FC2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

海隣寺 (2013年1月27日)(千葉県佐倉市) 

1月27日 公休日



岩名の麻賀多神社に散歩に行って
そのまま帰るの芸がないから、散歩の延長。

鏑木町の麻賀多神社に向かう途中
市役所の隣に千葉氏ゆかりの海隣寺があると聞き
立ち寄ってみることにしました。


岩名の麻賀多神社から市役所方面に歩いている途中
長屋門のある民家を発見。


      20130127海隣寺01


長屋門は、日本列島の伝統的な門形式の一つで
近世諸大名の武家屋敷門として発生した形式で、江戸時代に多く建てられました。
諸大名は、自分の屋敷の周囲に、家臣などのための長屋を建て住まわせていたが、
その一部に門を開いて、一棟とした物が長屋門の始まりです。
また郷村武士の家格をもつ家や、
苗字帯刀を許された富裕な農家・庄屋でも長屋門は作られた。
更に明治以後は他の富農の家屋敷にも作られるようになった。

司馬遼太郎の随筆によれば、江戸時代の格式としては
冠木門(サの字門)よりも上であり、
献金など多大な貢献を受けた場合にのみ民間には許されたという。

すなわち、長屋門のある家って、それなりの由緒ある家か、
多大な献金ができる裕福な家って言う事で
羨ましい限りです.......


どうやら、佐倉市の岩名地区には長屋門のある民家が多いそうです。






さて、散歩は順調に.......
市役所を過ぎ、海隣寺の看板が現れました。


      20130127海隣寺02




こちらが海隣寺の山門

古びた感じが、いかにも時代を感じさせるいい雰囲気です。


      20130127海隣寺03


山号は 千葉山 海隣寺 と言うそうです


      20130127海隣寺04



境内には、海隣寺の説明看板が建っています。


      20130127海隣寺05



海隣寺は千葉氏の菩提寺で元々は千葉市馬加(まくわり)(現・千葉市幕張)にありましたが、
千葉氏が居城を千葉城(亥鼻城)から本佐倉城に移すと現在の酒々井町に移り
その後、千葉氏が鹿島台に鹿島城(現・佐倉城)に移すと
この地に移ってきたと言われています。


      20130127海隣寺06


      20130127海隣寺08



千葉氏の家紋

月星(九星に半月)


      20130127海隣寺07



この千葉氏の家紋が何故か格好良く思えてきて
個人的には気に入っています。

でも、なかなかこの家紋に出会えないのが実情でして........


今度じっくり、千葉氏の足跡を追って
残されている家紋を探してみようかな............?



 
 
 
 
 
スポンサーサイト



2013/02/09 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit