FC2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

飯野暮雪 臼井八景第三景 (2013年1月26日)(千葉県佐倉市) 

1月26日 公休日





臼井八景は印旛沼周辺の風景のうち、臼井城跡付近から眺めた八つの勝景を、
中国の瀟湘八景にならって選び出したものである。
これは臼井城主の子孫にあたる臼井秀胤(号は信斎)と、
円応寺二十四世住職の玄海(号は宋的)とによって
元禄十一年(1698)につくられたと言われています。


 
 第一景 舟戸夜雨(ふなとやう)      船戸大橋近く
 第二景 遠部落雁(とうべのらくがん)  西印旛沼自転車道路沿い
 第三景 飯野暮雪(いいのぼせつ)    西印旛沼自転車道路沿い
 第四景 師戸帰帆(もろときはん)     船戸大橋近く
 第五景 瀬戸秋月(せとしゅうげつ)   西印旛沼自転車道路沿い
 第六景 城嶺夕照(じょうれいせきしょう)臼井城址(臼井城公園)
 第七景 光勝晩鐘(こうしょうばんしょう) 光勝寺
 第八景 洲崎晴嵐(すざきせいらん)   八幡台第一公園


その臼井八景を制覇しようと、印旛沼まで出かけてきました。


臼井八景制覇シリーズ(?)第3弾



     飯野暮雪


      20130126 飯野暮雪01



ふり積る夕べを見ぬ人に かくと いいのの ことの葉もなし   

 
       
     飯野の台地は、昔は樹木のうっそうと茂った人気のない寂しい丘であった。
     印旛沼の湖面へ突き出たこの高台に、雪の降り積もる夕暮の風景は、
     まことに風情のあるものであった。
     前掲の歌は「飯野」と「言ひの」の掛詞を使いながら、
     雪の降る飯野の夕景を詠んだものである。
     趣の深い、この美しい眺めを見たことのない人に、
     飯野の雪景色はこんなに見事ですよ、と話しても、
     そのすばらしさを言い尽す言葉がみつからない、と謳っている。
     

                     (現地 説明看板より抜粋)




説明看板の背後にそびえる飯野の台地
この辺りは、かつての湖畔荘跡
現在はオートキャンプ場になっています。


      20130126 飯野暮雪09



同じく、飯野の台地。
この辺りは 野鳥の森

その昔、飯野城があった場所だったと伝承に残されているようです。


      20130126 飯野暮雪10



印旛沼を眺めます。

遥か対岸には師戸城址の台地が見えます。



      20130126 飯野暮雪02


      20130126 飯野暮雪03


      20130126 飯野暮雪04


      20130126 飯野暮雪05


      20130126 飯野暮雪06


      20130126 飯野暮雪07


      20130126 飯野暮雪08



実は、この日の午後
北総地区には、一時、雪が降ってきました
積もるほどでもないし、降るというか雪が舞ったという表現が適切でしょうか?

沼辺には冷たい風が雪を呼んだのだろうか?

いくら夕暮れの雪景色が素晴らしいからと言っても
雪が降ったら大変。
首都圏じゃ交通機関に影響も出ちゃうし.........

雪はいらないけれど、夕日が沼辺をオレンジ色に染めていく.....
そんな飯野の印旛沼も見てみたい.........



 
 
 
 
スポンサーサイト



2013/02/01 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit