち
滝壺近くに行けば、それなりに壮大感を感じ取れます。


この滝には、緑の玉を抱いて観音経を唱えながら滝に打たれていると、
玉の中に御霊が入ったという言い伝えも残されているらしい。


      20131101エビラ沢の滝07


      20131101エビラ沢の滝08



びいすけ もいい表情をしているように見えます
(完全な親バカ状態)(笑)


      20131101エビラ沢の滝09



水の流れもかろやかで、透き通った川の流れは、まさに清流

      
      20131101エビラ沢の滝10


      20131101エビラ沢の滝11



「やまなみ5湖 水のある風景36選」の一つに選ばれており、
黒い岩の上を水が滑るさまは、荘厳そのもののようです。


      20131101エビラ沢の滝12


もともと丹沢山系の入口でもあり
神ノ川林道を走った山深きところにある滝ですが
林道沿いにあり、手軽に立ち寄れるエビラ沢の滝

平日にわざわざ訪れる人は居ないようですが、
ちょっとした穴場のようです............。


 
 
2013/11/21 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

哀愁の木造校舎 青根小学校   (2013年11月1日)(神奈川県相模原市) 

11月1日 公休日

この日は、相模原市(旧・藤野町)、道志村の廃校巡りをしていました。


廃校ではないけれど、神奈川県相模原市には
神奈川県下で唯一、現存する木造校舎の小学校があります。

それは、相模原市立青根小学校。

      
      20131101青根小学校01


今年の春、
二年ぶりに新入生が入学し、
二年ぶりに入学式がとり行われたそうです。
その新入生の女の子を含めて、
全校生徒は9名と言う本当に小さな小学校です。



青根小学校は

明治6年  当時の青根村に津久井郡第101番小学校として
       青根学校という名称で創設されました

昭和30年  青根村が周辺の村々と合併し、津久井町が発足
        津久井町立青根小学校と改称

平成18年  津久井町が相模原市に編入
        相模原市立青根小学校と改称され、現在に至っています。


      



こちらが、青根小学校の正門
     

      20131101青根小学校02



門柱に掲げられた表札


      20131101青根小学校03



実は、この青根小学校
キムタク主演のドラマ『チェンジ』のロケにも使用されたらしい。

もっとも、そのドラマは観ていませんでしたが..........


赤い屋根に黄土色の壁面の木造校舎

平成のこの時代に現役で建ち続ける木造校舎
一説によると、昭和18年の建造らしい


      20131101青根小学校04



校庭と子供たちが遊ぶ遊具類


      20131101青根小学校05



こちらは体育館のようです


      20131101青根小学校06




全校生徒9名の小学校
この日は平日
ちょうど授業中だったようで、
窓からこっちをチラチラと覗き込む子供がいたりして........


      20131101青根小学校07



びいすけ はお構いなしに校庭の匂いをクンクン。
この学校の子供達の匂いを確認しているのだろうか.....?


      20131101青根小学校08



校庭の隅には、津久井町時代の説明看板
校庭にそびえる楠の木を称えています。


      20131101青根小学校09



子供たちの授業の邪魔をしては申し訳ないので
早々にこの地をあとにすることにしましたが
いつまでも、この青根小学校があることを期待して
車へと戻ることにした.....................。




 
 
 
2013/11/20 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて 道志小学校久保分校(2013年11月1日)(山梨県南都留郡道志村) 

11月1日 公休日

この日は山梨県南都留郡道志村にも足を伸ばしました。


七滝を出て、向かった先は


道志村立道志小学校久保分校跡


道志村も過疎化と少子化の波には勝てず、
分校を含めると、かつては5校あった小学校も
結果的には道志小学校に集約する形で統廃合しました。

その廃校となった1校です。

昭和36年創設の歴史の新しい小学校だったようですが、
平成11年、善之木小学校、唐沢小学校と共に
道志小学校に統合され、廃校となりました。



こちらが、久保分校の正門。


      \20131101久保分校01


門柱には、かすれた文字の表札。
しっかりと、道志村立道志小学校久保分校の
文字が確認できます。


      \20131101久保分校02




久保分校は

明治年創設。

平成11年に廃校となりました。



こちらが、校舎全景。
比較的新しく、お洒落なデザインです。


      \20131101久保分校03


久保分校の校歌の記念碑。
おそらく、廃校時に建てられた物でしょう。


      \20131101久保分校04


久保分校の位置を示す標柱。
これも、この地に久保分校があったことを忘れられないように
廃校時に建てられたのでしょう。


      \20131101久保分校05


      \20131101久保分校06


現在の久保分校跡地は、
『みなもと体験館 道志・久保分校』として
宿泊設備を備えた体験学習施設となっています。


      \20131101久保分校07


職員の方が丁寧に応対してくれました。
『施設内の見学もどうぞ!』と言ってくれましたが
さすがに犬連れで施設内に入る訳にもいかないので
校庭内を見学させてもらうことにしました。


      \20131101久保分校08



分校の裏山の畑からの校舎。
山深き、道志村です。


      \20131101久保分校09



平成11年春、
道志村の3校(久保分校、善之木小学校、唐沢小学校)が廃校になりましたが、
いずれの3校とも、その跡地は地域活性化のために有効に活用されているようです。




2013/11/19 Tue. 13:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

七滝     (2013年11月1日)(山梨県南都留郡道志村) 

11月1日 公休日

滝の魅力にハマった昨今。

山梨県道志村には、数ヶ所の滝があると知り
廃校巡りのついでに滝巡りもして来ました。


雄滝・雌滝を見学したあとに、向かった先は...........


      七滝



道志街道を山中湖方面から相模湖方面に向かい
進行方向左側、ちょうど道志川に架かる大室橋あたりで
山の中腹から流れ落ちる滝を眺める事ができます。


      20131101七滝01



この滝が七滝。


      20131101七滝02


山肌を七つの段となって流れ落ちるため、七滝と呼ばれているらしい。


山の中腹から斜面を伝って、道志川に直接落ち込んでいるため
しかも道志川の対岸のため、滝に近寄ることは出来ません。





望遠レンズでググッと寄ってファインダーを覗きます。


      20131101七滝03



滝の近くに行けないため、1番の撮影ポイントは橋の上。
平日の昼間だから、道志街道を走る車も少ないから
路駐で失礼します。


      20131101七滝04



道路の反対側に移動し、ファインダーを覗きこみます。


      20131101七滝05


      20131101七滝06




大室橋の下にある旧道を走り、民宿七滝荘前に移動。
七滝のボイントを探しますが、
結局は道端からの眺めとなります。


      20131101七滝09



200mmの望遠では、これが限界。


      20131101七滝07


      20131101七滝08



少しでも高台と、道端の一段高くなった畑に入ってみますが
ロケーションは今一歩。

      
      20131101七滝10
 

所々、紅葉が始まりかけてはいるものの
ちょっとまだ紅葉には早かった。

紅葉のシーズンには、赤茶色に染まった山肌に
白い一条の流れがきっと映えることだろう。

その頃に見に来たいけれど、今年は無理でしょう。

鬼が笑ってしまうかも知れないけれど
来年の楽しみに取っておくことにいたしましょう。



 
 
2013/11/19 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

雄滝・雌滝    (2013年11月1日)(山梨県南都留郡道志村) 

11月1日 公休日

滝の魅力にハマった昨今。

山梨県道志村には、数ヶ所の滝があると知り
廃校巡りのついでに滝巡りもして来ました


向かった先は...........

     雄滝・雌滝


道志街道を山中湖側から相模湖側に東上すると
進行方向左側に、こんな看板が建っています。

実は、先月朝霧高原に遊びに行った帰りに道志街道を走り、
大まかな場所はチェック済み。
その時は陽も暮れてしまい、夜の帳の中でしたので見学も出来ず
本日の訪問と相成りました。


      20131101雄滝雌滝01


看板から沢沿いに山道を歩きます。
しばらく歩けば、小さな案内板が目に入ります。


      20131101雄滝雌滝02



さらに、沢に沿って歩いて行きます。


      20131101雄滝雌滝03



石段を乗りこえて沢を渡るのですが、
びいすけ、びびりまくり。

『び・び・びの びいすけ』じゃなくて、
『び・び・りのびいすけ』状態です。(笑)


      20131101雄滝雌滝04



この沢を上ったところに雄滝・雌滝があります。


      20131101雄滝雌滝05



こちらが雌滝。
道沿いに沢を上って手前の左側にあります。


      20131101雄滝雌滝06



糸のように細く流れることから、雌滝と名付けれたようです。


      20131101雄滝雌滝07


      20131101雄滝雌滝08



雌滝の右奥10mほど先に雄滝があります。


こちらが雄滝。
雌滝に比べ、豪快に太く流れていることから
雄滝と名付けられたそうです。


      20131101雄滝雌滝09



確かに、雌滝と比べると幾分太い流れのようです。


      20131101雄滝雌滝10



滝ではなく、山肌を見つめる びいすけ。
何かあるのでしょうか?


      20131101雄滝雌滝11


何もないんですが…………。


      20131101雄滝雌滝12



何もない事に気づいたようです。(笑)


      20131101雄滝雌滝13


確かにミストはいっぱい浴びて、リフレッシュ出来そう。

山あいの陽も遮る沢沿いだから、ヒンヤリと言うよりは
むしろ肌寒い感じ。




ミストも一杯体感したし、オゾンもそれなりに吸収(?)したから
そろそろ下に降りましょう。

沢沿いの下り道を歩き、渡し石に乗って帰ります。

ここでも、び・び・りのびいすけ(笑)。


      20131101雄滝雌滝14


      20131101雄滝雌滝15


なだめすかし、何とか駐車場に戻りました。


さぁ、次なる滝を目指しましょう!!


2013/11/18 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.............唐沢小学校                   (2013年11月1日)(山梨県南都留郡道志村)) 

11月1日 公休日

この日は山梨県南都留郡道志村にも足を伸ばしました。



善之木小学校跡を出て、向かった先は


道志村立唐沢小学校跡


道志村も過疎化と少子化の波には勝てず、
分校を含めると、かつては5校あった小学校も
結果的には道志小学校に集約する形で統廃合しました。

その廃校となった1校です。

昭和36年創設の歴史の新しい小学校だったようですが、
平成11年、道志小学校久保分校、善之木小学校と共に
道志小学校に統合され、廃校となりました。



唐沢小学校の廃校後、その跡地は道志村教育委員会の
『水源の郷 やまゆりセンター』と言う施設になり
色々なイベントや展示を行い、
観光のランドマーク的な存在を目指しているようです。


      20131101唐沢小学校09




校舎は取り壊されて、新しく『やまゆりセンター』の建物が建てられています。


      20131101唐沢小学校07


      20131101唐沢小学校08 


こちらは体育館。
そのまま残され、地域の体育館として活用されているようです。


      20131101唐沢小学校06



体育館の前には唐沢小学校の校歌の碑が建っています。


      20131101唐沢小学校01



      20131101唐沢小学校02


      20131101唐沢小学校03


校歌の碑の台座は何と、唐沢小学校の校門の門柱でした。


      20131101唐沢小学校04



しっかりと、唐沢小学校の文字が読み取れます。


      20131101唐沢小学校05




歴史の浅い小学校かもしれませんが、
紛れもなく、この小学校の卒業生もいます。
学び舎だった校舎は解体され、取り壊されてしまいましたが、
通いなれた校門が、こういった形で後世に遺されるのを
きっと心の中で喜んでいることでしょう。




     
2013/11/18 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.............善之木小学校                  (2013年11月1日)(山梨県南都留郡道志村)) 

11月1日 公休日

この日は、山梨県南都留郡道志村にも足を伸ばしました。

道志小学校月夜野分校跡を出て、向かった先は


道志村立善之木小学校跡


道志村も過疎化と少子化の波には勝てず、
分校を含めると、かつては5校あった小学校も
結果てきには道志小学校に集約する形で統廃合しました。

その廃校となった1校です。

創設時期は不明ですが
(明治9年創設とも言われているようです)
平成11年、道志小学校久保分校、唐沢小学校と共に
道志小学校に統合され、廃校となりました。




善之木小学校は廃校後その跡地は、
地域のコミュニティセンター『いこい』として再利用されています。


      20131101善之木小学校10


善之木小学校の位置を示す記念碑。


      20131101善之木小学校01



ロダンの『考える人』
小学校に飾られる銅像としては珍しい。


      20131101善之木小学校02


      20131101善之木小学校03


体育館の入口には、廃校記念の壁画が作られたようで
その名簿が貼られていました。


      20131101善之木小学校04



生徒たちが作った壁画。
子供特有の感性が溢れ出ています。


      20131101善之木小学校05



こちらは体育館。
体育館はそのまま地域の体育館として残されました。


      20131101善之木小学校06



校舎は取り壊され、新たにコミュニティセンターの建物が建てられました。


      20131101善之木小学校07



校庭は整地途中なのか?
はたまた、残土置き場なのか?
遊具も撤去され、かつての校庭跡の面影はありません。


      20131101善之木小学校08



色付いたイチョウの木が寂しげに立っています。


      20131101善之木小学校09


広い校庭跡にポツンと立ちはだかるイチョウの木が
やけに寒々しく感じた善之木小学校でした。





2013/11/17 Sun. 12:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.............道志小学校月夜野分校跡           (2013年11月1日)(山梨県南都留郡道志村)) 

11月1日 公休日

旧・藤野町の廃校をぐるっと巡ったあとは
少し足を伸ばして、お隣の山梨県南都留郡道志村へ出かけてみました


向かった先は.............


   道志村立道志小学校月夜野分校跡


道志川沿いに東西に広がる道志村。
月夜野集落は東の外れ、神奈川県との県境に近い
標高400mほどの台地にあります。


月夜野分校は創設時期は不明ですが
道志小学校の分校として、この月夜野地区の子供たちの学び舎でした。

昭和62年廃校となりました。


廃校となった今でも、
道志街道には月夜野分校前のバス停が残っています。


      20131101月夜野分校01

実際には、このバス停から上り坂を10分ほど歩いたところに分校跡はあります。


とは言いながらも、校舎は残っておらず
跡地を探すのも大変。
畑で作業をしていたお婆ちゃんに聞いて何とか辿り着けました。





往時の遊具が雑草の生い茂る空き地の中に残っています。
狭いながらも、かつての校庭だったんですね。


      20131101月夜野分校02


      20131101月夜野分校03


遊具以外は学校遺構らしき物はありません。


      20131101月夜野分校04


狭い空き地が何となく、かつての分校跡を彷彿させます。


      20131101月夜野分校05


校舎はすでに取り壊され、
跡地は消防関係の倉庫となっていました。


      20131101月夜野分校06



きっと、この集落の子供たちの唯一の遊び場だったんでしょう。


      20131101月夜野分校07



校庭で子供たちの成長を見守ってきた大きな樹も
伐採されることもなく、残されていました。


      20131101月夜野分校08



紅葉には、まだちょっと早かったけれど
いずれ見事な色合いを見せてくれるでしょう。


      20131101月夜野分校09


     20131101月夜野分校10

雰囲気は南足柄市の北足柄小学校矢倉沢分校跡に
似ている気がする。


廃校跡とは言え、これらしき物が遺されて居ないだけに
ちょっぴり残念。

紅葉の時期に訪れれば良かったかも知れない…………。


2013/11/17 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit