11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

三崎城址 (2012年12月27日)(神奈川県三浦市) 

12月27日



江の島で湘南の海を堪能(?)したあとは
逗子方面の海岸線を車を走らせ、
三浦半島の先端を目指します


実は、こちら方面は初めてで、とりあえず城ヶ崎を目指します。

と言いながら」も地図など持っていないし
観光ガイドもない。

完全にナビまかせ。

逗子、葉山と抜け、三浦市に突入。
そして三崎漁港に着いた。


三崎漁港と言えば、まず最初に浮かぶのは 三崎のまぐろ
これが普通の人の感覚でしょう。


しかし、三崎漁港...........

確か、三崎漁港の近くの三浦市役所あたりが三崎城址だったはず。


すぐさま、三浦市役所の駐車場に車を停めた。

 

三浦市役所から三浦中学校へと登る道が
三崎城址の大手道にあたるらしい。

これがその登り道。
あえて、くの字に曲げ、敵の侵入に備えています。


      20121227三崎城址01




中学校手前の虎口の土塁跡


      20121227三崎城址02



体育館の前には 三崎城址の説明看板が建っています。


      20121227三崎城址03


      20121227三崎城址04


さらに、その隣には 三崎城址の石碑が建っています。


      20121227三崎城址05


      20121227三崎城址06


詳しい資料もなく、急ぎ足で回ったため遺構の多くを見逃してしまいましたが
そもそも城址に市役所が建っていたり、中学校が建っていたりと
当時の面影はかなり失せているようです。

そもそも三崎城は築城年代等は不明であるが、
この地一帯を支配していた三浦氏によって築城されたと言われています。
伊豆・韮山から小田原に進出した小田原北条家の始祖、北条早雲の手によって
落城された城であると言われています。
北条氏の相模・さらには房総半島進出の足がかりとなった三崎城攻略。
そして、その後の北条氏の支配の下では
房総半島、安房・里見氏への防御の要となった城
里見水軍に対抗する北条氏の水軍基地でもあったと言われています。

確かに、城址から坂を下っていけば三崎漁港にたどり着く。

時間があれば、もっとじっくり三崎城址の遺構を探しながら
城址碑のある高台(おそらく主郭跡)あたりから
三崎漁港のまでの道を歴史の重みを感じながら歩いてみたかった。

先を急いでいる事もあって
いつか再び、この地に
この坂道を びいすけ を連れてゆっくりと
時の流れを噛み締めながら歩いてみよう。
そして、その時には、三崎名物の まぐろ も堪能しよう。


そんなことを思いながら先を急ぐのであった.............




  


 

 

 
 
 
 
スポンサーサイト
2012/12/31 Mon. 19:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

江ノ島  (2012年12月27日)(神奈川県藤沢市) 

12月27日  公休日


年内最後の個人的な連休


さて、今日は何しようか?



横浜に住んでいる十数年来、お世話になっている友人から
 びいすけ と一緒に遊ぼうと誘われ
江ノ島に行ってきました。



江ノ島に来るなんて........
何十年ぶりだろう?


      20121227江ノ島01


びいすけ が着ている スカジャン
プレゼントで頂いてしまいました。


      20121227江ノ島02


遥か昔、ここ江ノ島に来た時と比べて
江ノ島神社に続く参道(?)の商店もすっかり垢抜けている感じです。

昔はもっと野暮ったかったような気がします。


江ノ島神社。


      20121227江ノ島03


      20121227江ノ島04


以前(数十年前です)に来た時はエスカレーターで登りましたが
ワンコNG

階段で登っていきます。


      20121227江ノ島05


      20121227江ノ島06



知らなかったのですが............. 

江ノ島には野良猫(?)が多い。


      20121227江ノ島07


猫に興味津々の びいすけ

飛びかかろうとしています。


      20121227江ノ島09



江ノ島のランドマークとも言える展望台。

でも以前見たものとは違う?

10年ほど前に建て替えられたそうです。


      20121227江ノ島08


そう言えば、過去3度ほど江ノ島には来ていますが
いずれも、この展望台付近をうろちょろしていただけで
裏江ノ島(?)には足を伸ばしていませんでした。


こんなところもあったんだ!!
新しい発見と言うか、やたらと神社と言うか、社が多い。
驚きです。

      20121227江ノ島10


幾つもの社を抜け、奥江ノ島へ

岩屋というところへ足を伸ばしてみました。


      20121227江ノ島11


      20121227江ノ島12



岩場へ降りて、磯を散策します。


      20121227江ノ島13


天気予報では気温の低い一日になると聞いていましたが
風がないから陽射しが暖かく、いい天気。

磯の風を肌で感じ、気持ち良い。


      20121227江ノ島14



      20121227江ノ島15



天気は良いものの、若干の雲があって
相模湾越しの富士山は見ることができなかった。


      20121227江ノ島16




お昼にはちょっと早かったけれど
途中のお店で、店内の座敷以外なら店内もワンコOKの言葉に惹かれ
早めのお昼となりました。

入ったお店は  魚見亭

      20121227江ノ島17


今日のお昼はこれ ↓

      20121227江ノ島18

   しらす丼定食  1050円也

本当は 生しらす丼 が食べたかったんだけど
なかなかワンコ連れではお店を選べないから仕方ないか.......

逗子の方に行けば、ワンコOKの 生しらす丼 のお店があるらしいけれど......



天気も良かったのでテラス席での食事

テラス席はこんな感じ。
眺望もばっちり!!


      20121227江ノ島19


昔は展望台の金網にカップルが名前を書いて鍵を掛けて行く
って言うのが流行りだったはずだけど、
今じゃ、カップルのためにこんな鐘を用意して
訪れた人はここに鍵を掛けていくようです。

時代は変わったんだ.......


      20121227江ノ島20


時代が変ったと言えば........

展望台のすぐ近くに猿や孔雀の檻が有ったんだけど
今じゃ、それもなくなっている。

江ノ島で猿を見る...........

これって私の中じゃ定番だったんだけどなぁ......



今じゃ、江ノ島で猫を見る
そんな感じでしょうか?

とにかく猫が多い。
当然、びいすけ も猫と遭遇するわけでして......

こんな光景が多かった。


      20121227江ノ島21


      20121227江ノ島22





駐車場に戻るついでに、もうちょっと足を伸ばして
江ノ島マリーナの更に奥、ちょうど江ノ島の真裏に向かって散策。


      20121227江ノ島23


こちらの磯も今日みたいな日は気持ち良い。


      20121227江ノ島24


頭上を ピ~ヒャララ とトンビが飛び回り
のどかな休日感を感じます。


      20121227江ノ島25


      20121227江ノ島26



いやぁ~、最近は九十九里の海しか行ってなかったし(伊豆は除く)
遠浅の砂浜も良いけれど
江ノ島の磯場もいいなぁ.......


どうやら私の中で、江ノ島がお気に入りの場所になっちゃいました。


 
 
 
   
 
2012/12/31 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: 2edit

ペットメモリアルあさひ  ドッグラン                          (2012年12月24日)(千葉県旭市) 

12月24日


網戸城址って言うか、木曽義昌史跡公園 をあとにして
向った先は

ペットメモリアルあさひ ドッグラン


国道129号線を車で走っていると
旭市の 袋 あたりで看板を見かけます。

そう言えば、以前4ちょびママさんから、
このドッグランの話を聞いたことがある。
せっかく、近くにいるんだから話のついでに立ち寄ってみよう......。

住所も分からないけれど、看板の方向と
案内距離と時間を頼りになんとか探し当て
駐車場に車を入れます。

受付はペットメモリアルの中
さすがにペットの火葬場で受付するのはなんとなく気が引けます(笑)
料金は1日/500円で良心的。


      20121224ペットメモリアルドッグラン07



ここがドッグランの入口。


      20121224ペットメモリアルドッグラン11



常連さんが多いようです。
すでに先着で4頭のワンちゃんがいました。


      20121224ペットメモリアルドッグラン01


先着のワンちゃんの歓迎を受けますが
絡むこともなく、いつもようにフェンス越しの匂いをクンクン。


      20121224ペットメモリアルドッグラン03


      20121224ペットメモリアルドッグラン04



ドッグランはこんな感じで木立の中のドッグラン。

木々によって陽射しが遮られ、暑い時期には良い場所でしょう

しかし、この時期は日差しが当たらないから
って言うか当たらない場所が多いから........寒い!!


      20121224ペットメモリアルドッグラン05



他のワンちゃんと絡むことなくマイペースの びいすけ。


      20121224ペットメモリアルドッグラン06



フェンスの向こうにいる看板犬の ハッチくん が気になるようです。


      20121224ペットメモリアルドッグラン02



びいすけ が気になって寄って来てくれるワンちゃんもいますが
相変わらず気に入ったワンちゃんはいないようで、絡む気配全くなし。


      20121224ペットメモリアルドッグラン08


      20121224ペットメモリアルドッグラン09



絡むかな?と思ってカメラを抜けると
ぷいっとこっちを向いてカメラ目線(笑)


      20121224ペットメモリアルドッグラン10



      20121224ペットメモリアルドッグラン12



結局、1時間ほどいましたが、あんまり遊んでくれず
陽射しも当たらず........寒い。

時刻も15:00を回ったし
日が陰ってくる前に帰ることにいたしましょう。


最近はドッグランに行ってもなかなか他のワンちゃんと
嬉しそうに遊び回るっていうことがないから
つまらないなぁと感じる今日このごろです.............。





 
 
 
2012/12/30 Sun. 18:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

網戸城址 <東漸寺>    (2012年12月24日)(千葉県旭市) 

12月24日


光台寺の飯岡助五郎の墓を見学したあとに
向った先は


網戸城址

網戸と書いて (あじと) と読みます
これだから、地名・人名の漢字は難しい(笑)


網戸城は北条氏の家臣である大橋山城守康忠によって築城されたと言われます。
しかし。豊臣秀吉による小田原攻めに参陣しなかったという理由で、
当時、木曽をその領地としていた 木曽義昌 がこの地に一万石で転封され、
その家督を継いだ嫡男・義利は叔父・上松義豊を殺害するなどの乱暴な振る舞いにより、
慶長5年(1600年)にい除封廃藩となり、城も廃されたとのことです。




現在の網戸城址は東漸寺という寺だと言われており
その東漸寺に立ち寄ってみました。

平地に築いた平城のため山城と違いその痕跡もとても少なく
遺構はほとんど残されておりません。


      20121224網戸城址01



境内には 木曾義昌 の墓が建っています。


、      20121224網戸城址02
 


木曾義昌、夫人真理姫 並びに木曾家代々の墓と3つ並んでいます


      20121224網戸城址03



墓石の近くには  水葬跡石塔 があります。


     20121224網戸城址04


      20121224網戸城址05


これが近年、改築された本堂。


      20121224網戸城址06


東漸寺の入口 
木曽義昌公廟所と大きく書いてあります。


      20121224網戸城址07




東漸寺の近くには 木曽義昌公史跡公園 という所があります。
国道129号線沿い、ちょうどユニクロの近くにゲートがあります。


      20121224網戸城址08


      20121224網戸城址09




ここには 木曽義昌公 の銅像があります。


      20121224網戸城址10


      20121224網戸城址11



こんな史跡公園まで作ってもらえて
きっと、木曽義昌公 も不遇の人生だったかもしれないけれど
領民の末裔(?)でもある旭市民に愛されていたんでしょうね...........。



 
 
 
 
 



2012/12/30 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: 1edit

佐貫城址 <刑部岬> ()(千葉県旭市) 

12月24日



見広城址をあとにして向かった先は

佐貫城址


ここは刑部岬として名高い観光地。


犬吠崎に遊びに行くときには必ず立ち寄る場所で
実はここに来るのはこれで5回目になるのかな?


      20121224佐貫城址01



現地の説明看板には
佐貫城址のことが、ほんのちょっぴり解説されています。
この地より100mほど先が城址だったらしいが
長年の侵食によって現在は跡形もなくなってしまったらしい。



      20121224佐貫城址02




そもそも佐貫城は片岡常春が築城されたとしています
片岡常春は源義経と親しかったが、そのために義経が源頼朝に追討された後に、
ここ佐貫城も攻撃されたと言われています。
追討にあたったのは千葉常胤を中心とする千葉氏の一族で、
片岡常春は周辺の豪族たちを集め佐貫城に立て籠もったが、衆寡敵せず、
城は落城し、一族討ち死にを遂げたという。
その後、佐貫城は千葉常胤の持城になったと言われています。




刑部岬の石碑の前で パチリ!


      20121224佐貫城址03




ここは 房総の魅力 500選 のひとつ
景勝地として有名です。


      20121224佐貫城址04



遠く、そして広い太平洋を眺めることが出来ます。


      20121224佐貫城址05




展望台もあって太平洋を眺めるには良いポイント。


      20121224佐貫城址06



      20121224佐貫城址07




近くの飯岡漁港の船の安全を守る灯台。


     20121224佐貫城址08






今は千葉県旭市となっていますが(平成の大合併)
かつては 千葉県海上郡飯岡町 だった所。


飯岡町は 漫画家 ちばてつや氏 の生まれたところらしく
こんなモニュメントが建っています。


明日のジョー

矢吹丈



      20121224佐貫城址09

力石徹


アニメのリアル世代(テレビ放映)世代だから
懐かしいというか、感慨深くなります。


      20121224佐貫城址10



眼下には 飯岡漁港。


この漁港も例の震災で津波被災をした漁港。
復興は順調なんでしょうか?


      20121224佐貫城址11





飯岡の街にある 光台寺 に立ち寄ってみました。


     20121224佐貫城址12


ここは飯岡助五郎の墓があるお寺

飯岡助五郎は天保水滸伝で有名な侠客。
利根川を舞台に昔から語り伝えられてきた東庄町が舞台の
笹川繁蔵と飯岡助五郎、二人の侠客の勢力争いの物語。

その飯岡助五郎の墓がこちら

      20121224佐貫城址13


      20121224佐貫城址14


      20121224佐貫城址15


実は 天保水滸伝 なるものを今日まで知りませんでした。
浪曲や講談では有名らしいが
そう言いたものを聞くという趣味や機会がなかったため
全く知らなかった。
墓があるということは多少脚色されていたとしても
おおかたは史実なんだろう

機会があったら、じっくり史実を確認してみたいものです............



 
 
 
 
 
 
2012/12/29 Sat. 18:14 | trackback: -- | 本文: 0edit

見広城址 (2012年12月24日)(千葉県旭市) 

12月24日 公休日

12月22日から24日まで個人的な3連休でした。

天候の良くなかったし、結局22日、23日は
出かけることもなく、ひたすらウダウダと怠惰な生活をしておりました。


24日、この日はクリスマス・イブ。
だからといって、これといった予定もないし
2日間、散歩以外は外に連れて行かなかった びいすけ も
ストレスが溜まっている?

そんなわけで、同じ千葉でもちょっと足を伸ばして
東総の旭方面に足を伸ばしてみました。



向った先は

見広城址




ネットで調べてみると詳しい詳細もわからず
地元の見広城址保存会なる団体が管理し
旭市の文化財に指定されているらしい。



多古町から続く広域農道の終点ちかくにある小高い山
この山の中に見広城址はあります。


雷神社の駐車場に車を停めて
駐車場脇の案内看板に導かれるようにいざ、城址へ!!

 




城址入口。


      20121224見広城址01


      20121224見広城址02


      20121224見広城址03



旭市合併前の海上町時代の文化財の標柱が建っています。


      20121224見広城址04


      20121224見広城址05



主郭への虎口


      20121224見広城址06



この虎口は意外に見ごたえあり。


      20121224見広城址07




主郭脇の高台(おそらく狼煙台?)には城址の石碑が建っています。



      20121224見広城址10



      20121224見広城址08




主郭虎口の土塁。


      20121224見広城址09



主郭入口の堀は残念なことに倒木や朽ちた竹で行く手を遮ります。


      20121224見広城址11


二郭の土塁


      20121224見広城址12


ここから少し下ると、そこは三郭。


      20121224見広城址13



三郭にて

竹林の平な地が三郭。




      20121224見広城址14



三郭はほんの少し、眺望が開けていて、旭市の市街地が覗けたりしています。

      20121224見広城址15





再び、二郭にて


      20121224見広城址16


      20121224見広城址17
      

      20121224見広城址18



一応、旭市の文化財として指定はされているものの
主郭あたりはきちんと管理されているようだけれど
他はあまり管理が行き届いていないのかもしれない。

平成の大合併で旭市になってはいるが
もともとは海上町時代の文化財だったから、仕方ないのかもしれない

残念といえば残念だけど
旭市のHPを見ると
旭市って市指定の文化財がいっぱいあるようで
それはそれで仕方がないことかもしれないなぁ.......

もったいないといえばもったいない気が知るのは
ひょっとして私だけ...........?


 
 
 
 



  
2012/12/29 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

由木城址 (2012年12月19日)(東京都八王子市) 

12月19日




不完全燃焼状態の七国のドッグランを出たあとに
向かった先は



由木城址


由木城は元々は鎌倉時代に由木氏によって築城されたと伝わり、
その後関東管領・山内上杉氏の重臣だった大石定久が入ったと言われています。
大石定久自身は後に近くの滝山城へ移り、
また河越夜戦(1546年)で扇谷上杉、山内上杉氏とともに小田原北条氏(に敗れると
大石定久は小田原北条家三代目当主、北条氏康の三男、北条氏照を婿養子に迎え、
小田原北条氏の傘下に加わったとされます。


現在は 永林寺 となっている柚木城址ですが
永林寺の境内奥にその城址の一部が残されています。




永林寺の山門前にて


      20121219由木城址01


朱色の山門


      20121219由木城址02


現地の説明看板には 総門 と記されていました。


      20121219由木城址03


総門をくぐると、仁王門があります。


      20121219由木城址04




本堂左奥に由木城址入口の看板が親切に道案内をしてくれています。


      20121219由木城址05


霊園の奥の小高い丘の上に城址があります。


      20121219由木城址15



おそらく郭跡と思われる地に城址の石碑が建っています。


      20121219由木城址06


少し離れたところに 大石定久公 の銅像が建っています。


      20121219由木城址07


地元ではそれなりに偉大な当主だったのでしょうか?


      20121219由木城址08


あきらかに人の手が加わった土塁。
こちらが城の登城口でしょうか?


      20121219由木城址09


      20121219由木城址10


ネットで色々調べると

由木城址には遺構が残されていないと記されていることが多いのですが
何となく遺構に見えてしまう私はまだまだ未熟者なんですね。
きっと、後世に手を加えられたものなんでしょうね


彼落ち葉を踏みしめて城址周辺を歩きます。


      20121219由木城址11


      20121219由木城址12



これも、遺構に見えてしまうんだけどなぁ......


      20121219由木城址13




本堂前には永林寺の歴史が記された説明看板が建っています。

北条氏の家臣のゆかりの地ですが
秀吉の小田原攻めのあと関東を領地とした徳川家
そして後に江戸幕府を築いた徳川家。
その徳川家康から寺領10石の御朱印状を拝領したお言われる寺だそうです



      20121219由木城址16



なるほど、そう言った歴史がある寺だから
鐘楼(しょうろう)も立派です。


      20121219由木城址17



こちらが本堂。


      20121219由木城址18



境内の隅にはこんな説明看板が建っています。
大石氏の居館跡 として八王子市の指定文化財とされています。


      20121219由木城址19


境内の左奥、裏山にはこんな土盛りがあり
やっぱり土塁に見えてしまいます

これも後世のものなのかなぁ....?


      20121219由木城址20


一緒にこの地にお付き合いいただいた もっちゃん が
そう言えば中学の時に遠足(社会科見学)で来たことがあるって言っていた。

確かに地元ではちょっとした名所、古刹になっているんだろう........




 
 
 
 
2012/12/28 Fri. 17:30 | trackback: -- | 本文: 0edit

七国公園ドッグラン (2012年12月19日)(東京都八王子市) 

12月19日 公休日



小山田緑地を堪能したあとは、ドッグランに向かうのですが
会員証(利用証)を忘れたのに気づき
一度実家に戻り、お昼ご飯を済ませ
しっかりと会員証を首からぶら下げ出発。

向った先は、七国公園ドッグラン。




七国のドッグランは小高い丘の上にあるから
背後に山があっても風通しが良くて(ある意味、吹きっさらし)
この時期は風が冷たい

平日の昼間だし、風が冷たいから
ひょっとしたら誰もいないかも.........


予感は的中です



      20121219七国公園ドッグラン02


誰もいません


      20121219七国公園ドッグラン01




広いドッグランに びいすけ だけ~。

貸し切り状態ですが、こういう状況ってあんまり嬉しくないですね。


      20121219七国公園ドッグラン03


一瞬、ドッグランを駆け回りますが
それも一瞬。

いつもようにドッグランの周りをクンクン匂いを嗅ぎだします。


      20121219七国公園ドッグラン04


      20121219七国公園ドッグラン05


      20121219七国公園ドッグラン11



フェンスの周りの匂い嗅ぎをしている びいすけ の脇を
掃除している管理人のおじさんが通ると.........


怪しい人と勘違い?

びいすけ は おじさんを追いかけ激吠え!!


      20121219七国公園ドッグラン07


      20121219七国公園ドッグラン08


      20121219七国公園ドッグラン09


      20121219七国公園ドッグラン10


おいおい! やめなさい!! (笑)



もっちゃん がタオルをネジネジして、びいすけ と遊びます。



      20121219七国公園ドッグラン06

 
 
      20121219七国公園ドッグラン12

     
      20121219七国公園ドッグラン13


      20121219七国公園ドッグラン14



風が冷たい中、こうやって遊んでいましたが
その間に誰も訪れることなく貸し切り状態。

このまま居てもつまらないし、誰も来そうもないので
今日は早々に撤収。

それでも1時間ほどのドッグランとなりました..............。


やっぱり、平日の昼間のドッグランは
この時期無理があるのかな.........?


 
 
 
 
2012/12/27 Thu. 10:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

都立 小山田緑地    (2012年12月19日)(東京都町田市) 

12月19日 公休日



12月10日から、八王子の実家の世話になっていました。

この日は本当は運転免許証の書き換えに行こうかと思っていたのだが
千葉(幕張)の運転試験場に行くのが億劫になってしまって........


朝8:30すぎに起き、さて、今日は何しよう?

単発休みだし、午後からドッグランにも連れて行きたいし......


先日、雨で断念した 小山田緑地 のリベンジ。

颯爽と車に乗り込み、小山田緑地に向かいました。


      20121219小山田緑地01



今回は前回とコースを変えて、まずは 小山田緑地 から攻めていきます。


      20121219小山田緑地02


小山田の牧


      20121219小山田緑地03

確かに、牧場地と言っても間違いなさそう
牛や馬がいたら、牧場と間違えても仕方ありません。



小山田の牧 を上りきった芝生広場が 見晴らし広場。

富士山の絶景ポイントらしく、関東の富士見100景 にも選ばれているらしい。


      20121219小山田緑地04



生憎、雲がかかっていて富士山は見えませんでした。


      20121219小山田緑地05


      20121219小山田緑地06


      20121219小山田緑地07


      20121219小山田緑地08


      20121219小山田緑地09


      20121219小山田緑地10




さあ、緑地内を散策です。
遊歩道を順路の沿って歩いていきます。


      20121219小山田緑地11


      20121219小山田緑地12


      20121219小山田緑地13



ここが運動広場。

今日は平日だから、誰もいません。
これが休日だと、きっと家族連れがサッカーボールを蹴っていたり
キャッチボールに興じていることでしょう。


      20121219小山田緑地14




運動広場脇の東屋で小休止。


おやつを『ちょうだ~い』とねだる びいすけ。


      20121219小山田緑地15



もっちゃん からパンをもらってご機嫌?


      20121219小山田緑地15
     



再び、散策開始。


      20121219小山田緑地17



小山田の谷 に行きましょう。


      20121219小山田緑地18




小山田谷の上池。


      20121219小山田緑地19


      20121219小山田緑地20


      20121219小山田緑地21




こちらは下池


      20121219小山田緑地22


      20121219小山田緑地23


そして調整池。


      20121219小山田緑地24


      20121219小山田緑地25




多摩丘陵の自然がいっぱい残っている小山田緑地。


      20121219小山田緑地26


      20121219小山田緑地27



石畳の道をゆっくり歩き、駐車場に戻ります。


      20121219小山田緑地28


      20121219小山田緑地29



1時間ほどの小山田緑地の散策。


ウォーミングアップも出来たから
ドッグランに行くことにしましょう。

ドッグランでいっぱい走ってくれるといいなぁ............




 
 
 
 
2012/12/27 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

宮ヶ瀬湖 イルミネーション                               (2012年12月16日)(神奈川県愛甲郡清川村) 

12月16日 公休日



津久井城址を散策したあと、向った先は宮ヶ瀬湖。


実は、こっちの方が今日のメインというか、
この宮ヶセ」のイルミネーションを見に行くために
こっち方面の津久井城址を選んだって言うのが本寝だったんですが.......


実は、昨年も11月にイルミネーションを見に行こうと
すぐ近くの服部牧場まで来ていたのですが
実家の父親が鍵を持たずに外出していて
鍵がないから家には入れないと携帯電話で呼び戻しされて
イルミネーションを断念したと言う経緯があったりして
念願かなってイルミネーションにやってきました。


イルミネーションの点灯は17:00~
でも、その時間に合わせて来ると、駐車場は満車
下手すれば駐車場の空き待ちで1時間とか待つ結果になってしまう。


そんなこともあって、15:30頃には、もう宮ヶ瀬湖にやってきました。



イルミネーションの会場は


 宮ヶ瀬やまなみセンター


      20121216宮ケ瀬湖イルミ01


      20121216宮ケ瀬湖イルミ02


      20121216宮ケ瀬湖イルミ03



実は、宮ヶ瀬に来るのは初めて。
当然、宮ヶ瀬湖wp見るのも初めて。

風光明媚で良いところですね


      20121216宮ケ瀬湖イルミ04


      20121216宮ケ瀬湖イルミ05





これが、クリスマスツリーとなる、生のモミの木
高さ30mだそうです。


      20121216宮ケ瀬湖イルミ06


      20121216宮ケ瀬湖イルミ07




イルミネーションまで、まだ1時間以上あるから
園内をじっくり散策します。


      20121216宮ケ瀬湖イルミ08


      20121216宮ケ瀬湖イルミ09


      20121216宮ケ瀬湖イルミ10


      20121216宮ケ瀬湖イルミ11


ワンコ連れできている方も多く
しばし、 びいすけ と一緒に遊んでもらいました。


おやつをねだる びいすけ。


      20121216宮ケ瀬湖イルミ12




『ちょうだ~い』のポーズをしています。


      20121216宮ケ瀬湖イルミ13




こちらは、もう1本のクリスマスツリー
同じく生のモミの木。

さきほど」のモミの木より一回り小さいようです。


      20121216宮ケ瀬湖イルミ14


      20121216宮ケ瀬湖イルミ15




イルミネーション点灯まで、あと30分ほど。

立っているのも疲れたので、石碑に腰掛けて点灯時間を待ちます。



      20121216宮ケ瀬湖イルミ16




陽も暮れて、間もなくイルミネーションの点灯です。


      20121216宮ケ瀬湖イルミ17




30mのクリスマスツリーにイルミネーションが点灯しました。


      20121216宮ケ瀬湖イルミ18




続いて、吊り橋もイルミネーション点灯。


      20121216宮ケ瀬湖イルミ19


      20121216宮ケ瀬湖イルミ20




次々とイルミネーションが点灯されます。


      20121216宮ケ瀬湖イルミ21


      20121216宮ケ瀬湖イルミ22


      20121216宮ケ瀬湖イルミ23





イルミネーションのトンネルは、とっても幻想的です。


      20121216宮ケ瀬湖イルミ24


      20121216宮ケ瀬湖イルミ25


      20121216宮ケ瀬湖イルミ26


      20121216宮ケ瀬湖イルミ27


      20121216宮ケ瀬湖イルミ28


      20121216宮ケ瀬湖イルミ29


1年越しの宮ヶ瀬湖のイルミネーション。

知らなかったんですが、今年で27回目だそうで
27年の歴史があるんですね


来年もまた来よう!


そんなことを思いながら、駐車場の出口渋滞が始まる前に
宮ヶ瀬湖をあとにした。


冬の名物詩 X'mas イルミネーション

やっぱ、いいですね~。




   



 
 
 
2012/12/26 Wed. 20:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

津久井城址 <県立津久井湖城山公園>                     (2012年12月16日)(神奈川県相模原市) 

12月16日   公休日


前日と打って変わって、この日は朝から快晴。


晴れたら、高尾山にでも行こうかと考えていましたが
よくよく考えたら、今日は日曜日。
流石に少々のことでは遠慮しない私でも
日曜日の行楽地の高尾山に犬連れで行くのは気が引ける........


さてさて、公休日の今日は何しようか...........?



そう言えば、津久井湖近くの城山に津久井城址っていうのがあったっけ?

麓の駐車場から30分くらい山道を登るっていうことだから
軽い登山気分も味わえるし.........


てなわけで、津久井城址に行ってきました。



相模川の上流に城山ダムがあり、
ダムによってせき止められてできたのが津久井湖。
その津久井湖の駐車場に車を停め
城山へ行こうと案内所でパンフレットをもらうと
麓の駐車場は別な場所にあるという。


      20121216津久井城祉01


      20121216津久井城祉02


      20121216津久井城祉03



再び車で移動。
麓の駐車場に車を停め
いざ、登城開始!!


      20121216津久井城祉04


      20121216津久井城祉05



さて、その津久井城ですが.......

そもそも、津久井城は鎌倉時代に三浦半島一帯に勢力を誇っていた三浦氏の一族である
津久井氏が築城したと言われているが、その詳細は明らかではありません。

しかし、戦国時代、小田原城を本城とした北条氏(小田原北条氏)によって支配され
甲斐の武田氏(武田信玄)からの侵略にも重要な役割を果たしていました。

そして1590年、秀吉の小田原攻めの際、
徳川家康の家臣、本多忠勝(後の大多喜城主)らの攻めにあい、落城しました。

そんな歴史を持った城です。





舗装された遊歩道を歩くと......

いきなり、大きな堀
おそらく自然の地形を利用しているのだろうが
牢屋堀と呼ばれていたらしい。


      20121216津久井城祉06



地元では有名な公園のようで、
麓の遊具施設のあるエリアには家族連れや
ワンコを散歩に連れてくる人も多いようです。


      20121216津久井城祉07





さてさて、いよいよ本格的な登城開始です。
先程までのアスファルトで整備されていた遊歩道から
こんな感じの山道に変わっていくます。


      20121216津久井城祉08



ほどなくして、古築井城の石碑がありました。

昔は津久井では築井と呼んでいたようですね。


      20121216津久井城祉09


頂上(主郭)近くまでは2つのコース
少し厳しいコースの男坂
ぐるっと回り道をするけど少し楽な女坂

上りは男坂を選んでみました。


      20121216津久井城祉10


      20121216津久井城祉11


      20121216津久井城祉12


      20121216津久井城祉13




これがきつかったぁ........

やっとの思いで男坂と女坂の合流地点に到着。


さらに主郭目指して登ります。



      20121216津久井城祉14



こちらが 太鼓曲輪
    

      20121216津久井城祉15


      20121216津久井城祉16


      20121216津久井城祉17




堀切と引橋

敵の侵入を防ぐため、津久井城では3箇所の堀切があったようです。

      20121216津久井城祉18


      20121216津久井城祉19


      20121216津久井城祉20



麓の駐車場から30分以上
おそらく小1時間かけて、頂上(主郭)の到着。

主郭脇にある城址の石碑。

      20121216津久井城祉21


      20121216津久井城祉22


      20121216津久井城祉23


主郭は 本城曲輪 と呼ばれています

      20121216津久井城祉24


本城曲輪 で びいすけ 力走?


      20121216津久井城祉25


時刻もお昼。
頂上の見晴らしの良いベンチ(?)で持参したコンビニおにぎりでお昼。

      20121216津久井城祉26




頂上から見た丹沢(?)方向


      20121216津久井城祉27


      20121216津久井城祉28




本城曲輪 (城山山頂) 手前の土蔵。
ここも見晴らしよく、橋本の街や多摩ニュータウン
そして都内の高層ビルも見え、うっすらスカイツリーも見えました。

      20121216津久井城祉29


      20121216津久井城祉30




こちらは 飯縄曲輪


      20121216津久井城祉31




こちらは宝ヶ池
山頂近くなのに水が湧いていて、枯れることがないと言われています
その昔、津久井城の貴重な水源だったようです。


      20121216津久井城祉32


      20121216津久井城祉33



宝が池 手前の土塁


      20121216津久井城祉34




下りは 女坂 を通って下山します。


      20121216津久井城祉35



麓近くの お屋敷

広い広場となっていますが
ここは城主や家臣の住居があったところらしい

      20121216津久井城祉36


ロングリードを持って来れば、 びいすけ を走らせることもできたんですが
車の中に忘れてきちゃって........残念です。




この地で武田信玄の相模侵略の守りの要として
北条氏の支城であった津久井城

軽い気持ちで挑むとなかなか手強い

う~ん、さすが北条氏! と唸らせるような
屈強の中世の山城でした

おかげて、ちょっぴり足がパンパンになりました............。


 
 
 
   

 
 
 
  
2012/12/26 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

8種混合ワクチン (2012年12月15日) 

12月15日  公休日



小野路城址、小山田城址、小山田緑地と出歩き
小雨に濡れ帰ってきたあとは、 びいすけ と2時間ほど昼寝。


夕方になってムクっと起き出し
びいすけ を獣医さんのところに連れて行った。



毎年、この時期になると、実家近くの獣医さんからハガキが届きます。
8種混合ワクチンの案内です。


毎年、この時期に今井動物病院で
8種混合ワクチンを接種して、今年で3回目。


今年の案内ハガキには、爪切り、肛門絞り、検便検査を
無料で行ってくれるというサービス付き。


今年もお世話になります!!



てなわけで、行ってきました、今井動物病院。


      20121215今井動物病院01



受付して、最初に持参した うんち の検便。

検査の間、待合室で待っています。

      20121215今井動物病院02


      20121215今井動物病院03



『お待たせいたしました。 びいすけ くん診察室へどうぞ~。』


びいすけ の順番になりました。


      20121215今井動物病院04



さぁ、ワクチンだよ~


      20121215今井動物病院05



駐車の前に検温
異常は無いようです。


      20121215今井動物病院06




無事ワクチンも終了。

爪も切ってもらって
肛門も絞ってもらって
検便結果も異常無し。


体重は前回(ってフィラリアの時だから6月?)と変わらず11.6kg。


いい状態で管理されていますねって褒められちゃいました。



      20121215今井動物病院07



さぁ、 びいすけ。
もっちゃん のオウチに帰って晩ごはんにしよう。

きっと、もっちゃん がウマウマ作って待っているよ............




 
 
 
 
2012/12/25 Tue. 20:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

都立 小山田緑地  (2012年12月15日)(東京都町田市) 

12月15日 公休日


小山田城址から歩いても数分
都立公園でもある 小山田緑地 に立ち寄ってみました。

駐車場に車を停めて、いざ!出陣!!

と思いきや、額に冷たいものが.........



確かに怪しい雲行きではあったが、ポツリと雨粒が顔に当たった。


どうしようか?
帰ろうか?

いや、せっかく立ち寄ったんだから
雨の様子を見ながら、散策しよう!


小山田緑地の散策開始です。



実は、この小山田緑地も今年の春先あたりから
実家に遊びに来た時にいつか時間を作って
びいすけ を連れてこようと思っていた場所。

やっと念願かなってという感じです。



こちらが 小山田緑地 の入口


      20121215小山田緑地01



まずは、 石畳の道 を歩きます。


      20121215小山田緑地02



石畳の道 から 竹林 を抜け、 小山田の谷 へ向かいます。


      20121215小山田緑地03



こちらが小山田の谷

溜池、上池、下池、調整池と池が並んでいます


      20121215小山田緑地04


      20121215小山田緑地05


      20121215小山田緑地06


      20121215小山田緑地07


      20121215小山田緑地08


      20121215小山田緑地09


      20121215小山田緑地10



このあたりから、顔に当たる雨粒の頻度が多くなってきた.........

本当はじっくり散策したかったんだけど
今来た道を引き返すのも癪だから
順路をショートカットして駐車場方面に向かいます


      20121215小山田緑地11

急ぎ足で歩きますが、 びいすけの足がふと、止まります。

何か見つけたのか?

猫?
野うさぎ?


      20121215小山田緑地12


何かいるの?


いるわけないよ(笑)


      20121215小山田緑地13




小山田の谷 から 小山田の道 を通って駐車場に戻ります


      20121215小山田緑地14


顔に当たる雨粒が心なしか多くなった気がする。

さあ、 びいすけ
急いで帰ろう!


      20121215小山田緑地15



小山田の道 を駆け足で抜けようとすると
左手方面に芝生広場が...........

この広い芝生広場がこの小山田緑地のウリのひとつ。


小山田の蒔きと言うらしい
中性の牧場の遺構ということです。


そう言えば、小山田城の小山田氏は小山田荘の別当(馬牧の管理者)を命じられ
小山田の地に築城したという経緯がある。

今回は残念ですが、こちらは写真のみ
雨のため、パスといたします。

 
      20121215小山田緑地16


      20121215小山田緑地17


小雨に濡れながら、小走りで駐車場に戻り、八王子の実家に帰り着いた。



明日(12月16日)も公休

明日は雨なのかなぁ?



晴れたら、どこに遊びに行こうかな.........?


 



 
2012/12/25 Tue. 12:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

小山田城址   (2012年12月15日)(東京都町田市) 

12月15日 公休日



小野路城址から車で10分ほどの移動。

訪れたのは

小山田城址

小野路城址からは鎌倉古道を歩けばさほど遠くはないと思うのだが
(おそらく3km程度でしょう?)
車で移動するとぐるっと大回りをするので10km以上も移動することになる。


小山田城は

武蔵七党小山田氏の祖小山田有重が
別当(公営の牧場の管理者)として小野路城に居城したとされ
1171年(承安元年)この地に小山田城が築城されると
次男二郎重義に小野路城を任せ、自らが居城としたとされています。


現在は大泉寺というお寺の裏山が小山田城址となります。     



大泉寺の山門


      20121215小山田城址01


      20121215小山田城址02



奥に見えるのが仁王門


      20121215小山田城址03




境内の奥は小山田城址墓苑と呼ばれ、霊園となっています。
霊園の入口には、こんな切通が........


      20121215小山田城址04



のちほど、裏山を探索したら、この先に主郭がありました。



      20121215小山田城址05






こちらが、小山田城址の解説石碑と城址の石碑


      20121215小山田城址06


      20121215小山田城址07




本堂脇に  関係者及び壇家の者以外立ち入り禁止 の看板が......

その奥には竹林の中をこんな階段が.......


      20121215小山田城址08


いかにも、この奥に何かがあるぞ!って言う雰囲気。

そっと階段を昇っていきます。


      20121215小山田城址09


竹林の中に枯れ落ち葉の道があり、その脇を石像が並んでいます



ほどなく歩くと、二の丸の石碑が建っていました。


      20121215小山田城址10


まさに小山田城址に突入です。




二の丸から本丸(主郭)へと続く道。
やっぱり、石像が両脇に延々と並んでいます。


      20121215小山田城址11



こちらは 堀切

石碑の奥の竹林の向こうはゴルフ場
府中カントリークラブでしょうか?


      20121215小山田城址12



ここが本丸の入口 
この階建を上がった先が本丸です。

     
      20121215小山田城址14



ここが本丸(主郭)

本丸にも石像がびっしり。
実はこの小山田城址
ここまで来るのに石像だらけ
石像がびっしり並んでいます。

ある意味不気味。

そして、ここに石像を運んだ大泉寺の関係者の尽力に脱帽です。


      20121215小山田城址15




ここが本丸の虎口


      20121215小山田城址16


      20121215小山田城址17


      20121215小山田城址18


      20121215小山田城址19



この道を下っていくと
先ほどの切通にぶち当たります
いきなり道がなくなり、焦ります(笑)


      20121215小山田城址20



今まで、それなりにいろんな城址を見学してきましたが
経験上、城址が神社や寺などの社寺仏閣になっていることは多いけれど

この小山田城址は遺構はよく残されているとは思うけれど
さすがに城址の中の石像(石仏)の多さは正直ビビってしまった。
言葉は悪いけれど、少し薄気味悪さを感じてしまった

いい城址なんだけどなぁ.........



  
 
 
 
 
 
 
      
2012/12/25 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

小野路城址 (2012年12月15日)(東京都町田市) 

12月15日 公休日




八王子の実家に遊びに行ったら
いつか時間を作って行ってみたいと思っていた 小野路城址<

やっと、その時が訪れました。



野津田公園の駐車場に車を停めて小野路城址を目指します・

実は、車を停めた野津田公園の駐車場、以前は無料でしたが
現在、公園を整備していて陸上競技場に観覧席なんぞを設置する工事をしています。
そのためなのか?
今月から駐車場が有料になったみたいです
でも、1時間30分までは無料です。


野津田公園から県道を挟んだ反対側の里山を15分ほど歩きます。

小野路の里山は にほんの里100選 にも選ばれた里山

のどかな風景を眺めながらの散策です


      20121215小野路城祉01



また、この辺りは 古鎌倉街道 があり、鎌倉時代から交通の要所だったらしく
馬に乗った武士の移動が他から見えないようにこんな切り通しをつくったと言われています


      20121215小野路城祉02




そもそも小野路城は武蔵七党小山田氏の祖小山田有重が
別当(公営の牧場の管理者)としてこの城に居城したとされ
、1171年(承安元年)同町田市小山田に小山田城が築城されると
次男二郎重義に小野路城を任せ自らは小山田城に入ったとされています。     



東京都と町田市によって
歴史環境保全地区として管理されているようです。


      20121215小野路城祉03



この切り通しも見事というしかない!!


      20121215小野路城祉04



枯れ落ち葉を踏みしめて びいすけ と散策します。


      20121215小野路城祉05


      20121215小野路城祉06




ここが小野路城址の入口あたり


      20121215小野路城祉07




年月を経て、埋れかかった空堀と土塁。


      20121215小野路城祉08



すぐ近くには 小町井戸 なるものがあります。

平安朝の昔、小野小町が病にかかったおり、この山に千日こもり、
この水で目を洗ったところ全快したという伝説から出た名と言われます。

  
      
      20121215小野路城祉09

     

      20121215小野路城祉10


とても目に良さそうな水には見えませんが........(笑)





小野路城址の土塁

      20121215小野路城祉11



こちらは、おそらく二郭跡

      20121215小野路城祉12



こちらが主郭跡


      20121215小野路城祉13


      20121215小野路城祉14



主郭の土塁


      20121215小野路城祉15



城郭の周りは来る者を遮断するかのように古道が細くなっています。


      20121215小野路城祉16


      20121215小野路城祉17


      20121215小野路城祉18




枯れ落ち葉を踏みしめ歩き回った びいすけ

小野路の里を満喫してくれたでしょうか?


      20121215小野路城祉19


      20121215小野路城祉20


小野路城址を探索したあとは来た道を戻り、
野津田公園の駐車場を目指します。


鎌倉古道の切り通しにて1ショット


      20121215小野路城祉21




野津田公園の一角には一里塚があります。


      20121215小野路城祉22


      20121215小野路城祉23


説明看板によると

 
 1617年に駿河の久能山に埋葬されていた徳川家康の遺骨を日光東照宮に移す際に
 ここを通ったと伝えられていて、
 その時に街道の整備とともに造られたのがこの一里塚であるそうです。


東海道の平塚宿と甲州街道の府中宿を結ぶ裏道で
大山道(おおやまみち)と呼ばれたらしい。


鎌倉時代の古道、江戸時代初期の裏道
時代を超え、平成のこの時代に枯れ落ち葉を踏みしめて
びいすけ と歩いだ小野路。
本当は小野路ってもっと広いけど
その一部を歩いてみて、遠い昔を垣間見たような気がした.............。



 
 
 
 

     
2012/12/24 Mon. 19:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

富士五湖周遊旅行 その11    河口湖                      (2012年12月12日)(山梨県南都留郡富士河口湖町) 

12月12日



忍野八海をあとにして向った先は


富士五湖シーリーズ  第5弾、そして最終章

  河口湖



どうせなら、河口湖と富士山の風景を見たくて
河口湖大橋を渡って、大石公園を目指します。


大石公園の手前、トンネルの側道に入って
車を停めれるスペースを探して、
まずはその風景をカメラの収めます。

富士山と河口湖
これも絵になりますねぇ。



      20121212河口湖01


      20121212河口湖16



ほどなくして、大石公園に到着。


      20121212河口湖02

     
      20121212河口湖04


      20121212河口湖05



湖畔に降りて記念写真。


      20121212河口湖06


      20121212河口湖07



さらに、富士山の絶景ポイントを求めて
奥河口湖さくらの里公園に移動。


      20121212河口湖08


      20121212河口湖09



こんな長い階段を登ることになります。

一瞬、躊躇しましたが、ここまで来たらやっぱり登らなきゃ!!


展望台を目指して長い階段を登ることに..........



      20121212河口湖10



足がパンパンになりながら、辿りつた展望台。

河口湖の展望はバッチリですが..........


      20121212河口湖11


富士山は目の前の山が障害物となって全く眺めることができません。



展望台でおやつもねだる びいすけ。


      20121212河口湖13



ぺろんちょ。

どうやら もっちゃん から おやつを貰ったようです。

      20121212河口湖17


      20121212河口湖18


      20121212河口湖19




そろそろ、車に戻って家に帰ることにいたしましょう。


      20121212河口湖14


      20121212河口湖15




平日だから渋滞も全く無く
中央道もす~いす~い

夕方、陽も暮れる頃に八王子の実家にたどり着いた。


富士山ざんまいの今回の旅行。
冬の富士山ってすごくいい顔していると、新鮮な発見をした感覚です。

やっぱり、富士山ていいなぁ..............




 
 
 
 
 
2012/12/24 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

富士五湖周遊旅行 その10     忍野八海                  (2012年12月12日)(山梨県南都留郡忍野村) 

12月12日



山中湖をあとにして向かった先は


   忍野八海



今年の7月にもこの地は訪れましたが
その時に立ち寄った蕎麦屋が気に入ってしまいました。
(通常の一人前を試食できてしまいます)

せっかく忍野八海に来たのだから、
今回は8つの池をすべて回ってしまおう。
忍野八海完全制覇を目論みます。



まずは、駐車場すぐそばの超有名な中池からのスタート。



      20121212忍野八海01


      20121212忍野八海02


      20121212忍野八海03


      20121212忍野八海04


      20121212忍野八海05


自宅に帰ってからネットで色々調べたら
実はこの中池が忍野八海そのものだと思っていたら
どうやら、忍野村のHPを見るとこの池以外の8つの池が忍野八海らしい




続いて  湧池


      20121212忍野八海06




続いて   鏡池


      20121212忍野八海11


      20121212忍野八海07



さらに   菖蒲池


      20121212忍野八海08


      20121212忍野八海09




菖蒲池の隣にある売店あたりも富士山の絶景ポイントだそうです


      20121212忍野八海10




続いて  濁池


      20121212忍野八海12


      20121212忍野八海13


      20121212忍野八海14




小腹も空いてきたことで、目的の一つ
蕎麦の試食の時間です。


向った先は 名泉そば


店内はワンコNGなので、びいすけ は外で留守番。
びいすけ、ごめんよ~ぉ。


      20121212忍野八海15



まずは、 細うどん の試食から........


      20121212忍野八海16


速攻で完食です。


      20121212忍野八海17


続いて、蕎麦の試食です。


      20121212忍野八海18



これまた、速攻で完食です。


      20121212忍野八海19




今回は特別に よもぎ蕎麦 も試食として出してくれました。


      20121212忍野八海20




当然、速攻で完食。
口の中によもぎの香りが広がる、不思議な味の蕎麦でした。


      20121212忍野八海21




お腹も満たされ、お土産のうどんと蕎麦を買って
再び忍野八海探索は続きます。


今度は   銚子池



      20121212忍野八海23



      20121212忍野八海22



銚子池から御釜池へ向かう途中にはこんな橋が架かっています


      20121212忍野八海24



こちらが   御釜池


      20121212忍野八海25


      20121212忍野八海26


残すは出口池のみ
出口池はちょっと離れているから車での移動となります。
駐車場に戻りましょう


      20121212忍野八海27



駐車場脇の売店で小休止
ソフトクリームに飛びつく びいすけ。


      20121212忍野八海28


      20121212忍野八海29


      20121212忍野八海30



車で移動してたどり着いた 出口池


      20121212忍野八海31


      20121212忍野八海32



思ったよりも大きい。
って言うか、他の池があまりにも小さく
これが池? っていう感じが多く
そして観光客目当ての売店が乱立していて
あまりにも俗化していてうんざり気味だったけれど
この 出口池 は他の池より離れているため、ひっそりとしていて
一番 忍野八海 らしさを感じてしまった。


      20121212忍野八海33



さぁ~て、びいすけ
そろそろ次の場所に移動しようか?


      20121212忍野八海34


富士五湖の旅、最後の目的地
河口湖を目指して出発です............




※忍野八海、完全制覇したと思っていたけれど
 実は7海(7池)しか制覇していませんでした。
 有料施設(はんの木資料館)の敷地内に 底抜池 があり
 この池だけを見逃してしまったようです


  
 
 
 
2012/12/23 Sun. 18:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

富士五湖周遊旅行 その9      山中湖                    (2012年12月12日)(山梨県南都留郡山中湖村) 

12月12日



Woofでの朝

朝からご機嫌の びいすけ



      20121212山中湖01



このあと、もっちゃん のおもちゃにされるとは、まだ知らない(笑)


      20121212山中湖02



まずは、トナカイの帽子をかぶらされます。


      20121212山中湖03



続いて、ゴーグルを装着されます。


      20121212山中湖04



さあ、朝ごはんの時間です。
レストランに向かう途中、ロビーでの1ショット。


      20121212山中湖05



朝食はバイキング方式。
気兼ねなく、力いっぱい食べられます。


      20121212山中湖06



テーブルの下に陣取り、おこぼれを狙う びいすけ 。


      
      20121212山中湖07




チェクアウト時間は11:00
まだまだ時間はあるから、朝食後の散歩を兼ねて
ドッグランに出向きました。


今日も快晴。
富士山が綺麗です。


      20121212山中湖08



広~いドッグラン。
でも誰も居ません(笑)


      20121212山中湖10


貸し切り状態のドッグランなのに
なぜか隅っこに............

いつものようにフェンス沿いに匂いをクンクン。


      20121212山中湖09


      
      20121212山中湖11





一番奥の雑木林のドッグランへ移動。

実はWoofのドッグランではここのエリアが一番好きです。
雑木林の中を走り回ってくれれば言うことないんですけどね........



      20121212山中湖14


      20121212山中湖12


      20121212山中湖13



ドッグランにて富士山をバックに1ショット。

    
      20121212山中湖15





10:30頃、Woofをチェックアウト。
2日目の観光の始まりです。


最初に向かったのは

富士五湖シリーズ(?) 第4弾




    山中湖




山中湖の湖畔沿いに車を走らせ、山中湖越しの富士山の絶景地を探します。

Woofのある湖畔の対岸側
長池親水公園が絶景ポイントです。


      20121212山中湖16


      20121212山中湖17


      20121212山中湖18


      20121212山中湖19


      20121212山中湖20
      







長池親水公園からR138方面に向かった湖畔には
たくさんの白鳥が..........

ここも富士山の絶景ポイントのようです。


      20121212山中湖21


      20121212山中湖22


      20121212山中湖23


      20121212山中湖24


やっぱり、山中湖には白鳥が一番似合うみたいです。





今度は 山中湖交流プラザきらら へ移動。

ここも富士山も絶好ポイントです。


      20121212山中湖25



さらには 旭が丘テディベア前の「夕焼けの渚」 へ移動。
ここは富士山と夕焼けの絶景ポイントらしい。


      20121212山中湖26


      20121212山中湖27





山中湖の湖畔をぐるっと一周して
いろんな角度の富士山と山中湖を堪能していたら
時刻もお昼になってしまいました。

朝ごはんのバイキングをしっかり食べたから
お腹は空いていませんが、かるく蕎麦くらいなら食べれそう。


そう言えば、忍野八海の蕎麦は美味しかったなぁ...


美味しい蕎麦を求めて、忍野八海に向かうのであった..............。




  
 
 
 
 
 
2012/12/23 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

富士五湖周遊旅行 その8   ドッグリゾート Woof                (20121211)(山梨県南都留郡山中湖村) 

12月11日



本日の宿泊先は ドッグリゾート Woof


17:00近くにチェックイン。
本日の部屋はR#228


      20121211WOOF02



部屋の中はこんな感じです。
意外に広いのがWoofの部屋の特徴。


      20121211WOOF 01


さっそく、 びいすけ は室内を探索?


      20121211WOOF03



もっちゃん と一緒に窓の外を眺めています(?)
何かあるのかな?


      20121211WOOF04



再び、室内を物色中?


      20121211WOOF05


      20121211WOOF06


      20121211WOOF07


      20121211WOOF08



今度は館内の探検です(笑)

館内で記念写真撮影会です。


まずは、定番のロビーでの1ショット。


      20121211WOOF09



フロント前のクリスマスツリーをバックに1ショット。


      20121211WOOF10



夕暮れの中庭のテラスには素敵なクリスマスツリーがありました。


      20121211WOOF11



クリスマスツリーのイルミネーションをバックに 

はい、ポーズ!!


      20121211WOOF12


      20121211WOOF13




誰もいない薄暗いドッグランにて


      20121211WOOF14


      20121211WOOF15



富士山もシルエットしか判りません。


      20121211WOOF16


さぁ びいすけ。そろそろご飯の時間だよ。


      20121211WOOF17





旅行の楽しみのひとつ
待ちに待った夕食の時間です。


本日の夕食は和洋折衷コースに焼き物をオプションでステーキに変更。


こちらが 前菜


      20121211WOOF18



こちらが 本日の刺身 

    
      20121211WOOF21


そして メイン


      20121211WOOF22


さらにはデザート


      20121211WOOF23



びいすけ にも晩御飯を頼みました。
鹿肉ボールの野菜ポトフ(かぼちゃのモンブラン付き)


      20121211WOOF19


実は事前にお部屋でカリカリフードを食べてきたのですが.........

速攻で完食です(笑)


      20121211WOOF20






夕食のあとは車に乗って外出
花の都公園のイルミネーションを見に行きました..........









イルミネーションを楽しんで再びWoofに戻ってきます。


正面玄関前にて


       20121211WOOF26


       20121211WOOF27


せっかくサンタの衣装に着替えたのだから
Woofの館内でX'mas気分に浸りましょう。



定番のロビー


      20121211WOOF24



      20121211WOOF25



ロビーのクリスマスツリー


      20121211WOOF28




中庭テラスのクリスマスツリー


      20121211WOOF29


      20121211WOOF30


      20121211WOOF31


      20121211WOOF32


      20121211WOOF33


      20121211WOOF34





本栖湖ら始まった今日。
一日遊び回ったから、さすがの びいすけ も疲れきったようです。


      20121211WOOF35


      20121211WOOF36






さて、 びいすけ も寝たことだし.........




おごそかに(?)誕生日を祝う夜


      20121211WOOF37





こうして、山中湖の夜は静かにふけていくのでした..............。


 
 
 
 
 
 
2012/12/22 Sat. 12:00 | trackback: -- | 本文: 0edit

富士五湖周遊旅行 その7  花の都公園 イルミネーション             (2012年12月11日)(山梨県南都留郡山中湖村) 

12月11日



この日の宿泊先は 山中湖 ドッグリゾート Woof


Woofでの滞在の様子は次回にして
Woofでの夕食を終えた後、再び車に乗って外出。

向かった先は

  山中湖 花の都公園


山中湖アートイルミネーション『FANTASEUM』と言う
イルミネーションを見に行ってきました。


山中湖からちょっと山あい方面に車を走らせます
真っ暗な田舎の道を本当にこっちでイルミやっているのか?
少し不安になり始めた頃、イルミが見えてきました。


      20121211花の都公園イルミネーション01



駐車場に車を停めて、いそいそとイルミネーションの見学です。



ここが花の都公園の入口。


      20121211花の都公園イルミネーション02


      20121211花の都公園イルミネーション03



さっそくイルミネーションのゲートが歓迎してくれます。


      20121211花の都公園イルミネーション04


      20121211花の都公園イルミネーション05


      20121211花の都公園イルミネーション06



園内に入ると、いろいろなイルミネーションがありました。


      20121211花の都公園イルミネーション07


      20121211花の都公園イルミネーション08


      20121211花の都公園イルミネーション09


      20121211花の都公園イルミネーション10



イルミネーションの幻想的な灯が心を洗ってくれるみたいです。


      20121211花の都公園イルミネーション11



こちらはミッキーとミニーのイルミネーション。


      20121211花の都公園イルミネーション12


      20121211花の都公園イルミネーション13



こちらはプーさんのイルミネーション。


      20121211花の都公園イルミネーション14


      20121211花の都公園イルミネーション15




トトロのイルミネーションもありました。


      20121211花の都公園イルミネーション16



広い園内にはいろんなイルミネーションでいっぱいです。

平日だから来園者も少なく、ゆっくりイルミネーションを見学できます。


      20121211花の都公園イルミネーション17


      20121211花の都公園イルミネーション18



こちらはイルミネーションの迷路。

意外に出口が判らず、迷ったりして面白かった。


      20121211花の都公園イルミネーション19


      20121211花の都公園イルミネーション20



冬の名物詩のX'masのイルミネーション
全国各地、いろんなところでイルミネーションがこの時期に催されているけど
やっぱり、イルミネーション見学は寒いのが当たり前

山中湖湖畔近くの花の都公園。
きっと昼間は違った顔をしているんだろうけど
吐く息が白いこんな冬の夜、
イルミネーションがピッタリの場所でした...............。


 
 
 
 
 



   
 
2012/12/22 Sat. 00:12 | trackback: -- | 本文: 0edit