FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

小野小町の里 (2013年3月3日)(茨城県土浦市) 

3月3日 公休日


土浦市の丸ポスト探しで立ち寄ったのがここ


小野小町の里



何やら、いにしえの深い山奥の山村のイメージがしますが
土浦市の農業公社が運営する観光施設のようです。


土浦市農業公社のHP によると

筑波山朝日峠の麓にある四季折々の自然を身近にに感じることのできる
落ち着いた観光スポットで、周辺にはハイキングコースや観光樹園もあり、
また、小野小町伝説に基づく遺跡もあり、さらには施設の中で
地元産の常陸秋そばが食べられると言う。



これは見逃す手はないですね。






と、と、ところが、いざ小野小町の里に到着すると
怪しげな看板が立っています。



      20130303小町の里01



げろげろ〜
小町の里の中にある小町の館なる建物が改修工事中で
ほとんど閉店休業状態。
当然、売店も美味しい?そばもお預けです。


とりあえず、駐車場に車を停め散策することにいたしましょう 。


      0130303小町の里02


      0130303小町の里11




どうやら、奥に見える工事中の建物が小町の館のようですね。


      0130303小町の里03


      0130303小町の里07




この舗装路を歩き、里山散策です。

      0130303小町の里04


      0130303小町の里05


      0130303小町の里06


朝日峠展望公園は晴れていれば富士山も見えることがあると言われる
とても見晴らしの良い公園らしい。
でもさすがに片道2km歩くって言う根性がこの時点ではありませんでした。
まして、山道だし、、、、、。


      0130303小町の里10



ここは小町伝説の地。
小町関連の史跡を巡ってみましょう



      0130303小町の里08



現地の案内板には


平安歌人で有名な小野小町が北向き観音参詣のため
山越えの途中休息したと伝えられている。
小町はここで一息入れて近くの沢で喉を潤し(水飲み沢と呼ぶ)
元気を取り戻して峠を目指し(小野越え峠と名付く)
無事に北向き観音に詣でることができた。
しかし、帰路病に罹り「小町の里」で生涯を終えたという。


こんな経緯が記されています。




これが小野小町が山越えの時にこの石に腰掛けて休憩したと言われる
小野小町の腰掛けの石





      0130303小町の里09



近くに小町の墓があるというので
せっかくだからお墓の見学行きましょう



この辺りはパラグライダーのメッカらしい。
この日もパラグライダーを楽しむ人たちが沢山いました。


      0130303小町の里12




長屋門のある家の前を歩き.......


      0130303小町の里14



どうやらこの先が小町の墓のようです


      0130303小町の里15




その先には
こんな看板が............


      0130303小町の里13




え~ !!
なによ、それ

都合って何よ?



仕方がないので、墓のある
家の前まで行って
写真撮って帰ってきました


      0130303小町の里16



小町の里は工事中だし
小町の墓は都合で見学できないし.........

なんか不完全燃焼状態100%


どうせなら、小町の里の駐車場の入口に
大きく 都合で小町の墓は見学できません って
看板を立てておいて欲しかったなぁ



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



2013/03/27 Wed. 05:47 | trackback: -- | 本文: 0edit