FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて...............海上小学校安須分教場 (2019年12月10日)(千葉県市原市) 

12月10日   

この日は、市原市に出かけました。

ある方のブログを見ていたら、今秋の台風15号の強風で
市原市のとある神社の鎮守の森が凄い事(酷い事)になっていると知り
その状況を目で見て確認しようと思い、市原市に出かけました。

その神社に向かう道すがら、兼ねてからそれらしい場所に見当を付けていた
廃校跡を探しに行きました。

向かった先は...............市原市立海上小学校安須分教場(分校)。

安須分校は、明治初期に創設された安須小学校がその始まりとされています。

明治7年     安須小学校が創設される。
明治25年    安須尋常小学校と改称する。
大正14年    海上尋常小学校安須分教場となる。
昭和22年    学制改革により海上村立海上小学校安須分教場と改称する。
昭和31年    海上村が三和町に編入され、三和町立海上小学校安須分教場と改称する。
昭和38年    三和町が市原町、五井町、姉崎町、市津町と合併して市原市が誕生する。
        市原市立海上小学校安須分教場と改称する。
昭和40年    本校に統合されて廃校となる。

と、このような沿革となっているようです。

市原市の五井駅から上総中野駅まで房総半島中央部を走る小湊鉄道。
その小湊鉄道の上総山田駅からさほど離れていない安須集落。
その集落にある安須公民館にあたりをつけて訪れましたが
どうやらそこは、学校跡ではありません。
周辺をぐるっと廻って分からなかったら諦めて帰ろうと思っていたら
目の前にこんな風景が飛び込んできた。

      20191210安須分教場01

門柱に桜の木。
どう見ても、それっぽく見える。



近寄ってみると、紛れもなく正門跡。

      20191210安須分教場02


      20191210安須分教場03



しっかりと表札まで残っている。

      20191210安須分教場04

文字はカスれているけれど、
しっかりと海上小学校安須分校って読める。


あれ!?
ここでちょっとした疑問。

海上小学校のHPの沿革では、
「昭和40年安須分教場廃校」と記載されている。
分教場では無かったのか?

でもこの際、細かいことは気にしない。
目的の廃校跡が見つかったから、良しとしよう。
でも、海上小学校のHPの沿革を尊重して、
この場では分教場と言う表現にいたします。

廃校後、市原市安須児童公園として活用されて(?)いるようです。

      20191210安須分教場05



とは言え、廃校から既に54年。
校舎もとっくに解体され、学校遺構もほとんど残っていない。

      20191210安須分教場06


      20191210安須分教場07


      20191210安須分教場08



敷地の端には2本のイチョウの木。

      20191210安須分教場09



きっとシンボルツリーだったのでしょう。
イチョウの木の奥の小さな建物はお寺の施設のようです。

      20191210安須分教場10



敷地に残る遊具類。

      20191210安須分教場11


50年以上前のモノだろうか?

      20191210安須分教場12



児童公園になった時に設置されたモノかもしれない。

      20191210安須分教場13


      20191210安須分教場14



成寿院と言う寺院の施設。

      20191210安須分教場15

ぱっと見、公民館っぽくも見える。



成寿院の脇からの分教場跡。

      20191210安須分教場16


そして、裏手の高台からの分教場跡。

      20191210安須分教場17


いずれにしても諦めかけていた中で見つける事が出来た廃校跡。
これはコレで、記憶に残る廃校跡になりました。





スポンサーサイト



2020/01/25 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............福原小学校 (2019年11月16日)(茨城県笠間市) 

11月16日


この日は、茨城県の笠間市に出かけました。


常陸国出雲大社をあとにして、向かった先は.................笠間市立福原小学校。



福原小学校はの詳しい沿革については不明ですが
明治6年     開校。
昭和54年    稲田小学校に統合されて廃校となる。

と言った沿革のようです。




こちらが、福原小学校の正門跡。

      20191116福原小学校01


門柱は壊れてしまったのか?

      20191116福原小学校02

基礎部分だけ残っている。


少し離れた場所に置かれた(放置された?)門柱。

      20191116福原小学校03

危険だから、門柱は撤去されたのかもしれませんね。


廃校後、校舎は解体されて、
跡地には公民館が建てられたようです。

      20191116福原小学校04


      20191116福原小学校05


      20191116福原小学校06



敷地の一角に記念碑等がまとめられて置かれています。


二宮像。

      20191116福原小学校07


      20191116福原小学校08



校歌の碑。

      20191116福原小学校09



運動場拡張記念碑。

      20191116福原小学校10



正門跡の脇には、シンボルツリー?

      20191116福原小学校11

枝は落とされていますが、立派なイチョウの木。


そのイチョウの根元にも卒業の記念碑。

      20191116福原小学校12



公民館の前に遊具は移設されたのか?
校庭には遊具は無い。

      20191116福原小学校16


何も無いだけ、広く感じる校庭。

      20191116福原小学校13


      20191116福原小学校17



視界の先に見えるのは................

      20191116福原小学校14



先ほど訪れた常陸国出雲大社。


ズームで撮った拝殿。

      20191116福原小学校15


なかなか、ロケーション的には好立地なんだけど
少子化の波には勝てなかったんですね。











2020/01/13 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............本戸小学校 (2019年11月16日)(茨城県笠間市) 

11月16日

この日は、茨城県の笠間市に出かけました。

友部小学校跡をあとにして、向かった先は............笠間市立本戸小学校。


本戸小学校は、

明治7年      富田藤右ヱ門氏宅を借用し、本戸小学校として創立する。
明治9年      広洞院庫裡 松本昌安氏宅を買収し校舎とする。
明治19年     本戸尋常小学校となる。
明治19年     稲田尋常小学校本戸分教場となる。
明治23年     南山内尋常小学校本戸分校となる。
明治25年     南山内村立本戸尋常小学校と改称する。
明治41年     現在地に校舎新築し移転。
昭和22年     学制改革により南山内村立本戸小学校と改称する。
昭和30年     笠間町・北山内村、大池田村が合併し新たな笠間町となる。
         笠間町立本戸小学校と改称する。
昭和33年     笠間町が市制施行して笠間市となる。
         笠間市立本戸小学校と改称する。
昭和57年     稲田小学校と南小学校とに地区別に分かれて統合されて廃校となる。

と、このような沿革となっています。



こちらが、本戸小学校の正門。

      20191116本戸小学校01



門柱には、往時の表札が掲げられています。

      20191116本戸小学校02



廃校後、校舎は解体され、跡地は公民館が建てられたようです。

      20191116本戸小学校03


また、敷地の一部はゲートボール場として利用されているようです。

      20191116本戸小学校04



敷地の一角に石碑類が建ち並んでいます。

      20191116本戸小学校05


   

校歌の碑。

      20191116本戸小学校06


裏面には沿革が刻まれています。

      20191116本戸小学校07

大変参考になりました。



創立百周年の碑。

      20191116本戸小学校08



本戸善光寺の由来の碑。

      20191116本戸小学校09

碑文によれば、元々、この地には善光寺如来が祀られて居たけれど
所有者である西光寺の藤枝氏から寄進されたものだったけれど、
管理等の維持が困難となり、藤枝家の了承を得て売却することになったそうです。
後世にその事を残すために、この碑を建てたそうです。



こちらは、本戸小学校閉校記念碑。

      20191116本戸小学校10



創立百周年記念植樹の碑。

      20191116本戸小学校11



農村公園の門柱。

      20191116本戸小学校12

現在は、公民館が建てられていますが、
廃校直後は農村公園として利用されていたようです。



敷地の一角には消防倉庫。

      20191116本戸小学校13



廃校から37年。
校庭には遊具類は残っていない。

      20191116本戸小学校14



しかしながら、校庭に残る古い桜の木々は 
学校跡を感じさせてくれます。    

      20191116本戸小学校16


      20191116本戸小学校17



その校庭を徘徊する びいすけ 。

      20191116本戸小学校19


気になる臭いがあって、それを体に擦り付けたいのか?
はたまた、枯れ草を芝生と勘違いしているのか?

      20191116本戸小学校18

転がって体を地面に擦り付ける びいすけ 。
よっぽど気持ちが良いんだろうか...........?






2020/01/12 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............旧・ 友部小学校跡 (2019年11月16日)(茨城県笠間市) 

11月16日

この日は、茨城県の笠間市に出かけました。


宍戸城址をあとにして向かった先は...........旧・友部町立 友部小学校跡。


お断り: 友部小学校は現役の小学校であり、廃校ではありません。



友部小学校は、

明治34年     宍戸尋常小学校の分教場として開校する。
明治37年     友部尋常小学校として開校する。
昭和22年     学制改革により、宍戸町立友部小学校と改称する。
昭和30年     宍戸町・大原村・北川根村と鯉渕村の一部が合併して友部町が誕生。
         友部町立友部小学校と改称する。
昭和48年     校地を移転する。

と、このような沿革となっています。


跡地は、JR友部駅近く,
友部駅前児童公園となっているようです。

      20191116旧・友部小学校跡01




確かに、学校跡の雰囲気を感じなくはない。

      20191116旧・友部小学校跡04



しかしながら、記念碑等の学校跡を示すものは無い。

      20191116旧・友部小学校跡05




でも、敷地境界のフェンス沿いの桜の木々が学校跡を彷彿されてくれる。

      20191116旧・友部小学校跡03



確固たる証しが無いから、『ここが本当に学校跡か?』と疑問符が浮かぶ中、
お孫さんを連れて、この公園に遊びにきた御老人がいた。


失礼を承知で、地元の人か?と訊ねると
地元の人だと言う。
その方に訊いてみると、間違いなくこの場所が
かつての友部小学校跡だと言う事です。



今は、近隣の避難場所でもある。

      20191116旧・友部小学校跡02




昭和48年に移転だから、今から46年前の事。
約半世紀前に移転したことになる。

      20191116旧・友部小学校跡06
   

      20191116旧・友部小学校跡08


      20191116旧・友部小学校跡09


      20191116旧・友部小学校跡10


友部町も平成18年に旧・笠間市と岩間町と合併して新しい笠間市となり
今は令和の時代を迎えることとなった。

この場所が学校だった事、
そして、かつては友部町と呼ばれていた事も
いつしか、忘れ去られてしまうんでしょうね。




2020/01/11 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................岩間第一小学校第一分校   (2019年11月16日)(茨城県笠間市) 

11月16日 

この日は、茨城県の笠間市に出かけました。

羽梨山神社をあとにして、向かった先は..........旧・岩間町立 岩間第一小学校第一分校


第一分校は、

明治37年     岩間尋常小学校第一分校設立
昭和22年     学制改革により岩間町立岩間小学校第一分校と改称する。
昭和29年     岩間町立第一小学校第一分校と改称する。
昭和58年     第一分校が廃校となる。

と、このような沿革となっています。



こちらが、正門跡。

      20191116第一分校01



こんな看板が建てられています。

      20191116第一分校02

廃校後、『岩間体験学習館』となっているようです。



校庭側から覗いてみましょう。

      20191116第一分校03

平屋建ての木造校舎ですね。



校舎全景。

      20191116第一分校04


   

別アングルから。

      20191116第一分校05


      20191116第一分校06



校舎をいろんな角度から眺めてみましょう。

      20191116第一分校07


      20191116第一分校08


      20191116第一分校09


      20191116第一分校10


      20191116第一分校11


      20191116第一分校12


      20191116第一分校13


      20191116第一分校14


      20191116第一分校15

廃校から36年。
他の施設に流用されているからとは言え
こうやって木造校舎が残っていてくれると
やっぱり嬉しいものです。



でも、校舎をグルッと一回りしても、
二宮像や廃校記念碑の類いは残っていない。




内部はこんな感じ。

      20191116第一分校16




校庭。

      20191116第一分校17


残念ながら、校庭にも二宮像や記念碑等は無い。
そして、遊具類も残っていない。


確認できるのは、桜の木々。

      20191116第一分校19



お約束とも言える消防倉庫はあるんですね。

      20191116第一分校18



取っ手が無く、壊れたまま放置されたローラー。

      20191116第一分校20


学校らしいと言えば、コレぐらい。


岩間体験学習館と言う事だけど、どうも使われている感じがしない。
結局、避難場所としてしか使われないのだろうか.............?


2020/01/10 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................岩間第一小学校第二分校   (2019年11月16日)(茨城県笠間市) 

11月16日  

この日は、茨城県の笠間市に出かけました。

笠間市は平成18年に旧・笠間市と友部町、岩間町が合併して誕生しました。
今回は、その岩間町、友部町を中心に巡ってみました。

向かった先は...............旧・岩間町立 岩間第一小学校第二分校。



第二分校は、

明治37年     岩間尋常小学校第二分校設立
昭和22年     学制改革により岩間町立岩間小学校第二分校と改称する。
昭和29年     岩間町立第一小学校第二分校と改称する。
昭和54年     岩間町立第三小学校が開校となり、第ニ分校が廃校となる。

と、このような沿革となっています。


岩間駅に向かう県道沿いに
こんな案内板が建っています。

      20191116第二分校01



県道から200m入ったところにある広場。
こちらが、第二分校跡です。

      20191116第二分校02



正門跡。

      20191116第二分校03




時代を感じさせる石造りの門柱。

      20191116第二分校04




広場というだけあって、本当に広い(笑)。

      20191116第二分校05


      20191116第二分校06



校舎は解体されていて何も無い。
門柱以外、遺構が無い。

      20191116第二分校07



記念碑らしきモノが無い。

      20191116第二分校08



敷地の境界線には桜の木。
分校時代の名残りでしょうか?

      20191116第二分校09


      20191116第二分校12




廃校後、野球か何かのグランド、あるいは運動場として利用されていたのでしょうか?
椅子が並んで、見学できるようになっている。

      20191116第二分校10


      20191116第二分校11


   

やっと見つけた遺構らしきモノ。

      20191116第二分校13


レンガで作られた焼却炉。
もう長い事使われていないので、草に覆われている。

これは第二分校の時のモノだったのだろうか.............?






2020/01/06 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて 番外編 《 偶然見つけた学校跡 》 (2019年11月12日)(茨城県取手市) 

11月12日

この日は、茨城県の取手市に出かけました。

取手市のマンホールカードを手に入れた後、利根川の堤防に向かって
八坂神社の脇を歩いていました。

八坂神社を過ぎたあたりで、目の前に石碑が現れました。

      20191112取手小学校発祥の地03




碑文を見て、びっくり!!。

      20191112取手小学校発祥の地04


      20191112取手小学校発祥の地05


そこには、『取手小学校発祥の地』 と刻まれています。



この場所には、こんな建物が建っていて、こんな看板がありました。

      20191112取手小学校発祥の地01


      20191112取手小学校発祥の地02


どうやら、取手市役所取手市支所と福祉会館が建っているようです。


Google MAPで確認すると、取手市民会館でもあるようですね。



取手小学校について調べてみると..........

明治6年3月 里仁小学校開設
明治8年2月 取手小学校と改称
昭和33年4月 学校統合(第一小,第二小)により,取手第一小学校を取手小学校と改称。
        現在地に校舎を建設。

と、沿革に記されています。

すなわち、昭和33年まで、この地に取手小学校が在ったと言うことになります。


  

現在は、取手市民会館、取手市福祉会館、取手市役所取手支所と
公共施設が混在していて、学校跡を彷彿させるものは無い。

      20191112取手小学校発祥の地07


      20191112取手小学校発祥の地08


      20191112取手小学校発祥の地09



おまけに敷地内には、新たな建物も建設工事中?

      20191112取手小学校発祥の地10

益々、ココが学校跡地だったなんて分からなくなってしまいます。




せめてもの想いが、この碑がこの場所に建っていてくれる事ですね。

      20191112取手小学校発祥の地06


たまたま通りかかった道沿いに碑を見つけ
偶然に旧校跡(学校跡地)を見つける事ができました。

コレも日頃の行い故の結果なんだろうか?
神様がご褒美をくれたんだと思うことにしよう。





2020/01/04 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................旧・藤代小学校跡 (2019年11月12日)(茨城県取手市) 

11月12日


この日は、茨城県の取手市に出かけました。


向かった先は................旧・藤代町立 旧・藤代小学校跡。


お断り: 藤代小学校は廃校ではなく、現役の小学校です。



藤代小学校は、

明治6年     和順学校創立
明治8年     宮和田小学校と改称
明治17年    宮和田尋常小学校と改称
明治22年    相馬尋常小学校と改称
明治25年     相馬高等小学校を創立
昭和22年    相馬町立相馬小学校と改称
昭和30年    相馬町が山王村、六郷村、高須村の一部、
         久賀村の一部と合併して藤代町が誕生。
         藤代町立藤代小学校と改称。
平成17年    藤代町が取手市に編入され
         取手市立藤代小学校と改称する。

と、このような沿革となっていますが
明治27年から昭和53年までこの場所が学びの舎でした。

      20191112旧・藤代小学校01

実は、こちらは取手市藤代図書館。


図書館の敷地には、こんな碑も建てられています。

      20191112旧・藤代小学校02


碑の銘文には、平成15年、当時の藤代町長の名で
この地が藤代小学校跡地であった事が記されています。

      20191112旧・藤代小学校03



どうやら、藤代小学校が移転した後、一時期は藤代保育園になっていたようですが
その後に図書館となったようです。

      20191112旧・藤代小学校04



校舎は、当然解体済み。
現在は近代的なデザインの立派な図書館が建っています。

      20191112旧・藤代小学校05


      20191112旧・藤代小学校06



隣接する藤代武道場。

      20191112旧・藤代小学校07



ひょっとしたら、こちらも小学校の敷地だったのかも知れない。

      20191112旧・藤代小学校08

意外に、体育館跡だったりして...............

ネットでいろいろ調べてはみたんですが
廃校でもないから、詳しい情報は載っていませんねぇ............。



2020/01/01 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................強瀬小学校 (2019年11月7日)(山梨県大月市) 

11月7日

この日は、山梨県の大月市に出かけました。

この日の大月市廃校巡り、その最終章は.................大月市立強瀬小学校。



強瀬小学校は、

明治6年      安楽寺を教場として創立。
明治7年      都留郡第九区強強瀬学校と称する。
明治8年      浅利村・奥山村・畑倉村・岩殿村・強瀬村が合併して賑岡村となる。
明治25年     強瀬尋常小学校となる。
          岩殿分教場を置く。
昭和5年      強瀬尋常高等小学校と改称する。
昭和22年     学制改革により賑岡村立強瀬小学校と改称する。
昭和29年     大月町・七保町・猿橋町・梁川村・笹子村・初狩村・賑岡村と合併して大月市が発足する。
          大月市立強瀬小学校と改称する。
平成28年     大月東小学校に統合されて廃校となる。



こちらが、校門跡。

      20191107強瀬小学校01



門柱。

      20191107強瀬小学校02



門柱の表札。

      20191107強瀬小学校03



校舎全景。

      20191107強瀬小学校04


別アングルから。

      20191107強瀬小学校05


      20191107強瀬小学校06



校庭の一角にまとめられた石碑群。

      20191107強瀬小学校07



経緯土標。

      20191107強瀬小学校08



校歌の碑。

      20191107強瀬小学校09



少年と少女の像。
タイトルは『元気な子』。

      20191107強瀬小学校10



『 真心 』の碑。

      20191107強瀬小学校11



そして、こちらが閉校記念碑。

      20191107強瀬小学校12

裏面には、しっかりと沿革も刻まれています。



こちらが体育館。

      20191107強瀬小学校13



校舎前の国旗掲揚ポール。

      20191107強瀬小学校14



校舎の壁には、校章。

      20191107強瀬小学校15



校庭の遊具類。

      20191107強瀬小学校16


      20191107強瀬小学校17


      20191107強瀬小学校18




朝礼台。

      20191107強瀬小学校19



ポツンと置かれた机。

      20191107強瀬小学校20



そして、百葉箱。

      20191107強瀬小学校21



こちらは、防災収納庫。

      20191107強瀬小学校22



そして、避難場所の案内板。

      20191107強瀬小学校23


こちらも地域の避難場所に指定されているようです。

地域の避難場所としてしか、活路がないみたいな感じで
ちょっぴり残念です。



2019/12/26 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................旧・七保小学校 (2019年11月7日)(山梨県大月市) 

11月7日

この日は、山梨県の大月市に出かけました。


大月市の廃校・旧校巡り、その第10弾は..............大月市立 旧・七保小学校。


お断り; 七保小学校は未だ現役の小学校で廃校ではありません。


七保小学校は明治7年に創設された葛野学校がその始まりとなっています。

明治7年     葛野学校創設。
        (下和田・葛野・林・奈良子・瀬戸・駒宮・浅川の7村を所属とし、葛野村に本校を置く)
明治8年     下和田村・葛野村・林村・奈良子村・駒宮村・浅川村・瀬戸村が合併して七保村となる。
明治19年     七保尋常小学校と改称する。
         下和田と浅川に分校を設置する。
明治25年4月   七保尋常小学校を分割し、葛野尋常小学校と改称し、各分校を独立校とする。
同年5月     下和田尋常小学校、浅川尋常小学校が創設され、奈良子に分校が設置される。
明治26年     葛野尋常高等小学校と改称する。
昭和22年     学制改革により七保村立葛野小学校と改称する。
昭和29年4月   七保村が町制施行して七保町となる。
         七保町立葛野小学校と改称する。
同年8月      七保町が、大月町・猿橋町・梁川村・笹子村・初狩村・賑岡村と合併して大月市が発足する。
         大月市立葛野小学校と改称する。
昭和40年     浅川小学校、浅川小学校奈良子分校を統合する。
         大月市立七保小学校と改称する。
平成21年     上和田小学校、瀬戸小学校を統合する。
         新校舎竣工、現校地に移転する。

と言う沿革です。


すなわち、平成21年まで、この地が学び舎でありました。

      20191107旧・七保小学校01



かつての正門の門柱には、表札が残っています。

      20191107旧・七保小学校02



この門柱は昭和47年の卒業生から贈られたモノのようです。

      20191107旧・七保小学校20




校舎全景。

      20191107旧・七保小学校03


      20191107旧・七保小学校04



別アングルから。

      20191107旧・七保小学校05


      20191107旧・七保小学校06


      20191107旧・七保小学校07


      20191107旧・七保小学校08



正面玄関にも立派な表札が残っている。

      20191107旧・七保小学校09



ピロティって言うんだっけ?
玄関の庇も立派。
学校の玄関って言うよりも病院の玄関みたい。

      20191107旧・七保小学校10


      20191107旧・七保小学校11



校舎を覗き込むと、そこは放送室だったようです。

      20191107旧・七保小学校14




校舎前の国旗掲揚ポール。

      20191107旧・七保小学校12



少年と少女のモニュメント。

      20191107旧・七保小学校13




経緯土標。

      20191107旧・七保小学校16



創立百周年の記念碑。

      20191107旧・七保小学校17

こちらに、七保小学校の沿革が刻まれています。




こちらは、体育館。

      20191107旧・七保小学校15




校庭。

      20191107旧・七保小学校18



これと言った遊具は残っていない。
新しい校地に持っていってしまったんでしょうか?

地面に埋められた古タイヤ。

      20191107旧・七保小学校19

確認できた遊具はこれのみ。



プール。

      20191107旧・七保小学校21



新しい校地は、この場所から100mほど離れた場所。
すぐ近くの場所になるけど、旧校地がこのまま使われていないのも
もったいない気がするんだけど................


2019/12/25 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................奈良子分校 (2019年11月7日)(山梨県大月市) 

11月7日 

この日は、山梨県の大月市に出かけました。

大月市の廃校巡り、その第9弾は............大月市立浅川小学校奈良子分校。


奈良子分校は、

明治25年      浅川尋常小学校が創立。その分校として奈良子分校が創設される。
昭和22年      学制改革により七保村立浅川小学校奈良子分校と改称する。
昭和29年      七保村が町制施行して七保町となる。
           七保町立浅川小学校奈良子分校と改称する。
同年8月       七保町が、大月町・猿橋町・梁川村・笹子村・初狩村・賑岡村と合併して大月市が発足する。
           大月市立浅川小学校奈良子分校と改称する。
昭和40年      葛野小学校に統合されて廃校となる。

 
こちらが奈良子分校跡地。

     20191107奈良子分校01

廃校後、奈良子保育所として再利用されたようですが
その保育所も現在では廃止されてしまいました。


敷地は、地域の避難場所に指定されているようです。

      20191107奈良子分校02



山間の分校だけあって、敷地はそんなに広く無い。

      20191107奈良子分校03


校舎も平屋の小さな校舎が二棟。

      20191107奈良子分校04


      20191107奈良子分校05


      20191107奈良子分校06


   

玄関は保育所開設の時に改装されたみたいです。

      20191107奈良子分校07



時代を感じさせる木造校舎。
色々なアングルから眺めてみましょう。

      20191107奈良子分校08


      20191107奈良子分校09


      20191107奈良子分校10


      20191107奈良子分校11


      20191107奈良子分校12


      20191107奈良子分校13



手前の校舎は、外観の塗装も保育所時代に施されているようですね。

      20191107奈良子分校14



狭い校庭には、遊具も残されている。

      20191107奈良子分校15


      20191107奈良子分校16


      20191107奈良子分校17


      20191107奈良子分校18



元々、山間の集落でそんなに多くの世帯数もなかったとおもわれる奈良子集落。
分校も保育所も廃校、廃所となってしまうのは時代の流れ、
定めだったのかもしれない。

この地に学校ができることなんて、もう無いんだろうなぁ...................


2019/12/25 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................瀬戸小学校 (2019年11月7日)(山梨県大月市) 

11月7日

この日は、山梨県の大月市に出かけました。

大月市の廃校巡り、まだまだ続きます。


上和田小学校をあとにして、向かった先は........大月市立瀬戸小学校。


瀬戸小学校は、

明治8年      葛野学校から独立。瀬戸学校地蔵堂に開設する。
明治20年      瀬戸尋常小学校と改称する。
明治25年      和田分校を設置する
明治42年      瀬戸村宮原に新築校舎建設移転。
大正7年      七保高等尋常小学校瀬戸分教場を設置。
昭和2年      瀬戸尋常高等小学校と改称する。
昭和22年      学制改革により七保村立瀬戸小学校と改称する。
昭和29年4月    七保村が町制施行して七保町となる。
          七保町立瀬戸小学校と改称する。
同年8月      七保町が、大月町・猿橋町・梁川村・笹子村・初狩村・賑岡村と合併して大月市が発足する。
          大月市立瀬戸小学校と改称する。
昭和39年      和田分校が大月市立上和田小学校として独立する。
平成21年      七保小学校に統合されて廃校になる

と、このような沿革となっています。




こちらが、正門跡。

      20191107瀬戸小学校01


赤煉瓦を使った門柱だったようです。

      20191107瀬戸小学校02

往時の表札もしっかりと残っています。



こちらも地域の避難場所に指定されているようです。

      20191107瀬戸小学校03



廃校から既に10年。
校舎は解体されていて、更地に近い状態。

      20191107瀬戸小学校04

実は、2年前の秋。
ここからさらに山間に進んだ深城ダムを訪れた時に
瀬戸小学校が在る事は(その存在は)知っていました。

記憶がまちがいなければ、
その時はまだ校舎が在ったような気がするんだけど............
ここ2年間で解体されてしまったのでしょうか?


体育館は残っていますが、老朽化はかなり激しい。

      20191107瀬戸小学校05


      20191107瀬戸小学校06

なにせ、カマボコ型の屋根の体育館ですからね。
建てられてから、相当な月日が経っているんでしょう。



夜間照明の設備もあるから、少年野球のグランドとして活用されているのか?

      20191107瀬戸小学校07


      20191107瀬戸小学校08



校庭の一角に、記念碑がまとめられています。


閉校記念碑。

      20191107瀬戸小学校09

裏面には沿革がくざまれていて、大変参考になりました。




こちらは、創立百周年記念碑。

      20191107瀬戸小学校10



無造作に置かれた記念碑。

      20191107瀬戸小学校11



少し離れた場所に、七保第二中学校の碑も在りました。

      20191107瀬戸小学校12

かつて、この場所には中学校も併設されていたんですね。



そして、別な一角には遊具類がまとめられていました。

      20191107瀬戸小学校13


      20191107瀬戸小学校14



こちらは、大月市の備蓄倉庫。

      20191107瀬戸小学校15



ネット先にはゲートボール場。

      20191107瀬戸小学校16


いずれ、体育館も解体されることになるでしょう。
ちょっと山間になってしまう土地だけに、
更地になっても有効活用できるのだろうか?

ちょっぴり気になっちゃいますね。



2019/12/24 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................上和田小学校 (2019年11月7日)(山梨県大月市) 

11月7日

この日は、山梨県の大月市に出かけました。

大月市の廃校巡り、その第7弾.は................大月市立上和田小学校。


上和田小学校は、

明治25年      瀬戸尋常小学校和田分校として設立される。
昭和22年      学制改革により、七保村立瀬戸小学校和田分校と改称する。
昭和29年4月     七保村が町制施行して七保町となる。
           七保町立瀬戸小学校和田分校と改称する。
同年8月       七保町が、大月町・猿橋町・梁川村・笹子村・初狩村・賑岡村と合併して大月市が発足する。
           大月市立瀬戸小学校和田分校と改称する。
昭和39年      瀬戸小学校より独立、大月市立上和田小学校となる。
平成21年      七保小学校に統合されて廃校になる

と、このような沿革となっています。



こちらが、かつての正門。

      20191107上和田小学校01



コンクリート製の門柱には往時の表札が残っています。

      20191107上和田小学校02



この門柱は昭和41年の卒業生から贈られたモノのようです。

      20191107上和田小学校03


    

こちらも地域の避難場所に指定されています。

      20191107上和田小学校04

大月市の場合、避難場所に旧・小学校名が記されていたりするから
他に転用されずに更地になっても、学校跡地をさ探し易いような気がする。





こちらが、校舎。

      20191107上和田小学校05


もともと、丹波山村の方へと抜ける県道と葛野川沿いの
敷地を利用した校地だから、そんなに広くは無い。

      20191107上和田小学校06



別アングルからの校舎。

      20191107上和田小学校07


      20191107上和田小学校08



この辺りのデザインはちょっと凝っている。

      20191107上和田小学校09



とても山深き場所に在る小学校の建物には見えない。

      20191107上和田小学校10



玄関庇には校名が掲げられている。

      20191107上和田小学校11



そして、壁面には校章が掲げられている。

      20191107上和田小学校12



窓ガラスには、閉校時に貼られた感謝の気持ちを示した張り紙が
日焼けしながらも、その想いを今も伝えている。

      20191107上和田小学校13



こちらは、用具室?
それとも、旧・校舎?

      20191107上和田小学校14



僅かに残る遊具類。

      20191107上和田小学校15


      20191107上和田小学校16


      20191107上和田小学校17


    

そして、使われることのない赤錆びたローラー。

      20191107上和田小学校18



校舎の前には、ポツンと小さな机が置かれている。

      20191107上和田小学校19


廃校から10年。
10ねんか、この机は雨風に晒されてきたのだろうか..............?




2019/12/24 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................畑倉小学校 (2019年11月7日)(山梨県大月市) 

11月7日

この日は、山梨県の大月市に出かけました。

大月市の廃校巡り、その第6弾は...................大月市立畑倉小学校。


畑倉小学校の詳しい沿革は残念の事に不明です。
って言うか、現地に在った閉校記念碑の裏面に沿革が刻まれていたんですが
転記する事なく、写真を撮って後で見ればなんて思っていたら
撮った写真がピンボケ。

唯一わかっていることは、
明治7年創立。
平成20年大月東小学校に統合されて廃校となったと言う事です。



こちらが、かつての正門。

      20191107畑倉小学校01



石造りの門柱には往時の表札が残っています。

      20191107畑倉小学校02



こちらも地域の避難場所に指定されています。

      20191107畑倉小学校03



正門の門扉は閉ざされていますが
脇から中に入れるので、ちょっぴり失礼して見学いたしましょう。


どうやら、校舎は既に解体されてしまったようです。
と言っても、廃校から既に11年経っていますからね。


利用はされていないようですが
体育館は未だに残っています。

      20191107畑倉小学校04




カマボコ型の屋根が時代を物語っています。

      20191107畑倉小学校05


      20191107畑倉小学校06




敷地の一角に記念碑等がまとめられています。

      20191107畑倉小学校08



二宮像。

      20191107畑倉小学校09


      20191107畑倉小学校10



昭和53年に建立された記念碑。

      20191107畑倉小学校11




畑倉小学校創立百周年記念碑。

      20191107畑倉小学校12



顕彰碑。

      20191107畑倉小学校13




畑倉小学校跡地の碑。

      20191107畑倉小学校14

要するに閉校記念碑のようなモノですね。


裏面にはしっかりと沿革が刻まれているんだけど...............

      20191107畑倉小学校16

ピンボケ写真じゃ、確認も出来ない。



こちらは、校歌の碑。

      20191107畑倉小学校15



遊具は全く残っていない校庭。

      20191107畑倉小学校17



その割には、残り香が気になる びいすけ 。

      20191107畑倉小学校18

匂い嗅ぎには余念がありません。



何も無い分、広く感じる校庭。

      20191107畑倉小学校07


      20191107畑倉小学校19


取り残されたようにポツンと放置された、
赤錆びたローラーが印象的でした.................。


2019/12/23 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................浅利小学校 (2019年11月7日)(山梨県大月市) 

11月7日

この日は、山梨県の大月市に出かけました。

大月市の廃校巡り、その第5弾は...................大月市立浅利小学校。


浅利小学校の詳しい沿革は不明です。
現地に在った閉校記念碑によれば
明治7年創立。
平成20年に大月東小学校に統合されて廃校となりました。

地域から福祉関係の事業者に活用して欲しいとの要望を受けて、
平成25年に福祉施設を運営する社会福祉法人に売却され
平成26年春、介護、障害者デイサービス施設となりました。



こちらが、浅利小学校跡。

      20191107浅利小学校01


      20191107浅利小学校02



たまたま、介護・障害者デイサービス施設の職員の方と話が出来て
小学校の事を尋ねたら、5年前までは校舎も全くそのまま残っていたそうです。

      20191107浅利小学校03

5年前に校舎の外観は、ほぼそのままで
内部をリノベーションされたそうです。

確かに、校舎っぽく見える。

      20191107浅利小学校07




こちらも地域の指定避難場所。

      20191107浅利小学校04


現在の介護、障害者デイサービス施設の名称のあとに
(旧・浅利小学校)としているのは、地元のこだわりでしょうか?

      20191107浅利小学校05



先ほどの職員の方に敷地内に記念碑が残っていると教えてもらい
見学させてもらいました。
流石に犬連れで中に入るのは気が引けます。
びいすけ は車の中でお留守番。

      20191107浅利小学校08



こちらが、閉校記念碑。

      20191107浅利小学校09



こちらは、校歌の碑。

      20191107浅利小学校10



校舎の建っていた場所より一段と高い場所にプール。

      20191107浅利小学校11



県道を挟んだ先の駐車場。

      20191107浅利小学校12

この場所に体育館が在ったらしい。
残念ながら体育館は解体されてしまったようです。




2019/12/22 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................大月西小学校 (2019年11月7日)(山梨県大月市) 

11月7日

この日は、山梨県の大月市に出かけました。

大月市の廃校巡り、その第4弾は..................大月市立大月西小学校。


大月西小学校の詳しい沿革は不明です。

現地に在った閉校記念碑によれば
明治6年に創立され、
平成28年に大月東小学校に統合されて廃校となり
142年の歴史に幕を降ろしました。


こちらが、正門。

      20191107大月西小学校01


石造りの古い門柱には、まだ表札が掲げられています。

      20191107大月西小学校02



地域の避難場所に指定されているようです。

      20191107大月西小学校03



校舎全景。

      20191107大月西小学校04



別アングルから。

      20191107大月西小学校05


      20191107大月西小学校06


      20191107大月西小学校07


      20191107大月西小学校08




玄関庇には、校章が掲げられています。

      20191107大月西小学校10



校舎前の国旗掲揚ポール。

      20191107大月西小学校09

そして、その足元には記念碑が建ち並ぶ。



閉校記念碑。

      20191107大月西小学校11

実はこの記念碑の裏側を覗くのを忘れていました。
ひょっとしたら、沿革が刻まれていたかもしれません。



こちらは、校舎竣工記念碑。

      20191107大月西小学校12



山梨県学童野球大会の優勝記念碑。

      20191107大月西小学校13


おそらく地元選出の議員さんが贈られた石碑。
『誠心』『努力』『信念』
最近、忘れがちな言葉ですね。

      20191107大月西小学校14


  

こちらは、標高を示す碑。

      20191107大月西小学校15





こちらは、体育館。

      20191107大月西小学校16




校庭の遊具類。

      20191107大月西小学校17


      20191107大月西小学校18


      20191107大月西小学校19


      20191107大月西小学校20


      20191107大月西小学校21




朝礼台。

      20191107大月西小学校22


明治6年に創立した伝統のある小学校。
歴史のある小学校が、ここでも廃校になったんですね。





2019/12/22 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................間明野分校(2019年11月7日)(山梨県大月市) 

11月7日

この日は、山梨県の大月市に出かけました。

大月市には、廃校・学校跡地が20近くあり
以前から、その全てを巡って見たいと思っていました。
何年か前に、大月市内の幾つかの廃校を巡りましたが
まだまだ制覇できておりません。

今回、再チャレンジで大月市内の廃校巡り。
その第3弾は............大月市立大月西小学校間明野分校。


間明野分校の沿革は不明です。
って言うか、その存在もWikipediaを見るまでは知りませんでした。
とうぜん、その場所も分かりません。

Wikipediaによれば、昭和39年に廃校となっています。

いつものように、場所が解らない時は、『間明野』と言う字名を頼りに
その地区の公民館や集会所にあたりを付けて
あとは現地でご年配の人を探して尋ねてみる。

今回もこの作戦で、『間明野集会所』にあたりを付けて、
国道20号の真木交差点から、山の方へと進路を決めて進みます。


こちらが、間明野集会所。

      20191107間明野分校01


  

この地区の指定避難所にもなっています。

      20191107間明野分校02



近くで大工仕事をしていた初老の男性に訊いてみると
間明野集会所の建っている敷地が、かつての分校跡地と言うことです。

      20191107間明野分校03



こんな感じで校舎が建っていたのでしょうか?

      20191107間明野分校04

当時の校舎は解体されて、今は集会所が建てられています。

      20191107間明野分校06




集会所の建物の前に石碑が建っています。
分校跡碑と思ったら違っていました。

      20191107間明野分校05

後藤伊作先生の頌徳碑でした。
地域に貢献した教育関連の方でしょうか?


残念ながら、学校関連の碑は無く、
門柱や二宮像などの学校遺構も残っていない。

      20191107間明野分校07




これらの遊具は往時のモノだろうか?

      20191107間明野分校08


      20191107間明野分校09


      20191107間明野分校10


      20191107間明野分校12

廃校から55年。      
流石に往時のモノじゃないんでしょうね。


敷地の裏にあたる場所には古い桜の木。

      20191107間明野分校13

毎年花を咲かせ、子供たちを迎え入れていたんでしょうね。




2019/12/21 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................旧・初狩小学校 (2019年11月7日)(山梨県大月市) 

11月7日

この日は、山梨県の大月市に出かけました。

大月市には多くの廃校や学校跡地があり、その廃校巡りにやって来ました。


大月市の廃校巡り、その第2弾..................大月市立 旧・初狩小学校跡 。


初めにお断りしておきますが.................
廃校を訪れに来ていますが、初狩小学校は廃校ではなく
現役の小学校です。


初狩小学校の詳しい沿革は不明ですが
明治6年10月に下初狩・中初狩・白野・阿弥陀海・黒野田の五か村組合小学校が、
白野地区宝林寺境内の禅堂を仮校舎として開校しましたのが始まりのようです。
(第一大学区第四十五中学区、第二番白の小学校と称する。)

しかし、明治6年11月に笹子地区と初狩地区がそれぞれの地区のお寺に分離します。

明治40年に初狩地区はこの地に校舎建て、
明治42年に笹子地区は笹子小学校の場所に校舎を建てたそうです。

それから時は流れ、分離した笹子小学校と初狩小学校は
平成22年に笹子小学校が初狩小学校に統合されて、再び一緒になりました。

そして、平成27年、旧・大月第一中学校の敷地に新たな校舎を建て移転しました。


甲州街道(国道20号線)沿いに建つ門柱。
かつての正門です。

      20191107旧・初狩小学校01




向かって左側の門柱。

      20191107旧・初狩小学校02



初狩小学校の表札が掲げられています。

      20191107旧・初狩小学校03



向かって右側の門柱。

      20191107旧・初狩小学校04



こちらには、初狩中学校の表札が掲げられています。

      20191107旧・初狩小学校05


初狩中学校もすでに廃校。
昭和62年に笹子中学校と統合して大月第一中学校になりました。
その大月第一中学校も平成26年に大月東中学校に統合されて廃校となり
その跡地に翌年の平成27年に初狩小学校が移転しました。


今から4年前までは、この地が初狩小学校でした。

      20191107旧・初狩小学校06



校舎全景。

      20191107旧・初狩小学校07


      20191107旧・初狩小学校08



別アングルから。

      20191107旧・初狩小学校10


      20191107旧・初狩小学校11


      20191107旧・初狩小学校12



正面玄関。

      20191107旧・初狩小学校13


玄関には木製の大きな表札も残っている。

      20191107旧・初狩小学校15



校舎の脇には、初狩中学校の学校跡碑。

      20191107旧・初狩小学校16

そう言えば、笹子小学校にも笹子中学校跡の碑があった。
この辺りでは小学校と中学校が併設されていたんですね。
戦前の尋常高等小学校の名残りでしょうか?



こちらは、体育館。

      20191107旧・初狩小学校09



朝礼台。

      20191107旧・初狩小学校17



唯一、確認できた遊具。

      20191107旧・初狩小学校18

他の遊具は全て新しい校地に持って行ってしまったんでしょうか?


廃校や学校跡地ではお約束とも言える防災倉庫。

      20191107旧・初狩小学校19

ここにもしっかり在りました。


廃校では無いけれど、学校跡地。
でも、初狩中学校としてみれば、廃校になる。


いずれにしても。この先この地はどうなってしまうんでしょうか?


2019/12/21 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................笹子小学校 (2019年11月7日)(山梨県大月市) 

11月7日

この日は、山梨県の大月市に出かけました。

大月市には、現在5つの小学校がありますが
かつては分校を含めると20近くの小学校が在りました。
多くの小学校が統合により廃校となってしまいました。

今回、その統廃合された廃校、学校跡地巡ってみました。


その第一弾..................大月市立笹子小学校。


笹子小学校は、

明治6年     宝林寺に白野小学校を開設する。
         その後、阿弥陀堂に移り吉久保小学校と改称する。
明治8年     黒野田村・吉ヶ久保村・白野村が合併して笹子村となる
明治20年     笹子尋常小学校と改称する。
明治45年     笹子尋常高等小学校と改称する。
昭和22年     学制改革により、笹子村立笹子小学校と改称する。
昭和29年     笹子村が・大月町・七保町・猿橋町・梁川村・初狩村
         ・賑岡村と合併して大月市が発足する。
         大月市立笹子小学校と改称する。
平成22年     初狩小学校に統合されて廃校となる。

と、このような沿革となっています。




正門跡。

      20191107笹子小学校01



石造りの古い門柱。

      20191107笹子小学校02



門柱には、往時の表札が掲げられています。

      20191107笹子小学校03



校舎全景。

      20191107笹子小学校04


校舎は二棟あります。
こちらは、ちょっと高台になる位置の校舎。

      20191107笹子小学校05



一段下がった位置の校舎。

      20191107笹子小学校06

でも、校庭と同じレベルの位置だから
元々の校舎はこちらになるのでしょう。


別アングルからの校舎。

      20191107笹子小学校07


      20191107笹子小学校08


      20191107笹子小学校09





こちらは、体育館。

      20191107笹子小学校10



時代を感じさせるカマボコ屋根。

      20191107笹子小学校11



校舎の前には閉校記念碑。

      20191107笹子小学校12



裏面には、校歌と沿革が刻まれています。

      20191107笹子小学校13


笹子小学校創立百周年の記念碑。

      20191107笹子小学校14

この形の創立百周年記念碑は山梨県の学校に多い。



こちらは、笹子中学校の跡碑。

      20191107笹子小学校15

高台の校舎の前に建っていました。
同じ敷地に中学校も在って、
高台の校舎が中学校の校舎だったようですね。


経緯度に記された碑。

      20191107笹子小学校16

これも山梨県の学校に多い。



校庭。

      20191107笹子小学校17


      20191107笹子小学校18

廃校から9年。
遊具らしきモノは残っていない。



木製の長椅子。

      20191107笹子小学校19



朝礼台。
      20191107笹子小学校20



校庭のフェンス沿いには桜の木が立ち並ぶ。

      20191107笹子小学校21



学校のとしての機能は無くなったけれど
地域の避難場所とされている。

      20191107笹子小学校22

大月市の初狩地区では台風19号で甲州街道(国道20号)の一部が通行止め。
もう少しで陸の孤島となるところだったみたい。
でも避難場所として現実に活用される事がない事を祈りたい。





2019/12/20 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................穴山小学校 (2019年10月25日)(山梨県韮崎市) 

10月25日

1泊2日の山梨旅行。
その2日目、清里から韮崎市へと向かいます。


昨日、ほぼ一日韮崎市を巡っていましたが
当初の予定から行きそびれてしまった廃校があり
急遽、韮崎市へと向かいました。

向かった先は................韮崎市立穴山小学校。


穴山小学校の詳しい沿革は不明です。
現地に創立百周年の記念碑があったので、
そちらに沿革が記されていて、参考になりました。

敷地には、明治11年の校舎新築記念として植樹した
『ヒイラギ』の木があるそうです。


明治6年泉竜寺を仮校舎として穴山小学校が開設する。
明治11年藤村様式の新校舎が竣工する。
明治25年高等科を併置する。
大正11年現在地に校舎を新築し移転。
昭和16年火災により校舎消失。
昭和18年新校舎竣工。
昭和22年学制改革により穴山小学校と改称する。(昭和26年まで穴山中学校を併設する)
昭和26年新府中学校が開設され、穴山小学校単独となる。
昭和29年韮崎市立穴山小学校と改称する。
平成2年藤井小学校、中田小学校、穴山小学校が統合し
新たに韮崎市立北東小学校が開校する。
穴山小学校は廃校となる。


と、このような沿革となるようです。




こちらが、正門跡。

      20191025穴山小学校01


石造りの古い門柱です。

      20191025穴山小学校02



廃校後、校舎は解体されてしまったようです。

      20191025穴山小学校03



敷地の一部に『穴山町ふれあいホール』と言う施設が平成9年に建てられてそうです。

      20191025穴山小学校04

いわゆる、地域のコミュニティセンターですね。


体育館は健在と言うか、その姿を遺しています。

      20191025穴山小学校05



雨の廃校。

      20191025穴山小学校06



校庭は水たまり状態。

      20191025穴山小学校07



体育館の前に、国旗掲揚ポール。

      20191025穴山小学校08



カマボコ屋根の体育館。

      20191025穴山小学校09

時代を感じさせる形ですね。
昔は体育館の屋根って言う言ったら、
このカマボコ屋根が定番だったんだよねぇ。


体育館の前には碑が並ぶ。

創立百周年の記念碑。

      20191025穴山小学校12



その裏面。
刻まれているのは沿革でした。

      20191025穴山小学校10




こちらは、『穴山小学校閉校之碑』

      20191025穴山小学校11

一応、閉校記念の碑なんだから『記念』って言う二文字が欲しいよね。


こちらは経緯度標柱。

      20191025穴山小学校13

山梨県の小学校では、よく見かけます。



タイムカプセルの碑。

      20191025穴山小学校14

埋められたのは1972年のようです。
2000年に開ける と碑文が刻まれている。
もう開封されちゃったんでしょね。



こちらは、校歌の碑。

      20191025穴山小学校15



こちらは、明治百年の記念碑。

      20191025穴山小学校17


体育館は明治百年の記念で建てられたもののようです。



石膏の像。

      20191025穴山小学校16



朝礼台。

      20191025穴山小学校18



校庭には遊具も残る。

      20191025穴山小学校19


      20191025穴山小学校20


      20191025穴山小学校21


      20191025穴山小学校22



校庭の片隅には小さな碑。

      20191025穴山小学校23



卒業生の作詞者であり、童謡詩人である『権藤はなよ』の碑です。

      20191025穴山小学校24




明治11年の校舎新築記念として植樹した『ヒイラギ』の木。

      20191025穴山小学校25


      20191025穴山小学校26


校舎は無くなっても、このヒイラギの木は
いつまでも、この地に残る事でしょう。





2019/12/15 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit