FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

江戸崎八景    洲崎の晴嵐                       (2013年2月24日)(茨城県稲敷市) 

2月24日 公休日


江戸崎の町で偶然知り得た、江戸崎八景
これまでに

    医王山の暮雪
    羅漢山の夕照
    浜河岸の帰帆
    高田の落雁     
    吹上の秋月    と5箇所を巡ってきました



江戸崎八景 第6弾


      洲崎の晴嵐 「遙かに望む洲崎晴嵐の後」



小野川のほとりにあるかぼちゃ公園(リバーサイドパーク)に車を停めて
石碑を探します。

これまた、石碑がなかなか見つからず、
小野川で釣りをしているおじさんに聞いて
なんとか石碑にたどり着きました。


      20130224江戸崎八景 洲崎の晴嵐04



      20130224江戸崎八景 洲崎の晴嵐01


      20130224江戸崎八景 洲崎の晴嵐02



今でこそ開拓されて水田になっていますが
おそらく往時はこの辺りは干潟で水が溢れていたことでしょう。


      20130224江戸崎八景 洲崎の晴嵐03



小野川の堤防(土手)から見る風景


      20130224江戸崎八景 洲崎の晴嵐05


      20130224江戸崎八景 洲崎の晴嵐06



こちらは江戸崎の町

びいすけ の背後にある小高い森は江戸崎城址


      20130224江戸崎八景 洲崎の晴嵐07


      20130224江戸崎八景 洲崎の晴嵐08



洲崎。
水面越しにまちなかを望むかつての岬の突端。
河岸を中心に栄えた江戸崎の様子が一望できた場所だそうです。

時代の波にちょっぴり取り残された感のある江戸崎ですが
きっと往時のここからの眺めは素晴らしかったことだろう.........。




 
 
    



 

 
 
 

スポンサーサイト



2013/03/15 Fri. 12:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

江戸崎八景    吹上の秋月                       (2013年2月24日)(茨城県稲敷市) 

2月24日  公休日


江戸崎の町で偶然知り得た、江戸崎八景
これまでに

    医王山の暮雪
    羅漢山の夕照
    浜河岸の帰帆
    高田の落雁     と4箇所を巡ってきました



江戸崎八景 第5弾

      吹上の秋月 「月色玲瓏(れいろう)たり吹上の秋」
   

江戸崎の町から美浦村方面、すなわち霞ヶ浦方面へ車を走らせると
吹上というY寺交差点にぶつかります。
その交差点の手間の高台が 江戸崎八景 吹上の秋月


進行方面右手側にしっかりと石碑が建っています。


      20130224江戸崎八景 吹上の秋月01


      20130224江戸崎八景 吹上の秋月02



江戸崎八景の石碑の近くに別な石碑が立っています。


茨城百景「江戸崎の景観」

茨城百景? 何それ?

確か、真壁にもそんな石碑が建っていたような気がする。


      20130224江戸崎八景 吹上の秋月05


      20130224江戸崎八景 吹上の秋月06


ネットで調べてみたら
昭和25年5月10日に茨城県観光審議会の審議を経て
茨城百景なるものが決定したらしい


どうやらこの地は 江戸崎の景観 として茨城百景として認定されているようで
包括して 江戸崎八景が含まれているようです。


      20130224江戸崎八景 吹上の秋月03


      20130224江戸崎八景 吹上の秋月04

今は開拓地として水田が広がっていますが
その昔稲波干拓が出来上がる前、榎ヶ浦と呼ばれていたころは
水面に映る秋月がことに見事だったと言われています。

眼下に広がる視界は一面の水田ですが
往時と比べても稲穂の実る秋もきっと良い景観なんでしょう...........



 
 
 
 
 
 
 
 
2013/03/15 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit