FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

岩富城址 (2012年10月26日)(千葉県佐倉市) 

10月26日 公休日


10月21日の夜に薄着をしていて、どうやら風邪を引いてしまいました。
22日の公休日は一日寝ていたものの、回復せず
23日の勤務を終え、ついにダウン
24日は仕事を休んでしまいました。

いやぁ、風邪をひいたのは一年ぶり
滅多に引かないんだけど、
この年になると、体がダウンするとついつい弱気になってしまます。

この数日間はまともに びいすけ を散歩に連れて行けなかったので
お詫びを兼ねて(?)午前中の暖かい内にちょこっと足を伸ばしてみました。


この岩富城址、実は すいらん に行くときに
いつもその脇を車で通り過ぎていました。
一度、立ち寄りたいと思いながらも
ついつい今日まで延び延びになってしまいました。


県道の抜け道沿い(おそらく佐倉と東金を結ぶ古道)に
ひっそりと案内板が建っています。


      20121026岩富城址01


      20121026岩富城址02


      20121026岩富城址03


この岩富城址、現在は浅間神社となっていますが
平安時代末期に築城されたらしく臼井城の臼井氏、そののち原氏が本拠とし、
原氏滅亡後、徳川家臣となった北条氏勝が1万石で入封したらしい
1613年、氏勝の養子の氏重が下野国(栃木県)に転封となり
この地は廃城となり現在に至っているらしい。




岩富城の虎口と土塁


      20121026岩富城址04


虎口を抜けると主郭跡地
現在は一部が畑と、その奥が浅間神社なっています。


      20121026岩富城址05


      20121026岩富城址06



もうひとつの虎口


      20121026岩富城址07


      20121026岩富城址14



土橋があり、その下は空堀ですが藪で深さがよく判りません。


      20121026岩富城址08

 
      20121026岩富城址13



主郭の畑の反対側にはフェンスがあって
一瞬、公園か?と思いましたが.........


      20121026岩富城址09


どうやらヤギの飼育場みたいです。
ヤギが二匹飼育されているようです。


      20121026岩富城址11

 
ヤギが立っているあたりが見事な土塁。
この城址で残されている遺構の一部ですが
フェンスの中なのでじっくり見ることが出来ません。


      20121026岩富城址10



畑の北側にも土塁が残っています。

      
      20121026岩富城址12


下総(北総)地区の多くの城が小田原の役(秀吉の小田原攻め)で
落城、廃城となった中、徳川の時代までその歴史を残した小さな城、岩富城。
30分もあれば、ぐるっと回ってしまうけれど
このままの形でいつまでも残っていて欲しいと、ついつい思ってしまいます.......。


 
 
 
 
 
      
スポンサーサイト



2012/10/28 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: 2edit