FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

龍角寺 (2012年4月25日) (千葉県印旛郡栄町) 

4月25日 公休日

印旛沼の龍神伝説があります。

天平3年(731年)この地域が干ばつに見舞われたとき、
釈命が祈祷したところ、印旛沼の龍が天に昇って雨を降らせたが、
その龍の体は3つに分かれて地上に落ちてしまった。
その3つに分かれて死んでしまった龍の頭の部分をこの寺に祀り「龍角寺」と改称したという。
伝承では龍の腹が落ちた地の寺が龍腹寺(千葉県印西市、旧・本埜村)、
尾が落ちた地の寺は龍尾寺(千葉県匝瑳市大寺)という名前になったという。


今年は辰年(龍年)
今年中にその龍神伝説にまつわる三寺(龍角寺、龍腹寺、龍尾寺)の見学を
制覇してしまおうという壮大(どこが?)な野望があります。

龍腹寺は先日制覇いたしました。


本日はその第2弾。
龍角寺に行ってきました。

車で龍角寺までまっすぐ行っても良かったんですが
せっかくのお出かけだから、散歩も兼ねて
房総のむらの駐車場に車を停めて歩いてみました。

      20120425 龍角寺01


道端に菜の花が綺麗に咲いていました。

      20120425 龍角寺02



亀の子池という、へら鮒の釣り掘がありました。

      20120425 龍角寺04
      
      20120425 龍角寺03



しばらく歩くとこんな標識が.......... 
どうやら房総のむらから龍角寺までは1.1kmのようですね。
あと少しです。

      20120425 龍角寺05
  

お地蔵さんもこんにちわ!

      20120425 龍角寺06


龍角寺に到着です。

      20120425 龍角寺07


      20120425 龍角寺08


      20120425 龍角寺09


      20120425 龍角寺10


      20120425 龍角寺11



境内ノ塔阯 

      20120425 龍角寺12


      20120425 龍角寺13


ここにも震災の傷跡が....

      20120425 龍角寺14




どうやら不届き者が多いようです。

      20120425 龍角寺15


時刻もお昼。
コンビニで買ってきたおにぎりとパンでお昼。

      20120425 龍角寺16


      20120425 龍角寺17


      20120425 龍角寺18


      20120425 龍角寺19


      20120425 龍角寺20


      20120425 龍角寺21


      20120425 龍角寺22


帰りはわざと遠回りして
里山方面を歩きます。

      20120425 龍角寺23


      20120425 龍角寺24


道案内の看板を頼りに房総のむらへ.......

      20120425 龍角寺25



おそらく、帰りは3kmくらい歩いたんではなかろうか?
車に辿り着いた頃には両足のふくらはぎはパンパン。

いやぁ~、結構歩いたものです。


休日の散歩には十分な距離でした...........


竜神伝説の地もこれで二つ制覇。
残すは、匝瑳市の龍尾寺のみとなりました。
こちらもいずれ訪れてみたいものです...........。
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



2012/04/28 Sat. 21:00 | trackback: -- | 本文: 2edit

フロントライン (2012年4月22日) 

4月22日 公休日



今年もいよいよシーズンが始まりました。


特に雑木林の森林の散策や最近ハマり始めた城址巡り。
これからは草木も茂る季節。


慌ててネットで注文し、届いたのが4月20日の夜。


      20120422 フロントライン 01

      20120422 フロントライン 02

      20120422 フロントライン 03




4月21日の夜にシャンプーをして
4月22日の今日、今シーズン初めてのフロントラインとなりました。


気配を察してか?部屋の中を逃げ捲ります。
捕まえると尻尾は中に入り込んでました。


      20120422 フロントライン 04

      20120422 フロントライン 05



無事、完了。




これで取りあえずは一安心。
野山も心おきなく走らせることが出来ます。

お~い、びいすけ。
いっぱい、いっぱいお出かけしような!



   
2012/04/28 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: 4edit