FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

道の駅 かつら (2019年10月2日)(茨城県東茨城郡城里町) 

10月2日

この日は、茨城県の城里町に出かけました。

城里町では、廃校を巡り、古式な歴史のある寺社を巡って御朱印を拝受し、
そして茨城百景の碑や、現存する丸ポストを探していました。
城里町のオーラスは、『道の駅 かつら』です。

      20191002道の駅かつら01



こちらの道の駅に来るのは、これで2回目。

      20191002道の駅かつら02



前回は2年前。
すぐ近くの茨城百景 『御前山』の碑を探しに来た時に立ち寄りました。

      20191002道の駅かつら03



こちらが駐車場。

      20191002道の駅かつら04

道の駅そのものは、大きな施設ではないので、駐車場も小振りですが、
隣接する那珂川沿いの公園にも駐車場があって、それなりに車は停められるようです。



びいすけ の背後の『そば』の幟が立っている所が
産直販売所の入り口。

      20191002道の駅かつら05



びいすけ は中に入れないから、
車の中で待機していてもらいましょう。

      20191002道の駅かつら06



販売所の一角が情報コーナー。

      20191002道の駅かつら07

近隣の観光地のパンフレット、そして道の駅のスタンプはこちらです。


お土産コーナー。

      20191002道の駅かつら08



気になる産直の野菜。

      20191002道の駅かつら09

胡瓜と茄子が安かったのでお買い上げ(笑)。



地元産の野菜が豊富です。

      20191002道の駅かつら10


      20191002道の駅かつら11




販売所の奥に飲食店もあるけれど、
この日は15時過ぎで、既に営業終了。
残念ですが、蕎麦は次の機会ですね。


簡単な軽食をテイクアウトできる売店も駐車場にあって
ベンチも準備されている。

      20191002道の駅かつら12

犬連れは、こっちの利用になりますね。



残念ながら、こちらの道の駅では『道の駅の切符』は発行していない。

代わりという訳ではないけれど
こちらが道の駅のスタンプ。

      20191002道の駅かつら13


単なる休憩に利用するだけじゃなくて
わざわざ道の駅を巡っている人もいると言う。

道の駅だけを巡るのも楽しいのかもしれませんね。




スポンサーサイト



2019/11/17 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅 あがつま峡 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。

群馬県と言っても広い。
今回は、吾妻地区の東吾妻町を中心に巡ります。

最近は、遠出の旅行に出かけると、可能な限り道の駅に立寄ることにしています。

この日は、朝早くからの移動だったため、東吾妻町にくるまでに
関越道の渋川伊香保ICから3つほど道の駅はありましたが
いずれも営業時間前だったので、まともに立寄ることは出来ませんでした。

まあ、道の駅の『切符』や『スタンプ』も集めていることだから
1ヶ所ぐらいは立寄らないとね。


と言うことで、立寄った先は...............道の駅 あがつま峡

      20190822道の駅 あがつま峡01



この日の天気は、小雨が降ったり止んだり。
従って、 びいすけ もカッパを着たり、脱いだりの繰り返し。

      20190822道の駅 あがつま峡02

しかし、足元の赤いワンポイントが可愛いすぎる。(親バカで、すみません。)



こちらが駐車場。

      20190822道の駅 あがつま峡03

それなりの広さがあります。


『道の駅 あがつま峡 』は、東吾妻町の西に位置し、
国の名勝地に指定されている『吾妻峡』の玄関口に在ります。

道の駅のある一帯は、『あがつまふれあい公園』と称しているようです。

      20190822道の駅 あがつま峡12

公園内に、道の駅があり、温浴施設があると言う感じでしょうか?



こちらが、道の駅のメイン施設である農産物直売所 『てんぐ』。

      20190822道の駅 あがつま峡04


      20190822道の駅 あがつま峡05



店内は、こんな感じ。

      20190822道の駅 あがつま峡06


      20190822道の駅 あがつま峡07


      20190822道の駅 あがつま峡08


建物の一角には、食事が出来るエリアもあります。



道の駅のスタンプもありました。

      20190822道の駅 あがつま峡09

道の駅の切符は、レジで購入出来ます。



向かいに建つ四阿。

      20190822道の駅 あがつま峡10

その建物の一角が情報コーナーとなっているようです。



そして、こちらが併設された温浴施設の 『吾妻峡温泉 天狗の湯』。

      20190822道の駅 あがつま峡11




こんな案内板も見つけました。

      20190822道の駅 あがつま峡13

せっかくだから、ドッグランを覗いてみましょう。


こちらが、ドッグラン。

      20190822道の駅 あがつま峡14

小雨降る平日の午後。
さすがに来場者はいません。



入口には注意書き。

      20190822道の駅 あがつま峡15


せっかくだから、ドッグランに入ったけれど
やっぱり走らない びいすけ 。
学校跡では、元気に走り回っていたんだけどなぁ。

来場の証しとして、Aフレームの上で、パチリ☆。

      20190822道の駅 あがつま峡16




こちらが、道の駅の切符。

      20190822道の駅 あがつま峡17


      20190822道の駅 あがつま峡18



そして、こちらが道の駅のスタンプ。

      20190822道の駅 あがつま峡19


      20190822道の駅 あがつま峡20


小雨が降ったり、止んだりと忙しない天候の中、
あまり長居は出来ませんでしたが
天気ぐ良ければ、公園内を散策したりして
それなりに楽しめる道の駅になるんじゃないのかな?


2019/09/19 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅に立ち寄ろう   《 道の駅 つどいの郷むつざわ 》 

7月11日

数年前から、道の駅のスタンプと道の駅の切符も集めるようになり
可能な限り、道の駅に立ち寄るようにしています

この日、いすみ市の廃校を巡り、睦沢町の廃校へ移動途中、
睦沢町にある道の駅に立ち寄ってみました。

立ち寄った先は、こちら。

      20190711つどいの郷01


      20190711つどいの郷02



『道の駅 つどいの郷むつざわ』 です。

      20190711つどいの郷03



千葉県下の道の駅としては小振りな建物。

      20190711つどいの郷04


建物正面入り口。

      20190711つどいの郷05



道の駅のスタンプは、入り口から入ってすぐの場所に置いてありました。

      20190711つどいの郷06



入り口の手前左側が情報スペース。

      20190711つどいの郷07

テーブルも準備されている。


パンフレット類も用意されている。

      20190711つどいの郷08



こちらは物販コーナー。


特産物の米?

      20190711つどいの郷09



農産物も置かれているけれど、長梅雨、梅雨冷えの影響か?
野菜の数、種類が少ない。

      20190711つどいの郷10


      20190711つどいの郷11



こちらが、道の駅の切符。

      20190711つどいの郷14


      20190711つどいの郷15

切符の情報だと、こちらの道の駅では、メダカの販売をしているのか?

そう言えば、駐車場を挟んだ向かいにガラス張りの温室みたいなこと施設が在った。
てっきり観葉植物の販売所だと思って入らなかったけれど、
そこがメダカのはんbしじょだったのだろうか?



こちらは、非売品の道の駅の切符。

      20190711つどいの郷12


      20190711つどいの郷13

正規の切符を購入したら、非売品の切符を貰っちゃいました。

どうやら、現在県道を挟んだ向かい側に新たな道の駅を工事中。
9月に、新規オープンされるようです。

メダカの販売所も一緒に移転するのかな?



そして、こちらが道の駅のスタンプ。

      20190711つどいの郷16



9月に新しく隣接地にオープンする 『道の駅 つどいの郷むつざわ』。
オープンしたら、また立ち寄ってみよう。


2019/09/01 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅に立ち寄ろう...............《 道の駅 番屋 》 (2019年6月25日)(福島県南会津郡南会津町) 

6月25日

6月24日〜25日に1泊2日で福島県に遊びに行って来ました。

地方に車で出かけると、休憩場所によく利用するのが道の駅。
福島県下にも道の駅は、33ヶ所もあるようです。
(そんなに在るとは知らず、改めて驚いています。)

数年前から、道の駅のスタンプと道の駅の切符も集めるようになり
可能な限り、道の駅に立ち寄るようにしています

今回、南会津郡南会津町(旧・田島町→旧・舘岩村)に向かう国道352号線に
道の駅がありました。

      20190625道の駅番屋01
      

山深い国道沿いにあるのに『番屋』。
周りに海はないんですけどねぇ。

      20190625道の駅番屋02



どうやら、この辺りの地番(大字・小字)が番屋らしく、
そこから名を取ったようですね。

      20190625道の駅番屋03



こちらが、道の駅の建物。

      20190625道の駅番屋04



意外に小振り。

      20190625道の駅番屋05

考えてみたら、全ての道の駅の施設が広くて立派な建物と言う訳でもない。


標高821mと言う、山深い場所にある道の駅です。

      20190625道の駅番屋06



こちらが情報コーナー。

      20190625道の駅番屋07


観光案内等のパンフレット等は、こちらで手に入れる事が出来ます。

      20190625道の駅番屋08



飲食コーナー。

      20190625道の駅番屋09


スタンプは飲食コーナーの一角に置かれていました。

      20190625道の駅番屋10



こちらは、物産コーナー。

      20190625道の駅番屋11


山深い場所と言もあってか?
野菜はほとんど無い。

      20190625道の駅番屋12


      20190625道の駅番屋13



気になる看板。

      20190625道の駅番屋14



プレーンのソフトクリームは無いから、そばのソフトクリームを食べてみましょう。

      20190625道の駅番屋15

視線が気になります。


ちょっとだけだよ!!

      20190625道の駅番屋16

ついついあげちゃう、ダメ飼い主。


コーンの端っこは びいすけ 担当。

      20190625道の駅番屋17

遠慮なく食べなさい!(笑)。



こちらが、道の駅の切符。

      20190625道の駅番屋18


      20190625道の駅番屋19



そして、道の駅のスタンプ。

      20190625道の駅番屋20



また一つ、道の駅の切符とスタンプのコレクションが増えました。



2019/08/21 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅に立ち寄ろう..................道の駅 伊東マリンタウン (2019年5月16日)(静岡県伊東市) 

5月16日

この日は、日帰りで伊豆に出かけました。
伊豆と言っても、伊東市と熱海市。
まあ、伊豆の玄関口とも言える場所になるのかな?

熱海から国道135号線で宇佐美を抜け、
伊東市の市街地へ入るように走ると
国道沿いに大きな道の駅があります。

まあ、伊東近辺に出かけたことのある人だったら
一度は立ち寄った事があるのでは………?

そん事をついつい思っちゃうのが...................道の駅 伊東マリンタウン。

      20190516道の駅マリンタウン01


      20190516道の駅マリンタウン02


かくいう私も、以前は国道135号線を走っていれば
必ず休憩に立ち寄ったものでした。。


とにかく、広い。
案内看板に全ての情報が載りきれない。

      20190516道の駅マリンタウン07


駐車場も広い。

      20190516道の駅マリンタウン03


      20190516道の駅マリンタウン04



通常の道の駅の情報コーナーって、
パンフレットが置かれているだけって言うのが多いけれど、
こちらは、観光案内所がその役を担っている。

      20190516道の駅マリンタウン08



道の駅のスタンプは、その観光案内所に置かれています。

      20190516道の駅マリンタウン09



初めて、びいすけ と泊まりの旅行に来たのが伊豆高原。
その時もこちらでパンフレットを貰って情報を集めたっけ.............。

      20190516道の駅マリンタウン10




施設も何棟もあって、お店も多い。

      20190516道の駅マリンタウン05


      20190516道の駅マリンタウン06


      20190516道の駅マリンタウン11


何せ、レストラン、お土産屋は当然のこと。
シーサイドスパ(温泉施設)から遊覧船乗り場、そしてマリーナと
まるでレジャーランドのようです。


お目当ての道の駅の切符は、シーサイドスパのフロントで販売されていました。

      20190516道の駅マリンタウン12



写真撮影用の看板裏手は遊覧船乗り場。

      20190516道の駅マリンタウン14



右側奥には伊東マリーナ。

      20190516道の駅マリンタウン15



嬉しい事に足湯もあります、

      20190516道の駅マリンタウン16


      20190516道の駅マリンタウン17


犬用の足湯も有るようですが、この日は暑かったので びいすけはパス。

      20190516道の駅マリンタウン18



こちらが、道の駅の切符。

      20190516道の駅マリンタウン19


      20190516道の駅マリンタウン20



そして、道の駅のスタンプ。

      20190516道の駅マリンタウン21


やっぱり、旅の途中で立ち寄る道の駅には、
何とも言えない楽しさがありますね。




2019/07/14 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅に立ち寄ろう..................《 道の駅 たじま 》 (2019年4月4月23日)(福島県南会津郡南会津町) 

4月23日

会津旅行の2日目。

羽鳥湖のある天栄村から、国道118号、121号と会津鉄道に沿う形で南下し、
南会津町を通り、県境近くまでやって来ました。

国道121号線を走り、山王峠を越えれば栃木県。
でもその前に、ちょっぴりひと息入れましょう。

立ち寄った先は..................道の駅 たじま

      20190423道の駅 たじま01




道の駅 たじま は、日光と会津若松を結ぶ国道121号沿いにあり、
南会津町の南玄関である山王峠の項上付近にあります。
北には『大内宿』や『塔のへつり』を擁する下郷町を経て会津若松へ。
西には奥会津の大自然たっぷりな尾瀬檜枝岐や只見など、
広大な会津探訪の起点になります。

      20190423道の駅 たじま02


      20190423道の駅 たじま03



駐車場は、そこそこの広さ。

      20190423道の駅 たじま04


でも、施設は思ってたよりは、若干小振り。

      20190423道の駅 たじま06

ついつい、昨日立ち寄った、『道の駅 猪苗代』と比較しちゃうんだよなぁ。



案内板(場内配置図)も、しっかりチェック。

      20190423道の駅 たじま05



こちらが、情報コーナー。

      20190423道の駅 たじま07


道の駅のスタンプは、こちらに設置されています。

      20190423道の駅 たじま08



このエリアは無料休憩所。

      20190423道の駅 たじま09


こちらが物産館。

      20190423道の駅 たじま10



地元の名産品が並びます。

      20190423道の駅 たじま11


      20190423道の駅 たじま12



軽食コーナー。

      20190423道の駅 たじま13

山菜そばやうどんの他、ドリンクやソフトクリームを販売しています。
おススメは、アスパラのソフトクリームらしいが
アスパラのソフトは、個人的にはちょっと抵抗あり(笑)。




屋外の特設テントでは、地元産の野菜が販売されています。

      20190423道の駅 たじま14


      20190423道の駅 たじま15



こちらが、道の駅の切符。

      20190423道の駅 たじま16


      20190423道の駅 たじま17



こちらが、道の駅のスタンプ。

      20190423道の駅 たじま18


福島県の南部、県境の『道の駅 たじま』。

さあ、山王峠を超えて栃木県へと向かいましょう。


2019/07/05 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅に立ち寄ろう..................《 道の駅 猪苗代 》 (2019年4月4月22日)(福島県摩耶郡猪苗代町) 

4月22日


この日は、1泊2日で福島県に出かけました。
猪苗代湖のある猪苗代町を中心に会津方面への旅行です。

車で旅行をすると、トイレ休憩やちょっとした休憩で
道の駅を利用する事があります。

数年前から可能な限り、旅先で道の駅に立ち寄って
『道の駅の切符』を購入したり、道の駅のスタンプを押して
旅の記念にしています。

という事で、今回立ち寄ったのは...............道の駅 猪苗代

      20190422道の駅猪苗代01


  

道の駅の看板と会津磐梯山。

      20190422道の駅猪苗代03


びいすけ も一緒にパチリ☆。

      20190422道の駅猪苗代02



『道の駅 猪苗代』は、磐越自動車道の猪苗代磐梯高原ICのすぐ近くにあり
また、国道115号線沿いに在り、国道49号線もすぐ近くを走ると言う立地。
まさに猪苗代湖観光の拠点とも言える場所に在ります。

実は、昨年秋の会津旅行の時にも立ち寄ったのですが、
朝8時半に着いてしまい(営業は9時から)、トイレ休憩だけで終わってしまいました。


今年は、到着時間も計算に入れ、立ち寄りました。
      
      20190422道の駅猪苗代04



駐車場も広く、普通車であれば、160台は停められるそうです。

      20190422道の駅猪苗代05



他県ナンバーも多く、やっぱり猪苗代観光の拠点になるんですね。

      20190422道の駅猪苗代06



建物外観。

      20190422道の駅猪苗代07


      20190422道の駅猪苗代08



平成28年5月にオープンしたようで、まだ3年しか経っていないから
とにかく建物は綺麗。

      20190422道の駅猪苗代09


ちなみに、2018年の道の駅人気ランキングでは全国4位。
東北・関東エリアでは断トツの1番人気の道の駅らしいです。


施設も充実しているようです。


こちらは、旅の情報源である情報エリア。

      20190422道の駅猪苗代10


      20190422道の駅猪苗代11


道の駅のスタンプは情報エリアに準備されています。

      20190422道の駅猪苗代12



こちらは、フードコート。
軽食エリアになるようです。

      20190422道の駅猪苗代13



レストランもフードコートとは別にありました。

      20190422道の駅猪苗代14




道の駅といったら、やっぱり産直の売店。
こちらは野菜コーナー。

      20190422道の駅猪苗代15


でも産直野菜は少なく、どちらかと言うと地域特産品、
いわゆる『お土産』といった商品が多いような気がする。

      20190422道の駅猪苗代16


      20190422道の駅猪苗代17

道の駅の切符は、こちらの売店で購入できます。


こちらが、道の駅の切符。

      20190422道の駅猪苗代19


      20190422道の駅猪苗代20

最近は、道の駅の切符の人気が良くないのか?
ダムカードのようなカードも販売されている。
でも、切符で集め始めちゃったから、今更カードと言われてねぇ。



こちらが、道の駅のスタンプ。

      20190422道の駅猪苗代21


やっぱり、こう来ましたか.......................
確かに、猪苗代って言えば、野口英世だもんなぁ。






2019/06/24 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅 おおつの里 (2018年12月9日)(千葉県市南房総市) 

12月19日

この日は、館山市に向かいましたが、その前に南房総市へも立ち寄りました。

南房総市は、平成18年に安房郡富浦町、富山町、三芳村、白浜町、千倉町、
丸山町、和田町の7町村が合併して誕生しました。
元々、各町村に道の駅が在ったため、合併したことにより
南房総市には、現在8ヶ所の道の駅が存在します。
(合併後にも1ヶ所新たにオープンしました。)


その中の一つが、『道の駅 おおつの里』になります。

      20181219大津の里02


      20181219大津の里01



『道の駅 おおつの里』は、千葉県内では15番目にオープンした道の駅です。
国道127号線から一般県道犬掛館山線に約2km入った山里にあり、
長屋門風の建物と4,000坪の温室(農場)があります。
温室では、年間十種類以上の南房総特産の切花類が栽培され、
園内を散策して自由に見学できるほか、花摘み(有料)もたのしむことができるそうです。
また、初夏には大粒の房州びわ。夏にはメロンなど旬のフルーツを味わうことができ、
販売所には新鮮な切花が並びます。




確かに、長屋門風の建物。

      20181219大津の里03


道の駅らしからぬ単一の建物。

      20181219大津の里04

よくある道の駅のパターンでは、
情報館とか直売館とか飲食館と言ったように
複数の建物が並んでいたりしますが
こちらは、至ってシンプル。


逆にシンプルな建物だから、
屋根の上にある大きな看板が目を引きます。

      20181219大津の里05



駐車場に建つ道の駅の案内図。

      20181219大津の里18



入り口脇には、情報コーナー。

      20181219大津の里06



道の駅のスタンプは、こちらです。

      20181219大津の里07



その奥が物販コーナー。

すぐ目に付くのか、切花のコーナー。
『花倶楽部』と言うだけあって、種類は多いみたいです。

      20181219大津の里09



花より団子派の私は、こちらの方が気になります。

      20181219大津の里08

地元の銘菓と言うか、御土産コーナーですね。


こちらは、産直の野菜類。

      20181219大津の里10


やっぱり道の駅には、産地直売の野菜。
これがなくっちゃ始まらない。

      20181219大津の里11

とは言え、とくに買う予定もないけれど................(笑)


まあ、何も買わなくても、特産品を見ているだけでも
楽しい時もある。

      20181219大津の里12

新しい情報、知らない情報を得たりします。



ちょっぴり、地元のお酒やビールも気になったりします。

      20181219大津の里13

実は、以前に地ビールにハマっていた時期もありました。




こちらが、花のコーナー。

      20181219大津の里14



花好きにはたまらないエリアなのかもしれないけれど
残念ながら、そこまででは無い。

      20181219大津の里15


季節ごとの花があると言うのも、この花壇を見ればうなずける。

      20181219大津の里16



駐車場に建つ案内板。
この近くの観光名所を載せている。

      20181219大津の里17


実は、このすぐ近くに戦国時代の里見氏の居城で在った宮本城址が在る。
以前訪れた時に、こちらの道の駅の駐車場を利用させてもらった。


      

こちらが、道の駅のスタンプ。

      20181219大津の里19


      20181219大津の里20

残念ながら、道の駅の切符は販売されていないようです。
やっぱり人気が無いのかな................?




2019/02/02 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅 あずの里いちはら (2018年11月9日)(千葉県市原市) 

11月9日

この日は、市原市に出かけました。

川在分校をあとにして、向かった先は................こちら ↓

      20181109道の駅01


『 道の駅 あずの里 いちはら 』です。



千葉県には、道の駅が29ヶ所あり(2018年11月9日現在)
道の駅 あずの里 いちはら は、平成14年11月に千葉県内11番目の道の駅としてオープンしました。

      20181109道の駅02


      20181109道の駅09





場内案内図。

      20181109道の駅03



駐車場もそれなりの台数が確保されています。

      20181109道の駅04



横長の施設。

      20181109道の駅05



左から、レストランエリア、情報コーナー。

     20181109道の駅06



物販エリア、産直エリアといった感じで区分されています。

     20181109道の駅07



こちらがレストランエリア。

      20181109道の駅08



      20181109道の駅10


      20181109道の駅11




情報コーナー。

      20181109道の駅12



道の駅のスタンプはこちらに用意されています。

      20181109道の駅13



産直コーナー。
やはり、地元産の野菜が中心ですね。

      20181109道の駅14


      20181109道の駅15


      20181109道の駅16



物販コーナー。
お土産品が中心です。

      20181109道の駅17


      20181109道の駅18



こちらの道の駅は、単なる販売所だけじゃない。
施設の裏山がちょっとした散策エリア。

『恋人の丘』などど洒落たネーミングの公園となっている。

      20181109道の駅19



折角だから散策して行きましょう。

      20181109道の駅20

階段をのぼっていきます。



階段を上った先は芝生広場。
そこには、こんな看板が......................

      20181109道の駅21



芝生の中はったい入り禁止だから
この辺りが限界点。

      20181109道の駅22



この一角はBBQエリア。

      20181109道の駅23



しっかりと管理され手入れが行き届いている芝生広場。

      20181109道の駅24



遊歩道も整備され、散歩には最適。

高台に向かいましょう。

      20181109道の駅25


こんもりとした高台は浅間塚。

      20181109道の駅26


元々は古墳跡ですが、以前は頂部に富士塚の石祠が祀られていたようです。

      20181109道の駅27


とにかく、広い芝生広場。

      20181109道の駅28



でも、わんこは芝生内立ち入り禁止だから
遊歩道の散策に専念しましょう。

      20181109道の駅29



木道の散策路。
木の階段を台地下へと降りて行きます。

      20181109道の駅30


湿性植物園のような木道の散策路。

      20181109道の駅31



この木道の散策路は正解。

      20181109道の駅32



道の駅の付帯施設としては十分過ぎます。。

      20181109道の駅33


この『恋人の丘』周辺を散策するだけでも
こちらの道の駅に訪れた価値があるような気がします。



残念ながら、道の駅の切符は販売していません。
売れないから、扱いを辞めちゃったらしい。


こちらが道の駅のスタンプ。

      20181109道の駅34


      20181109道の駅35


そう言えば、福島県の『道の駅 ばんだい』 でも道の駅の切符の取り扱いを辞めたと言われた。
ダムカードのようなカード形式じゃないと流行らないのかなぁ?







2019/01/03 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅 ばんだい 徳一の里きらり (2018年10月29日)(福島県耶麻郡磐梯町) 

10月29日

1泊2日の福島旅行。
初日は会津若松市。
市北の旧・河東町エリアから、ちかくにある道の駅に移動します。
(って言うか、単に道の駅の看板に釣られて移動しただけなんですけどね................)

向かった先は.....................道の駅 ばんだい 徳一の里きらり


この看板を見ると、ついつい立ち寄りたくなってしまいます。

      20181029道の駅ばんだい01


      20181029道の駅ばんだい02



この辺りは、磐梯山ジオパーク でもあるようです。

      20181029道の駅ばんだい05



駐車場はこんな感じで、それなりに駐車できます。

      20181029道の駅ばんだい03


建物は、こんな感じ。

      20181029道の駅ばんだい04



手前からレストラン、情報コーナー、物産館、エントランスホール、
生産者直売所と言った感じでレイアウトされているようです。

      20181029道の駅ばんだい06



建物中央部のエントランスホール。

      20181029道の駅ばんだい07



こちらは、情報コーナー。

      20181029道の駅ばんだい08


      20181029道の駅ばんだい09


      20181029道の駅ばんだい10



道の駅のスタンプはこちらにありました。

      20181029道の駅ばんだい11



こちらが、生産者直売所。

      20181029道の駅ばんだい12


新鮮野菜が豊富です。

      20181029道の駅ばんだい13


      20181029道の駅ばんだい14


      20181029道の駅ばんだい15



レストランはこちら。

      20181029道の駅ばんだい16



物産館にはお土産物豊富。

      20181029道の駅ばんだい17


      20181029道の駅ばんだい18



こちらの道の駅で特筆すべきは、ドッグランが併設されていること。

      20181029道の駅ばんだい19

それも小型犬用と中大型犬用と別れている。



ちょっとしたトイレ休憩のつもりで立ち寄った道の駅ですが
びいすけ にも少しは満喫してもらいましょう。

ドッグランにお邪魔します。

      20181029道の駅ばんだい20


普段、他の犬に興味を示さない びいすけ ですが
この日はちょっと違っていた。

      20181029道の駅ばんだい21


どうやら、このワンちゃんが気に入ったみたい。

      20181029道の駅ばんだい22



暫し、福島のワンちゃんと戯れた千葉の犬。

エントランスホールでオヤツタイム。

      20181029道の駅ばんだい23


もっちゃん が買ってきた 焼きイモ を美味しそうに食らい付きます。

      20181029道の駅ばんだい24

びいすけ は、かなり御満悦でしょう。


こちらが道の駅のスタンプ。

      20181029道の駅ばんだい25


売店で道の駅の切符を買おうとしたら、
余りにも(?)売れないので、取り扱いを辞めたと言うことです。

確かに、一部の地域(千葉ですよ!)では、
道の駅カードなるものを販売し始めたし...............

ダムカード人気にあやかろうとしているのだろうか...............?



2018/12/19 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅 明治の森・黒磯 (2018年8月23日)(栃木県那須塩原市) 

8月23日

1泊2日の那須旅行。

木の俣園地をあとにして、向かった先は...............道の駅 明治の森黒磯。


那須塩原市には、現在3つの道の駅があり、
道の駅 湯の香しおばら道の駅 那須野が原博物館
そして、ここ 道の駅 明治の森黒磯 となっています。

今回、那須旅行に際して、この3つの道の駅を訪れるのも
目的の一つでありました。

      20180823道の駅 明治の森01


      20180823道の駅 明治の森02


駐車場の手前は広い芝生園地。

      20180823道の駅 明治の森03


案内板。

      20180823道の駅 明治の森04


駐車場もそこそこのスペース。

      20180823道の駅 明治の森05


こちらが、物販エリア。

      20180823道の駅 明治の森06


地元産の野菜が中心。

      20180823道の駅 明治の森07


      20180823道の駅 明治の森08


地元銘菓のお土産コーナーもあり。

      20180823道の駅 明治の森09

道の駅の切符は、こちらのレジで購入出来ます。




こちらが、レストラン。

      20180823道の駅 明治の森10


店内はペットNG。

      20180823道の駅 明治の森13



レストランの一画が情報コーナー。

      20180823道の駅 明治の森12

各種施設のパンフレットもあり。


道の駅のスタンプもこちらに有ります。

      20180823道の駅 明治の森11



こちらの道の駅は、コレだけじゃない。      

ダテに明治の森と銘打っていない。

      20180823道の駅 明治の森15


広い敷地の奥には、この時期だけの見所があります。

      20180823道の駅 明治の森16



一面に広がる向日葵の花。

      20180823道の駅 明治の森17


      20180823道の駅 明治の森18


      20180823道の駅 明治の森19


      20180823道の駅 明治の森20


      20180823道の駅 明治の森21


      20180823道の駅 明治の森22



陽射しがちょっと暑いから、木陰に移動。

      20180823道の駅 明治の森23


匂い嗅ぎに夢中な びいすけ 。

      20180823道の駅 明治の森24



こちらが、道の駅の切符。

      20180823道の駅 明治の森25


      20180823道の駅 明治の森26



こちらご、道の駅のスタンプ。

      20180823道の駅 明治の森27


この地区の道の駅って、単なる産直野菜の販売店だけじゃなく、博物館があったり
広い敷地の森が有ったりと、ちょっと他の地区とは趣きが違う気もする。
やっぱり、観光地の道の駅って、こんな形が理想的なんだろうなぁ。


2018/10/15 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅 那須野が原博物館 (2018年8月22日)(栃木県那須塩原市) 

8月22日

8月22日、23日と1泊2日で栃木県の那須に出かけました。

三島神社をあとにして、向かった先は..................道の駅 那須野が原博物館 。

まあ、向かったというよりは、三島神社を出たら、最初の信号のある交差点の角に道の駅がありました。
迷わず、ウインカーを出し駐車場へ。


この看板わみたら、素通りは出来ません(笑)。

      20180822道の駅 那須野が原博物館01


こちらが駐車場。

      20180822道の駅 那須野が原博物館02


施設案内図。

      20180822道の駅 那須野が原博物館03

よく見ると、売店というか直売店が無い。


どうやら、こちらの道の駅は、通常の道の駅と違うみたい。
施設としては、博物館、道路情報館、トイレのみのようです。



こちらが、那須野が原博物館。

      20180822道の駅 那須野が原博物館04

道の駅の名前の冠だから、当然こちらの道の駅の中核施設になります。
那須野が原博物館は、「那須野が原の開拓と自然・文化のいとなみ」をメインテーマとし、
歴史や民俗から自然、美術まで幅広く地域文化を紹介している博物館になるそうです。



こちらは、田園空間博物館総合案内所。

      20180822道の駅 那須野が原博物館05



そして、こちらが情報館。

      20180822道の駅 那須野が原博物館06


道の駅のスタンプは、情報館の片隅にありました。

      20180822道の駅 那須野が原博物館07


敷地の一画には、公園施設。

      20180822道の駅 那須野が原博物館08

旧・三島農場の池らしい。


博物館は開館中。

      20180822道の駅 那須野が原博物館09

博物館を見学する予定はないけれど、
道の駅の切符は博物館内の売店で販売されているから
博物館の中に入ります。


博物館の売店で切符をゲット。

      20180822道の駅 那須野が原博物館10


      20180822道の駅 那須野が原博物館11



こちらが、道の駅の切符。

      20180822道の駅 那須野が原博物館12


      20180822道の駅 那須野が原博物館13


そして、道の駅のスタンプ。

      20180822道の駅 那須野が原博物館14


道の駅って、てっきりJAの関連施設だと思っていたけれど
JAに全く関係のない道の駅もあるんですね。

博物館が道の駅の中核施設って言うのもある意味珍しい。
貴重な道の駅って言ったところでしょうね。





2018/10/08 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅 《湯の香 しおばら》 (2018年8月22日)(栃木県那須塩原市) 

8月22日

8月22日から1泊2日で那須に出かけました。

旅の途中で見かける道の駅。
最近は、道の駅を見かけると立ち寄る事にしています。
今回、那須への旅行で3つの道の駅に立ち寄りました。
その内の1つが、こちらになります。

      20180822道の駅湯の香 しおばら01


道の駅 湯の香しおばら。

元々は、『アグリパル塩原』と言うJA関連の直売所等の施設ですが、
後から道の駅に登録して認定されたようです。
『道の駅 湯の香しおばら』と言いながらもHPでは『アグリパル塩原』として
施設を紹介しているようです。



国道400号線沿いにあり道の駅。

      20180822道の駅湯の香 しおばら02



駐車場もそれなりに広い。

      20180822道の駅湯の香 しおばら03



敷地内には、モニュメント。


牧場が多く、酪農の町である那須を象徴する乳牛。

      20180822道の駅湯の香 しおばら20


そして、田園の広がる那須を象徴する米俵。

      20180822道の駅湯の香 しおばら04


こちらが、アグリパル塩原の施設群。

      20180822道の駅湯の香 しおばら05


      20180822道の駅湯の香 しおばら06


      20180822道の駅湯の香 しおばら07



レストランは当然、店内ペットNG,

      20180822道の駅湯の香 しおばら08


こちらは、物販エリア。

      20180822道の駅湯の香 しおばら14


      20180822道の駅湯の香 しおばら09


道の駅を名乗るだけあって、地元産の野菜が多い。

      20180822道の駅湯の香 しおばら10


      20180822道の駅湯の香 しおばら11


      20180822道の駅湯の香 しおばら12


妹のもっちゃんに、
『きゅうりが5本100円で売っていたら買おうかな?』
などと冗談で言っていたら、本当に売っていた。

      20180822道の駅湯の香 しおばら13

これは、買うしかないでしょう(笑)。
      


こちらは、情報エリア。
那須塩原地区の観光情報も入手出来ます。

      20180822道の駅湯の香 しおばら15


道の駅の認定証。

      20180822道の駅湯の香 しおばら16

道の駅の切符は、こちらで購入出来ます。



こちらが、道の駅のスタンプ。

      20180822道の駅湯の香 しおばら17



隣接するプレハブ小屋。

      20180822道の駅湯の香 しおばら18

田んぼアートの看板。


二階の展望台に上がるには、入場料100をしっかり取るようですが
なぜか、ゲートが閉まっていて、係の人も居ない。

まあ、下からでも覗けるんですけどね。

      20180822道の駅湯の香 しおばら19



こちらが、道の駅のスタンプ。

      20180822道の駅湯の香 しおばら21


そして、道の駅の切符。

      20180822道の駅湯の香 しおばら22


      20180822道の駅湯の香 しおばら23



旅の途中で立ち寄る道の駅。
地域毎に特色があって、見比べるのも楽しいモノです。





2018/10/06 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅 オライはすぬま (2018年6月21日)(千葉県山武市) 

6月21日

この日は、匝瑳市周辺の神社の御朱印巡りに出かけて
山武市まで移動しました。

千葉県内には、29の道の駅があります。(平成30年6月21日現在。)

その内の1つが、山武市にあります。
せっかく山武市に来ているだから、道の駅に立ち寄りましょう。

と、言う事で立ち寄った先は...............道の駅 オライはすぬま


道の駅 オライはすぬまは、千葉県内で16番目に開設された道の駅です。
成田空港と九十九里海岸を結ぶ、通称『はにわ道路』沿いに位置し、
蓮沼海浜公園や九十九里海岸へ訪れる人々の
ちょっとした休憩スポットになっています。
ちなみに、「オライ」とは銚子地方の方言で、
「私(オラ)の家(イ)」という意味になるそうです。

とは言え、九十九里海岸へは何度も遊びに出かけていますが
この道の駅には立ち寄った事はありませんでした。



県道58号線(芝山はにわ道路)沿いに建つ案内板。

      20180621道の駅 オライ蓮沼01


何度も見てきたんだけど、いつも素通りだったんだよなぁ。

      0180621道の駅 オライ蓮沼02



駐車場は、そんなに広くは無い。

      0180621道の駅 オライ蓮沼03



でも、平日のこの日は余裕。

      0180621道の駅 オライ蓮沼09


九十九里と言えば、『いわし』。
こちらでも、『いわし』をアピール。

      0180621道の駅 オライ蓮沼08


      




では、道の駅を探索したしましょう。

こちらの建物は、物販エリア。

      0180621道の駅 オライ蓮沼04

とは言え、 びいすけ は入れないから
暫しの間、外で待機してもらいましょう。


地元産の野菜を中心に、特産品が販売されています。

      0180621道の駅 オライ蓮沼10


      0180621道の駅 オライ蓮沼11


      0180621道の駅 オライ蓮沼12


      0180621道の駅 オライ蓮沼13



こちらが、情報コーナー。

      0180621道の駅 オライ蓮沼05


お目当ての道の駅のスタンプを探します。

      0180621道の駅 オライ蓮沼06


道の駅の切符もこちらで入手出来ました。

      0180621道の駅 オライ蓮沼07

当然、道の駅のスタンプもゲットです。
      


こちらが、飲食エリア。      

いわゆるレストラン。

      0180621道の駅 オライ蓮沼14

テラス席はありますが...............


店内は、ペット禁止。

      0180621道の駅 オライ蓮沼15

犬連れはテラス席になるようです。


ソフトクリームの売店。

      0180621道の駅 オライ蓮沼16



誰が利用しても良いように、
ビーチパラソルの付いたテーブル席も準備。


九十九里の漁港が近いから、モニュメントも船。

      0180621道の駅 オライ蓮沼17

週末になると、こちらの席も満席になるのかな?

      0180621道の駅 オライ蓮沼18



敷地の一画には、閉村記念碑。

      0180621道の駅 オライ蓮沼19

この辺りは、かつての蓮沼村。
蓮沼村は、平成18年3月に近辺の成東町・山武町・松尾町と合併して
山武市となったため消滅してしまいました。



こちらが、『道の駅 オライはすぬま』のスタンプ。

      0180621道の駅 オライ蓮沼20


そして、道の駅の切符。

      0180621道の駅 オライ蓮沼21


      0180621道の駅 オライ蓮沼22



犬連れは、店内には入れないから未確認だけど
レストランには、名物のイワシ丼があるらしい。

あ〜、海鮮系の丼。
久しく食べてないなぁ。








2018/08/12 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅 伊豆のへそ (2018年3月28日)(静岡県伊豆の国市) 

3月28日

3月28日から1泊2日で伊豆に出かけました。

伊豆半島の北西端である大瀬崎。
その大瀬崎の大瀬神社をあとにして、伊豆半島中央部へと移動します。

向かった先は..................道の駅 伊豆のへそ


道の駅伊豆のへそは伊豆洋らんパーク駐車場内にある道の駅です。
アユの友釣りの発祥の狩野川の中流域に面し、釣りやアウトドアスポーツ、
カヌー、ウォーキング、サイクリングなどの拠点として位置付けられ、
また情報発信基地でもあります。
近くにあるシンボル的存在の標高342mの城山が、
伊豆半島のへその位置にあることからその名がついたと言うことです。
平成17年に道の駅に登録され、平成28年にリニューアルされたそうです。


国道136号と414号が交わる場所にある 道の駅 伊豆のへそ 。

      20180328伊豆のへそ01


      20180328伊豆のへそ02


こちらが入口。

      20180328伊豆のへそ03


      20180328伊豆のへそ04



駐車場も60台が利用でき、そこそこ広い。

      20180328伊豆のへそ05



こちらが、リニューアルした建物。

      20180328伊豆のへそ06



内部はこんな感じ。

      20180328伊豆のへそ07



情報コーナー。

      20180328伊豆のへそ08


      20180328伊豆のへそ10



売店エリア。

      20180328伊豆のへそ09

売店奥には、ガラス窓で区画されたバウムクーヘン工場。



道の駅のスタンプは、こちらに置かれています。    

      20180328伊豆のへそ11



敷地内には併設の宿泊施設。

      20180328伊豆のへそ12

併設と言うよりは、敷地の一画を道の駅にしていると言った方が正解。



宿泊施設以外に、ブッフェ形式のレストランも完備されています。

      20180328伊豆のへそ13


こちらが、そのレストラン。

      20180328伊豆のへそ14


ガラス張りの建物の2階エリア。
当然、犬連れNGです。

      20180328伊豆のへそ15



ただし、犬連れにも朗報。
敷地内に小さいながらもドッグランがあります。

      20180328伊豆のへそ16


伊豆半島の中央部を南下する際には、立ち寄ってみるのも
良いかもしれませんね。



道の駅の売店で、お目当ての道の駅の切符も手に入れました。



こちらが、道の駅のスタンプ。

      20180328伊豆のへそ17



そして、道の駅の切符。

      20180328伊豆のへそ18


      20180328伊豆のへそ19


どちらかと言うと、道の駅はオマケで
宿泊施設とブッフェ形式のレストランが主体な施設。

道の駅として期待して訪れると、
ちょっぴり残念な気分を味わうかも...........................?



2018/05/07 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅 《 季楽里あさひ 》 (2018年1月29日)(千葉県旭市) 

1月29日

昨年から始めた 道の駅巡り 。
最近は、ちょっとサボり気味でしたが
この日、千葉県の旭市に出かけたついでに
旭市にある 道の駅 季楽里あさひ に立ち寄ってみました。

      20180129季楽里あさひ01


      20180129季楽里あさひ02



以前、旭市には道の駅は無かったのですが、
平成27年の10月にオープンしたそうです。

      20180129季楽里あさひ03

ちょうど、オープンして2年が過ぎていると言うことです。

とにかく、千葉県の道の駅の数が一気に増えました。
知らない間に、東金市にも道の駅が出来ていたし、
ここ、旭市にも道の駅が出来ていた。
調べてみると、今日現在、千葉県内には28の道の駅があり
今年中に市川にも道の駅が出来る予定らしい。
ちなみに、この 季楽里あさひ は25番目の道の駅らしい。




こちらが、道の駅 季楽里あさひ のメインの建物。

      20180129季楽里あさひ04



逆アングルから。

      20180129季楽里あさひ05



道の駅だから、当然地元産直の野菜等が販売されています。

      20180129季楽里あさひ06


      
昨今の野菜の価格の高騰ぶりは
道の駅だからと言っても変わらない。

      20180129季楽里あさひ08


この時期はダメなんだろうねぇ。

      20180129季楽里あさひ09


      20180129季楽里あさひ10



道の駅の切符は、こちらで販売されています。

      20180129季楽里あさひ07



こちらは、情報コーナー。

      20180129季楽里あさひ11



その一画に道の駅のスタンプが置かれています。

      20180129季楽里あさひ12



こちらが、レストラン。

      20180129季楽里あさひ13


 
こちらでは、ランチバイキングが有名らしい     

20180129季楽里あさひ14

かなりの人が並んで順番待ち。


この日は、平日だから準備されていなかったけれど
休日になれば、テラス席も準備されているみたいです。

      20180129季楽里あさひ15



そのテラス席に隣接する芝生広場。

      20180129季楽里あさひ16



枯れ芝生になっていますが、匂いに支障なし。

      20180129季楽里あさひ17


芝生の匂いか?
はたまた、他のワンちゃんの残り香なのか?
匂い嗅ぎに精を出す びいすけ 。

      20180129季楽里あさひ18


      20180129季楽里あさひ19



こちらは、旭市のゆるキャラなのか?

      20180129季楽里あさひ20

芝生広場の入り口に設置されていました。




こちらが道の駅の切符。

      20180129季楽里あさひ21


      20180129季楽里あさひ22



そして、こちらが道の駅のスタンプ。

      20180129季楽里あさひ23




こちらの道の駅のウリは、やっぱりレストランのバイキングなんでしょうね。
平日のランチタイムに順番待ちの道の駅ってなかなか無いはず。

暖かくなったら、テラス席でも利用しようかな...............?









2018/03/22 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅  たけわらの里おおたき (2014年12月14日)(千葉県夷隅郡大多喜町) 

12月14日

勝浦市方面へと出かけたこの日。
大多喜街道を走っていると、途中に現れる 道の駅 たけわらの里おおたき に立ち寄りました。

そう言えば何度か、この道の駅に立ち寄ったことはありますが
いつも開店前に来るため、トイレ休憩だけでした。

      20171214たけわらの里おおたき01


      20171214たけわらの里おおたき02


この日は、開店時間もとっくに過ぎている。
どんな道の駅か? じっくりと覗いてみましょう。

      20171214たけわらの里おおたき03


駐車場には、大多喜町周辺の観光案内図。

      20171214たけわらの里おおたき04

大多喜町は、大多喜城のある城下町。
房総の小江戸とも言われているようです。


こちらが、道の駅の施設。

      20171214たけわらの里おおたき05


入り口には、なぜか牛のオブジェ。

      20171214たけわらの里おおたき06

大きな牧場でもあるんだっけ?


こちらが店内。

      20171214たけわらの里おおたき07


開店直後だから、産直の新鮮野菜が豊富。

      08


      20171214たけわらの里おおたき09


      20171214たけわらの里おおたき10


特産の加工品も数多く陳列されています。

      20171214たけわらの里おおたき11



こちらがレストラン。

      20171214たけわらの里おおたき12


入り口に、道の駅のスタンプ。

      20171214たけわらの里おおたき13

残念ながら、こちらの道の駅では、道の駅の切符は販売されていない。



レストランのテラス。

      20171214たけわらの里おおたき14

テラス席は準備されていないようなので
ペットと一緒に食事と言う訳には行かないようです。


こちらは、トイレ。

      20171214たけわらの里おおたき15

トイレに限って言えば、それなりに立派。



こちらが道の駅のスタンプ。

      20171214たけわらの里おおたき16


      20171214たけわらの里おおたき17



最近、魅力的な道の駅が色々とオープンする中で
可も無く、不可も無い道の駅になるのかな...............?





2018/02/03 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅 《 多古 》 (2017年12月9日)(千葉県香取郡多古町) 

12月9日

この日は、銚子市に出かけました。


自宅から銚子までは約60km。
車で移動すれば、2時間超のドライブになります。

銚子方面に出かける際に、よく立ち寄る道の駅。
今回も、そちらに立ち寄りました。
立ち寄った先は...............道の駅 多古

      20171209道の駅 多古01


      20171209道の駅 多古02


平成29年12月現在、千葉県内には28ヶ所の道の駅がありますが
こちらの『道の駅 多古』は、平成13年に千葉県では10番目の道の駅として登録されています。


この日は、土曜日ですが朝早い(開店前)ため
訪れる人はまだ少ない。

      20171209道の駅 多古03


駐車場には、道の駅 多古 の案内図。

      20171209道の駅 多古04


道の駅 多古 の施設全景。

      20171209道の駅 多古05


テントでちょっとしたイベントでもするのでしょうか?

      20171209道の駅 多古06


      20171209道の駅 多古07


こちらが物産館である、『あじさい館』。

      20171209道の駅 多古08


オープンの9時になりました。
中に入ってみましょう。
店内には、地元産の野菜が並びます。

      20171209道の駅 多古09


      20171209道の駅 多古10


特産品も棚に並んでいます。

      20171209道の駅 多古11

道の駅の切符は、『あじさい館』のレジで購入出来ます。



こちらがレストラン。

      20171209道の駅 多古12


テラス席もあるようですが...............

      20171209道の駅 多古13


残念ながら、ぺはNG。

      20171209道の駅 多古14



レストランの2階が情報コーナー。

      20171209道の駅 多古15



道の駅のスタンプは、情報コーナーの一角に在りました。

      20171209道の駅 多古16


情報コーナーには、ちょっとした休憩エリアもあります。

      20171209道の駅 多古17
 

あじさい館の裏手には喫煙所。

      20171209道の駅 多古18

こちらにもテラス席があるから、
犬連れは、こちらで休憩かな...............?


道の駅の脇を流れる栗山川。

      20171209道の駅 多古19



毎年、6月の紫陽花の時期になると、栗山川の岸辺には紫陽花の花が咲き誇り、
栗山川には観光船も運行されます。

      20171209道の駅 多古20


たまたま、この日出会ったワンちゃん。

      20171209道の駅 多古21

ビーグルとダルメシアン。
千葉県の流山だったかな?
そちらから遊びにきたそうです。



こちらが、道の駅の切符。

      20171209道の駅 多古22


      20171209道の駅 多古23



こちらが道の駅のスタンプ。

      20171209道の駅 多古24


      20171209道の駅 多古25


今まで、何気に何度かトイレ休憩に利用した道の駅。
じっくり道の駅を探索したことがなかった。
情報コーナーの休憩エリア。
犬連れでは入れないけれど、ちょっとした穴場かもしれない...............。





2018/01/28 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅 《 みのりの郷東金 》 (2017年12月1日)(千葉県東金市) 

12月1日

御朱印巡りで東金市まで足を伸ばしたこの日。
東金市にある道の駅にも立ち寄ってみました。


訪れたのは...............道の駅 みのりの郷 東金

      20171201みのりの郷東金01


      20171201みのりの郷東金02


      20171201みのりの郷東金03


道の駅 みのりの郷 東金 は平成27年11月にオープンした
千葉県内では27番目の道の駅です。
実は、最近まで東金市に道の駅があるとは知りませんでした。
しかしながら、千葉県内には28の道の駅が在り、
いつの間にかかこんなに増えたんだぁ...............と言うのが正直な感想です。


駐車場に車を停めて、道の駅を探索いたしましょう。

      20171201みのりの郷東金04



こちらが、メインの施設。
東金マルシェと言う物産館。

      20171201みのりの郷東金05


内部は、こんな感じでちょっとしたスーパーのようです。

      20171201みのりの郷東金06


農産物が豊富。

      20171201みのりの郷東金07


      20171201みのりの郷東金08


      20171201みのりの郷東金09


片貝漁港が近いから、ちょっとした海産物も置いてある。

      20171201みのりの郷東金10


道の駅の切符も販売。

      20171201みのりの郷東金11



レジ近くには情報コーナーもあり、道の駅のスタンプも置かれています。

      20171201みのりの郷東金12


      20171201みのりの郷東金13



東金マルシェの建物の隣は園芸コーナー(緑花木市場)。

      20171201みのりの郷東金14


広いスペースには温室もある。

      20171201みのりの郷東金15


      20171201みのりの郷東金16



こちらはレストラン。

      20171201みのりの郷東金17

地元の食材を使ったイタリアン。


テラス席のスペースもあるようですが、
平日のこの日は、テラス席は無い。

      20171201みのりの郷東金18


その代わりに、物産館とレストランの間の広場に
常設のテーブルが設置されています。

      20171201みのりの郷東金19



物産館にも雨が降っても大丈夫なテラス席があり。

      20171201みのりの郷東金20


小腹が空いて来たので、ちょっとひと休み。

      20171201みのりの郷東金21


びいすけ もオヤツの時間といたしましょう。

      20171201みのりの郷東金22


      20171201みのりの郷東金23


      20171201みのりの郷東金24



レストランの奥には芝生広場。

      20171201みのりの郷東金25


ちょっぴり南国ムードもあったりして...............。

      20171201みのりの郷東金26



こちらが道の駅の切符。

      20171201みのりの郷東金27


      20171201みのりの郷東金28


そして、道の駅のスタンプ。

      20171201みのりの郷東金29


さすがに新しい道の駅だから、施設も綺麗。
ただ買い物をするだけじゃなく、ゆっくりと休憩してもらいたい、
楽しんで帰ってもらいたいと言う意図がはっきりしている道の駅。

こう言った道の駅が増えればいいな。






2018/01/21 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅 《 きょなん 》 (2017年11月25日)(千葉県安房郡鋸南町) 

11月25日

この日は、房総半島の南端である館山市(一部、南房総市)に出かけました。

その帰り道。
急ぐわけでもないので海岸線沿いの国道で帰ります。
館山市から南房総市を抜け、鋸南町へと車を走らせ
そろそろトイレ休憩。

立ち寄ったのは...............道の駅 きょなん

      20171125道の駅きょなん01


      0171125道の駅きょなん02


道の駅の入り口に建つ大きな看板。
比較的新しいようにも見える。

      0171125道の駅きょなん03

見返りの里 って...............?

近くに廃校跡を利用した道の駅が出来たから
少しでも人を呼び込むためのキャッチコピーのようです。



駐車場に車を停めて、道の駅を探索してみましょう。

      0171125道の駅きょなん04


晩秋の日暮れは早い。
午後の3時も過ぎると、段々と闇が近づいてくるのが分かります。


物産センターから覗いてみましょう。

      0171125道の駅きょなん05



長屋のように数件のお店が並んでいます。

      0171125道の駅きょなん06


その中の1軒が物産センター(直売所)。

      0171125道の駅きょなん07



中を覗いてみても、さほど広くはなく商品も少ない。

      0171125道の駅きょなん08

正直言って、イマイチ感は拭えない。


数軒の飲食店があるものの、時間的なモノなのか?
ほとんどの店が営業終了。

      0171125道の駅きょなん09



観光案内所も覗いてみましょう。

      0171125道の駅きょなん10


観光案内所にも一部の特産品が置かれています。

      0171125道の駅きょなん11



道の駅のスタンプはこちら。

      0171125道の駅きょなん12

残念ながら、こちらの道の駅では、道の駅の切符を取り扱っていない。



こちらの道の駅には、『菱川師宣記念館』なる施設が在ります。

      0171125道の駅きょなん13

菱川師宣は、近世日本の画家で江戸初期に活動した浮世絵師です。
江戸時代の初期に浮世絵を確立した人物であり、
すなわち最初の浮世絵師と言うことになります。
菱川師宣は、鋸南町が生誕の地と言うことで記念館が建てられたようです。

記念館前の像。

      0171125道の駅きょなん14


よく見たら、反対側から撮っていました。

      0171125道の駅きょなん15

自宅に帰ってきてから写真をじっくり見たら
この像って有名な浮世絵『見返り美人』の像でした。


なるほど!
それで 見返り里 って言うわけですね。


そして、見返り美人の像の脇には、見慣れた碑。

      0171125道の駅きょなん16

房総の魅力500選の碑。
プレートのタイトルは『菱川師宣と記念館』


そして、記念館の前には何故か梵鐘が置かれています。

      0171125道の駅きょなん17


説明板によれば、この梵鐘の菱川師宣が寄進したもので
鐘銘は菱川師宣の直筆らしい。

      0171125道の駅きょなん18


そして、極め付けは 菱川師宣の顕彰碑。

      0171125道の駅きょなん19

ここまで来たら、やり過ぎじゃない? って思うんですけど...............


こちらが道の駅のスタンプ。

      0171125道の駅きょなん20


近くに廃校跡を利用して、脚光を浴びている道の駅が出来たから
こちらの道の駅の存在も何か中途半端な形になりつつあると、
ほんの少しながら心配しちゃうのは私だけ...............?



2018/01/15 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit