FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

手作りに挑戦...............犬服作り その141作目 (2020年5月20日) 

5月20日  

個人的な連休2日目。

まだまだ、新型コロナウイルス拡散防止の緊急非常事態宣言が解除されない首都圏の1都3県。
お昼頃に散歩に出かけたものの、夕刻からは暇を持て余しています。
ならば! と びいすけ の犬服作りに励みます。

犬服作り、その第141作目にチャレンジです。 


今回は、こちらのTシャツを びいすけ のタンクトップにリメイクしてみましょう。

     20200520犬服14101



大胆にハサミで解体したら、各パーツ毎に採寸して裁断します。
先ずは、後ろ身頃から。

型紙をマチ針で仮固定したら、チャコでマーキング。

     20200520犬服14102

チャコのマーキングに合わせて裁断します。


続いて前身頃。
同じように型紙を仮固定したらチャコでマーキング。

     20200520犬服14103

チャコのマーキングに合わせて裁断します。


各パーツの裁断完了。

     20200520犬服14104



こちらが後ろ身頃。

     20200520犬服14105



こちらが前身頃。

     20200520犬服14106



後ろ身頃と前身頃を縫い合わせます。


腹部を二ヶ所縫い合わせます。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200520犬服14107



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200520犬服14108



続いて、肩部を二ヶ所縫い合わせます。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200520犬服14109



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200520犬服14110



後ろ身頃と前身頃を縫い合わせれば、タンクトップの形はほぼ出来上がり。

     20200520犬服14111



確認の仮試着。

     20200520犬服14112



問題は無さそうです。

     20200520犬服14113



では、リブ付けに移りましょう。
先ずは、リブ作り。

今回は、こちらのリブにしました。

     20200520犬服14114

リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法20cm だから
    リブ寸法は18cmに
袖口 縫い合わせ寸法16cm だから
    リブ寸法は14.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法34cm だから
    リブ寸法は30.5cmに採寸して裁断(カット)しました。



カットしたリブ生地の両端を縫い合わせて輪っかを作ります。

     20200520犬服14115



襟首、両袖ぐり、裾回り、4つの輪っかが出来ました。

     20200520犬服14116



それでは、輪っか状のリブを縫い付けていきましょう。
先ずは襟首から。
リブをマチ針で固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200520犬服14117



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200520犬服14118



続いて、袖ぐり。
同じようにマチ針で固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200520犬服14119



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200520犬服14120



そして、裾周りのリブ付けです。
このリブ付けが実は大の苦手。

リブ生地を引っ張りなから、伸ばし気味にマチ針で仮固定。
リブ生地を引っ張りながら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200520犬服14121



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200520犬服14122



最後にリブの浮き上がり防止に表面から
リブの周りを直線縫いでぐるっと一回り。

     20200520犬服14123



これでミシン掛けも終了。

     20200520犬服14124

犬服も完成です。


出来上がりは、こんな感じです。

     20200520犬服14125


     20200520犬服14126


     20200520犬服14127



びいすけ の試着。
     20200520犬服14128


     20200520犬服14129


     20200520犬服14130

やっぱり、裾周りのリブの仕上がりが今一歩。
犬服作りの場数を踏んでも、リブ付けはなかなか上手くはならないようです(笑)




スポンサーサイト



2020/06/25 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦...............犬服作り その140作目 (2020年5月19日) 

5月19日

個人的な連休初日。

午前中に臼井のAEONに買い物に出かけ、
臼井城址公園を散歩して帰ってきました。


さて、不要不急の外出の自粛要請が求められる中、
午後からは自宅に篭ります。

こんな時、意外に時間を忘れて没頭できるのが
実は、犬服作りだったりする。
と言う事で、犬服作り その第140作目にチャレンジです。


今回は、こちらのTシャツをリメイクして
びいすけ のラグラン袖の服に仕上げましょう。

     20200519犬服14001



ハサミで大胆に解体したら、生地取りです。

先ずは、後ろ身頃から。
型紙を当てて、仮止めしたらチャコでマーキング。

     20200519犬服14002

チャコのマーキングに合わせて裁断します。



続いて、前身頃。
同じように型紙を当てて仮固定したら、チャコでマーキング。

     20200519犬服14003

チャコのマーキングに合わせて、裁断します。


続いては、袖用の生地取りです。
型紙を当てて仮固定したら、チャコでマーキング。

     20200519犬服14004

チャコのマーキングに合わせて裁断します。



各パーツの生地取りが完了しました。

     20200519犬服14005



こちらが、後ろ身頃。

     20200519犬服14006



前身頃と両袖。

     20200519犬服14007



それでは、ミシン作業に入りましょう。

先ずは、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
マチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200519犬服14008



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200519犬服14009



続いて、袖作り。
袖用の生地の両端を縫い合わせて筒状にします。
マチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200519犬服14010



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200519犬服14011



筒状に仕上げた袖を身頃に縫い付けます。
マチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200519犬服14012



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200519犬服14013



両袖を縫い付けたら、形はほぼ出来上がり。

     20200519犬服14017



確認の仮試着。

     20200519犬服14015


     20200519犬服14016

問題は無さそうです。



では、次にリブ作りに移りましょう。
今回、リプ生地はベージュ系の色にしてみました。

     20200519犬服14014

リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法17cm だから
    リブ寸法は15.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法10cm だから
    リブ寸法は9cmに
丈裾 縫い合わせ寸法34cm だから
    リブ寸法は30.5cmに採寸して裁断(カット)しました。



リブ生地の両端を縫い合わせて輪っかを作ります。

     20200519犬服14018



輪っかも出来上がりました。

     20200519犬服14019



それでは、リブ付けです。
輪っかになったリブ生地を身頃に縫い付けていきます。

先ずは襟首から。

マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200519犬服14020



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200519犬服14021



続いて、両袖口。
リブ生地をマチ針で固定したら、直線脱いでカタカタカタ。

     20200519犬服14022



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200519犬服14023



続いては、裾回りのリブ付けです。

リブ生地を引っ張りながら、伸ばし気味にマチ針で仮固定したら、
リブ生地を引っ張りながら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200519犬服14024



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200519犬服14025



リブ付けも完了。

     20200519犬服14026

即ち、完成となります。



出来上がりは、こんな感じ。

     20200519犬服14027


     20200519犬服14028


     20200519犬服14029



びいすけ の試着です。

     20200519犬服14030


     20200519犬服14031


     20200519犬服14033


出来上がりは悪くはない。
明日の散歩は、コレを着て行く事にしよう。




2020/06/22 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦...............犬服作り その139作目 (2020年5月16日) 

5月16日 

個人的な連休2日目。

相変わらず、千葉県は新型コロナウイルスの感染拡大の緊急非常事態宣言か発令中。
即ち、不要不急の外出の自粛を求められています。
そして、天気も雨。
雨だから、ちょっとした散歩にも出られません。
こんな時は びいすけ の服を作っちゃいましょう。 

と言う事で、犬服作り その第139作目のチャレンジです。    



今回は、こちらのTシャツをリメイクして、
びいすけ のラグラン袖の服にしてみましょう。

     20200516犬服13901


大胆にハサミで解体したら、各パーツの部品取りをします。
先ずは、後ろ身頃から。

型紙を当てて、マチ針で仮止めしたらチャコでマーキング。

     20200516犬服13902

チャコのマーキングに合わせて裁断します。


続いて、前身頃。
同じように型紙を当てて、マチ針で仮止めしたらチャコでマーキング。

     20200516犬服13903

チャコのマーキングに合わせて裁断します。


次に、袖用の生地取りをします。
ラグラン袖の色を変えるのも面白そう。
今回は、袖にこちらの端切れを使ってみましょう。

     20200516犬服13904


マチ針で仮止めしたら、チャコでマーキング。

     20200516犬服13905

チャコのマーキングに合わせて裁断します。



各パーツの生地取り完了。

     20200516犬服13906



こちらが、後ろ身頃。

     20200516犬服13907


前身頃と両袖。

     20200516犬服13908



それでは、ミシン作業に取り掛かりましょう。

先ずは、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
マチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200516犬服13909


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200516犬服13910


続いて、袖作り。

袖用の生地の両端を縫い合わせて筒状にしましょう。
マチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200516犬服13911


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200516犬服13912



続いて、筒状に仕上げた袖を身頃に縫い付けます。
マチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200516犬服13913



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200516犬服13914



両袖を縫い付けたら、形はほぼ出来上がり。

     20200516犬服13915



びいすけ の仮試着。

     20200516犬服13916


     20200516犬服13917

問題は無さそうです。


では、続いてリブ作りに移りましょう。
今回リブは黒色にしてみましょう。

リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法17.5cm だから
    リブ寸法は16cmに
袖口 縫い合わせ寸法10.5cm だから
    リブ寸法は9.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法32.5cm だから
    リブ寸法は29.5cmに採寸して裁断(カット)しました。

     20200516犬服13918



カットしたリブ生地の両端を縫い付けて輪っかを作ります。

     20200516犬服13919



輪っかも出来上がりました。

     20200516犬服13920



それでは、リブ付けに入りましょう。
先ずは、襟首のリブ付けから。

リブをマチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200516犬服13921



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200516犬服13922



続いて、両袖口のリブを縫い付けます。


マチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200516犬服13923


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200516犬服13924


さらには、裾周りのリブを縫い付けます。

リブを引っ張りながら、伸ばすようにマチ針で仮止めしたら
リブを引っ張りながら直線縫いでカタカタカタ。

     20200516犬服13925

ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。


両袖のリブを縫い付けたら、ミシン掛けは完了。

     20200516犬服13926

即ち、完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

     20200516犬服13927


     20200516犬服13928


     20200516犬服13929



びいすけ の試着。

     20200516犬服13930


     20200516犬服13931


     20200516犬服13932


さて、この服を着て何処に散歩に行こうか?
まだまだ不要不急の外出が自粛要請されている千葉県。
楽しみが無いから、そんな事を考える事に楽しさを見いだそう。


2020/06/19 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦...............犬服作り その138作目 (2020年5月16日) 

5月16日  

個人的な連休2日目。

相変わらず、千葉県は新型コロナウイルスの感染拡大の緊急非常事態宣言か発令中。
即ち、不要不急の外出の自粛を求められています。
そして、天気も雨。
雨だから、ちょっとした散歩にも出られません。
こんな時は びいすけ の服を作っちゃいましょう。 

と言う事で、犬服作り その第138作目のチャレンジです。    



今回は、こちらの服をリメイクして、
びいすけ のラグラン袖の服にしてみましょう。

     20200516犬服13801



ハサミで大雑把に解体したら、生地取りです。
型紙を使って各パーツの生地を裁断します。

先ずは、後ろ身頃から。
型紙をマチ針で仮止めして、チャコでマーキング。

     20200516犬服13802

チャコのマーキングに合わせて裁断します。


続いて、前身頃。
同じように型紙をマチ針で仮止めしてチャコでマーキング。

     20200516犬服13803

チャコのマーキングに合わせて裁断します。


さらには、両袖用の生地も裁断します。
以前使った生地の端切れを使って袖用に裁断します。
型紙をマチ針で仮止めしてチャコでマーキング。

     20200516犬服13804

チャコのマーキングに合わせて裁断します。


各パーツの裁断完了。

     20200516犬服13805

生地取りが出来ました。



こちらが、後ろ身頃。

     20200516犬服13806



前身頃と両袖。

     20200516犬服13807



それでは、ミシン作業に入りましょう。
先ずは、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。

マチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200516犬服13808



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200516犬服13809



続いては、袖作り。
袖用の生地の両端を縫い合わせて筒状にします。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200516犬服13810



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200516犬服13811



出来上がった筒状の袖を身頃に縫い付けます。
マチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200516犬服13812

ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。



両袖を身頃に縫い付けたら形はほぼ出来上がり。

     20200516犬服13813



確認の仮試着。

     20200516犬服13814


     20200516犬服13815

今回わざと首回りを大きく寸法取りしたせいか?
多少、首回り(襟首)が緩いような気がしますが
細かいことは気にしないようにしましょう(笑)



今回、リブ生地の色は無難なグレーにしましょう。

リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法21.5cm だから
    リブ寸法は19.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法10cm だから
    リブ寸法は9cmに
丈裾 縫い合わせ寸法32cm だから
    リブ寸法は29.5cmに採寸して裁断(カット)しました。

     20200516犬服13816



カットしたリブ生地の両端を縫い付けて輪っかを作ります。

     20200516犬服13817

輪っかも出来上がりました。



それでは、リブ付けに移りましょう。
先ずは、襟首のリブ付けから。

マチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200516犬服13818

ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。


続いて両袖口のリブ付け。
同じようにマチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200516犬服13819



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200516犬服13820



さらには、裾周りののリブ付けです。
リブを引っ張りながらマチ針で仮固定。
リブを引っ張りながら直線縫いでカタカタカタ。

     20200516犬服13821



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200516犬服13822



これでミシン掛けも完了。

     20200516犬服13823

完成です。


出来上がりは、こんな感じです。

     20200516犬服13824


     20200516犬服13825


     20200516犬服13826



びいすけ の試着です。

     20200516犬服13827


     20200516犬服13828

やはり、首回りが緩い。
リブ付け前に多少、気になっていたけれど
まあ、仕方がない。

肩まで襟首が下がってしまうようなら
リブの中にゴムをいれて対応しちゃいましょう。

とりあえず、犬服138作目  完成です。






2020/06/18 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦...............犬服作り その137作目 (2020年5月16日) 

5月16日   

個人的な連休2日目。

相変わらず、千葉県は新型コロナウイルスの感染拡大の緊急非常事態宣言か発令中。
即ち、不要不急の外出の自粛を求められています。
そして、天気も雨。
沖縄の方には台風1号が近づいているらしい。

雨だから、ちょっとした散歩にも出られず、自宅にいます。
こんな時は びいすけ の服を作っちゃいましょう。

と言うことで、犬服作り その第137作目にチャレンジ。



今回は、こちらのトレーナーをリメイクして
びいすけ のラグラン袖の服にしてみましょう。

     20200516犬服13701


大胆にハサミで解体して、各パーツの生地取りをします。

先ずは、後ろ身頃から。
型紙を当ててマチ針で仮止めしてらチャコでマーキング。

     20200516犬服13702

チャコのマーキングに合わせて裁断します。



続いて前身頃。
同じように型紙を当ててマチ針で仮固定したら、チャコでマーキングします。

     20200516犬服13704

チャコのマーキングに合わせて裁断します。



そして、両袖用の生地も型紙を当ててマチ針で仮固定。
チャコでマーキングしたら、マーキングに合わせて裁断します。

     20200516犬服13703



各パーツの裁断完了。

慌てていたのか?
後ろ身頃の写真を撮るのを忘れてしまいました


こちらは、前身頃と両袖。

     20200516犬服13705




生地取りが完了したら、ミシン作業に取り掛かりましょう。

先ずは、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
マチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200516犬服13706



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200516犬服13707


続いて、袖作り。
袖用に裁断した生地の両端を縫い合わせて筒状にします。
マチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200516犬服13708


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200516犬服13709



出来上がった筒状の袖を、身頃に縫い付けます。
マチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200516犬服13710



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200516犬服13711



両袖を身頃に縫い付けたら、形はほぼ出来上がり。

     20200516犬服13712


びいすけ の仮試着。

     20200516犬服13713


     20200516犬服13714

問題は無さそうです。


続いて、リブ作り。
ベースがオレンジだから、リブ生地はベージュ系の色を選んでみました。

リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法18cm だから
    リブ寸法は16.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法11cm だから
    リブ寸法は10cmに
丈裾 縫い合わせ寸法32.5cm だから
    リブ寸法は29.5cmに採寸して裁断(カット)しました。

     20200516犬服13715




カットしたリブ生地の両端を縫い付けて輪っかを作ります。

     20200516犬服13716



輪っかも出来上がりました。

     20200516犬服13717



それでは、リブ付けです。
出来上がった輪っかを身頃に縫い付けていきましょう。

先ずは襟首から取り掛かりましょう。
マチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200516犬服13718


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200516犬服13719



続いて、両袖口。
同じようにマチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200516犬服13720


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200516犬服13721



さらには、裾周りのリプ付け。
リブ生地を引っ張りながら、マチ針で仮止めして
リブ生地を引っ張りながら直線縫いでカタカタカタ。

     20200516犬服13722



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200516犬服13723



最後に裾周りのリブの浮き上がり防止に、表面から
リブにそって、ぐるっと直線縫いでひと回り。

     20200516犬服13724



コレでミシン掛けも完了。

     20200516犬服13725

完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

     20200516犬服13726


     20200516犬服13727


     20200516犬服13728



びいすけの試着。

     20200516犬服13729


     20200516犬服13730


     20200516犬服13731


体毛も押し寄せる年並みのせいか、白くなってきているけれど
トライカラーのビーグルにはオレンジ色の服って意外に似合うかも..................?




2020/06/17 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦...............犬服作り その136作目 (2020年5月15日) 

5月15日   

個人的な連休初日。

前日の14日、安倍総理が39県における緊急事態宣言の解除を発表した。
しかしながら、私と びいすけ の住む千葉県は、
新型コロナウイルス感染拡大の緊急非常事態宣言の解除の対象から外れた8都道府県の一つ。
残念ながら、まだまだ『不要不急の外出の自粛』は続きます。

どうせ自宅にいるのなら、何か形に残るモノを!
と言うことで、先日から びいすけ ようの犬服作りに励んでいます。
犬服作り、その第136作目にチャレンジです。


今回は、こちらのTシャツを びいすけ のラグラン袖の服にリメイクしてみましょう。

     20200515犬服13601



ハサミで大胆に解体したあと、型紙を当てて各パーツを裁断します。
先ずは、後ろ身頃から。

型紙をマチ針で仮固定したら、チャコでマーキング。

     20200515犬服13602

チャコのマーキングに合わせて裁断します。


続いて、前身頃。
同じように型紙をマチ針で仮固定したら、チャコでマーキング。

     20200515犬服13603

チャコのマーキングに合わせて裁断します。


そして、両袖の生地も型紙で合わせたらチャコでマーキング。

     20200515犬服13604

チャコのマーキングに合わせて裁断します。



各パーツの裁断完了。

     20200515犬服13605



こちらが、後ろ身頃。


     20200515犬服13606



前身頃と両袖。

     20200515犬服13607



それでは、ミシン作業に入りましょう。


先ずは、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
マチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200515犬服13608


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200515犬服13609


続いて袖作り。
袖用に裁断した生地の両端を縫い合わせて筒状にします。
マチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200515犬服13610



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200515犬服13611


出来上がった筒状の両袖を身頃に縫い付けます。
マチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200515犬服13612



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200515犬服13613



両袖を縫い付けたら、形はほぼ出来上がり。

     20200515犬服13614



びいすけ の仮試着。

     20200515犬服13615


     20200515犬服13616

問題は無さそうです。



続いて、リブ作り。

今回、リブは水色にしてみましょう。

リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法17.5cm だから
    リブ寸法は16cmに
袖口 縫い合わせ寸法10.5cm だから
    リブ寸法は9.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法33.5cm だから
    リブ寸法は30.5cmに採寸して裁断(カット)しました。

     20200515犬服13617



カットしたリブ生地の両端を縫い付けて輪っかを作ります。

     20200515犬服13618



輪っかも出来上がりました。

     20200515犬服13619



それでは、リブを縫い付けていきましょう。
先ずは、襟首から。

マチ針で、仮固定したら直線縫いでカタカタカタ。

     20200515犬服13620



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200515犬服13621



続いて両袖口。
同じようにマチ針で仮止めしたら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200515犬服13622



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200515犬服13623



そして、裾周りのリブ付けです。
実は、コレが一番の苦手。

リブを引っ張りながら、伸ばすようにマチ針で仮固定。
そして、リブを引っ張りながら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200515犬服13624



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200515犬服13625


いつもは、裾周りのリブの浮き上がり防止のために表面から直線縫いでぐるっとリブの周りをひと回り縫うのですが
今回は敢えてそれを止めてみました。

と言うことで、ミシン作業は完了。

     20200515犬服13626

即ち、完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

     20200515犬服13627


     20200515犬服13628


     20200515犬服13629



びいすけ の試着。

     20200515犬服13630


     20200515犬服13632


今回使用したリブ生地が張りがあると言うか、弾力性に長けているから
裾周りのリブもシャキッとした感じになっている。
100%ではないけれど、それなりに満足感を感じている。
やっぱり、リブ生地の質にもよるのかなぁ?




2020/06/16 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦...............犬服作り その135作目 (2020年5月日) 

5月10日   

夜勤明けで、昼に帰って来たこの日。
午後からソファーの上で夜まで寝落ちしてしまい
逆に夜中になっても目がパッチリ。

先ほどまで、びいすけ の服を作っていたけれど
勢いはそのまま、この日2着目の犬服作りにチャレンジです。

犬服作り、その第135作目にチャレンジです。


今回は、こちらのスウェットシャツ(トレーナー)を
びいすけ のラグラン袖の服にリメイクいたします。

     20200510犬服13501



バサミで大胆に解体したら、各パーツの型紙を当てて部品取りをします。

先ずは、後ろ身頃。
型紙を当てて、チャコでマーキング。

     20200510犬服13502

チャコのマーキングに合わせて裁断します。



続いて前身頃。
同じように、型紙を当ててチャコでマーキング。

     20200510犬服13503

チャコのマーキングに合わせて裁断します。


さらには、両袖用の生地取り。

同じように型紙を当てて、チャコでマーキング。

     20200510犬服13504

チャコのマーキングに合わせて裁断します。



各パーツの生地取り完了。

     20200510犬服13505


こちらが、後ろ身頃。

     20200510犬服13506



前身頃と両袖用の生地。

     20200510犬服13507



それでは、ミシン作業に入りましょう。

先ずは、後ろ身頃と前身頃を縫い合わせて身頃を作ります。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200510犬服13508



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200510犬服13509



続いて袖作り。
袖用の生地の両端を縫い合わせて、筒状にします。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200510犬服13510



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200510犬服13511



筒状にした両袖を身頃に縫い付けます。
マチ針で固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200510犬服13512


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200510犬服13513



身頃に両袖を縫い付けたら、形はほぼ出来上がり。

     20200510犬服13514


びいすけ の仮試着。

     20200510犬服13515
      20200510犬服13516

どうやら、問題は無さそうです。




では、リブ作りに入りましょう。


今回、リブ生地は『NIKE』の文字色に合わせて
紺色のリブを使いましょう。

リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法18.5cm だから
    リブ寸法は16.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法11cm だから
    リブ寸法は10cmに
丈裾 縫い合わせ寸法33.5cm だから
    リブ寸法は30cmに採寸して裁断(カット)しました。

     20200510犬服13517



カットしたリブ生地の両端を縫い合わせて輪っかを作ります。

     20200510犬服13518



輪っかも出来上がり。

     20200510犬服13519



そうしたら、リブ付けです。
輪っか状のリブを縫い付けていきます。

先ずは、襟首から。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200510犬服13520



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200510犬服13521



続いて、両袖口。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200510犬服13522



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200510犬服13523



さらには、裾回りにリブを縫い付けます。
リブ生地を伸ばし気味に引っ張りながらマチ針で仮固定。
リブ生地を引っ張りながら直線縫いでカタカタカタ。

     20200510犬服13524


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200510犬服13525


最後に裾回りのリブの浮き上がり防止用に
表面から裾回りのリブの周りを直線縫いでぐるっとひと回り。

     20200510犬服13526




これでミシン掛けも終了。

     20200510犬服13527

即ち、完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

     20200510犬服13528


     20200510犬服13529


     20200510犬服13530



さっそく、びいすけ に試着してもらいましょう。

     20200510犬服13531


     20200510犬服13532


     20200510犬服13533



細かいことを言えばキリがないから
敢えて言うのはよそう。
まあ、画像で見る限りは見た目も悪くないから
これは良しといたしましょう。



2020/06/13 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦...............犬服作り その134作目 (2020年5月10日) 

5月10日  

この日は夜勤明け。
昼前に帰って来て、約21時間ほど留守番していた びいすけ を散歩に連れ出し
ウンチとオシッコを済ませたら、自宅に戻りご飯を与えてホッと一息。
ソファーで寛いでいたら寝落ちしてしまい、
気がついたら、周りは暗くなっていました。

何となく勿体ない時間の過ごし方のようですが
夜勤明けは、ついついこんな時間の過ごし方をしてしまいます。

せっかくだから、時間を有効に使いましょう。
5時間近く寝落ちしていたから、目はパッチリ。
おもむろにハサミを取り出し、スウェットシャツ(トレーナー)を解体。
びいすけ の服作りに没頭します。

犬服作り、その第134作目にチャレンジです。



今回は、こちらを びいすけ のタンクトップにリメイクしてみました。
    
     20200510犬服13401


ラシャバサミで大胆に解体。
各パーツの型紙を当てて裁断します。

先ずは、後ろ身頃から。


型紙を当ててチャコでマーキング。

     20200510犬服13402

チャコのマーキングに合わせて裁断します。


続いて前身頃。
同じように、型紙を当ててチャコでマーキング。

     20200510犬服13403

チャコのマーキングに合わせて、裁断します。



裁断完了。

     20200510犬服13404



こちらが、後ろ身頃。

     20200510犬服13405


そして、こちらが前身頃。

     20200510犬服13406



それでは、ミシン作業に取り掛かります。
後ろ身頃と前身頃を縫い合わせ身頃にします。
タンクトップの場合は、後ろ身頃と前身頃の縫い合わせは4ヶ所。
腹部を2ヶ所、肩部を二ヶ所となります。


先ずは腹部の縫い合わせ。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200510犬服13407



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200510犬服13408


続いて肩部の縫い合わせ。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200510犬服13409


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200510犬服13410



腹部二ヶ所、肩部二ヶ所を縫い合わせたら、
形はほぼ出来上がり。

     20200510犬服13411


確認の仮試着。

     20200510犬服13412


     20200510犬服13413

問題は無さそうです。



では、次にリブ作りに入ります。

リブはワンポイントのロゴの色に合わせて黄色にします。

リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法18.5cm だから
    リブ寸法は16.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法14.5cm だから
    リブ寸法は13cmに
丈裾 縫い合わせ寸法34.5cm だから
    リブ寸法は31cmに採寸して裁断(カット)しました。

     20200510犬服13414


カットしたリブ生地の両端を縫い合わせて輪っか状にします。

     20200510犬服13415



輪っかも出来上がりました。

     20200510犬服13416


では、輪っかになっているリブを縫い付けましょう。


先ずは襟首から。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200510犬服13417


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200510犬服13418



続いて、袖ぐりのリブ付け。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200510犬服13419


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200510犬服13420


さらには、裾回りのリブを縫い付けます。
輪っか状のリブを引っ張りながらマチ針で仮固定。
リブを引っ張りながら直線縫いでカタカタカタ。

     20200510犬服13421


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200510犬服13422



最後に裾回りのリブの浮き上がり防止として、
表面からリブの周りを直線縫いでぐるっとひと回り。

     20200510犬服13423


これでミシン作業も完了。

     20200510犬服13424

即ち、完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

     20200510犬服13425


     20200510犬服13426


     20200510犬服13427



びいすけ の試着。

     20200510犬服13428


     20200510犬服13429


     20200510犬服13430


リブを黄色にしたのは正解みたい。
全体的にまとまった感がある。

新型コロナの拡散防止の非常事態宣言が収束したら
この服を着せて、どこかに出掛けたいなぁ。








2020/06/12 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦...............犬服作り その133作目 (2020年5月7日) 

5月7日   

個人的な連休初日。

新型コロナウイルスの拡散防止の非常事態宣言が発令され
5月6日までの予定が延長され、5月31日までとなりました。

どうやら当分の間、不要不急の外出を自粛しなければならないようです。

『ならば、この機会に!』と、しばらくご無沙汰だった犬服作りに
ここ10日ほど、没頭しております。

その犬服作り、第133作目にチャレンジです。


今回は、こちらのスウェットシャツ(簡単に言えばトレーナー)をリメイクして
びいすけ のラグラン袖の服に仕上げましょう。

     20200507犬服13301


ラシャバサミで大胆に解体して、生地取りをします。

先ずは、後ろ身頃から。
型紙を当てて、チャコでマーキング。

     20200507犬服13302

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


続いて、前身頃。
同じように型紙を当てて、チャコでマーキング。

     20200507犬服13303

チャコのマーキングに合わせてローリングカッターで裁断します。



さらに、両袖用の生地も同じように型紙を当てて
チャコでマーキングします。

     20200507犬服13304

そして、チャコのマーキングに合わせてローリングカッターで裁断します。


各パーツの裁断完了。

     20200507犬服13305


こちらが、後ろ身頃。

     20200507犬服13306


前身頃と両袖用の生地。

     20200507犬服13307



生地取りが済んだら、ミシン作業に取り掛かります。


先ずは、後ろ身頃と前身頃を縫い合わせて身頃にします。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200507犬服13308



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200507犬服13309



続いて、両袖作り。

袖用に裁断した生地の両端を縫い合わせて筒状にします。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200507犬服13310



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200507犬服13311



筒状になった両袖を身頃に縫い合わせマス。

直線縫いでカタカタカタ。

     20200507犬服13312



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200507犬服13313



両袖を身頃に縫い合わせたら、ほぼ形は完成。

     20200507犬服13314



確認のため、びいすけ に仮試着をして貰います。

     20200507犬服13315


     20200507犬服13316

問題は無さそうです。


それでは先に進みましょう。
続いて、リブ作り。


今回、リブはコントラストを配慮して白色を選んでみました。

     20200507犬服13317

リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法16cm だから
    リブ寸法は14.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法10cm だから
    リブ寸法は9cmに
丈裾 縫い合わせ寸法33cm だから
    リブ寸法は30cmに採寸して裁断(カット)しました。



カットしたリブ生地の両端を縫い合わせて輪っかを作ります。

     20200507犬服13318


輪っかも出来上がりました。

     20200507犬服13319



出来上がった輪っかを身頃に縫い付けます。

先ずは襟首から。
輪っかをマチ針で仮固定したら、直接縫いでカタカタカタ。

     20200507犬服13320


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200507犬服13321


続いて両袖口のリブ付け。
襟首と同じようにマチ針で仮固定したら
直線縫いでカタカタカタ。

     20200507犬服13322


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200507犬服13323


さらに続いて、裾回りのリブ付け。

輪っか状のリブを引っ張りながらマチ針で仮固定。
そして、リブ生地を引っ張りながら伸ばすような感じで直線縫いでカタカタカタ。

     20200507犬服13324



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200507犬服13325

裾回りのリブの浮き上がり防止策として、
表面から裾回りのリブの周囲をぐるっと直線縫いでひとまわり。


これにてミシン作業完了。

     20200507犬服13326

すなわち、完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

     20200507犬服13327


     20200507犬服13328


     20200507犬服13329



びいすけ の試着。

     20200507犬服13330


     20200507犬服13331


     20200507犬服13332

画面では問題無さそうに見えますが
やはり、裾周りのリブの処理が上手く出来ていない。
相変わらず、リブがヨレているんだよなぁ。

裾周りのリブ付け、やっぱり難しい...............。





2020/06/11 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦...............犬服作り その132作目 (2020年5月4日) 

5月4日

個人的な連休2日目。

新型コロナウイルスの拡散防止の非常事態宣言が発令されて
不要不急の外出を自粛が求められる昨今。
自宅にいても特にする事はないので、最近は犬服作りを復活しました。
2年半ぐらい前までは、結構マメに作ってはいたのですが
最近は、トンとご無沙汰していました。
多分、このコロナ騒ぎが無ければ、犬服作りは忘れていた事でしょう。

この日、2着目の犬服作り。
犬服作り、その第132作目のチャレンジです。

今回は、こちらのTシャツをリメイクして
びいすけ のラグラン袖の服に仕上げましょう。

     20200504犬服132コンバース01



ハサミで大胆に解体して、各パーツの生地取りをします。

先ずは、後ろ身頃から。
型紙を当てて、チャコでマーキング。

     20200504犬服132コンバース02

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


続いて、前身頃。
同じように、型紙を当ててチャコでマーキング。

     20200504犬服132コンバース03

チャコのマーキングに合わせてローリングカッターで裁断します。



さらには、両袖用の生地も同じように裁断します。

     20200504犬服132コンバース04



各パーツの裁断完了。

     20200504犬服132コンバース05



こちらが後ろ身頃。

     20200504犬服132コンバース06



前身頃と両袖。

     20200504犬服132コンバース07



各パーツの生地取りも済んだから、ミシン作業に取り掛かります。


先ずは、後ろ身頃と前身頃を縫い合わせて身頃にします。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース08



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース09



今度は、袖用の生地の両端を縫い合わせて筒状にします。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース10



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース11



出来上がった筒状の両袖を身頃に縫い付けます。


マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース12



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース13



身頃に両袖を縫い付けたら、ほぼ形は完成。

     20200504犬服132コンバース14



確認のため、びいすけ の仮試着。

     20200504犬服132コンバース15


     20200504犬服132コンバース16

特に問題は無さそうです。



続いては、リブ作り。


今回は、同系色のリブ生地を使用してみます。

     20200504犬服132コンバース17

リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法17cm だから
    リブ寸法は15.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法10.5cm だから
    リブ寸法は9.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法31cm だから
    リブ寸法は28cmに採寸して裁断(カット)しました。



カットしたリブ生地の両端を縫い合わせて輪っかを作ります。

     20200504犬服132コンバース18


輪っかも完成。

     20200504犬服132コンバース19



出来上がった輪っか状のリブを縫い付けていきます。

先ずは、襟首のリブ付けから。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース20



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース21



続いて、両袖口のリブ付け。

同じようにマチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース22

ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。



さらには、裾回りのリブも縫い付けます。
リブ生地を伸ばすように引っ張りながらマチ針で仮固定。
そしてリブ生地を引っ張りながら直線縫いでカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース23



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200504犬服132コンバース24

 

最後に表面から、裾周りのリブの浮き上がり防止として
裾周りのリブに沿って直線縫いでぐるっとひと回り縫い付けます。



これでミシン掛けも完了。

     20200504犬服132コンバース25

即ち、完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

     20200504犬服132コンバース26


     20200504犬服132コンバース27


     20200504犬服132コンバース28



びいすけ の試着。

     20200504犬服132コンバース29


     20200504犬服132コンバース30


     20200504犬服132コンバース31

今回は、裾周りのリブも上手く処理が出来たようで
キュッと締まった仕上がりになっているような気がします。

ただ、リブを敢えて同系色にしたのですが
出来上がりが単調な感じがする。
むしろ、『CONVERSE』の文字と同色の黄色いリブにしたら
また違った感じに仕上がったんじゃないだろうか?
リメイクだと1点モノになって、やり直しが効かないから
センスが問われて難しいですね。




2020/06/10 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦...............犬服作り その131作目 (2020年5月4日) 

5月4日  

世の中は、GW真っ最中の5月4日。
そして、個人的な連休2日目。
ただ、今年のGWは外出自粛、小池都知事の言葉を借りれば、『STAY HOME WEEK』。
そう言った諸般の事情により、外出せずに 犬服作りにチャレンジです。

犬服作り、その第131作目です。


今回は、こちらのTシャツをリメイクして
びいすけ のタンクトップに仕上げましょう。

     20200504犬服131NIKE01


ハサミで大胆に解体して、生地取りです。

先ずは、後ろ身頃。
型紙を当てて、チャコでマーキング。

     20200504犬服131NIKE02

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



続いて、前身頃。
同じように型紙を当ててチャコでマーキング。

     20200504犬服131NIKE03

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



裁断も完了。

     20200504犬服131NIKE04



こちらが、後ろ身頃。

     20200504犬服131NIKE05



こちらは、前身頃。

     20200504犬服131NIKE06



生地取りが完了したら、ミシン掛けです。


後ろ身頃と前身頃を胴の部分の縫い代を合わせて
直線縫いでカタカタカタ。

     20200504犬服131NIKE07



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200504犬服131NIKE08



肩部の縫い代を合わせて直線縫いでカタカタカタ。

     20200504犬服131NIKE09

ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。



パーツが少ない分だけ、ミシン掛けも少ない。

     20200504犬服131NIKE10

形はこれで出来上がり。


確認の仮試着。

     20200504犬服131NIKE11


     20200504犬服131NIKE12

問題は無さそうです。


続きに移りましょう。
リブを作ってリブ付けです。


今回、リブは無難なグレー。

     20200504犬服131NIKE13

リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法20cm だから
    リブ寸法はcmに
袖口 縫い合わせ寸法16.5cm だから
    リブ寸法はcmに
丈裾 縫い合わせ寸法33cm だから
    リブ寸法はcmに採寸して裁断(カット)しました。



カットしたリブ生地の両端を縫い付けて輪っかを作りましょう。

     20200504犬服131NIKE14



輪っかも出来上がり。

     20200504犬服131NIKE15



そして、リブ付けです。

先ずは襟首から。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200504犬服131NIKE16


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200504犬服131NIKE17


続いて両袖ぐりのリブ付け。
マチ針で仮固定したら、直接縫いでカタカタカタ。

     20200504犬服131NIKE18



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200504犬服131NIKE19


続いて裾回りのリブ付け。
リブ生地を引っ張って伸ばし気味にマチ針で仮固定。
リブ生地を引っ張りなからミシン掛け。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200504犬服131NIKE20



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200504犬服131NIKE21



最後に、裾回りのリブの浮き上がり防止。
表面から裾回りのリブに沿って、直線縫いでカタカタカタ。

     20200504犬服131NIKE22



これでミシン作業完了。

     20200504犬服131NIKE23

即ち、完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

     20200504犬服131NIKE24


     20200504犬服131NIKE25

今回も裾回りのリブがヨレています。


     20200504犬服131NIKE26



びいすけの試着。

     20200504犬服131NIKE27


     20200504犬服131NIKE28


写真では、問題なく見えるんですけど
裾回りのリブがヨレヨレなのは否めない。
犬服作りにハマっていた2年半前も苦手だった裾回りのリブ付け。

3年近く経っても苦手意識は消えそうにありません。



2020/06/08 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦...............犬服作り その130作目 (2020年05月02日) 

5月2日  

世の中は、GW真っ最中の5月2日。
ただ、今年のGWは外出自粛、小池都知事の言葉を借りれば、『STAY HOME WEEK』。

前日の8:30から今朝の8:30間での24時間拘束の夜勤明け。
10時半過ぎに自宅に帰ってきました。

約30時間近い留守番をしていた びいすけ を散歩に連れ出し
散歩から帰ってくれば、すぐさまご飯を与えて.........

やっと落ち着きます。


しかし、外出自粛中。
こんな時は、 びいすけ の犬服を作りましょう。


今回は、こちらのシャツをリメイクして、
びいすけ のラグラン袖の服を作りましょう。

     20200502犬服13001



ラシャバサミで大胆に解体したら、
型紙を当ててチャコでマーキングします。

先ずは、後ろ身頃から。

     20200502犬服13002

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



続いて、前身頃。

     20200502犬服13003

同じように、型紙を当ててチャコでマーキング。
そのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



さらには、両袖用の生地を同じように裁断します。

     20200502犬服13004



各パーツの裁断完了。

     20200502犬服13005



こちらが後ろ身頃。

     20200502犬服13006



前身頃と両袖。

     20200502犬服13007



それでは、ミシン作業に取り掛かりましょう。
先ずは、後ろ身頃と前身頃を縫い合わせて、身頃にします。


マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200502犬服13008


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200502犬服13009


続いて、袖を作ります。
袖用の生地の両端を縫い合わせて筒状にします。

直線縫いでカタカタカタ。

     20200502犬服13010


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200502犬服13011



出来上がった筒状の袖を身頃に縫い付けます。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200502犬服13012



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200502犬服13013



とりあえず、各パーツの縫い付け完了。

     20200502犬服13014

これで、一応形は出来上がりました。


確認のため、びいすけ の仮試着。

     20200502犬服13015


     20200502犬服13016

特には問題がないようです。



では、リブ作りに入りましょう。
今回、リブ生地は無難なグレーにしましょう。


リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法15.5cm だから
    リブ寸法は14cmに
袖口 縫い合わせ寸法10cm だから
    リブ寸法は9cmに
丈裾 縫い合わせ寸法32cm だから
    リブ寸法は29cmに採寸して裁断(カット)しました。

     20200502犬服13017



カットしたリブ生地の両端を縫い付けて輪っかを作ります。

     20200502犬服13018


輪っかも出来上がりました。

     20200502犬服13019


それでは、リブ付けです。
出来上がった輪っかを縫い付けましょう。

先ずは、襟首から。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200502犬服13020


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200502犬服13021


続いて、両袖口のリブ付け。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200502犬服13022


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200502犬服13023



さらには、裾回りのリブ付け。
輪っか状のリブ生地を引っ張って伸ばしながらマチ針で仮固定。
リブ生地を引っ張りながら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200502犬服13024


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200502犬服13025



最後に裾回りのリブの浮き上がり防止。
表面から裾回りのリブに沿って周りを直線縫いでカタカタカタ。

     20200502犬服13026



これで、ミシン掛け完了。

     20200502犬服13027

即ち、完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

     20200502犬服13028


     20200502犬服13029

裾回りのリブがヨレヨレヨレ。
やっぱり、裾回りのリブ付けは難しい。


     20200502犬服13030


びいすけ の試着です。

     20200502犬服13031


     20200502犬服13032


     20200502犬服13033
 

見た感じ問題は無さそうですが、
やっぱり裾回りのリブの処理が上手く出来ていない。
納得のいく出来上がりではない。
裾回りのリブ付け、リブ処理。
これは永遠の課題なのかなぁ...............?




2020/06/07 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦...............犬服作り その129作目 (2020年4月30日) 

4月30日  

個人的な連休2日目。

不要不急な外出を自粛するゴールデンウィーク。
小池都知事の言葉を借りれば、『STAY HOME WEEK』。
要するに「外に遊びに行かず、家の中に居ろ」と言う事です。 

こう言う時期には、家にいるのが正解。
こう言う時期に、 びいすけ の服を作りましょう。

と言う事で、犬服作り その129作目にチャレンジです。


今回は、こちらのTシャツをリメイクして
びいすけ のラグラン袖の服に仕上げましょう。

     20200429犬服129NB01


ラシャバサミで大胆に解体して、各パーツの採寸をします。
先ずは、後ろ身頃。

型紙をマチ針で固定したら、チャコでマーキング。

     20200429犬服129NB02

チャコのマーキングに合わせてローリングカッターで裁断します。


続いて、前身頃。
同じく、マチ針で固定をしたら、チャコでマーキング。

     20200429犬服129NB03

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



さらには、袖用に型紙を固定してチャコでマーキング。

     20200429犬服129NB04

左右の袖用に裁断します。


裁断も完了。

     20200429犬服129NB05



こちらが、後ろ身頃。

     20200429犬服129NB06



こちらが、前身頃と両袖。

     20200429犬服129NB07



それでは、ミシン作業に入りましょう。


先ずは、後ろ身頃と前身頃を縫い合わせて身頃にします。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200429犬服129NB08



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200429犬服129NB09



続いて袖作り。
袖用の生地の両端を縫い合わせて筒状にします。

直線縫いでカタカタカタ。

     20200429犬服129NB10



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200429犬服129NB11



筒状の袖を身頃に縫い付けます。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200429犬服129NB12



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200429犬服129NB13


両袖を身頃に縫い付けたら、形はほぼ完成。

     20200429犬服129NB14



確認の意味を込めて、びいすけ の仮試着。
この時、写真を撮ったつもりが忘れていました。
でも、仮試着してもおかしくは無い。




続いて、リブ作りに移りましょう。
リブは脇の赤いラインを意識して赤系の色にしましょう。


リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法15.5cm だから
    リブ寸法は14cmに
袖口 縫い合わせ寸法10cm だから
    リブ寸法は9cmに
丈裾 縫い合わせ寸法32cm だから
    リブ寸法は29cmに採寸して裁断(カット)しました。

     20200429犬服129NB15



リブ生地の両端を縫い合わせて輪っかにします。

     20200429犬服129NB16


襟首、両袖口、裾回りと4つの輪っかが出来上がり。

     20200429犬服129NB17



それでは、リブを縫い付けていきましょう。


先ずは襟首から。
リブをマチ針で固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200429犬服129NB18


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200429犬服129NB19


続いて、両袖口のリブ付けです。

襟首と同じように、マチ針で固定したら直線縫いでカタカタカタ。

     20200429犬服129NB20



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200429犬服129NB21



さらには、裾回りのリブ付けです。

リブ生地を引っ張って伸ばし気味にマチ針で固定したら
リブ生地を引っ張り気味にミシン掛け。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200429犬服129NB22



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200429犬服129NB23


最後に裾回りのリブの浮き上がり防止のために
表目をから押さえ込むようにぐるっとひと回り縫い付けます。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200429犬服129NB24



これでミシン掛けも完了。

     20200429犬服129NB25

即ち、完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

     20200429犬服129NB26


     20200429犬服129NB27


     20200429犬服129NB28



それては、 びいすけ の試着です。

     20200429犬服129NB29


     20200429犬服129NB30


     20200429犬服129NB31


紺色ペースの生地に濃いピンクのリブ生地が合っている。
なかなか良いのでは?

ちょっぴり気に入っています。




2020/06/05 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦...............犬服作り その128作目 (2020年4月29日) 

4月29日  

不要不急の外出の自粛が叫ばれる昨今。
世の中はゴールデンウィークに突入しましたが
今年は例年と違って、『STAY HOME WEEK』とも言われていて
皆さん、大人しく(?)自粛をされているようです。

4月29日、30日と連休ですが、外出自粛の中、
ただダラダラと家の中で過ごしてしまうのも考えモノ。
こんな時は、形になるモノを残すのもアリ。
と言う事で、この日は朝から、びいすけの犬服作りにチャレンジです。

手作りの犬服作り、その第128作目のチャレンジです。



今回は、こちらのTシャツをリメイクして
びいすけ のラグラン袖の服に仕上げてみましょう。

     20200429犬服128PUMA01


ラシャバサミで大胆に解体して、各パーツの型紙を当てて採寸します。
先ずは、後ろ身頃から。

     20200429犬服128PUMA02

型紙をマチ針で固定したら、ローリングカッターで裁断します。


続いて、前身頃。

     20200429犬服128PUMA03

同じように、型紙をマチ針で固定したら、ローリングカッターで裁断します。


さらには、袖部の部品取り。

     20200429犬服128PUMA04

やはり、型紙をマチ針で固定して、ローリングカッターで裁断します。
袖は右・左と対称になるから型紙を裏返して採寸します。



各パーツの裁断完了。

     20200429犬服128PUMA05



こちらが、後ろ身頃。

     20200429犬服128PUMA06



そして、こちらが前身頃と両袖。

     20200429犬服128PUMA07



それでは、ミシン作業に入りましょう。
先ずは、後ろ身頃と前身頃を縫い合わせて身頃とします。

マチ針で縫い代を固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200429犬服128PUMA08


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200429犬服128PUMA09


続いて、袖作り。
袖用に裁断した生地の両端を縫い付けて筒状にします。
マチ針で縫い代を固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200429犬服128PUMA10



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200429犬服128PUMA11



出来上がった袖を身頃に縫い付けます。
マチ針で縫い代を固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200429犬服128PUMA12



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200429犬服128PUMA13



各パーツを縫い合わせたので、これで形は一応出来上がり。

     20200429犬服128PUMA14


確認のための仮試着。

     20200429犬服128PUMA15



     20200429犬服128PUMA16

特には問題無さそうです。



続いて、リブ作り。
今回は、こちらのリブ生地を使いましょう。

     20200429犬服128PUMA17

リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法16cm だから
    リブ寸法は14.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法11cm だから
    リブ寸法は10cmに
丈裾 縫い合わせ寸法33cm だから
    リブ寸法は30cmに採寸して裁断(カット)しました。



カットしたリブ生地の両端を縫い付けて、輪っかを作ります。

     20200429犬服128PUMA18



輪っかも完成。

     20200429犬服128PUMA19



出来上がったリブを縫い付けていきましょう。
先ずは襟首から。

リブをマチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200429犬服128PUMA20



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200429犬服128PUMA21



続いて、袖口。
リブをマチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200429犬服128PUMA22



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタ。

     20200429犬服128PUMA23


さらには、裾回り。
リブを引っ張り気味にマチ針で仮固定。
さらには、リブを引っ張りながら、伸ばし気味にして
直線縫いでカタカタカタ。

     20200429犬服128PUMA24



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200429犬服128PUMA25



最後に、裾回りのリブの浮き上がり防止。
表面から裾回りのリブの周りを直線縫いでぐるっとひと回りを縫い付けます。

     20200429犬服128PUMA26



これで、ミシン作業完了。

     20200429犬服128PUMA27

即ち、完成です。



出来上がりは、こんな感じ。

     20200429犬服128PUMA28


     20200429犬服128PUMA29


     20200429犬服128PUMA30



びいすけ に試着してもらいましょう。

     20200429犬服128PUMA31


     20200429犬服128PUMA32


     20200429犬服128PUMA33


画面では、分かりづらいのですが
裾周りのリブがヨレている。
均等に引っ張りながら縫い付けているんだけど
やっぱり、裾回りのリブ付けは難しい。

もう、何年も前からの課題ですが、克服とは行かない。
なかなか難しいですね.........




2020/06/02 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第127作目 (2020年4月25日) 

4月25日  

不要不急の外出の自粛が叫ばれる昨今
この日は、大人しく『ステイ・ホーム』。
犬服作りに勤しみました。

びいすけ 用の手作りの犬服作り、その第127作目です。


今回は、こちらのTシャツをリメイクして、
びいすけ のラグラン袖の服に仕上げてみます。

     20200425犬服12701



ラシャバサミで大胆に解体したら、
各パーツの型紙を当ててマチ針で固定して採寸します。

後ろ身頃。

     20200425犬服12702


前身頃。

     20200425犬服12703


袖。

     20200425犬服12704



チャコのマーキングに合わせて
各パーツをローリングカッターで裁断します。

     20200425犬服12705
 


裁断した後ろ身頃。

     20200425犬服12706



前身頃と両袖。

     20200425犬服12707



それでは、ミシン掛けに入りましょう。
先ずは前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃とします。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200425犬服12708


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200425犬服12709



続いて、袖作り。
袖用に裁断した生地の両端を縫い付けて筒状にします。

直線縫いでカタカタカタ。

     20200425犬服12710



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200425犬服12711


筒状になった両袖を身頃に縫い付けます。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200425犬服12712


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200425犬服12713


両袖を身頃に縫い付けたら、ほぼ形は完成。

     20200425犬服12714


念のために、びいすけ に仮試着。

     20200425犬服12716


     20200425犬服12717

問題は無さそうです。



続いて、リブ作り。

今回は無難な灰色のリブ生地を使いましょう。

リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法16cm だから
    リブ寸法は14.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法10.5cm だから
    リブ寸法は9.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法33cm だから
    リブ寸法は30cmに採寸して裁断(カット)しました。

     20200425犬服12718



カットしたリブ生地の両端を縫い付けて輪っかを作ります。

     20200425犬服12719


輪っか作りも完了。

     20200425犬服12720



出来上がった輪っか状のリブ生地を身頃に縫い付けます。


先ずは襟首から。
リブ生地をマチ針で固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200425犬服12721


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200425犬服12722


続いて、両袖口。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200425犬服12723


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200425犬服12724



さらには、裾回りのリブ付け。
リブ生地を引っ張りながら、マチ針で仮固定。
そして、リブ生地を引っ張りながら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200425犬服12725


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200425犬服12726



最後は、裾回りのリブの浮き上がり防止として
表面からリブの周りを直線縫いでカタカタカタ。

     20200425犬服12727



これでミシン掛けは完了。

     20200425犬服12728

即ち、完成となります。



出来上がりは、こんな感じ。

     20200425犬服12729


     20200425犬服12730



では、びいすけ に試着してもらいましょう。

     20200425犬服12731


     20200425犬服12732

写真では分かりづらいけど、裾回りのリブが若干ヨレている。
相変わらず裾回りリブ付けは苦手。

とりあえず、犬服作り第127作目、
完了といたします。


2020/06/01 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第126作目 (2020年4月25日) 

4月25日   

新型コロナウィルスの拡散防止対策のシフトで
12名の体制をA班6名、B班6名の2班に分け、
濃厚接触者を減らし、いざとなっても職場に穴が開かない体制にしています。
そのため、4月11日以降は、夜勤のみの勤務。
16時間(拘束17時間)の夜勤を終えると2日間の連休。
即ち、4日間で1サイクルの生活が続いています。

そして、その2日間の個人的な連休初日。


特に予定もないし、不要不急の外出は出来ないし、
とにかく『ステイ・ホーム』が叫ばれる昨今。


こんな時には、自宅でも出来る何かに熱中するしかない。


と言う事で、 びいすけ の服作りにチャレンジです。


今回は、こちらのTシャツをリメイクして
ラグラン袖の服に仕上げてみます。

     20200425犬服12601



ラッシャーバサミで大胆に解体して
型紙を当てて、マチ針で固定します。各パーツを採寸します。


先ずは、後ろ身頃。

     20200425犬服12602



続いて、前身頃。

     20200425犬服12603



そして、両袖。
以前に1mの切り売りで買った黒の生地を使ってみます。

     20200425犬服12604



各パーツをローリングカッターで裁断します。

     20200425犬服12605



こちらが後ろ身頃。

     20200425犬服12606



そして、前身頃と両袖。

     20200425犬服12633




それでは、ミシン掛けに入りましょう。


先ずは、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃とします。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200425犬服12607


ほつれ防止にジグザグ縫いでカタカタカタ。

     20200425犬服12608



続いて、袖作り。
裁断した生地の両端を縫い付けて筒状に仕上げます。

直線縫いでカタカタカタ。

     20200425犬服12609



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200425犬服12610



出来上がった袖を身頃に縫い付けます。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200425犬服12611



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200425犬服12612



身頃に両袖を縫い付けて、形はほぼ完成。

     20200425犬服12613



確認のため、 びいすけ の仮試着。

     20200425犬服12614



一応、問題は無さそうです。

     20200425犬服12615

 


そうしたら、次はリブ付け作業です。


リブは袖色に近い、濃紺のリブ生地を使いましょう。 
   
     20200425犬服12616



リブ生地の裁断幅は6cmとして
各寸法のおおよそ90%の長さに仕上げます。
襟口 縫い合わせ寸法15cm だから
    リブ寸法は13.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法10.5cm だから
    リブ寸法は9.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法34cm だから
    リブ寸法は30.5cmに採寸して裁断(カット)しました。

     20200425犬服12617



カットしたリブ生地の端を合わせて縫い付けて、
輪っかを作ります。

     20200425犬服12618


輪っかも完成。

     20200425犬服12619



次に輪っか状のリブ生地を身頃に縫い付けます。
先ずは、襟首から。
マチ針で固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200425犬服12620



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200425犬服12621



続いて、袖口のリブ付けです。
マチ針で固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200425犬服12622



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200425犬服12623



そして、苦手な裾周りのリブ付けです。

リブ生地を引っ張りながら、マチ針で固定し
リブ生地を引っ張りながら、直線縫いのミシン掛け。
カタカタカタと小気味良い音を立てて針を進めます。

     20200425犬服12624



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200425犬服12625



裾周りのリブの浮き上がり防止として、
表面からリブに沿って外周を直線縫いで
カタカタカタとひと回り縫い付けていきます。

     20200425犬服12626



ミシン掛けも完了。

     20200425犬服12627

即ち、完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

     20200425犬服12628


     20200425犬服12629



それでは、びいすけ の試着タイムです。
     
     20200425犬服12630


     20200425犬服12631


     20200425犬服12632

若干、裾周りのリブの仕上がりが満足出来る状態ではないけれど
びいすけ 用の手作りの犬服、その第126作目。
とりあえず、完成です。



2020/05/31 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第125作目 (2020年4月17日) 

4月17日

もう2年以上御無沙汰となってしまった びいすけ用 の犬服作り。
不要不急の外出の自粛にあやかって、久しぶりにチャレンジしてみました。

って言うか、実は2年以上前に途中までやってて、
そのままほったらかしていたのが、今回の犬服作り。


いぬふくつくり、その第126着目。
今回は、こちらのシャツを びいすけ のラグラン袖の服にリメイクしてみました。

     20200417犬服12501


今から遡る事、約2年半。
ちょうど2017年の秋、裁断はスタートしました。


シャツを解体して、各パーツごとに型紙で型を取ります。

     20200417犬服12502


     20200417犬服12503


     20200417犬服12504



それらをローリングカッターでカットします。

     20200417犬服12505



後ろ身頃。

     20200417犬服12506



前身頃と両袖。

     20200417犬服12507



そして、ミシン掛けに入ります。

前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて、身頃にします。
胴部分を合わせて、直線縫いでカタカタカタ。

     20200417犬服12508



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200417犬服12509



続いて、袖作り。

袖用の生地の端を縫い合わせて筒状にします。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200417犬服12510



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200417犬服12511



そして、筒状の袖を身頃に縫い付けます。


直線縫いでカタカタカタ。

     20200417犬服12512



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200417犬服12513



身頃に両袖が付いたら、ほぼ形は完成。

     20200417犬服12514



と、ここまでが実は2年半前に終了していました。


ちょうどその頃、職場の異動の話があったり転職話があったりと
色々とバタバタしていた時期でして.........................
ついつい放ったらかしとなっていました。



そして、2年半後の今日、重い腰が上がりました。
続きの始まりです。

形は、ほぼ完成しているので、次工程はリブ作りから。



リブ生地は無難にグレーを使いましょう。

     20200417犬服12515


リブ生地の裁断幅は6cmとして
襟口 縫い合わせ寸法16cm だから
    リブ寸法は14.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法10cm だから
    リブ寸法は9cmに
丈裾 縫い合わせ寸法30cm だから
    リブ寸法は27cmに採寸して裁断(カット)しました。

     20200417犬服12516



カットしたリブ生地の端を縫い合わせて、
輪っかを作ります。

     20200417犬服12517



輪っかも出来上がりました。

     20200417犬服12518



輪っかのリブ生地を縫い付けていきましょう。


先ずは、襟首のリブ付け。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200417犬服12519



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200417犬服12520



続いて、袖口のリブ付け。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

     20200417犬服12521



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。




裾周りのリブ付けです。

リピ生地を引っ張り気味に伸ばしながら
マチ針で仮固定。
直線縫いでカタカタカタ。

     20200417犬服12522



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

     20200417犬服12523



最後にリブの浮き上がり防止として、裾回りのリブの外周を
直線縫いでカタカタカタ。

     20200417犬服12524



リブの縫い付けも完了。

     20200417犬服12525

すなわち、完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

     20200417犬服12526


     20200417犬服12527



さっそく、びいすけ に試着してもらいましょう。

     20200417犬服12528


     20200417犬服12529


     20200417犬服12530


     20200417犬服12531


遠目で見れば分からないけれど、裾周りのリブがヨレている。
均等に引っ張りながら縫い付けたつもりなんだけれど
超久しぶりなんで、コツを忘れてしまったのか?
心の中ではイマイチの出来映え。

でも久しぶりに何か形になるものを作ったぞ〜ぉ!
って言う充実感に満たされる。

外出自粛の時期だから、ボケ〜っとして家に居るなら
犬服作りに、またハマっちゃおうかな?(笑)











2020/05/25 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦...............犬服作り第124作目 (2018年2月10日) 

2月10日

この日は、夕方から犬服作りにチャレンジしました。

犬服作り、その第124作目です。


今回は、こちらのトレーナーをリメイクして
びいすけ の服を作りましょう。

      20180210洋服作り12401


大胆にハサミで解体したら、生地取りします。
先ずは、後ろ身頃から。


イラストを生かしたいから、
バランスを考えて型紙をマチ針で仮固定します。

      0180210洋服作り12402

仮固定したら、ローリングカッターで裁断します。



続いて、前身頃。

同じように型紙を当てて、マチ針で仮固定したら
ローリングカッターで裁断します。

      0180210洋服作り12403



続いて、両袖。
やはり、同じように型紙を当てて、マチ針で仮固定したら
ローリングカッターで裁断します。

      0180210洋服作り12404



生地取り完了。

      0180210洋服作り12405



こちらが、後ろ身頃。

      0180210洋服作り12431



前身頃と両袖。

      0180210洋服作り12406




それでは、ミシン作業に取り掛かりましょう。

先ずは、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて、身頃にします。
胴部分を合わせて、直線縫いでカタカタカタ。

      0180210洋服作り12407



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      0180210洋服作り12408



続いて、袖作り。

袖用の生地の端を縫い合わせて筒状にします。
直線縫いでカタカタカタ。

      0180210洋服作り12409



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      0180210洋服作り12410



そして、筒状の袖を身頃に縫い付けます。


直線縫いでカタカタカタ。

      0180210洋服作り12411


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      0180210洋服作り12412



身頃に両袖が付いたら、ほぼ形は完成。

      0180210洋服作り12413



びいすけ の仮試着。

      0180210洋服作り12414



続いて、リブ作り。

今回はこちらのリブ生地を使いましょう。

      0180210洋服作り12415



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法18cm だから
    リブ寸法は16.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法10cm だから
    リブ寸法は9cmに
丈裾 縫い合わせ寸法32cm だから
    リブ寸法は29cmに採寸して裁断(カット)しました。

      0180210洋服作り12416



カットしたリブ生地の端を縫い合わせて、
輪っかを作ります。

      0180210洋服作り12417


輪っかも出来上がりました。

      0180210洋服作り12418



それでは、リブ付けに取り掛かりましょう。


先ずは、襟首のリブから。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      0180210洋服作り12419



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      0180210洋服作り12420



続いて、袖口のリブ付け。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      0180210洋服作り12421



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      0180210洋服作り12422



襟首と袖口のリブ付け完了。

      0180210洋服作り12423



いよいよ、仕上げです。
裾周りのリブ付けです。

リピ生地を引っ張り気味に伸ばしながら
マチ針で仮固定。
直線縫いでカタカタカタ。

      0180210洋服作り12424


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      0180210洋服作り12425


最後に裾周りのリブの浮き上がり防止に
リブの周りをぐるっと直線縫いで一回り縫い付けます。

      0180210洋服作り12426


これで、ミシン作業も終了。
すなわち、完成です。

      0180210洋服作り12427



出来上がりは、こんな感じです。

      0180210洋服作り12428


      0180210洋服作り12429


      0180210洋服作り12430



それでは、 びいすけ に試着してもらいましょう。

      0180210洋服作り12432


      0180210洋服作り12433


      0180210洋服作り12434


      0180210洋服作り12435


オレンジ色のリブが映えますねぇ。
なかなか良いんじゃない?

勝手に悦に入っています(笑)。













2018/03/27 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦...............犬服作り その123作目 (2018年1月25日) 

1月25日

この日は、犬服作りにチャレンジしました。

1着作り終えた勢いで、この日2着目に着手。
通算123着目の犬服作りのチャレンジです。


今回は、こちらのフリースを びいすけ の犬服にリメイクします。

      20180125犬服12301


大胆にハサミで解体したら、生地取りをします。


先ずは、後ろ身頃から。
型紙を当てて、チャコでマーキング。

      0180125犬服12302

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



続いて、前身頃。

同じように型紙を当てて、チャコでマーキング。

      0180125犬服12303

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



さらには、両袖。

やはり、同じように型紙を当ててチャコでマーキング。

      0180125犬服12304

チャコのマーキングに合わせて、
ローリングカッターで裁断します。


生地取りも無事完了。

      0180125犬服12305



こちらが後ろ身頃。

      0180125犬服12306



前身頃と両袖。

      0180125犬服12307



続いて、ミシン作業です。


前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。

胴部分を合わせて、マチ針で仮固定したら
直線縫いでカタカタカタ。

      0180125犬服12308



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      0180125犬服12309



続いて、袖作り。
袖用の生地の端を縫い合わせて筒状にします。
直線縫いでカタカタカタ。

      0180125犬服12310



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      0180125犬服12311



身頃に袖を縫い付けます。

マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      0180125犬服12312


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      0180125犬服12313



身頃に両袖を縫い付けたら、第一段階の完了。
ほぼ犬服の形は出来上がります。

      0180125犬服12314


一応、確認の意味で仮試着。

      0180125犬服12315

問題は無さそうです。


リブ作りに取り掛かりましょう。


今回、リブ生地はこちらを使用しました。

      0180125犬服12316



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法16cm だから
    リブ寸法は15cmに
袖口 縫い合わせ寸法10cm だから
    リブ寸法は9cmに
丈裾 縫い合わせ寸法31cm だから
    リブ寸法は28cmに採寸して裁断(カット)しました。

      0180125犬服12317



カットしたリブ生地の端を縫い合わせて輪っかを作ります。

      0180125犬服12318



輪っか作りも完了。

      0180125犬服12319



それっは、輪っか状態のリブを縫い付けていきましょう。

襟首のリブ付けから始めます。
リブをマチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      0180125犬服123202



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      0180125犬服12321



続いて、袖口のリブ付けです。

リブをマチ針で仮固定したら
直線縫いでカタカタカタ。

      0180125犬服12322



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      0180125犬服12323



襟首と袖口のリブ付け完了。

      0180125犬服12324

残すは裾周りのリブ付け。



では、その裾周りのリブ付けに取り掛かります。


リブを引っ張り気味に軽く伸ばしながらマチ針で仮固定したら
直線縫いでカタカタカタ。

      0180125犬服12325


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      0180125犬服12326


最後にリブの浮き上り防止(?)に裾周りを
ぐるっとひとまわり直線縫いで縫い付けます。

      0180125犬服12328



これでミシン作業も終了。

      0180125犬服12328

と言うことは、完成です。


出来上がりは、こんな感じです。

      0180125犬服12329


      0180125犬服12330


      0180125犬服12331



では、 びいすけ に試着して貰いましょう。

      0180125犬服12332


      0180125犬服12333


      0180125犬服12334


      0180125犬服12335


リブの黄色が映えますねぇ。

さてさて、この服を来て何処に遊びに行こうか...............?
贅沢な悩みになるのかな...............?



2018/03/18 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦...............犬服作り その122作目 (2018年1月25日) 

1月25日

この日は、久しぶりに犬服作りにチャレンジ。


以前、妹の もっちゃん から『これで びいすけ の服作って!』
と言われて貰ったフリース。
今回は、こちらをリメイクして、びいすけ の服を作りましょう。

     20180125犬服12201


大胆にハサミで解体したら、生地取りします。


先ずは、後ろ身頃から。
型紙を当てて、チャコでマーキングしたら
ローリングカッターで裁断します。

      20180125犬服12202


続いて、前身頃。
同じように型紙を当てて、チャコでマーキング。

      20180125犬服12203

ローリングカッターで裁断します。


さらには、両袖。
やはり、型紙を当てて、チャコでマーキング。

      20180125犬服12204

同じように、ローリングカッターで裁断します。



生地取り完了。

      20180125犬服12205


こちらが、後ろ身頃。

      20180125犬服12206


前身頃と両袖。

      20180125犬服12207



では、ミシン作業に取り掛かりましょう。


前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて、身頃にします。
胴部分を合わせて、直線縫いでカタカタカタ。

      20180125犬服12208


ほつれ防止にジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20180125犬服12209



続いて、袖作り。
袖の端を縫い合わせて筒状にします。
直線縫いでカタカタカタ。

      20180125犬服12210



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20180125犬服12211



身頃に袖を縫い付けます。
マチ針で固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20180125犬服12212



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20180125犬服12213



身頃に袖を縫い付け、ほぼ形は完成。

      20180125犬服12214



とりあえず、確認の意味で 仮試着。

      20180125犬服12215

問題は無さそうです。



では、リブ作りに入りましょう。

リブは、ベース色の赤にしようか?
それとも無難に白にしようか?

悩んだ末に、こちらの白にしました。

      20180125犬服12216


リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法17cm だから
    リブ寸法は16cmに
袖口 縫い合わせ寸法10cm だから
    リブ寸法は9cmに
丈裾 縫い合わせ寸法33cm だから
    リブ寸法は30cmに採寸して裁断(カット)しました




カットしたリブ生地の端を縫い合わせて、輪っかを作ります。

      20180125犬服12217


輪っかも出来上がりました。

      20180125犬服12218



では、輪っか状のリブを縫い付けていきましょう。


先ずは、襟首のリブ付け。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20180125犬服12219



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20180125犬服12220



続いて、袖口のリブ付け。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20180125犬服12221



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20180125犬服12222



これで、襟首と袖口のリブ付け完了。

      20180125犬服12223



残すは裾周りのリブ付け。
一気に片付けちゃいましょう。

マチ針で仮固定したら、リブ生地を引っ張りながら
気持ち伸ばし気味にして、直線縫いでカタカタカタ。

      20180125犬服12224


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20180125犬服12225



これでリブ付け完了。

      20180125犬服12226


すなわち、完成です。


出来上がりは、こんな感じです。

      20180125犬服12227


      20180125犬服12228


      20180125犬服12229



さっそく、びいすけ に試着して貰いましょう。

      20180125犬服12230


      20180125犬服12231


      20180125犬服12232


      20180125犬服12233



クリスマスチックな色合いだけど、もっちゃん のフリースの有効活用。
今年の冬は寒いから、フリース生地のこの服。
大活躍をしてくれる事でしょう.................。





2018/03/17 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit