FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて...............中村小学校境分校 (2016年7月15日)(神奈川県足柄上郡中井町) 

7月15日 公休日

伊豆旅行の2日目。

この日は、丹沢方面へと足を伸ばしてみました。


山北町の共和小学校をあとにして、
向かった先は...............中井町立中村小学校境分校跡


境分校は、明治6年に開校した誠成館の支校として明治8年に創設されました。

明治10年  誠成館の本・支校がそれぞれ独立し、
校名を境学校と改称する。
明治42年  中村村立尋常高等小学校に統合され
本校の分校(分教場)となる。
大正3年  境分教場は中井村境(現在の境コミュニティーセンター)に移り、新校舎が完成。
昭和22年  学制改革により中井村立中村小学校境分校と改称する。
昭和33年  町制施行により、中井町立中村小学校境分校と改称する。
昭和42年 本校に統合され廃校と。(12月2移転(8月24日)

と、このような沿革となっています。



境分校の校舎は既に取り壊され、跡地は地域の公民館として
境コミュニティセンターが建っています。

      20160715中村小学校境分校01


      20160715中村小学校境分校02



建て替えられたコミュニティセンターの建物ですが
見た感じ、学校の校舎のように見えなくもない。

      20160715中村小学校境分校03


たまたま、コミュニティセンターに来ていたオジさんに話を伺ったら
ほぼ同じ位置に校舎が建っていたそうです。

      20160715中村小学校境分校04



校庭跡。

      20160715中村小学校境分校05


校庭の一画は往時の面影を残しているのか?
あまり、改変されたようには見えない。

      20160715中村小学校境分校06


こちらの遊具は往時からのモノなんだろうか?

昭和42年廃校だから、今から49年前。
う〜む、42年前のブランコなんだろうか...............?

      20160715中村小学校境分校11

微妙だなぁ...............。


こちらの遊具は廃校後に設置されたモノのようです。

      20160715中村小学校境分校07



学校遺構を探しますが、コレと言ったモノは残されていません。

      20160715中村小学校境分校08



おそらく、シンボルツリーであったであろう大きな木も切り落とされてしまったようです。

      20160715中村小学校境分校09

切り株を見れば、それなりの大きさだったのが分かります。
ひょっとしたら、桜の木だったのでしょうか?


校庭の隅に石碑が1基。

      20160715中村小学校境分校10

思わず、廃校記念碑かと思って駆け寄ると
芭蕉の句碑でした。



枝を落とされ、ほぼ幹のみの樹。
     
      20160715中村小学校境分校12

これこそが、シンボルツリーの名残りか?


びいすけ は校庭跡を気ままに徘徊&匂い嗅ぎ。

      20160715中村小学校境分校13



お約束の防災倉庫。
こちらの廃校跡にもしっかりありました。

      20160715中村小学校境分校14



Wikipediaにも載っていない、小さな廃校(廃校跡)。
おそらく此処に学校が在ったなんて、
地元の年老いた方々ぐらいしか知らないんじゃなかろうか?

そんなことを思いながら、時刻は16時を回りました。
東名高速の秦野ICへと向かいます。

ラジオの交通情報では、東名高速の東京料金所から首都高の谷町JCまで
断続的に渋滞しているらしい。
東京を抜けて千葉に帰るのは大変だけど、まぁ仕方ないよね。

21時過ぎに自宅に戻ると、速攻で高鼾の びいすけ でした...............。








スポンサーサイト



2016/08/15 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............共和小学校 (2016年7月15日)(神奈川県足柄上郡山北町) 

7月15日 公休日

この日は、伊豆旅行の2日目。
神奈川県の丹沢地区に足を伸ばしてみました。


丹沢湖をあとにして、向かった先は...............山北町立共和小学校


共和小学校の詳しい沿革は不明です。

平成22年に廃校となり、137年の歴史を閉じました。
その年の3月に6年生3人が卒業すると、在校生ゼロとなり、
新1年生が当面入学しないということから
山北町では前年11月に閉校を決めたそうです。
廃校当時、校長を含めた教職員が6人、在校生(6年生)が3人と言うことでした。



車にナビが付いていると便利ですが、
時にはトンデモナイ道を案内したりします。
共和小学校の住所をナビに入力して案内通りに車を走らせていると、
『どう考えても、この道にこの車は無理でしょう!』と言う場面に遭遇しました。

ナビは右側の細い道を行け!と案内します。

      20160715共和小学校01



普通車は通れない! って看板で出てるし...............

      20160715共和小学校02



仕方ないので、路肩の広い場所に車を停めて1.8km先にある共和小学校を目指します。


傾斜のきつい上り坂を息を切らしながら上ります。
しばらくすると、ゲート。
そして、『通行止め 歩行車専用』の貼り紙。

普通車者じゃなく、軽自動車だって無理じゃん!(笑)

      20160715共和小学校03



確かに共和小学校のある辺りは山奥になるようです。
かなり上ってきています。

      20160715共和小学校04


ただでさえ天候が悪いから、木々の間の道は暗い。
大野山へ向かうハイキングコースを進んでいるようです。

      20160715共和小学校05



とりあえずは、大野山方面へと進みます。

      20160715共和小学校06


あがっていた雨が再び、ポツリ、ポツリとしだした頃に
やっと共和小学校に到着。

こちらが共和小学校の正門。

      20160715共和小学校07

あれ?
敷地内に車が...............?
えっ! どういう事?
通行止めじゃないの?

どうやら、車を停めた場所(二又路)をまっすぐ行けば
そのままこちらに来れたようです。
(右側の狭い道をひたすら歩いて来ました)

やっぱり、ナビは信じられない(笑)。


門柱の表札は往時のモノのようです。

      20160715共和小学校08



門柱脇の少年の像。

      20160715共和小学校09

雨に濡れているから、リアルさが増しています。



もう片方の門柱の脇には二ノ宮像。

      20160715共和小学校11



二ノ宮像も雨に濡れると表情が違う気がします。

      20160715共和小学校10

と言っても、こちらの二ノ宮像は初めてだから
晴れているときの表情を知らないんだけど...............
    


広くはない敷地の奥には校舎。
そして手前の校庭は雨でぬかるんでいます。

      20160715共和小学校12


      20160715共和小学校14




校舎は鉄筋コンクリート2階建。
昭和47年に建てられたモノらしい。

      20160715共和小学校15


玄関に掲げられた表札。

      20160715共和小学校16



『旧 共和小学校 』と書いてあるから、廃校後に作られたモノのようです。

      20160715共和小学校17



現在は、『町立 共和のもりセンター』という
子どもたちの体験教室の出来る宿泊施設となっています。

      20160715共和小学校18


この日も、小型マイクロバスで10名ぐらいの子供たちが訪れていました。

      20160715共和小学校19

実はその子供たちを丹沢湖で偶然見かけていて、
見覚えのあるマイクロバスと子供の顔。
思わず、行動パターンが似ているなぁ〜と思ったりしました(笑)。

      20160715共和小学校20





おそらく、シンボルツリーであった大きなクスノキ。

      20160715共和小学校13



こちらは、往時の職員宿舎でしょうか?

      20160715共和小学校21



      20160715共和小学校22



子供たちも居るので、あまり長居は出来ません。
廃校記念碑を探しましたが、残念ながら見つかりません。


さて、息を切らして上って来た道を今度は一気に下って行きます。
上ってくる時に気が付かなかったけれど
途中の集落の道端には、双体道祖神。

      20160715共和小学校23


かなり年季の入った道祖神。

      20160715共和小学校24


この集落に住んでいた子供のたちは、この道祖神を見ながらきつい道を歩いて
共和小学校まで通ったんだろうなぁ。

その小学校も今は廃校です...............。





2016/08/14 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

かながわの景勝50選 《 丹沢湖 》 (2016年7月15日)(神奈川県足柄上郡山北町) 

7月15日 公休日

ダムカード集めで訪れた三保ダム(丹沢湖)。

この丹沢湖は、『かながわの景勝50選』の地であったりします。
何度か訪れている丹沢湖ですが、改めて『かながわの景勝50選』として取り上げてみましょう。

『かながわの景勝50選』とは、かながわの景勝50選は、神奈川県の景勝地のうち
代表的なものを50箇所選んだもので、昭和54年に定められました。
実は、密かに追いかけています。


三保ダムから歩いて丹沢湖畔へ。

      20160715丹沢湖04


      20160715丹沢湖05

止んだと思った雨も忘れた頃に再びポツリ、ポツリ。
山の天気は変わりやすい。



しっとりと濡れた丹沢湖の碑。

      20160715丹沢湖01



実は、この碑が『かながわの景勝50選』の碑。

      20160715丹沢湖02



『 丹沢湖 』と刻まれた文字の上に
小さく『かながわの景勝50選』。

      20160715丹沢湖03

これじゃあ、分からないよ。



     

平成2年に建てられたモニュメント。
タイトルは『林泉』。

      20160715丹沢湖06

針葉樹のイメージを2本の柱で表現し、
流れ出る泉を台座で表現しています。
立っている女性像は「緑に寄り添う人の心」、
座っている女性像は「水の流れを楽しむ人の心」を表しているそうです。


丹沢湖周辺には『かながわの景勝50選』以外に
いろんな◯◯選があるようです。

      20160715丹沢湖07


三保ダム周辺を散策してみましょう。

      20160715丹沢湖08



丹沢湖記念館前の丸ポストも健在。

      20160715丹沢湖09



丹沢湖記念館でも、ダムカードは配布されています。

      20160715丹沢湖10

えへへへへ。
2枚目ゲット!


丹沢湖記念館の屋上は展望台。

      20160715丹沢湖11



上ってみたけれど、視界は良くない。

      20160715丹沢湖12

はっきり言って、期待倒れ。
どこが展望台?(笑)



記念館の敷地に在ったロンドンオリンピック女子マラソンに出場した
地元・山北町出身の尾崎好美選手の『靴型の碑』。

      20160715丹沢湖13



ベタな観光地にある顔出し看板。

      20160715丹沢湖14


相変わらず、雲は厚く景観も今一歩。

      20160715丹沢湖15


丹沢湖は広いから、歩いて一回りなんて至難の技。
駐車場へと戻ります。

      20160715丹沢湖16



車で湖畔を移動。
三保小学校前のたい焼き工場の直売所へと向かいます。

      20160715丹沢湖17



朝からちょこちょこと歩いているから、ちょっぴりお疲れモード。
小腹も空いてきたから、たい焼き休憩といたしましょう。

      20160715丹沢湖18


たい焼き、2ヶお買い上げ〜。

      20160715丹沢湖19



先ずは、父さんが一口。

      20160715丹沢湖20

美味し〜い!

当然 びいすけ は、たい焼きをガン見。



あんこの無い尻尾の部分をおすそ分け。

      20160715丹沢湖21



瞬殺(笑)。

      20160715丹沢湖22



いつしか、小雨も上って来たけれど
相変わらず雲は厚い。
本当ならこの方向に富士山が見えるんだけど...............。

      20160715丹沢湖23


      20160715丹沢湖24


背後の台地は富士山の景勝地。
『関東の富士見百景』の一つ、丹沢湖畔千代の沢園地展望台なんですが
この視界では展望台に上っても富士見の眺望は期待出来ない。

残念だけど、今回の丹沢湖はこれくらいにしておこう...............。





2016/08/13 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう! 《 三保ダム 》 (2016年7月15日)(神奈川県足柄上郡山北町) 

7月15日 公休日

最近集めだしたダムカード。
意外に楽しかったりします。
元々、ダム湖に来るのは嫌いじゃなかったから(むしろ好きだったりします。)
せっかく山北町に来たんだから、丹沢湖の三保ダムのダムカードを貰わなきゃ
丹沢方面に来た甲斐が無い。

と、言うわけでダム広場公園から向かった先は...............三保ダム


三保ダムは、神奈川県足柄上郡山北町にあり、
二級水系酒匂川水系河内川に建設されたダムです。
ダムの維持管理は、神奈川県企業庁が行っています。

三保ダムは当初「酒匂ダム」という名称で計画されていましたが
ダム建設によって223世帯の住居が水没する事となり、
完成前に水没地区の住民より水没する地名を残して欲しいという要望があり、
事業者である神奈川県もこの要望を受けてダム名を「酒匂ダム」から
湖底に沈む旧・三保村に因み「三保ダム」へと変更したそうです。

三保ダムは、酒匂川沿岸の洪水調節、神奈川県全域への上水道供給、
認可出力7,000キロワット(現在7,400キロワット)の水力発電を目的に昭和53年に完成し、
以後神奈川県の水がめとして重要な役割を担っています。



三保ダムをダム広場公園から眺めてみます。

      20160715三保ダム09


      20160715三保ダム10

それなりに立派なダムです。



ダム広場公園からは見上げるダムを見たので
実際にダムに行ってみましょう。

丹沢湖の駐車場に車を停めてダムに向かいます。


こちらがダム碑。

      20160715三保ダム01



ダム碑の裏面には三保ダムの概要が刻まれています。

      20160715三保ダム02



ダム碑の近くには説明板。

      20160715三保ダム03




ダム広場公園からつづら折りの道を上ってくると、こちらに到着します。

      20160715三保ダム04



三保ダムから眺める丹沢湖。

      20160715三保ダム05


この三保ダムもロックフィルダム。

      20160715三保ダム06


石と土を積み上げて作られたダム。

      20160715三保ダム07



完成は昭和53年じゃなかったの...............?

      20160715三保ダム08

改めて、『定礎』って調べたら...............

建物の土台となる礎石(そせき)を定めることらしい。

つまり、昭和51年に工事が始まったことになるようです。




今年は春先の雨が少なく、関東の水瓶である各ダムの貯水率が低いと言われています。
丹沢湖(三保ダム)の貯水率も低いのかな?

      20160715三保ダム11


ダム頂部。

      20160715三保ダム12



ダムから見下ろす酒匂川水系の河内川。

      20160715三保ダム13




こちらが、三保ダム管理事務所。

      20160715三保ダム14

こちらで、三保ダムのダムカードが配布されています。



ダムカード、ゲット!

      20160715三保ダム15



丹沢湖側から、三保ダムとダムカード。

      20160715三保ダム16



こちらが、三保ダムのダムカードの拡大版。

      20160715三保ダム17


      20160715三保ダム18


西印旛沼、奥野ダム、そして三保ダム。
ダムカードも3枚となりました。

ダムカード集め、ハマりそうです(笑)。



2016/08/12 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダム広場公園 (2016年7月15日)(神奈川県足柄上郡山北町) 

7月15日 公休日


伊豆旅行の2日目。

この日は千葉に帰る日ですが、丹沢方面に足を伸ばしてみました。



清水小学校をあとにして、向かった先は...............ダム広場公園


このダム広場公園。
個人的には、かなりお気に入りの公園。

今日で4回目の訪問ですが、毎回期待を裏切らない。

      20160715ダム広場公園01


      20160715ダム広場公園02


元々、ドッグランに行っても、他のワンちゃんの残り香が気になって
フェンス周りの匂いを嗅ぎながら、徘徊することの多い びいすけ 。
正直、ドッグランでは殆ど自らの意思では走りません(キッパリ言い切れます。)

どちらかと言えば、広い芝生広場のある公園でロングリードで徘徊させると
なぜだか、テンションが高まり、走り出したりします。

このダム広場公園は、まさに広い芝生広場。

      20160715ダム広場公園03


      20160715ダム広場公園04



そして、丹沢湖のすぐ近く。
三保ダム脇の余り知れ渡っていない公園。
平日だし、雨上がりだし(時折ポツリ、ポツリと降ってきます。)
訪れる人は他に居ません。

一応、ロングリードを装着して
びいすけ の気の向くままにお任せします。

      20160715ダム広場公園05



いきなりのローリング。

      20160715ダム広場公園06



しばらくローリングしていたら、気が済んだのか?
今度は小気味良いテンポで匂いを嗅ぎながらの徘徊。

      20160715ダム広場公園07


      20160715ダム広場公園08



そして、再びローリング。

      20160715ダム広場公園09


      20160715ダム広場公園10



『 びいすけ〜!! 』って大きな声で呼んで見ると
こちらに向かって走って来ます。

      20160715ダム広場公園16


      20160715ダム広場公園17


      20160715ダム広場公園18

勢い良く、私の前を通り過ぎ走り去る びいすけ 。

元気モリモリ?



この公園では、必ず力走する びいすけ 。

      20160715ダム広場公園11



かなりお気に入り?

      20160715ダム広場公園12


      20160715ダム広場公園13


私の周りを弧を描くように2〜3周回ると
疲れたのか?
芝生に腹這いになって寛ぐ びいすけ 。

      20160715ダム広場公園14


      20160715ダム広場公園15

満足してくれたかな?



せっかくだから、公園内を散策しましょう。


ダム下流に出来た公園。
敷地は広く、遊歩道も整備されています。  
 
      20160715ダム広場公園19



ロングリードで びいすけ の好きなように歩かせてみましょう。

      20160715ダム広場公園20



やっぱり、匂いは気になるようで、いたる所で匂い嗅ぎ。

      20160715ダム広場公園21


      20160715ダム広場公園22


      20160715ダム広場公園23




この道を登って行けば、三保ダムの堤体に行けますが
三保ダムは後でじっくり見学(ダムまでは車で移動)するから、この先はパス。

      20160715ダム広場公園24



つづら折りの坂を上って、下る。
そんな元気はありません(笑)。

      20160715ダム広場公園25



平坦な周遊路を歩いて移動します。

      20160715ダム広場公園26


      20160715ダム広場公園27



ぐるっと公園を一周するして、芝生広場に戻って来ました。

      20160715ダム広場公園28



どっこいしょ!

      20160715ダム広場公園29

再び、芝生広場で腹這いになる びいすけ 。



芝生の感触が気持ち良いのかなぁ?

      20160715ダム広場公園30



駐車場に戻る前に、芝生広場入口近くに在ったモニュメント。

      20160715ダム広場公園31



丹沢湖、三保ダムの下流にある公園。
4回目になるダム広場公園。
今回も びいすけ は満足してくれたみたいです。




2016/08/11 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............清水小学校 (2016年7月15日)(神奈川県足柄上郡山北町) 

7月15日 公休日

伊豆旅行の2日目。

この日は丹沢周辺を巡ってみました。


洒水の滝をあとにして、
向かった先は...............山北町立清水小学校



清水小学校は

明治6年     川村貫穿舎の支校として湯触学校創立。
明治10年    川西小学校と改称する。
明治25年    尋常川西小学校と改称する。
大正2年     高等科を併設する。
大正12年    合併により清水尋常小学校と改称する。
昭和22年    学制改革により清水村立清水小学校と改称する。
昭和30年    清水村が山北町、共和村、三保村と合併し、改めて山北町が発足。
          山北町立清水小学校と改称する。
平成27年    川村小学校と統合して廃校となる


と、このような沿革となっています。



こちらが、清水小学校の正門。

      20160715清水小学校01



表札は既に外されていますが、往時の古い石造りの門柱。

      20160715清水小学校02



正門前には、廃校記念碑と看板。

      20160715清水小学校03


この清水小学校の同じ敷地内には清水中学校も在ったようです。

      20160715清水小学校04



こちらが廃校記念碑。

      20160715清水小学校05



敷地内ではあるけれど、校舎の前の道路に面した場所に建てられています。

      20160715清水小学校06

碑文によれば、中学校は小学校より2年早く廃校になったようです。


記念碑の裏面には各々の校章が刻まれています。

      20160715清水小学校22



敷地内に入ってみましょう。



こちらが、小学校の校舎。

      20160715清水小学校07



鉄筋3階建。

      20160715清水小学校08



こちらが、体育館。

      20160715清水小学校09

体育館は中学校と共用していたようです。



こちらが、中学校の校舎。

      20160715清水小学校10



実は、中学校の校舎は体育館に接合していたりする。

      20160715清水小学校11



清水小学校の校舎正面玄関。

      20160715清水小学校12



玄関庇部には校章。

      20160715清水小学校13



玄関の表札も往時のモノ。

      20160715清水小学校14



国旗掲揚ポールもしっかり3本。

      20160715清水小学校15


中学校と共用の校庭(グランド)だから
目立った遊具類はありません。

鉄棒と古タイヤぐらいです。

      20160715清水小学校16


      20160715清水小学校17


      20160715清水小学校19



ロープロファイルの朝礼台。

      20160715清水小学校18




校庭の隅っこ。
雑草に埋もかかった方位計。

      20160715清水小学校20



そして忠魂碑。

      20160715清水小学校21

個人的にはこの忠魂碑って言うのは好きじゃないんだけど
昔の小学校(地方の歴史のある小学校)には、この碑が多いんだよね。
学校の敷地内に無くても良い気がするんだけど、
昔の教育方針は今と違ったからなぁ。




 
丹沢湖へ行く時に、清水小学校のすぐ近くを通り
ナビには学校マークが表示されていて、小学校がある事は知っていましたが
まさか、こちらの小学校が昨年廃校になっていたとは...............

山北町の小学校も統合先の川村小学校と
丹沢湖畔にある三保小学校の2校となってしまいました。

三保小学校も廃校になってしまうなんて...............無いよね?









2016/08/10 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

かながわの景勝50選  《 洒水の滝 》  (2016年7月15日)(神奈川県足柄上郡山北町) 

7月15日 公休日

伊豆旅行2日目。


熱海市の小山臨海公園をあとにして、国道135号を北上します。

いつの間にか、フロントガラスはポツリ、ポツリと降り出した雨で
間欠ワイパーがキュッ、キュッと動きます。

しかしながら雨足は強くなく、今にも止みそうな気もする。
雨なら雨で仕方ない。
どうせ雨が降っているなら、こんな日に滝を見るのも案外イケるかも?
と言うことで、向かった先は...............洒水の滝


酒匂川の支流、滝沢川から流れ落ちる洒水の滝は、
「日本の滝百選」、またその水は「全国名水百選」に選ばれている名瀑です。
「洒水」=「しゃすい」の名は、密教用語で清浄を念じてそそぐ香水を指すといいます。
雄大なその姿は三段からなり、落差は一の滝は69m、二の滝は16m、三の滝は29mという豪快な滝で、
古くから相模の国第一の滝とされ「新編相模国風土記稿」では、「蛇水の滝」と記されています。

この洒水の滝は、『かながわの景勝50選』にも選ばれています。

かながわの景勝50選とは、
神奈川県の景勝地のうち代表的なものを50箇所選んだもので、
昭和54年に定められました。

実は、『かながわの景勝50選』も密かに追いかけていて
この洒水の滝も以前訪れたことがありますが
改めての訪問となります。


無料の駐車場に車を停め、時折体に感じる雨を気にしながら
洒水の滝へと向かいます。

      20160715洒水の滝01


駐車場から20mほどの場所にある標柱。

      20160715洒水の滝02



擦れていて、文字が読めませんが、洒水の滝の標柱です。
昭和30年に建てられたモノでしょうか?

      20160715洒水の滝03



洒水の滝へと続く散策路。

      20160715洒水の滝04

この先、徒歩3分の所に洒水の滝はあるようです。



本日の目的一つ。

      20160715洒水の滝05


『かながわの景勝50選』の碑。

      20160715洒水の滝06

この碑を探しに来たと言っても過言ではない。



碑の脇に建てられた説明板。

      20160715洒水の滝07

こちらもかなり擦れて、説明文が読みづらい。


さらに先へと急ぎましょう。

      20160715洒水の滝08



川沿いの散策路には龍のオブジェ。

      20160715洒水の滝09

なぜか、滝には龍のオブジェが似合います。


散策路の視界が開け、いきなり現れた洒水の滝。

      20160715洒水の滝10



雨上がり(?)(って言うか、小雨が時折パラパラ降って来ます。)
以前訪れた時より水量が多い気がします。

      20160715洒水の滝11




滝の手前にある『名水百選 湧水の滝』の碑。

      20160715洒水の滝12



せっかくだから、一口飲んでみましょう。

      20160715洒水の滝13

美味しく感じるのは気のせい?


名水百選の碑の脇にも龍のオブジェ。

      20160715洒水の滝14

雨に濡れていると、なかなかの雰囲気。



洒水の滝に到着。

      20160715洒水の滝15



前回同様、赤い橋から先は立ち入り禁止。

      20160715洒水の滝16

いつになったら、滝壺近くまで行けるのだろうか?



赤い橋の手前には、『日本の滝百選』の碑。

      20160715洒水の滝17


      20160715洒水の滝18



洒水の滝の上段部を望遠レンズでズームアップ。

      20160715洒水の滝19



丸太のベンチがあって、この位置から滝が見れれば最高なんだけど
残念ながら、木々が生い茂り滝を遮っています。

      20160715洒水の滝20


葉が落ちた秋から冬になれば、視界も開けるのだろうか...............?

      20160715洒水の滝21



ねぇ、びいすけ。
その頃に、また来ようか...............?




2016/08/09 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit