FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

佐貫城址 <刑部岬> ()(千葉県旭市) 

12月24日



見広城址をあとにして向かった先は

佐貫城址


ここは刑部岬として名高い観光地。


犬吠崎に遊びに行くときには必ず立ち寄る場所で
実はここに来るのはこれで5回目になるのかな?


      20121224佐貫城址01



現地の説明看板には
佐貫城址のことが、ほんのちょっぴり解説されています。
この地より100mほど先が城址だったらしいが
長年の侵食によって現在は跡形もなくなってしまったらしい。



      20121224佐貫城址02




そもそも佐貫城は片岡常春が築城されたとしています
片岡常春は源義経と親しかったが、そのために義経が源頼朝に追討された後に、
ここ佐貫城も攻撃されたと言われています。
追討にあたったのは千葉常胤を中心とする千葉氏の一族で、
片岡常春は周辺の豪族たちを集め佐貫城に立て籠もったが、衆寡敵せず、
城は落城し、一族討ち死にを遂げたという。
その後、佐貫城は千葉常胤の持城になったと言われています。




刑部岬の石碑の前で パチリ!


      20121224佐貫城址03




ここは 房総の魅力 500選 のひとつ
景勝地として有名です。


      20121224佐貫城址04



遠く、そして広い太平洋を眺めることが出来ます。


      20121224佐貫城址05




展望台もあって太平洋を眺めるには良いポイント。


      20121224佐貫城址06



      20121224佐貫城址07




近くの飯岡漁港の船の安全を守る灯台。


     20121224佐貫城址08






今は千葉県旭市となっていますが(平成の大合併)
かつては 千葉県海上郡飯岡町 だった所。


飯岡町は 漫画家 ちばてつや氏 の生まれたところらしく
こんなモニュメントが建っています。


明日のジョー

矢吹丈



      20121224佐貫城址09

力石徹


アニメのリアル世代(テレビ放映)世代だから
懐かしいというか、感慨深くなります。


      20121224佐貫城址10



眼下には 飯岡漁港。


この漁港も例の震災で津波被災をした漁港。
復興は順調なんでしょうか?


      20121224佐貫城址11





飯岡の街にある 光台寺 に立ち寄ってみました。


     20121224佐貫城址12


ここは飯岡助五郎の墓があるお寺

飯岡助五郎は天保水滸伝で有名な侠客。
利根川を舞台に昔から語り伝えられてきた東庄町が舞台の
笹川繁蔵と飯岡助五郎、二人の侠客の勢力争いの物語。

その飯岡助五郎の墓がこちら

      20121224佐貫城址13


      20121224佐貫城址14


      20121224佐貫城址15


実は 天保水滸伝 なるものを今日まで知りませんでした。
浪曲や講談では有名らしいが
そう言いたものを聞くという趣味や機会がなかったため
全く知らなかった。
墓があるということは多少脚色されていたとしても
おおかたは史実なんだろう

機会があったら、じっくり史実を確認してみたいものです............



 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



2012/12/29 Sat. 18:14 | trackback: -- | 本文: 0edit

見広城址 (2012年12月24日)(千葉県旭市) 

12月24日 公休日

12月22日から24日まで個人的な3連休でした。

天候の良くなかったし、結局22日、23日は
出かけることもなく、ひたすらウダウダと怠惰な生活をしておりました。


24日、この日はクリスマス・イブ。
だからといって、これといった予定もないし
2日間、散歩以外は外に連れて行かなかった びいすけ も
ストレスが溜まっている?

そんなわけで、同じ千葉でもちょっと足を伸ばして
東総の旭方面に足を伸ばしてみました。



向った先は

見広城址




ネットで調べてみると詳しい詳細もわからず
地元の見広城址保存会なる団体が管理し
旭市の文化財に指定されているらしい。



多古町から続く広域農道の終点ちかくにある小高い山
この山の中に見広城址はあります。


雷神社の駐車場に車を停めて
駐車場脇の案内看板に導かれるようにいざ、城址へ!!

 




城址入口。


      20121224見広城址01


      20121224見広城址02


      20121224見広城址03



旭市合併前の海上町時代の文化財の標柱が建っています。


      20121224見広城址04


      20121224見広城址05



主郭への虎口


      20121224見広城址06



この虎口は意外に見ごたえあり。


      20121224見広城址07




主郭脇の高台(おそらく狼煙台?)には城址の石碑が建っています。



      20121224見広城址10



      20121224見広城址08




主郭虎口の土塁。


      20121224見広城址09



主郭入口の堀は残念なことに倒木や朽ちた竹で行く手を遮ります。


      20121224見広城址11


二郭の土塁


      20121224見広城址12


ここから少し下ると、そこは三郭。


      20121224見広城址13



三郭にて

竹林の平な地が三郭。




      20121224見広城址14



三郭はほんの少し、眺望が開けていて、旭市の市街地が覗けたりしています。

      20121224見広城址15





再び、二郭にて


      20121224見広城址16


      20121224見広城址17
      

      20121224見広城址18



一応、旭市の文化財として指定はされているものの
主郭あたりはきちんと管理されているようだけれど
他はあまり管理が行き届いていないのかもしれない。

平成の大合併で旭市になってはいるが
もともとは海上町時代の文化財だったから、仕方ないのかもしれない

残念といえば残念だけど
旭市のHPを見ると
旭市って市指定の文化財がいっぱいあるようで
それはそれで仕方がないことかもしれないなぁ.......

もったいないといえばもったいない気が知るのは
ひょっとして私だけ...........?


 
 
 
 



  
2012/12/29 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit