03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

丸ポストを探して...........千葉・大多喜編 (2013年4月22日)(千葉県夷隅郡大多喜町) 

4月22日 公休日



千葉県内に98基現存すると言う丸ポスト。
今年になってからその丸ポスト探しにハマってます。

夷隅郡大多喜町には2基の丸ポストがあるということで
丸ポストを探してみました。


いずれのポストも市街地の中にあります


最初の1基は 米富ライス 前の丸ポスト


      20130422大多喜丸ポスト01


      20130422大多喜丸ポスト02


      20130422大多喜丸ポスト03





2基目はバス停 神社 前の丸ポスト 


      20130422大多喜丸ポスト04


      20130422大多喜丸ポスト05


      20130422大多喜丸ポスト06


これで、大多喜町の丸ポスト制覇となります。


千葉県内に現存する丸ポスト 98基 (2013年4月11日現在)

佐倉市   15基制覇
成田市    9基制覇
富里市    1基制覇
東金市    4基制覇
八街市    1基制覇
香取市   10基制覇
印西市    2基制覇
四街道市   2基制覇
勝浦市    5基制覇
御宿町    2基制覇
山武市    3基制覇 
銚子市    3基制覇
茂原市    4基制覇
白井市    2基制覇
鎌ヶ谷市   5基制覇
習志野市   3基制覇

 
そして、本日 大多喜町 2基制覇

合計73基制覇したことになります。

残すは25基


よ~し、がんばろうっと!!


 
 
 
 
スポンサーサイト
2013/04/30 Tue. 17:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

麻賀多神社 《佐倉・大佐倉》 (2013年4月18日)(千葉県佐倉市) 

4月18日 公休日




 印旗沼周辺に18社あると言われる麻賀多神社。


今までに
成田   台方
成田   船形
富里   新橋
富里   中里
佐倉   岩名
佐倉   鏑木
佐倉   大蛇
佐倉   飯野 
酒々井 酒々井
酒々井 下台
八千代 神野


と11箇所の麻賀多神社を見て来ましたが
佐倉市の大佐倉にも麻賀多神社があるということで
麻賀多神社に立ち寄ってみました。


しかし........
ここにたどり着くまで、結構迷いました。

本佐倉城址からかなり歩いたなぁ......(笑)



ここが 麻賀多神社 の入口


      20130418麻賀多神社大佐倉01



鳥居の社額には 麻賀多神社 の文字がしっかりと記されています


      20130418麻賀多神社大佐倉02


      20130418麻賀多神社大佐倉03



本殿にはこの階段を上って行きます


      20130418麻賀多神社大佐倉04


      20130418麻賀多神社大佐倉05



階段を上り切ると本殿が見えてきました


      20130418麻賀多神社大佐倉07



こちらが本殿


      20130418麻賀多神社大佐倉06


      20130418麻賀多神社大佐倉08




本殿手前脇の三峯神社


      20130418麻賀多神社大佐倉09




台地上にある麻賀多神社
境内は、さほど広くはありません。


      20130418麻賀多神社大佐倉12



土塁がしっかり残っていて、城址の雰囲気満載
すぐ近くには本佐倉城址があるため、
戦国時代には砦としても利用されていたのだろうか? 


      20130418麻賀多神社大佐倉10





境内の裏手には長い階段があります


      20130418麻賀多神社大佐倉11



階段の途中にはこんな石碑が.......

      20130418麻賀多神社大佐倉13



「参土 うら参道」?

要は裏参道っていうことみたいですね

      20130418麻賀多神社大佐倉14



この裏参道の階段脇には空堀が残されていて
やっぱり戦国時代に砦か何かに利用されていたんだろうか.....?


      20130418麻賀多神社大佐倉15



      20130418麻賀多神社大佐倉16
 



古城や廃城巡りをしていると、
城跡が寺や神社になっているってパターンも結構あったりするので
廃城後にこの地に麻賀多神社が置かれたのだろうか.....?

本佐倉城も近くにあるし、本佐倉城の出城のようなものだったかのしれないし
将門山なる将門伝説(?)も残る近隣地。

謎多き(?)佐倉・大佐倉の麻賀多神社のようです............


 
2013/04/30 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

将門口ノ宮神社 (2013年4月18日)(千葉県佐倉市) 

4月18日 公休日


全国には平将門に纏わる伝説が多種あるようです




平将門の父の平良将は下総国佐倉(現千葉県佐倉市)が領地と伝えられ、
同市には将門町という地名も残っているが、
根拠となる史料はないそうです。

本佐倉城は別名 将門山城 とも言うらしいが
平将門が居城していたわけでもなく
千葉氏の居城であったと言われています。


本佐倉城は広大は敷地のため、敷地の多くが酒々井町に属していますが
本佐倉城の外郭の一部が佐倉市にも属し、その外郭の一部に将門山があります。

佐倉市の将門町に 将門口ノ宮神社 なる神社があるので立ち寄ってみました

(本当は 麻賀多神社 佐倉・大佐倉 を探しいている時に
 偶然見つけたという事は秘密にしておこう.........................)




ここが 将門口ノ宮神社

 
      20130418将門口ノ宮神社01


境内の入口に説明看板が建てられています

どうやら、佐倉市の指定文化財のようです


      20130418将門口ノ宮神社02




指定文化財の石造りの鳥居


      20130418将門口ノ宮神社04



社額にはしっかりと 将門口ノ宮神社 の文字が記されています


      20130418将門口ノ宮神社03



この付近一帯は将門山と呼ばれ、戦国時代以来当地には妙見宮(奥ノ宮)、
将門山大明神(中ノ宮)、日吉山王社(口ノ宮)等がありました。
承応3年(1654)堀田正信の家臣 植松雪斉が新規に将門山大明神を建立し、
この神社のために正信が鳥居を造立しました。 
以来、平将門の霊を祀る新旧の大明神が存在することになりましたが、
享保8年(1723)から延享2年(1745)まで佐倉城主にあった松平乗邑が
享保年間に旧社の中ノ宮を修復すると、植松氏建立の新社は廃社となりました。


                            (佐倉市 HP より抜粋)



年季の入った石造りの鳥居には
朱色の文字で佐倉城主・堀田正信の名が記されています


      20130418将門口ノ宮神社11


      20130418将門口ノ宮神社12





本殿の奥には小さな祠もあります


      20130418将門口ノ宮神社10



この神社にも樹齢の高い保存樹があります


      20130418将門口ノ宮神社06


      20130418将門口ノ宮神社05


 
      20130418将門口ノ宮神社07


      20130418将門口ノ宮神社08


      20130418将門口ノ宮神社09




本来は 麻賀多神社 に訪れる予定でしたが
偶然見つけた、 将門口ノ宮神社

意外や意外
こじんまりとしていて、何気に将門町にひっそりと鎮座している。
私にとっては普段の生活では、まず通ることのない細い道沿いに
気づかれることもなくひっそりと鎮座している。

でも、こんな穴場が佐倉市にはまだ有ったんだ


近くには将門の愛妻とも愛妾とも言われた
桔梗の塚があるそうです

残念ながら、今回は立寄ちませんでしたが
自宅から徒歩でも根性を出せば行けそうなので
いつの日か びいすけ との散歩で行ってみようと思っています......。



 
 
 
 

2013/04/29 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

向根古谷城址  《本佐倉城址》 (2013年4月18日)(千葉県印旛郡酒々井町) 

4月18日 公休日


本佐倉城址から八津を挟んだ向いにある台地が向根古谷城址です。


      20130418根古谷城址01



現在は、田圃となっている八津
かつては中池という池でありました。


      20130418根古谷城址02


      20130418根古谷城址03


こちらは本佐倉城址の妙見神社近く
馬出のように見えてしまうのは気のせいだろうか?


      20130418根古谷城址04



向根古谷城のある大地の麓には
本佐倉城跡根古谷の館があります

根古谷の館の敷地内にも本佐倉城の縄張り図が
しっかりと掲げられています。


      20130418根古谷城址05



おそらく、本佐倉城の出土品か何かが展示されているのかもしれませんが
この日は平日で、本佐倉城跡根古谷の館 は休館のようです


      20130418根古谷城址06



向根古谷城の麓には珍しい 双体道祖神 が祀られていました。


      20130418根古谷城址07



びいすけ が何かを見つけたようです


      20130418根古谷城址08



視線の先には........

1頭のビーグルがいました
偶然ビーグルとの遭遇っていうやつです。

12歳(?って聞いたような気がします)のジョイくん。


      20130418根古谷城址10



はじめまして! よろしくね。


      20130418根古谷城址09



      20130418根古谷城址11



こちらが搦手口と思われる登城路

さあ、向根古谷城を攻略しましょう


      20130418根古谷城址12


がんばって登っていきます


      20130418根古谷城址13


      20130418根古谷城址14


      20130418根古谷城址15





物見台のような土盛り


      20130418根古谷城址16



古墳の跡でしょうか?
塚が祀られています。


      20130418根古谷城址17




こちらが主郭跡

現在は畑になっています
山城ではよくあるパターンですね。


      20130418根古谷城址18




主郭の一角には 神明社 が鎮座しています


      20130418根古谷城址19


      20130418根古谷城址20



こちらは大手口になるのか?
台地から続く登城路

土橋が2つあり、こちらは最初の土橋


      20130418根古谷城址23



土橋から見る空堀
この空堀が向根古谷城址の最大の見所です


      20130418根古谷城址22



こちらは2つ目の土橋


      20130418根古谷城址24



これまた、見事な空堀


      20130418根古谷城址25



そして馬出し状の曲輪と土塁


      20130418根古谷城址21




こうして見ると、向根古谷城だけでも十分な城郭ですが
一般的にはこの向根古谷城址をも包括して本佐倉城址は形成しているようです


十分な、そして広大な面積を誇る本佐倉城址

いつ訪れても新たな何かを見つけられる.....
私にとってはそんな城址の一つのようです。



 

 
 
 

2013/04/28 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

妙見神社 《本佐倉城址》 (2013年4月18日)(千葉県印旛郡酒々井町) 

4月18日  公休日



先日(と言ってももう1ヶ月近く前、3月24日)
酒々井町の本佐倉城址に行った時に
本佐倉城址にある妙見神社を見逃してしまい
心残りがあったので、改めてこの日に妙見神社に立ち寄ってきました。


本佐倉城址は千葉氏の居城跡

千葉氏の城郭といえば必ず妙見神社があると言っていいほど
千葉氏と妙見信仰は切っても切れないものがあります。


妙見神社の脇にはこんな立派な看板が建っています。

前回、この辺りは通らなかったから気が付きませんでした。


      20130418妙見神社01


      20130418妙見神社02


酒々井町はこう言った案内板も各所に準備しているから
本佐倉城址は本当に見学がしやすい。


      20130418妙見神社18



看板のすぐ脇に妙見神社の入口があります。


かすかに鳥居が見えますね


      20130418妙見神社03


      20130418妙見神社04


      20130418妙見神社05


      20130418妙見神社06



こちらが拝殿


      20130418妙見神社07


      20130418妙見神社08



社額にはしっかりと妙見神社の文字があります


      20130418妙見神社09



妙見神社の境内


      20130418妙見神社10



境内の脇には物見台の跡でしょうか
明らかに人の手による土盛があります。


      20130418妙見神社11


      20130418妙見神社12



物見台の脇には見事な竪堀がありました。
竹林でよく見えないかな?


      20130418妙見神社13




物見台から見る向根古屋城址。

      20130418妙見神社14




拝殿を隙間から覗くと........

本殿がひっそりと鎮座していました


      20130418妙見神社15



本佐倉城址の二の丸のある台地中腹にある妙見神社

雰囲気はやっぱり良い。

      20130418妙見神社16


      20130418妙見神社17



千葉氏本城でもある本佐倉城址に残された妙見神社
千葉氏の家紋でもどこかに記されていないか?
どこかに残されていないか?

そんな期待を持って訪れましたが、期待は儚くしぼんでしまいました。


なかなか簡単には、千葉氏の月星の家紋には出会えそうもないようです.......



 
 
2013/04/27 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

北総花の丘公園ドッグラン (2013年4月14日)(千葉県印西市) 

4月14日 公休日



朝早くから、習志野市、八千代市と回って
お昼過ぎにいつものドッグランに到着

この日は日曜日だから、いっぱいのワンちゃんがいるのかな?
それとも、ちょうどお昼だから、入れ替えと言うか
朝からきた人もご飯の時間だから帰っちゃったかな?

そんな期待と不安を胸に駐車場に車を入れます。



ランに入ると、5~6頭のワンちゃんがいて、
知っている顔も見かけたんだけど(ワンちゃんの名前は自信なし....)
いつものように他のワンちゃんには興味を示さず
フェンス周りの匂い嗅ぎに余念のない びいすけ


      20130414北総01




今日もマイペースでドッグラン内を徘徊しています


      20130414北総02



誰かを見つけたようです


      20130414北総03



このワンちゃんが気になるのかな?


      20130414北総04



いきなりスイッチが入って.........

なぜか一人で走り回る びいすけ


      20130414北総05


      20130414北総06



他のワンちゃんと走り回ってくれると嬉しんだけど.......

それはありませんでした。

      20130414北総07




この日、遊びに来ていたビーグルのチャミちゃん


      20130414北総08



びいすけ はチャミちゃんのパパさんに遊んでもらいます。

やっぱり、ワンコよりも人間の方が気になるみたいです


      20130414北総09



お昼過ぎだから、いわゆる午後組みがそれなりに来場して来ます。


      20130414北総14


この子は柏の葉からやってきたビーグル
名前を聞いたんだけど........忘れちゃいました

今、柏の葉公園ドッグランは整備中で利用できないそうです。


      20130414北総15



この日は、朝から動き回っていたから
びいすけ も疲れちゃったんでしょうか?


      20130414北総10


      20130414北総11



芝生の上で、くつろいでいるのか?


      20130414北総12



こんなポーズがしばらく続きます


      20130414北総13



結局、1時間半ほどドッグランに居ましたが
他のワンちゃんとも遊ぶことなく
芝生の上で寝転んでいるというか、伏せていることが多くて
今日は疲れてしまったのかな?







 
2013/04/26 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

神野館跡  (2013年4月14日)(千葉県八千代市) 

4月14日 公休日



八千代市神野の麻賀多神社のすぐ近く
熊野神社の鎮座する台地が城館跡だということで立ち寄ってみました

私が城郭巡りをする際に参考とさせていただいているサイトでは
余湖くんのホームページ
この地を仮に 神野館跡 としていますので
敢えて、同じ表記とさせていただきました。




こちらが熊野神社の入口


      20130414神野館跡14


      20130414神野館跡15



急な階段を上がれば境内になります


      20130414神野館跡16



階段を上がれば拝殿が待っています


      20130414神野館跡12


      20130414神野館跡13





こちらが本殿


      20130414神野館跡06



境内には樹齢の高い木々が茂っています
こんなところに歴史の重みを感じます。


      20130414神野館跡11



拝殿脇の土塁


      20130414神野館跡05



境内奥の石碑

そして、この奥に土橋があります


      20130414神野館跡08


土橋

長さも5mほどあります。


      20130414神野館跡07


土橋を渡って振り返ると.......

見事は空堀があります。
意外に深いけれど(ドラム缶と大きさを比べると判ります)

でもドラム缶の不法投棄はいただけないなぁ.....



      20130414神野館跡10


土橋の上から眺める切崖
まるで城塁のようです。

(って言うか、城塁にしか見えない気がするんだけど.....)


      20130414神野館跡09



     
境内下の土塁


さらに右下には、お寺(玉蔵院)があります。


      20130414神野館跡04


階段をおりれば、こんなかんじ。


       20130414神野館跡17


      20130414神野館跡03



玉蔵院 本殿 


      20130414神野館跡01


玉蔵院というお寺ですが
正式名は 五位山玉蔵院 と言うようです。


      20130414神野館跡02

  



残念事に伝承等記録が残されていないため
本当にこの地が城館であったか、否かは確認できないが
贔屓目に見れば十分に城館跡の雰囲気がプンプン匂います(笑)


私は城館跡と信じることにいたします........。



 
 
 
 
2013/04/25 Thu. 13:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

麻賀多神社 《八千代・ 神野》  (2013年4月14日)(千葉県八千代市) 

4月14日 公休日


 印旗沼周辺に18社あると言われる麻賀多神社。


今までに
成田   台方
成田   船形
富里   新橋
富里   中里
佐倉   岩名
佐倉   鏑木
佐倉   大蛇
佐倉   飯野 
酒々井 酒々井
酒々井 下台

と10箇所の麻賀多神社を見て来ましたが
八千代市にも麻賀多神社があるということで
麻賀多神社に立ち寄ってみました。


印旛郡誌にその存在を記されているようですが
ネット調べても詳しい場所や由来がほとんど載っていない
なんとか皿べて見ると平成平成21年6月に再建されたということです。

どうやら、しばらくの間記録は残っているが社は存在しない
そんな状態が続いていたのでしょう




民家と民家の間の薮だったところを場所を整地して
社を置いたような感じが満載

確かに新しく感じます


      20130414摩賀多神社 八千代08


      20130414摩賀多神社 八千代09


30m四方くらいのこじんまりとした境内
その中に、こじんまりとパッケージされているという感じです


      20130414摩賀多神社 八千代03


      20130414摩賀多神社 八千代04



こちらが神額


      20130414摩賀多神社 八千代05


 
こちらが本殿
石造りの祠です


      20130414摩賀多神社 八千代06



この中には坐像が鎮座されているそうです


      20130414摩賀多神社 八千代01


      20130414摩賀多神社 八千代02





確かに平成21年6月に建立されたようです


      20130414摩賀多神社 八千代07




      20130414摩賀多神社 八千代10




今まで巡ってきた他の麻賀多神社と違って
新しいせいか? 厳粛さを感じることが出来なかったけれど
地元の人々からは古くから親しまれてきて
再建を望まれてきたことでしょう。

近く(半径300mくらい)には熊野神社 子之神神社もあるんだけれど
それでも麻賀多神社を望む声があったんでしょうね......




 
 
 
2013/04/25 Thu. 00:00 | trackback: 0 | 本文: 0edit

実籾城址  (2013年4月14日)(千葉県習志野市) 

4月14日 公休日


習志野市にある実籾城址に行ってきました。


実籾高校の南側に鉄塔のある台地が実籾城址ということなので
まずは、実籾高校を目指します

実籾高校の向かいに 屋敷近隣公園 があり
名前からして、てっきりここが 実籾城址だと勘違いしてしまいました。

屋敷近隣公園から八津(現在はパターゴルフ場)を挟んだ向かいに
鉄塔のある台地があります

勘違いに気づき、慌てて移動しました。




実籾城址遠景



      201230414実籾城址01


実籾城址は、千葉氏関連の城郭だと言われていますが
築城時期・城主等詳しいことは不明です。


千葉氏感関連の城郭の証
妙見神社が鎮座しています。


      201230414実籾城址02


      201230414実籾城址03


      201230414実籾城址04


      201230414実籾城址05


更なる証である、千葉氏の家紋「月星紋」を探しますが
残念ながらありませんでした。



妙見神社奥の土塁とか空堀


      201230414実籾城址06


右奥の竹やぶに入っていきます。


ここに土塁がしっかり残っています。


      201230414実籾城址07


      201230414実籾城址08


      201230414実籾城址09




鉄塔のある場所辺りが主郭と言われていますが
フェンスと鍵のかかった扉に阻まれ
この先には行けません。

多くの方がここで断念しているようで
この先の状態はどうなっているのか?

多くの城郭ファンのサイトを覗いても未確認のようです。


      201230414実籾城址10



台地周辺をぐるっと散策します


      201230414実籾城址11


このあたりは、すっかり開発されて民家もいっぱい
でも由緒ある家なのか? 立派な家が多かったようです。


      201230414実籾城址12





基本的には市区町村等で文化財に指定されていて
教育委員会等が設置する標柱や説明看板のある城址巡りをしていますが
習志野市には指定されている城郭がない
当然、標柱も説明看板もありません

そして現存すると言われる城郭も 鷺沼城址 と 実籾城址 だけのようです

実籾城址は私有地ということもあるから管理は難しいとは思うけれど
妙見神社あたりに何らかの看板とか標柱を設置してくれると
個人的には嬉しいんだけどなぁ.........




 
 


2013/04/24 Wed. 13:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

鷺宮城址 (2013年4月14日)(千葉県習志野市) 

4月14日 公休日


習志野市にある鷺宮城址に行ってきました。

京成津田沼駅近くにある習志野市役所の裏手というか
市役所のある台地一帯が鷺宮城址になります。


平安時代末期、伊豆の石橋山の戦いで敗れた源頼朝は安房に逃れ、
体制を整え、千葉から鎌倉へ向かますが、
その際に自分の館を宿所として提供した鷺沼氏の居城が鷺沼城と言われています。

現在は鷺沼城址公園として整備されています。



      20130414鷺宮城址01


      20130414鷺宮城址02



この台地が鷺沼城址です


      20130414鷺宮城址03



単一郭の城郭と言われ
こちらがその主郭となります。


      20130414鷺宮城址04



こちらは正面の公園入口


      20130414鷺宮城址05




こちらは主郭の一角にある児童用遊具
土盛りの土壇の上に設置されていますが
郭っぽく見えてしまいます


      20130414鷺宮城址06



土塁と三日月型の空堀っぽく見えますが
公園整備の時に意識的に作られたものなのでしょうか?


      20130414鷺宮城址07



      20130414鷺宮城址11




土塁かと思いきや、どうやら古墳の塚のようです
城址には鷺沼古墳群のA号墳とB号墳の2基の前方後円墳が残っています。


      20130414鷺宮城址08



古墳の脇には祠が鎮座しています


      20130414鷺宮城址09



城址の一角には 
鷺沼源太満義諸武士之碑 が建っています。


      20130414鷺宮城址10



遺構らしい遺構っていうものがあまり残されていませんが
城塁のあたる北側から西側にかけては高さ10mほどの急峻な土手となっています。
切岸状態であり、一部土塁のような土盛りもあり
贔屓目に見れば、城らしさを感じさせてくれます。



      20130414鷺宮城址14



この階段を下り切ったところに遊歩道があります


      20130414鷺宮城址12


      20130414鷺宮城址13



      20130414鷺宮城址15




実は、この鷺沼城址から歩いて数分の所に
習志野第一病院が有り、7年ほど前に 椎間板ヘルニアで
3週間ほど入院したことがあります。

手術後、リハビリと称し、退屈な病室を抜け出し
この遊歩道を数回、散歩に出かけていたことを
ふと、思い出しました。

懐かしさと、入院していた時の辛さ
そんなことを思い出して、複雑な思いに浸ってしまいました...........。




 
 
 
 
 
2013/04/24 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit