FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

習志野七福神⑦  無量寺 《寿老人》  (2016年1月1日)(千葉県習志野市) 

1月1日 公休日

毎年、元旦の日に実行している七福神巡り。
今年は習志野七福神巡りにチャレンジです。

習志野七福神は、
七福神を祭った市内の七つの寺院を巡礼すると
「七難即滅、七福即生」のご利益があると伝えられています。
「七難即滅、七福即生」というのは、仏法の経典である「仁王経」のなかで、
世の中の七つの大難(太陽の異変、星の異変、風害、水害、火災、旱害、盗難)はたちどころに消滅し、
七つの福が生まれると説かれていることから生まれた言葉です。
この七つの福が七福神の信仰につながっています。
(習志野市HPより抜粋)

7つの寺院とは
東福寺 《恵比寿》
西光寺 《毘沙門天》
東漸寺 《福禄寿》
慈眼寺 《大黒天》
正福寺 《布袋尊》
薬師寺 《弁財天》
無量寺 《寿老人》 となっています。


朝から回っている習志野七福神。
いよいよ最後、七福神巡りの最後。
薬師寺をあとにして向かった先は...............無量寺の寿老人。


無量寺は、真言宗豊山派の寺院であり、西中山宗光院と号します。
無量寺の創建年代等は不詳ながら、当初小字東堀込にあり、
武石氏の祈願寺だったといいます。
天正18年(1590)千某氏滅亡の際に罹災し衰微したももの、
慶長19年(1614)に東金御成街道を作るとき、
村民鶴田重右衛門が当地に移して再興したと言われています。


こちらが、無量寺。

山門はそれなりの歴史の重さを感じます。

      20160101習志野七福神⑦無量寺01


      20160101習志野七福神⑦無量寺02



こちらが、本堂。

近年建て替えたのでしょう。
山門の古さと比べると本堂の新しさが目立ちます。

      20160101習志野七福神⑦無量寺03


      20160101習志野七福神⑦無量寺04



こちらは、無量寿閣。

      20160101習志野七福神⑦無量寺05



特に習志野市の名木百選に選ばれてはいない様ですが
境内にそびえる立派な巨木。

      20160101習志野七福神⑦無量寺06

こう言った無量寺の長い月日を感じさせるモノに比べ
やはり真新しい本堂は、私の目には違和感を感じさせてしまいます。



さて、肝心の習志野七福神。

こちらも、お堂の中に祀られていました。

      20160101習志野七福神⑦無量寺07


元旦だからなのか?
お堂の戸は開けられていて、開放感満載。
じっくりと寿老人を拝めます。

      20160101習志野七福神⑦無量寺09


寿老人の像の前には、スタンプ台。

      20160101習志野七福神⑦無量寺08


どうやら、こんな色紙が準備されていて
一枚1000円で無人販売されています。

      20160101習志野七福神⑦無量寺10


他の6つの寺には置かれていなかったから、
(本堂の中に置いて有ったかもしれないけど、
犬連れで本堂には入れないから...............)
習志野七福神は、この無量寺を起点にして巡り
御朱印代わりに7つのスタンプを集めるのも楽しいかも...............。

次回チャレンジする時は(2回目は無いかも?)
この無量寺からスタートすることにしよう。


ただ、今まで巡った他の七福神時比べ、何故か達成感がない。
おそらく、石像と言う具体化された七福神が無いから
そんな風に感じちゃうんだろうなぁ。
秘仏や立派な像で無くていいから、石像を境内に置いて貰えると
びいすけ と一緒に写真も撮れて、個人的には楽しめるなぁ...............。





スポンサーサイト



2016/01/21 Thu. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

習志野七福神⑥  薬師寺 《弁財天》  (2016年1月1日)(千葉県習志野市) 

1月1日  公休日

毎年、元旦の日に実行している七福神巡り。
今年は習志野七福神巡りにチャレンジです。

習志野七福神は、
七福神を祭った市内の七つの寺院を巡礼すると
「七難即滅、七福即生」のご利益があると伝えられています。
「七難即滅、七福即生」というのは、仏法の経典である「仁王経」のなかで、
世の中の七つの大難(太陽の異変、星の異変、風害、水害、火災、旱害、盗難)はたちどころに消滅し、
七つの福が生まれると説かれていることから生まれた言葉です。
この七つの福が七福神の信仰につながっています。
(習志野市HPより抜粋)

7つの寺院とは
東福寺 《恵比寿》
西光寺 《毘沙門天》
東漸寺 《福禄寿》
慈眼寺 《大黒天》
正福寺 《布袋尊》
薬師寺 《弁財天》
無量寺 《寿老人》 となっています。


正福寺をあとにして、向かった先は...............
習志野七福神、その第6弾目。薬師寺の弁財天です。


薬師寺は、真言宗豊山派の寺院で、習雲山瑠璃光院と号します。
薬師寺は、河内の國(大坂)の郷士市角頼母が大坂冬・夏の陣に敗れて当地に帰農、
薬師堂を建立したといいます。
昭和17年英霊奉安のため一寺とし、習雲山瑠璃光院薬師寺と号したといいます。



京成大久保駅から日大へと向かう商店街の一画に薬師寺はあります。
歩行者天国のような商店街。
元旦だから人が少なくて車も通れるけど
普段だったら、ここを車で通るには少し勇気がいるかも?
何せ、歩行者専用道路みたいな感じだから...............。


こちらが薬師寺。

      20160101習志野七福神⑥薬師寺01


      20160101習志野七福神⑥薬師寺02



狭い参道を進めば、山門の前に由緒書き。

      20160101習志野七福神⑥薬師寺03



こちらが、山門。

      20160101習志野七福神⑥薬師寺04



山門に掲げられた扁額。
山号は『習雲山』。

      20160101習志野七福神⑥薬師寺05



こちらが、薬師寺の本堂。

      20160101習志野七福神⑥薬師寺06


      20160101習志野七福神⑥薬師寺07


本堂の扁額には、『 祝寿薬師寺 』と刻まれています。

      20160101習志野七福神⑥薬師寺08



肝心の習志野七福神、弁財天はと言うと...............

      20160101習志野七福神⑥薬師寺09


在りました!

      20160101習志野七福神⑥薬師寺10



境内の小さな池の小さな祠の中に祀られていました。

      20160101習志野七福神⑥薬師寺11


なかなか、七福神の実体が確認出来ない(写真に収めきれない)ため
やはり、イマイチ達成感、満足感が湧いて来ない。

まぁ、残すはあと1つ。
頑張りましょう!!




2016/01/21 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

習志野七福神⑤  正福寺 《布袋尊》  (2016年1月1日)(千葉県習志野市) 

1月1日 公休日

毎年、元旦の日に実行している七福神巡り。
今年は習志野七福神巡りにチャレンジです。

習志野七福神は、
七福神を祭った市内の七つの寺院を巡礼すると
「七難即滅、七福即生」のご利益があると伝えられています。
「七難即滅、七福即生」というのは、仏法の経典である「仁王経」のなかで、
世の中の七つの大難(太陽の異変、星の異変、風害、水害、火災、旱害、盗難)はたちどころに消滅し、
七つの福が生まれると説かれていることから生まれた言葉です。
この七つの福が七福神の信仰につながっています。
(習志野市HPより抜粋)

7つの寺院とは
東福寺 《恵比寿》
西光寺 《毘沙門天》
東漸寺 《福禄寿》
慈眼寺 《大黒天》
正福寺 《布袋尊》
薬師寺 《弁財天》
無量寺 《寿老人》 となっています。


慈眼寺をあとにして、向かった先は...............正福寺


正福寺は、真言宗豊山派の寺院であり、藤崎山と号します。
正福寺は、慶長二年(一五九七)の棟札があったといい、
安土桃山時代には既に創建していたとされています。




こちらが、正福寺。

      20160101習志野七福神⑤正福寺01


寺号標。

      20160101習志野七福神⑤正福寺02


山門の先は本堂。

      20160101習志野七福神⑤正福寺03


      20160101習志野七福神⑤正福寺04



本堂に掲げられている扁額。

      20160101習志野七福神⑤正福寺05

山号ではないみたい。
(達筆で読めません)


境内の一角に鎮座している習志野七福神の布袋尊。

      20160101習志野七福神⑤正福寺06



やはり、こちらもお堂の中に祀られています。

      20160101習志野七福神⑤正福寺07


      20160101習志野七福神⑤正福寺08



境内を分断するように山門前には県道が走り、
県道を挟んだ先には、観音堂があります。


歩道に残された習志野名木百選のイチョウ。

      20160101習志野七福神⑤正福寺10


      20160101習志野七福神⑤正福寺11



大イチョウの前にある説明看板。

      20160101習志野七福神⑤正福寺09

説明看板によれば...............

正福寺の観音堂の裏手には、筆子の碑があり
また、天正四年(1576年)正福寺の本堂を利用して寺子屋を開き
後の弘文学校として190名の卒業生を世に送り出したと言うことです。


こちらが、観音堂。

      20160101習志野七福神⑤正福寺12

残念ながら、門は閉ざされ、中に入ることは出来ません。



裏手に回って、覗き込んで見ましたが
筆子碑は何処にあるのか?

      20160101習志野七福神⑤正福寺13


結局、見つけられませんでした。



習志野七福神、これで5福神制覇。
とはいえ、いずれもお堂の中に祀られていて
今一歩、満足感が湧いて来ないのは何故なんだろう...............




2016/01/20 Wed. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

習志野七福神④  慈眼寺 《大黒天》  (2016年1月1日)(千葉県習志野市) 

1月1日 公休日

毎年、元旦の日に実行している七福神巡り。
今年は習志野七福神巡りにチャレンジです。

習志野七福神は、
七福神を祭った市内の七つの寺院を巡礼すると
「七難即滅、七福即生」のご利益があると伝えられています。
「七難即滅、七福即生」というのは、仏法の経典である「仁王経」のなかで、
世の中の七つの大難(太陽の異変、星の異変、風害、水害、火災、旱害、盗難)はたちどころに消滅し、
七つの福が生まれると説かれていることから生まれた言葉です。
この七つの福が七福神の信仰につながっています。
(習志野市HPより抜粋)

7つの寺院とは
東福寺 《恵比寿》
西光寺 《毘沙門天》
東漸寺 《福禄寿》
慈眼寺 《大黒天》
正福寺 《布袋尊》
薬師寺 《弁財天》
無量寺 《寿老人》 となっています。


《福禄寿》の東漸寺をあとにして、
向かった先は...............慈眼寺


慈眼寺は、真言宗豊山派の寺院であり蓬莱山普門院と号します。
慈眼寺の創建年代等は不詳ながら、出羽三山の檀那場御祈祷帳による慈眼寺の住職が
延宝四年(1676)に登拝した記録があることから、
江戸時代初期には既に創建していたとされています。



慈眼寺の寺号標。

      20160101習志野七福神④慈眼寺01



そして、山門。

      20160101習志野七福神④慈眼寺02



こちらが本堂。

      20160101習志野七福神④慈眼寺03


      20160101習志野七福神④慈眼寺04



本堂に掲げられた扁額
山号は『蓬莱山』

      20160101習志野七福神④慈眼寺05



決して広いとは言えない境内の一角に例の幟。

      20160101習志野七福神④慈眼寺06



流石に習志野七福神巡りも4ヶ所目となるとパターンが読めて来る。

      20160101習志野七福神④慈眼寺08



こちらのお堂の中に《大黒天》の像があるようです。

      20160101習志野七福神④慈眼寺07



それよりも、新しい発見。
どうやら、習志野七福神は御朱印の代わりにスタンプのようです。

      20160101習志野七福神④慈眼寺09

なんと、慈眼寺は本堂の賽銭箱の横にスタンプが置いてあります。
御朱印帳を持参すれば、どうやらタダで押印出来るみたい。

まあ、御朱印を集めている訳じゃないから
特に気にしないけどね。
(と、言いながらも七福神巡りの御朱印集めも面白そう、なんて思ったりして...............)





2016/01/20 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

習志野七福神③  東漸寺 《福禄寿》  (2016年1月1日)(千葉県習志野市) 

1月1日  公休日

毎年、元旦の日に実行している七福神巡り。
今年は習志野七福神巡りにチャレンジです。

習志野七福神は、
七福神を祭った市内の七つの寺院を巡礼すると
「七難即滅、七福即生」のご利益があると伝えられています。
「七難即滅、七福即生」というのは、仏法の経典である「仁王経」のなかで、
世の中の七つの大難(太陽の異変、星の異変、風害、水害、火災、旱害、盗難)はたちどころに消滅し、
七つの福が生まれると説かれていることから生まれた言葉です。
この七つの福が七福神の信仰につながっています。
(習志野市HPより抜粋)

7つの寺院とは
東福寺 《恵比寿》
西光寺 《毘沙門天》
東漸寺 《福禄寿》
慈眼寺 《大黒天》
正福寺 《布袋尊》
薬師寺 《弁財天》
無量寺 《寿老人》 となっています。


西光寺をあとにして、向かった先は...............東漸寺

京成津田沼駅から商店街を歩いて行くと東漸寺があります。
実は10年ちょっと前、椎間板ヘルニアの手術でこの近くの病院に入院していました。
術後、リハビリと称して、この商店街に散歩しに病院をちょくちょく抜け出していました(笑)。

実に約11年ぶりに、この地を訪れることになります。


東漸寺は、真言宗豊山派の寺院であり、
龍寳山摩尼珠院と号します。
東漸寺の創建年代等は不詳ながら、
すでに室町時代には創建されていたとされています。


こちらが東漸寺。

      20160101習志野七福神③東漸寺01


      20160101習志野七福神③東漸寺02


こちらが本堂。

      20160101習志野七福神③東漸寺03


      20160101習志野七福神③東漸寺04



こちらの境内にも『習志野名木百選』があります。

      20160101習志野七福神③東漸寺05


その名木である、イチョウ。

      20160101習志野七福神③東漸寺06


確かに立派。
紅葉の時期なら一面黄色になっていることでしょう。

      20160101習志野七福神③東漸寺07



こちらの東漸寺は、習志野七福神の『福禄寿』

      20160101習志野七福神③東漸寺08


やはり、お堂の中に祀られているようです。

      20160101習志野七福神③東漸寺09


あいにく、お堂は閉まっているので
福禄寿の像は確認出来ず。

      20160101習志野七福神③東漸寺10


まぁ、7つの寺院を回っていくのも七福神巡りだから...............
そう思って納得しよう。



2016/01/19 Tue. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

習志野七福神②  西光寺 《毘沙門天》  (2016年1月1日)(千葉県習志野市) 

1月1日 公休日

ここ数年、毎年元旦の日に行っている七福神巡り。
今年は、習志野七福神を巡ってみました。


習志野七福神は、
七福神を祭った市内の七つの寺院を巡礼すると
「七難即滅、七福即生」のご利益があると伝えられています。
「七難即滅、七福即生」というのは、仏法の経典である「仁王経」のなかで、
世の中の七つの大難(太陽の異変、星の異変、風害、水害、火災、旱害、盗難)はたちどころに消滅し、
七つの福が生まれると説かれていることから生まれた言葉です。
この七つの福が七福神の信仰につながっています。
(習志野市HPより抜粋)

7つの寺院とは
東福寺 《恵比寿》
西光寺 《毘沙門天》
東漸寺 《福禄寿》
慈眼寺 《大黒天》
正福寺 《布袋尊》
薬師寺 《弁財天》
無量寺 《寿老人》 となっています。


東福寺から、歩いて行ける距離にある西光寺。
直線距離ならおそらく200mぐらいじゃなかろうか?

当然ながら、東福寺をあとにして向かった先は...............西光寺


西光寺は、真言宗豊山派の寺院であり、無量山地蔵院と号します。
西光寺の創建年代等は不詳ながら、室町時代には創建されていたと言われています。



親切に、しっかりと道案内の看板も建ってます。
これなら道に迷うことは無い。

      20160101習志野七福神②西光寺01



こちらが西光寺。

      20160101習志野七福神②西光寺02



門前の寺号標。

      20160101習志野七福神②西光寺03



こちらが本堂。

      20160101習志野七福神②西光寺04


      20160101習志野七福神②西光寺05



本堂に掲げられた扁額。
山号は『無量山』。

      20160101習志野七福神②西光寺06



西光寺の境内には、『習志野市名木百選』に選ばれたタブノキが有ります。

      20160101習志野七福神②西光寺07



こちらが、タブノキ。

      20160101習志野七福神②西光寺08



そして、境内の一角には習志野七福神の『毘沙門天』。

      20160101習志野七福神②西光寺09



この小さなお堂(毘沙門堂)の中に毘沙門天の像があるようです。

      20160101習志野七福神②西光寺10

ちょうど太陽の位置が悪いのか?
名木タブノキの影になっています。

     20160101習志野七福神②西光寺11

こちらもお堂はガラス張り。
中に小さな毘沙門天像があり有りますが
やはり、感動と言うか、毘沙門天に会えた喜びのような感覚が湧いて来ない。

今までの七福神の多くが石像だったからなのか?
やっぱり、それなりの大きさな石像でないと感動が湧いて来ない。
こんなことを思うのは、私だけなんだろうなぁ...............。








2016/01/19 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

習志野七福神①  東福寺 《恵比寿》  (2016年1月1日)(千葉県習志野市) 

1月1日  公休日

ここ数年、毎年元旦だけは公休日になるシフトになってます。
そして、ここ数年は元旦に七福神巡りをしています。
(元旦以外にも七福神巡りはしていますが...............)
やっぱり、新年は七福神巡りから始まるのが
私と びいすけ の恒例となっています。

と言うことで、今年は鴨川市の長狭七福神も考えましたが
明日(1月2日)も24時間勤務の夜勤だから
無理して遠出をせず、近場の七福神巡りをしようと
向かった先は...............習志野七福神巡り。

習志野七福神は、
七福神を祭った市内の七つの寺院を巡礼すると
「七難即滅、七福即生」のご利益があると伝えられています。
「七難即滅、七福即生」というのは、仏法の経典である「仁王経」のなかで、
世の中の七つの大難(太陽の異変、星の異変、風害、水害、火災、旱害、盗難)はたちどころに消滅し、
七つの福が生まれると説かれていることから生まれた言葉です。
この七つの福が七福神の信仰につながっています。
(習志野市HPより抜粋)

7つの寺院とは
東福寺 《恵比寿》
西光寺 《毘沙門天》
東漸寺 《福禄寿》
慈眼寺 《大黒天》
正福寺 《布袋尊》
薬師寺 《弁財天》
無量寺 《寿老人》 となっています。


習志野七福神、最初に訪れたのは...............

東福寺の恵比寿



東福寺は、真言宗豊山派の寺院であり、
創建年代等は不詳ながら現在の本尊である薬師如来は
天文元年(1532)に、とある老僧が当寺住職の円観上人に託したものだと言われ、
戦国時代には既に創建していたとされています。



こちらが東福寺。

      20160101習志野七福神①東福寺01


逆光でハレーションを起こして、見づらい。

      20160101習志野七福神①東福寺02

やっぱり、安いフィルターじゃ無理があるかな?



寺号標。

      20160101習志野七福神①東福寺03



こちらが、本堂。

      20160101習志野七福神①東福寺04


      20160101習志野七福神①東福寺05



本堂に掲げられた扁額。
山号は『瑠璃山』。

      20160101習志野七福神①東福寺06


駐車場の出入口となっている不老門。
この門をくぐれば、老わないと言うことだろうか?

      20160101習志野七福神①東福寺07


さほど広くない境内。

      20160101習志野七福神①東福寺10


      20160101習志野七福神①東福寺08



その境内の一角に鎮座する『恵比寿』。

      20160101習志野七福神①東福寺11


てっきり、このお堂に『恵比寿』が祀られているのかなと思っていたら
実は違っていた。

      20160101習志野七福神①東福寺12



隣の小さなお堂が『恵比寿』の祀られているお堂。

      20160101習志野七福神①東福寺13


      20160101習志野七福神①東福寺14

お堂の中に『恵比寿』が祀られていると思うけど
流石にお堂を勝手に開けることは出来ないし
見た感じ、小さな像のような感じもするから
七福神に会いに来た〜!って言う感激とか感動とか
そう言った類いの気持ちになれないのは何故だろう...............。








2016/01/18 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit