FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

久しぶりの佐倉城址公園への散歩                    (2012年6月4日)(千葉県佐倉市) 

6月4日 公休日(連休初日)


吉岡ドッグランからお昼に一度自宅へ戻り、
この日は贅沢に昼寝を決め込みました。

夕方、ムクっと起きだし、夕方の散歩と相成りました。
久しぶりに佐倉城址公園に散歩に行ってみよう。

いつもは京成佐倉駅前を通り、歴史博物館側から佐倉城址公園に入りますが
今日は逆コース、成田街道を歩いて、市民体育館側から入ってみました。


体育館を過ぎると大手門跡

      20120604佐倉城址公園01


      20120604佐倉城址公園02




城址公園の入口付近でワンちゃんにご挨拶。
初めて会うハップくん 13歳 牡
ビーグルとゴールデンのMIX犬だそうです。

      20120604佐倉城址公園03


      20120604佐倉城址公園04





6月16日、17日には佐倉菖蒲祭りが行われるようです。

      20120604佐倉城址公園05



最近、城址めぐりにハマってしまっている割には
佐倉城址をじっくり見ることがありませんでした。
今までは、散歩をする公園っていうイメージが強かったけれど
今日は歴史のある公園を歩くんだ!!
そんな気持ちで歩いてみました。


案内板(説明版)もしっかり準備されています。


     20120604佐倉城址公園06


これが空堀


      20120604佐倉城址公園07






      20120604佐倉城址公園09


      20120604佐倉城址公園08





ここが三の門跡

      20120604佐倉城址公園10



このあたりが三郭にあたります。

      20120604佐倉城址公園11


      20120604佐倉城址公園12


      20120604佐倉城址公園13


      20120604佐倉城址公園14






二の門跡

      20120604佐倉城址公園15


      20120604佐倉城址公園16


      20120604佐倉城址公園17





一の門跡

これより先が本丸となります。

      20120604佐倉城址公園18


      20120604佐倉城址公園19





佐倉城は本丸の周りをぐるっと土塁に囲まれている造りとなっていました。

      20120604佐倉城址公園20




土塁の上から見た本丸。

      20120604佐倉城址公園21


銅櫓跡

徳川家康から佐倉城主を命じられた土井利勝が7年かけて改築した佐倉城。
その時、江戸城から移築された銅櫓があった場所らしい。

      20120604佐倉城址公園22


      20120604佐倉城址公園23




本丸跡

今は芝生広場となっています。

芝生広場だからってノーリードはいけません。
(分かっていないお馬鹿な飼い主がこの辺りには多くって...........)


      20120604佐倉城址公園24


      20120604佐倉城址公園25


      20120604佐倉城址公園26


      20120604佐倉城址公園27


      20120604佐倉城址公園28


      20120604佐倉城址公園29




佐倉城は石垣がまったく無い城でした。
そのため、土塁や空堀が多い城だったそうです。

      20120604佐倉城址公園30





ここは姥ヶ池

      20120604佐倉城址公園31





ここは城址公園内にある菖蒲園。
この場所で6月16日、17日に菖蒲祭りが行われるようです。

      20120604佐倉城址公園32


      20120604佐倉城址公園33


      20120604佐倉城址公園34


      20120604佐倉城址公園35




帰りは京成佐倉駅前を通って帰りましょう。


      20120604佐倉城址公園36
 

いつもは散歩が目的の公園でしたが
今回はじっくり散策をしてみました。

2時間近く充実した散歩となりました。




 
     
スポンサーサイト



2012/06/09 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit