FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

的様の滝 (2015年11月22日)(山梨県南都留郡道志村) 

11月22日 公休日

この日は、ダック家と一緒に山梨県へ出かけました。

WILD☆WANでお腹を満たし、山中湖ではちょっぴり寄り道して、
(って言うか、本来の目的であるWoofの場所の確認)
向かった先は...............的様の滝

山中湖から道志街道を北上。
道志村を目指します。

実は何度か道志街道を走り、
ついでに的様の滝にも立ち寄ろうかと思っていたのですが、
毎回、右折する場所を間違えて(タイミングを逸して)しまい、
通り過ぎてしまっては、後悔している始末。

今回は、こちらを目的にしているから、右折箇所は慎重になります(笑)。


それでも的様の滝を通り過ぎ、かなり山道を奥まで入ってしまい、
舗装も途切れ、オフロードになってから
『 ひょっとして、間違えたかも? 』と気付く始末。

ナビに載っていない場所へ行くのって難しい。

道沿いにこんな立派な説明板があるのに、気付かずに通り過ぎてしまいました。

      20151122的様の滝01


      20151122的様の滝02

説明板によれば...............

志村の伝説の一つにこの室久保沢の的が挙げられる。
昔、源頼朝公が富士の巻狩りの折、この地に標的を造り
武道練成のため矢を射ったと伝えられる。
現在もここより4km離れた戸部部落には
射場として櫓を組んだ場所があり櫓開戸と呼ばれている。
この一の的は涼水が勢い良く流れ落ちており、
石英閃緑岩の一枚岩に鮮やかな三重の的を見ることが出来る。
尚二の的、三の的は埋没し見ることが出来ない。




林道から眺める的様の滝。

      20151122的様の滝03



滝へは、林道から階段で降りて行く事ができます。


これが、一の的。

      20151122的様の滝04

確かに弓道の的のように見える。

これは人工的なモノではなく、自然か作り上げたモノだから驚きです。



的様の先は、すぐに滝の落口。

      20151122的様の滝05



道志渓谷へと流れていく清流です。

      20151122的様の滝06



滝壺までは、降りて行くことは可能ですが
ちょっぴり危険。

と言うのも階段が途中からなくなり、ロープ伝いに3mほど降ります。


びいすけを左手に抱え、右手はロープを握りしめて降りました。


こちらが的様の滝壺。

      20151122的様の滝07



滝そのものは落差5mほどでしょうか?

      20151122的様の滝08

思ったよりは水量がありました。


さて、滝を眺めて...............
びいすけ は何を感じているのかな?

      20151122的様の滝09


元々曇り空だし、山の谷間だから薄暗いって言えば薄暗い。
ましてや16時近くになってきているし...............


何か気になるものでもあるのか?
一点を注視する びいすけ 。

      20151122的様の滝10



でも、びいすけ の視線の先には何もない。

      20151122的様の滝11



滝口からは、音を立てて水が流れ落ちてくる。

      20151122的様の滝12


本当は滝を眺めて、ぼぉ〜っとしていたい雰囲気ですが
何せ山梨県の丹沢に近い山奥。
あっと言う間に陽が暮れるだろうし
なにせ千葉までは遠い。

さらには、3mほどロープ伝いに登らなきゃいけない(笑)。


こんな感じで びいすけ をフリーにして
73kgの体重を重力に逆らって頑張ってみました。

      20151122的様の滝13


それなりにミストも浴びたし、多少はリフレッシュ出来たかな?


でも、帰りの大渋滞には参りました。
やっぱり3連休は遠出をせずに、近場で遊ぶのが無難のようです。





スポンサーサイト



2015/12/12 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

七滝     (2013年11月1日)(山梨県南都留郡道志村) 

11月1日 公休日

滝の魅力にハマった昨今。

山梨県道志村には、数ヶ所の滝があると知り
廃校巡りのついでに滝巡りもして来ました。


雄滝・雌滝を見学したあとに、向かった先は...........


      七滝



道志街道を山中湖方面から相模湖方面に向かい
進行方向左側、ちょうど道志川に架かる大室橋あたりで
山の中腹から流れ落ちる滝を眺める事ができます。


      20131101七滝01



この滝が七滝。


      20131101七滝02


山肌を七つの段となって流れ落ちるため、七滝と呼ばれているらしい。


山の中腹から斜面を伝って、道志川に直接落ち込んでいるため
しかも道志川の対岸のため、滝に近寄ることは出来ません。





望遠レンズでググッと寄ってファインダーを覗きます。


      20131101七滝03



滝の近くに行けないため、1番の撮影ポイントは橋の上。
平日の昼間だから、道志街道を走る車も少ないから
路駐で失礼します。


      20131101七滝04



道路の反対側に移動し、ファインダーを覗きこみます。


      20131101七滝05


      20131101七滝06




大室橋の下にある旧道を走り、民宿七滝荘前に移動。
七滝のボイントを探しますが、
結局は道端からの眺めとなります。


      20131101七滝09



200mmの望遠では、これが限界。


      20131101七滝07


      20131101七滝08



少しでも高台と、道端の一段高くなった畑に入ってみますが
ロケーションは今一歩。

      
      20131101七滝10
 

所々、紅葉が始まりかけてはいるものの
ちょっとまだ紅葉には早かった。

紅葉のシーズンには、赤茶色に染まった山肌に
白い一条の流れがきっと映えることだろう。

その頃に見に来たいけれど、今年は無理でしょう。

鬼が笑ってしまうかも知れないけれど
来年の楽しみに取っておくことにいたしましょう。



 
 
2013/11/19 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

雄滝・雌滝    (2013年11月1日)(山梨県南都留郡道志村) 

11月1日 公休日

滝の魅力にハマった昨今。

山梨県道志村には、数ヶ所の滝があると知り
廃校巡りのついでに滝巡りもして来ました


向かった先は...........

     雄滝・雌滝


道志街道を山中湖側から相模湖側に東上すると
進行方向左側に、こんな看板が建っています。

実は、先月朝霧高原に遊びに行った帰りに道志街道を走り、
大まかな場所はチェック済み。
その時は陽も暮れてしまい、夜の帳の中でしたので見学も出来ず
本日の訪問と相成りました。


      20131101雄滝雌滝01


看板から沢沿いに山道を歩きます。
しばらく歩けば、小さな案内板が目に入ります。


      20131101雄滝雌滝02



さらに、沢に沿って歩いて行きます。


      20131101雄滝雌滝03



石段を乗りこえて沢を渡るのですが、
びいすけ、びびりまくり。

『び・び・びの びいすけ』じゃなくて、
『び・び・りのびいすけ』状態です。(笑)


      20131101雄滝雌滝04



この沢を上ったところに雄滝・雌滝があります。


      20131101雄滝雌滝05



こちらが雌滝。
道沿いに沢を上って手前の左側にあります。


      20131101雄滝雌滝06



糸のように細く流れることから、雌滝と名付けれたようです。


      20131101雄滝雌滝07


      20131101雄滝雌滝08



雌滝の右奥10mほど先に雄滝があります。


こちらが雄滝。
雌滝に比べ、豪快に太く流れていることから
雄滝と名付けられたそうです。


      20131101雄滝雌滝09



確かに、雌滝と比べると幾分太い流れのようです。


      20131101雄滝雌滝10



滝ではなく、山肌を見つめる びいすけ。
何かあるのでしょうか?


      20131101雄滝雌滝11


何もないんですが…………。


      20131101雄滝雌滝12



何もない事に気づいたようです。(笑)


      20131101雄滝雌滝13


確かにミストはいっぱい浴びて、リフレッシュ出来そう。

山あいの陽も遮る沢沿いだから、ヒンヤリと言うよりは
むしろ肌寒い感じ。




ミストも一杯体感したし、オゾンもそれなりに吸収(?)したから
そろそろ下に降りましょう。

沢沿いの下り道を歩き、渡し石に乗って帰ります。

ここでも、び・び・りのびいすけ(笑)。


      20131101雄滝雌滝14


      20131101雄滝雌滝15


なだめすかし、何とか駐車場に戻りました。


さぁ、次なる滝を目指しましょう!!


2013/11/18 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit