FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

河村城址 (2013年9月6日)(神奈川県足柄上郡山北町) 

9月6日 公休日


この日は、朝から足柄峠方面に出かけていました。

神奈川県足柄上郡山北町に訪れた目的の一つが

       河村城址



河村城は


平安時代末期に藤原秀郷の流れをくむ河村秀高によって築かれたとされる。

建武の新政・南北朝時代に入ると、河村氏は新田氏に協力し南朝方につき、
北朝方の足利尊氏と対峙したといわれ
、1352年(南朝:正平7年、北朝:文和元年)から2年間、
河村秀国・河村秀経らは新田義興・脇屋義治とともこの城に立てこもり、
畠山国清を主将とする足利尊氏軍の攻撃をしのいだとされる。
しかし、南原の戦いで敗れ落城し河村一族の多くは討死し、
新田義興・脇屋義治は中川城を経て甲州に逃れたとされる。

その後は、この城は畠山国清や関東管領上杉憲実を経て、
足利持氏の属将、大森憲頼(氏頼の弟)の支配するところとなる。

戦国時代に入ると後北条氏の支配を受けるようになった。
元亀年間(1570年(元亀元年)~1573年(天正元年))には
甲斐国の武田信玄の侵攻の際に補強され、
その後、周辺の諸城とともに後北条氏と武田氏の間で争奪合戦があったとされる。

1590年(天正18年)の豊臣秀吉による小田原征伐で、この城は落城し廃城となった

                          (Wikipediaより抜粋)



相模・甲斐・駿河三国の境界線が交差する要衝の近くに築かれた山城で
隣国からの侵攻に備え、小田原北条氏にとっては要の城と言われています。


麓の空き地に車を停めて登城開始です。


ルートは何箇所かあるようですが
酒水の滝方面からの登城となります。


河村城址~酒水の滝に至るハイキングコースとなっている道

こんな状態の道を歩いていきます

 
      20130906河村城址18


      20130906河村城址01



麓から、元気いっぱいの びいすけ に引きづられるように
15分ほど歩いてやっと城郭の一部に到着。

こちらは馬出郭


      20130906河村城址02



郭といっても草茫茫の藪状態


      20130906河村城址03




まもなく主郭

主郭近くから見る風景
結構眺望はいいのですが、
晴れていた空もいつの間にか曇ってきました


      20130906河村城址04




こちらが主郭


主郭の真ん中には由緒の記された立派な説明版が建てられています。

じっくり読めば、河村城の歴史が判ります。


      20130906河村城址17


      20130906河村城址08




そして、こちらが河村城址の石碑

かなり大きくて立派です。


      20130906河村城址09


      20130906河村城址10


逆光で暗く映ってしまったのが残念です。




主郭にはこんな祠も祀られていました
小田原北条氏に縁のあるものなのでしょうか......?


      20130906河村城址11



こちらは、河村城址の縄張り図
こういった石版で記されているのは珍しい。


      20130906河村城址12



主郭でくつろぐ びいすけ


      20130906河村城址16


      20130906河村城址17


平成元年から6年の歳月をかけて河村城跡の調査研究と歴史公園としての整備が行われ、
平成6年5月に「河村城址歴史公園」が誕生したそうです。
平成8年には県内の山城としては初めて県指定史跡となったそうです。




その公園整備の際に復元された木橋

主郭と藏郭にかかる木橋
大きな堀切が藏郭と主郭を隔てていました。


      20130906河村城址05


      20130906河村城址06





こちらが蔵郭


      20130906河村城址13


      20130906河村城址14



蔵郭の先は近藤郭

近藤郭って.......名前がいいですねぇ(笑)


蔵郭と近藤郭を隔てる大きな堀切

小田原北条氏の城であった証である
立派な畝堀(うねぼり)が確認できました。


      20130906河村城址15



近藤郭の先はまだまだ整備途中なのか?
工事車両が置かれていたり、
いかにも工事中っていう感じのフェンスがあったりで
あまり見所はなさそうなのでスルー。


登ってきたハイキング道を下って車に戻ることにいたしました

麓の民家のおじさんと話をしたら
もうず~っと何年も河村城の整備をしているらしい

その割にはなかなか進展していないようなことを言っていたけれど.....


期待は薄いかもしれないけれど
河村城址がもっと整備されることを心の中で期待してみよう...........



 
 
 
スポンサーサイト



2013/09/28 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit