07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

乙女の滝 (2016年11月1日)(栃木県那須塩原市) 

11月1日 公休日

11月1日〜2日、個人的な連休を利用して
1泊2日で栃木県の那須に出かけました。


深山ダムをあとにして向かった先は...............乙女の滝


乙女の滝は、白笹山から流れる沢名川にある幅約5メートル、
落差約10数メートルの美しい滝です。
季節や水量によっていろいろな表情を見ることができます。

滝の名前の由来にはいくつかの説があるようです。

地元にはこんな昔話が残っているそうです。

昔、地元の若い釣り人が沢名川に行くと、
滝の上に盲目の美しい乙女が現れたそうです。
この話が村人に伝わり、後にこの滝の名前になったと言われています。

また、この乙女は沢名川の上流にある沼ッ原湿原の子守石に伝わる昔話と関係があるようで、
盲目になった蛇の化身であるという伝説があります。
 
他にも、滝のやさしく美しい流れが乙女の髪のように見えるという説や、
滝壷に若い人魚が現れたという説などが伝えられています。

清らかな水ときれいな空気に包まれて心も体もリフレッシュしたい方に
お勧めのポイントらしい。


板室温泉近くにあると思っていたので、
県道沿いにあるのですが、なかなか乙女の滝の案内が現れないので
うっかり通り過ぎてしまったのか?と、何故か道に迷ったりして...............

車が20台ぐらい停められる無料駐車場に車を入れ、
乙女の滝へと向かいます。

      20161101乙女の滝01



観瀑台は駐車場から30m。
アプローチが手軽な滝のようです。

      20161101乙女の滝02



こちらが、観瀑台。

看板の前にて。

      20161101乙女の滝03



説明板もしっかりチェックいたしましょう。

      20161101乙女の滝04



観瀑台から眺める乙女の滝。

      20161101乙女の滝05

周りの木々がちょっと邪魔。


石段があって、滝の近くへアプローチ出来ます。


こちらが沢名川。
下流はこんな感じ。

      20161101乙女の滝06


そして、上流側。

      20161101乙女の滝07



乙女の滝へと向かいます。

      20161101乙女の滝08



こちらが乙女の滝。

      20161101乙女の滝09




昨夜の夜半から今朝まで雨が降っていたから
水量は意外に多い。

      20161101乙女の滝10


さっきまで曇り空だったんですが
陽も射し始め、滝のから流れ落ちる水が輝いて見えます。

      20161101乙女の滝11



滝壺近くへと寄ってみましょう。

      20161101乙女の滝12


      20161101乙女の滝13



びいすけ の鼻先に小さな虹。

      20161101乙女の滝14


      20161101乙女の滝15



ミストをいっぱい浴びましょう。

      20161101乙女の滝16



岩場は滑りやすくて危ないけれど
なかなか雰囲気の良い滝。

画像では目立たないけど、滝の上部に県道が跨る感じで走っています。
人によっては、県道が景観を損ねていると言う意見もあるようですが
この県道があるからこそ、駐車場から3分ほどで滝壺近くへと行ける。

アプローチも簡単だし、那須観光の際に手軽に立ち寄れる滝だから
個人的には、お勧めの滝です。



スポンサーサイト
2016/11/16 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

深山湖 (2016年11月1日)(栃木県那須塩原市) 

11月1日 公休日

11月1日〜2日、個人的な連休を利用して
1泊2日で栃木県の那須に出かけました。


この日は、深山ダムのダムカードを集めに深山ダムに訪れました。

栃木県から茨城県へと流れる那珂川の上流にらある深山ダム。
那珂川の水を発電用、飲用、農業用水と活用していますが
その水源が那珂川を堰き止めて出来た 深山湖 です。

      20161101深山湖01


こちらが深山湖。

      20161101深山02

昭和48年に完成した深山ダムにより誕生しました。



深山湖(深山ダム)周辺は、七千山水源の森と言われ自然の宝庫のようです。

      20161101深山湖03

区域内はブナ、ミズナラ等の100年生の大木の自然林が林立し、
各所でニホンザルの群が見られ、ニホンカモシカも確認できると言われる
自然豊かな森です。
10月上旬には、ナナカマド、ウルシなどが色づき始め、
約1ヶ月間、紅葉を楽しむことが出来るそうです。


確かに、今が紅葉の真っ盛り。

      20161101深山湖04


      20161101深山湖05


      20161101深山湖07



駐車場と言った方が良いのか?
広い空き地で匂い嗅ぎに夢中になる びいすけ 。

      20161101深山湖06


      20161101深山湖08



広場の奥に びいすけ に引っ張られるように進むと
こんな看板が目に入って来ました。

      20161101深山湖08

250mなら、そんなに遠くないでしょう。
せっかくだから、深山ダム園地なる所へ行ってみましょう。


緩やかな坂道を上がって行きます。

      20161101深山湖10



ロングリードをぐいぐいっと引っ張り、先を進む びいすけ。

      20161101深山湖11


こう言った雑木林の中を歩くのが
びいすけ って好きみたい。

      20161101深山湖15




階段も元気良く駆け上がって行きます。

      20161101深山湖12



階段を上がった先は、広場になっています。

そして、四阿もある。

      20161101深山湖13

車の中に荷物を置いて来ちゃったけど
この場所でティータイムも良かったなぁ。
残念。


広場の先では深山湖が一望出来ます。

      20161101深山湖14


先ほど、那須広域ダム管理支所で貰ったダムカードは
この場所から撮影したモノだったようです。


なかなか、風光明媚な深山湖でした...............。



      

2016/11/15 Tue. 16:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう! 《 深山ダム 》《 板室ダム 》 (2016年11月1日)(栃木県那須塩原市) 

11月1日 公休日

11月1日、2日の個人的な連休を利用して
1泊2日で栃木県の那須に出かけました。



今回の旅行は、8月に台風で中止した『 びいすけ 7歳の誕生日旅行 』のリベンジ版であり、
また、先日の『欧州視察研修』の時に9日間(?) びいすけ の面倒を見てくれた
もっちゃん へのお礼を兼ねた旅行だから、
基本的には もっちゃん のリクエスト優先。
やれ城址だ!、やれ廃校だ!、やれ丸ポストだ! などの個人的な趣味は封印して
基本的には紅葉の観光地と銘店でのお土産を中心としたプランニングです。

とは言え、紅葉の時期。
ダム湖の紅葉も捨て難いし、ダムカードの魅力もあるから
無理を言って、1ヶ所だけ我儘を言わせて貰いました。

と言う事で、我儘を通して向かった先は 深山ダム


前日の10月31日の夜、千葉の佐倉から八王子の実家に移動。

朝5時の びいすけ のサンボに際は、雨も降っていて
旅行当日に朝に雨が降っていると、かなり心が折れます。

それでも小雨の中出発します。
あきる野ICから圏央道に乗ります。
圏央道も埼玉県内が完全に完成し、東名高速、中央道、関越道から
東北道に簡単にアクセスできるようになったから便利です。
わざわざ、中央道、首都高、東北道と乗り継ぐ必要もなくなったので
随分と楽になりました。

順調に圏央道、東北道と乗り継ぎ、佐野PAにて小休止。
佐野PAに着く頃には、小雨も上がり始めました。
これって日頃の行いが良いからかなぁ(笑)。

黒磯・板室ICで東北道を降り、深山ダムを目指します。

県道を板室温泉方面に向かい、深山ダムの案内板を左折。
山に登って行く道をひたすら走り、やがて深山ダムに到着です。


深山ダムは、国営那須野原開拓建設事業の一環として那珂川上流に建設された
農業・上水道・発電用の多目的ダムで、昭和48(1973)年に完成しました。
高さ75.5メートル、堤の高さ333.8メートルにロックフィルダムで、
これによってできた深山湖の総貯水量は2,580万トンになります。
沼原発電所で発電に使う水はここから揚水されています。

沼原発電所は世界有数の揚水式発電所で、深山湖を下池として、
標高1,200メートルの沼原調整池を上池として、その落差517メートルを利用した発電を行っています。
最大出力は67万5,000キロワット。
発電所は地中にあって普段見ることができませんが、
発電所入口奥にある展示館「森の発電おはなし館」でそのしくみを知ることができます。
また、ダムの周辺は豊かな自然にあふれ、
新緑や深緑、紅葉など四季折々の景色を大パノラマで楽しむことができます。
特に、山頂部から裾野にかけて染まる“三段染め”と呼ばれる紅葉のグラデーションは見事な眺めだそうです。



ダム手前の広場(駐車場?)に建てられた案内板。

      20161101深山ダム01



駐車場(?)から眺める深山ダム。

      20161101深山ダム02



隙間から下を覗く びいすけ 。

      20161101深山ダム03

『 危ないよ! 落っこちゃうよ! 』


深山湖の看板の裏には、深山ダムの詳細が記されていました。

      20161101深山ダム04



深山ダムの1次側。
確かに十分な保有水量です。

      20161101深山ダム05


ダム天端。

      20161101深山ダム06

道路になっていて、この先を行けば「森の発電おはなし館」に行けます。


対岸のダム広場には、深山ダムに関する石碑が建っています。


こちらは、深山ダム完成記念の碑。

      20161101深山ダム07

昭和48年に完成した深山ダム。
この碑も昭和48年に建てられています。


こちらは、深山ダム竣工25周年記念碑。

      20161101深山ダム08


碑文はこちら。

      20161101深山ダム09



深山ダム完成記念碑の前で、 もっちゃん が何かを準備中。

      20161101深山ダム10



呼ばれて、近づくと...............

      20161101深山ダム11

あったかいコーヒー。

いゃあ、11月の声を聞いた途端に寒くなったと言うか
今朝からの雨は上がったものの曇り空。
やっぱり陽が差さないと、寒いよねぇ。



ダム広場側からの深山ダム。

      20161101深山ダム12


こちら側から見てもさほど変わらない。
ゲートが3門とズバ抜けて大きなダムでもない。

      20161101深山ダム13



ただ、山の上部(標高の高い所)になるから
紅葉の名所でもあるようです。

      20161101深山ダム14

この日も平日ですが、何台かの車が深山ダムに訪れ
山肌の紅葉を眺めていました。


曇っていた空も明るくなり、うっすら青空が顔を覗かせています。

      20161101深山ダム15



湖畔の白い建物が『那須広域ダム管理支所』。

      20161101深山ダム16

こちらでダムカードを配布しているはず...............?


ダムカードの配布案内。

      20161101深山ダム17

深山ダムのダムカード配布案内4種類あって、
春バージョン、夏バージョン、秋バージョン、冬バージョンがあるみたいです。


二階で受付をしてダムカードをゲット!。

      20161101深山ダム18

深山ダムのカードは、秋バージョンでした。
下流域にある板室ダム(立入り禁止区域)のダムカードも貰っちゃいました。



さらに、間伐材で作られたと思われるコースター。

      20161101深山ダム19

こちらも戴いちゃいました。



こちらが深山ダムのダムカード。

      20161101深山ダム20


      20161101深山ダム21


そして、こちらが板室ダムのダムカード。

      20161101深山ダム22


板室ダムは現地に行ってないけど、
立入り禁止区域らしい(那須広域ダム管理支所の職員談)。

      20161101深山ダム23


それにしても、非公認のダムカードが4種類あるとは...............
深山ダム、侮れません。

今回は秋だったから、冬、春、夏とあと3回は来ないと完全制覇出来ない。
こりゃ、那須に通え!って言うことかな...............?(笑)








2016/11/15 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit