FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて...........千葉市更科小学校下田分校跡         (2013年8月1日)(千葉県千葉市) 

8月1日 公休日


個人的な連休 初日。


当初の計画では、日帰りで山中湖のWoofのプールに行くつもりでいた。

朝、4:00に起き、軽く散歩を済ませ、身支度を整え
5:00に自宅を出て、地元のガソリンスタンドで給油中に
いきなり雨がダァ~と降ってきた
慌ててスマホで山梨県の天気予報を確認.........

降雨予想50%........

雨が降っていたら、せっかくのドッグランでは遊べない
プールだけじゃ時間とお金がもったいない気もする.........

苦渋の決断

はい! Woof行きは中止といたしました。


自宅に戻り、正々堂々と大きな顔をして二度寝。

お昼すぎに起きたら、しっかり太陽が覗くいい天気。

気を取り直して午後から外出
まずは車のオイル交換、そしてワイパーブレードの交換。
八街のカインズホームで買い物を済ませ
千葉市の方へ足を伸ばしてみました。



向かった先は


    千葉市更科小学校下田分校跡



      20130801下田分校01





明治41年7月に更科尋常小学校・第二分教場として設立され
数十年を経て、昭和8年4月に校舎を新築したそうです。

昭和30年6月に更科村が白井村と合併し、泉町となり
校名も泉町立北部小学校と改称したそうです。

さらには泉町も昭和38年4月に千葉市に吸収合併し、
千葉市立更科小学校下田分校と改称されました。

その後、昭和51年に校舎が新築されました。

現在残されている鉄筋2階建ての校舎はその当時の物のようです。


平成5年3月休校となり、平成10年5月閉校となったそうです。


      20130801下田分校12


      20130801下田分校04



こちらが昭和51年に建てられた校舎
鉄筋二階建。


      20130801下田分校02




狭い校庭には遊具の残骸が残されています。


      20130801下田分校03



施錠されていて中には入れません。
しかしながら、定期的に千葉市の方で巡回されているようです。

さすがに建てられてから38年?
閉校してから20年
多少のガタは来ているのでしょう。

央のモルタルが剥げかかっているところも
しっかり千葉市の方では調査しているようです。


      20130801下田分校05



壁面に掲げられた更科小学校本校の校章


      20130801下田分校06



壊れてしまって止まっている時計。

ここは閉校した瞬間から時間が止まっているんですね........


      20130801下田分校07



玄関のガラス越しに中を見ると........

下駄箱もしっかりと残っていました。


      20130801下田分校08




こちらは保健室


      20130801下田分校09



こちらは職員室

どうも子供の頃から職員室は苦手です(笑)


      20130801下田分校10



こちらは集合室
おそらく学校行事はこちらで行っていたのでしょう。


      20130801下田分校11







校舎の裏側に回ってみると
杉木立の森林からは蝉の声が響き渡っています


      20130801下田分校15


      20130801下田分校16




現在はこの地域の避難場所に指定されているようです。


      20130801下田分校14




主である児童たちの居なくなってしまった分校

地元の方が水やりをしているのか?
野良猫用の水皿が数個、校門の裏に並べられていました。

4~5匹の野良猫が住み着いているようで
びいすけ の姿を見て一斉に逃げ出しました。


      20130801下田分校13



猫を見て大興奮の びいすけ でしたが
しばらくすると落ち着いたようです。


      20130801下田分校17


      20130801下田分校18




夏の日の夕刻
蝉の声を聞きながら、
千葉市の奥地には、まだまだこんな長閑な地区があるんだと
新しい発見に気づいた一日でした.....................。


 
 
 
 
スポンサーサイト



2013/08/12 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit