FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて...............福原小学校 (2019年11月16日)(茨城県笠間市) 

11月16日


この日は、茨城県の笠間市に出かけました。


常陸国出雲大社をあとにして、向かった先は.................笠間市立福原小学校。



福原小学校はの詳しい沿革については不明ですが
明治6年     開校。
昭和54年    稲田小学校に統合されて廃校となる。

と言った沿革のようです。




こちらが、福原小学校の正門跡。

      20191116福原小学校01


門柱は壊れてしまったのか?

      20191116福原小学校02

基礎部分だけ残っている。


少し離れた場所に置かれた(放置された?)門柱。

      20191116福原小学校03

危険だから、門柱は撤去されたのかもしれませんね。


廃校後、校舎は解体されて、
跡地には公民館が建てられたようです。

      20191116福原小学校04


      20191116福原小学校05


      20191116福原小学校06



敷地の一角に記念碑等がまとめられて置かれています。


二宮像。

      20191116福原小学校07


      20191116福原小学校08



校歌の碑。

      20191116福原小学校09



運動場拡張記念碑。

      20191116福原小学校10



正門跡の脇には、シンボルツリー?

      20191116福原小学校11

枝は落とされていますが、立派なイチョウの木。


そのイチョウの根元にも卒業の記念碑。

      20191116福原小学校12



公民館の前に遊具は移設されたのか?
校庭には遊具は無い。

      20191116福原小学校16


何も無いだけ、広く感じる校庭。

      20191116福原小学校13


      20191116福原小学校17



視界の先に見えるのは................

      20191116福原小学校14



先ほど訪れた常陸国出雲大社。


ズームで撮った拝殿。

      20191116福原小学校15


なかなか、ロケーション的には好立地なんだけど
少子化の波には勝てなかったんですね。











スポンサーサイト



2020/01/13 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............本戸小学校 (2019年11月16日)(茨城県笠間市) 

11月16日

この日は、茨城県の笠間市に出かけました。

友部小学校跡をあとにして、向かった先は............笠間市立本戸小学校。


本戸小学校は、

明治7年      富田藤右ヱ門氏宅を借用し、本戸小学校として創立する。
明治9年      広洞院庫裡 松本昌安氏宅を買収し校舎とする。
明治19年     本戸尋常小学校となる。
明治19年     稲田尋常小学校本戸分教場となる。
明治23年     南山内尋常小学校本戸分校となる。
明治25年     南山内村立本戸尋常小学校と改称する。
明治41年     現在地に校舎新築し移転。
昭和22年     学制改革により南山内村立本戸小学校と改称する。
昭和30年     笠間町・北山内村、大池田村が合併し新たな笠間町となる。
         笠間町立本戸小学校と改称する。
昭和33年     笠間町が市制施行して笠間市となる。
         笠間市立本戸小学校と改称する。
昭和57年     稲田小学校と南小学校とに地区別に分かれて統合されて廃校となる。

と、このような沿革となっています。



こちらが、本戸小学校の正門。

      20191116本戸小学校01



門柱には、往時の表札が掲げられています。

      20191116本戸小学校02



廃校後、校舎は解体され、跡地は公民館が建てられたようです。

      20191116本戸小学校03


また、敷地の一部はゲートボール場として利用されているようです。

      20191116本戸小学校04



敷地の一角に石碑類が建ち並んでいます。

      20191116本戸小学校05


   

校歌の碑。

      20191116本戸小学校06


裏面には沿革が刻まれています。

      20191116本戸小学校07

大変参考になりました。



創立百周年の碑。

      20191116本戸小学校08



本戸善光寺の由来の碑。

      20191116本戸小学校09

碑文によれば、元々、この地には善光寺如来が祀られて居たけれど
所有者である西光寺の藤枝氏から寄進されたものだったけれど、
管理等の維持が困難となり、藤枝家の了承を得て売却することになったそうです。
後世にその事を残すために、この碑を建てたそうです。



こちらは、本戸小学校閉校記念碑。

      20191116本戸小学校10



創立百周年記念植樹の碑。

      20191116本戸小学校11



農村公園の門柱。

      20191116本戸小学校12

現在は、公民館が建てられていますが、
廃校直後は農村公園として利用されていたようです。



敷地の一角には消防倉庫。

      20191116本戸小学校13



廃校から37年。
校庭には遊具類は残っていない。

      20191116本戸小学校14



しかしながら、校庭に残る古い桜の木々は 
学校跡を感じさせてくれます。    

      20191116本戸小学校16


      20191116本戸小学校17



その校庭を徘徊する びいすけ 。

      20191116本戸小学校19


気になる臭いがあって、それを体に擦り付けたいのか?
はたまた、枯れ草を芝生と勘違いしているのか?

      20191116本戸小学校18

転がって体を地面に擦り付ける びいすけ 。
よっぽど気持ちが良いんだろうか...........?






2020/01/12 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............旧・ 友部小学校跡 (2019年11月16日)(茨城県笠間市) 

11月16日

この日は、茨城県の笠間市に出かけました。


宍戸城址をあとにして向かった先は...........旧・友部町立 友部小学校跡。


お断り: 友部小学校は現役の小学校であり、廃校ではありません。



友部小学校は、

明治34年     宍戸尋常小学校の分教場として開校する。
明治37年     友部尋常小学校として開校する。
昭和22年     学制改革により、宍戸町立友部小学校と改称する。
昭和30年     宍戸町・大原村・北川根村と鯉渕村の一部が合併して友部町が誕生。
         友部町立友部小学校と改称する。
昭和48年     校地を移転する。

と、このような沿革となっています。


跡地は、JR友部駅近く,
友部駅前児童公園となっているようです。

      20191116旧・友部小学校跡01




確かに、学校跡の雰囲気を感じなくはない。

      20191116旧・友部小学校跡04



しかしながら、記念碑等の学校跡を示すものは無い。

      20191116旧・友部小学校跡05




でも、敷地境界のフェンス沿いの桜の木々が学校跡を彷彿されてくれる。

      20191116旧・友部小学校跡03



確固たる証しが無いから、『ここが本当に学校跡か?』と疑問符が浮かぶ中、
お孫さんを連れて、この公園に遊びにきた御老人がいた。


失礼を承知で、地元の人か?と訊ねると
地元の人だと言う。
その方に訊いてみると、間違いなくこの場所が
かつての友部小学校跡だと言う事です。



今は、近隣の避難場所でもある。

      20191116旧・友部小学校跡02




昭和48年に移転だから、今から46年前の事。
約半世紀前に移転したことになる。

      20191116旧・友部小学校跡06
   

      20191116旧・友部小学校跡08


      20191116旧・友部小学校跡09


      20191116旧・友部小学校跡10


友部町も平成18年に旧・笠間市と岩間町と合併して新しい笠間市となり
今は令和の時代を迎えることとなった。

この場所が学校だった事、
そして、かつては友部町と呼ばれていた事も
いつしか、忘れ去られてしまうんでしょうね。




2020/01/11 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

宍戸城址 (2019年11月16日)(茨城県笠間市) 

11月16日

この日は、茨城県の笠間市に出かけました。

第二分校をあとにして、向かった先は...................宍戸城址。


宍戸城は、宍戸氏により、建仁3年(1203年)築城されました。

小田城主・八田知家の四男、家政が常陸国宍戸荘地頭職となり、
宍戸氏を称し、建仁3年(1203年)築城したのが宍戸城です。

宍戸氏は当初、小田氏に従っていましたが、佐竹氏の勢力が拡大し、
小田氏が衰退すると、佐竹氏の配下となります。
天正18年(1590年)小田原征伐に参陣した佐竹氏は、
秀吉より常陸大半の領有権を安堵されます。

関ヶ原合戦後の慶長7年(1602年)、佐竹氏は出羽国秋田へ転封となり
宍戸氏も帯同し、変わって秋田(安東)実李が五万石に減封され宍戸城に移されます。

この実季によって近世宍戸城が築かれたものとされています。

その後、秋田俊季が正保2年(1645年)に三春へ転封されると幕府直轄領となり、
さらに天和2年(1682年)に水戸藩主・徳川頼房の七男で、
徳川光圀の弟である松平頼雄が一万石を与えられると、城を陣屋に改めて支配しました
以後、松平氏が代々続き、元治元年(1864年)9代頼徳の時、天狗党の乱の鎮圧に失敗し、
藩主自ら幕府より責任を問われて切腹を言いわたされ、廃藩となります。




こちらが、中世の宍戸城の縄張り図。

      宍戸城址縄張り図15

              ( 余湖さんのHPからお借りしました )




末廣稲荷神社が鎮座する一帯が、宍戸城の本丸(主郭)跡となるようです。

      20191116宍戸城址01


平城であった宍戸城。
土塁と堀に守られた城でした。

城址は宅地へと開発され、
遺構は本丸跡に土塁が僅かに残るだけと言われています。

      20191116宍戸城址02


      20191116宍戸城址03


      20191116宍戸城址14



本丸跡の末広稲荷神社。

      20191116宍戸城址04


社号標。

      20191116宍戸城址05


鳥居。

      20191116宍戸城址06


由緒書き。

      20191116宍戸城址07



拝殿。


      20191116宍戸城址08


本殿。

      20191116宍戸城址09



本殿裏手に残る土塁。

      20191116宍戸城址12


      20191116宍戸城址13




土塁跡には、『宍戸の歴史』と称した説明板。

      20191116宍戸城址10

冒頭に綴ったような、宍戸の歴史が記されてている。


広大な宍戸城の縄張り図も記されている。

      20191116宍戸城址11



末廣稲荷神社の隣は、『旧陣屋コミュニティセンター』。
その奥は、民家となっているけれど
フェンスの向こうの民家の庭にも土塁が確認できる。

      20191116宍戸城址15


本丸跡地であるこの周辺にしか土塁跡と言う遺構しか残っていない。
宍戸城、その全貌が見たかった...............。



2020/01/11 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................岩間第一小学校第一分校   (2019年11月16日)(茨城県笠間市) 

11月16日 

この日は、茨城県の笠間市に出かけました。

羽梨山神社をあとにして、向かった先は..........旧・岩間町立 岩間第一小学校第一分校


第一分校は、

明治37年     岩間尋常小学校第一分校設立
昭和22年     学制改革により岩間町立岩間小学校第一分校と改称する。
昭和29年     岩間町立第一小学校第一分校と改称する。
昭和58年     第一分校が廃校となる。

と、このような沿革となっています。



こちらが、正門跡。

      20191116第一分校01



こんな看板が建てられています。

      20191116第一分校02

廃校後、『岩間体験学習館』となっているようです。



校庭側から覗いてみましょう。

      20191116第一分校03

平屋建ての木造校舎ですね。



校舎全景。

      20191116第一分校04


   

別アングルから。

      20191116第一分校05


      20191116第一分校06



校舎をいろんな角度から眺めてみましょう。

      20191116第一分校07


      20191116第一分校08


      20191116第一分校09


      20191116第一分校10


      20191116第一分校11


      20191116第一分校12


      20191116第一分校13


      20191116第一分校14


      20191116第一分校15

廃校から36年。
他の施設に流用されているからとは言え
こうやって木造校舎が残っていてくれると
やっぱり嬉しいものです。



でも、校舎をグルッと一回りしても、
二宮像や廃校記念碑の類いは残っていない。




内部はこんな感じ。

      20191116第一分校16




校庭。

      20191116第一分校17


残念ながら、校庭にも二宮像や記念碑等は無い。
そして、遊具類も残っていない。


確認できるのは、桜の木々。

      20191116第一分校19



お約束とも言える消防倉庫はあるんですね。

      20191116第一分校18



取っ手が無く、壊れたまま放置されたローラー。

      20191116第一分校20


学校らしいと言えば、コレぐらい。


岩間体験学習館と言う事だけど、どうも使われている感じがしない。
結局、避難場所としてしか使われないのだろうか.............?


2020/01/10 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

あたご天狗の森 (2019年11月16日)(茨城県笠間市) 

11月16日

この日は、茨城県の笠間市に出かけました。

この日、参拝に訪れた愛宕神社は愛宕山の山頂近くに鎮座しています。
その愛宕神社近くに『あたご天狗の森』と言う公園があります。

      20191116あたご天狗の森01

標高305mの愛宕山に広がる公園です。



この愛宕山には、笠間市が運営する『スカイロッジ』と言うバンガローがあり
宿泊や日帰りのBBQも出来るそうです。
また、愛宕山(標高 306m)から難台山(標高 553m)を経由して
吾国山(標高 518m)までの『吾国愛宕ハイキングコース 』の起点となっているため
駐車場も完備されています。

      20191116あたご天狗の森02

マイクロバスで訪れる人たちも居るようですね。


なによりも標高が標高305m。
この高さからの展望を求めて訪れる人も多いようです。

      20191116あたご天狗の森03



『筑波山麓ジオパーク』の一部でもあるようです。

      20191116あたご天狗の森04



『吾国愛宕ハイキングコース 』の案内図。

      20191116あたご天狗の森05



この先が、吾国山。

      20191116あたご天狗の森16




確かに、眺望は良い。

      20191116あたご天狗の森06



展望デッキには石碑も建つ。

      20191116あたご天狗の森07



碑文は、.................

      20191116あたご天狗の森08

この場所は、恋人の聖地らしい。



こんなモニュメント建つ。

      20191116あたご天狗の森09



四阿があって..............

      20191116あたご天狗の森10



遊具もあって............

      20191116あたご天狗の森11



眺望も良い。

      20191116あたご天狗の森12



まさに、休日にお弁当を持って訪れる場所ですね。

      20191116あたご天狗の森13


 

斜面の芝生の匂いを嗅ぎながら,周りを徘徊する びいすけ 。

      20191116あたご天狗の森14



野生動物の匂いでも残っているんでしょうか?

      20191116あたご天狗の森15



この笑顔から判断すれば、ご機嫌みたいです。

      20191116あたご天狗の森17


元々、この『あたご天狗の森』目的で来た訳じゃ無いんだけど
良い場所を見つけたと思っています。

また、いつか訪れたいものです。



2020/01/07 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................岩間第一小学校第二分校   (2019年11月16日)(茨城県笠間市) 

11月16日  

この日は、茨城県の笠間市に出かけました。

笠間市は平成18年に旧・笠間市と友部町、岩間町が合併して誕生しました。
今回は、その岩間町、友部町を中心に巡ってみました。

向かった先は...............旧・岩間町立 岩間第一小学校第二分校。



第二分校は、

明治37年     岩間尋常小学校第二分校設立
昭和22年     学制改革により岩間町立岩間小学校第二分校と改称する。
昭和29年     岩間町立第一小学校第二分校と改称する。
昭和54年     岩間町立第三小学校が開校となり、第ニ分校が廃校となる。

と、このような沿革となっています。


岩間駅に向かう県道沿いに
こんな案内板が建っています。

      20191116第二分校01



県道から200m入ったところにある広場。
こちらが、第二分校跡です。

      20191116第二分校02



正門跡。

      20191116第二分校03




時代を感じさせる石造りの門柱。

      20191116第二分校04




広場というだけあって、本当に広い(笑)。

      20191116第二分校05


      20191116第二分校06



校舎は解体されていて何も無い。
門柱以外、遺構が無い。

      20191116第二分校07



記念碑らしきモノが無い。

      20191116第二分校08



敷地の境界線には桜の木。
分校時代の名残りでしょうか?

      20191116第二分校09


      20191116第二分校12




廃校後、野球か何かのグランド、あるいは運動場として利用されていたのでしょうか?
椅子が並んで、見学できるようになっている。

      20191116第二分校10


      20191116第二分校11


   

やっと見つけた遺構らしきモノ。

      20191116第二分校13


レンガで作られた焼却炉。
もう長い事使われていないので、草に覆われている。

これは第二分校の時のモノだったのだろうか.............?






2020/01/06 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

小堀の渡し  (2019年11月12日)(茨城県取手市) 

11月12日

この日は、茨城県の取手市に出かけました。


取手市の利根川には現役の渡し船が運行されていると言う事を
以前から知っていたので、
どんなモノか? 興味半分で、小堀の渡し に行ってみました。

取手駅方面から、取手図書館と八坂神社の間の道を通って
利根川の堤防へと進みます。

  

堤防手前で、こんな案内があります。

      20191112小堀の渡し01



目指す『こぼりの渡し』とは、取手市内を結ぶ取手市営の渡船(とせん)(渡し舟・渡し船)です。
利根川をはさみ、市内中心部と小堀(おおほり)地区を結び運航しているそうです。

かつて利根川は、取手市の南(現在の古利根沼)を蛇行して流れていましたが、
水害が絶えなかったことから利根川改修工事(明治40年から大正9年まで)が行われ、
現在の形に姿を変えました。
その結果、当時、地続きであった小堀(おおほり)地区は、利根川により分断されてしまいました。
利根川の改修により、交通の不便を感じた地域住民によって渡船場の設置が協議され、
大正3年に渡し船を出したのが『小堀の渡し』の始まりとされています。

その後、昭和42年に取手町営となり、
平成11年に取手市営の小堀)循環バスが運行を開始するまで、
通勤・通学や、住民の日常生活の足として活躍しました。
現在では、誰もが乗船できる観光船としての役割をもちつつ、
茨城県はもとより利根川下流域に残る希少な渡し船として、
かつての水戸街道「取手の渡し(とりでのわたし)」の風情を受け継ぎ、
今も運航を続けているそうです。

ちなみに、ペットはケージに入れれば、乗船可能だそうです。



堤防沿いに広がる取手緑地運動公園。

      20191112小堀の渡し02


      20191112小堀の渡し03

この公園の奥、利根川の川辺に小堀の渡しの乗船場があるそうです。



公園を縦断し、乗船場のある場所へと足を進めます。




ところが、乗船場と思われる場所への導線に、こんな看板が..............

      20191112小堀の渡し04

何と、台風19号の水害で乗船場が破損してしまい
現在、『小堀の渡し』は運行していないようです。



あらら..............


せっかくだから、利根川の水面だけでも眺めていきましょう。

      20191112小堀の渡し05



この下った先に乗船場が在ったようですが
確かに流されて(?)いて、渡し船が接岸、繋留出来る状態じゃ無い。

      20191112小堀の渡し06

取手市のHPによれば、復旧時期は未定という事らしい。

と言うことは、緊急性を感じていないと言う事なんだろうか?
現在は、生活のためというよりは、観光として運行されていた面が強いんだろうなぁ。
もちろん、日々の生活の中で利用する人もいるでしょう。
このまま、廃航路とならない事を期待したいなぁ。



2020/01/04 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて 番外編 《 偶然見つけた学校跡 》 (2019年11月12日)(茨城県取手市) 

11月12日

この日は、茨城県の取手市に出かけました。

取手市のマンホールカードを手に入れた後、利根川の堤防に向かって
八坂神社の脇を歩いていました。

八坂神社を過ぎたあたりで、目の前に石碑が現れました。

      20191112取手小学校発祥の地03




碑文を見て、びっくり!!。

      20191112取手小学校発祥の地04


      20191112取手小学校発祥の地05


そこには、『取手小学校発祥の地』 と刻まれています。



この場所には、こんな建物が建っていて、こんな看板がありました。

      20191112取手小学校発祥の地01


      20191112取手小学校発祥の地02


どうやら、取手市役所取手市支所と福祉会館が建っているようです。


Google MAPで確認すると、取手市民会館でもあるようですね。



取手小学校について調べてみると..........

明治6年3月 里仁小学校開設
明治8年2月 取手小学校と改称
昭和33年4月 学校統合(第一小,第二小)により,取手第一小学校を取手小学校と改称。
        現在地に校舎を建設。

と、沿革に記されています。

すなわち、昭和33年まで、この地に取手小学校が在ったと言うことになります。


  

現在は、取手市民会館、取手市福祉会館、取手市役所取手支所と
公共施設が混在していて、学校跡を彷彿させるものは無い。

      20191112取手小学校発祥の地07


      20191112取手小学校発祥の地08


      20191112取手小学校発祥の地09



おまけに敷地内には、新たな建物も建設工事中?

      20191112取手小学校発祥の地10

益々、ココが学校跡地だったなんて分からなくなってしまいます。




せめてもの想いが、この碑がこの場所に建っていてくれる事ですね。

      20191112取手小学校発祥の地06


たまたま通りかかった道沿いに碑を見つけ
偶然に旧校跡(学校跡地)を見つける事ができました。

コレも日頃の行い故の結果なんだろうか?
神様がご褒美をくれたんだと思うことにしよう。





2020/01/04 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

マンホールカードを集めよう! 茨城県県取手市 (2019年11月12日)(茨城県取手市 

11月12日 取手市

この日は、茨城県の取手市やって来ました。

取手市に訪れた目的の一つ、
それは、取手市のマンホールカードを手に入れる事でした。


と言う事で、マンホールカードの配布先である取手市役所取手駅前支所へと向かいます。



リボンとりでビルの3階に支所はあるから
びいすけ は、ここで待っててね。

      20191112マンホール取手01



ダッシュで支所の窓口へと向かいます。

      20191112マンホール取手02



今回はアンケートもなし。
いとも簡単にマンホールカードを手に入れました。

      20191112マンホール取手03



そして、カードのモデルになった実物のカラーマンホール蓋を見に行きましょう。


現物のカラーマンホール蓋は、すぐ近くにありました。
JR取手駅西口、駅前ロータリーの歩道に設置されていました。

      20191112マンホール取手04



マンホールと びいすけ 。

      20191112マンホール取手05



カード と マンホール と びいすけ 。

      20191112マンホール取手06




そして、こちらがマンホールカード。

      20191112マンホール取手07


      20191112マンホール取手08


取手市のマンホールのデザインは、
昭和56年に発足した取手地方広域下水道組合の組合章を中心に入れ、
周りを設立当時の市町村の花で飾っています。
取手市の『ツツジ』、旧・藤代町の『フジ』、旧・伊奈村の『菜の花』
それぞれを取り入れ、『人と水の明るい未来のための下水道』
と言う願いが込まれたデザインとなっているそうです。



2020/01/03 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

相馬神社 (2019年11月12日)(茨城県取手市) 

11月12日

この日は、茨城県の取手市に出かけました。


旧・藤代小学校の跡地である藤代図書館の周辺を
何か学校遺構が残っていないかと探索をしていたら
小さい(敷地が狭い)ながらも立派な神社が在りました。

      20191112相馬神社01



鳥居の神額には、『相馬神社』と社号が入ってます。

      20191112相馬神社02



せっかくだから、参拝して行きましょう。



手水鉢。

      20191112相馬神社04



拝殿。

      20191112相馬神社05



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20191112相馬神社06



こちらにも、相馬神社。

相馬神社って福島県の相馬地方(相馬市)に関連する神社だと思っていたら
どうも違っていたようです。


相馬神社は、取手市藤代に鎮座する神社です。

元享元年(1321年)の創建とされ、元々は八坂神社と称していたようです。
明治40年(1907年)に八坂神社、富士神社を合祀して相馬神社としたということです。

元々、明治期にはこの地域は相馬町と呼ばれていて、
昭和30年に藤代町となり、平成17年に取手市に編入されたそうです。

御祭神は、素盞嗚尊。




別アングルからの拝殿。

      20191112相馬神社07


      20191112相馬神社08



こちらが本殿。

      20191112相馬神社09


覆屋の中を覗き込むと、立派な彫刻が施された本殿が鎮座していました。

      20191112相馬神社10



そういえば、境内の片隅に、こんな標柱が建っていました。

      20191112相馬神社14
 
この本殿は、旧・藤代町時代の文化財に指定されていたようです。  



びいすけ も参拝します。

      20191112相馬神社11



境内社。

      20191112相馬神社12



こちらも、境内社の三峯神社。

      20191112相馬神社13


社務所らしきモノはなく、普段は無人の神社のようです。




2020/01/02 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................旧・藤代小学校跡 (2019年11月12日)(茨城県取手市) 

11月12日


この日は、茨城県の取手市に出かけました。


向かった先は................旧・藤代町立 旧・藤代小学校跡。


お断り: 藤代小学校は廃校ではなく、現役の小学校です。



藤代小学校は、

明治6年     和順学校創立
明治8年     宮和田小学校と改称
明治17年    宮和田尋常小学校と改称
明治22年    相馬尋常小学校と改称
明治25年     相馬高等小学校を創立
昭和22年    相馬町立相馬小学校と改称
昭和30年    相馬町が山王村、六郷村、高須村の一部、
         久賀村の一部と合併して藤代町が誕生。
         藤代町立藤代小学校と改称。
平成17年    藤代町が取手市に編入され
         取手市立藤代小学校と改称する。

と、このような沿革となっていますが
明治27年から昭和53年までこの場所が学びの舎でした。

      20191112旧・藤代小学校01

実は、こちらは取手市藤代図書館。


図書館の敷地には、こんな碑も建てられています。

      20191112旧・藤代小学校02


碑の銘文には、平成15年、当時の藤代町長の名で
この地が藤代小学校跡地であった事が記されています。

      20191112旧・藤代小学校03



どうやら、藤代小学校が移転した後、一時期は藤代保育園になっていたようですが
その後に図書館となったようです。

      20191112旧・藤代小学校04



校舎は、当然解体済み。
現在は近代的なデザインの立派な図書館が建っています。

      20191112旧・藤代小学校05


      20191112旧・藤代小学校06



隣接する藤代武道場。

      20191112旧・藤代小学校07



ひょっとしたら、こちらも小学校の敷地だったのかも知れない。

      20191112旧・藤代小学校08

意外に、体育館跡だったりして...............

ネットでいろいろ調べてはみたんですが
廃校でもないから、詳しい情報は載っていませんねぇ............。



2020/01/01 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

マンホールカードを集めよう! 茨城県県龍ケ崎市 (2019年11月12日)(茨城県龍ヶ崎市 

11月12日

この日は、茨城県の取手市に出かけました。
でもその前に、通過点である龍ヶ崎市に立ち寄り
龍ケ崎市のしやくしょへとむかいました。

こちらが、龍ケ崎市役所。

      20191112マンホール竜ケ崎01


      20191112マンホール竜ケ崎02

市役所庁舎には、びいすけ は入れないので、車でお留守番。
ダッシュで2階の下水道課へと向かいます。


こちらが、下水道課。

      20191112マンホール竜ケ崎03

簡単なアンケートに答えてます。

「 何処から来られました? 」
『千葉県の佐倉市です 』

      20191112マンホール竜ケ崎04



こんなやり取りの後、マンホールカードを手にします。

      20191112マンホール竜ケ崎05



カードを手に入れたら、そのカードのデザインとなったマンホール蓋を見に行きましょう。


カラーマンホール蓋は、市役所からかなり離れた場所に設置されています。


以前、訪れたことのある竜が丘公園の近く。
龍ケ崎市役所東部出張所前の歩道に設置されています。

      20191112マンホール竜ケ崎06


 

こちらが、そのカラーマンホール蓋。

      20191112マンホール竜ケ崎07


      20191112マンホール竜ケ崎08



マンホールと びいすけ 。

      20191112マンホール竜ケ崎09



マンホール と びいすけ とマンホールカード。

      20191112マンホール竜ケ崎10





こちらが、そのマンホールカード。

      20191112マンホール竜ケ崎11


      20191112マンホール竜ケ崎12


龍ケ崎市のマンホールカードは、牛久沼の背景に筑波山をデザインし、
市のシンボルである松(市の木)、桔梗(市の花)、
鳥(白鳥)を盛り込んで製作されています。
松は龍ヶ崎城主の土岐氏が治水のために並木通りに植えた木であり、
桔梗は龍ヶ崎城主の土岐氏の家紋の花になるそうです。

これで、マンホールカードのコレクションがまた1枚増えました。


2020/01/01 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

自販機がいっぱい (2019年11月8日)(神奈川県相模原市) 

11月8日


この日は、相模原市に出かけました。
一の酉の日だから、上溝の大鳥神社へ行くのが目的でしたが
もう一つの目的地がありました。

テレビのバラエティ番組で何度か紹介されている自動販売機の聖地、
中古タイヤ市場相模原店 自販機コーナー。


中古タイヤ販売店の自販機コーナー?
何やら、よく分からない繋がり。



そうなんです。
こちらのお店は、本業は中古タイヤ販売で
お客さんの待ち時間に休める場所を提供したいということで
自販機コーナーが設置したそうです。

そして、その自販機がレトロと言うか
ひと昔、いやそれ以上前の懐かしい自動販売機が横一列に並んでいます。

      20191108自販機01


 

テレビで観たけれど、実物を見ると圧巻。

      20191108自販機02


      20191108自販機03



ネットの情報によれば..............

こちらの会社の社長は、数年前からこつこつと自販機を集め
何とそれを自分で修理改造し、さらには、自販機コーナーの屋根や配管なども
すべて自己流でやってしまったそうです。

      20191108自販機04


      20191108自販機05


      20191108自販機06


      20191108自販機07


やっぱり、横一列に並んだ自販機は『圧巻』の一言に尽きる。



じっくりと、その自販機を眺めてみましょう。



ガムの自販機。

      20191108自販機08

『チウインガム』と言う表現が懐かしい。
この自販機は、子供の頃に見た記憶があります。


  

アメリカンポップコーンの自販機。

      20191108自販機09

ポップコーンってすごくアメリカっていう感じがするから
アメリカンポップコーンってある意味、正解!!



そして、もっちゃん のお目当てのトーストの自販機。

      20191108自販機10



メニューは、ハムチーズトーストとコンビーフトーストの2種類。

      20191108自販機13





ハムチーズトーストを選んだようです。



40秒間、じっくり焼かれて
アツアツの状態で下の取り口に落ちてきます。

      20191108自販機11



あ火傷をしないように、トングで取り出します。

      20191108自販機12




こちらが、アツアツのハムチーズトースト。

      20191108自販機14



この微妙な焦げ具合が美味そう。

      20191108自販機15



しっかり、半分貰っちゃいました。

      20191108自販機16

「味はどうか ? 」って?
びいすけ の、この欲しそうな顔を見れば分かりますよね(笑)



お昼で小腹も空いているから、
ご飯物をセレクトします。

      20191108自販機17

天ぷらうどんっていう選択肢もあったんだけど
ここはあえて、ご飯物。



天丼をセレクトします。

      20191108自販機18



おそらく、冷凍の物を温めているんだけれど
出来上がりまでに3分ぐらいかかる。
その待つ時間がワクワクするんだけどね。

取り出し口から取り出すと................

      20191108自販機19

形が予想外。
丼じゃないし.............


箱を開けると、こんな感じ。

      20191108自販機20



ピンボケ写真だから、美味しそうには見えないけれど..............

      20191108自販機21

実際は美味しい天丼でした。
ただ、成人男子じゃ、ちょっと量が物足りない。

まぁ、自販機だから、そこまで求めるのはやめましょう。



噂によれば、ハンバーガーの紙箱や
生産中止となったトーストサンドの純正アルミを復活させるなど、
こちらのお店(?)の社長の熱い想いが形となって
古き良き時代の自販機が並ぶパラダイス。

今度は天ぷらうどんを食べに来よう!







2019/12/30 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

マンホールカードを集めよう! 神奈川県相模原市② (2019年11月7日)(神奈川県相模原市) 

11月7日


山梨県の大月市に出かけたこの日、八王子の実家にたちよることにしました。
最近、こちらの方に足を伸ばしていないので
久しぶりに大月からは国道20号で相模湖に出て、津久井経由で帰ることにしました。


そう言えば、相模原市(と言っても相模湖になりますが.......)で
新たなマンホールカードが発行されたらしい。

マンホールカードのコレクターとしては、見過ごすわけにはいきません。
と言う事で、立ち寄った先は、JR中央本線 相模湖駅前の相模湖観光案内所。

      20191107マンホール相模原01



      20191107マンホール相模原02



簡単なアンケートに記入して
マンホールカードいただきました!

      20191107マンホール相模原03




さて、肝心のモデルとなったカラーマンホール。
相模湖駅の近くにあるのかと思ったら、ちょっと離れた場所にありました。


国道20号を八王子方面にちょっと走り、相模川の桂橋を目指します。
カラーマンホールは、桂橋の手前の県道の歩道に設置されていました。


こちらが、そのマンホール。

      20191107マンホール相模原04



カードと一緒に。

      20191107マンホール相模原05



びいすけ と一緒に。

      20191107マンホール相模原06



最強のコラボ。
カード と びいすけ と マンホール。

      20191107マンホール相模原07




こちらが、相模原市タイプBのマンホールカード。

      20191107マンホール相模原08



カードには、相模ダム、相模湖大橋、桂 、山ゆり、オシドリが描かれています。

      20191107マンホール相模原09

相模ダムは神奈川県の重要な水源である相模湖を形成し、
その相模湖に架かる相模湖大橋は『神奈川の橋100選』にも選ばれています。
そして、桂、山ゆり、オシドリは、旧・相模湖町の木、花、鳥に選ばれていたそうです。

今は、相模原市となっていますが、
旧・相模湖町のこだわりを感じるマンホールカードですね。



2019/12/26 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................強瀬小学校 (2019年11月7日)(山梨県大月市) 

11月7日

この日は、山梨県の大月市に出かけました。

この日の大月市廃校巡り、その最終章は.................大月市立強瀬小学校。



強瀬小学校は、

明治6年      安楽寺を教場として創立。
明治7年      都留郡第九区強強瀬学校と称する。
明治8年      浅利村・奥山村・畑倉村・岩殿村・強瀬村が合併して賑岡村となる。
明治25年     強瀬尋常小学校となる。
          岩殿分教場を置く。
昭和5年      強瀬尋常高等小学校と改称する。
昭和22年     学制改革により賑岡村立強瀬小学校と改称する。
昭和29年     大月町・七保町・猿橋町・梁川村・笹子村・初狩村・賑岡村と合併して大月市が発足する。
          大月市立強瀬小学校と改称する。
平成28年     大月東小学校に統合されて廃校となる。



こちらが、校門跡。

      20191107強瀬小学校01



門柱。

      20191107強瀬小学校02



門柱の表札。

      20191107強瀬小学校03



校舎全景。

      20191107強瀬小学校04


別アングルから。

      20191107強瀬小学校05


      20191107強瀬小学校06



校庭の一角にまとめられた石碑群。

      20191107強瀬小学校07



経緯土標。

      20191107強瀬小学校08



校歌の碑。

      20191107強瀬小学校09



少年と少女の像。
タイトルは『元気な子』。

      20191107強瀬小学校10



『 真心 』の碑。

      20191107強瀬小学校11



そして、こちらが閉校記念碑。

      20191107強瀬小学校12

裏面には、しっかりと沿革も刻まれています。



こちらが体育館。

      20191107強瀬小学校13



校舎前の国旗掲揚ポール。

      20191107強瀬小学校14



校舎の壁には、校章。

      20191107強瀬小学校15



校庭の遊具類。

      20191107強瀬小学校16


      20191107強瀬小学校17


      20191107強瀬小学校18




朝礼台。

      20191107強瀬小学校19



ポツンと置かれた机。

      20191107強瀬小学校20



そして、百葉箱。

      20191107強瀬小学校21



こちらは、防災収納庫。

      20191107強瀬小学校22



そして、避難場所の案内板。

      20191107強瀬小学校23


こちらも地域の避難場所に指定されているようです。

地域の避難場所としてしか、活路がないみたいな感じで
ちょっぴり残念です。



2019/12/26 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................旧・七保小学校 (2019年11月7日)(山梨県大月市) 

11月7日

この日は、山梨県の大月市に出かけました。


大月市の廃校・旧校巡り、その第10弾は..............大月市立 旧・七保小学校。


お断り; 七保小学校は未だ現役の小学校で廃校ではありません。


七保小学校は明治7年に創設された葛野学校がその始まりとなっています。

明治7年     葛野学校創設。
        (下和田・葛野・林・奈良子・瀬戸・駒宮・浅川の7村を所属とし、葛野村に本校を置く)
明治8年     下和田村・葛野村・林村・奈良子村・駒宮村・浅川村・瀬戸村が合併して七保村となる。
明治19年     七保尋常小学校と改称する。
         下和田と浅川に分校を設置する。
明治25年4月   七保尋常小学校を分割し、葛野尋常小学校と改称し、各分校を独立校とする。
同年5月     下和田尋常小学校、浅川尋常小学校が創設され、奈良子に分校が設置される。
明治26年     葛野尋常高等小学校と改称する。
昭和22年     学制改革により七保村立葛野小学校と改称する。
昭和29年4月   七保村が町制施行して七保町となる。
         七保町立葛野小学校と改称する。
同年8月      七保町が、大月町・猿橋町・梁川村・笹子村・初狩村・賑岡村と合併して大月市が発足する。
         大月市立葛野小学校と改称する。
昭和40年     浅川小学校、浅川小学校奈良子分校を統合する。
         大月市立七保小学校と改称する。
平成21年     上和田小学校、瀬戸小学校を統合する。
         新校舎竣工、現校地に移転する。

と言う沿革です。


すなわち、平成21年まで、この地が学び舎でありました。

      20191107旧・七保小学校01



かつての正門の門柱には、表札が残っています。

      20191107旧・七保小学校02



この門柱は昭和47年の卒業生から贈られたモノのようです。

      20191107旧・七保小学校20




校舎全景。

      20191107旧・七保小学校03


      20191107旧・七保小学校04



別アングルから。

      20191107旧・七保小学校05


      20191107旧・七保小学校06


      20191107旧・七保小学校07


      20191107旧・七保小学校08



正面玄関にも立派な表札が残っている。

      20191107旧・七保小学校09



ピロティって言うんだっけ?
玄関の庇も立派。
学校の玄関って言うよりも病院の玄関みたい。

      20191107旧・七保小学校10


      20191107旧・七保小学校11



校舎を覗き込むと、そこは放送室だったようです。

      20191107旧・七保小学校14




校舎前の国旗掲揚ポール。

      20191107旧・七保小学校12



少年と少女のモニュメント。

      20191107旧・七保小学校13




経緯土標。

      20191107旧・七保小学校16



創立百周年の記念碑。

      20191107旧・七保小学校17

こちらに、七保小学校の沿革が刻まれています。




こちらは、体育館。

      20191107旧・七保小学校15




校庭。

      20191107旧・七保小学校18



これと言った遊具は残っていない。
新しい校地に持っていってしまったんでしょうか?

地面に埋められた古タイヤ。

      20191107旧・七保小学校19

確認できた遊具はこれのみ。



プール。

      20191107旧・七保小学校21



新しい校地は、この場所から100mほど離れた場所。
すぐ近くの場所になるけど、旧校地がこのまま使われていないのも
もったいない気がするんだけど................


2019/12/25 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................奈良子分校 (2019年11月7日)(山梨県大月市) 

11月7日 

この日は、山梨県の大月市に出かけました。

大月市の廃校巡り、その第9弾は............大月市立浅川小学校奈良子分校。


奈良子分校は、

明治25年      浅川尋常小学校が創立。その分校として奈良子分校が創設される。
昭和22年      学制改革により七保村立浅川小学校奈良子分校と改称する。
昭和29年      七保村が町制施行して七保町となる。
           七保町立浅川小学校奈良子分校と改称する。
同年8月       七保町が、大月町・猿橋町・梁川村・笹子村・初狩村・賑岡村と合併して大月市が発足する。
           大月市立浅川小学校奈良子分校と改称する。
昭和40年      葛野小学校に統合されて廃校となる。

 
こちらが奈良子分校跡地。

     20191107奈良子分校01

廃校後、奈良子保育所として再利用されたようですが
その保育所も現在では廃止されてしまいました。


敷地は、地域の避難場所に指定されているようです。

      20191107奈良子分校02



山間の分校だけあって、敷地はそんなに広く無い。

      20191107奈良子分校03


校舎も平屋の小さな校舎が二棟。

      20191107奈良子分校04


      20191107奈良子分校05


      20191107奈良子分校06


   

玄関は保育所開設の時に改装されたみたいです。

      20191107奈良子分校07



時代を感じさせる木造校舎。
色々なアングルから眺めてみましょう。

      20191107奈良子分校08


      20191107奈良子分校09


      20191107奈良子分校10


      20191107奈良子分校11


      20191107奈良子分校12


      20191107奈良子分校13



手前の校舎は、外観の塗装も保育所時代に施されているようですね。

      20191107奈良子分校14



狭い校庭には、遊具も残されている。

      20191107奈良子分校15


      20191107奈良子分校16


      20191107奈良子分校17


      20191107奈良子分校18



元々、山間の集落でそんなに多くの世帯数もなかったとおもわれる奈良子集落。
分校も保育所も廃校、廃所となってしまうのは時代の流れ、
定めだったのかもしれない。

この地に学校ができることなんて、もう無いんだろうなぁ...................


2019/12/25 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................瀬戸小学校 (2019年11月7日)(山梨県大月市) 

11月7日

この日は、山梨県の大月市に出かけました。

大月市の廃校巡り、まだまだ続きます。


上和田小学校をあとにして、向かった先は........大月市立瀬戸小学校。


瀬戸小学校は、

明治8年      葛野学校から独立。瀬戸学校地蔵堂に開設する。
明治20年      瀬戸尋常小学校と改称する。
明治25年      和田分校を設置する
明治42年      瀬戸村宮原に新築校舎建設移転。
大正7年      七保高等尋常小学校瀬戸分教場を設置。
昭和2年      瀬戸尋常高等小学校と改称する。
昭和22年      学制改革により七保村立瀬戸小学校と改称する。
昭和29年4月    七保村が町制施行して七保町となる。
          七保町立瀬戸小学校と改称する。
同年8月      七保町が、大月町・猿橋町・梁川村・笹子村・初狩村・賑岡村と合併して大月市が発足する。
          大月市立瀬戸小学校と改称する。
昭和39年      和田分校が大月市立上和田小学校として独立する。
平成21年      七保小学校に統合されて廃校になる

と、このような沿革となっています。




こちらが、正門跡。

      20191107瀬戸小学校01


赤煉瓦を使った門柱だったようです。

      20191107瀬戸小学校02

往時の表札もしっかりと残っています。



こちらも地域の避難場所に指定されているようです。

      20191107瀬戸小学校03



廃校から既に10年。
校舎は解体されていて、更地に近い状態。

      20191107瀬戸小学校04

実は、2年前の秋。
ここからさらに山間に進んだ深城ダムを訪れた時に
瀬戸小学校が在る事は(その存在は)知っていました。

記憶がまちがいなければ、
その時はまだ校舎が在ったような気がするんだけど............
ここ2年間で解体されてしまったのでしょうか?


体育館は残っていますが、老朽化はかなり激しい。

      20191107瀬戸小学校05


      20191107瀬戸小学校06

なにせ、カマボコ型の屋根の体育館ですからね。
建てられてから、相当な月日が経っているんでしょう。



夜間照明の設備もあるから、少年野球のグランドとして活用されているのか?

      20191107瀬戸小学校07


      20191107瀬戸小学校08



校庭の一角に、記念碑がまとめられています。


閉校記念碑。

      20191107瀬戸小学校09

裏面には沿革がくざまれていて、大変参考になりました。




こちらは、創立百周年記念碑。

      20191107瀬戸小学校10



無造作に置かれた記念碑。

      20191107瀬戸小学校11



少し離れた場所に、七保第二中学校の碑も在りました。

      20191107瀬戸小学校12

かつて、この場所には中学校も併設されていたんですね。



そして、別な一角には遊具類がまとめられていました。

      20191107瀬戸小学校13


      20191107瀬戸小学校14



こちらは、大月市の備蓄倉庫。

      20191107瀬戸小学校15



ネット先にはゲートボール場。

      20191107瀬戸小学校16


いずれ、体育館も解体されることになるでしょう。
ちょっと山間になってしまう土地だけに、
更地になっても有効活用できるのだろうか?

ちょっぴり気になっちゃいますね。



2019/12/24 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................上和田小学校 (2019年11月7日)(山梨県大月市) 

11月7日

この日は、山梨県の大月市に出かけました。

大月市の廃校巡り、その第7弾.は................大月市立上和田小学校。


上和田小学校は、

明治25年      瀬戸尋常小学校和田分校として設立される。
昭和22年      学制改革により、七保村立瀬戸小学校和田分校と改称する。
昭和29年4月     七保村が町制施行して七保町となる。
           七保町立瀬戸小学校和田分校と改称する。
同年8月       七保町が、大月町・猿橋町・梁川村・笹子村・初狩村・賑岡村と合併して大月市が発足する。
           大月市立瀬戸小学校和田分校と改称する。
昭和39年      瀬戸小学校より独立、大月市立上和田小学校となる。
平成21年      七保小学校に統合されて廃校になる

と、このような沿革となっています。



こちらが、かつての正門。

      20191107上和田小学校01



コンクリート製の門柱には往時の表札が残っています。

      20191107上和田小学校02



この門柱は昭和41年の卒業生から贈られたモノのようです。

      20191107上和田小学校03


    

こちらも地域の避難場所に指定されています。

      20191107上和田小学校04

大月市の場合、避難場所に旧・小学校名が記されていたりするから
他に転用されずに更地になっても、学校跡地をさ探し易いような気がする。





こちらが、校舎。

      20191107上和田小学校05


もともと、丹波山村の方へと抜ける県道と葛野川沿いの
敷地を利用した校地だから、そんなに広くは無い。

      20191107上和田小学校06



別アングルからの校舎。

      20191107上和田小学校07


      20191107上和田小学校08



この辺りのデザインはちょっと凝っている。

      20191107上和田小学校09



とても山深き場所に在る小学校の建物には見えない。

      20191107上和田小学校10



玄関庇には校名が掲げられている。

      20191107上和田小学校11



そして、壁面には校章が掲げられている。

      20191107上和田小学校12



窓ガラスには、閉校時に貼られた感謝の気持ちを示した張り紙が
日焼けしながらも、その想いを今も伝えている。

      20191107上和田小学校13



こちらは、用具室?
それとも、旧・校舎?

      20191107上和田小学校14



僅かに残る遊具類。

      20191107上和田小学校15


      20191107上和田小学校16


      20191107上和田小学校17


    

そして、使われることのない赤錆びたローラー。

      20191107上和田小学校18



校舎の前には、ポツンと小さな机が置かれている。

      20191107上和田小学校19


廃校から10年。
10ねんか、この机は雨風に晒されてきたのだろうか..............?




2019/12/24 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit