FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの通勤・途中下車.........月詣 菊田神社    (2019年9月13日)(千葉県習志野市) 

9月13日

この日は、遅番勤務。
13時10分の出勤だから、出勤途中に寄り道しちゃいましょう。

という事で、京成津田沼駅で乗り換えついでに途中下車。
京成津田沼駅近くの菊田神社へと向かいます。


社号標。

      20190913菊田神社01



神社社頭。

      20190913菊田神社02



参道の狛犬。

      20190913菊田神社03



狛犬と拝殿。

      20190913菊田神社04



こちらが拝殿。

      20190913菊田神社05



拝殿向拝。

      20190913菊田神社06



いつ見ても、立派な彫刻です。

      20190913菊田神社07


      20190913菊田神社08



この日は、平日。
いつもより境内は空いている。

      20190913菊田神社09



それでも朝から35人の御朱印待ちになるのか?

      20190913菊田神社10



こちらが、この日頂いた御朱印。


9月15日までの 『菊まいり』。

      20190913菊田神社11



こちらは、9月限定の月替わりの御朱印。

      20190913菊田神社12


月詣の菊田神社。
今月も無事、参拝出来ました。





スポンサーサイト



2019/10/14 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............鹿嶋吉田神社(2019年9月8日)(茨城県潮来市) 

9月8日

この日は、潮来市に出かけました。


大生神社をあとにして、向かった先は................鹿嶋吉田神社。


鹿嶋吉田神社は、潮来市新宮に鎮座する神社です。

古代より吉高村の産土様で『鹿嶋明神』と称し、
時の城主・島崎彦四郎公の崇敬を受けていたようです。
元禄9年(1696)に古高村の産土(うぶすな)様として祀られていた鹿嶋明神と
洲崎村の産土神であった諏訪明神を合祀して神社を建てたようです。
諏訪神社はいつの間にか吉田神社となり祭神も日本武尊になったようです。

この神社で奉納される延方相撲は、
寛文13年(1673年)相撲祭を延方村鎮守である
鹿嶋吉田神社に奉納したことに始まり、
江戸勧進相撲の格式をもって今日に伝えられ、
茨城県の文化財(無形民俗) に指定されています。



御祭神は、武甕槌命(たけみかずちのみこと)
     日本武尊(やまとたけるのみこと)



こちらが社号標。

      20190908鹿嶋吉田神社01


慌てていて、鳥居の写真を撮り忘れてしまいましたが
社号標の脇に建つ鳥居は二の鳥居。
一の鳥居は、社号標から約400mほど南の場所に建っています。



参道口には『延方相撲』の標柱も建てられています。

      20190908鹿嶋吉田神社03



それでは、参道を進みましょう。

      20190908鹿嶋吉田神社04



手水舎。

      20190908鹿嶋吉田神社05



こちらが、拝殿。

      20190908鹿嶋吉田神社06



拝殿正面。

      20190908鹿嶋吉田神社07


      20190908鹿嶋吉田神社08



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190908鹿嶋吉田神社09


      20190908鹿嶋吉田神社10



別アングルからの拝殿。

      20190908鹿嶋吉田神社11



そして、こちらが本殿。

      20190908鹿嶋吉田神社12



拝殿前に鎮座する狛犬。

      20190908鹿嶋吉田神社13


      20190908鹿嶋吉田神社14




境内社の恵比寿神社。

      20190908鹿嶋吉田神社15

えびす神の幟が立っています。
    



境内社の千勝神社。

      20190908鹿嶋吉田神社19




こちらも境内社。

      20190908鹿嶋吉田神社16


      20190908鹿嶋吉田神社17


      20190908鹿嶋吉田神社18



こちらは、参集殿。

      20190908鹿嶋吉田神社20

てっきり社務所かと思ったら、宮司さんの自宅の一部が社務所になっていました。



鹿嶋吉田神社の境内。

      20190908鹿嶋吉田神社21
      20190908鹿嶋吉田神社22

真ん中のテントの下は土俵。
奉納相撲が行われるんですね。



そして、こちらが鹿嶋吉田神社の御朱印。

      20190908鹿嶋吉田神社23


宮司さんの自宅の一部である社務所にて拝受いたしました。
『御朱印帳を忘れてしまったので、半紙に書いてください』とお願いしたら
嫌な顔もせず対応して頂きました。 ありがとうございました。


実は、大生神社から鹿嶋吉田神社に移動する際、
車のスマートキーのバッテリーの寿命が切れかかってしまい
ドアが開かない。
ハンドルロックが解除できない。
等の障害に逢い、その度にスマートキーを叩いて
ドアロックを解除したり、ハンドルロックを解除したりと、
何とか凌いでいましたが、運転中に『キーが近くにありません』とエラー表示が出てしまい

これは、やばい!!

エンジンを切らずに鹿嶋吉田神社を参拝し、
台風が近づく前に帰らないと本当に帰れなくなる。

鉾田市の方に足を伸ばしたかったのですが
一路、自宅へと戻ることになりました。

いつか、鉾田市へはリベンジですね。





      
2019/10/12 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............大生神社(2019年9月8日)(茨城県潮来市) 

9月8日

この日は東京都下の多摩市の神社の祭礼にお邪魔して、
『あわよくば御朱印を! 』と目論み、
そのまま八王子の実家に泊まる予定でいましたが
超大型の台風15号が夜半に関東に上陸すると言う情報。
多摩地区へ行くのを諦め、茨城県の潮来市に向かいました。

本当は潮来から鉾田の方に足を伸ばすつもりでしたが
ちょっとしたトラブルがあって潮来市止まり。

潮来市で向かった先は.............大生神社。


大生神社は、潮来市大生に鎮座する神社です。

由緒には諸説があるようですが、大生神社の社伝によれば

太古から当地に鎮座し、神護景雲元年(767年)に大和 国春日遷幸(鹿島神勧請による春日大社創建)。
大同元年(806年)2月11日、当地に遷還。
大同2年(807年)、鹿島に遷幸し跡地(大生)に分霊を奉斎したとされています。

いずれにしても、鹿島神宮との関連が深いことから
「鹿島の本宮」、「元鹿島の宮」といういう呼称もあるそうです。

中世には当地の豪族・大生氏からの崇敬を受けたとされています。
実は、何年かまえに、その大生氏の居城である大生城址に訪れた時に
こちらの神社にも立ち寄った事があります。
(その時の記事は こちら )


御祭神は、健御雷之男神 (たけみかづちのおがみ)。




神社社頭。

      20190907大生神社01


大生神社は茨城県の文化財に指定されているようです。

      20190907大生神社02



大生神社の本殿と社業が茨城県の指定文化財のようです。

      20190907大生神社03

拝殿と斎殿が潮来市の文化財に指定されているそうです。



手水舎。

      20190907大生神社04



参道脇には杉の古木が並ぶ。
苔生した参道とその先の拝殿。

      20190907大生神社07
      20190907大生神社06

ちょっとした、神々しさを感じます。




こちらが、拝殿。

      20190907大生神社08

潮来市の指定文化財。



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190907大生神社09



別アングルからの拝殿。

      20190907大生神社10


      20190907大生神社11



そして、こちらが本殿。

      20190907大生神社12



別アングルから。
手前が本殿。背後が拝殿。

      20190907大生神社13




こちらが、斎殿。


      20190907大生神社14

こちらも、潮来市の指定文化財。



確かに、彫刻が素晴らしい。

      20190907大生神社15



境外社の松和稲荷神社。

      20190907大生神社16



境内の祠。

      20190907大生神社17


      20190907大生神社18



鳥居近くの七つ井戸。

      20190907大生神社19



忠魂碑 。
  
      20190907大生神社20



でも、やっぱり一番は大生神社の社業。

      20190907大生神社21



神々しさは、何とも言えない。

      20190907大生神社22
      20190907大生神社23


     20190907大生神社24
      20190907大生神社25



こちらが、大生神社の御朱印。

      20190907大生神社26


本務社の鹿嶋吉田神社にて頂きました。

この日は慌てていたのか? 御朱印帳を忘れてしまって
半紙に書いてもらい、書き置き対応をしてもらいました。


2019/10/11 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

再訪.................東金日吉神社 (2019年9月4日)(千葉県東金市) 

9月4日

この日は、富里市から東金市へと向かいました。

富里香取をあとにして、向かった先は.........東金日吉神社、



以前、千葉県神社庁のHPを見て、
御朱印が頂ける神社と言うことで訪れた大網白里市の柏原神社。
( その時の記事は、 こちら )
その時は神社も無人で御朱印を頂く事が出来ませんでした。

色々と調べていたら、東金日吉神社の兼務社だと言う事が判り
ならば、東金日吉神社で色々訊いちゃおうと、訪れてみました。

東金日吉に訪れるのは、これで2回目。


社号標。

      20190904東金日吉神社01

『日吉神社』と書いて『ひえじんじゃ』と読むそうです。


神社社頭。

      20190904東金日吉神社02


日吉神社の見所は、何と言っても境内の杉の巨木。

      20190904東金日吉神社03
      20190904東金日吉神社04
      20190904東金日吉神社05

二の鳥居から本殿までの約200mの表参道。
その両側には、39本もの大杉が立ち並んでいます。
これが、東金市の天然記念物に指定されています。

      20190904東金日吉神社06
      20190904東金日吉神社07
      20190904東金日吉神社08



日吉神社表参道の杉並木。

        20190904東金日吉神社10
      20190904東金日吉神社09



この参道の杉並木を初めて見た時は
ちょっぴり感動ではないけれど、神秘的なモノを見た気がしました。

      20190904東金日吉神社11



参道の先には拝殿。

      20190904東金日吉神社12


手水舎。

      20190904東金日吉神社20



拝殿正面。

      20190904東金日吉神社13



拝殿に掲げられた扁額。

      20190904東金日吉神社14



そして、こちらが本殿。

      20190904東金日吉神社15



拝殿前に鎮座する狛犬。

      20190904東金日吉神社16


      20190904東金日吉神社17


そして、神使いの猿。

      20190904東金日吉神社18


      20190904東金日吉神社19



前回来た時には無かった神輿殿。

      20190904東金日吉神社21

ガラス張りだから、立派な神輿を見ることが出来ます。



こちるが、授与所。

      20190904東金日吉神社22


何と、日吉神社でも数種の御朱印を拝受するようになったみたいです。

      20190904東金日吉神社23


せっかくだから、月替りの御朱印を含めて
4種の御朱印を頂きました。


こちらが通常版。

      20190904東金日吉神社24


9月限定版①。

      20190904東金日吉神社25


9月限定版②

      20190904東金日吉神社26


9月限定版 見開きバージョン。

      20190904東金日吉神社27


肝心の柏原神社の御朱印ですが
日吉神社では対応していないらしい。

ひょっとしたら、氏子さんで管理されていて
祭礼とか特別な日に頂けるのだろうか.........?






2019/10/07 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

月詣 《 富里香取神社 》 (2019年9月4日)(千葉県富里市) 

9月4日

昨年の秋から続けている富里香取神社の月詣。


今月もお参りに行って来ました。

      20190904冨里香取神社01


鳥居。

      20190904冨里香取神社02


鳥居脇のいつもの看板。

      20190904冨里香取神社03



参道と狛犬。

      20190904冨里香取神社04


そして、拝殿。

      20190904冨里香取神社05


      20190904冨里香取神社07



境内には、『あきもうで』の幟。

      20190904冨里香取神社06

暑い日が続くけど、暦の上では、もう秋。


神社向かいの御神田の稲穂の頭も垂れてきた。

      20190904冨里香取神社08


収穫も近いのでしょう。

      20190904冨里香取神社09



こちらが、月替りの御朱印。

      20190904冨里香取神社10

こちらにも稲穂が実っていました。




2019/10/06 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

再訪 大杉神社 (2019年8月26日)(茨城県稲敷市) 

8月26日

この日は、稲敷市に出かけました。

数日前にネットで、稲敷市の大杉神社の境内社である勝馬神社の御朱印が
最近になって授与されている事を知りました。
大杉神社には以前訪れた事がありますが( その時の記事は こちら )
その時から、勝馬神社の御朱印かあれば良いなと思っていました。

御朱印が頂けるのなら、行かなきゃダメでしょ?

と言う事で、向かった先は.............大杉神社。


一の鳥居。

      20190826大杉神社01



二の鳥居。

      20190826大杉神社02


      20190826大杉神社03



神門。

      20190826大杉神社04

大杉神社では、神門の中に狛犬が鎮座しています。



手水舎。

      20190826大杉神社05



こちらが、拝殿。

      20190826大杉神社06


別アングルからの拝殿。

      20190826大杉神社07


そして、本殿。

      20190826大杉神社08



こちらは、境内社の大国神社。

      20190826大杉神社09


同じく境内社・五十瀬神社。

      20190826大杉神社10


同じく、境内社・白山神社。

      20190826大杉神社11



境内社・四柱神社。

      20190826大杉神社12



境内社・天満宮。

      20190826大杉神社13


こちらは、葦船神社。

      20190826大杉神社14


まだまだ境内社は多い。


こちらが最勝立身出世稲荷神社。

      20190826大杉神社15


      20190826大杉神社16


      20190826大杉神社17


      20190826大杉神社18



こちらは、勝馬神社。

      20190826大杉神社19


      20190826大杉神社20


      20190826大杉神社21


      20190826大杉神社22



こちらは、相生神社。

      20190826大杉神社23


      20190826大杉神社24



境内社・捄総神社。

      20190826大杉神社25


      20190826大杉神社26



確かに、境内社の多い大杉神社。
駐車場側(裏側)から最勝出世稲荷神社、勝馬神社、相生神社と参拝しましたが
拝殿側からだと、この鳥居の先に境内社があります。

      20190826大杉神社27


扁額には、境内社の社号が並びます、

      20190826大杉神社28


最勝稲荷神社の手水舎。

      20190826大杉神社29


弓場の的

      20190826大杉神社30



麒麟門。

      20190826大杉神社31


この麒麟門の豪華さと、豪奢な社殿を擁することから
大杉神社が『茨城の日光東照宮』と言われる所以となっています。
      20190826大杉神社32

麒麟門は、大災害や富士山の噴火などの災厄を避けるため、
江戸時代に建てられました。
実は江戸の鬼門に位置し、江戸に災厄がこないように、
今でも開門はしないそうです。



鐘楼。

      20190826大杉神社33

何故か、鐘がありません。


宝物殿。

      20190826大杉神社34


神楽殿。

      20190826大杉神社35


参集殿。

      20190826大杉神社36



御神木の三郎杉。

      20190826大杉神社37
      20190826大杉神社38
      20190826大杉神社39



そして、こちらが大杉神社の御朱印。

      20190826大杉神社40


最近になって境内社の御朱印もいただけるようになりました。


境内社・大國神社の御朱印。

      20190826大杉神社41


境内社・勝馬神社の御朱印。

      20190826大杉神社42

この御朱印が欲しかったのです。


同じく、境内社・
最勝立身出世稲荷神社の御朱印。

      20190826大杉神社43


境内社・天満宮の御朱印。

      20190826大杉神社44



境内社・捄総神社の御朱印。

      20190826大杉神社45


境内社・相生神社の御朱印。

      20190826大杉神社46



なんと、七福神の御朱印も期日限定であるらしい。

      20190826大杉神社47

一気に御朱印の数が増えたのは良いけれど、
何故か、初穂料が300円から500円に上がっている。

う〜ん、確かに御朱印ブームで人気があるのかも知れないけれど
種類を増やして、値上げする.................
商売っ気に走ったか?

ちょっと考えさせられるなぁ。







2019/10/01 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............長倉神社(2019年8月23日)(長野県北佐久郡軽井沢町) 

8月23日

1泊2日の群馬・長野旅行。
2日目は長野県の軽井沢に出没しています。
旧軽井沢の諏訪神社をあとにして、向かった先は..........................長倉神社。



長倉神社は、軽井沢町長倉に鎮座する神社です。


式内社・長倉神社に比定されている古社です。
天明三年(1783年)の浅間山噴火の際に古文書等を焼失してしまったため
創祀年代は不明となっています。
一説によれば、天長年間(824~)の創祀ともされています。

鎮座地周辺は、江戸時代には沓掛宿として栄えた地であり、
当時、八幡宮と呼ばれ、沓掛宿の鎮守産土神として崇敬されていたそうです。

御祭神は、 誉田別尊  息長足姫尊 玉依姫尊




神社社頭。

      20190823長倉神社01



鳥居。

      20190823長倉神社02



参道。

      20190823長倉神社03



手水舎。

      20190823長倉神社04



こちらが拝殿。

      20190823長倉神社05


拝殿正面。

      20190823長倉神社08



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190823長倉神社09


扁額は、もう一枚。

      20190823長倉神社13



別アングルからの拝殿。

      20190823長倉神社10


      20190823長倉神社11



拝殿後方の覆殿

      20190823長倉神社12

この中に本殿かあります。

さすがに写真は撮れませんでしたが
待ち合わせをしていた氏子総代さんのご厚意で
覆殿内に入れていただき、本殿の見事な彫刻を拝見させて頂きました。



拝殿前の狛犬。

      20190823長倉神社06


      20190823長倉神社07


狛犬と びいすけ 。

      20190823長倉神社14


      20190823長倉神社15



境内社。

      20190823長倉神社16


      20190823長倉神社17


      20190823長倉神社18


      20190823長倉神社19



こちらの境内にも土俵がありました。

      20190823長倉神社20



境内の片隅には、苔生したせきぶ。

      20190823長倉神社21

神仏習合の色合いが強いですね。



こちらが社務所。

      20190823長倉神社22

普段は無人の神社。
碓氷峠に鎮座する熊野皇大神社の兼務社になります。



こちらが、長倉神社の御朱印です。

      20190823長倉神社23



実は、こちらの長倉神社の御朱印が今回一番苦労しました。

ネットで長倉神社の御朱印の記事を見かけ、連絡先に電話をしてみましたが、
そちらは熊野皇大神社の宮司さんの自宅でした。

長倉神社の御朱印について問い合わせて見ると、
熊野皇大神社では長倉神社の御朱印の対応はしていないとの事でした。

軽井沢の観光協会に問い合わせてみても、
『熊野皇大神社に問い合わせて下さい』とのつれない回答。


正直、長倉神社の御朱印は諦めていました。


この日の午前中に参拝した熊野皇大神社で、
長倉神社の御朱印のことを聞いてみたら
やっぱり、熊野皇大神社では御朱印のことは知らないらしく、
応対していただいた禰宜さんの奥様が、
長倉神社の氏子総代さんに問い合わせてくれました。

そして、氏子総代さんが御朱印対応していただけるという事で、
13時に長倉神社の拝殿前で待ち合わせという経緯で
何とか御朱印をいただく事ができました。

たかが御朱印。されど御朱印。
この長倉神社の御朱印は色々な方の配慮があって頂けたもの。
これも一つの御縁。
この御縁を大切にして行こう。


2019/09/26 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............諏訪神社(2019年8月23日)(長野県北佐久郡軽井沢町) 

8月23日

1泊2日の群馬・長野旅行。
2日目は長野県の軽井沢に出没しています。
碓氷峠の熊野皇大神社(碓氷峠熊野神社)をあとにして、
向かった先は..........................旧軽井沢 諏訪神社。


旧軽井沢 諏訪神社は、軽井沢町軽井沢旧軽井沢に鎮座する神社です。

創建年代は不詳なですが、軽井沢の開発当初に信州一の宮である『諏訪大社』の御分霊を載き、
奉斎せられたもので、軽井沢の鎮守産土の神として、古来より厚く崇敬されています。

御本殿は中山道軽井沢宿が最も繁栄した元禄期の再建であって、
優れた彫刻が施されており、立派な建築です。

御祭神は、 健御名方富命(たけみなかたとみのみこと)。





こちらが社号標。

      20190823諏訪神社01



神社社頭。

      20190823諏訪神社02



参道の由緒書き。

      20190823諏訪神社03



狛犬。

      20190823諏訪神社04


      20190823諏訪神社05



手水舎。

      20190823諏訪神社06



こちらが拝殿。

      20190823諏訪神社07


  

拝殿正面。

      20190823諏訪神社08



別アングルからの拝殿。

      20190823諏訪神社09


      20190823諏訪神社10



境内社。

      20190823諏訪神社11



神楽殿。

      20190823諏訪神社12


さすが諏訪神社。
境内には土俵もあります。

      20190823諏訪神社13




御神木。

        20190823諏訪神社14
        20190823諏訪神社15
    20190823諏訪神社16



こちらが授与所。

      20190823諏訪神社17

御朱印はこちらで拝受出来ます。



そして、こちらが御朱印。

      20190823諏訪神社18



こちらの諏訪神社、実は碓氷峠に鎮座する熊野皇大神社の兼務社になります。
しかしながら、氏子さんが交代で授与所に詰めて、御朱印の応対をしてくれているようです。

どうやら、軽井沢町に鎮座する神社は、全て熊野皇大神社の兼務社になるそうです。




2019/09/25 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............碓氷峠熊野神社 (2019年8月23日)(群馬県吾安中市) 

8月23日

この日訪れた、碓氷峠に鎮座する熊野神社。

境内の真ん中に県境線が在って、
同じ境内に二つの神社が鎮座するという全国的にも珍しい神社。

長野県側(軽井沢町)に鎮座するのが熊野皇大神社。
そして、群馬県側(安中市)に鎮座するのが、
こちらの碓氷峠熊野神社です。

と言うのも、戦後に宗教法人法が制定された際に
都道府県ごとに宗教法人の登記が必要となりました。
このため一つの神社でありながら、県境を挟んで長野県側が熊野皇大神社、
群馬県側が熊野神社という別々の宗教法人となりました。
社殿は一つの神社ですが、宮司や社務所、賽銭箱、お守り、ご祈祷は別々となります。。
元々、碓氷峠を境に上州(今の群馬県)、信州(今の長野県)と国が分かれていたたため
それぞれの国に社家が存在し、古くから論争があったそうです。


碓氷峠熊野神社の由緒は、熊野皇大神社と同様になるようで
社伝によれば、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東征の帰路で
碓氷峠に差し掛かった際、濃霧が生じて道に迷った。
この時に一羽の八咫烏が梛の葉を咥えて道案内をし、
無事に頂上に着いた事を感謝して熊野の神を勧請したのが
熊野皇大神社の由来だとされています。

御祭神は、本宮 伊邪那美命 日本武尊
     新宮 速玉男命



同じ境内に鎮座する神社だから、参道や鳥居なども共通。


やはり、社殿も共通。

こちらが本宮。

      20190823熊野皇大神社16

長野県、群馬県の両県にまたがる社殿です。


群馬県側には、『碓氷峠 熊野神社』の社号標。

      20190823碓氷峠熊野神社03


こちらが、新宮。

      20190823碓氷峠熊野神社02


      20190823碓氷峠熊野神社06



新宮には、群馬県指定文化財の子鏡が奉納されているようです。

      20190823碓氷峠熊野神社04



こちらは、群馬県側の神楽殿。

      20190823碓氷峠熊野神社01



新宮と神楽殿。

      20190823碓氷峠熊野神社05



境内社の稲荷大明神。

      20190823碓氷峠熊野神社07



同じく境内社の健康神社。

      20190823碓氷峠熊野神社08



その由緒書き。

      20190823碓氷峠熊野神社09



杉浦翠子歌碑。

      20190823碓氷峠熊野神社10



隋神門の群馬県側は碓氷峠熊野神社の授与所。

      20190823碓氷峠熊野神社11

御朱印はこちらで拝受出来ます。



御朱印を待つ間、神楽殿前で大人しく待つ びいすけ 。

      20190823碓氷峠熊野神社12


      20190823碓氷峠熊野神社13



こちらが、碓氷峠熊野神社の御朱印。

通常版。

      20190823碓氷峠熊野神社14



日本三熊野。

      20190823碓氷峠熊野神社15

ちなみに、日本三熊野とは和歌山県の熊野三山、
山形県の熊野神社 (南陽市) と、
こちらの碓氷峠熊野神社のこととされています。



2019/09/24 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............熊野皇大神社(2019年8月23日)(長野県北佐久郡軽井沢町) 

8月23日

1泊2日の群馬・長野旅行。
その2日目は軽井沢に向かいます。

まず、最初に向かったのは.............熊野皇大神社。


熊野皇大神社は、軽井沢町峠町に鎮座する神社です。

碓氷峠頂上 標高1200mに位置し、
自然豊かな軽井沢に鎮座する神社です。
また、全国的にも珍しい県境、お社の中央で長野県と群馬県に分かれた神社です。
一つの神社でありながら2つの宗教法人が顕在し、
長野県側を熊野皇大神社と称し、群馬県側を熊野神社と称しています。
その為、宮司も2人存在し、それぞれ神社のお祀りを行っているそうです。
長野県側は神社庁により特別神社に指定されているそうです。

社伝によれば、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東征の帰路で
碓氷峠に差し掛かった際、濃霧が生じて道に迷った。
この時に一羽の八咫烏が梛の葉を咥えて道案内をし、
無事に頂上に着いた事を感謝して熊野の神を勧請したのが
熊野皇大神社の由来だとされています。

御祭神は、本宮 伊邪那美命  日本武尊
     那智宮 事解男命



神社社頭。

      20190823熊野皇大神社01

向かって右側が群馬県安中市(旧・松井田町)。
左側が長野県軽井沢町。


参道にも、こんな感じで県境が示されています。
      
      20190823熊野皇大神社03



一の鳥居。

      20190823熊野皇大神社09



社号標。

      20190823熊野皇大神社04


社号標脇の狛犬。

      20190823熊野皇大神社05


      20190823熊野皇大神社06



手水舎。

      20190823熊野皇大神社07



定番の龍の吐出口。

      20190823熊野皇大神社08



参道の狛犬。

      20190823熊野皇大神社10


      20190823熊野皇大神社11


この先が石段。

      20190823熊野皇大神社12

先ほどの狛犬は『峠の狛犬』と言うらしい。


由緒書き。

      20190823熊野皇大神社13



石段を上がった先は、随身門。

      20190823熊野皇大神社14



随身門に掲げられた扁額。

      20190823熊野皇大神社15


隋神門の左側には弓大臣。

      20190823熊野皇大神社31


隋神門右側は群馬県側になります。
碓氷峠熊野神社(群馬県側)の授与所となっています。


隋神門前に鎮座する狛犬。

      20190823熊野皇大神社28


      20190823熊野皇大神社29


その脇には『峠の石の風車』。

      20190823熊野皇大神社30





そして、こちらが本宮。

      20190823熊野皇大神社16

長野県、群馬県の両県にまたがる社殿です。


賽銭箱も二つの神社に分かれています。

      20190823熊野皇大神社19


      20190823熊野皇大神社20



長野県側には熊野皇大神社の社号標。

      20190823熊野皇大神社17




こちらが、那智宮。

      20190823熊野皇大神社22




そして、こちらが御祈祷殿。

      20190823熊野皇大神社18



長野県側の神楽殿も兼ねているようです。

      20190823熊野皇大神社21



御神木『しなの木』

        20190823熊野皇大神社23
      20190823熊野皇大神社24



こちらも著名なパワースポット。
幹に特徴あり。
画面真ん中上部に注目です。

      20190823熊野皇大神社25


なんと、ハート型の穴が開いています。

      20190823熊野皇大神社26


   

こちらが、御朱印の受付。
   
      20190823熊野皇大神社27

本来の授与所は石段下、一の鳥居の脇にあります。



御朱印を待っていると、1頭のビーグルに出会いました。

      20190823熊野皇大神社32



都内からあそびにきていたびーぐるの女の仔。

      20190823熊野皇大神社33



名前を聞いたけど、忘れちゃいました。

      20190823熊野皇大神社34



こちらが、熊野皇大神社の御朱印。

通常版。

      20190823熊野皇大神社35



境拝バージョン。

      20190823熊野皇大神社36



八咫烏の切り抜きバージョン。

      20190823熊野皇大神社37

御神木バージョンの御朱印もありましたが
こちらは1000円と高価な為、今回は見送り。
次の機会にでも頂きましょう。

2019/09/23 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............岩下菅原神社 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。

群馬県と言っても広い。
今回は、吾妻地区の東吾妻町を中心に巡ります。


岩島第一小学校をあとにして、向かった先は...............岩下菅原神社。


岩下菅原神社は、東吾妻町岩下に鎮座する神社です。

残念ながら、ネット等で調べても由緒等は不明。
御祭神は、菅原道真公と思われます。



こちらが一の鳥居。

      20190822岩島菅原神社01



一の鳥居に掲げられた神額。

      20190822岩島菅原神社02



一の鳥居から二の鳥居までは100mほど。

      20190822岩島菅原神社03

元気に進む びいすけ 。


こちらが、二の鳥居。

      20190822岩島菅原神社04

二の鳥居の先は石段。



石段途中の狛犬。

      20190822岩島菅原神社05


      20190822岩島菅原神社06



そして、三の鳥居。

      20190822岩島菅原神社07



手水鉢。

      20190822岩島菅原神社08


石段を上り切った先が拝殿。

      20190822岩島菅原神社09


      20190822岩島菅原神社10


      
別アングルからの拝殿。

      20190822岩島菅原神社12


      20190822岩島菅原神社13



そして、こちらが本殿。

      20190822岩島菅原神社14



拝殿正面に飾られた提灯。

      20190822岩島菅原神社15



こちらは、神楽殿。

      20190822岩島菅原神社16


御輿庫。

      20190822岩島菅原神社17



こちらが社務所。

      20190822岩島菅原神社18

社務所は閉まっていますが
隣接する民家が宮司さん宅。

事前に電話を入れて置いたので、快く御朱印を頂く事が出来ました。


こちらが、岩下菅原神社の御朱印。

      20190822岩島菅原神社19

普段は書き置きの御朱印ですが
この日は、御朱印帳に墨書きして頂きました。
ありがとうございました。






2019/09/17 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............密岩神社 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。

群馬県と言っても広い。
今回は、吾妻地区の東吾妻町を中心に巡ります。


観音山不動滝をあとにして、向かった先は.............密岩神社。


密岩神社を語る前に、密岩神社の鎮座するの岩櫃山に触れないと
話が理解しづらいかも知れませんね。

岩櫃山は、古来から修験文化の宿る敬虔な山です。
岩櫃城の支城で「岩鼓の要害」といわれる柳沢城の下には、
岩櫃城の鬼門(東北)の鎮守として今から600年前に建てられ、
『観音様』と親しまれる瀧峩山金剛院不動堂があります。

また天狗の丸には『岩櫃神社』があり、山頂近くには、かつては祈祷の祠もあり、
現在は原町に移った善導寺も、かつては岩櫃城の鬼門・切沢に在ったそうです。
このように信仰と深く関わる岩櫃のなかで、とりわけ、謎と伝説に包まれているのが
『密岩神社』です。

奥宮といわれる古くからの神社は、東吾妻町郷原古谷地区からの密岩通り登山道の中腹にあり、
崖の岩の中に造られた社で、誰がどうやって造ったのかは謎となっています。
現在は落石により損傷が激しくて危険で、行く事ができません。
しかし、古くから密岩神社を慕う地域住民の厚い志により、
平成23年に、麓にあたる古谷地区の中心地に里宮が設けられ、遷宮が行なわれました。


岩櫃山は、東吾妻町にとっても貴重な観光資源。
岩櫃山の登山口の駐車場には、案内板も設置されています。

      20190822蜜岩神社01


生憎の天気で岩櫃城(岩櫃山)も視界が悪い。
このガスっている雰囲気が岩櫃城の荒々しさを感じさせます。

      20190822蜜岩神社02


小雨の中、カッパを着込んでる出発です。

      20190822蜜岩神社03


さっそく、ご挨拶代わりにオシッコ。

      20190822蜜岩神社04



密岩神社を目指して進みます。

      20190822蜜岩神社05

密岩神社は、古谷地区の登山口の駐車場から徒歩5分程度の距離。




画面右側の杜が密岩神社。

      20190822蜜岩神社06



びいすけ に促されるように進みます。

      20190822蜜岩神社07



神社参道口。

      20190822蜜岩神社08

さすが、真田関連の地。
真田丸のブームは未だ衰えず?
多くの幟が旗めきます。


こちらが、密岩神社。

      20190822蜜岩神社09



思っていたより、小ぶり。
コンパクトな社です。

      20190822蜜岩神社10


朱色の鳥居に掲げられた神額。

      20190822蜜岩神社11


由緒書き(いわれと御利益)

      20190822蜜岩神社12



狛犬。

      20190822蜜岩神社13


      20190822蜜岩神社14



では、参拝いたしましょう。

      20190822蜜岩神社15


賽銭は気持ち。
五円玉を6枚、真田氏にあやかって
六文銭のように並べてみました。

      20190822蜜岩神社16


怪訝そうに、こちらを見上げる びいすけ 。

      20190822蜜岩神社17



しっかりとお参りいたしました。

      20190822蜜岩神社18



この密岩神社は、今年から御朱印が拝受されるようになったようです。
授与(配布)場所は2ヶ所。
その1ヶ所がこちら。

      20190822蜜岩神社19

JR群馬原町駅構内にある東吾妻町観光協会。

もう1ヶ所は、平沢登山口観光案内所になるそうです。


駅構内と言っても、駅事務所が観光協会になっていて
駅の窓口では、JRの切符が売られていない。

      20190822蜜岩神社20


窓口のガラスには、こんな貼り紙。

      20190822蜜岩神社21

密岩神社の御朱印はセットになっていて
単品では扱っていないそうです。
密岩神社、岩櫃城、金剛院(観音山不動)の3枚セット。


こちらが、密岩神社の御朱印。

      20190822蜜岩神社22

こちらのセットの御朱印ですが
地元の著名な書道家ぎ書かれたモノを印刷されているようです。



金剛院の御朱印。

      20190822蜜岩神社23

こちらの前に訪れた観音山不動の滝の近くにあった不動堂が金剛院だと言う事です。



こちらは、岩櫃城の御朱印。

      20190822蜜岩神社24

岩櫃城は改めて攻城に来ることにいたしましょう。
まあ、密岩神社も岩櫃城の一画ではあるから
この御朱印は大事に取っておくことにいたしましょう。



2019/09/12 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............大宮巖鼓神社 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。


なかなか群馬県に来る機会もそんなに無いから
群馬県に精通しているわけではありませんが
吾妻地区を今回もぐるっと周ってみたいと思っています。

前日の夜にいつものように八王子の実家へ移動。
妹の もっちゃん にナビゲートしてもらい、
人間2人と犬1頭、圏央道から関越道と移動、
群馬・長野の旅行の始まりです。

関越道の渋川・伊香保ICで関越を降りて下道で移動。
向かった先は、東吾妻町の大宮巖鼓神社。

大宮巖鼓神社は、東吾妻町原町に鎮座する神社です。

創建年代は不詳ですが、千年以上前だと考えられているそうです。

吾妻太郎行盛が武州氷川明神を配祀し、以来武将・民衆の崇敬篤く、
天正十八年北条家朱印、宝暦以降は真田家黒印の社領を寄進された神社とされています。

         
御祭神は、日本武尊、弟橘姫命、素盞嗚尊、保食神。




社号標。

      20190822大宮巌鼓神社01



朱色の一の鳥居。

      20190822大宮巌鼓神社02


一の鳥居に掲げられた神額。

      20190822大宮巌鼓神社03



一の鳥居をくぐった先には二の鳥居。

      20190822大宮巌鼓神社04



二の鳥居の奥には拝殿。

      20190822大宮巌鼓神社05


こちらが手水舎。

      20190822大宮巌鼓神社06



手水舎の脇には由緒書き。

      20190822大宮巌鼓神社09



参道の狛犬。

      20190822大宮巌鼓神社07


      20190822大宮巌鼓神社08



こちらが、拝殿。    

      20190822大宮巌鼓神社10


      20190822大宮巌鼓神社11



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190822大宮巌鼓神社12




別アングルからの拝殿。

      20190822大宮巌鼓神社13


      20190822大宮巌鼓神社14




そして、こちらが本殿。

      20190822大宮巌鼓神社15


   

拝殿正面に飾られた提灯。

      20190822大宮巌鼓神社16



拝殿脇には御神木。

      20190822大宮巌鼓神社17
      20190822大宮巌鼓神社18


    

境内社・八幡宮。

      20190822大宮巌鼓神社19



境内社・伊勢神明宮

      20190822大宮巌鼓神社20


      20190822大宮巌鼓神社21



境内社・宇婆神社

      20190822大宮巌鼓神社22


境内末社。

      20190822大宮巌鼓神社24



神楽殿。

      20190822大宮巌鼓神社23



参集殿。

      20190822大宮巌鼓神社25



社務所。

      20190822大宮巌鼓神社26



こちらが、授与所。
御朱印はこちらで拝受出来ますが
時刻は朝の8時過ぎ。
まだ空いていません。

      20190822大宮巌鼓神社27

電話を掛けてみると、宮司さんの自宅に繋がったようで
10分位待ってくれれば、授与所に来ていただけると言う事です。




こちらが、御朱印。

      20190822大宮巌鼓神社28


朝早くからご対応いただき、ありがとうございました。


私にとって、群馬県の初御朱印てある 大宮巖鼓神社 の御朱印。
しっかりいただきました。

2019/09/11 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの通勤・途中下車.........月詣 大原神社    (2019年8月9日)(千葉県習志野市) 

8月9日

この日も遅番。

13時10分からの勤務だから、朝はいつもよりゆっくりして
それでも、1時間ほどの余裕を持って自宅を出ます。
かと言って真っ直ぐに職場に向かうわけではなく
今日もちょっぴり道草。
京成実籾駅で途中下車して、5月からの恒例である大原神社への月詣です。



大原神社の社頭。

      20190809大原神社01


鳥居に掲げられた神額。

      20190809大原神社02




拝殿へと続く参道。

      20190809大原神社03



参道の狛犬。

      20190809大原神社04


      20190809大原神社05



そして、拝殿。

      20190809大原神社06

この日もしっかりお参りしました、


この日も平日だと言うのに、御朱印を求めて訪れる人が多い。


今月も数種類の御朱印が拝受する事が出来るようです。

      20190809大原神社07


      20190809大原神社08



朝から24番目のようです、

      20190809大原神社09



しかし、人気かあるのか?
一人で二冊、三冊と御朱印帳を差し出す人もいる。

それって、誰かの代理?

結局、この日は御朱印待ちに45分。
信じられない?


この日頂いた御朱印は、こちら。


8月の月替わりの御朱印。

      20190809大原神社10



そして、『夏詣り』の御朱印(直書き、見開き版)。

      20190809大原神社11


しかし、平日なのに御朱印待ちで45分って
ちょっぴり異常だと思うんだけでなぁ。




2019/09/07 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの通勤・途中下車.........月詣 菊田神社    (2019年8月5日)(千葉県習志野市) 

8月5日

この日は遅番勤務。

13時10分からの勤務だから、朝はいつもよりゆっくりして
それでも、1時間ほどの余裕を持って自宅を出ます。
かと言って真っ直ぐに職場に向かうわけではなく
京成津田沼駅で途中下車。
5月からの恒例、菊田神社への月詣です。




社号標

      20190805菊田神社01



神社社頭の鳥居。

      20190805菊田神社02




拝殿へと続く参道。

      20190805菊田神社03



参道と狛犬。

      20190805菊田神社04


      20190805菊田神社05




手水舎。

      20190805菊田神社07



定番の龍の吐出口。

      20190805菊田神社08



拝殿。

      20190805菊田神社09


      20190805菊田神社10



別アングルから。

      20190805菊田神社11


      20190805菊田神社12



この日もしっかりと参拝いたしました。


授与所で御朱印をお願いします。
この日は、平日で空いていた。

      20190805菊田神社13

それでも、朝から32番目のようです。
人気があるんですね。


こちらが、御朱印。

      20190805菊田神社14

8月限定版。


涼しげな御朱印。
そして、季節感溢れる一句。

なかなかのモノですね。
ちょっぴり気に入りました。







2019/09/06 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

月詣 富里香取神社 (2019年8月2日)(千葉県富里市) 

8月2日

昨年の秋あたりから、毎月月詣に出かけている富里香取神社。
8月になったので、今月も月詣に出かけました。

まあ、月詣と言っても、特にお祓いをしてもらったり
祈祷をしてもらうわけじゃなく、
ただ拝殿を参拝するだけなんですけどね。


石造りの社号標があるわけでもないから
この看板の前で、ハイポーズ。(パチリ☆)

      20190802富里香取神社01


新しい幟?

      20190802富里香取神社02

富里市はスイカマラソンで有名。
富里マラソン完走祈願もアリですね。



鳥居前にて。

      20190802富里香取神社03


いつもの看板の前にて。

      20190802富里香取神社05


      20190802富里香取神社06




狛犬と拝殿。

      20190802富里香取神社04




参道と拝殿。

      20190802富里香取神社07


拝殿。

      20190802富里香取神社08



この時期は夏詣。

      20190802富里香取神社09

初詣だけが参拝じゃない。
コレもアリでしょう。

今月もしっかりとお参りいたしました。


こちらが、月替わりの御朱印。

       20190802富里香取神社10

やっぱり、夏と言ったら『スイカ』。
ここは、富里ですからね。


今月はどんなデザインか?
期待に胸を膨らませ、アレコレ推測する。
コレも楽しみの一つとなっています。







2019/09/05 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの通勤・途中下車.........月詣 大原神社    (2019年7月21日)(千葉県習志野市) 

7月21日

この日も遅番。2日続けての遅番になります。

13時10分からの勤務だから、朝はいつもよりゆっくりして
それでも、1時間ほどの余裕を持って自宅を出ます。
かと言って真っ直ぐに職場に向かうわけではなく
昨日と同じようにちょっぴり道草。
京成実籾駅で途中下車して、5月からの恒例である大原神社への月詣です。



大原神社社頭。

      20190721大原神社01



鳥居前の狛犬。

      20190721大原神社02


      20190721大原神社03



参道。

      20190721大原神社04
  


参道の狛犬。   

      20190721大原神社05


      20190721大原神社06



こちらが、拝殿。

      20190721大原神社07

しっかりと参拝いたしました。


カラフルで繊細な御朱印で脚光を浴び、人気の大原神社。
月替わり、季節替りと御朱印の種類は豊富。
この日は、これだけの種類の御朱印が用意されているようです。

      20190721大原神社08



この日は日曜日。
参拝者(御朱印の拝受者)が多いためか?
授与所が参集殿の特設場で拝受されています。

      20190721大原神社09



結婚式場としても利用される参集殿(大宮会館)。

      20190721大原神社10

ちょっと敷居が高い気がするのは私だけ?



参集殿には既に10人ほどが順番待ち。
急いで御朱印帳を渡し、順番待ちに加わります。

      20190721大原神社11

待つこと約20分。
無事、御朱印も拝受出来ました。


こちらが大原神社の御朱印。

月替わり、7月の限定御朱印。

      20190721大原神社12



こちらも期間限定。
墨書きの見開き版 『 笹願い 』。

      20190721大原神社13



こちらも期間限定の見開きの書置き版 『 涼の見開き 』。

      20190721大原神社14


たしかに、どれも繊細な御朱印。
女性に人気のある御朱印だと、改めて認識しました。





2019/09/03 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの通勤・途中下車.........月詣 菊田神社    (2019年7月20日)(千葉県習志野市) 

7月20日 菊田神社

この日は遅番勤務。

13時10分からの勤務だから、朝はいつもよりゆっくりして
それでも、1時間ほどの余裕を持って自宅を出ます。
かと言って真っ直ぐに職場に向かうわけではなく
京成津田沼駅で途中下車。
5月からの恒例、菊田神社への月詣です。



社号標。

      20190720菊田神社01



神社社頭の鳥居。

      20190720菊田神社02



参道と狛犬。

      20190720菊田神社03


      20190720菊田神社04




拝殿。

      20190720菊田神社05



拝殿正面の向拝の彫刻。

      20190720菊田神社06



拝殿前には七夕の笹。

      20190720菊田神社07


      20190720菊田神社08

一応、七夕は7月7日だけど、今月いっぱいは飾っていても良いのかな?



参拝を済ませて、御朱印を授与します。
土曜日だけど受付は朝から39番目。
ちょうど人の切れ目だったのか?
受付した時は2〜3人しか待っている人は居なかった。

      20190720菊田神社09


待っている間に、何処から湧いてきたのか?
あれよ、あれよと、いつの間にか人が増えてきた。

      20190720菊田神社10

やっぱり、御朱印の人気のある神社です。



と言う事で、頂いた御朱印はこちら。

      20190720菊田神社11

7月限定の御朱印。

ちょっぴりお洒落な御朱印です。






2019/09/02 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

再訪 高松入神社 (2019年7月8日)(千葉県富里市) 

7月8日

富里香取神社の月詣に出かけたこの日。
兼務社の高松入神社にも立ち寄ってみました。



鳥居。

      20190708高松入神社01


手水鉢。

      20190708高松入神社03




拝殿。

      20190708高松入神社02



拝殿正面。
しっかりと参拝いたしましょう。

      20190708高松入神社04


      20190708高松入神社05



別アングルからの拝殿。

      20190708高松入神社06



境内社。

      20190708高松入神社07


      20190708高松入神社08



扁額には『大願成就』。

      20190708高松入神社09



時代は令和に変わりました。
せっかくだから、御朱印も頂きました。

      20190708高松入神社10


夏詣の特別バージョンの御朱印も頂きました。

      20190708高松入神社11



2019/08/26 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

月詣 《 富里香取神社 》 (2019年7月8日)(千葉県富里市) 

7月8日

もう何ヶ月も行なっている富里香取神社の月詣。

7月になったので、今月も月詣に行って来ました。

      20190708富里香取神社01



鳥居前にて。

      20190708富里香取神社02



いつもの干支の看板前にて。

      20190708富里香取神社03



参道の狛犬と拝殿。

      20190708富里香取神社04



愛犬と拝殿。

      20190708富里香取神社06



最近は(数年前から)都内を含め、各地の神社で
『夏詣』と称して、この時期の参拝を促しています。

      20190708富里香取神社07

ネットで調べてみると、この富里香取神社も初期から
このキャンペーン(?)に賛同されているようです。



拝殿正面。

      20190708富里香取神社08

しっかりとお参りいたしました。


こちらが、月替わりの御朱印。

      20190708富里香取神社09


この月替わりの御朱印も月詣の楽しみの一つ。
来月も忘れずにお参りに来る事にいたしましょう。





2019/08/26 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit