FC2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

師戸帰帆 臼井八景第四景 (2013年1月26日)(千葉県佐倉市) 

1月26日 公休日


臼井八景は印旛沼周辺の風景のうち、臼井城跡付近から眺めた八つの勝景を、
中国の瀟湘八景にならって選び出したものである。
これは臼井城主の子孫にあたる臼井秀胤(号は信斎)と、
円応寺二十四世住職の玄海(号は宋的)とによって
元禄十一年(1698)につくられたと言われています。

 第一景 舟戸夜雨(ふなとやう)      船戸大橋近く
 第二景 遠部落雁(とうべのらくがん)  西印旛沼自転車道路沿い
 第三景 飯野暮雪(いいのぼせつ)    西印旛沼自転車道路沿い
 第四景 師戸帰帆(もろときはん)     船戸大橋近く
 第五景 瀬戸秋月(せとしゅうげつ)   西印旛沼自転車道路沿い
 第六景 城嶺夕照(じょうれいせきしょう)臼井城址(臼井城公園)
 第七景 光勝晩鐘(こうしょうばんしょう) 光勝寺
 第八景 洲崎晴嵐(すざきせいらん)   八幡台第一公園


その臼井八景を制覇しようと、印旛沼まで出かけてきました。


臼井八景制覇シリーズ(?)第4弾



    師戸帰帆



      20130126 師戸帰帆01


      20130126 師戸帰帆02




もろ人の 諸戸の渡り行く舟の ほのかに見えて かえる夕ぐれ 



      印旛沼の晴れた日の暮れ方、
      風が止んで波が静まり、鏡のようになった広い湖面には、
      向う岸の山並が青墨色にくっきりと映し出されている。
      その中を、もろもろの人を乗せた渡し舟が、
      臼井の渡船場から対岸の諸戸(現、印旛村師戸)へゆったりと渡ってゆく。
      光勝寺の夕べの鐘が鳴って、漁師の白帆舟も三々五々、師戸の河岸へ帰ってゆく。
      三百年前の元禄時代、円応寺のそばに住んでいた「臼井八景」の作者は、
      この辺りの湖岸から師戸へ帰る帆舟を眺めながら、
      一幅の絵のような美しい情景を楽しんでいた。
      そして、もろもろの人と師戸の人を掛けて、
      その秀景を前掲の歌に詠んでいる。


                   (現地 説明看板より抜粋)

 




      20130126 師戸帰帆03




対岸に見える台地は師戸城址


      20130126 師戸帰帆04



この辺りは風もなく、水面も静かなもの


      20130126 師戸帰帆05


      20130126 師戸帰帆06


      20130126 師戸帰帆07



水が怖い びいすけ もさざ波さえ無ければ平気なようです。


      20130126 師戸帰帆08


      20130126 師戸帰帆09




大きな水鳥を発見!

雁の種類の鳥でしょうか?


      20130126 師戸帰帆10



意外に自然がいっぱい残されている印旛沼。

かつては水質指標は悪化し、手賀沼とワーストを争っていたが
かなり改善されてきたんだろう。

野鳥のいる風景。
そんな姿をいつまでも残してもらいたいものです..........。



 


 
 
スポンサーサイト



2013/02/02 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit