FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

洞峰公園    (2019年2月26日)(茨城県つくば市) 

2月26日

この日は、つくば市に出かけました。


つくば市には、多くの公園があります。
その中から洞峰公園に立ち寄ってみました。




つくば市は、学園都市として、昭和40年代後半から開発されてきました。
いわゆる新しい街ですね。
多摩ニュータウンや千葉ニュータウンなど、新しく造成された街は
鉄筋の建物と区画された街並み。そして公園も整備されています。
当然、つくば市の学園都市も同じような形で造成されてきました。
つくば市の学園都市には、多くの公園が整備されていて洞峰公園もその一つです。

洞峰公園は、昭和47年に筑波研究学園都市の建設に伴い造成が始まり、
江戸時代初期に天然の池を人工の灌漑用の水源に造り直した洞峰池周辺に建設され、
昭和55年に開園した公園です。
元々、洞峰池は二つあり(上池、下池)、下池は埋め立てられ、
上池を縮小造成して洞峰沼として、公園内のベンチマークとしています。

プール、体育館、テニスコート、野球場、多目的フィールドの芝生の広場などがあり、
また、緑に囲まれた公園でもあり、学園都市つくばの市民の憩いの場となっているそうです。



以前から、この公園の脇を通って桜川市方面に行ったりしていたから
この公園の存在は知っていたし、ナビに表示されるたびに気になっていました。


こちらが、公園入口。

      20190226洞峰公園01



プロムナード。

      20190226洞峰公園02



初めての公園だから、案内板は必需品。
しっかりと公園の位置関係を把握いたしましょう。

      20190226洞峰公園03



公園案内図。

      20190226洞峰公園04



案内図でも分かるけれど、やはり洞峰公園のランドマークは洞峰沼。
洞峰沼をグルッと一周する散歩に入りましょう。


こちらは、多目的広場。

      20190226洞峰公園05


広い芝生広場になっていて、サッカーのゴールも置かれているから
サッカー場として利用されているようです。

      20190226洞峰公園06

びいすけ は走り回ることより、匂い嗅ぎに夢中。



洞峰沼を一周すると約1km。

      20190226洞峰公園07



正確には、1050mの周回コースが設定されているから
頑張って歩きましょう。

      20190226洞峰公園08



ワンちゃんの散歩で訪れる人も多いようで、
あちこちで気になる匂いがあるのか?
匂い嗅ぎに夢中な びいすけ 。

      20190226洞峰公園09


      20190226洞峰公園10


      20190226洞峰公園11


      20190226洞峰公園12


     20190226洞峰公園13



確かに、犬連れで散歩に来ている人が多い。

      20190226洞峰公園14


      20190226洞峰公園15



洞峰沼の周りを回るのも意外に面白い。

      20190226洞峰公園16



ただ、漠然と公園内を歩くよりは、洞峰沼を一周(1050m)歩くという目的が
有るのと無いのとでは、全然違う。

      20190226洞峰公園17



洞峰沼もポイントが変われば、洞峰沼表情も変わってくる。

      20190226洞峰公園18


      20190226洞峰公園19


      20190226洞峰公園20



ポイントが変わっても、 びいすけ の匂い嗅ぎは変わらない。
芝生の中の残り香を一心に嗅ぎ分けて進んでいる。

     20190226洞峰公園21


      20190226洞峰公園22


      20190226洞峰公園23


      20190226洞峰公園24


      20190226洞峰公園25


      20190226洞峰公園27




前方に異様な光景。


洞峰沼の水鳥たちに餌をあげているのか?
水鳥が芝生に上がって餌を啄んでいます。

      20190226洞峰公園26


      
水鳥に吠えるかな? と思ったけれど
吠える素振りもない びいすけ 。

      20190226洞峰公園28



一瞬、水鳥の大群に躊躇したようですが
その後は、我関せず!とばかりに知らん顔。

      20190226洞峰公園29

芝生に残る臭い香を追いかけています。


しかし、来園者が餌付けたとは言え、
ちょっとこの水鳥の大群は驚きました。


そして、犬が近寄れば、羽ばたいて逃げ逃げていくと思ったら
平然と餌を啄ばむ水鳥にも驚きです。

      20190226洞峰公園30



とりあえずは、水鳥たちを追い回さなかった びいすけ 。

      20190226洞峰公園31


      20190226洞峰公園32


今日は、『 お利口さん! 』褒めてあげよう。





スポンサーサイト



2019/04/23 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

愛宕山公園     (2019年1月20日)(茨城県稲敷郡河内町) 

1月20日

この日は、茨城県の河内町、並びに稲敷市に出かけました。


何年も前から、ネットで調べてチェックはしていたんだけど
なかなか訪れる機会がなかった場所。
考えてみたら、待っていても訪れる機会はやって来るわけじゃないから
自分から行かなくっちゃ!ね。

と言うわけで、田川分校跡をあとにして
向かった先は..................愛宕山公園。

愛宕山公園は、柴崎地区の愛宕山という小高い岡の上に鎮座する愛宕神社周辺に
児童遊具や自然散策路などが整備された公園です。
平成17年に誕生した稲敷市以前の旧・新利根町(平成8年以前は新利根村)の
愛宕山町(村)民公園が、そのまま愛宕山市民公園となりました。

その公園の中核となるのが、愛宕神社です。
火伏せの神である火産霊命(ヒムスビノミコト)が主祭神として祀られ
天文年間(1532年~1554年)に同地区の竹ノ内に創建され、
正保2年(1645年)に現在の寄居の地に移されたとされています。


車が数台停められる、台地下の駐車場。
こんな案内看板も建てられています。

       20190120愛宕山公園01



元々は愛宕神社が鎮座する台地周辺が園地。
先ずは、愛宕神社に向かいましょう。


社頭の一の鳥居。
       20190120愛宕山公園02



こちらが、二の鳥居。

      20190120愛宕山公園03



二の鳥居の神額。

      20190120愛宕山公園04



社号標。

      20190120愛宕山公園05



この石段を上がって行きます。

       20190120愛宕山公園06



石段中腹の石祠。

       20190120愛宕山公園07


石段はまだまだ続く。
びいすけ は元気いっぱい。

       20190120愛宕山公園08

私は息が上がります。
頑張れ! びいすけ父さん(笑)。



石段中腹の標柱。

      20190120愛宕山公園09



石段を上りきりました。

視界の先には愛宕神社の社殿が見えます。

      20190120愛宕山公園10


      20190120愛宕山公園11



愛宕神社の由緒書き。
  
      20190120愛宕山公園12



手水舎。

      20190120愛宕山公園13



愛宕神社拝殿。

      20190120愛宕山公園14


愛宕神社本殿。

      20190120愛宕山公園15



本殿裏手には石祠が並ぶ。

      20190120愛宕山公園16


      20190120愛宕山公園17


      20190120愛宕山公園18


やばい!!
ここまでの記事だと、単なる愛宕神社参拝記で終わってしまう。



本殿裏手からが、愛宕山公園の真骨頂。

本殿裏手にも公園案内図は完備。
散策路を確認して進みましょう。

      20190120愛宕山公園19



狭いながらも。台地の中を進む散策路。

      20190120愛宕山公園20


こう言った散策路を進むのは嫌いじゃない。

      20190120愛宕山公園21



何となく、腰曲輪のような削平地もあったりして
ひょっとしたら無名な城址?などと思ったりしちゃいます。

      20190120愛宕山公園22

一応、ネットでも調べてみる限り、近くに東条城址はあるけれど
この愛宕山公園が城址だと言う記載はない。



でも、それらしい雰囲気は持っている。

      20190120愛宕山公園24



びいすけ も匂いを嗅ぎながら、先を急ぐように進んでいく。

      20190120愛宕山公園25


元来、こう言った雑木林の中を散策するのが好きだから
必然的に付き合わされる びいすけ も好きになったんでしょう。

      20190120愛宕山公園26



先に行っては、遅れてくる私を待っている。

      20190120愛宕山公園27



って言うか、大きな声で『待て!』と叫んで待たせています(笑)。

      20190120愛宕山公園28


この辺りの削平地も郭跡に見えてしまう。

      20190120愛宕山公園29


これなんか、櫓台のように見えちゃうんだよなぁ。

      20190120愛宕山公園30



こうなると、単なる『城馬鹿』としか言えない(笑)。

      20190120愛宕山公園31


何だかんだと、駐車場から愛宕神社経由で30分近くの散策。
こう言った散策も楽しいものです。




2019/03/18 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

大利根東公園    (2019年1月20日)(茨城県稲敷市) 

1月20日

この日は、河内町に出かけ、その延長で稲敷市にも足を伸ばしました。


金江津 側高神社をあとにして、向かった先は..........大利根東公園。



大利根東公園は、利根川を一望できるスーパー堤防に整備された公園です。
遊具があり、季節によりチューリップやポーチュラカなどの花が楽しめます。



利根川のスーパー堤防を走る県道11号線沿い。
こんな看板が目印です。

      20190120大利根東公園01



駐車場も完備。
20台くらいは停められそう。


公園案内板前にて。

      20190120大利根東公園02


県道沿いに縦長に広がる大利根東公園。


公園碑の前で一枚、パチリ☆。

      20190120大利根東公園03



それでは、公園内を散策いたしましょう。




遊具のあるエリア。

      20190120大利根東公園05



遊具よりも広場の臭いが気になるびいすけ 。

      20190120大利根東公園06



匂いを嗅ぎながら先へと進んで行きます。

      20190120大利根東公園07



その先には花壇。

      20190120大利根東公園08



      20190120大利根東公園04

こちらに季節の花が植えられるのですね。



野鳥か何かの臭いが残っているのか?
匂い嗅ぎは止まりません。

       20190120大利根東公園09


       20190120大利根東公園10


そう言えば、最近は公園の散歩もしていないから
たまには、こんな感じで びいすけ の気の向くままに
歩かせて見るのも良いかな?

       20190120大利根東公園11



もっとも、他の人の迷惑にだけはならないように注意はするけれど...........。

      20190120大利根東公園12



こんな感じで徘徊できるのも、この公園があまり人気がないのか?
貸し切り状態だから出来る技。

      20190120大利根東公園13



大きな看板が県道には設置されているけれど
やっぱり、知名度はまだまだなんでしょうね。

      20190120大利根東公園14



県道の向こうには利根川が見える。

      20190120大利根東公園15



多くの恵みをもたらせた坂東太郎。

      20190120大利根東公園16


この県道を利根川沿いに下って行けば、神栖市(旧・波崎町)。
対岸は銚子市になる。

時間があれば、銚子市に行っちゃうって言うのも面白いけれど
稲敷市と河内町にも立ち寄りたいところもある。

銚子や波崎はまた次に機会にしよう!!






2019/03/16 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

木の俣園地 (2018年8月23日)(栃木県那須塩原市) 

8月23日

1泊2日の那須旅行。

深山ダムをあとにして、次なる目的地を目指していると
気になる看板が目に入った。
当初、予定には無かったけど、行き掛けの駄賃。
急遽、立ち寄ったのは.............木の俣園地。

      20180823木の俣園地01


木の俣園地は、那珂川の支流である木の俣川(木の俣渓谷)に広がる園地です。
木の俣橋から下流側には本流那珂川との合流点まで遊歩道が整備され、
植物や大岩奇岩などが作り出す景色に自然の偉大さを感じながら散策を楽しむことができます。
また、木の俣川には巨岩吊橋が架橋され、回遊することができます。



せっかくだから、遊歩道を散策しながら、
巨岩吊橋を渡って回遊してみましょう。


案内図でコースを改めて確認。

      20180823木の俣園地02


いざ、出発!

      20180823木の俣園地03


元気よく進む びいすけ 。

      20180823木の俣園地04


順調に進みます。

      20180823木の俣園地058


      20180823木の俣園地06


しばらく進むと、四阿発見。
小腹も空いたので、休憩といたしましょう。

ペニーレインで買ったパンで小腹を満たします。

      20180823木の俣園地07


休憩後、再び出発。
目指すは巨岩吊橋。

      20180823木の俣園地08


木の俣側沿いに進みます。

      20180823木の俣園地09



こんな階段や.........

      20180823木の俣園地10


木道を進みます。

      20180823木の俣園地11


さらに進んで行くと........

      20180823木の俣園地12


やがて、前方に吊橋が見えて来ます。

      20180823木の俣園地13


こちらが、巨岩吊橋。

      20180823木の俣園地14



確かに吊橋だけど、オール金属製でイメージとはちょっと違っていた。

      20180823木の俣園地15



何となく、一部分は木製かと、勝手に想像していました。

      20180823木の俣園地16



金属部分のグレーチングが怖いのか?
なかなか吊橋を渡ろうとしない びいすけ 。

      20180823木の俣園地17


吊橋の下の河原では、木の俣川の清流で遊ぶ人たち。

      20180823木の俣園地18

よく見ると、ラブラドールが2頭、水浴びをしています。



おっかなびっくり、吊橋を渡る びいすけ 。

      20180823木の俣園地19


      20180823木の俣園地20

どうやら、海の波だけじゃなく、高いところも びいすけ は苦手なようです。
ひょっとしたら、グレーチング越しに川の流れ、川の水がみえるから
それで、ビビっているのかな?


吊橋を渡った対岸は雰囲気が一変。
まるで、森の木立の中の遊歩道。

      20180823木の俣園地21


土壇もあったりして、まるで中世の城郭の土塁のように見えてしまう。

      20180823木の俣園地22

これって、完全なる城バカ? (笑)



マイペースで先を進む びいすけ 。
さらに、もっちゃん は先を進む。

      20180823木の俣園地23


時折、遅れて進む私を待つ びいすけ 。

      20180823木の俣園地24

う〜む、何てお利口さん(親バカですみません)。


時折、木の俣川の水が気になるのか?
清流を眺める びいすけ 。

      20180823木の俣園地25


今回は時間も余り無いから無理だけど
次回立ち寄る時には、長靴を履いて、水遊びでもしよう!!




2018/10/15 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

羽木上森林公園 (2018年5月22日)(茨城県小美玉市) 

5月22日

この日は、茨城県の小美玉市に出かけました。


小美玉市の丸ポストの写真を撮る際に、
丸ポストの場所の近くにある羽木上森林公園の駐車場に
車を置かせて貰いました。

駐車場だけ利用して、森林公園に寄らない訳にはいかないでしょう。
と、言うことで羽木上森林公園に立ち寄りました。


こちらが、羽木上森林公園の入口。

      20180522羽木上森林公園01



公園案内図をチェックします。

      20180522羽木上森林公02

とは言え、自治体によっては森林公園と名が付く公園には
犬連れNGの公園があったりする。

『迷惑をなくしましょう』と言うことは
犬連れ禁止ではない。

      20180522羽木上森林公03



それでは、迷惑をかけないように、森林公園を散歩いたしましょう。

      20180522羽木上森林公04



入口に在った案内図を見る限り、広い芝生があるようなので
芝生広場を目指しましょう。

      20180522羽木上森林公05



木々に囲まれた薄暗い道を歩いていると、いきなり視界が開けた。
ここが芝生広場?
案内図とは位置関係が違う。

      20180522羽木上森林公06

芝生広場だとしても、雑草が生い茂り、
あまり管理が行き届いていないみたい。


案内図を信じて、さらに奥に進んでみます。

      20180522羽木上森林公07



でも案内図が示していた芝生広場へ行く導線が見つからない。

      20180522羽木上森林公08



再び明るくなり、視界が開けたと思ったら...............

      20180522羽木上森林公09

そこには、多くのソーラーパネルが建ち並んでいます。

えっ! 芝生広場が無い!!


YahooマップやGoogleマップの航空写真を見ても
このソーラーパネルの塊は映っていないんだよなぁ。
どうやら、最近建てられたモノなんだろうか?


以前は、この先も森林公園だったはず。
でも、今はフェンスが張られ、立入り禁止ゾーン。



仕方がないから、戻りましょう。

      20180522羽木上森林公10


      20180522羽木上森林公11



再び、森の中を散策します。

      20180522羽木上森林公12



いろんな匂いが混在しているからか?
こう言った雑木林の中を徘徊するのが、 びいすけ は好きみたい。

      20180522羽木上森林公13



平日の午前中。
ましてや、あまり知れ渡っていない森林公園。
訪れる人も居ない。
びいすけ のリードをフリーにして、
びいすけ の後ろを付いていくことに。

      20180522羽木上森林公14


      20180522羽木上森林公15



再び、視界が開けて来たけれど、求めていた芝生広場じゃない。

      20180522羽木上森林公16


結局、不完全燃焼状態でこの地をあとにする事になりました。
まあ、 びいすけ は、ウンチとオシッコが出来たから
これはこれで良かったのかな...............?


2018/07/11 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

南湖公園 (2018年4月27日)(福島県白河市) 

4月27日

1泊2日の福島県への旅行。

その2日目の舞台は白河市。

御朱印を拝受するために訪れた南湖神社は、
南湖公園の中に鎮座している神社。
南湖神社を訪れて、南湖公園を素通りする訳にはいきません。

と言うわけで、南湖公園の散策です。

      20180427南湖01


      20180427南湖02


そもそも南湖公園は、元々「大沼」と呼ばれた低湿地帯を
白河藩主である松平定信が改修し、庭園としたものです。

開園は享和元年(1801年)で、今から217年前の事です。
南湖という名称は、松平定信の居城であった小峰城の南にある湖であること、
唐の詩人である、李白の詠んだ詩の一節「南湖秋水夜無煙」から取られたと言われています。

定信は、この庭園を「四民共楽の地」とし、一般庶民にも開放しました。
士農工商と言う厳しい身分制度の時代にあって、武家も庶民も共に楽しもうという思想は、
非常に画期的なものでありました。
南湖は、一般に「公園」という形で開放したものとしては、
日本最古のものになるそうです。

また、南湖は公園としての機能の他に
①灌漑用水...............南湖周辺の水田に使われ、収穫した作物の収益は
藩校「立教館」の運営に役立てられたそうです。
②貧民救済...............南湖を造成するにあたり、職に困っている人たちを工事にあたらせ、
         給料を「つかみ取り」という形で支払っていたそうです。
③水泳の練習...........藩士たちの水泳の訓練に用いたそうです。
④操船の訓練...........外国からの防衛のため、船の操縦の訓練をさせたそうです。

このように、当時としては画期的な「多目的公園」として造成されました。



確かに湖と言えるほどは広くはない。

      20180427南湖03

ぐるっと回っても周囲は約3km。
1時間もあれば、徒歩で1周できるそうです。



遥か先に見える会津の山には、残雪。

      20180427南湖04



湖畔を散歩と洒落込みましょう。

      20180427南湖05


水辺に近寄ろうとすると、反抗する びいすけ 。(笑)

      20180427南湖06



天気は、あいにくの曇り空。
晴れていれば、南湖ももっと違った雰囲気になるんだろうか?

      20180427南湖07


      20180427南湖08


      20180427南湖09



芝生広場に移動すると、そこにも遠足の小学生がいっぱい。

      20180427南湖10

びいすけ も、芝生広場で匂い嗅ぎって言う訳にもいかないですね。


芝生広場の一画には桜の木。

      20180427南湖11



どうやら、金沢の兼六園から移植された桜のようです。

      20180427南湖12



芝生広場の入口に建つ説明板。

      20180427南湖13



南湖公園の創設者、松平定信公の碑。

      20180427南湖14



そして、楽翁公(松平定信)の像。

      20180427南湖15


やっぱり白河市民にとって、松平定信(楽翁公)は、偉大な人物だったのだろうか...............?



南湖公園の中心である南湖は、周囲約3km。
湖畔を車で1周しようとしたら、
一部が歩行者専用道路になっていて、車では1周出来ない。
湖畔の遊歩道には『南湖十六勝十七景』の碑も建てられているらしい。
今回は時間の関係で、湖畔を1周しなかったけれど
もし、次回があるのならば、その時はチャレンジしてみよう。



2018/06/13 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

袋公園 (2018年1月29日)(千葉県旭市) 

1月29日

この日は、千葉県の旭市に出かけました。

仲島城址をあとにして、向かった先は...............袋公園。



袋公園は、桜の名所として知られ、憩いの場として親しまれている公園です。
公園内の溜池は、現在「干潟八万石」と呼ばれている耕地をつくる際、
「椿の海」と呼ばれた大きな湖を開拓して、
その後周辺の村々の用水を確保するために造成された13の溜池の中の一つです。
その後、池を囲むようにして数多くの桜が植えられ、
周辺施設が整備され現在の公園となったそうです。


駐車場は何ヶ所か有り、意外と車でアクセスするには申し分無さそうです。
たむたま、遊具のある芝生広場近くの駐車場に停めましたが、
これが意外に正解だったかも?


案内図で公園の配置などを確認します。

      20180129袋公園01



公園内に入ると、すぐさまこんな看板が...............。

      20180129袋公園02

どうやら、芝生広場内にはペットの立ち入り禁止らしい。



遊具もある、広い芝生広場なんだけどね。
中に入れないんじゃ魅力も半減。

      20180129袋公園03


仕方ないので、芝生広場沿いの遊歩道を歩きます。

      20180129袋公園04



こちらは、ジャバジャバ池。

      20180129袋公園05

この時期は水が抜かれていますが、
夏場はこの池で子供たちが遊ぶのでしょうか?


袋公園は、何と言っても溜池の周りをぐるっと一周出来る遊歩道。
桜の木が植えられ、春の桜の季節には多くの人が
桜の花を堪能する為に訪れるそうです。


桜の季節では有りませんが、溜池の周りを歩いてみましょう。

      20180129袋公園06


      20180129袋公園07



確かに、溜池の外周路には、桜の木が植えられている。

      20180129袋公園08


      20180129袋公園09



記念切手が販売されるとは...............

      20180129袋公園10

かなり、桜の名所なんですね。



溜池を横断する橋。

      20180129袋公園11

こう言う木橋があると、どうしても渡りたくなっちゃいます(笑)。



橋の真ん中にある休憩スペース(四阿)にて。

      20180129袋公園12


      20180129袋公園13


      20180129袋公園14



まだまだ1月末は寒い。
いつのまにか、曇り空。
風がちょっと冷たいね。

      20180129袋公園16


水鳥も優雅に溜池を泳いでいる。

      20180129袋公園17


さあ、駐車場まで戻りましょう。

      20180129袋公園18



駐車場まで戻ると、雲の間から太陽が顔を覗かせてきました。
駐車場には何かの石碑。

      20180129袋公園19



隣に建つ説明板によれば、椿海の開墾を記念して
大正13年に建てられた碑らしい。

      20180129袋公園20



千葉県の旭市周辺を語るには、椿海を忘れてはならない。
椿海は、現在の千葉県東庄町・旭市・匝瑳市の境界付近に、
江戸時代初期まで存在した湖です。

この袋公園は、椿海の一部を堰(溜池)として残したものの一部でもあるようです。
多くの人が、この袋公園に訪れるとは思うけれど、
椿海の事を思い浮かべる人はいるのだろうか...............?







2018/03/23 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

潮騒ふれあい広場 (2018年1月29日)(千葉県旭市) 

1月29日       

この日は、千葉県の旭市に出かけました。

いいおかみなと公園をあとにして向かった先は...............潮騒ふれあい広場。


飯岡漁港から、県道を海岸線に沿って南下して行くと
やがて、右側に日帰り入浴もできる『いいおか潮騒ホテル飯岡温泉』が現れます。
道路を挟んで反対側にちょっぴり広めの駐車場があります。
そちらが、潮騒ふれあい広場です。


何やら防波堤の手前にありますね。

      20180129潮騒ふれあい広場01

近づいてみると、『飯岡海岸護岸竣工碑』と記されていました。



近くには展望台もあります。

      20180129潮騒ふれあい広場02



おバカさんと煙は高いところに行きたがる。
当然、私も びいすけ も展望台に上がります。

      20180129潮騒ふれあい広場03



この飯岡の浜から九十九里浜が始まるんですね。

      20180129潮騒ふれあい広場04



九十九里浜の末端、太東岬など見える訳が無い。

      20180129潮騒ふれあい広場05



展望台の壁面には飯岡にちなんだ人が描かれています。

      20180129潮騒ふれあい広場06

座頭市...............えっ? 実在の人物なの?

飯岡助五郎...............天保水滸伝ですね。

そして、清滝佐吉? ...............知らないなぁ。



展望台な隣はちょっとした公園。
でも、碑やオブジェの宝庫。


どぉ〜んと目を引くオブジェ。

      20180129潮騒ふれあい広場07



その名もスバリ!
『波と飯岡石のモニュメント』。

      20180129潮騒ふれあい広場08



飯岡と言ったら、この人を忘れちゃいけません。
漫画家の『ちばてつや』。

ここにも、明日のジョーのモニュメント。

      20180129潮騒ふれあい広場09


      20180129潮騒ふれあい広場10

ちょっぴり、可愛げな矢吹丈と力石徹。
同じモノが刑部岬の永井公園にもありましたね。



こちらの碑はちょっと、意味深。

      20180129潮騒ふれあい広場11

甚大な被害をもたらした東日本大震災。
あまり知られてはいないのかも知れませんが...............
千葉県の旭市(飯岡町)にも津波が押し寄せて被害が在りました。


こちらの碑は、そのことを忘れないために
そして、頑張って復興したことを記するために建てられたようです。

      20180129潮騒ふれあい広場12



碑の前には、タイムカプセル。

      20180129潮騒ふれあい広場13

2043年に開封するそうです。



こちらは、頌徳碑。

      20180129潮騒ふれあい広場14

鎌田なにがしと言う人を頌徳しているようです。




海の方へ行ってみましょう。

      20180129潮騒ふれあい広場15

この辺りは、永井浜海岸と言うらしい。



久しぶりに砂浜を走らせてみます。

      20180129潮騒ふれあい広場16



先ほども、いいおかみなと公園で走っていましたが
この浜でも走っている。

      20180129潮騒ふれあい広場17



びいすけ 、今日は絶好調?

      20180129潮騒ふれあい広場18



まぁ、元気に走ってくれることに越した事は無い。

      20180129潮騒ふれあい広場19



走り疲れたのか?
砂浜で匂い嗅ぎ。

      20180129潮騒ふれあい広場20



ならば、波をバックに記念写真といたしましょう。

      20180129潮騒ふれあい広場21


      20180129潮騒ふれあい広場22


      20180129潮騒ふれあい広場24



駐車場に戻り、出発したら
目の前にこんな石碑が現れた。

      20180129潮騒ふれあい広場25

『座頭市の物語の碑』と刻まれています。


『座頭市物語発祥の地』とも刻まれています。

      20180129潮騒ふれあい広場26


『いいおか潮騒ホテル飯岡温泉』の駐車場の片隅に
碑や説明板が並んでいます。

      20180129潮騒ふれあい広場27



こちらが、座頭市物語の碑。

      20180129潮騒ふれあい広場28

どうやら、座頭市のモデルになったら方が
飯岡町に住んでいたらしい。



そして、説明板。

      20180129潮騒ふれあい広場29


      20180129潮騒ふれあい広場30


座頭市の物語の発祥の地である飯岡が
東日本大震災で津波に飲み込まれて、被害も多かった。
その復興の為、座頭市の町として頑張っているらしい。

頑張れ旭市!
頑張れ 飯岡!!

そっと小さく呟いてみた...............。




2018/03/21 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

いいおかみなと公園 (2018年1月29日)(千葉県旭市) 

1月29日

この日は、千葉県旭市に出かけました。

今まで、旭市って銚子に遊びに行ったついでに立ち寄る
ってパターンが多かったから、
行きたい箇所、立ち寄りたい箇所があっても
時間が押していると、ついついこの次!って後回しにして来たから
結構、行けず仕舞いな状態。
今回は、そんな箇所を少しでもやっつけちゃおう!。

そんなわけで、玉崎神社をあとにして
向かった先は...............いいおかみなと公園



書いて字のごとく、飯岡漁港近くにある公園です。
でも、以前から来たかったんだぁ...............。

      20180129 いいおかみなと公園01


      20180129 いいおかみなと公02


何があるかも知らない。
どんな公園なのかも知らない。

ただ、ひらがなで
『いいおかみなと』と名の付く公園がある事だけは
数年前から知っていた。


公園の案内図。

      20180129 いいおかみなと公03

芝生広場と遊具があるようです。



いきなり、犬連れには強烈なパンチ。

      20180129 いいおかみなと公04

最近、こう言うモンモンの看板を良く見るんだよねぇ。
飼い主のマナーの悪さは一向に良くならないみたい。


ちょっとした土壇には見晴らし台。

      20180129 いいおかみなと公05

せっかくだから、見に行きましょう。(って言うか、これが目的)


見晴らし台からは、防波堤越しの太平洋。
九十九里浜です。

      20180129 いいおかみなと公07


      20180129 いいおかみなと公08


      20180129 いいおかみなと公09



反対側(公園内部)は芝生広場。

      20180129 いいおかみなと公10



遠くに見えるのは...............?

      20180129 いいおかみなと公11



拡大(ズーム)すれば、屏風岬の展望台。

      20180129 いいおかみなと公12

すなわち、九十九里浜の東端。
ここより西の海岸が九十九里浜となります。



誰も居ないのを再確認して、リードを持つ手の力を緩めます。

      20180129 いいおかみなと公13

最初は、芝生の匂いを嗅いでいた びいすけ ですが
やがて、飼い主の意図(?)を察したのか?
スイッチが入って、激走モードに...............。


『 走れ〜!! 』

      20180129 いいおかみなと公14


『 びいすけ 走れ〜!! 』

      20180129 いいおかみなと公15




声には出さず、心の中で叫びます。

      20180129 いいおかみなと公16


      20180129 いいおかみなと公17


      20180129 いいおかみなと公18


      20180129 いいおかみなと公19


      20180129 いいおかみなと公20

芝生広場を約2周。
力一杯走り回った びいすけ 。

8歳になり、シニア街道まっしぐら。
最近は、走り回ることも少なくなり
飼い主も走り回ることよりも、
元気に散歩で闊歩してくれることに喜びを感じる昨今、
こうやって、走り回ってくれると嬉しいねぇ。


公園には、こんな遊具も設置されていますが
完全に幼児用の遊具。

      20180129 いいおかみなと公21
      


公園の入口脇に建つ碑。

      20180129 いいおかみなと公22

てっきり、公園の記念碑かと思っていたら...............


よく見ると、『飯岡漁港開港35周年記念碑』でした。

      20180129 いいおかみなと公23


ひょっとしたら、この『いいおかみなと公園』は、
飯岡漁港の開港35周年を記念して造られた公園なんだろうか?

いずれにしても、平日なら誰も居ないし、
びいすけ には相性の良い芝生広場のある公園でした...............。







2018/03/21 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

朝日峠展望公園 (2017年1月18日)(茨城県土浦市) 

1月18日

この日は、茨城県の石岡市に出かけました。

石岡市の八郷地区は平成の大合併前は、八郷町でした。
八郷町と土浦市(旧・新治村)は朝日峠という峠が境界になっています。
現在は、朝日トンネルと言う立派なトンネルが出来たので、簡単に往来が出来ますが
以前は朝日峠を越えて往来していました。
その朝日峠にあるのが、朝日峠展望公園。

せっかくだから、朝日峠展望公園に立ち寄ってみました。


朝日峠展望公園の入口。

      20180118 朝日峠展望公園01


      20180118 朝日峠展望公園02



公園案内図。

      20180118 朝日峠展望公園03


展望台は、こちらのようです。

      20180118 朝日峠展望公園04



それでは、展望台を目指して、公園内を散策いたしましょう。

      20180118 朝日峠展望公園05


クンクンと匂いを嗅ぎながら、展望台へと向かう びいすけ 。

      20180118 朝日峠展望公園06


      20180118 朝日峠展望公園07


      20180118 朝日峠展望公園08



この先が展望台のようです。

      20180118 朝日峠展望公園09


展望台には、四阿があります。

      20180118 朝日峠展望公園10


展望台からの眺望。
霞ヶ浦も見えます。

      20180118 朝日峠展望公園11


      20180118 朝日峠展望公園12



びいすけ は何を見つめているのかな?

      20180118 朝日峠展望公園13


      20180118 朝日峠展望公園14


      20180118 朝日峠展望公園15


      20180118 朝日峠展望公園16



別アングルからの眺望。

      20180118 朝日峠展望公園17

びいすけ の背後は富士山方面。


この方角に富士山があるのですが...............

      20180118 朝日峠展望公園18


残念ながら、富士山を拝める事は出来ませんでした。

      20180118 朝日峠展望公園19


展望台からは、下り斜面の芝生広場。

      20180118 朝日峠展望公園20


軽快なリズムで芝生を闊歩する びいすけ 。

      20180118 朝日峠展望公園21


      20180118 朝日峠展望公園23


      20180118 朝日峠展望公園24


一気に下った斜面を振り返ると...............

      20180118 朝日峠展望公園25


なかなかのロケーション。

他にも野鳥の森とか散策コースもある朝日峠展望公園。
あくまでも途中で立ち寄った公園だから、
そんなに長居はしなかったけれど、なかなか良い所です。




2018/03/04 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

鶴舞公園 (2017年12月14日)(千葉県市原市) 

12月14日

房総半島の勝浦市方面へ向かったこの日。

勝浦市に向かう途中で立ち寄った高滝神社。
社務所が開くのか午前9時。
しかし、それまでに1時間近くある。

そんな訳で時間調整と時間潰しのために訪れたのは...............鶴舞公園

以前から鶴舞公園のことは、桜の名所であると知っていました。
しかし、桜の時期にはまた早いって言うか、時季外れ。

でも、高滝神社の近くには適当な場所がないから仕方がない。


と、言うわけで鶴舞公園に到着。

      20171214鶴舞公園01



鶴舞公園の入り口。
まるで古い城郭の虎口の雰囲気がある。

      20171214鶴舞公園02


何やら看板らしきモノがある。

      20171214鶴舞公園03


よく見ると、公園の案内図。

      20171214鶴舞公園04

確かに桜の花の名所のようで、桜の木にしか触れていない。



近くには、別な看板。

      20171214鶴舞公園05

『 えっ! この辺りはイノシシが出るの? 』



ちょっぴり、ビビりながらも園内を散策いたしましょう。

      20171214鶴舞公園06


桜の名所だけあって、やっぱり桜の木々は多い。

      20171214鶴舞公園07


      20171214鶴舞公園08



オリンピック開催記念の桜の植樹の碑。

      20171214鶴舞公園09

前回の東京オリンピックの際に、桜の植樹がされたようです。



公園頂部には四阿もあったりして
ちよっとした休憩も出来ます。

      20171214鶴舞公園24


      20171214鶴舞公園10


      20171214鶴舞公園11



四阿の先は、尾根道。

      20171214鶴舞公園12


尾根伝いに歩いてみましょう。

      20171214鶴舞公園13


枯れ落ち葉の積もる尾根道をサクサクと音を立てて歩く びいすけ 。

      20171214鶴舞公園14

何と言っても、枯れ落ち葉の道は大好きだから
自然に先へ先へと進んで行きます。


先へ急ぎすぎるから、ちょっと待ちなさい!

      20171214鶴舞公園15


突然現れた切り通し。

      20171214鶴舞公園16


まるで中世の山城跡のようにも見える。

      20171214鶴舞公園18



野生なイノシシが現れるためか? 罠が仕掛けられているようです。

      20171214鶴舞公園17


      
こちらが、その檻になった罠。

      20171214鶴舞公園19





檻罠のある場所から引き返し、一気に斜面を下って行きます。
山を降りる形で辿り着いたのが日枝神社。

      20171214鶴舞公園20


日枝神社は、鶴舞公園に隣接しています。

      20171214鶴舞公園21


      20171214鶴舞公園22


      20171214鶴舞公園23


日枝神社にもしっかりお参りをして...............
時間を確認したら、もうすぐ午前9時。
急いで、高滝神社の社務所に向かったのは言うまでもない。


桜の多い鶴舞公園。
やっぱり、訪れるのなら桜の季節ですね。






2018/02/02 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

丸山公園 (2017年12月1日)(千葉県東金市) 

12月1日

この日は、成田市近郊の御朱印巡りに出かけました。


八街神社から東金市へと向かいます。
その移動途中、ときがね湖近くに広そうな公園があったことを思い出した。
せっかくだから立ち寄ってみましょう。

と言うことで、立ち寄った先は...............丸山公園


丸山公園は、丸山遺跡を利用して作られた約1万坪の広さを持つ公園です。
公園内には昭和33年(1958年)東金高校の考古学クラブによる発掘調査で
約100軒の住居跡と多数の遺物が発見された堅穴住居跡もあるそうです。
周囲は静寂で花木や野鳥も観察でき、気分よく散策を楽しめるそうです。

ならは、立ち寄らない理由がありません。
駐車場もしっかりと準備されていました。


こちらが、県道に面した公園の入口。

      20171201丸山公園01


それなりに歴史はあるのか?
公園案内図も年季が入っています。

      20171201丸山公園02


メインの広場になるのか?
きっと夏場は水が張られていると思うけれど
今は水枯れ状態。

      20171201丸山公園03



日吉台と言う台地にある公園。
近くに住宅街が有るけれど、木々も多い。

      20171201丸山公園04



東金レイクサイドヒル記念碑。

      20171201丸山公園05

民間の不動産会社が開発した分譲地の記念碑のようです。


公園には県道を挟んで二つのエリアに分かれ
各々に芝生広場があります。
こちらは、運動場と呼ばれる芝生広場。

      20171201丸山公園06



広場を闊歩する びいすけ 。

      20171201丸山公園07



住宅街が近いから、近隣のワンちゃんたちの散歩コースになっているのでしょう。
かなり匂いが気になるようです。

      20171201丸山公園08


      20171201丸山公園09



しばらくすると、いきなりの『ごろりんちょ』。

      20171201丸山公園10

そして、背中をスリスリのローリング。


さらには、起き上がってからの ぷるぷるぷる〜っ。

      20171201丸山公園11

やっぱり、芝生を徘徊するのって楽しいのかなぁ?



運動場の下手には、屋外ステージ。

      20171201丸山公園12

ちょっとしたイベントでも開催されるのかな?


園内の散策路は、ちょっとした雑木林の中へ導いてくれます。

      20171201丸山公園13


こう言った山の中へと続く散策路って個人的には好き。

      20171201丸山公園14



特にこの時期、枯れ落ち葉をカサカサと踏み付けて歩くのは
びいすけ も好きなようです。

      20171201丸山公園15


再び運動場脇の遊歩道を歩き、
県道の向こうのエリアに移動します。

      20171201丸山公園16



県道は高架の歩道橋で渡ります。

      20171201丸山公園17

丸山ガーデンブリッジってベタな名称(笑)。


普通の遊歩道にしか見えない丸山ガーデンブリッジ。

      20171201丸山公園18



こちらが、芝生広場。

      20171201丸山公園19



この辺りに丸山遺跡が在ったようです。

      20171201丸山公園20

城址には興味があるけれど、
遺跡とか古墳には余り興味が無いから、ここはスルー。

何だかんだと言いながらも、久しぶりの公園散歩。
びいすけ も満足してくれたようです。







2018/01/19 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

城山公園 (2017年11月25日)(千葉県館山市) 

11月25日

この日は、房総半島の館山市に出かけました。


館山市にある館山城址。
戦国大名の里見氏の居城でしたが、
1614年(天正8年)「里見義康」が当主の時に里見氏は改易され、
館山藩は取り潰しとなり、廃城となりました。

かつての館山城は、公園として整備されて城山公園と呼ばれるようになりました。
館山市街の南側丘陵に位置し、公園内には、椿・梅・桜・ツツジ等の花木が小径をうずめ、
季節に合わせて見事に咲き誇るそうです。

山頂には天守からの眺めが楽しめる三層四階天守閣様式の館山城(八犬伝博物館)、
中腹の館山市立博物館本館と併せて歴史の散策が楽しめるそうです。
また、頂上付近には万葉集にも詠まれた植物を小径に集めた万葉の径や、
桜・楓・松・梅などを配植し、白砂利の枯山水、小流れなどを設けた日本庭園と茶室があり、
茶会等に利用されているようです。


館山城を見学がてら、城山公園を散策いたしましょう。


公園入口にある園内案内図。

      20171125城山公園01


      20171125城山公園02



その脇には千葉県内では見慣れた碑。

      20171125城山公園03

房総の魅力500選の碑。


館山城跡でもある城山公園。
当然、麓から復興天守閣が見えます。

      20171125城山公園04




この復興天守閣が、館山市のランドマークと言ってもいい。
市街地からもその雄姿を眺める事が出来ます。

      20171125城山公園05

近くを通る度に気になってました。



鹿島堀跡に建つ句碑。

      20171125城山公園06

歌人 利田正男 の作のようです。



埋め戻された鹿島堀は、今は芝生広場。

      20171125城山公園07


いきなり、転がって背中をスリスリ。
ローリングに夢中になる びいすけ 。

      20171125城山公園08



城山の頂上にある復興天守閣を目指しましょう。

      20171125城山公園09


なぜか、ブロックの上を歩く びいすけ 。

      20171125城山公園10


テレビのCMで『小蝿がぽっとん』って言うのがあったけど
まさにその状態(笑)。

      20171125城山公園11


遊歩道の途中にあった何かのオブジェ。

      20171125城山公園12

立ち入り禁止のロープが張られているから近寄れません。



二の丸の千畳敷に建つ句碑。

      20171125城山公園13

『はらからの碑』と銘板には刻まれています。


すぐ近くには、『小高景郎詩碑』

      20171125城山公園30

民謡 里見節 が刻まれています。
こんな民謡があったんですね。



詩碑の背後の本丸には復興天守閣。

      20171125城山公園14



館山市のランドマークであり、
この城山公園のランドマークでもある復興天守閣。

      20171125城山公園16



本丸跡は芝生広場。
匂い嗅ぎに夢中になる びいすけ 。

      20171125城山公園18



気になる匂いがあるのか?
例の如く、いきなりごろ〜んと転がり背中をスリスリ...............。

      20171125城山公園19


      20171125城山公園20



本丸に建つ城址碑。

      20171125城山公園17



本丸の海側にも別な城址碑。

      20171125城山公園15

背後には館山湾(鏡ヶ浦)。
鏡ヶ浦は日本百景にも選ばれている景勝地。



そして、ここにもこんな碑。

      20171125城山公園21

海岸が綺麗に見える場所は、恋人の聖地になっちゃうのかな?



館山湾の遥か先には、秀麗富士山。

      20171125城山公園22



二の丸跡周辺には日本庭園がありますが
犬連れには敷居が高いから遠慮します。


二の丸奥の尾根伝いを散策します。

      20171125城山公園23



尾根伝いの道は、中世の山城の雰囲気が満載。

      20171125城山公園24



こんな堀切があったりする。

      20171125城山公園25



でも四阿があったりして、公園なのは間違いない。

      20171125城山公園26


四阿の向かいには梅園。

      20171125城山公園27


中には万葉の径と言う散策路があるらしい。
でも、今回はパス。

      20171125城山公園28



さらに下った先には、里見氏八遺臣の墓。

      20171125城山公園29

この八遺臣が里見八犬伝のモデルになったと言われています。


単なる公園ではなく、歴史を学び、感じ取る事が出来る城山公園。
やっぱり、この城山公園こそが館山市のランドマークなんだなぁと思わせてくれます。



2018/01/04 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

阿波水辺公園 (2017年11月11日)(茨城県稲敷市) 

11月11日

この日は、茨城県の稲敷市に出かけました。


大杉神社をあとにして、向かった先は...............阿波水辺公園


阿波水辺公園は、広々とした緑の大地に小川が流れ、
そこに架かる赤い橋がアクセントを付けています。
周囲の景観ともマッチした美しい公園です。
池の部分が、大杉神社の天狗の横顔を模した形になっているそうです。


大杉神社から直線距離で500mほど。
国道125号線沿いに阿波水辺公園は在りました。

      20171111阿波水辺公園01


では、公園内を散策いたしましょう。


さっそく、匂いの気になる場所でマーキング。

      20171111阿波水辺公園02



この公園のランドマークでもある赤い橋。

      20171111阿波水辺公園03


      20171111阿波水辺公園04


      20171111阿波水辺公園05



水辺公園と言う割には、池も水枯れ状態。

      20171111阿波水辺公園06

この池が大杉神社の天狗の横顔なのか?
そうには見えないんですけど...............


散策路脇の水路も水枯れ状態。

      20171111阿波水辺公園07



農業用水路にでもなっているんだろうか?

      20171111阿波水辺公園08


池や水路に水が有れば、雰囲気もまた変わってくるのだろうな。

      20171111阿波水辺公園09


      20171111阿波水辺公園10


      20171111阿波水辺公園11


      20171111阿波水辺公園12


      20171111阿波水辺公園13



四阿もあって雰囲気は良いんだけど...............

      20171111阿波水辺公園14

やっぱり、水の名を配する公園に水が無いのは淋しいね。




阿波水辺公園の近くにそびえる巨木。

      20171111阿波水辺公園15


かなりの樹齢の木であることは間違いないのだが
説明板などがない。

      20171111阿波水辺公園16


      20171111阿波水辺公園17


巨木の脇には龍の像。

      20171111阿波水辺公園18

この場所が何なのかは調べても分からなかったけれど
きっと水にまつわる信仰の対象の地だったんだろう。





2017/12/27 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

古渡水の里公園 (2017年11月11日)(茨城県稲敷市) 

11月11日

この日は、茨城県の稲敷市に出かけました。


鳩崎小学校を後にして、向かった先は...............古渡水の里公園


何度か近くを通ることがありましたが、毎回素通り。
って言うか、詳しい場所がよく分かりませんでした。
久しぶりに稲敷市に来たから、立ち寄ってみましょう。

古渡小学校の脇に、こんな案内板がありました。

      20171111古渡水の里公園01



農道のような狭い道を走り、駐車場に到着。


それでは、古渡水の里公園を散策いたしましょう。

      0171111古渡水の里公02


公園にある案内板を見ると、古渡水の里公園は霞ヶ浦の水の一部を浄化して
農業用水に使用するための設備を有した公園のようです。
浄化池を有し、浄化水路も設けられているけれど
浄化水路にはあまり水が無い。
ひょっとしたら、今は本来の役目をしていないかも知れない。

      0171111古渡水の里公03



まぁ、そんな事は気にせず、散策いたしましょう。

      0171111古渡水の里公04


水の里公園と言うだけあって、園内には人工の川がある。
とは言っても流れているようにはみえない。

      0171111古渡水の里公05


      0171111古渡水の里公06

ひょっとしたら、稲刈りも終わって農業用水路を停めているのかな。


四阿もあって雰囲気は良い。

      0171111古渡水の里公07


里山の一部を整備して公園にしたようにも見えます。

      0171111古渡水の里公08


園内に建つ石碑。

      0171111古渡水の里公09



『桜川村養蚕農業協同組合記念碑』と刻まれています。

      0171111古渡水の里公10

碑文を読むと、かつてこの地は
桜川村立桜川中学校古渡分教場の在った場所で
昭和42年に桜川村養蚕農業協同組合を設立し、
この地に養蚕の飼育所を建設したらしい。
しかし、時代の流れか?養蚕農業は衰退し、
平成4年に飼育所は閉鎖されました。
平成10年に水質保全対策事業として整備され
現在の古渡水の里公園が造られたらしい。



深まる秋。
枯葉の積もる散策路。
カサカサと音を立て立てて闊歩する びいすけ の好きそうな場所。

      0171111古渡水の里公11


真っ赤に色付いた紅葉も見頃。

      0171111古渡水の里公12


      0171111古渡水の里公13



ホタル水路もあります。

      0171111古渡水の里公14


が、水は枯れている。

      0171111古渡水の里公15

やっぱり、管理不十分なのか?
はたまた、この時期は農業用水路として機能していないのか?


そんなに広くは無い敷地ですが
この1本の木は気に入りました。

      0171111古渡水の里公16


田んぼの中にポツンと在るような感じの古渡水の里公園。
近くにある訳でもないから、ここを目的にわざわざ行くこともないけれど
草萠ゆる時期に来たら、用水路の雰囲気も違っているかも知れない...............。




2017/12/25 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

イタリア大使館別荘記念公園 (2017年10月31日)(栃木県日光市) 

10月31日

1泊2日の日光旅行の2日目。

若子神社をあとにして、いろは坂を上ります。
本当は明智平に行きたかったんですが、紅葉の時期の真っ最中
平日なのに明智平の駐車場は満車。
駐車場の空き待ちの車の渋滞も出来ている。
仕方ないので明智平は諦め、中禅寺湖の湖畔へと向かいます。

向かった先は...............イタリア大使館別荘記念公園


3年前に日光に来た時に訪れたかった場所ですが
時間がなくてパスした公園。
今回は、しっかり予定に組み入れました。

公園には駐車場が無いので、
中禅寺湖の湖畔の歌ヶ浜駐車場に車を停めて
そこから1Km近く歩きます。
駐車場が無料なのは、嬉しいですね。

      20171031イタリア大使館記念公園01


駐車場近くの中禅寺湖の湖畔。
男体山が目の前にどぉ〜んとその姿を見せてくれます。

      20171031イタリア大使館記念公園02


      20171031イタリア大使館記念公園03



900mとちょっびり歩き応えはありますが、頑張って歩きましょう。

      20171031イタリア大使館記念公園04



湖畔の遊歩道を びいすけ のペースに合わせて歩きます。

      20171031イタリア大使館記念公園05


      20171031イタリア大使館記念公園06


イタリア大使館記念公園と英国大使館記念公園の分岐点。
歌ヶ浜駐車場から半分の距離ですね。

      20171031イタリア大使館記念公園07



イタリア大使館記念公園に到着。

      20171031イタリア大使館記念公園08


別荘の建物に入るには入場料が掛かります。
おまけにペットはNG。

      20171031イタリア大使館記念公園09


      20171031イタリア大使館記念公園10




外観だけ眺めて、紅葉に色付け森の中を散策します。

      20171031イタリア大使館記念公園19


      20171031イタリア大使館記念公園20


      20171031イタリア大使館記念公園21


      20171031イタリア大使館記念公園22




でも、やっぱり1番映えるのは湖畔の景色。
      
      20171031イタリア大使館記念公園11


      20171031イタリア大使館記念公園12


      20171031イタリア大使館記念公園13



ちょっとした桟橋があるから、行ってみましょう。


水が怖いから、へっぴり腰の びいすけ 。

      20171031イタリア大使館記念公園14



中禅寺湖と男体山と紅葉。

      20171031イタリア大使館記念公園15



絵になるなぁ〜と思うのは私だけ?

      20171031イタリア大使館記念公園16



びいすけ と もっちゃん 。

      20171031イタリア大使館記念公園17



なかなか無いツーショット。
びいすけ と 父さん。

      20171031イタリア大使館記念公園18



イタリア大使館記念公園、なかなか良いところです。

なぜ、湖畔のこの場所に別荘が建てられたのか?
その理由が分かった気がします。



2017/12/10 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

桂川ウェルスネスパーク (2017年10月9日)(山梨県大月市) 

10月9日 公休日

この日は、山梨県の大月市に出かけました。


宮谷小学校をあとにして、
向かった先は...............桂川ウェルネスパーク


桂川ウェルネスパークは、
山梨県東部地域を見渡す丘の上に位置しています。
平成19年3月に開園した公園で、その当時は西ゾーンのみの区域で、
その後、平成21年3月には中央ゾーンがオープンし、
現在は20haの区域が開園しています。
平成22年度末には中央ゾーンの残部と東ゾーンの工事が完成し、
広大な公園区域(42.1ha)が供用されました。
晴れた日には、富士山を正面に見ることができるそうです。
園内にはドッグランもあり、登録すれば無料で利用出来るそうです。



元々、桂川ウェルネスパークには立ち寄る予定は無かったのですが
宮谷小学校に向かっている際に、大きな案内板かあり
ついつい立ち寄ってしまいました。
まぁ、正直なところ、『どんな所か?』と言う興味もかなりあったから
ついつい誘惑に負けちゃうんだよね(笑)。

      20171009桂川ウエルネスパーク01


ドッグランがあると言う事ぐらいしか
事前の情報が無かったから、新鮮な感覚で散策いたしましょう。

      20171009桂川ウエルネスパーク02



意味不明なオブジェ。

      20171009桂川ウエルネスパーク03



案内図を見ると、それなりに広い。

      20171009桂川ウエルネスパーク04



桂川ウェルネスパークの中心とも言える里山交流館。

      20171009桂川ウエルネスパーク05

管理事務所を兼ねているようで、いわゆるビジターセンターのようなモノ。
簡単な食事も出来るようですが、犬連れでは中に入れません。


交代でトイレをお借りして、いざ散策開始。

      20171009桂川ウエルネスパーク06



さっそく、遊歩道の匂い嗅ぎに生を出す びいすけ 。

      20171009桂川ウエルネスパーク07



めざとく、ローラー滑り台を見つけた もっちゃん 。
こう言った遊具には目がない もっちゃん 。
さっそく、チャレンジとなりました。

      20171009桂川ウエルネスパーク08



気持ち良く滑って行く もっちゃん。

      20171009桂川ウエルネスパーク09



ふと見ると...............

      20171009桂川ウエルネスパーク10

6〜12歳用って、
えっ! ダメじゃん。
速攻でその場から立ち去りました(笑)。



どうやら、この先にドッグランがあるようですね。

      20171009桂川ウエルネスパーク11


こちらのドッグランは、小型犬用と中・大型犬用とエリアが分かれているんですね。

      20171009桂川ウエルネスパーク12


利用規則をじっくり読むと、登録制らしい。
管理事務所で登録ができるようですが
手続きには、市町村の登録鑑札票と狂犬病予防接種済み票が必要らしい。
本日は持ち合わせていないし、おそらくドッグランの中に入っても
匂い嗅ぎでフェンス周りを徘徊しているだけだろうから
素直に諦めましょう。

      20171009桂川ウエルネスパーク13



祝日だから、地元の方と思われる方が多いみたいですね。

      20171009桂川ウエルネスパーク14

中々、常連さんたちが多いところって敷居が高く感じてしまう。


ドッグラン脇を通りながら、ウェルネスパークの散策は続きます。

      20171009桂川ウエルネスパーク15



ドッグランの脇は、犬の残り香が多いのか?
匂い嗅ぎに夢中な びいすけ 。

      20171009桂川ウエルネスパーク16



程なく歩くと、吊り橋が現れます。

      20171009桂川ウエルネスパーク17



案内図をチェックして気になっていた吊り橋。
やっぱり吊り橋を渡らなきゃ!

      20171009桂川ウエルネスパーク18



普段は吊り橋をおっかなびっくりで歩く びいすけ 。
この日は何故か、快調な闊歩。

      20171009桂川ウエルネスパーク19

とりあえず吊り橋も渡ったから、駐車場方向に戻りましょう



駐車場に戻る遊歩道。
やっぱり匂いが気になるのか?
匂い嗅ぎに夢中な びいすけ 。

      20171009桂川ウエルネスパーク20

本日の相棒の もっちゃん は野生の栗拾いに熱中?


かく言う私は、かろうじて眺める事が出来た富士山にちょっぴり満足。

      20171009桂川ウエルネスパーク21



桂川ウェルネスパーク。
今日の予定がこの後も色々あるから、長居はしなかったけれど
例えば、ファミリーで犬連れ、お弁当持参で来たら
1日とは言えないけれど、かなり遊べる公園じゃないかな...............?
まあ千葉からじゃ、ちょっと遠いけど(笑)。



2017/11/10 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

高松緑地公園 (2017年10月4日)(茨城県鹿嶋市) 

10月4日 公休日


この日は、茨城県の潮来市を軸に鹿行地区に出かけました。

当初は、茨城百景 水郷潮来 の地である稲荷山公園をあとにして
北浦 のダムカードの配布先である国土交通省 関東地方整備局 霞ヶ浦河川事務所 に向かいました。



ところが、霞ヶ浦河川事務所のフェンスに

『北浦 を訪れてから、この事務所に来て下さい』

と、言ったような趣旨の張り紙があり、
急遽 北浦 へと向かうことにしました。


北浦 に行くって言う事は、潮来市と鹿嶋市の市境になる。
ならば、橋を渡って鹿嶋市に行っちゃえ!



と言うのも鹿嶋市は、マンホールカードなるものを発行していて
鹿島アントラーズのクラブハウスの売店で配布しているらしい。
と言う訳で、鹿島アントラーズのクラブハウスを目指す訳ですが、
ここで大きな間違いをしてしまいます。
てっきり、クラブハウスって、鹿島スタジアムの中に在ると思って、
鹿島スタジアムに向かってました。
クラブハウスの場所はべつな場所って言う事を教えてもらい
クラブハウスには9時ちょっと過ぎに到着したものの
売店の開店は10時。

え〜! あと1時間近くある...............

仕方ないので、周辺を散策していたら、
近くにこんな公園を見つけました。

      20171004高松緑地公園01

偶然、見つけた公園...............高松緑地公園


緑地公園って、過去の経験から言うと、
犬連れNGって言うパターンが多い。
恐る恐る中に入って行くと、こんな看板。

      0171004高松緑地公園09

よっしゃああ!
わんこOK。

これで1時間近く、時間を潰せます。


先ずは、園内図を確認。

      0171004高松緑地公園02

体育館やグランド、プールにテニスコートが有り
緑地公園って言うよりは、スポーツ公園(運動公園)って言う感じ。



それでは、公園内を散策いたしましょう。

      0171004高松緑地公園03



こちらが体育館。

      0171004高松緑地公園04

ちょっぴり古そうですが、一応 市民体育館 となってます。


鹿嶋市は、2020年の東京オリンピックのサッカーの会場の一つになっているようで
鹿嶋市も力を入れているようです。

      0171004高松緑地公園05



体育館前の噴水広場?


おっかなびっくりで、覗きこむ びいすけ 。

      0171004高松緑地公園06


無理しないで、普通に『はい、ポーズ!』

      0171004高松緑地公園07



1周900mのジョギングコース(ウォーキングコース)があるから
そちらを散歩いたしましょう。

      0171004高松緑地公園08


      0171004高松緑地公園10


軽快に闊歩する びいすけ 。

      0171004高松緑地公園11


そこそこ芝生が綺麗。
しっかり管理されているグランド。

      0171004高松緑地公園12



何やら看板が...............。

      0171004高松緑地公園13



よく見ると、有料のグランドだから
犬の立ち入りは当然禁止。

      0171004高松緑地公園14



残念。
ウォーキングコースを引き続き歩きましょう。

      0171004高松緑地公園15



ちょっとした芝生広場を発見。
ここには、例の看板は無い。

      0171004高松緑地公園16


って言うかとは、立ち入りOK?

って言うか、 びいすけ 弾けまくってます(笑)

      0171004高松緑地公園17


ドッグランじゃ走らないんだけど
芝生の公園だと走ったりするんだよなぁ。

      0171004高松緑地公園18



そんなことを思っていたら、いきなりのローリング。
背中を地面に押し付けて、恍惚の表情。

      0171004高松緑地公園19



一体、何が気持ち良いんだろうねぇ?

      0171004高松緑地公園20



ちょっぴりテンションが昂っているみたいだから
ここは落ち着かせましょう。

『 座って! 』
『 待て!! 』

      0171004高松緑地公園21



この芝生広場は意外に穴場かも?

      0171004高松緑地公園22



時間調整の為に立ち寄った公園ですが
ウォーキングコースの散歩も意外に楽しい。

      0171004高松緑地公園23


      0171004高松緑地公園24



偶然とは言え、おそらく来る事などあり得なかった公園。
でも、この高松緑地公園はちょっとした散歩には御誂え向き。
でも、その割には散歩しているワンちゃんには出会わなかったなぁ。



さて、時刻もまもなく10時。
鹿島アントラーズのクラブハウスに戻りましょう。







2017/10/29 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

三浦杉公園 (2017年9月14日)(茨城県常陸大宮市) 

9月14日 公休日

この日は茨城県の常陸大宮市に出かけました。

道の駅みわ をあとにして、車で数百m。
いきなり視界に入ってきた公園の看板。
ついでだから、この公園にも立ち寄っちゃえ〜!

ってことで立ち寄ったのは...............三浦杉公園

      20170914三浦杉公園01



実は、この近くには三浦杉で有名な吉田八幡神社もあり

      20170914三浦杉公02



三浦杉は、吉田八幡神社の長い石段の先に
特に目につく二本の杉の巨木のことです。
これが茨城県指定天然記念物の三浦杉です。
樹齢は800年以上で、幹周囲10m、樹高59m、枝下28mというこの杉は、
久寿2年(1155年)相模国・三浦大介義明が、
下野国・那須野(現在の那須町)に金毛九尾の悪狐退治に行く途中に、
この神社に参拝し、
「我宴護により能く悪狐を護ば此の杉天にそびゆべし」と植えた杉と伝えられています。

当初は、『鎌倉杉』と呼ばれていましたが、
この話を聞いた徳川光圀が、『三浦杉』と命名したそうです。


その吉田八幡神社には駐車場が無く、
吉田八幡神社に訪れる人が
この公園の駐車場を利用するそうです。

      20170914三浦杉公03



吉田八幡神社の駐車場のための公園では決してありません。

      20170914三浦杉公04


園内には菖蒲園があり(って言うか、菖蒲園しかない)。
毎年6月中旬から7月中旬まで1万本以上の花菖蒲が咲き揃うそうです。

      20170914三浦杉公05


9月の中旬。
菖蒲の時期ではないから、当然咲いていません。

      20170914三浦杉公06


時期が時期なら、多くの人が訪れる場所のようです。

      20170914三浦杉公07



四阿も在って、ちょっとした休憩も出来ます。

      20170914三浦杉公08


近所の方々の犬の散歩コースにでもなっているんでしょうか?
矢鱈とクンクンと匂いを嗅ぎ回る びいすけ 。

少しは気分転換になったかな...............?







2017/10/14 Sat. 14:14 | trackback: -- | 本文: -- | edit

花の入公園 (2017年6月26日)(茨城県桜川市) 

6月26日 公休日

この日は、茨城県の桜川市に出かけました。


旧・筑波鉄道の樺穂駅跡をあとにして、向かった先は...............花の入公園



花の入公園は、 加波山中腹の自然の地形を活かして造られた公園で、
芝生の広場、四阿、遊歩道、石彫モニュメント、アスレチックなどが整備されています。


だいたいの位置はわかっていたんだけど、ナビには載っていない。
(ホンダ車の純正ナビって、そう言う事が多いと思うのは私だけ?)
ちょっぴり迷いながらも花の入公園に無事到着です。

      20170626花の入公園01


公園案内図で散策路を確認します。

      20170626花の入公園02



1985年に開催された.『つくば科学万博』のタイパビリオン(タイ友好交流センター)が
移築され,自由に見学することができます。
このタイ友好交流センターは,タイ政府が友好記念として桜川市(旧・大和村)に寄付したもので、
異国情緒豊な建物が印象的です。

      20170626花の入公園03


      20170626花の入公園04


      20170626花の入公園05



こちらは、日タイ交流記念の碑。

      20170626花の入公園06


      20170626花の入公園07

旧・大和村の名誉村民である総合病院の院長の延島市郎さんは、
昭和39年までの5年間で73人のタイ人留学生の保証人を引き受けました。
その功績を讃え、日本とタイの友好の証しとして
延島氏の故郷である旧・大和村に建物が寄贈されたと言うことです。



花の入公園は、加波山の自然を生かした公園。
そんなに広くはないけれど、ちょっとした森林公園。
森の中の散策路もあり、軽散歩も出来ます。

      20170626花の入公園08


ロングリードを車の中に忘れちゃったけど、 びいすけ のペースで歩きましょう。

      20170626花の入公園09


      20170626花の入公園10


      20170626花の入公園11


      20170626花の入公園12



四阿も二ヶ所設置され、休憩も出来ます。

      20170626花の入公園13



何と言っても1番のオススメは、なだらかな斜面の芝生広場。

      20170626花の入公園14


      20170626花の入公園15



芝生にゴロリン。
背中をスリスリ。

      20170626花の入公園16

お気に入り(?)の芝生では、びいすけ の恒例行事?


ムクッと起き上がり、背中をプルプルプル〜ゥ。

      20170626花の入公園17



アスレチックっぽい遊具も設置され、小さな子供も遊べます。

      20170626花の入公園18



そして、石の町『真壁』のお膝元。
石造りの動物のモニュメントも多い。

      20170626花の入公園19


      20170626花の入公園20


      20170626花の入公園21


      20170626花の入公園22


      20170626花の入公園23


      20170626花の入公園24


      20170626花の入公園25


      20170626花の入公園26


つくば辺りで、降っていた雨も桜川市に来たら上がり
この花の入公園に来た頃には陽が射して来た。

梅雨の合間の晴れ?


お日様が顔を覗かせれば、気分も晴れてくる。

さてさて、桜川市の廃校巡りと行きましょう...............



2017/07/13 Thu. 16:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit