FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

利根川河口堰 (2019年5月11日)(千葉県香取郡東庄町) 

5月11日

この日は、香取市の廃校巡りをしていました。
廃校巡りを終え、帰途に着こうとしましたが、
香取市の隣の東庄町で天皇御在位30周年記念のダムカードが手に入る。

せっかくお隣の香取市まで来ているんだから
このまま帰ったんじゃ、もったいない。

という事で、立ち寄った先は…………利根川河口堰。


実は、利根川河口堰は以前訪れた事があります。
その時もしっかりダムカードを貰って帰りました。
(その時の記事は こちら


千葉県と茨城県の県境でもある利根川。

千葉県の東庄町と茨城県の神栖市を繋ぐ利根川大橋。
この利根川大橋が利根川河口堰でもあります。

      20190511利根川河口堰01


利根川河口堰は、昭和46年)1月に竣工した利根川を仕切る堰(河口堰)です。




千葉県側の河口堰下流側より。

      20190511利根川河口堰02



河口堰上流側。

      20190511利根川河口堰03


      20190511利根川河口堰04



280mmの望遠でズームアップ。

      20190511利根川河口堰05



こちらが、利根川河口堰管理事務所。

      20190511利根川河口堰06

ダムカードは、こちらで貰えます。


ダムカードの場合、平日配布が殆どと言えるんですが
こちらの管理事務所では、土日祝日でも警備の方が対応してくれるようです。

無事、ダムカードも頂く事が出来ました。

      20190511利根川河口堰07



管理事務所の前には、利根川河口堰の記念碑。

      20190511利根川河口堰08



こちらが、利根川河口堰の『天皇陛下在位三十周年記念』のダムカード。

      20190511利根川河口堰09


      20190511利根川河口堰10


千葉県下では、こちらの利根川河口堰以外に
北千葉導水路、長柄ダム、東金ダムでも記念のダムカードが貰えるらしい。

頑張って集めちゃおうかな?(笑)。






スポンサーサイト
2019/07/12 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう!..............山倉ダム (2019年2月27日)(千葉県市原市) 

2月27日

数年前から集めているダムカード。

千葉県内のダムカードは、コンプリートしていると思ったら
いつの間にか新しいダムカードが発行されて、
手に入れていないダムカードが2種ある事に気付きました。

その一つである市原市にある山倉ダムに行って来ました。


山倉ダムは、市原市山倉にある千葉県が所有する工業用水専用のダムです。
昭和34年に工事着工、昭和39年に竣工したアース式ダムで、
市原市の五井・市原地区に送水しています。
ダム周辺には『キッズランド』という観光施設があり、
ダム湖の一部がこの施設となっています。

堤体および、ダム湖のほとんどが立入禁止となっていますが、
一部は公園として解放されていて、ダム湖の周りをぐるっと回る事も出来ます。
(一部分は『キッズランド』のため通れない)

このダムには流入する河川が無く、近隣にある養老川から導水している。
洪水時には、導水を止め、水位調節をしているそうです。


観光施設としてのダムではないから、車を停めるのも一苦労。
実は、遠く離れたコンビニの駐車場に車を停めて、ダム湖へと向かいます。

      20190227山倉ダム01


これが意外に遠い。

      20190227山倉ダム02



この先がダム湖。

      20190227山倉ダム03

正直、ここに辿り着くまでで疲れ果てました(笑)。




ダム湖です。

      20190227山倉ダム04



山倉ダムのダム湖は、特に名称が無いようです。

      20190227山倉ダム05



意外に広いダム湖。

      20190227山倉ダム06

視界の先には、ダム湖に架かる橋もあります。



ベンチも有って、ダム湖の周りは周遊路。

      20190227山倉ダム07


ちょっとした散策路。
右回りはこちら。

      20190227山倉ダム08



左回りは、こちら。

      20190227山倉ダム03



位置的には『キッズランド』の対岸。
左回りで進みましょう。

      20190227山倉ダム12



一応、ダム湖の周りは散策路になっているけど
散策するモノ好きは居ないようです。

      20190227山倉ダム10



びいすけ のペースで進みましょう。

      20190227山倉ダム11


      
遥か先には取水口が見えます。

      20190227山倉ダム13

少なくとも、取水口近くがダム堤体だから
取水口近くまでは、行かなくっちゃ!



しかし、意外に取水口までは遠い。

      20190227山倉ダム14



曇っていた天候も時折、雲の間から陽が射してくる。

      20190227山倉ダム15


散策路を歩くと言うよりは、
フェンス沿いに匂いを嗅ぐと言う行動の びいすけ 。

      20190227山倉ダム16

    

それでも、結構歩いて来たような気がします。

      20190227山倉ダム19



やっと、取水口近くに到着。

      20190227山倉ダム20



こちらが、ダム堤体。

      20190227山倉ダム21

どう見ても、この場所で堰き止めているようには見えない。



位置的に、こちらが天端になるようです。

      20190227山倉ダム22



肝心のダムカードは、この場所から数km離れた場所にある
郡本浄水場が配布場所となっています。


こちらが、郡本浄水場。

      20190227山倉ダム26



2階の事務所でスマホで撮った山倉ダムのダム湖の写真を見せて
ダムカードをゲットです。

      20190227山倉ダム25





こちらが、そのダムカード。

      20190227山倉ダム23


      20190227山倉ダム24


ダムカード、また1枚コレクションが増えました。
千葉県内のダムカード、残すは三島ダムのみとなりました。



2019/04/26 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう! .............霞ヶ浦導水路 (2018年11月19日)(茨城県土浦市) 

11月19日

この日は、茨城県の土浦市に出かけました。


茨城県が誇る湖といえば霞ヶ浦。
その霞ヶ浦でダムカードが発行されています。

いままで、2種類のダムカードが発行されていましたが
( 霞ヶ浦 西浦 のダムカードは こちら 北浦 のダムカードは こちら )
いつのまにか、3枚目とも言える霞ヶ浦導水路のカードが発行されて
配布されているようです。

いやぁ、知らなかったなぁ。


そもそも霞ヶ浦導水路とは、
那珂川下流域と霞ヶ浦を結ぶ那珂導水路(水戸市渡里地先~土浦市湖北町地先、延長約43km)、
利根川下流域と霞ヶ浦を結ぶ利根導水路(稲敷市結佐地先~稲敷市上須田地先、延長約2.6km)
の2本の導水路をさし、これらを整備して、那珂導水路からは那珂川から霞ヶ浦、霞ヶ浦から那珂川、
利根導水路では利根川から霞ヶ浦、霞ヶ浦から利根川の双方向の導送水を行います
それにより、水資源の安定的かつ広域的な供給等に重要な役割を果たし、
霞ヶ浦や水戸市を流れる桜川等の水質汚濁、那珂川や利根川における渇水の発生など
諸問題の解決を図ると共に、流域の産業・経済の発展に寄与していくことが目的となっています。


その役割を担うのが、霞ヶ浦導水工事管理事務所。

      20181119霞ケ浦導水路01

こちらで、霞ヶ浦導水路のダムカードが配布されています。


配布場所。

      20181119霞ケ浦導水路02

ちょうど、お昼休みの時間でしたが、快く対応してくれました。


ダムカード、ゲットです。

      20181119霞ケ浦導水路03



さて、この霞ヶ浦導水路。
実は地中深くに設置されています。

長さ約43kmを誇る那珂導水路は、深さ約20~50mの地中に設けられ、
長さ約2.6kmの利根導水路は、深さ約20~30mの地中に設けられています。
という事は、基本的に導水路そのものは、見る事ができません。

ならば、霞ヶ浦を見ておきましょう。
こちらの事務所近くの霞ヶ浦のスポットと言えば...............................
  
霞ヶ浦総合公園。

      20181119霞ケ浦導水路04


      20181119霞ケ浦導水路05


      20181119霞ケ浦導水路06


      20181119霞ケ浦導水路07


      20181119霞ケ浦導水路08



こちらが、霞ヶ浦導水路のダムカード。

      20181119霞ケ浦導水路09


      20181119霞ケ浦導水路10


また一枚、ダムカードのコレクションが増えました。



2019/01/09 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう! 《 北千葉導水路 》 (2018年11月5日)(千葉県印西市) 

11月5日

この日は、北千葉導水路のダムカードを手に入れるために
印西市の北千葉楊排水機場に行ってきました。


北千葉導水路は、利根川と江戸川を結ぶ水路(流況調整河川)です。

1. 手賀川及び坂川の内水排除
2. 江戸川の都市用水の確保
3. 手賀沼等の水質浄化      の3つを目的としています。

利根川河口堰と共同運用する事により、河口堰によって貯められた水の一部を
北千葉導水路を通じて江戸川へ送水できるます。
すなわち、利根川下流部の水を埼玉県と東京都に送水することを可能にしています。


いつの間に、北千葉導水路でダムカードが発行されるとは.................
そもそも北千葉導水路がダム?

そんな疑問が頭によぎりますが、まぁ印旛沼だって、霞ヶ浦だって
ダムカードを発行しているし、
水量を調整して、洪水対策をしているわけだから
ダムの持つ機能の一つを担っているわけになる。
広義の意味で受け入れましょう(笑)。



北千葉導水路 北千葉楊排水機場前にて。

      20181105ダムカード01



こちらが、北千葉導水路管理事務所。

      20181105ダムカード08

こちらの2階でダムカードは配布されています。


2階から覗くことができた揚水機。

      20181105ダムカード09

いわゆるポンプです。

大型のポンプが何台も並んでいました。



ダムカード、ゲットしました。

      20181105ダムカード10


      20181105ダムカード11



ダムカードは手に入れたけれど、肝心の北千葉導水路を見ていない。
立ち入り禁止区画もあるけれど、行ける所まで行ってみましょう。

      20181105ダムカード02


      20181105ダムカード03


      20181105ダムカード04


      20181105ダムカード05



こちらが北千葉導水路のダムカード。

      20181105ダムカード03


      20181105ダムカード07


これで、また一枚だむのコレクションが増えました。

そうそう、千葉県内のダムカード、制覇していたんだけど
いつの間にか、この『北千葉導水路』と『三島ダム』のダムカードが発行されている。

三島ダムもダムカードを貰いに行かなくっちゃ!!。



2018/12/30 Sun. 20:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう! 《 堀川ダム 》 (2018年10月30日)(福島県西会津郡西郷村) 

10月30日  


1泊2日の福島旅行。
その2日目は西郷村を巡ります。


真名子分校をあとにして、向かった先は....................堀川ダム。


堀川ダムは、福島県西白河郡西郷村真船流れる一級河川阿武隈川水系の堀川に建設されたダムです。

堀川総合開発事業の一環として、洪水調節・河川維持・上水道を目的に
1982年に工事着工、2000年に竣工したロックフィルダムです。

そして、ダムカードを配布しているダムです。
ダムカードコレクターとしては
ダムカードを配布しているダムがあれば、見逃す手はありません。


ちょっぴり道に悩み、とんでもない所に辿り着いたりしましたが
何とか、堀川ダムに到着。

管理事務所の前に駐車場も完備され、車の置き場所に悩む問題はありません。

駐車場の先に、堀川ダムの説明板。

      20181030堀川ダム01

西郷村やお隣の白河市の小学生の社会科見学も多く
こう言った案内板も設置されているんでしょう。



ダム提体
典型的なロックフィルダム。

      20181030堀川ダム18

ロックフィルダムの場合、単なる斜面にしか見えなくもない。


ダム上流側。

      20181030堀川ダム03

ダム湖の名称は不明。


ダム天端は、車両通行止め。

      20181030堀川ダム04

歩行者のみが楽しめる、まるで散策路。


  
ダム下流側。

      20181030堀川ダム05

ススキの穂が秋をしみじみと感じさせてくれます。


ダム湖の奥には紅葉の山。

      20181030堀川ダム06


      20181030堀川ダム10



紅葉とダム湖。

      20181030堀川ダム11

やっぱり、この時期のダムは見応えがある。


ダム1次側の取水口。

      20181030堀川ダム09


ダム2次側の放水口。

      20181030堀川ダム08


  


  
周辺にも色々と見所があるようです。    

      20181030堀川ダム12



こちらが、堀川ダム管理事務所。

      20181030堀川ダム13



ダムカードはこちらで配布しています。
ただし、配布方法がユニークです。

      20181030堀川ダム14

詳しくは、現地の貼り紙で確認を........................



堀川ダムのダムカード、ゲットしました。

      20181030堀川ダム15



こちらが、堀川ダムのダムカード。

      20181030堀川ダム16


      20181030堀川ダム17


また1枚、福島県のダムカードのコレクションが増えました。



2018/12/24 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう!..................東山ダム (2018年10月29日)(福島県会津若松市) 

10月29日

1泊2日の福島旅行。
初日は、会津若松市を巡ります。

飯盛山をあとにして、向かった先は........................東山ダム。


東山ダムは、阿賀野川水系の湯川に掛かるダムで、
会津若松市東山町大字湯本地内に多目的ダムとして建設されました。
湯川の総合開発の一環をなすものです。
主な効果は洪水調節、既得取水の安定化・河川環境の保全、
上水道用水の供給となっています。


堤高は70m、堤頂長は275m。
総貯水容量1250万㎥を誇る重力式コンクリートダムです。

着手/竣工:1970年に着工して、1982年に竣工。
実に12年の歳月を費やしたダムです。

ダム湖は「湯の入り湖」。地元小学校の生徒から募集したそうです。
下流には湯治場として有名な東山温泉があり、
それより奥の集落は「湯の入り」と呼ばれていたそうです。




東山ダムの案内板(説明板)。

      20181029東山ダム01



あまり見たくも無い看板。

      20181029東山ダム02



マナーをしっかり守りましょう。

      20181029東山ダム03



ダム碑。

      20181029東山ダム04



ダム銘板。

      20181029東山ダム05



ダム天端。

      20181029東山ダム06

以前は車が通行出来たようですが、現在は通行止め(立入り禁止)。



ダム下流側。

      20181029東山ダム07


      20181029東山ダム10


      20181029東山ダム11



ダム周辺は紅葉の季節。

      20181029東山ダム08



天端を歩きながら、紅葉で目の保養。

      20181029東山ダム09


      
『僕も見たいよ〜』

      20181029東山ダム12

そんなことを言っているのか? (笑)



ダム湖の「湯の入り湖」。

      20181029東山ダム13


      20181029東山ダム14


      20181029東山ダム15

やっぱり、この時期の山深きダムは紅葉とマッチして最高です。



さて、肝心のダムカードは、東山ダム管理事務所で貰えます。


ダムの側に建つ管理事務所。

      20181029東山ダム16



管理事務所の入り口にはこんな貼り紙。

      20181029東山ダム17

熊が出るなんて...................ちょっヤバくない?(笑)。




こちらが、東山ダムのダムカード。

      20181029東山ダム18


      20181029東山ダム19


福島県のダムカード、また一枚コレクションが増えました。





2018/12/22 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

再訪 深山ダム (2018年8月23日)(栃木県那須塩原市) 

8月23日

1泊2日の那須旅行。

沼原ダム(沼原池)のあとは、深山ダム。


深山ダムは2年前の秋に一度訪れています。
(その時の記事は こちら )。


深山ダムのダム湖は深山湖。

      20180823深山ダム01


秋はダム湖な周りが紅葉に色付いているけど
夏のこの時期は木々の緑も乙なモノ。

      20180823深山ダム02


ダム堤体。

      20180823深山ダム03



びいすけ もダム湖の前で記念の一枚、パチリ☆。

      20180823深山ダム04


天端は道路になっていて、車の通行も可能。

      20180823深山ダム05

画面右方向をかなり進めば、『森の電力おはなし館』。


さっきまで居た上池にあたる沼原池近くでは曇り空だったけど
下池にあたる深山湖では快晴。

      20180823深山ダム06


湖面を覗き込む びいすけ 。

      20180823深山ダム07


こちらは、ダム下流側。

      20180823深山ダム08



せっかくだから、深山ダム管理事務所にも立ち寄りましょう。

      20180823深山ダム09


ダムカード、ゲット!。

      20180823深山ダム10

実は、深山ダムのダムカードは4種類あり、
訪れた時期によって配布されるカードが異なります。


この時期は、夏バージョンのダムカード。

      20180823深山ダム11


      20180823深山ダム12


前回秋バージョンのダムカードを入手し、今回は夏バージョンを入手。
春夏秋冬の深山ダムのダムカード、手に入れたいなぁ。



2018/10/14 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう 《 沼原ダム 》 (2018年8月23日)(栃木県那須塩原市) 

8月23日 沼原ダム

那須旅行の2日目。


板室分校跡地をあとにして、向かった先は..................沼原池。


沼原池は沼ッ原湿原(ぬまっぱらしつげん)近くの窪地に、
すり鉢状の穴を掘って、すっぽりとアスファルトで塗りあげて造られた
ちょっと特殊な貯水池です。

アスファルトフェイシングダムでは、全国2位の堰体長を持ち、
池全体がぐるりと堰体に囲まれているような感じで
山の上に超巨大なプールがあるようなイメージが分かり易いかも?

揚水式発電の上部貯水池で、1km西側にある深山ダム湖を下位貯水池として
水を行き来させています。電力関係者からは深山ダムのダム湖である深山湖を下池、
巨大なプールのような沼原池を上池と呼ぶそうです。


沼原池へのアクセスは、車でひたすら山道を登って行きます。
那須ハイランドゴルフ場の脇から、案内板に沿って走ること8kmほど。
高台に駐車場があります。


それなりの標高のため、曇り空に変わり
半袖では肌寒い。

沼原池の碑の前でパチリ☆。

      20180823沼原ダム02


元々、沼原湿原地へのアプローチ拠点だから何も無い。

      20180823沼原ダム01


     
駐車場から、沼原池へと下って行く散策路(沼腹湿原へ行く散策路)には
こんな看板が立っています。

      20180823沼原ダム03

おいおい、熊が出るのかよ。
やっぱり『熊避けの鈴』は必需品ですね。

流石に、下り1kmの散策はパス
(下り1kmって事は、帰りは上り1kmになる)

駐車場付近から沼原池を眺めることに。

展望台と言うか、展望エリアでは木々が邪魔をして、
あまり視界が開けていない。

      20180823沼原ダム04


何とか視界が開けている場所を探すけれど
この辺りが限界っぽい。

      20180823沼原ダム05


      20180823沼原ダム06


      20180823沼原ダム07


      20180823沼原ダム08


      20180823沼原ダム09



一応、ダムカードの配布規約では、
ダムの現地に行くって言うのが大原則だから
この辺りの風景を確認できれば大丈夫でしょう。

      20180823沼原ダム10



で、肝心のダムカードを貰うまでがまた大変。
下池になる深山ダムの奥にある『森の発電おはなし館』が配布場所。

つまり、今まで上がって来た台地から一度、板村集落まで戻り
そこから深山ダムまで上り、ダム湖沿いに奥に進む。
車で移動しても30分近く掛かります。



と言うことで、こちらが『森の発電おはなし館』。

      20180823沼原ダム11


ダムカードも無事手に入れました。

      20180823沼原ダム12



こちらが、沼原ダムのダムカード。

      20180823沼原ダム13


      20180823沼原ダム14


このダムカードは手に入れるには、ちょっと一苦労ですね。




2018/10/14 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう..............................田島ダム (2018年4月26日)(福島県南会津郡南会津町) 

4月26日  

1泊2日の南会津への旅行。
南会津町にある田島ダムへ立ち寄ってみました。



田島ダムは、阿賀野川水系の高野川にある多目的ダムです。
洪水調節・既得取水の安定化・河川環境保全のための河川流量の確保、
水道用水の供給を目的に建設され、1999年竣工しました。
重力式コンクリートダムで、堤高36m、堤頂長200m。
天端は車両の通行は制限され、徒歩で通行可能です。

堤体下は田島ダム公園になっていて、遊歩道や展望台・駐車場などが備えられている。
ダム湖は舟鼻湖と呼ばれています。



こちらが、田島ダムとダム湖の舟鼻湖。

      20180426 田島ダム01


      20180426 田島ダム02




田島ダムの碑の前で、一枚パチリ☆。

      20180426 田島ダム03



ダム湖である舟鼻湖の碑の前でもパチリ☆。

      20180426 田島ダム04



こたたらが、ダム湖の舟鼻湖。

      20180426 田島ダム05




天端は歩道となっていて通行可能。

      20180426 田島ダム11




それでは、天端を歩いてダムからの眺めを堪能しましょう。

      20180426 田島ダム10



天端から下を眺める もっちゃん と びいすけ 。

      20180426 田島ダム06



『 お〜い びいすけ 。何が見えるの? 』

      20180426 田島ダム07



彼らの視線の先は...............

      20180426 田島ダム08

堤体下の田島ダム公園。



そして、放水路。

      20180426 田島ダム09




どうやら、 びいすけ はダム湖も気になるようです。

      20180426 田島ダム12

水が嫌いなはずじゃなかった?(笑)



どうやら、 びいすけ は田島ダムが気に入ったみたい。

      20180426 田島ダム13



やたらと下を覗きこもうとしています。

      20180426 田島ダム14


      20180426 田島ダム15



ダムの隣に田島ダム管理事務所は在りますが
ダムカードは、別な場所で配布されています。


こちらが、田島ダムのダムカードの配布場所。

      20180426 田島ダム16

福島県南会津合同庁舎。
こちらの3階で配布されています。


ダムカードゲットしました。

      20180426 田島ダム17



こちらが、田島ダムのダムカード。

      20180426 田島ダム18


      20180426 田島ダム19



久しぶりのダムカード集め。
ダムに訪れてその風景を楽しみ、記念の意味を込めてダムカードを貰っていく。
やっぱり、ダムカード集めも楽しいものです。





2018/06/03 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう..............................中禅寺ダム (2017年10月30日)(栃木県日光市) 

10月31日  

1泊2日の日光旅行。
2日目は世界遺産の日光の社寺仏閣巡りが主体ですが
ダムカード集めも忘れません。

中禅寺湖の湖畔にある中禅寺ダムに行きました。

中禅寺ダムは、中禅寺湖から流れ出す利根川水系大谷川に架かる
堤高6.4m、堤高長25.1mのダム(正式には堰)です。
その目的(役割)は、中禅寺湖の水位調整、大谷川の水量調整です。
実は、中禅寺ダムの下流200mほどに有名な『華厳の滝』があります。
すなわち、大谷川の水量調整=華厳の滝の水量調整となる訳です。


こちらが、中禅寺ダム。

      20171031中禅寺ダム01

ダムの奥側は放流中。
この流れが華厳の滝になるわけです。

      20171031中禅寺ダム08



ダム前で写真を撮ろうとしていると...............

      20171031中禅寺ダム04



ダム前の芝生で転がり、背中をスリスリ、ローリング。

      20171031中禅寺ダム02


気持ちが良いのか?
いつまでも止めません。

      20171031中禅寺ダム03


      
閉まっている手前側のゲート。

      20171031中禅寺ダム05

このゲートが開くことはあるのでしょうか?
もし、このゲートが開いたら、華厳の滝はどんな感じになるのでしょうか?
一度見てみたい気もします。


ダム上流に架かる橋からダムを眺めてみます。

      20171031中禅寺ダム06


      20171031中禅寺ダム07




肝心のダムカードは管理事務所で貰えます。
     
      20171031中禅寺ダム09



こちらが中禅寺ダムのダムカード。

      20171031中禅寺ダム10


      20171031中禅寺ダム11


厳密に言ったら定義上(堤体高15m以上)は堰になる中禅寺ダム。
その存在はあまり知れ渡っていないし、役割の認知度も低い。
華厳の滝を訪れる人の何人が、この中禅寺ダムの水量調整を知っているのだろうか...............?




2017/12/13 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう..............................今市ダム & 栗山ダム (2017年10月30日)(栃木県日光市) 

10月30日

この日は、日光市に出かけました。

日光市にあるダムは、川俣ダム、湯西川ダム、五十里ダム、川治ダムの
鬼怒川上流ダム群の4ダムが有名で、いずれも国土交通省が管理しています。
でも日光市にあるダムは、それだけじゃない。
栃木県が管理・管轄しているダムもあれば
民間会社が管理・管轄しているダムもある。

何かと問題の多い(多かった?)東京電力が
水力発電用として管理しているダムもあります。

水力発電用のダムを多く所有する東京電力ですが
ダムカードを発行しているダムもあります。

2017年10月末現在で、発行しているダムカードは2枚。
いずれも日光市にあるダム。
そして、ダムカードは東京電力の鬼怒川事業所で貰えます。

ダムのある場所は、google MAPで確認出来るけれど
肝心の道が良く分からない。
三河沢ダムのように、関係者以外は立ち入り禁止の林道なのか?
それすらも分からない。

まぁ、東京電力の鬼怒川事業所で訊いてみるのが、一番手っ取り早い。

と言うことで、東京電力パワーグリッド(株) 鬼怒川事務所 に立ち寄ってみました。

駐車場に車を停めて、正面玄関に行くと
こんな貼り紙。

      20171030今市ダム01


内線で担当者の方と連絡を取り、話をすると
ダムカードを貰えるらしい。

えっ! ダムに行ってないんだけど...............

ダムカードのルールでは、ダムとダムカードの配布場所が離れている場合
本人がダムに行った証しの写真が必要なんだけど
さすが太っ腹の東京電力。
しっかりダムカードを頂いて来ました。


手に入れたダムカードは、こちら。
今市ダムのダムカード。

      20171030今市ダム02


      20171030今市ダム03



こちらは、栗山ダムのダムカード。

      20171030今市ダム04


      20171030今市ダム05


係の方に話を伺ったところ、今市ダムも栗山ダムも車で行け事が出来るらしい。
ただ、非常に狭い山道なので、『訪れる際には充分に気を付けて下さい』との事でした。

今回は訪問出来なかったけれど、いつか訪れてみたいなぁ。



2017/12/07 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう..............................川治ダム (2017年10月30日)(栃木県日光市) 

10月30日

この日は栃木県の日光市に出かけました。

日光市と言っても世界遺産の社寺仏閣のある中心部ではなく
旧・栗山村周辺の廃校とダム巡りが目的です。
特に鬼怒川上流の4ダム(川俣、湯西川、五十里、川治)では
鬼怒川上流4ダムスタンプラリーと言うイベントも開催されているから
4ダムのスタンプも集めます。

鬼怒川上流4ダム巡り、その最終章は...............川治ダム



川治ダムは、利根川水系鬼怒川の本川上流部に建設されたアーチ式コンクリートダムです。
高さは140.0m。アーチ式コンクリートダムとしては堤上を県道23号線が走ります。
川治ダムの目的は洪水調節・不特定利水の他に、地元日光市や宇都宮市・真岡市を始め
千葉県成田市を始めとする北総地域及び京葉工業地域に対し上水道・工業用水・灌漑用水を供給している
首都圏の水がめの一つでもあります。
川治ダムの上流に位置する川俣ダムや支川・男鹿川の五十里ダム、
さらには2012年に完成した湯西川ダムと共に「鬼怒川上流ダム群」を形成していて
国土交通省関東地方整備局・鬼怒川ダム統合管理事務所によって統合管理されている。
ダム湖は「八汐湖」と呼ばれています。


川治ダムも五十里ダムのすぐ近く。
車で移動しても5分程度で移動出来ます。
まぁ、車で来る人は五十里ダムとセットで訪れる人も多いのでしょう。
川治ダムも観光資源の一つでしょう。


少し色褪せてはいるけれど、川治ダムの概要の説明板。

      20171030川治ダム01



こちらは、川治ダムの記念碑。

      20171030川治ダム02


      20171030川治ダム03

やっぱり、こういった碑があると
ついついカメラを向けてしまいます。



川治ダムの天端は、県道23号(川俣温泉川治線)が走っています。

      20171030川治ダム04


      20171030川治ダム08

とは言っても、平日だから通る車は少ない。



堤体から眺めるダム湖。

      20171030川治ダム10


      20171030川治ダム09

八汐湖と言うらしいが、ここは単純に川治湖でも良かったのでは?





ダム管理事務所前から眺める堤体。

      20171030川治ダム05


この位置から見ると、堤体が緩やかな曲線を描いているのが分かります。

      20171030川治ダム06



この曲線が、このダムを美しいモノにしているのではなかろうか?

      20171030川治ダム07


      

対岸から眺める堤体。

      20171030川治ダム11



そして、この堤体の高さもこのダムの魅力。

      20171030川治ダム12



川治ダム資料館の前にて。
背後は八汐湖。

      20171030川治ダム13


八汐湖も川治ダムもすっかり観光地。

      20171030川治ダム14







ダムカードは、管理事務所で貰えます。

      20171030川治ダム15




今年に夏は、渇水していたみたいで
特別なダムカードが配布されていたようです。

      20171030川治ダム16

欲しかったなぁ...............。


資料館にあると思っていたスタンプラリーのスタンプは
管理事務所にありました。

しっかり最後の1個を押します。

      20171030川治ダム19



そして、こちらが鬼怒川上流4ダムを制覇した記念品。
特製のダムカードホルダー。

      20171030川治ダム20


一応、ホルダーにはなっているけれど
はっきり言って、パンフレット。(みたいな感じ)

      20171030川治ダム21

ちょっぴり、いや、かなり期待を裏切ってくれました(笑)。
まぁ、タダで貰っちゃう記念品だから、文句は言えませんね。



こちらが、川治ダムのダムカード。

      20171030川治ダム17


      20171030川治ダム18


これで鬼怒川上流4ダム制覇。
やっぱり、ダム巡りは楽しいモノです。






      



2017/12/05 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう..............................五十里ダム (2017年10月30日)(栃木県日光市) 

10月30日 

この日は栃木県の日光市に出かけました。

日光市と言っても世界遺産の社寺仏閣のある中心部ではなく
旧・栗山村周辺の廃校とダム巡りが目的です。
特に鬼怒川上流の4ダム(川俣、湯西川、五十里、川治)では
鬼怒川上流4ダムスタンプラリーと言うイベントも開催されているから
4ダムのスタンプも集めます。

鬼怒川上流4ダム巡り、その第3弾は...............五十里ダム


五十里ダムは、鬼怒川の支川である男鹿川に架かるダムで
昭和31年に当時日本で最も高いダム(112m)として完成しました。
洪水による下流河川の氾濫を防ぐための洪水調節、農業用水の供給、
発電を目的としてつくられた、重力式コンクリートダムです。


鬼怒川上流ダム群と言うだけあって、湯西川ダムからもさほど遠くない。

あっという間に五十里ダムに到着。

      20171030五十里ダム01


ちょうど五十里ダムは工事中。
管理事務所の駐車場も工事関係者の車で一杯。

近くにあるダムの展望台に車を置いた方が良いでしょう。


五十里ダムの碑。

      20171030五十里ダム02


      20171030五十里ダム03


この辺りでは、ダムも立派な観光資源。
周辺の案内図も整備されています。

      20171030五十里ダム06


こちらが、五十里ダム。

      20171030五十里ダム04


      20171030五十里ダム05



さすがに、昭和31年に出来たダム。
老朽化って言うか、コンクリートにその古さを感じます。

      20171030五十里ダム07

補強工事が施されるのも仕方ない。




こちらが、五十里ダムのダム湖。
五十里湖と呼ばれています。

      20171030五十里ダム09


      20171030五十里ダム10



残念ながら、五十里ダムは工事中のため、天端にも行けません。

      20171030五十里ダム11



天端への導線も足場パイプのゲートで立ち入り禁止。

      20171030五十里ダム12

天端を歩かなきゃ、ダムに来た気がしない。



仕方ないから、駐車場の端から天端を眺めます。

      20171030五十里ダム13


      20171030五十里ダム14




管理事務所の隣にある五十里ダム資料館の窓から眺める天端。

      20171030五十里ダム18



スタンプラリーのスタンプは五十里ダム資料館に置いてあります。

      20171030五十里ダム15


      20171030五十里ダム16



鬼怒川上流4ダムのスタンプラリーのスタンプもしっかり押しました。

      20171030五十里ダム17

これでスタンプも3つ。



もう一つのお目当てのダムカードは、管理事務所で貰えます。

      20171030五十里ダム18




こちらが、五十里ダムのダムカード。

      20171030五十里ダム19


      20171030五十里ダム20


鬼怒川上流4ダムもこれで3つ制覇となりました。



2017/12/04 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカレーを食べに行こう & ダムカードを貰っちゃおう  《 道の駅 湯西川 》 (2017年10月30日)(栃木県日光市) 

10月30日

この日は、栃木県の日光市に出かけました。

日光市の外れ、旧・栗山村の湯西川地区にある『道の駅 湯西川』。
こちらに立ち寄ったのは、他にも目的がありました。
って言うか、本当の目的はこちらなんだけどね(笑)。

ダムカードマニアのサイトで見かけた、ダムカレー。
マツコデラックスの番組でも取り上げられて、
巷ではその存在が知れ渡りつつあります。

そして、『道の駅 湯西川』ではダムカレーが食べれると言うことで
お昼を我慢して、ダムカレーを食べに来ました。


残念ながら、食堂にはペットはNGなので
びいすけ には、車の中で留守番してもらいます。


売店の隣にある食堂。

      20171030ダムカレー01



壁にはダムカレーの写真。

      20171030ダムカレー02


そして、黒板にはダムカレー(2週間)。

      20171030ダムカレー03


父さんは、湯西川ダムカレー(大盛り)。
もっちゃん は川治ダムカレー(普通盛り)。


食券を買って、運ばれてくるのを待ちます。
しばらく待てば、ダムカレーの登場。


こちらが、川治ダムカレー。

      20171030ダムカレー04



そして、こちらが湯西川ダムカレー。

      20171030ダムカレー05

さすが大盛り。
って言うか、ご飯の堤体が凄い!


そして、このダムカレーを注文すると
特製のダムカードが貰えます。

要は、特製のダムカードが欲しくて、
ダムカレーを食べに来たと言うことです。





こちらが、『道の駅湯西川』特製のダムカード。
湯西川ダムバージョン。

      20171030ダムカレー06


      20171030ダムカレー07



そして、川治ダムバージョン。

      20171030ダムカレー08


      20171030ダムカレー09



特製のダムカードも無事ゲット!



あっ!
ダムカレーの感想ですか?
カレーそのものは普通のカレー。
ただ、具に舞茸が入っていて、食感が良い。
舞茸が好きな私にとっては、大変おいしく頂きことが出来ました。












2017/12/03 Sun. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう..............................湯西川ダム (2017年10月30日)(栃木県日光市) 

10月30日

この日は栃木県の日光市に出かけました。

日光市と言っても世界遺産の社寺仏閣のある中心部ではなく
旧・栗山村周辺の廃校とダム巡りが目的です。
特に鬼怒川上流の4ダム(川俣、湯西川、五十里、川治)では
鬼怒川上流4ダムスタンプラリーと言うイベントも開催されているから
4ダムのスタンプも集めます。

鬼怒川上流4ダム巡り、その第2弾は...............湯西川ダム


湯西川ダムは、鬼怒川上流ダム群の4つ目のダムとして、
平成24年11月28日に試験湛水を完了した最も新しいダムです。
洪水による下流河川の氾濫を防ぐための洪水調節、
農業用水や都市用水の供給を目的に造られた重力式コンクリートダムです。
堤高は119.0m、堤長320mとかなり大きなダムで、
有効貯水量は7,200万m3とかなりの量を誇ります。
湯西川ダムによってできたダム湖は、湯西川湖と呼ばれています。
4月中旬から12月上旬まで、水陸両用バスによるダム湖クルーズと、
ダムの見学を行うツアー(ダックツアー)が運行されているそうです。



確かに、湯西川ダムは一つの観光資源となっているようで
案内板にも周辺の見どころが記載されています。

      20171030湯西川ダム01



こちらが、湯西川ダム。

      20171030湯西川ダム02


あいにくの天気と言っていいのか?
さっきまで小雨が降っていたと思えば、
いきなり陽が射してきたり、また曇ったりとおかしな天気。

天端も先ほどまでの雨で濡れています。

      20171030湯西川ダム03



ダム堤体(ダム湖側)。

      20171030湯西川ダム04



ダム堤体(下流側)。

      20171030湯西川ダム05



発電用なのか?
一部放流されています。

      20171030湯西川ダム06


      20171030湯西川ダム08




ダム天端から堤体下部を覗いて見ると...............

      20171030湯西川ダム07

流石に高い。
堤高119mは伊達じゃない。




堤長320mの湯西川ダム。
天端中央部からの湯西川湖。
      
      20171030湯西川ダム09



天端中央部からの下流側の眺め。

      20171030湯西川ダム10

下流の渓谷の紅葉は今が見頃。


そして、放流される水の勢いも周りの紅葉の中で映える。

      20171030湯西川ダム11



320mの天端を渡って対岸からの堤体。

      20171030湯西川ダム12



眺める位置、角度が変われば放流水も違って見える。

      20171030湯西川ダム13



湯西川湖もまた違った感じに見える。

      20171030湯西川ダム14


      20171030湯西川ダム15



さぁ、管理事務所に向かいましょう。


天端を闊歩する びいすけ 。

      20171030湯西川ダム16


      20171030湯西川ダム17




管理事務所手前にあるプレハブ小屋は資料館。

      20171030湯西川ダム18


こちらでスタンプラリーのスタンプを押します。

      20171030湯西川ダム19




そうです、管理事務所でダムカードを貰います。

      20171030湯西川ダム20




こちらが、湯西川ダムのダムカード。

      20171030湯西川ダム21


      20171030湯西川ダム22



湯西川ダムのダムカードは、別な場所でも
別なカードが発行されているのですが、
それは別な記事で紹介いたしましょう。

鬼怒川上流4ダム。
これで2つ目制覇です。








2017/12/02 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう..............................三河沢ダム (2017年10月30日)(栃木県日光市) 

10月30日 

この日は栃木県の日光市に出かけました。

日光市の旧・栗山村地域は鬼怒川上流にあたり
数多くのダムが点在しています。
有名なのは国土交通省が管轄する川俣ダム、湯西川ダム、五十里ダム、川治ダムですが
それ以外にも、日本初の発電用コンクリートダムの黒部ダム(富山県の黒部ダムとは別モノです。)や
土呂部ダム、

そして、三河沢ダムもその一つ。
本来なら、ダムの場所とダムカードが配布される場所が離れている場合
ダムを訪れた証しとして、本人が写った写真を見せなければいけないのですが
三河沢ダムへの林道は関係者以外立ち入り禁止。

救済措置として、 湯西川水の郷 の温泉施設の受付でダムカードを配布しています。

      20171030三河沢ダム01



こちらが、そのダムカード。

      20171030三河沢ダム02


      20171030三河沢ダム03



ダムカードを貰ったけれど、実際にはダムに訪れていない...............


何か、複雑な気持ちです。







2017/12/01 Fri. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう..............................川俣ダム (2017年10月30日)(栃木県日光市) 

10月30日  

この日は、栃木県の日光市に出かけました。

日光市と言っても、世界遺産の社寺仏閣がある中心地ではなく
旧・栗山村周辺の廃校とダム巡り。
鬼怒川の上流にあたるこの地区には多くのダムが点在し、
国土交通省が管轄する4つのダム(川俣、湯西川、五十里、川治)では
ダムカードを発行しているので、ダムカード集めと相成ります。

日光のダムカード集め。その第1弾は...............川俣ダム


川俣ダムは、鬼怒川改修工事の一環として計画され、
昭和41年に完成した鬼怒川の最も上流に位置するダムです。
洪水による下流河川の氾濫を防ぐための洪水調節、
農業用水の供給、発電のために造られたアーチ式コンクリートダムです。
ダムの高さは117.0m。昭和32年に建設が計画され、
9年の歳月を掛け昭和41年に完成したそうです。




ダムサイトは、瀬戸合峡と呼ばれる奥鬼怒の景勝地であり、
新緑・紅葉の季節の景観は素晴らしく、多くの観光客で賑わうそうです。

観光客用なのか? 駐車場には散策マップが掲げられています。

      20171030川俣ダム01



ダムの見学路が瀬戸合峡の散策路の一部となっているようです。

      20171030川俣ダム02



駐車場からダムまでは、ちょっとした下り。

      20171030川俣ダム03



吊橋も散策路の中にあるようです。

      20171030川俣ダム04



ダムに向かう下り坂から眺めるダム湖。

      20171030川俣ダム05

ダム湖の名称は川俣湖。



川俣ダムも見えてきました。

      20171030川俣ダム06


      20171030川俣ダム07



川俣ダムの天端にて。

       20171030川俣ダム08


渓谷にあるダムだから、風が冷たい。
天端の上はかなり寒い。
雹混じりの雨が冷たい。

      20171030川俣ダム09



ダム完成後、瀬戸合峡の水が涸れてしまう状態が続いていまったため
河川流量維持のために河川維持放流が行われるようになり、清流が復活したそうです。

      20171030川俣ダム10



以前は、ダム関係者だけが利用していた吊橋も
今は、一般公開されています。

      20171030川俣ダム11

ただし、吊橋まではダムから片道20分。
今回は先を急ぐのでパス。
でも、この場所からの紅葉は今が見頃。
晴れていれば...............と思わずにはいられない。




高さ117mの堤体。
これぞ正しくコンクリートダムと言ったいでたち。
とても昭和41年に造られたダムには見えない。

      20171030川俣ダム12



ダム堤体の補強工事なのか?
それとも管理事務所の増築工事?
管理事務所周辺は工事中。

      20171030川俣ダム13




実は、ダムに行くには一度建物内部(展示室)に入ります。
びいすけ を抱き抱えながら、展示室を覗きます。

      20171030川俣ダム14



ちょうど、鬼怒川上流4ダムのスタンプラリーが開催中。

      20171030川俣ダム15

実は、それがお目当てだったりするんですが...............(笑)



川俣ダム、湯西川ダム、五十里ダム、川治ダムの4ダムを巡り
スタンプを台紙に押すと、専用のダムカードホルダーが貰えるらしい。

      20171030川俣ダム16



先ずは、川俣ダムのスタンプゲット!

      20171030川俣ダム17



そして、管理事務所で貰ったダムカードがこちら。

      20171030川俣ダム18


      20171030川俣ダム19



鬼怒川上流4ダム。
先ずは1つ目制覇です。





2017/11/28 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう..............................白丸ダム (2017年10月9日)(東京都奥多摩町) 

10月9日 公休日

この日は、山梨県の大月市から小菅村、丹波山村を抜け
東京都の奥多摩町にやって来ました。

奥多摩町に来た目的は、ずばり、ダムカード集め。


道の駅 たばやま をあとにして、向かった先は...............白丸ダム



白丸ダムは、奥多摩町の多摩川水系多摩川に建設されたダムです。
昭和38年に白丸狭窄地帯と呼ばれる多摩川断崖の谷に
東京都交通局が建設した高さ30.3mの重力式コンクリートダムです。
東京都交通局の水力発電所・多摩川第三発電所および白丸発電所に送水し、
合計最大1万7,500kWの電力を発電します。
すなわち、都営地下鉄の電力の一部をこのダムでまかなっているのです。
ダム湖の名は白丸湖と言いますが、一部では白丸調整池共呼ばれています。

平成13年に国土交通省が魚道を新設し、多摩川に生息する魚の往来が出来るようにしました。
また、白丸ダム直下に白丸発電所が建設され、観光のための放流水を利用して、
1,100kWの電力を発電できるようにしました。



実は、東京都でダムカードが発行されているダムは、
小河内ダムだけでしたが、今年の4月に白丸ダムでも
ダムカードが発行される事になりました。

知らなかったんだよなぁ。

基本は土日祝日の午前10時00分から午後3時30分までが
配布時間だから、何が何でも15時半までに奥多摩町に来たかったのです。


白丸ダムに到着したのは15時25分。
ギリギリセーフです。

      20171009白丸ダム01



周辺の案内図や白丸ダムの概要の説明板も建っていますが
じっくり見ている余裕はありません。
先ずは、ダムカードを手に入れなきゃ!

      20171009白丸ダム02


      20171009白丸ダム03



ダムカードの配布場所は、こちら。

      20171009白丸ダム04


白丸魚道の入口の受付で配布しています。

      20171009白丸ダム05



駄目元で、受付の女性に魚道の見学は犬連れでも可能か?と聞いてみたら
抱きかかえていればOKとのこと。

      20171009白丸ダム06



体重13kgの びいすけ を抱きかかえて、
約30mの階段を下ります。

      20171009白丸ダム07


抱っこしてみると、意外に重い。

      20171009白丸ダム08



『抱っこ』が辛くなって『おんぶ』にチェンジ。

      20171009白丸ダム09



魚道をチェック。
説明板もチェックします。

      20171009白丸ダム10



魚道を見学し終えたら、ダムに向かいます。

      20171009白丸ダム11



駐車場近くの展望台から眺める白丸ダム。

      20171009白丸ダム12


      20171009白丸ダム13



天端まで降りてみましょう。

      20171009白丸ダム16



こちらが天端。

      20171009白丸ダム14


      20171009白丸ダム15


    
ダム湖である白丸調整池。

      20171009白丸ダム17


魚道を見学して、ダムの周りを見学して16時近くになりました。
魚道入口はシャッターが降ろされ、窓口も閉まってます。

      20171009白丸ダム18

本当にギリギリセーフだったんですね。




こちらが、白丸ダムのダムカード。

      20171009白丸ダム19


      20171009白丸ダム20



これで、東京都のダムカードもコンプリート。
関東のダムカードの制覇に向けて、頑張ろう。




2017/11/15 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう...............深城ダム (2017年10月9日)(山梨県大月市) 

10月9日 公休日

この日は、山梨県の大月市に出かけました。
大月市の廃校巡りをしていましたが、15時半までに奥多摩町に行かなければならないので
廃校巡りは浅川小学校にて終了。
一路奥多摩町へと向かいます。
奥多摩に向かう道沿いに上和田小学校、瀬戸小学校と2つの廃校がありましたが
場所は確認出来たので、次回にでも訪れましょう。

と、言うことで浅川小学校をあとにして、
車を走らせ、訪れたのは...............深城ダム

深城ダムは、
山梨県大月市にあり、一級河川・相模川水系葛野川に建設されたダムです。
高さ87メートルの重力式コンクリートダムで、洪水調節・不特定利水・上水道を目的とする、山梨県営の多目的ダムである。ダム湖(人造湖)の名はシオジの森ふかしろ湖と言います。

そもそも相模川水系の神奈川県側には相模ダムや城山ダム等が建設され
河川改修も行われて来ましたが、相模川の支流である葛野川の流域は
ほぼ山地で占められ急勾配であった。このため古くから水害に悩まされていました。
また、大月市は都心のベッドタウンとしての重要性を高め、戦後急速に人口が増加するに至り、
このため新規の農業用水確保や上水道確保が必要となりました。
こうして河川総合開発の必要性が生まれ、葛野川にダムを建設し治水・利水に役立てようという構想が生まれ、
昭和49年予備調査が開始され、昭和53年より実施計画調査に入りました。
平成元年に工事着工、平成16年に完成しました。相模川水系では最も新しいダムであります。


大月市から小菅村へと続く国道139号線。
葛野川沿いに走る道。
国道を走っていると、いきなり目の前にダムが現れます。

      20171009深城ダム01


真正面だから、車を停めてその姿を確認しなくっちゃ!

      20171009深城ダム02



深城ダムに到着です。

      20171009深城ダム03


      20171009深城ダム05



天端は車両進入禁止。

      20171009深城ダム06



管理事務所側からダムを眺めてみます。

      20171009深城ダム07


      20171009深城ダム08


天端を歩いて、対岸まで行ってみましょう。


さすがに高さ87mのダム。
天端から下流側を覗きこむと高さに圧倒されます。

      20171009深城ダム09


対岸に到着。

      20171009深城ダム10



対岸からの深城ダム。

      20171009深城ダム11


      20171009深城ダム12





深城ダムのダム湖は、シオジの森ふかしろ湖

      20171009深城ダム04

何やら、けったいな名前ですね。
ダム湖の名称を検討していた際に、
大月市や水没住民による組織「深城ダム対策委員会」、
さらに流域住民から「シオジ」の名を入れるよう要請があったそうで、
深城ダムの事業主体の山梨県は、その意見を取り入れて命名したそうです。


ちなみに「シオジ」とは、モクセイ科の落葉広葉樹の事だそうです。


紅葉にはまだ早かったけれど、あと1ヶ月もすれば
周りの山々が綺麗に色付き、ダム湖が映えるんだろうなぁ。

      20171009深城ダム13


      20171009深城ダム14


      20171009深城ダム15


ダムカードは、管理事務所で配布されています。
山梨県のダムカード(6ヶ所)は土日祝日でも配布されているから
この日もダムカードを貰いに来ているバイク乗りが多かった。
やっぱりダムカードは秘かなブームなんだなぁ。

こちらが、深城ダムのダムカード。

      20171009深城ダム16


      20171009深城ダム17


山梨県のダムカードとしては、初めて手にしたダムカード。
山梨県のダムカード制覇にむけても頑張ろう!



2017/11/13 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう...............霞ヶ浦(西浦) (2017年10月4日)(茨城県行方市) 

10月4日 公休日

昨年からハマっているダムカード集め。

この日は、茨城県の鹿行地区へと出かけました。
この地区に出かけた目的の一つがダムカード集め。
時間に、今年になって茨城県の霞ヶ浦と北浦でダムカードが発行されました。

正確には、ダムではないから何故ダムカードなの?
素朴な疑問が湧きますが...............

印旛沼でも 北沼 と 西沼 の2種類のダムカードが発行されているから
それと同じだと思えば、納得できる。(納得するしかない)(笑)。


そもそも霞ヶ浦は、
茨城県南東部から千葉県北東部に広がる湖です。
湖沼水質保全特別措置法で指定された湖沼です。
西浦・北浦・外浪逆浦・北利根川・鰐川・常陸川の各水域の総体で、
河川法ではこの範囲を「常陸利根川」と呼び、利根川の支川としています。


北浦と霞ヶ浦は、全く別物だと思っていたら、総称が霞ヶ浦で
今まで霞ヶ浦と思っていたのは西浦のことだったんですね。


霞ヶ浦大橋近く、道の駅 たまつくり の裏手の西浦の湖畔に来ました。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦01


霞ヶ浦も広いんだよなぁ。
霞ヶ浦の一部分である西浦も広い。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦02


西浦の先には筑波山。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦03



湖岸の桟橋。
土浦港から観光帆掛船が来るようです。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦04



小さな灯台。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦05



湖岸の道には桜並木。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦06

春は桜の名所でしょうか?



ふと、視界に入った説明板。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦07

昭和13年の6月に、この地方を含め霞ヶ浦界隈にかなり広範囲の洪水があったらしい。
もともと霞ヶ浦界隈は水害に多い地区だったりようです。
その後、霞ヶ浦の流域となる常陸川を改修したようです。



常陸川の改修工事の80周年を記念して建てられた碑。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦08



霞ヶ浦の湖岸から、霞ヶ浦ふれあいランド裏手にはちょっとした公園があります。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦09


      20171004 ダムカード霞ヶ浦10



芝生広場もあって、ちょっとした犬の散歩にも良い。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦11



芝生の匂いを嗅ぎ回る びいすけ もまんざらでは無さそうです。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦12


      20171004 ダムカード霞ヶ浦13



さて、肝心のダムカードですが、
霞ヶ浦ふれあいランドの施設の一部である水の科学館の受付でもらえます。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦14



ダムカードも無事ゲット!

      20171004 ダムカード霞ヶ浦15



こちらが、霞ヶ浦(西浦)のダムカード。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦16


      20171004 ダムカード霞ヶ浦17



実は、霞ヶ浦のダムカード(北浦、西浦)を並べると...............

      20171004 ダムカード霞ヶ浦18

印旛沼のダムカードと同じように、霞ヶ浦全体のイラストとなります。
この辺りも、印旛沼のダムカードの二番煎じ?




2017/11/05 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit