FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

関東の富士見百景 《 房総半島(富津市)からの富士 》 (2018年9月23日)(千葉県富津市) 

9月23日

この日は、房総半島の富津市へ出かけました。

個人的に富士山は好きで、
富士山の景勝地はなぜかテンションが上がります。

富士山への良好な眺望を得られる地点を選定し、
周辺の景観の保全や活用への支援を通じて、
美しい地域づくりの推進を目的として
平成17年に、国土交通省関東地方整備局が主催して選定したのが、
『関東の富士見百景』です。
百景と言いながらも、富士山への良好な眺望が得られる128景233地点となります。

その『関東の富士見百景』の一つか、富津市にもあります。


房総半島にニョイと突き出た富津岬。
その富津岬の先端が『関東の富士見百景』になります。


その富津岬の先端には、近代的(?)な構造の展望台が建っています。
その名もズバリ、『富津岬展望台』。

      20180923富津岬01



展望台前には案内看板。

      20180923富津岬02


この看板にも、『関東の富士見百景』に触れている。

      20180923富津岬03


そして、別な説明板。

      20180923富津岬04

こちらは、大平洋戦争の遺構になる『東京湾海堡』について触れています。



あらため、展望台前にて。

      20180923富津岬05


      20180923富津岬06


あいにくの曇り空で富士山は期待出来ないけれど、
展望台に上がってみましょう。

      20180923富津岬07


意外に風が強い。

      20180923富津岬08

びいすけ の耳も風にたなびいてます。


展望台頂部まで、あと少し。

      20180923富津岬09


頂部に到着。

      20180923富津岬11

残念ながら、完璧すぎる曇り空。
富士山は全く見えません。


展望台の手摺りには、例のプレート。

      20180923富津岬10

やっぱり、コレがなくっちゃ!!


      
おそらく、この方向に富士山が見えるはずなんだと思うだけど.........

      20180923富津岬12

厚い雲で影も形も確認できません。


東京湾の対岸。

      20180923富津岬13

横浜あたりでしょうか?



こちらが、東京湾第1海堡。

      20180923富津岬14

明治時代に富国強兵を目ざして建設された人工島。



こちらは、東京湾第2海堡。

      20180923富津岬15

太平洋戦争では、共に東京湾防備の要とされた海上砲台です。


そして、こちらは富津市側(背後側)。

      20180923富津岬16

そびえ立つ、東京湾観音。


東京湾観音は富士山を眺めながら
末長い日本の平和を願っているのだろうか.........?


しかし、この日も富士山を眺めることが出来ず、
富士山との相性の悪さを改めて思い知らされました............。




スポンサーサイト



2018/10/28 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

関東の富士見百景 《 小山田緑地 》 (2017年12月21日)(東京都町田市) 

12月21日 公休日


前日(12月20日)夜に八王子の実家に用事があったため
この日は、八王子の実家で朝を迎えます。
実家のベランダなら西の空を見ると、
晴れ渡った空の先にちょっぴり富士山が見える。
12月の冬空。晴れ渡れば富士山の見頃となる。

ならば、実家近くの関東の富士見百景を回ってみよう!

と言うことで、向かった先は...............関東の富士見百景 小山田緑地


小山田緑地へは、以前来た事があるけれど
その時は、関東の富士見百景には、さほど興味はありませんでしたが
最近は、富士山の魅力にちょっぴり取り憑かれています。
でも、基本的には富士山とは相性が悪いからなぁ(笑)。


午前9時過ぎ、小山田緑地に到着。

      20171221小山田緑地01



公園案内図もしっかりチェック。

      20171221小山田緑地02


さあ、遊歩道を歩いて、富士山の景勝地へ向かいましょう。

      20171221小山田緑地03



みはらし広場が富士山の景勝地。

      20171221小山田緑地04



こちらは、運動広場。

      20171221小山田緑地05

みはらし広場、この先。



この道を上った所がみはらし広場です。

      20171221小山田緑地06



間もなくみはらし広場。

      20171221小山田緑地07



みはらし広場に到着。

      20171221小山田緑地08



何やら碑が見えます。

      20171221小山田緑地09



近寄ってみましょう。

      20171221小山田緑地10


見覚えのあるプレート。

      20171221小山田緑地11



統一規格の『関東の富士見百景』のプレート。

      20171221小山田緑地12

関東の富士見百景の碑です。


しかし、...............

      20171221小山田緑地13

富士山は見えない。

朝早くは、それほどでも無かったけど
午前9時を回ると、ガスってきて富士山も見えなくなってしまいました。


えっ〜!
残念。
やっぱり、富士山とは相性が悪い。



みはらし台と言うだけあって、眺望はそれなりにある。

      20171221小山田緑地14


空も青く澄み渡っている。
でも富士山の方向はガスっていて、肝心の富士山が見えない

      20171221小山田緑地15



かなり、ガッカリ感に浸かるものの
せっかくだから、小山田緑地を散策することにいたしましょう。


みはらし台地の芝生の匂い嗅ぎに夢中になる びいすけ 。

      20171221小山田緑地16


みはらし台地から緑地内の散策開始です。

      20171221小山田緑地17


      20171221小山田緑地18



枯れ落ち葉の積もる遊歩道。
こう言った道をサクサクと音を立てて歩くのが好き。

      20171221小山田緑地19



広い芝生のある公園ではありがちな看板。

      20171221小山田緑地20



芝生広場もいいけれど、せっかく枯れ落ち葉の散策路(遊歩道)が有るんだから
そっちを堪能しなくっちゃ!

      20171221小山田緑地21


じつは、 びいすけ も枯れ落ち葉の散策路は大好き。

      20171221小山田緑地22


枯れ落ち葉の散策路をしばらく歩くと、やがて池が現れます。

      20171221小山田緑地23


上池、下池と並んでいます。

      20171221小山田緑地24


池には木道。

      20171221小山田緑地25


木道の上を心地よく歩く びいすけ 。
そんなに急がなくても良いから、ゆっくり歩きましょう。

      20171221小山田緑地26


見た感じ、湿性植物が生えそうな感じ。
時期が来たら菖蒲とか咲くのだろうか?

      20171221小山田緑地27



池から駐車場に戻る道は石畳の道。

      20171221小山田緑地28



富士山が見えなかったのは残念でしたが
小山田緑地、枯れ落ち葉の散策路がやっぱり良い公園です。






2018/02/18 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

関東の富士見百景 《 房総半島(鋸南町)からの富士 》 (2017年11月25日)(千葉県安房郡鋸南町) 

11月25日

この日の夕刻に立ち寄った 道の駅 きょなん。


この道の駅の観光案内所であるモノを見つけました。

      20171125房総半島(鋸南町)からの富士01


道の駅のスタンプコーナーの右端。
見慣れたプレートが窓ガラスに立て掛けてありました。

      20171125房総半島(鋸南町)からの富士02


えっ!
これって、『関東の富士見百景』のプレートじゃん。

      20171125房総半島(鋸南町)からの富士03


案内所の方に許可をもらって、少し移動。
改めて写真に収めます。

      20171125房総半島(鋸南町)からの富士04

関東の富士見百景 房総半島(鋸南町)からの富士 と記されています。

これって、碑に嵌め込むプレートのはず。
どうりで、鋸南町で関東の富士見百景の碑を探しても見つからない訳だ。
まさか、こんな場所に在るとは...............。


と言うことは、この道の駅の周辺が関東の富士見百景になる事になる。


急いで道の駅の駐車場の奥へと向かいます。


日暮れ時の鋸南町の海辺。
海の向こうに富士山が見えます。

      20171125房総半島(鋸南町)からの富士05



この風景を探し求めていました。

      20171125房総半島(鋸南町)からの富士06


      20171125房総半島(鋸南町)からの富士07


      20171125房総半島(鋸南町)からの富士08


      20171125房総半島(鋸南町)からの富士09



夕暮れの富士山。

      20171125房総半島(鋸南町)からの富士10



鋸南町の海岸からの富士山。

      20171125房総半島(鋸南町)からの富士11



まさしく、ここは関東の富士見百景の地。
初めて、関東の富士見百景の地で
まともに富士山を眺めることが出来ました。





2018/01/16 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

関東の富士見百景 《 房総半島(館山市)からの富士 》 (2017年11月25日)(千葉県館山市) 

11月25日

この日は、房総半島の館山市に出かけました。

城址巡りで訪れた館山城址である城山公園。
実は、こちらは『関東の富士見百景』の地でありました。


城山公園から眺める館山湾。

      20171125房総半島(館山市)からの富士01

この館山湾は、別名『鏡ヶ浦』と称し、
日本百景に選定された地でもあります。


城山公園でもあり、館山城址でもある。

      20171125房総半島(館山市)からの富士02



そして、『恋人の聖地』でもある。

      20171125房総半島(館山市)からの富士03



さらには、関東の富士見百景の地でもあります。

      20171125房総半島(館山市)からの富士04

北条海岸で探していた『関東の富士見百景』の碑は
この城山公園の展望台に在りました。
文字が擦れて読みづらいけれど、銘板には
『房総半島(館山市)からの富士山』と刻まれています。

この地に碑はあったんですね。
北条海岸でいくら探しても見つからないわけです。



城山公園からの眺望。

      20171125房総半島(館山市)からの富士05




館山湾(鏡ヶ浦)の先には富士山。

      20171125房総半島(館山市)からの富士06



なかなか画像では見づらいようですが
富士山が見えます。

      20171125房総半島(館山市)からの富士07


      20171125房総半島(館山市)からの富士08


個人的に富士山とは相性が悪くて、
富士山の景勝地で晴天に恵まれると言う機会が少ない。
そう言う意味では、この日はラッキー。

最近、良くない事が続いていたから
多少は運気が良くなってきたのかな...............?(笑)




2018/01/05 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

関東の富士見百景  《 富谷山ふれあい公園 》 (2017年6月26日)(茨城県桜川市) 

6月26日  公休日

この日は、茨城県の桜川市に出かけました。


富谷観音の近くには、富谷山ふれあい公園があります。

富谷山ふれあい公園は、約40本の八重桜(ぼたん桜)が植樹されていて、
ソメイヨシノの開花が終わる頃から入れ替わるように咲始め、
4月中旬~下旬頃に見頃を迎えるそうです。
また富谷山ふれあい公園は、高台にあるため市内を一望することが出来、
天気の良い日には、富士山も望むことが出来るそうです。
その眺望から国土交通省の選定した「関東の富士見百景」に選ばれてます。


さて、その関東の富士見百景ですが、
平成17年に、国土交通省関東地方整備局が主催して選定した、
富士山への良好な眺望が得られる128景233地点です。

関東と言いながらも、信越地方の長野県が入っていたり
百景と言いながらも、128景233地点と100以上だし...............

とは言いながらも、実は「関東の富士見百景」も追いかけていたりする。
でも、なぜか富士山とは相性が悪く富士見百景に来ても、
まともに富士山が見えたことがないことが多い。

この日も朝から曇り空。
つくば市辺りで小雨に降られ、
小雨も止み、晴れ間が広がったものの、西方向は雲が厚い。

期待はしないけど、せっかく「関東の富士見百景」の地の近くに居るんだから
立ち寄らないわけには参りません。


富谷観音からも歩いて行けそうなので
頑張って歩きましょう。

      20170226富谷山ふれあい公園01


      20170226富谷山ふれあい公園02



アスファルトの上り坂を歩きます。

      20170226富谷山ふれあい公園03


アスファルトの道の終点が富谷山ふれあい公園。

芝生の綺麗な公園です。

      20170226富谷山ふれあい公園04



芝生を闊歩する びいすけ 。

      20170226富谷山ふれあい公園05

何となく嫌な予感。


と、思ったら予感的中!

芝生でローリングする びいすけ 。

      20170226富谷山ふれあい公園06


      20170226富谷山ふれあい公園07


      20170226富谷山ふれあい公園08



思い切り転げ回って満足したのか?
再び、芝生広場を闊歩する びいすけ 。

      20170226富谷山ふれあい公園09


      20170226富谷山ふれあい公園10


      20170226富谷山ふれあい公園11



芝生広場の奥には四阿。

      20170226富谷山ふれあい公園12



そして、四阿の先にはお目当の石碑。

      20170226富谷山ふれあい公園13

これぞ、『関東の富士見百景の碑』

石碑にはプレートが埋め込まれています。

      20170226富谷山ふれあい公園14

このプレートを探しに来たと言っても過言ではない。


予想通り...............
富士山方向の雲が厚く、富士山は見えない。

      20170226富谷山ふれあい公園15

まあ、想定の範囲です。



この場所は景観に長けている場所の証し。

こんなモノも設置されています。

      20170226富谷山ふれあい公園19


      20170226富谷山ふれあい公園16


足を指定された方向にしてこの場所に立てば...............


目の前には筑波山。

      20170226富谷山ふれあい公園17



そして、こちらが吾国山。

      20170226富谷山ふれあい公園18


      

別方向にも、同じようなモノが...............

      20170226富谷山ふれあい公園20



こちらは、富士山の位置を示していましたが
残念ながら厚い雲。

      20170226富谷山ふれあい公園21



額にうっすら汗をかくくらいに、陽射しが当たるようになって
茨城県南部は良い天気になったんだけどねぇ。

      20170226富谷山ふれあい公園22


      20170226富谷山ふれあい公園23


芝生広場から富谷観音に戻る途中に展望台があるらしい。
せっかくだから、展望台に向かいましょう。

      20170226富谷山ふれあい公園24



こちらが展望台。

      20170226富谷山ふれあい公園25



馬鹿と煙は高い所に上りたがる。

      20170226富谷山ふれあい公園26

さあ、びいすけ。
上ろうか?(笑)


こちらが展望台最上部。

      20170226富谷山ふれあい公園27



富谷山の高い所に在る展望台だから、かなり景観は良い。

      20170226富谷山ふれあい公園28

おそらく、富谷山で一番の景観の場所でしょう。



残念ながら、こちらでも 富士山は見えません。

      20170226富谷山ふれあい公園29


一応、270mmのズームにしても
見えないモノは見えない!!

      20170226富谷山ふれあい公園30


筑波山はバッチリなんだけどね。

      20170226富谷山ふれあい公園31



まあ、関東の富士見百景の地を訪れて、まともに富士山を拝めることが出来たのは
皆無という言っていい程だから、コレも日頃の行いのせい?


いつか、カラッと晴れた快晴で、雲ひとつ無い空の下
雄大な富士山を眺めてみたいものです。



2017/07/19 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

権現山公園   (2016年7月1日)(茨城県潮来市) 

7月1日  公休日

この日は、茨城県の潮来市と行方市に出掛けました。
潮来市では公園巡り。
水郷北斎公園をあとにして、向かった先は...............権現山公園

向かったと言っても距離にしたら、わずかな距離。
水郷北斎公園から歩いて権現山公園に向かいます。


権現山公園は、江戸時代には牛堀河岸のシンボルとして、
大きな黒松や桜が航行する舟の目印となっていました。
江戸時代後期に活躍した浮世絵師である葛飾北斎の富嶽三十六景
「常州牛堀」がこの場所よりえがかれたと言われております。

「茨城百景」にも選ばれた桜(約250本)とつつじの名所であり、
展望台からは北利根川沿いに広がる水郷地帯や霞ヶ浦が一望できます。
天気がよい日には筑波山と富士山を同時に見ることができ、
また綺麗な夕陽を見ることの出来るビューポイントでそうです。



県道沿いに建つ案内板。

      20160701権現山公園01


権現山公園の麓は、熊野神社。

      20160701権現山公園02

鳥居の奥に見える台地頂部が権現山公園になります。


権現山公園の台地に上がる前に、麓の熊野神社を
散策します。


この熊野神社はこの権現山に熊野権現信仰として祀ったものだと思われ、
江戸時代あたりに熊野信仰が盛んになって、小さな社をまとめて建てたモノらしいが
詳しい由縁は分かりません。
鳥居の神学には『三熊野神社』と記されています。

      20160701権現山公園03


      20160701権現山公園04


潮来市になる前の牛堀町の説明看板。
境内には大きな銀杏の樹があって、天然記念物に指定されていたようです。

      20160701権現山公園05



こちらが、その銀杏の樹。

      20160701権現山公園06


      20160701権現山公園07


      20160701権現山公園08




三熊野神社の拝殿。

      20160701権現山公園09



権現山公園へは、拝殿裏手の散策路を上がって行きます。

      20160701権現山公園10



額に汗を浮かべ、数分歩けば、権現山公園です。

      20160701権現山公園11



公園入口には、立派な石碑。

      20160701権現山公園12



公園に入ってすぐに、芝生広場がお出迎え。

      20160701権現山公園13


この芝生広場の周辺には約250本の桜の木があり
花見の名所となっているようです。

      20160701権現山公園14



この時期は、タンポポもどき(正式な名前は知りません)が咲いています。

      20160701権現山公園15




芝生広場の奥には、大きな四阿。

      20160701権現山公園16

まるで、この下に土俵でもあったのか?
思わず、そんなことを思ってしまいます(笑)。



名誉市民 森内捷夫氏の像。

      20160701権現山公園17



そして、こちらが『茨城百景入選記念碑』。

      20160701権現山公園18


茨城百景とは、昭和25年に観光審議会が選定した100の景勝地です。

この権現山公園周辺は、『水郷牛堀』として『茨城百景』に選定されています。
しかし、『茨城百景』の碑ではなく、『茨城百景入選記念碑』って言うのが笑えます。



『茨城百景』に選定されているだけあって
権現山公園の展望台からの眺望は良い。


      20160701権現山公園19


霞ヶ浦と北利根川。

      20160701権現山公園20

運が良ければ、富士山と筑波山も同時に見る事が出来るらしいが
運には見放されているようです(笑)

ちなみに、『関東の富士見百景』の一つでもあるらしいが
例のプレートの付いた石碑は見当たりませんでした。


公園の奥の別な展望スポットからは北利根川。

      20160701権現山公園21

この先には太平洋があるようです。


この日は汗ばむ気候だったから、
涼しくなったら、また来ようかな...............。





2016/07/15 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

《 関東の富士見百景 》  上永井公園 〈刑部岬〉(千葉県旭市) 

職場の同僚に『ぬれ煎餅が食べたい』と言われ、
ぬれ煎餅と言ったら、銚子のぬれ煎餅でしょう!

千葉県民としても、ぬれ煎餅と言えば
銚子電鉄のぬれ煎餅を勧めなきゃって言うことで
5月末にダック家を誘って、ぬれ煎餅を買うために銚子市に出かけました。

多くの方が銚子に出かける際に立ち寄る旭市の刑部岬。

びいすけ と ダック のトイレ休憩を含めて刑部岬の展望台に立ち寄りました。



何度も訪れている刑部岬。
展望台も有って、晴れていれば眺めも良い。



展望台の隣の公園で、びいすけ にオシッコをさせていたら
意外なモノが目に入った。





      20160531関東の富士見百景01


関東の富士見百景

      20160531関東の富士見百景02

富士山好きにとっては何とも魅力的な響きの言葉(笑)
しかし、この公園が上永井公園と言うのは知らなかった。


元々、刑部岬は屏風ヶ浦と言う断崖絶壁の一部に当たり
高台のため眺望は良い。
展望台があるから、よけいに富士山の眺望も良いんでしょう。


やっぱり、展望台から眺めなきゃ!

      20160531関東の富士見百景03



しかし、残念ながらこの日は曇り空。
時折、太陽は顔を覗かせたりするけれど、曇り空には変わりない。

      20160531関東の富士見百景04



雲ひとつ無く晴れていれば、この方角に富士山が見えるらしい。

      20160531関東の富士見百景05

残念ながら富士山は見えません。



一応、望遠レンズでぐっと寄ってみましたが
やっぱり富士山は見えません。

      20160531関東の富士見百景06








考えてみたら、千葉県から富士山をまともに見たことがないような気がします。
どうも、千葉県内の富士山の景勝地とは相性が悪いようです。

いつか、この上永井公園(刑部岬)からの富士山も見たいものです。




2016/06/15 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit