10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

手作りに挑戦..............................犬服作り 第119作目 (2017年月日) 

9月6日〜7日と個人的な連休でしたが
8月後半から、休みの日に雨が降っています。
普段の行いが悪いのか?


9月6日(水)も朝起きたら、霧雨。
茨城県の方に足を伸ばすつもりでいたけれど
天気ぐ悪いんじゃ仕方ない。

この日は、することも無いから、昼過ぎまで二度寝。

午後から、ドッグランにでも出かけようかと思ったけれど
いつ降り出してもおかしくない曇り空。

こんな日には、犬服作りでもいたしましょう。



今回は、こちらのタンクトップを利用して、
びいすけ のラグラン袖のシャツを作りましょう。
小さめのタンクトップだから、
後ろ身頃と前身頃しか生地としては取れそうも無い。
袖部分は他の生地を利用することにいたしましょう。

      犬服11901



先ずは、後ろ身頃から。

型紙を当てて、マチ針で仮固定したらチャコでマーキング。

      犬服11902

チャコのマーキングに合わせて
ローリングカッターで裁断します。


続いて、前身頃。
同じように型紙を当てて、チャコでマーキング。

      犬服11903

チャコのマーキングに合わせて、
ローリングカッターで裁断します。


ラグラン袖の袖は、手持ちの端切れを使いましょう。
型紙を当てて、チャコでマーキング。

      犬服11904

チャコのマーキングに合わせて
ローリングカッターで裁断します。


生地取りも無事完了です。

      犬服11905



こちらが後ろ身頃。

      犬服11906



こちらが前身頃と両袖。

      犬服11907




それでは、ミシン作業に取り掛かりましょう。

先ずは、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
胴部分をマチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      犬服11908



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服11909



続いて、袖作り。
袖用の生地の端を縫い合わせて筒状にします。
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服11910



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服11911


筒状になった袖を身頃に縫い付けていきます。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      犬服11912



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服11913


ここまで来たら、形はほぼ出来上がり。

      犬服11914



びいすけ の仮試着。

      犬服11915



この日は、並行して4着の犬服作りを同時進行。
同じ工程を続けた方のが効率が良いって言うのもあって
生地の裁断から、身頃に仕上げるまでを行いました。
すなわち、ここまでが9月6日の作業です。



そして、ここからが9月19日の作業となります。


先ずは、リブ作り。
今回は、こちらの色にしてみましょう。

      犬服11916



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法16.5cm だから
    リブ寸法は15cmに
袖口 縫い合わせ寸法10cm だから
    リブ寸法は9cmに
丈裾 縫い合わせ寸法31cm だから
    リブ寸法は28cmに採寸して裁断(カット)しました。

      犬服11917



カットしたリブ生地の端を縫い合わせて輪っかを作ります。

      犬服11918



輪っかも完成。

      20170919犬服11919



それでは、リブ付けに参りましょう。

先ずは、襟口のリブ付け。
リブをマチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170919犬服11920



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170919犬服11921



続いて両袖のリブ付け。

マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170919犬服11922


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170919犬服11923



襟口と両袖のリブ付け完了。

      20170919犬服11924

残すは裾周りのリブ付けです。


いよいよ仕上げの段階。
裾周りのリブ付けです。

リブを引っ張り気味に伸ばしながらマチ針で仮固定したら
直線縫いでカタカタカタ。

      20170919犬服11925



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170919犬服11926



最後に表面からリブの浮き上がり防止用に
リブの周囲を直線縫いでカタカタカタ。

      20170919犬服11927



これでミシン作業も終了。

      20170919犬服11928

そうです! 一応、完成となります。


出来上がりは、こんな感じです。

      20170919犬服11929


      20170919犬服11930


      20170919犬服11931

ミッキーの柄が何となく唐草模様に見えたりして...............(笑)




びいすけ に試着してもらいましょう。

      20170919犬服11932


      20170919犬服11933


      20170919犬服11934


      20170919犬服11935


やっぱり、唐草模様に見えちゃうなあ。

唐草模様って言えば『東京ぼん太』。
子供の頃に唐草模様の風呂敷で『東京ぼん太』の真似をしていたっけ。

でも、東京ぼん太 を知ってる人って、かなりの年代になるはず。

ねえ、これを読んでいる貴方(貴女)
東京ぼん太 知ってます?(笑)







スポンサーサイト
2017/10/23 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第118作目 (2017年9月19日) 

9月6日〜7日と個人的な連休でしたが
8月後半から、休みの日に雨が降っています。
普段の行いが悪いのか?


9月6日(水)も朝起きたら、霧雨。
茨城県の方に足を伸ばすつもりでいたけれど
天気が悪いんじゃ仕方ない。

この日は、することも無いから、昼過ぎまで二度寝。

午後から、ドッグランにでも出かけようかと思ったけれど
いつ降り出してもおかしくない曇り空。

こんな日には、犬服作りでもいたしましょう。





今回は、着なくなったピンクのパーカーを解体して
びいすけ のラグラン袖のシャツを作りましょう。

(ベースになるパーカーの写真を撮り忘れちゃった)


大胆に解体してみたものの、人間用の前身頃にはファスナーが付いていて
犬服用には上手く生地が取れない。
袖の部分は他で代用することにして、先ずは後ろ身頃から。

型紙を当てて、マチ針で仮固定したらチャコでマーキング。

      犬服11801

チャコのマーキングに合わせて、
ローリングカッターで裁断します。


続いて前身頃。
同じように型紙を当てて、マチ針で仮固定。

      犬服11802

チャコでマーキングした後、マーキングに合わせてローリングカッターで裁断します。




ラグラン袖は生地が足りなくなったのと、全身ピンクも如何なモノか?

以前使ったトレーナーの端切れがあったので
そちらを使いましょう。


型紙を当てて、マーキングします。

      犬服11803



マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断すれば
生地取りは完了となります。

      犬服11804



こちらが、後ろ身頃。

      犬服11805



そして、前身頃と両袖。

      犬服11806



いよいよ、ここからミシン作業。
前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて、身頃に仕上げます。

胴の部分を合わせてマチ針で仮固定したら
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服11807



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服11808




続いて、袖作り。
袖用の生地の端を縫い合わせて筒状にします。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服11809



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服11810



出来上がった袖を身頃に縫い付けます。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服11811



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服11812



ここまで来たら、形は出来上がり。

      犬服11813



嫌がる びいすけ に仮試着。
思い切り、尻尾が下がってます(笑)。

      犬服11814



この日は、並行して4着の犬服作りを同時進行。
同じ工程を続けた方のが効率が良いって言うのもあって
生地の裁断から、身頃に仕上げるまでを行いました。
すなわち、ここまでが9月6日の作業です。




ここからが、9月12日の作業。

リブを作りましょう。


今回、リブはこちらの色を使いましょう。

      犬服11815




リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法17cm だから
    リブ寸法は15.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法11cm だから
    リブ寸法は10cmに
丈裾 縫い合わせ寸法32cm だから
    リブ寸法は29cmに採寸して裁断(カット)しました。

      犬服11816



リブ生地の端を縫い合わせて輪っかを作ります。

      20170912犬服11817



あっと言う間に、輪っかも出来上がりました。

      20170912犬服11818




それでは、リブの縫い付けに取り掛かりましょう。
先ずは、襟口のリブ付け。

マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170912犬服11819



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170912犬服11820



続いて袖口のリブ付けです。

同じようにマチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170912犬服11821



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170912犬服11822



襟口と袖口のリブ付け完了。
残すは苦手な裾周りのリブ付け。

      20170912犬服11823


ここでタバコを一服...............





それでは、裾周りのリブ付けに取り掛かります。
リブを引っ張り気味に伸ばしながら、マチ針で仮固定。
バランスを取りながら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170912犬服11824



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170912犬服11825



最後に表面から、裾周りのリブの周囲を直線縫いでカタカタカタ。
まあ、これはリブの浮き上がり防止用。

      20170912犬服11826

ロックミシンなら、同時に縫い付けてくれるから楽なんですけどねぇ...............


これでミシン作業も終了。

      20170912犬服11827

すなわち、完成です。


出来上がりは、こんな感じです。

      20170912犬服11828


      20170912犬服11829


      20170912犬服11830



びいすけ に試着してもらいましょう。

      20170912犬服11831


      20170912犬服11832


      20170912犬服11833


      20170912犬服11834


う〜む...............

なんか、イラストとか文字とか柄が入っていないから
殺風景な感じがしてしまうのは気のせい?









2017/10/02 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第117作目 (2017年9月12日) 

9月6日〜7日と個人的な連休でしたが
8月後半から、休みの日に雨が降っています。
普段の行いが悪いのか?


9月6日(水)も朝起きたら、霧雨。
茨城県の方に足を伸ばすつもりでいたけれど
天気ぐ悪いんじゃ仕方ない。

この日は、することも無いから、昼過ぎまで二度寝。

午後から、ドッグランにでも出かけようかと思ったけれど
いつ降り出してもおかしくない曇り空。

こんな日には、犬服作りでもいたしましょう。


今回は、こちらのロングTシャツを
びいすけ のラグラン袖の服にリメイクいたしましょう

      犬服11701






大胆に解体したら、型紙を当てて生地取りをします。
先ずは、後ろ身頃から。

adidasの文字がセンターになるよう、位置を調整してチャコでマーキング。

      犬服11702

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



続いて、前身頃。
型紙を当てて、マチ針で仮固定したら、チャコでマーキング。

      犬服11703

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



さらに、両袖の生地取りをします。
オリジナルと同じ様にツートンカラーに仕上げたいので
袖部分の生地を用いて生地取りをします。

      犬服11704



生地取りも無事完了。

      犬服11705



こちらが後ろ身頃。

      犬服11706



前身頃と両袖。

      犬服11707



生地取りが済んだら、ミシン作業の開始です。

前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて、身頃に仕上げます。
胴の部分を合わせて、マチ針で仮固定したら
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服11708



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服11709

一応、身頃が出来上がり。



続いて、袖作り。
袖生地の端を縫い合わせて、筒状にします。
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服11710



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服11711



出来上がった袖を身頃に縫い付けます。
直線縫いでカタカタカタ。
ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服11712



身頃に両袖を縫い付けたら、犬服の形は出来上がり。

      犬服11713



サイズ的には問題は無いとは思いますが
一応、確認の意味で びいすけ の仮試着。

      犬服11714




この日は、並行して4着の犬服作りを同時進行。
同じ工程を続けた方のが効率が良いって言うのもあって
生地の裁断から、身頃に仕上げるまでを行いました。
すなわち、ここまでが9月6日の作業です。




ここからが、9月12日の作業になります。


リブの準備をいたしましょう。
今回、リブはこちらの色でいきましょう。

      20170912犬服11715


リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法17cm だから
    リブ寸法は15.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法11cm だから
    リブ寸法は10cmに
丈裾 縫い合わせ寸法32cm だから
    リブ寸法は29cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170912犬服11716


リブ生地の端を縫い合わせて、輪っかを作ります。
テンポ良く、直線縫いでカタカタカタと縫い合わせます。

      20170912犬服11717



リブの輪っかも出来上がりました。

      20170912犬服11718



いよいよ、リブの縫い付けです。

先ずは、襟口のリブ付け。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170912犬服11719



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170912犬服11720




続いて、袖口のリブ付け。
同じようにマチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170912犬服11721



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170912犬服11722



襟口と袖口のリブ付け完了。

      20170912犬服11723




苦手な裾周りのリブ付けも一気に片付けてしまいましょう。

リブ生地を引っ張り気味に伸ばしながらマチ針で仮固定。
バランスを取りながら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170912犬服11724



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170912犬服11725

最後に裾のリブ周りを浮き上がり防止の直線縫いをカタカタカタ。


これでリブ付けも完了。

      20170912犬服11726

と言うことは、完成となります。



出来上がりは、こんな感じです。

      20170912犬服11727


      20170912犬服11728


      20170912犬服11729




恒例(?)の びいすけ による試着ショー。

      20170912犬服11730



モデルもオヤツに釣られて、大人しくポーズします。


      20170912犬服11731


      20170912犬服11732


      20170912犬服11733



色合いから言って、秋向けの1着。
これからの季節にピッタリ。

さて、この服着て何処に行こうか...............?





2017/10/01 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第116作目 (2017年8月17日) 

8月17日 公休日

個人的な連休2日目。

この日の朝、東京で雨が降って連続17日雨降りになりました。

天気予報では、午後から晴れ間が覗き絶好の洗濯日和らしい。
そう言えば、洗濯物物を溜まっている。
晴れ間に びいすけ を連れて外出したい所だが
洗濯をしない訳にはいかない。

外出を諦め、午後からの洗濯に備え、ここは二度寝(笑)。
お昼過ぎまでしっかりと爆睡していました。

待望の洗濯(二回戦)を終え、一息ついて...............

びいすけ を連れて(コンビニにタバコを買いに行くついでもあったから)
近所を小一時間散歩。

午後の3時過ぎ。
さて、何をしよう?

特に予定もないから、こんな時は犬服でも作っちゃえ!
と言うことで、犬服作り その第116作目です。


今回はこちらのTシャツをリメイクして
びいすけ のタンクトップを作りましょう。

      20170817犬服11601



大胆に解体したら、生地取りです。
先ずは後ろ身頃から。
Tシャツのイラスト(文字)が中心に来るように
型紙を当てて、チャコでマーキング。

      20170817犬服11602

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



続いて、前身頃。
同じように型紙を当てて、チャコでマーキング。

      20170817犬服11603

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



生地取り完了。

      20170817犬服11604



こちらが、後ろ身頃。

      20170817犬服11605



そして前身頃。

      20170817犬服11606



生地取りが済んだら、ミシン掛けです。
前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にしましょう。

胴の部分から縫い合わせます。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170817犬服11607



ほつれ防止にジグザグ縫いでカタカタカタ。

      20170817犬服11608



続いて、肩部の縫い合わせ。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170817犬服11609

ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。



前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて、身頃が出来上がり。

      20170817犬服11610


続いて、リブを作ります。
今回は、こちらのリブ生地を使います。

      20170817犬服11611



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法18cm だから
    リブ寸法は16cmに
袖口 縫い合わせ寸法16cm だから
    リブ寸法は14.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法34cm だから
    リブ寸法は30.5cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170817犬服11612



カットしたリブ生地の端を縫い合わせて、
輪っかを作ります。

      20170817犬服11613



輪っかも完成。

      20170817犬服11614



それでは、リブを身頃に縫い付けていきましょう。

先ずは、襟口のリブから。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170817犬服11615



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170817犬服11616



続いて、袖口のリブ付け。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170817犬服11617



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170817犬服11618



いよいよ仕上げ?
裾周りのリブ付けです。

リブを伸ばし気味に引っ張りながらマチ針で仮固定。
直線縫いでカタカタカタと縫い付けていきましょう。

      20170817犬服11619



ほつれ防止のジグザグ縫いも忘れずにカタカタカタ。

      20170817犬服11620




最後にひっくり返して表面から、リブの浮き上がり防止として、
リブの周りをぐるっと直線縫いも一回り。

      20170817犬服11621



はい、これでミシン作業も終了。

      20170817犬服11622

完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

      20170817犬服11623


      20170817犬服11624


      20170817犬服11625



恒例(?)の びいすけ の試着タイム。

      20170817犬服11626


      20170817犬服11627


      20170817犬服11628


      20170817犬服11629



水色ベース生地の服。
Tシャツからのリメイクだから、1品モノ。
白いリブが映えますね。
ちょっぴり気に入っちゃいました。
















2017/09/09 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第115作目 (2017年8月16日) 

8月16日  公休日 

個人的な連休初日。
茨城県の方に足を伸ばそうかと思っていたこの日。
いつものように、朝5時前の散歩に出ると、外は霧雨。
天気予報は関東地方は『雨のち曇り』。

台風5号が本州に近づきだしてから、夏らしい天気が
何処かへ行ってしまったようです。
ちなみに東京は8月から毎日雨が降って、
今日で16日連続雨が降っているらしい。

朝の霧雨で、出鼻をくじかれたような気がして
この日は二度寝を決め込みました。

昼過ぎに起きたものの、雨が降っているんだか?止んでいるんだか?
非常に微妙な天気。
こんな日は、敢えて外出せずに自宅にいるのが無難でしょう。

かと言って、何もせずにだらだらと過ごすのも味気ない。
何か形ある物を残す意味で、犬服を作りましょう。

犬服作り、その第115作目です。


今回は、こちらのタンクトップを びいすけ のタンクトップにリメイクいたしましょう。

      20170816犬服11501



大胆に解体したら、生地取りいたしましょう。

先ずは、後ろ身頃から。
型紙を当ててマチ針で仮固定したら、チャコでマーキングします。

      20170816犬服11502

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


続いて、前身頃。
同じように、型紙を当ててマチ針で仮固定。

      20170816犬服11503

チャコでマーキングしたら、
マーキングに合わせてローリングカッターで裁断します。



生地取り完了。

      20170816犬服11504



こちらが後ろ身頃。

      20170816犬服11505



そして、前身頃。

      20170816犬服11506



それでは、ミシン作業に取り掛かりましょう。

先ずは、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
胴部分をマチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170816犬服11507



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170816犬服11508


続いて肩部も合わせて、マチ針で仮固定。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170816犬服11509



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170816犬服11510



あっと言う間に身頃が完成。

      20170816犬服11511



次なる工程はリブ作り。
今回は、こちらのリブを使いましょう。

      20170816犬服11512




リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法18cm だから
    リブ寸法は16cmに
袖口 縫い合わせ寸法15cm だから
    リブ寸法は13.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法33cm だから
    リブ寸法は30cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170816犬服11513



カットしたリブ生地の端を縫い合わせて輪っかを作ります。

      20170816犬服11514



輪っかも出来上がりました。

      20170816犬服11515


輪っか状態のリブを身頃に縫い付けていきましょう。
最初は、襟口のリブを縫い付けます。

マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170816犬服11516



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170816犬服11517



続いて、袖口のリブ付け。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170816犬服11518



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170816犬服11519



襟口と袖口のリブ付け完了。

      20170816犬服11520



続いて、裾周りのリブ付けです。
この作業が苦手なんだなぁ...............。

リブを伸ばし気味に引っ張りながらマチ針で仮固定。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170816犬服11521



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170816犬服11522



最後に裾周りのリブの浮き上がり防止用に、表面からリブの周囲を直線縫いでぐるっと一回り。

      20170816犬服11523



全てのリブ付け完了。

      20170816犬服11524

すなわち、完成です。


出来上がりはこんな感じです。

      20170816犬服11525


      20170816犬服11526


      20170816犬服11527



恒例(?)の びいすけ の試着と撮影会。

      20170816犬服11528


      20170816犬服11529


      20170816犬服11530


      20170816犬服11531



やっぱり、裾周りのリブの仕上げがイマイチ。
プルプルプル〜ッて体を震わせると、
裾が『ぺろんちょ』って捲れ上がっちゃうんだよなぁ。

やっぱり、裾周りのリブ付けは難しい...............。





2017/09/08 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第114作目 (2017年8月11日) 

8月11日  公休日

犬服作りの師匠である 豆ミルク さんに犬服作りを誘われ
この日、3着の犬服作りにチャレンジ。
その3着目になります。

生地の裁断からスタートすると、色々と時間も掛かるし、
あれやこれやと道具も必要なため、事前準備。
生地を身頃まで仕上げて、リブ生地をカットしておきます。


今回は、こちらのタンクトップを びいすけ のタンクトップにリメイクします。

      20170811犬服11301


大胆に解体したら、型紙を当てて生地取りをします。
先ずは、後ろ身頃から。

型紙を当てて、マチ針で仮固定したら、チャコでマーキング。

      20170811犬服11302

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



続いて前身頃。
同じように型紙を当てて、マチ針で仮固定したらチャコでマーキング。

      20170811犬服11303

チャコのマーキングに合わせてローリングカッターで裁断します。


生地取り完了。

      20170811犬服11304



こちらが後ろ身頃。


      20170811犬服11305



そして前身頃。

      20170811犬服11306




ミシン作業に取り掛かりましょう。

前身頃と後ろ身頃を縫い合わせます。
先ずは、胴部分の縫い合わせ。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11307



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11308



続いて肩部の縫い合わせ。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11309



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11310



前身頃と後ろ身頃の縫い合わせ完了。
身頃の出来上がりです。

      20170811犬服11311



次なる工程はリブ作り。
リブはこちらの色を使いましょう。

      20170811犬服11312



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法18cm だから
    リブ寸法は16cmに
袖口 縫い合わせ寸法15cm だから
    リブ寸法は13.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法34cm だから
    リブ寸法は30.5cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170811犬服11313

ここまでが、自宅での下準備。
この後の工程は師匠宅での予定でしたが
他の2着で悪戦駆動している状態を見かねた師匠が

『貸して〜!』っと手に取り、ロックミシンを取り出し
ちゃちゃちゃ〜っとリブを仕上げてくれました。

あっと言う間に完成です。。

      20170811犬服11318


      20170811犬服11319


      20170811犬服11320


流石、師匠です。
リブの仕上がりも見事です。



自宅に戻ってからの試着と撮影会(?)

      20170811犬服11314


      20170811犬服11315


      20170811犬服11316


      20170811犬服11317



やっぱり、腕の差ってこう言う所に出ちゃうんだなぁ。
一応、リブ付け前までは担当したから、私が作った事にしちゃおう...............(笑)




2017/09/06 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第113作目 (2017年8月11日) 

8月11日  公休日

犬服作りの師匠である 豆ミルク さんに犬服作りを誘われ
この日、3着の犬服作りにチャレンジ。
その2着目になります。

生地の裁断からスタートすると、色々と時間も掛かるし、
あれやこれやと道具も必要なため、事前準備。
生地を身頃まで仕上げて、リブ生地をカットしておきます。



今回は、こちらのタンクトップを びいすけ のタンクトップにリメイクします。

      20170811犬服11401


大胆に解体したら、生地取り。

先ずは、後ろ身頃から。
型紙をあてて、マチ針で仮固定したらチャコでマーキング。

      20170811犬服11402

チャコのマーキングに合わせてローリングカッターで裁断します。


続いて前身頃。
同じように型紙をあててチャコでマーキング。

      20170811犬服11403

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



生地の裁断完了。

      20170811犬服11404



こちらが、後ろ身頃。

      20170811犬服11405



こちらが、前身頃。

      20170811犬服11406


それではミシン作業に取り掛かります。

前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
胴の部分を合わせて、直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11407



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11408



続いて、肩部の縫い合わせ。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11409



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11410



前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃の完成。

      20170811犬服11411



続いて、リブ作り。
今回は、こちらのリブを使いましょう。

      20170811犬服11412



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法18cm だから
    リブ寸法は16cmに
袖口 縫い合わせ寸法14cm だから
    リブ寸法は12.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法31cm だから
    リブ寸法は28cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170811犬服11413

ここまでは、自宅での作業。


下準備は万全。
身頃とカットしたリブ生地を持参して、師匠宅での作業の続きです。


リブ生地の端を縫い合わせて輪っかを作ります。

      20170811犬服11414



輪っかも完成。

      20170811犬服11415



いよいよリブの縫い付け作業です。

先ずは襟口から。
リブ生地をマチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11416



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11417



さらには、袖口のリブも縫い付けます。

マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11418



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11419



襟口と袖口のリブ付け完了。

      20170811犬服11420

残すは裾周りのリブ付け。


苦手な裾周りのリブ付けですが
一気に片付けちゃいましょう。

リブを引っ張りながら伸ばし気味にしてマチ針で仮固定。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11421



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11422



最後に裾周りのリブの浮き上がり防止用に
表面からリブの周囲を直線縫いでぐるっと一回り。

      20170811犬服11423

これでミシン掛けも終了。

すなわち完成です。

出来上がりはこんな感じです。

      20170811犬服11424


      20170811犬服11425


      20170811犬服11426



自宅に戻ってから、恒例の試着と撮影会(?)。

      20170811犬服11427


      20170811犬服11428


      20170811犬服11429


      20170811犬服11430



夏らしい涼しげな色合いとなりました。
リブの色をライトグレーにして大正解かな...............?








2017/09/05 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第112作目 (2017年8月11日) 

8月11日  公休日

この日は、元々は私の犬服作りの師匠である豆ミルクさんに会いました。
って言うか、びいすけ の犬服を作って頂き、
その受け渡しついでに北総のドッグランに行き、
さらには、その後で犬服を作りましょうって言うことになりました。


そんな話が、前夜(8月10日)に決まったモノだから、
朝早くから、下準備。
生地を裁断して、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃状態にして
その寸法に合わせてリブ生地を切っておけば、作業もしやすくなる。
わざわざミシンを持ち込まなくても良いんじゃない?

そんな計画で朝早くから下準備。


今回は、こちらのシャツを
びいすけ のタンクトップにリメイクいたします。

      20170811犬服11201


大胆に解体したら、型紙を当てて生地取りです。

先ずは、後ろ身頃。
型紙をマチ針で固定したら、チャコでマーキング。

      20170811犬服11202

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


続いて、前身頃。
同じように、型紙をマチ針で固定したらチャコでマーキング。

      20170811犬服11203

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



生地取り完了。

      20170811犬服11204



こちらが後ろ身頃。

      20170811犬服11205



こちらが前身頃。

      20170811犬服11206



それではミシン作業に取り掛かりましょう

前見頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
胴部分を合わせて、直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11207


ほつれ防止のジグザグ縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11208



続いて肩部の縫い合わせ。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11209



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11210


前身頃と後ろ身頃の縫い合わせも完了。

      20170811犬服11211


タンクトップの形も出来上がり。
次なる工程はリブ作り。

今回はこちらのリブを使います。

      20170811犬服11212


リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法18cm だから
    リブ寸法は16cmに
袖口 縫い合わせ寸法15cm だから
    リブ寸法は13.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法33cm だから
    リブ寸法は30cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170811犬服11213



とりあえず、自宅での作業はここで終了。

身頃とカットしたリブ生地を持参して師匠の家でのミシン作業。
師匠のミシンをお借りしてのリブ作りです。

リブ生地の端を縫い合わせて輪っかを作ります。

      20170811犬服11214



輪っかも完成。

      20170811犬服11215



それではリブを縫い付けていきましょう。

先ずは、襟口のリブ。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11216



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11217


続いて袖口のリブ付け。

まち針で仮固定して、直線縫いでカタカタカタ。
ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11218



襟口と袖口のリブ付けも完了。

      20170811犬服11219

残すは裾周りのリブ付け。



リブを伸ばし気味にしてマチ針で仮固定したら
直線縫いでカタカタカタ。

      20170811犬服11220



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170811犬服11221



最後にひっくり返して表面。
リブの周りを直線縫いでぐるっと一回り。

      20170811犬服11222

これで「ミシン作業も終了。



出来上がりは、こんな感じです。

      20170811犬服11223


      20170811犬服11224


      20170811犬服11225



自宅へ戻ってからの試着です。

      20170811犬服11226


      20170811犬服11227


      20170811犬服11228


      20170811犬服11229


とりあえず、これで 犬服作り 第112作目 完成です。











2017/09/04 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第111作目 (2017年8月10日) 

8月10日 公休日


この日は、犬服作りにチャレンジ。
この日2着目に取り掛かかったのは、 びいすけ 用のラグラン袖の服。

とは言っても、知り合いのビーグル犬 ダック とお揃いの服にチャレンジ。
生地から2着分を裁断して、同じように縫い合わせ
リブの色違いにしてみます。


前身頃と後ろ身頃を縫い合わせた上に
両袖を縫い付け、ラグラン袖服の形は出来上がり。

一応、 びいすけ の仮試着。

      20170810犬服11101

問題は無さそうなので、リブ作りに入りましょう。


リブは、ライトグレーにします。

      20170810犬服11102



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法15cm だから
    リブ寸法は13.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法10cm だから
    リブ寸法は9cmに
丈裾 縫い合わせ寸法31cm だから
    リブ寸法は28cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170810犬服11103



カットしたリブ生地の端を縫い合わせて輪っかを作ります。

      20170810犬服11104


輪っかも完成。

      20170810犬服11105



それでは、リブの取り付けに入りましょう。

先ずは、襟口のリブ付け。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170810犬服11106



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170810犬服11107



続いて、袖のリブ付け。

マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170810犬服11108



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170810犬服11109



襟口と両袖のリブ付け完了。

      20170810犬服11110

残すは、裾周りのリブ付けのみ。


苦手なのは百も承知。
気合いを入れて仕上げちゃいましょう。

リブ生地を引っ張り気味に気持ち伸ばして
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170810犬服11111



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170810犬服11112



最後に表面から、リブの浮き上がり防止用に
リブの周りをぐるっと一回り、直線縫いでカタカタカタ。

      20170810犬服11113



これでミシン作業も終了。

すなわち、完成です。

      20170810犬服11114




出来上がりは、こんな感じです。

      20170810犬服11115


      20170810犬服11116


      20170810犬服11117



2着並べてみました。

      20170810犬服11118

上がダック用。リブを水色にしています。
下が びいすけ 用。リブはライトグレー。




恒例(?)の試着。

      20170810犬服11119


      20170810犬服11120


      20170810犬服11121


      20170810犬服11122

今回は、パンダ柄。
こう言ったキャラ物って言うか、
動物柄も見た目が可愛いくて
オシャレに感じます。

動物柄に拘っちゃおうかな...............?


2017/09/01 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第110作目 (2017年8月10日) 

8月10日 公休日

個人的な連休初日。

この日は、茨城県の方に遠征でもしようと思っていましたが
朝5時の散歩の時に、ポツリポツリと冷たいものが顔に当たった。
自宅に戻り天気予報を見たら、どうやら天気はイマイチのようです。
外出は諦め、二度寝を決め込み昼近くまで爆睡。

午後からは急に思い立って、犬服作りにチャレンジです。


以前、日暮里の生地屋で購入したジャガードニットの生地。
ちょうど1m分買ってきたモノ。

      20170810犬服11001

この生地を使って、 びいすけ と ダック用のラグラン袖のシャツを作りましょう。


犬服作り、その第110作目。
ダック用のラグラン袖服となります。


型紙は びいすけ 用を共用。

先ずは後ろ身頃から。
生地にマチ針で型紙を仮固定したら、チャコでマーキング。

      20170810犬服11002

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



続いて前身頃。

同じように型紙をマチ針で仮固定したら
チャコでマーキング。

     20170810犬服11003

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



さらには、両袖。
同じように型紙をマチ針で仮固定。
そして、チャコでマーキング。

      20170810犬服11004

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


これを2着分行います。

生地取り完了。

      20170810犬服11006



こちらが、後ろ身頃。
2着分。

      20170810犬服11007


      20170810犬服11008



こちらが、前身頃。
やはり2着分。

      20170810犬服11009



そして両袖。
当然、2着分。

      20170810犬服11010



それでは、ミシン作業に取り掛かりましょう。

先ずは、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
胴の部分を合わせてマチ針で仮固定。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170810犬服11011



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170810犬服11012



続いて、袖作り。
袖用の生地の端を縫い合わせて筒状にします。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170810犬服11013


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170810犬服11014



出来上がった筒状の袖を身頃に縫い付けます。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170810犬服11015



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170810犬服11016

ここまでの作業を2着分行います。


袖を縫い付けたら、形はほぼ出来上がり。

      20170810犬服11017



続いて、リブ作り。

ダック用には水色のリブを使いましょう。
( びいすけ用は、別記事で載せましょう。)

      20170810犬服11018


      20170810犬服11019



リブ生地の端を縫い合わせて、輪っかを作ります。

      20170810犬服11020



輪っかも完成。

      20170810犬服11021



いよいよ、リブ付け作業です。

先ずは、襟口のリブ付けから。
輪っか状のリブをマチ針で仮固定。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170810犬服11022



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170810犬服11023



続いて、両袖のリブ付け。
リブをマチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170810犬服11024



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170810犬服11025



襟口と両袖のリブ付け完了。

      20170810犬服11026

残すは、裾周りのリブ付け。

裾周りのリブ付けは苦手ですが、一応人に渡すモノなので
苦手なんて言ってられません。
リブを伸ばし気味に引っ張りながら、マチ針で仮固定。
直線縫いでカタカタカタ。

ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。
(緊張していたのか? 裾周りのリブ付け作業の写真を撮り忘れていた...............。)

最後にリブの浮き上がり防止用に
表面からリブの周りをぐるっと直線縫いで一回り。


ミシン作業も無事終了。
すなわち、完成です。


出来上がりは、こちら。

      20170810犬服11027


      20170810犬服11028


      20170810犬服11029







8月11日。
ダック家にて試着。

      20170810犬服11030


      20170810犬服11031


      20170810犬服11032


なかなか良いんではないかい?


まぁ、8月13日がダックの誕生日だから
誕生日のプレゼントに間に合ったから良かったぁ。






2017/08/31 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第109作目 (2017年8月9日) 

8月9日

8月10日〜11日は、個人的な連休。

すなわち、この日は個人的な休日前夜。
この日、16時に仕事を終え、帰りに日暮里の生地屋に寄って
リブ生地を買ってきた。
意外にリブ生地って結構無くなるのか早い。


自宅に戻って、犬服を1着作り終えると
テンションは乗ってくる。

勢いに任せて、犬服作り その第109作目にチャレンジです。


以前、びいすけ 用の服を作る時に、失敗した時の為に
2着分裁断した生地が有りました。
手付かずのままにしていたんですが、
今回、知り合いビーグル犬ダック用の服として仕上げましょう。
タンクトップに仕上げます。

体型は、ほぼ近いから(ダックの方が多少小さい。)
びいすけ の昔の型紙から裁断しましたが、問題はないでしょう。


こちらが、後ろ身頃。

      20170809犬服10901


こちらが前身頃。

      20170809犬服10902



後ろ身頃と前身頃を縫い合わせて、身頃にします。

先ずは、胴部分からの縫い合わせ。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170809犬服10903


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170809犬服10904



続いて、肩部分の縫い合わせ。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170809犬服10905



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170809犬服10906


前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃の完成。

      20170809犬服10907

この時点でタンクトップの形は、ほぼ出来上がり。



続いて、リブ作り。

せっかく同じ生地を使ってお揃いのタンクトップを作るわけですが
リブの色を変えて、一味違ったものにいたしましょう。

びいすけ は黄色のリブにしましたが
ダック用には、水色のリブを使ってみましょう。

      20170809犬服10908



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法19cm だから
    リブ寸法は17cmに
袖口 縫い合わせ寸法14.5cm だから
    リブ寸法は13cmに
丈裾 縫い合わせ寸法35.5cm だから
    リブ寸法は32cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170809犬服10909



リブ生地の端を縫い合わせて、輪っかを作ります。

      20170809犬服10910



輪っかも完成。
  
      20170809犬服10911



それでは、リブ付けです。

先ずは、襟口から。
マチ針で輪っかを仮固定したら、
直線縫いでカタカタカタ。

      20170809犬服10912



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170809犬服10913



続いて、両袖口のリブ付け。

マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170809犬服10914


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170809犬服10915



襟口と両袖口のリブ付け完了。

      20170809犬服10916

残すは、裾周りのリブ付け。

苦手意識端なかなか払拭出来ないから
タバコでも吸って一息入れましょう...............






いよいよ、難関である裾周りのリブ付け。

リブを引っ張りながら、伸ばし気味にして
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170809犬服10917


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170809犬服10918


最後に表面して、リブ生地の浮き上がり防止用に
リブの周りを直線縫いでぐるっと一回り。

      20170809犬服10919



これにてミシン作業も完了。

      20170809犬服10920

すなわち、完成です。


出来上がりは、こんな感じです。

      20170809犬服10921


      20170809犬服10922


      20170809犬服10923





8月11日。
ダック家にお邪魔した時に試着してもらいました。

      20170809犬服10924


      20170809犬服10925


      20170809犬服10926


手前味噌ですが...............
良く似合っていると思うんだよなぁ。







2017/08/30 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第108作目 (2017年8月9日) 

8月9日


先日、ダックの飼い主の豆ミルクさんから
『 びいすけ 用の服を作ってみました! 』と写真付きのメールを頂いた。

ありがとうございます。


そう言えば、今年の春に一緒にドッグランに行った時、
ダックに びいすけ の服を着せてみたら、ぴったり(?)だった。
そのとき勢い(?)で、
『 今度、 びいすけ の型紙を使って、ダックの服を作ってみますよ!』
って言っておきながら、そのまま月日は流れました...............。

やっ、やばい。


以前、失敗した時の為に生地から余分に裁断したまま
手付かずの状態のタンクトップ生地がある。
この記事を使えば、びいすけ と揃いの服になる。


と言うことで、犬服作り その第108作目にチャレンジです。


こちらが、後ろ身頃。

      20170809犬服10801


こちらが前身頃。

      20170809犬服10802


後ろ身頃と前身頃を縫い合わせて、身頃にします。

胴の部分から縫い合わせます。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170809犬服10803



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170809犬服10804



続いて肩の部分の縫い合わせ。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170809犬服10805



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170809犬服10806


これで、身頃の出来上がり。
ほぼ、この時点で形は決まります。

      20170809犬服10807



続いては、リブ作り。
以前作った びいすけ のタンクトップは、リブをピンクにしたから
あえて、ここはリブを色違いにしてみましょう。

今回、リブはライトグレーにしてみましょう。

      20170809犬服10808


リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法18.5cm だから
    リブ寸法は16.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法15cm だから
    リブ寸法は13.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法36.5cm だから
    リブ寸法は33cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170809犬服10809



リブ生地の端を縫い合わせて、輪っかを作ります。

      20170809犬服10810



輪っかも出来上がりました。

      20170809犬服10811



それでは、リブ付けに取り掛かりましょう。

先ずは、襟口のリブ付け。
マチ針でリブを固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170809犬服10812



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170809犬服10813



続いて、袖口のリブ付け。

リブをマチ針で固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170809犬服10814



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170809犬服10815


襟口と両袖口のリブ付け完了。

      20170809犬服10816

残すは、裾周りのリブ付け。
これが1番苦手。


最後の難関、裾周りのリブ付けです。


リブ生地を伸ばし気味にして、マチ針で仮固定。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170809犬服10817



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170809犬服10818



最後に表面から、リブの浮き上がり防止用に
リブの近くを直線縫いで、ぐるっと一回り。

      20170809犬服10819



これで、ミシン作業も完了。

      20170809犬服10820

すなわち、完成です。


出来上がりは、こんな感じです。

      20170809犬服10821


      20170809犬服10822


      20170809犬服10823



いつもなら、ここで びいすけ の仮試着ですが
今回は、ダック用なので試着は無し。







8月11日、ダックに会った時に試着してもらいました。

      20170809犬服10824


      20170809犬服10825



とりあえず、良し! と言うことにしておきましょう(笑)。





2017/08/29 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第107作目 (2017年8月5日) 

8月5日  公休日

夏本番の8月ですが、迷走台風5号の影響で
午前中はポツリポツリと雨が降っていましたが
関東地方に高気圧が張り出したのか?
午後からは陽射しの強い天気。

結局、朝と夕方の散歩以外は、外出もせず大人しくしていました。
まぁ、こんな天気の時は、クーラーの効いた部屋で、
犬服作りに励むのが無難かも?

と言うことで、犬服作り その第107作目です。



今回は、こちらのパーカーをリメイクして
びいすけ のラグラン袖の服を作りましょう。

      20170805犬服10701



大胆にハサミで解体したら、生地取りです。

先ずは、後ろ身頃から。
型紙を作り当てて、チャコでマーキング。

      20170805犬服10702

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


続いて、前身頃。
同じように型紙を当てて、チャコでマーキング。

      20170805犬服10703

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


さらには、両袖の生地取り。
こちらも型紙を当てて、チャコでマーキング。

      20170805犬服10704

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


必要な生地取りも完了です。

      20170805犬服10705


こちらが後ろ身頃。

      20170805犬服10706



前身頃に両袖。

      20170805犬服10707




それでは、ミシン作業に入りましょう。

前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
胴の縫い合わせ部分わマチ針で仮固定したら
直線縫いでカタカタカタ。

      20170805犬服10708



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170805犬服10709



続いて、袖作り。
袖生地の端を縫い合わせて筒状にします。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170805犬服10710



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170805犬服10711



縫い上がった袖を身頃に縫い付けます。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170805犬服10712



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170805犬服10713



袖を身頃に縫い付けたら、ほぼ形は出来上がり。

      20170805犬服10714



確認の仮試着。

      20170805犬服10715




続いて、リブ作り。

今回リブは、こちらの色にいたしましょう。

      20170805犬服10716



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法15cm だから
    リブ寸法は14.cmに
袖口 縫い合わせ寸法10cm だから
    リブ寸法は9cmに
丈裾 縫い合わせ寸法30cm だから
    リブ寸法は27cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170805犬服10717



カットしたリブ生地の端を縫い合わせて輪っかを作ります。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170805犬服10718


輪っかも出来ました。

      20170805犬服10719



それでは、リブの縫い付けです。

まずは、襟口から。
リブ生地をマチ針で固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170805犬服10720


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170805犬服10721



続いて、袖のリブ付け。

同じようにマチ針で固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170805犬服10722



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170805犬服10723



襟と袖のリブ付け完了。

      20170805犬服10724

残すは、 裾周りのリブ付け。

実は、これが1番苦手。
この苦手意識は、いつまでたっても無くなりません。


リブを引っ張りに気味に伸ばしながら、
バランスを取りながらマチ針で固定します。

リブ生地を引っ張り気味にして直線縫いでカタカタカタ。

      20170805犬服10725



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170805犬服10726


最後にリブの浮き上がり防止のために、
表側からぐるっと一回り、直線縫いで縫い付けます。


これで、ミシン作業も終了です。

      20170805犬服10727


すなわち、完成です。


出来上がりは、こんな感じです。

      20170805犬服10728


      20170805犬服10729


      20170805犬服10730



恒例の びいすけ の試着。

      20170805犬服10731


      20170805犬服10732


      20170805犬服10733


      20170805犬服10734



なかなか、お洒落?
パーカー生地だから、この時期には着せられないけれど
涼しくなったら、この服を着せてお出掛けいたしましょう。







2017/08/27 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第106作目 (2017年8月1日) 

8月1日  公休日

午後から雨が降ると言う天気予報を信じ、
ドッグランから11時前には自宅に戻り
手を伸ばしたのは犬服作り。

犬服作り、その第106作目です。


今回は、こちらのタンクトップを びいすけ のタンクトップにリメイクします。

      20170801犬服10601



実は、7月14日に仕掛かり途中で未完成の状態。
それを本日、完成させたと言うのか本音です。

では、ちょっぴり遡って...............

7月14日。

大胆に解体した生地から、型紙を当てて生地取りします。
先ずは、後ろ身頃から。

      20170801犬服10602

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


続いて前身頃。
同じくように型紙を当てて、チャコでマーキング。

      20170801犬服10603

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



生地取り完了。

      20170801犬服10604


こちらが後ろ身頃。

      20170801犬服10605



こちらが前身頃。

      20170801犬服10606


ここまでで、7月17日は終了。



さて、その続きが始まります。

ミシン作業です。
前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
胴の部分に合わせ目を直線縫いでカタカタカタ。

      20170801犬服10607



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170801犬服10608



続いて、肩口の合わせ目の縫い合わせです。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170801犬服10609



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170801犬服10610


タンクトップだから、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせれば
ほぼ形は出来上がり。

      20170801犬服10611



一応、確認の仮試着。

      20170801犬服10612




それでは、次の工程(リブ作り)です。


今回は地色に合わせて、こちらの色にしてみましょう。

      20170801犬服10613



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法19cm だから
    リブ寸法は16.cmに
袖口 縫い合わせ寸法15cm だから
    リブ寸法は13.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法33cm だから
    リブ寸法は30cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170801犬服10614


リブ生地の端を縫い合わせて、輪っかを作りましょう。

      20170801犬服10615


輪っかも完成。

      20170801犬服10616


いよいよ、リブの縫い付けです。

先ずは、襟口から。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170801犬服10617



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170801犬服10618


続いて、袖口のリブ付け。

同じようにマチ針で仮固定したら
直線縫いでカタカタカタ。

      20170801犬服10619



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170801犬服10620



襟と袖のリブ付け完了。

      20170801犬服10621

残すは裾周りのリブ付け。
実は、これが大の苦手。

リブを引っ張り気味にして、でも生地は引っ張らないようにして
マチ針で固定します。
リブ生地を伸ばすような感じで、直線縫いでカタカタカタ。

      20170801犬服10622


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170801犬服10623



最後にひっくり返して、表面からリブの周りを浮き上がり防止用に
直線縫いでカタカタカタとぐるっと一回り。

      20170801犬服10624



これでミシン作業完了。

      20170801犬服10625

すなわち、完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

      20170801犬服10626


      20170801犬服10627


      20170801犬服10628



さっそく、 びいすけ に試着してもらいましょう。

      20170801犬服10629


      20170801犬服10630


      20170801犬服10631


      20170801犬服10632



うむ、意外に びいすけ って、オレンジ色の服が似合う。

またまた、親バカな一面がヒョイと出てしまいました...............(笑)





2017/08/25 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第105作目 (2017年7月14日) 

7月14日  公休日


この日現在、関東地方は未だ梅雨明け宣言もされぬまま

連日30℃超えの日々が続いています。
ピンポイントでゲリラ的に豪雨になる地域もあるようですが
我が地元、千葉県は雨の気配すらなく、夏本番と言える天気。
おまけに、夏風邪を引いてしまい、鼻水ズルズル。
前日の13日は、会社を休んじゃいました。

まあ、こんな状態だから外出せずに
家の中で大人しくしているのが無難です。


とは言え、する事もないので
ここは、犬服作りにでも精を出しましょう。


今回は、こちらの服をリメイクして
びいすけ のラグラン袖の服に仕上げましょう。

      20170714犬服10501

5月に実家に帰った時に、妹の『もっちゃん』から
びいすけ の服用に!ともらった服の一つ。


大雑把にハサミで解体したら、型紙を当てて生地取りします。


なぜか、後ろ身頃の写真を撮るのを忘れちゃいました。


こちらは、前身頃。
型紙を当てて、マチ針で固定したら
チャコでマーキングします。

      20170714犬服10502

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



こちらは、袖。
同じように型紙を当てて、チャコでマーキング。

      20170714犬服10503

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



生地取り完了です。

      20170714犬服10505



こちらが、後ろ身頃。

一応、イラストが中心になるように裁断しています。

      20170714犬服10506



前身頃と両袖。

      20170714犬服10507



生地取りが済んだら、ミシン作業に取り掛かりましょう。


前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃を作ります。

胴の部分を合わせて、直線縫いでカタカタカタ。

      20170714犬服10508



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170714犬服10509


続いて袖作り。

袖用の生地の端を縫い合わせて筒状にします。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170714犬服10510



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170714犬服10511



筒状の袖を身頃に縫い付けます。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170714犬服10512



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170714犬服10513



身頃に両袖を縫い付けて、形は出来上がり。

      20170714犬服10514



確認の意味を込めての仮試着。

      20170714犬服10515




次なる工程はリブ作り。

今回は、こちらのリブ生地を使いましょう。

      20170714犬服10516




リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法17cm だから
    リブ寸法は15.cmに
袖口 縫い合わせ寸法10cm だから
    リブ寸法は9cmに
丈裾 縫い合わせ寸法34cm だから
    リブ寸法は30.5cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170714犬服10517



リブ生地の端を縫い合わせて、輪っかを作ります。

      20170714犬服10518


『輪っか』も完成。

      20170714犬服10519


それでは、リブを縫い付けていきましょう。


先ずは、襟首のリブ付け。


リブをマチ針で仮固定したら
直線縫いでカタカタカタ。

      20170714犬服10520



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170714犬服10521


続いて両袖のリブ付け。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170714犬服10522



ほつれ防止のジグザグ縫いでカタカタカタ。

      20170714犬服10523



襟と袖のリブ付け完了。

      20170714犬服10524

残すは裾周りのリブ付け。



一気に片付けちゃいましょう。


リブを伸ばし気味にして身頃の裾にマチ針で仮固定。
気持ちだけリブを引っ張りながら、直線縫いでミシン掛け。

      20170714犬服10525



ほつれ防止のジグザグ縫いも忘れずに、
カタカタカタとミシン掛け。

      20170714犬服10526

最後に裾周りのリブの浮き上がり防止に
リブの縫い付け部付近を直線縫いで一回り縫込みます。


これにてミシン作業も終了。

      20170714犬服10527

すなわち、完成です。


出来上がりは、こんな感じです。

      20170714犬服10528


      20170714犬服10529


      20170714犬服10530



恒例の びいすけ の試着タイム。

      20170714犬服10531


      20170714犬服10532


      20170714犬服10533


      20170714犬服10534




やっぱり、裾周りのリブが綺麗に仕上がっていない。


リブ付けって難しい...............
改めて、認識いたしました。



2017/07/29 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第104作目 (2017年7月7日) 

7月7日  公休日

この日は、真夏を感じさせる気候。
梅雨明け宣言もまだ発令されていないのに
今年はおかしな気候です。
九州地方には異常な降雨で大変なことになっているのに
関東は、まさに空梅雨状態。
真夏の水不足に悩まされるのかなぁ?


こんなクソ暑い日に、外に出かけるのは考えモノ。
冷房の効いた部屋で、びいすけ を落ち着かせ、
こっそり犬服作りに励みます。


今回は、こちらの服をリメイクして、
びいすけ のタンクトップを作りましょう。

      20170707犬服10401


大胆にハサミで解体したら、生地取りです。


先ずは、後ろ身頃から。
型紙を当てて、チャコでマーキング。

      20170707犬服10402

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



続いて、前身頃。

同じように生地に型紙を当てて、チャコでマーキング。

      20170707犬服10403

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



タンクトップの場合、生地のパーツは前身頃と後ろ身頃のみ。

生地取りは完了です。

      20170707犬服10404



こちらが、後ろ身頃。

      20170707犬服10405


そして、こちらが前身頃。

      20170707犬服10406



それでは、ミシン作業に入りましょう。


前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて、身頃にします。

胴の部分の合わせ目を直線縫いで縫い合わせます。
カタカタカタと快調なミシン音。

      20170707犬服10407


ほつれ防止にジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170707犬服10408



続いて肩の部分の縫い合わせ。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170707犬服10409


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170707犬服10410


はい。
身頃の出来上がり。

      20170707犬服10411



ほぼ、この時点でタンクトップの形状は出来上がり。
一応、サイズ確認を込めて、びいすけ の仮試着。

      20170707犬服10412

サイズ的にも問題は無さそうです。



それでは、後半戦。

その序章は、リブ作り。
今回は、こちらのリブ生地を使います。

      20170707犬服10413



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法19cm だから
    リブ寸法は17.cmに
袖口 縫い合わせ寸法14cm だから
    リブ寸法は12.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法34cm だから
    リブ寸法は30.5cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170707犬服10414



カットしたリブ生地の端を縫い合わせて、輪っかを作ります。

      20170707犬服10415

ここは、直線縫いだけで済ませます。


輪っかも出来上がりました。

      20170707犬服10416



それでは、リブ付けに参りましょう。

まずは、襟首のリブ付け。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170707犬服10417



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170707犬服10418



続いて、袖口のリブ付け。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170707犬服10419



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170707犬服10420


襟首と袖口のリブ付け完了。

      20170707犬服10421

残すは裾周りのリブ付け。


一気にたたみかけましょう。

リブを引っ張り気味にして、バランスを取りながらマチ針で仮固定。
生地は伸ばさず、リブを伸ばし気味にして直線縫いでカタカタカタ。

      20170707犬服10422


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170707犬服10423



裾周りのリブを縫い付けたら、浮き上がり防止として
リブの根元を直線縫いでぐるっと一回り縫い付けます。

      20170707犬服10424



これでミシン作業も完了。

      20170707犬服10425

すなわち、完成となります。



出来上がりは、こんな感じです。

      20170707犬服10426


      20170707犬服10427


      20170707犬服10428



花柄の涼しげな色合いのタンクトップ。

さっそく、 びいすけ に試着してもらいましょう。

      20170707犬服10429


      20170707犬服10430


      20170707犬服10431


      20170707犬服10432


なかなか良い感じ。
何となく、良家のおぼっちゃまに見えてしまうのは、気のせい...............?(笑)






2017/07/26 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第103作目 (2017年7月7日) 

7月7日  公休日

梅雨も明けていないけれど
連日30℃越えの関東地方。

仕事が休みと言えども、日中に びいすけ を連れて出かけるのは酷な話。


こんな時には、家の中で びいすけ は涼ませて
私は、犬服作りに励みます。


今回は、こちらの端切れの生地を使って、 びいすけ の服を作りましょう。

      20170707犬服10301


まずは、生地取り。


後ろ身頃は、こちらの生地から。

型紙を当てて、チャコでマーキング。

      20170707犬服10302

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



前身頃は、こちらの生地。

型紙を当てて、チャコでマーキング。

      20170707犬服10303

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



両袖は、こちらの生地。

同じように型紙を当てて、チャコでマーキング。

      20170707犬服10304

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



一応、生地取りは完了。

      20170707犬服10305


      20170707犬服10306




こちらが、後ろ身頃。

      20170707犬服10307



前身頃と両袖。

      20170707犬服10308




それでは、ミシン作業に取り掛かりましょう。

先ずは、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170707犬服10309



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170707犬服10310



続いて、袖生地の両端を縫い合わせて筒状にします。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170707犬服10311



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170707犬服10312



次は、筒状の袖を身頃に縫い付けます。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170707犬服10313



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170707犬服10314



身頃に両袖を縫い付けて、ラグラン袖の犬服の形は完成。

      20170707犬服10315



確認の仮試着。

      20170707犬服10316

毎回、同じ型紙を使っているから、ほぼ形状には問題無し。




続いてリブ作り。

今回は、こちらのリブ生地を使います。

      20170707犬服10317



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法16cm だから
    リブ寸法は14.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法10cm だから
    リブ寸法は9cmに
丈裾 縫い合わせ寸法33cm だから
    リブ寸法は30cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170707犬服10318



リブの両端を縫い合わせて、輪っかを作ります。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170707犬服10319


輪っかも出来上がりました。

      20170707犬服10320



一気にスパート。
身頃に輪っか状態のリブを縫い付けていきます。

先ずは、襟首のリブ付け。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170707犬服10321



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170707犬服10322



続いて、両袖口のリブ付け。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170707犬服10323



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170707犬服10324



襟首と袖口のリブ付け完了。

      20170707犬服10325



残すは裾周りのリブの縫い付け。
一気に片付けちゃいましょう。

リプ生地を引っ張り気味にマチ針で固定したら
直線縫いでカタカタカタ。

      20170707犬服10326



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170707犬服10327


     
最後にリブの浮き上がり防止に、リブの周りをぐるっと一回り
直線縫いでカタカタカタと縫い付けます。

      20170707犬服10329



これで、ミシン作業も終了です。

      20170707犬服10330

つまりは、完成となります。


出来上がりは、こんな感じ。

      20170707犬服10331


      20170707犬服10332


      20170707犬服10333



恒例(?)の、びいすけ の試着タイム。

      20170707犬服10334


      20170707犬服10335


      20170707犬服10336


      20170707犬服10337


とりあえずは、問題無さそうです。


犬服作り、その第103作目
これにて完了です。





2017/07/25 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第102作目 (2017年6月10日) 

6月10日  公休日

北総のドッグランから戻って来た午後。

特に予定も無いから、犬服作りに励みました。

犬服作り、その第102作目にチャレンジです。



今回は、こちらのシャツをリメイクして
びいすけ のタンクトップを作りましょう。

      20170610犬服10201



大胆にハサミで解体したら、生地取りをいたします。

先ずは、後ろ身頃から。


型紙をマチ針で固定したら、チャコでマーキングします。

      20170610犬服10202

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



続いて、前身頃。

同じ様に、型紙をマチ針で固定したら、チャコでマーキング。

      20170610犬服10203

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



生地取り完了。

      20170610犬服10204



こちらが、後ろ身頃。

      20170610犬服10205



こちらが、前身頃。

      20170610犬服10206




生地取りが終わったら、ミシン作業の開始です。


前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。

腹部をマチ針で仮固定したら、直線縫い。
カタカタカタとミシン掛け。

      20170610犬服10207



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170610犬服10208



続いて、肩部の縫い合わせ。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170610犬服10209


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170610犬服10210



これで身頃の出来上がり。

      20170610犬服10211

即ち、タンクトップの形は、ほぼ出来上がり。


形が出来た所で、 びいすけ の仮試着。

      20170610犬服10212

とりあえずは、問題無さそう。



それでは、仕上げ工程。

リブのパーツを作りましょう。

今回は、以前使った端切れを使い、足りない分はこちらを使います。

      20170610犬服10213



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法19cm だから
    リブ寸法は16.cmに
袖口 縫い合わせ寸法14cm だから
    リブ寸法は12cmに
丈裾 縫い合わせ寸法36cm だから
    リブ寸法は32.5cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170610犬服10214

微妙に色が違うのはスルーしましょう(笑)。



カットしたリブ生地の端を縫い合わせて、輪っかを作ります。

      20170610犬服10215

直線縫いで済ませましょう。


輪っかも完成。

      20170610犬服10216



いよいよ、リブの取り付け(縫い付け)です。


先ずは、襟口から。

輪っかをマチ針で身頃に仮固定したら
直線縫いでカタカタカタ。

      20170610犬服10217


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170610犬服10218



続いて、袖口のリブ付け。
袖用の輪っかをマチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170610犬服10219



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170610犬服10220



襟口と袖口のリブ付け完了。

      20170610犬服10221

残すは、裾周りのリブ付け。
実は、これが一番の苦手な難関。


リブ生地を伸ばしながら、かつ、裾周りの生地は伸ばさないように
マチ針で固定して、直線縫いでカタカタカタ。

      20170610犬服10222


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170610犬服10223

リブ付け完了。


仕上げは、リブの捲れと浮き防止。
リブの周りをぐるっと一周、直線縫いで縫い付けます。

      20170610犬服10224


これでミシン作業も完了。

      20170610犬服10225

すなわち、完成となります。



出来上がりは、こんな感じです。

      20170610犬服10226


      20170610犬服10227


      20170610犬服10228



恒例に びいすけ の試着タイム。

      20170610犬服10229


      20170610犬服10230


      20170610犬服10231


      20170610犬服10232


写真で見る限りは、リブの微妙な色の違いは判らない。
でも、実物を見ると...............

見る人が見れば、色の違いが判る。

まぁ、リブの色の微妙な違いをスルーすれば
落ちついた1着になるでしょう。

今年は、ボーダーカラーにこだわっちゃおうかな?






2017/06/30 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第101作目 (2017年6月10日) 

6月10日 公休日

個人的な連休2日目。


6月9日、10日と連休。
しかし、前日の9日は怠惰な生活。
ほぼ一日中寝ていた。
8日の夜に、『さて、どこに出かけよう?』などと遠出を考えて
ネットで色々と調べたり、溜まっていたドラマを観ていたら...............

気付いたら、朝の4時!?

昼夜逆転してしまい、怠惰な休日となってしまいました。



さすがに昼夜逆転しちゃうと、夜中に眠くない。
かと言って何もしないと、連休2日目も怠惰に終わってしまう。

何か、形に残そう!

ならば、犬服を作りましょう。


と言う事で、朝の6時から犬服作り。
犬服作り、その第101作目となります。



今回は、こちらのシャツをリメイクして、
びいすけ のタンクトップを作りましょう。

      20170610犬服10101


ハサミで大胆に解体して、生地取りをします。

先ずは、後ろ身頃から。
型紙をマチ針で固定して、チャコでマーキング。

      20170610犬服10102

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



続いて、前身頃。

同じ様に型紙をマチ針で固定したら、チャコでマーキング。

      20170610犬服10103

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



生地取り完了です。

      20170610犬服10104



こちらが、後ろ身頃。

      20170610犬服10105



こちらが、前身頃。

      20170610犬服10106



生地取りが済んだら、ミシンの登場です。


前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて、身頃にします。

先ずは、腹部分の縫い合わせ。
マチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170610犬服10107



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170610犬服10108



続いて、肩口の縫い合わせ。

こちらもマチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170610犬服10109



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170610犬服10110



これで身頃になりました。
タンクトップだから、身頃=最終形。

      20170610犬服10111



形はほぼ出来上がったから、ここで びいすけ の仮試着。

      20170610犬服10112

とりあえずは、問題無さそうです。



続いて、リブのパーツ作り。

今回は、服の地色に合わせて
こちらのリブ生地を使います。

      20170610犬服10113



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法19cm だから
    リブ寸法は17.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法15cm だから
    リブ寸法は13.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法35cm だから
    リブ寸法は31.5mに採寸して裁断(カット)しました。

      20170610犬服10114




カットしたリブ生地の端を縫い合わせて、
輪っかを作ります。

直線縫いでチャッチャッと縫い付けます。

      20170610犬服10115



リブのパーツも完成。

      20170610犬服10116



それでは、仕上げ工程。
リブ付系作業に入りましょう。

先ずは、襟口のリブ付けから。

リブをマチ針で仮固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170610犬服10117



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170610犬服10118



続いて、袖口のリブ付けです。

リブの輪っかをマチ針で仮固定。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170610犬服10119



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170610犬服10120


襟口と袖口にリプ付け完了。

      20170610犬服10121



そして、難関の裾周りのリブ付けに取り掛かります。

リブを引っ張りながら伸ばし気味にして、でも裾の生地は伸ばさない。
そんな感じでマチ針で仮固定。
リブ生地を引っ張り気味にして、直線縫いでカタカタカタ。

      20170610犬服10122



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170610犬服10123



最後の仕上げ。
裾周りのリブの捲れと浮き上がりの防止に、
リブの下を直線縫いでぐるっとひとまわり。

      20170610犬服10124



これでミシン作業も終了。

      20170610犬服10125

すなわち、完成です。



出来上がりは、こんな感じです。

      20170610犬服10126


      20170610犬服10127


      20170610犬服10128




びいすけ に試着してもらいましょう。

      20170610犬服10129


      20170610犬服10130


      20170610犬服10131


      20170610犬服10132


市販のタンクトップや市販の型紙だと
袖ぐりかガバッと開いているのが多いけれど
何となく好きじゃない。
本来は、そういう形状がタンクトップらしいかも知れないけれど
袖ぐりを狭めに絞るような形にしています。

実は、それが 父さん のこだわりだったりして...............


今日は、今年一番の暑さになるって言う事だから
午前中にドッグランにでも連れていってみよう。



2017/06/28 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第100作目 (2017年6月5日) 

6月5日  公休日

この日、久しぶりに犬服作りにチャレンジしてみました。

犬服作り、記念すべき第100作目です。


今回は、こちらの服をリメイクして
びいすけのラグラン袖の服にしてみましょう。

      20170605犬服10001



ハサミで大胆に解体して生地取りをします、

先ずは、後ろ身頃。
型紙をまち針で固定して、チャコでマーキング。

      20170605犬服10002

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


続いて前身頃。
同じように型紙をまち針で固定したら、チャコでマーキング。

      20170605犬服10003

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


同じように袖も生地取りします。

      20170605犬服10004



必要な生地取り完了。

      20170605犬服10005


こちらが後ろ身頃。

      20170605犬服10006



前身頃と両袖。

      20170605犬服10007



生地取りが終わったら、ミシン作業の開始です。


前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。

腹部分の合わせ目をマチ針で固定したら
直線縫いでカタカタカタ。

      20170605犬服10008


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170605犬服10009



続いては、袖作り。

袖用に裁断した生地の端を縫い合わせて筒状にします。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170605犬服10010



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170605犬服10011



筒状の袖を身頃に縫い付けます。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170605犬服10012


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170605犬服10013



身頃に袖も付いて、ラグラン袖服の形は出来上がり。

      20170605犬服10014



確認のための仮試着。

      20170605犬服10015

問題は無さそうです。



それでは、リブ作りに入りましょう。


今回、リブはこちらの色を使いましょう。

      20170605犬服10016



リブ生地の裁断幅は7cmとして
襟口 縫い合わせ寸法14cm だから
    リブ寸法は12.5cmに
袖口 縫い合わせ寸法10cm だから
    リブ寸法は9cmに
丈裾 縫い合わせ寸法34cm だから
    リブ寸法は32cmに採寸して裁断(カット)しました。

      20170605犬服10017



リブ生地の端を縫い合わせて、輪っかを作ります。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170605犬服10018


襟口用、両袖用、そして裾周りのリブの輪っかが出来上がりました。

      20170605犬服10019



それでは、リブの縫い付けです。

まずは、襟口から。
マチ針でリブを固定したら、ミシン掛け。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170605犬服10020



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170605犬服10021



続いて、両袖口のリブ付けです。

マチ針で固定したら、直線縫いでカタカタカタ。

      20170605犬服10022



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170605犬服10023



襟口と両袖口のリブ付け完了。

      20170605犬服10024

残すは、苦手な裾周りのリブ付け。



リブを伸ばしながら、マチ針で仮固定。
裾の生地は伸ばさぬように、そしてリブは伸ばすように
バランスを取って引っ張りながら直線縫いのミシン掛け。

      20170605犬服10025

カタカタカタとミシンの音が心地よい。



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170605犬服10026


最後に、裾周りのリブの浮き(めくれ)防止に
リブの周りを表から直線縫いで一周します。

      20170605犬服10027

カタカタカタとミシンの音。
もうすぐ完成です。






一応、ミシン作業は終了。

      20170605犬服10028

と、言うことは完成です。




出来上がりは、こんな感じです。

      20170605犬服10029


      20170605犬服10030


      20170605犬服10031





早速、 びいすけ に試着してもらいましょう。

      20170605犬服10032


      20170605犬服10033


      20170605犬服10034


      20170605犬服10035


まずまずの出来?(自画自賛)


犬服作り、第100作目。
無事完了いたしました。


2017/06/25 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit