FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

麻苧の滝 (2019年8月23日)(群馬県安中市) 

8月23日


1泊2日の群馬・長野旅行。
2日目は長野県の軽井沢を巡り、再び群馬県へと移動しました

坂本小学校をあとにして、向かった先は..........................麻苧の滝。


麻苧(あさお)の滝は、一名朝日滝とも呼ばれ、
その源を丁須の西の中間峰より発しています。
信越本線横川駅の南西方に位置し、鼻曲山と鳩胸の間を流れ落ち、
その高さは約40メートル、この断崖から麻の簾を垂らしたような飛瀑から
「麻苧の滝」と名づけられています。
この滝は、古くから山岳信仰の修験場として知られ、
山中には数多くの石仏が散在しています。
信越本線や国道18号線からも近く、裏妙義の奇岩との映りもよく、
増水時などの雄大さは格別なものだそうです。


少し離れた位置になりますが駐車場も完備。
案内板に導かれ、迷うこともなさそうです。

      20190823麻苧の滝 01


但し、別な注意は必要です。

      20190823麻苧の滝02


なんと、熊がでるようです。

      20190823麻苧の滝03

熊除けの鈴を忘れちゃったんだよなぁ。
熊には気を付けましょう。


相変わらず、元気一杯の びいすけ。

      20190823麻苧の滝04


ここでも、我!先へ!! と進んで行きます。

      20190823麻苧の滝05


      20190823麻苧の滝06



麻苧の滝のあるこの辺りは、麻苧自然公園と称し
麻苧の滝の上流、下流合わせて7つの滝があり
それぞれの滝に石造りの七福神が設けられているようです。


さっそく、第一の滝が見えて来ました。


白行滝。

      20190823麻苧の滝07

実は、この下流にももう一つ滝があるようですが(孫滝)、
見落としてしまったようです。


白行滝の近くに鎮座する七福神。
福禄寿。

      20190823麻苧の滝08



目指すは、麻苧の滝。
先に進みましょう。

沢沿いの散策路。

      20190823麻苧の滝09


こんな岩の下も潜ります。

      20190823麻苧の滝10

安産岩と言うらしい。



安産岩の近くにも七福神。暗くて見づらいですが毘沙門天。

      20190823麻苧の滝11



その先、左側の斜面から流れ落ちる滝。

      20190823麻苧の滝12

母滝かと思ったけれど、違うみたい。
前日の雨で現れた滝なんでしょうか?



ここから、再び沢を離れ、斜面を上ります。
斜面に鎮座する七福神、大黒天。

      20190823麻苧の滝13



大黒天の先には、不動明王。

      20190823麻苧の滝26



そして、不動明王の先に麻苧の滝(父滝)が見えてきました。

      20190823麻苧の滝14



さらに近づいてみます。

      20190823麻苧の滝15


沢に降りてみますが、木が視界を邪魔をして
滝の眺望は今一つ。

      20190823麻苧の滝16

もうすこし、沢の上流に移動した方が良さそうですね。


橋を渡って、上流に向かうことに..............

      20190823麻苧の滝24


橋の上からの麻苧の滝。

      20190823麻苧の滝17




橋を渡ると、対岸奥にもう一つの滝。
こちらが母滝になるんだろうか?

      20190823麻苧の滝18



近くには、七福神の恵比寿が鎮座しています。

      20190823麻苧の滝19



橋を渡って大正解。
対岸からぐるっと回り込むような感じで麻苧の滝に近づく事が出来ました。

      20190823麻苧の滝27


      20190823麻苧の滝20

滝壺もしっかりと確認。




びいすけ も嬉しそうな笑顔。

      20190823麻苧の滝21



実は、麻苧の滝は7つの滝の総称で、
落差40mの『父滝』を筆頭に曾滝・祖滝・母滝・自行滝・子滝・孫滝から成っています。

そして、こちらが筆頭の父滝。

      20190823麻苧の滝22

見事な滝です。

しばし、見とれてしまいました。


下りは滑るから、気をつけて下山しましょう。

      20190823麻苧の滝23

熊には遭遇しませんでしたが
熊以外にも気をつけなきゃいけないのが山蛭。
幸いにも山蛭にも遭遇しなく、滝を楽しむ事ができました。


駐車場に戻る途中、吊橋を渡った先にも七福神。

      20190823麻苧の滝25

そう言えば、七福神巡りも中途半端になっちゃいましたね。

7つの滝を全て見ることはできませんでしたが
山蛭が居なくなる晩秋にでも、紅葉を見ながら
そして、七福神を探しながら、7つの滝を堪能するのも面白そうですね。






スポンサーサイト



2019/09/29 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............坂本小学校 (2019年8月23日)(群馬県安中市) 

8月23日

1泊2日の群馬・長野旅行。
2日目は長野県の軽井沢を巡り、群馬県へと移動します。

軽井沢の『ツルヤ』をあとにして、向かった先は..........................安中市立坂本小学校。

坂本小学校は、

明治8年      坂本小学校が開校する。
明治10年     山中学校が開校する。
明治14年     第十学区碓氷第七小学校と改称する。
明治17年     坂本小学校となる
明治19年     坂本尋常小学校となる。
明治29年     坂本尋常高等小学校と改称する。
昭和22年     学制改革により、坂本町立坂本小学校と改称する。
昭和29年     坂本町が松井田町、臼井町、西横野村、九十九村、
         細野村と合併して新たに松井田町となる。
         松井田町立坂本小学校と改称する。
昭和36年     松井田町第三小学校と改称する。
昭和60年     松井田町立坂本小学校と改称する。
平成7年      入牧小学校を統合する。
平成18年     松井田町が安中市と合併して新たに安中市となる。
          安中市立坂本小学校と改称する。
平成24年     臼井小学校に統合され廃校となる。

と、このような沿革となっています。




こちらが、正門跡。

      20190823坂本小学校01



門柱には、往時の表札が掲げられています。

      20190823坂本小学校02


      20190823坂本小学校03



校門をくぐり、坂本小学校へと入っていきます。


事前に坂本小学校のことはよく調べてこなかったので
敷地に入って、ちょっとびっくり!!

      20190823坂本小学校04



そこには、木造の校舎が残っていました。

      20190823坂本小学校05



やっぱり、廃校には木造校舎が似合う。

      20190823坂本小学校06



廃校から7年。
って言うことは、7年前まで現役の校舎だった事になる。

      20190823坂本小学校07



どちらかと言うとあまり広くはない校庭。
前日の雨で所々泥濘んでいる。

      20190823坂本小学校08



その校庭から、再度校舎を眺めてみましょう。

      20190823坂本小学校09



色々と角度を変えて見てみますが、やっぱり画になる。

      20190823坂本小学校10



ガラス越しに校舎の中を覗いてみます。

      20190823坂本小学校11

王子の黒板やストーブが確認できますね。


2階に上がる階段脇には一輪車。

      20190823坂本小学校12

子供達が校庭で遊んでいたのでしょう。






校舎の前には二宮像。

      20190823坂本小学校14


      20190823坂本小学校15



こちらは体育館。

      20190823坂本小学校13



校庭に残る遊具類。

      20190823坂本小学校16


      20190823坂本小学校17


      20190823坂本小学校18


      20190823坂本小学校19




朽ちかけた百葉箱。

      20190823坂本小学校20



校舎前には朝礼台。

      20190823坂本小学校21


校舎裏手の小さな建物。

      20190823坂本小学校22

教職員の宿泊施設なんでしょうか。

そういえば、私の通った小学校にも宿直当番の先生がいて
宿直室なんて言うのもありました。



校庭残る桜の木。

      20190823坂本小学校23


見事な枝っぷり。
きっと春には立派な満開の桜の木々になるんだろう。

      20190823坂本小学校24



中山道の宿場町であった坂本宿。
宿場町として人々の生活が古くからあり、
集落に出来た坂本小学校。

時代は流れ、宿場町も衰退し
人も少なくなって、少子化で廃校となった坂本小学校。

立派な木造校舎、しっかりと拝見させていただきました。



2019/09/28 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

湯川渓谷 (2019年8月23日)(長野県北佐久郡軽井沢町) 

8月23日

1泊2日の群馬・長野旅行。
2日目は長野県の軽井沢に出没しています。
長倉神社をあとにして、向かった先は..........................湯川渓谷。


元々は、湯川渓谷を目的に来た訳ではありません。
本来の目的は こちら ↓

      20190823湯川渓谷01


長野県が誇る地域最大のスーパーマーケット 『ツルヤ』。

      20190823湯川渓谷02

せっかく長野県に来ているんだから
長野県特産の食材を調達したいと言う
もっちゃん のリクエストにお応えです。

ペットは中に入れないから、暑い中外で待っているのも芸がない。
時間を決めて、もっちゃん が買い物をしている間に、
散歩と洒落込みましょう。

何度か、『ツルヤ』には来ているから、
隣接する湯川公園は知ってる庭(?)みたいなモノ。

白糸の滝から流れを発する湯川。
その湯川が、『ツルヤ』の裏を流れ、
木々も茂って木陰を作り、水の流れと一緒に
それなりの涼を与えてくれそうです。


案内板に導かれて先へ進めます。

      20190823湯川渓谷03


湯川は、もうすぐそこ。

      20190823湯川渓谷04


      20190823湯川渓谷05



湯川です。

      20190823湯川渓谷06


軽井沢の町の中を流れている川だから
位置的に清流とは言えないけれど
都会の川に比べれば、まだまだ綺麗な水の流れです。

      20190823湯川渓谷07


      20190823湯川渓谷08


      20190823湯川渓谷09



周りに木々が茂り、陽射しも遮ってくれる。

      20190823湯川渓谷10


湯川沿いに、雑木林の中の散策路が続きます。

      20190823湯川渓谷11


都会のお洒落な街中を散歩するよりも
こう言った川沿いの散策路を散策するのが好き。

      20190823湯川渓谷12



それは、飼い主と愛犬との共通の認識。

      20190823湯川渓谷13



暑さで口角が下がっているからなのか?
はたまた、単純に喜んでいるからなのか?

こんな笑顔を見せてくれると嬉しくなる。

      20190823湯川渓谷14


      20190823湯川渓谷15


      20190823湯川渓谷16


      20190823湯川渓谷17


軽井沢だからと言って、軽井沢銀座を歩くよりも
こう言った雑木林の中の散策路を歩くのが好き。

      20190823湯川渓谷18


きっと、 びいすけ もそうだろう。

      20190823湯川渓谷19



この道をまっすぐに行けば、『ツルヤ』の方になる。

      20190823湯川渓谷20


もっちゃん との約束した時間は、もうすぐ。
さあ、『ツルヤ』に戻りましょう。







2019/09/27 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

日本の道百選 《 旧・中山道 》 (2019年8月23日)(群馬県安中市) 

8月23日

1泊2日の群馬・長野旅行、その2日目です。  

この日訪れた、碓氷峠に鎮座する熊野皇大神社(碓氷峠熊野神社)。
その鳥居のある社頭は、旧・中山道。   

熊野皇大神社の向かいにある『元祖力餅 しげのや』の駐車場入口に
こんな碑が建っています。

      20190822旧・中山道01


      20190822旧・中山道02



『日本の道百選 旧・中山道』の碑です。

      20190822旧・中山道03


      20190822旧・中山道04



中山道は慶長6年(1601)から7年を掛けて、
他の4街道(東海道、日光街道、奥州街道、甲州街道)とともに整備された街道です。
古くは都と東国を結ぶ東山道と称されていました。

中山道は、日本橋から、上野、信濃、木曽、美濃、近江を経て、
京三条大橋まで135里32丁(約534km)69宿あり
特に坂本宿から軽井沢宿の間には、中山道の難所である碓氷峠があります。

今でこそ、国道18号の碓氷バイパスと言う立派な国道が走っていますが
坂本宿から軽井沢宿へと繋がる旧・中山道の碓氷峠は、
東海道の箱根に肩を並べる難所であり、関所も置かれていました。



こちらが、旧・中山道。

      20190822旧・中山道05

群馬県側。
画面の先までは行ってないけれど、
この先は舗装が途切れる狭い道らしい。



こちらは、長野県側。

      20190822旧・中山道06

このまま下って行けば旧・軽井沢の繁華街へと導いてくれます。
実は、こちらに来るのに旧・軽井沢から旧・中山道を上がって来ました。




時間があれば、車で群馬県側の碓氷峠を走ってみたり
びいすけ と舗装の切れた旧・中山道を歩いてみたい欲望はありますが
無茶はしません。今回は、写真だけで我慢しましょう。


この先が群馬県。

      20190822旧・中山道07


      20190822旧・中山道08

日本の道百選に選ばれるのだから
きっと見応え(?)のある道なんだろうなぁ.............。




2019/09/24 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............碓氷峠熊野神社 (2019年8月23日)(群馬県吾安中市) 

8月23日

この日訪れた、碓氷峠に鎮座する熊野神社。

境内の真ん中に県境線が在って、
同じ境内に二つの神社が鎮座するという全国的にも珍しい神社。

長野県側(軽井沢町)に鎮座するのが熊野皇大神社。
そして、群馬県側(安中市)に鎮座するのが、
こちらの碓氷峠熊野神社です。

と言うのも、戦後に宗教法人法が制定された際に
都道府県ごとに宗教法人の登記が必要となりました。
このため一つの神社でありながら、県境を挟んで長野県側が熊野皇大神社、
群馬県側が熊野神社という別々の宗教法人となりました。
社殿は一つの神社ですが、宮司や社務所、賽銭箱、お守り、ご祈祷は別々となります。。
元々、碓氷峠を境に上州(今の群馬県)、信州(今の長野県)と国が分かれていたたため
それぞれの国に社家が存在し、古くから論争があったそうです。


碓氷峠熊野神社の由緒は、熊野皇大神社と同様になるようで
社伝によれば、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東征の帰路で
碓氷峠に差し掛かった際、濃霧が生じて道に迷った。
この時に一羽の八咫烏が梛の葉を咥えて道案内をし、
無事に頂上に着いた事を感謝して熊野の神を勧請したのが
熊野皇大神社の由来だとされています。

御祭神は、本宮 伊邪那美命 日本武尊
     新宮 速玉男命



同じ境内に鎮座する神社だから、参道や鳥居なども共通。


やはり、社殿も共通。

こちらが本宮。

      20190823熊野皇大神社16

長野県、群馬県の両県にまたがる社殿です。


群馬県側には、『碓氷峠 熊野神社』の社号標。

      20190823碓氷峠熊野神社03


こちらが、新宮。

      20190823碓氷峠熊野神社02


      20190823碓氷峠熊野神社06



新宮には、群馬県指定文化財の子鏡が奉納されているようです。

      20190823碓氷峠熊野神社04



こちらは、群馬県側の神楽殿。

      20190823碓氷峠熊野神社01



新宮と神楽殿。

      20190823碓氷峠熊野神社05



境内社の稲荷大明神。

      20190823碓氷峠熊野神社07



同じく境内社の健康神社。

      20190823碓氷峠熊野神社08



その由緒書き。

      20190823碓氷峠熊野神社09



杉浦翠子歌碑。

      20190823碓氷峠熊野神社10



隋神門の群馬県側は碓氷峠熊野神社の授与所。

      20190823碓氷峠熊野神社11

御朱印はこちらで拝受出来ます。



御朱印を待つ間、神楽殿前で大人しく待つ びいすけ 。

      20190823碓氷峠熊野神社12


      20190823碓氷峠熊野神社13



こちらが、碓氷峠熊野神社の御朱印。

通常版。

      20190823碓氷峠熊野神社14



日本三熊野。

      20190823碓氷峠熊野神社15

ちなみに、日本三熊野とは和歌山県の熊野三山、
山形県の熊野神社 (南陽市) と、
こちらの碓氷峠熊野神社のこととされています。



2019/09/24 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

本日のお泊り@ブロードウェー (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡嬬恋村) 

8月22日

1泊2日の旅行の初日。
この日は、群馬県の東吾妻町をぐるっと巡って嬬恋村にやって来ました。



こちらが、本日のお宿。

      20190822ブロードウェー01


      20190822ブロードウェー02


      20190822ブロードウェー03


群馬県の北軽井沢の犬連れ御用達(?)のペンション。
ブロードウェイさんです。
今回で3回目のお世話になります。


宿泊した部屋は203号室。

      20190822ブロードウェー04


ペット用のウェルカムドリンクも用意されています。

      20190822ブロードウェー05



ペットに飛び乗る びいすけ 対策。
持参したベッドカバーを掛けて、
さあ、寛ぎましょう。

      20190822ブロードウェー06



お風呂は予約制。
チェックインが遅かったから、夕食後になっちゃうけど
その前に、ビールで軽く『お疲れさん!!』。

      20190822ブロードウェー07


      20190822ブロードウェー08


びいすけ も『軽く、オヤツしちゃう?』

      20190822ブロードウェー09


要らない訳がないから
しっかり、もっちゃん から離れません(笑)。

      20190822ブロードウェー10


      20190822ブロードウェー11


実は、8月22日は びいすけ の誕生日。
この日で10歳になりました。

      20190822ブロードウェー12

もっちゃん が、びいすけ のために作ったケーキを持ち込みです。


お父さんたちの御飯の時に びいすけ にもケーキをあげるから
今は写真撮りだから、ちょっと我慢してね。

      20190822ブロードウェー13



しばらくして、夕食の時間です。
旅行において、宿泊先の食事は大切なイベントです。
大きな楽しみでもあります。

      20190822ブロードウェー14

何が出て来るのかな?



今夜のメニューがこちら。

      20190822ブロードウェー15


テーブルの下でおこぼれにあやかろうと、おとなしい びいすけ 。

      20190822ブロードウェー16



前菜(一の皿)

      20190822ブロードウェー17


前菜(二の皿)

      20190822ブロードウェー18



本日の魚料理。

      20190822ブロードウェー19



グリーンサラダ。

      20190822ブロードウェー20



本日の肉料理。

      20190822ブロードウェー21


ライス付き。

      20190822ブロードウェー22

実は、この白飯が超美味い。
思わず、翌朝の朝食は和食を頼んじゃいました。


肉と聞いたら、黙っていないのがココに居る。

      20190822ブロードウェー23


当然、貰えるモノだと思っている視線。
頂戴ビーム炸裂。

『仕方ないなぁ』と言いながら、あげちゃうダメ飼い主。

      20190822ブロードウェー24


      20190822ブロードウェー25


      20190822ブロードウェー26



食事のテーブルには、チェックインの時に撮った写真が飾られています。

      20190822ブロードウェー27



これも、ブロードウェイの楽しみの一つ。

      20190822ブロードウェー28


      20190822ブロードウェー29




そろそろ、 びいすけ が主役の時間となりました。

      20190822ブロードウェー30


この日だけは、我が家の王子様です。

      20190822ブロードウェー31



デザートの時間に合わせて、 びいすけ のケーキ登場です。
(予め、ケーキを厨房に渡しておいて、デザートのタイミングで出して貰います。)

      20190822ブロードウェー32



ケーキの前で、父さんと記念写真。

      20190822ブロードウェー33



この日に限って、カフェマットを忘れちゃったから
ケーキを床にこぼして汚してしまいそう。

予め、ケーキを細かく砕いて食べてもらいましょう。

      20190822ブロードウェー34

どうせお腹の中に入っちゃえば、一緒だからね。(笑)




むさぼりつく びいすけ 。

      20190822ブロードウェー35

食いつきは良いですね。


父さんたちは、デザートの時間です。

      20190822ブロードウェー36



ここで、ブロードウェイさんからバースデーカードを戴きました。

      20190822ブロードウェー37




チェックインの時に撮った写真を加工してくれました。

      20190822ブロードウェー38



お腹もいっぱい。
食事も終わって部屋に戻ります。

交代でお風呂に入って、改めて風呂上がりの一杯です。

      20190822ブロードウェー39

冷たいビールが美味い!!


いっぽう、満腹状態(?)の びいすけ は、そろそろ瞼が重くなる頃。

      20190822ブロードウェー40



ベッドを占領して眠りの底に着きそうです。

      20190822ブロードウェー41


朝早くから、動いていた一行は、今日もお疲れモード。
この夜は22時前に眠りの底に着いてしまいました.........................。





明けて、8月23日。



朝の5時半にいつもの様に目が覚めます。


      20190822ブロードウェー42


どうやら びいすけ は、こんな感じで寝ていた様ですね。

      20190822ブロードウェー43


      20190822ブロードウェー44


朝の散歩に出かけ、二度寝。
7時過ぎに軽く朝風呂に入って、やがて朝食の時間です。


朝食は、和食か洋食を前日の夜に選んで対応してもらいます。
過去2回、洋食を頼んでいましたが、今回初めて和食にしてみました。

      20190822ブロードウェー45


      20190822ブロードウェー46


      20190822ブロードウェー47


      20190822ブロードウェー48

個人的には、これが正解。
なんと言っても、白米が美味しい。
お代わりを2回頼んだ事は秘密にしておこう。


この日も、それなりに予定を組んでいるから
チェックアウトは10時ですが、9時過ぎにチェックアウト。

さあ、今日は軽井沢地区を堪能いたしましょう。


2019/09/22 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

瀬戸の滝 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡嬬恋村) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。

吾妻地区の東吾妻町を中心に巡り、この日の宿泊先である嬬恋村まで
国道145号を移動します。
東吾妻町から長野原町、そして嬬恋村へと移動していると
国道(いつのまにか、145号から144号に変わっています。)沿いに滝が見えた。
そう言えば、2年前にも同じように滝を見かけたが
その時は、急いでいたから素通りしてしまった。

今回は、しっかりと立ち寄ってみました。

      20190822瀬戸の滝01



この滝は『瀬戸の滝』と言うらしい。

      20190822瀬戸の滝02



案内板もしっかり建てられています。

      20190822瀬戸の滝03

落差25mの分岐瀑。



せっかくだから、滝前で びいすけ をパチリ☆。

      20190822瀬戸の滝04



二段の滝のようですが、見た位置が悪いのか?
上段の流れが見えない。

      20190822瀬戸の滝05


どうやら実際の正面は、もうちょっと左側から見たほうが
はっきりと分かったみたい。

行き掛けの駄賃とでも言えそうなアプローチも簡単なお手軽な滝。
国道沿いですが、3〜4台停められる駐車場も完備されているから
ちょっと立寄るには、本当にお手軽です。

近くに来ることがあったら、また立寄ることにしよう。






2019/09/21 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

白絹の滝 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日


8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。

群馬県と言っても広い。
今回は、吾妻地区の東吾妻町を中心に巡ります。

道の駅 あがつま峡 をあとにして、向かった先は.............白絹の滝


滝の魅力に取り憑かれて、数年が経ちます。
以前から八ッ場ダムの下流域になってしまう川原湯温泉近くにある滝で
近くに行く事があれば寄りたいと思っていました。

この辺りは、『吾妻渓谷』(『吾妻峡』)と言われ、
国の名勝にも指定されている景勝地です。

いずれ八ッ場ダムが出来たら、無くなってしまう滝もあるらしい。
いずれにしても、国指定名勝地『吾妻峡』は八ッ場ダムが完成すると
その一部はダムの水域になってしまうので、今の内にじっくりと見ておきましょう。

ダム工事の関係で、今まであった道は通行止めになっていたりして
新しい橋も出来たりして、アプローチの方法も以前とは変わっているようです。


新しく出来た(?)『十二沢パーキング』に車を停めて
これまた新しく架けられた『猿橋』を目指します。

      20190822白絹の滝01


駐車場から渓谷に向けて、遊歩道が整備されています。

      20190822白絹の滝02



雨もあがっています。
散策には足元を注意しながら、進みましょう。

      20190822白絹の滝03


      20190822白絹の滝04



遊歩道脇に流れる小さな川。

      20190822白絹の滝05



この川が滝となって吾妻川の渓谷に流れこんでいきます。

      20190822白絹の滝06



猿橋が見えてきました。

      20190822白絹の滝07



猿橋に到着。

      20190822白絹の滝08


幅3m、長さ43mの猿橋。

      20190822白絹の滝09


この橋の下が、吾妻渓谷(吾妻峡)。

      20190822白絹の滝10



橋から渓谷までは、高さが50m以上あるようで
まともに下を見ると足が竦みます。

      20190822白絹の滝11



その渓谷に流れ込んで落ちる白絹の滝。

      20190822白絹の滝12


周りの木々が赤く色づく季節に、もっと絵になる滝になるのでは?
その頃に、また見にくる事ができたら良いな........................



2019/09/21 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

足湯に入ろう! 《道の駅 あがつま峡》 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日の群馬県(一部、長野県)の1泊旅行。
その途中で立ち寄った 道の駅 あがつま峡。

      20190822足湯01



そこには足湯がありました。

      20190822足湯02

せっかくだから、足湯に入っていきましょう。



こちらが、足湯。

      20190822足湯03



こんな感じで、丸太の椅子に座っての足湯となります。

      20190822足湯04



今日は朝早くから行動し、それなりに動き回っている。
適度な温度の足湯が心地良い。

      20190822足湯10



季節によって温度を調節しているのでしょう。
どちらかと言うと温めの温度。

      20190822足湯05



その温度が夏のこの時期には丁度良い。

      20190822足湯06



足湯に入れない びいすけ は近くに繋留。

      20190822足湯07


      20190822足湯08


      20190822足湯09


足湯に浸かりながら、 びいすけ のこんな笑顔を真近に見ていると
ちょっぴり幸福感に満たされるのは、何故なんだろう...............?









2019/09/20 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅 あがつま峡 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。

群馬県と言っても広い。
今回は、吾妻地区の東吾妻町を中心に巡ります。

最近は、遠出の旅行に出かけると、可能な限り道の駅に立寄ることにしています。

この日は、朝早くからの移動だったため、東吾妻町にくるまでに
関越道の渋川伊香保ICから3つほど道の駅はありましたが
いずれも営業時間前だったので、まともに立寄ることは出来ませんでした。

まあ、道の駅の『切符』や『スタンプ』も集めていることだから
1ヶ所ぐらいは立寄らないとね。


と言うことで、立寄った先は...............道の駅 あがつま峡

      20190822道の駅 あがつま峡01



この日の天気は、小雨が降ったり止んだり。
従って、 びいすけ もカッパを着たり、脱いだりの繰り返し。

      20190822道の駅 あがつま峡02

しかし、足元の赤いワンポイントが可愛いすぎる。(親バカで、すみません。)



こちらが駐車場。

      20190822道の駅 あがつま峡03

それなりの広さがあります。


『道の駅 あがつま峡 』は、東吾妻町の西に位置し、
国の名勝地に指定されている『吾妻峡』の玄関口に在ります。

道の駅のある一帯は、『あがつまふれあい公園』と称しているようです。

      20190822道の駅 あがつま峡12

公園内に、道の駅があり、温浴施設があると言う感じでしょうか?



こちらが、道の駅のメイン施設である農産物直売所 『てんぐ』。

      20190822道の駅 あがつま峡04


      20190822道の駅 あがつま峡05



店内は、こんな感じ。

      20190822道の駅 あがつま峡06


      20190822道の駅 あがつま峡07


      20190822道の駅 あがつま峡08


建物の一角には、食事が出来るエリアもあります。



道の駅のスタンプもありました。

      20190822道の駅 あがつま峡09

道の駅の切符は、レジで購入出来ます。



向かいに建つ四阿。

      20190822道の駅 あがつま峡10

その建物の一角が情報コーナーとなっているようです。



そして、こちらが併設された温浴施設の 『吾妻峡温泉 天狗の湯』。

      20190822道の駅 あがつま峡11




こんな案内板も見つけました。

      20190822道の駅 あがつま峡13

せっかくだから、ドッグランを覗いてみましょう。


こちらが、ドッグラン。

      20190822道の駅 あがつま峡14

小雨降る平日の午後。
さすがに来場者はいません。



入口には注意書き。

      20190822道の駅 あがつま峡15


せっかくだから、ドッグランに入ったけれど
やっぱり走らない びいすけ 。
学校跡では、元気に走り回っていたんだけどなぁ。

来場の証しとして、Aフレームの上で、パチリ☆。

      20190822道の駅 あがつま峡16




こちらが、道の駅の切符。

      20190822道の駅 あがつま峡17


      20190822道の駅 あがつま峡18



そして、こちらが道の駅のスタンプ。

      20190822道の駅 あがつま峡19


      20190822道の駅 あがつま峡20


小雨が降ったり、止んだりと忙しない天候の中、
あまり長居は出来ませんでしたが
天気ぐ良ければ、公園内を散策したりして
それなりに楽しめる道の駅になるんじゃないのかな?


2019/09/19 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............岩島第二小学校 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。

群馬県と言っても広い。
今回は、吾妻地区の東吾妻町を中心に巡ります。

岩下菅原神社をあとにして、向かった先は.............旧・吾妻町立 岩島第二小学校。


岩島第二小学校も詳しい沿革は分かりません。

開校したのは明治34年。
平成11年に岩島第一小学校と統合して新たに岩島小学校が誕生して、
岩島第二小学校は廃校となりました。



こちらが、かつての正門跡。

      20190822岩島第二小学校01

残念ながら、門柱は在りません。
しかしながら、びいすけ の背後に見える校舎は、
木造校舎ではありませんか!!



こちらが、その木造校舎。

      20190822岩島第二小学校02



校舎の前に、重機やら資材が置かれているのが気になります。

      20190822岩島第二小学校03


      20190822岩島第二小学校04



ひょっとして、解体されてしまうのか?

      20190822岩島第二小学校05

作業服を着たオジさんに聞いてみたら
一時的に資材を置かせて貰っているだけで
解体するとかの予定は無いそうです。

ホッとひと安心。


今まで、多くの廃校を訪ねてきましたが
やはり、木造校舎を目の当たりにするとテンションは違います。

      20190822岩島第二小学校06



正直言ってかなり、テンションが上がります。

      20190822岩島第二小学校07

ですから、先人のブログを拝見して訪ねてみたら
そこに在るはずの木造が解体されて無くなっていると
テンションは思い切り下がります。


いずれ、この岩島第二小学校の校舎も解体されてしまうのでしょうか?



敷地内を散策してみましょう。

      20190822岩島第二小学校08


      20190822岩島第二小学校09



校舎の前には校歌の碑。

      20190822岩島第二小学校10


残念ながら、廃校記念碑や学校跡碑、二宮像もありませんでした。



敷地内の一角に建つ説明板。

      20190822岩島第二小学校11

岩島第二小学校の敷地には『おまき桜』と言う桜があるらしい。

エドヒガンザクラの古木で例年4月中旬ごろに満開になるそうです。
このおまき桜は推定樹齢250年、樹高22m、根元回り約6m。
東吾妻町の天然記念物に指定されているそうです。

この地域は古くから麻づくりが盛んで、
桜が咲く頃に種を蒔くと立派な麻が育つことから
『おまき桜』と呼ばれてきたそうです。


こちらが、『おまき桜』。

      20190822岩島第二小学校12



遊具も残されていない校庭。
その校庭の一角は、ゲートボール場。

      20190822岩島第二小学校13

なぜか、そのゲートボール場の片隅に置かれたローラーが
学校跡を思い切り連想させる岩島第二小学校でした...............。



2019/09/18 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............岩下菅原神社 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。

群馬県と言っても広い。
今回は、吾妻地区の東吾妻町を中心に巡ります。


岩島第一小学校をあとにして、向かった先は...............岩下菅原神社。


岩下菅原神社は、東吾妻町岩下に鎮座する神社です。

残念ながら、ネット等で調べても由緒等は不明。
御祭神は、菅原道真公と思われます。



こちらが一の鳥居。

      20190822岩島菅原神社01



一の鳥居に掲げられた神額。

      20190822岩島菅原神社02



一の鳥居から二の鳥居までは100mほど。

      20190822岩島菅原神社03

元気に進む びいすけ 。


こちらが、二の鳥居。

      20190822岩島菅原神社04

二の鳥居の先は石段。



石段途中の狛犬。

      20190822岩島菅原神社05


      20190822岩島菅原神社06



そして、三の鳥居。

      20190822岩島菅原神社07



手水鉢。

      20190822岩島菅原神社08


石段を上り切った先が拝殿。

      20190822岩島菅原神社09


      20190822岩島菅原神社10


      
別アングルからの拝殿。

      20190822岩島菅原神社12


      20190822岩島菅原神社13



そして、こちらが本殿。

      20190822岩島菅原神社14



拝殿正面に飾られた提灯。

      20190822岩島菅原神社15



こちらは、神楽殿。

      20190822岩島菅原神社16


御輿庫。

      20190822岩島菅原神社17



こちらが社務所。

      20190822岩島菅原神社18

社務所は閉まっていますが
隣接する民家が宮司さん宅。

事前に電話を入れて置いたので、快く御朱印を頂く事が出来ました。


こちらが、岩下菅原神社の御朱印。

      20190822岩島菅原神社19

普段は書き置きの御朱印ですが
この日は、御朱印帳に墨書きして頂きました。
ありがとうございました。






2019/09/17 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............岩島第一小学校 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。

群馬県と言っても広い。
今回は、吾妻地区の東吾妻町を中心に巡ります。

東吾妻町の廃校ツアーは、まだまだ続きます。
2年前にこの辺りを車で走った時に見かけた廃校。
国道145線沿いにいきなり現れた廃校でした。
事前に下調べもしてなかったし、先を急いでいたから
その時は素通りしてしまいましたが、今回は一応下調べ済み。

向かった先は...............旧・吾妻町立岩島第一小学校。


下調べはしたものの、岩島第一小学校の詳しい沿革は分かりませんでした。

何人かのblogで紹介されていましたが
明治41年開校、平成11年に岩島第二小学校と統合して
閉校となったことしか分かりません。


廃校から既に20年。
おそらく、この辺りにかつての正門が在ったのでしょう。

      20190822岩島第一小学校01



廃校後、一時期は八ッ場ダムの工事関係の事務所として使われていたようです。

      20190822岩島第一小学校02



木造モルタル造りの二階建校舎。

      20190822岩島第一小学校03


      20190822岩島第一小学校04


      20190822岩島第一小学校05

首都圏周辺の学校に比べてもコンパクトな校舎。
元々の児童数の違いなんでしょう。


校舎前のブロンズ像。

      20190822岩島第一小学校06

『 かしこく たくましく 』校訓でしょうか?



校舎側面から。

      20190822岩島第一小学校07



校庭側に回ってみましょう。

      20190822岩島第一小学校08



雑草に覆われた校庭。

      20190822岩島第一小学校09



校舎の前の木々は校舎を覆うように伸び
独特な雰囲気を出している。

      20190822岩島第一小学校10


      20190822岩島第一小学校11



その雑草の上で、ゴロ〜んと横になり
背中をスリスリする びいすけ 。

      20190822岩島第一小学校12


      20190822岩島第一小学校13


よっぽど気持ちが良いのだろうか?





校庭には記念碑等もなく、
唯一残っているのは、古タイヤの遊具。

      20190822岩島第一小学校14


      20190822岩島第一小学校15



廃校記念碑、二宮像、ブランコ等の遊具類
廃校で見かける多くの遺構が全く無いけれど
ここは、紛れもなく小学校でした................。






2019/09/16 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

丸ポスト探し.............群馬・東吾妻編 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。

群馬県と言っても広い。
今回は、吾妻地区の東吾妻町を中心に巡ります。

東吾妻町には、3基の現役の丸ポストが現存すると言うことで
その3基の丸ポストを探してみました。


1基目の丸ポストは、本宿集落の飛び地になるのか?
須賀尾集落の先、温川沿いの鳩の湯温泉の一軒宿 『三鳩楼』前 の丸ポスト。

      20190822東吾妻町丸ポスト01


      20190822東吾妻町丸ポスト02


      20190822東吾妻町丸ポスト03


      20190822東吾妻町丸ポスト04


      20190822東吾妻町丸ポスト05





2基目の丸ポストは、鳩の湯温泉 三鳩楼 のすぐ近く。
やはり、温川沿いの薬師温泉の一軒宿 『旅籠』 前の丸ポスト

      20190822東吾妻町丸ポスト06


      20190822東吾妻町丸ポスト07


      20190822東吾妻町丸ポスト08


      20190822東吾妻町丸ポスト09


      20190822東吾妻町丸ポスト10


こちらの『旅籠』にはお笑い芸人のサンドイッチマンがバスに乗って、
飲食店を探すTV番組で、併設する蕎麦屋さんにロケで訪れたそうです。




3基目の丸ポストは岩下地区。
国道145線沿いの叶富屋酒店前の丸ポスト。

      20190822東吾妻町丸ポスト11


      20190822東吾妻町丸ポスト12


      20190822東吾妻町丸ポスト13


      20190822東吾妻町丸ポスト14


      20190822東吾妻町丸ポスト15


      20190822東吾妻町丸ポスト16

ネットには酒店前と載っていましたが、看板や自販機などもないから
ひょっとしたら廃業してしまったのかも知れませんね。



これで、東吾妻町の丸ポスト3基制覇です。


群馬県内には、54基の現役の丸ポストが現存しているようです。
その内、
長野原町2基
中之条町①4基
そして、今回の東吾妻町の3基で
合計9基の丸ポストに出会いました。

まだまだ、群馬県内には45基の丸ポストが在ることになります。

少しでも、多くの丸ポストに出会えたら良いなぁ.............


2019/09/15 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............坂上小学校須賀尾分校(2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。

群馬県と言っても広い。
今回は、吾妻地区の東吾妻町を中心に巡ります。

大柏木教場をあとにして、向かった先は.................旧・吾妻町立 坂上小学校須賀尾教場


須賀尾教場は、

明治7年     須賀尾小学校が開校する。
明治23年    坂上尋常小学校須賀尾分教場なる。
明治26年    再び独立して、菅生尋常小学校となる。
明治42年    坂上高等尋常小学校西分教場となる。
昭和22年    学制改革により、坂上村立坂上小学校西分校となる。
昭和30年    坂上村が原町、太田村、岩島村と合併し、改めて原町が発足。
         独立して原町立須賀尾小学校となる。
昭和31年    原町が吾妻町と名称を変えだことにより、
         吾妻町立須賀尾小学校と改称する。
昭和47年    統合して吾妻町立坂上小学校須賀尾教場となる。
昭和49年    坂上小学校に統合され廃校となる。

と、このような沿革となっています。


須賀尾教場も情報はなく、事前に須賀尾地区の公民館等にアタリをつけ
訪れたのが、須賀尾公民館。

これまたズバリ的中。


こちらが、須賀尾教場の正門跡。

      20190822須賀尾分校01


コンクリート製の門柱。

      20190822須賀尾分校02



その門柱には須賀尾小学校時代の表札が残っている。

      20190822須賀尾分校03







敷地奥の一段高い場所に建つ公民館。

      20190822須賀尾分校06



往時の校舎ではなく、建て替えられたものでしょう。

      20190822須賀尾分校07



公民館前には『須賀尾小学校跡』の碑。

      20190822須賀尾分校08


裏面には簡略ながら沿革も刻まれています。

      20190822須賀尾分校09


坂上小学校の分教場はほぼ同じような沿革を歩んできたようですね。




『須賀尾小学校跡』の碑よりも、敷地内の匂いが気になる びいすけ 。

      20190822須賀尾分校10



校庭。

      20190822須賀尾分校04


      20190822須賀尾分校05



校庭に残る遊具類。

      20190822須賀尾分校11


      20190822須賀尾分校12


      20190822須賀尾分校13


      20190822須賀尾分校14



匂い嗅ぎから、もっちゃん の傍らへと進む びいすけ 。

      20190822須賀尾分校15


何だかんだと言いながらも、もっちゃん が大好きな びいすけ でした。
2019/09/14 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............坂上小学校大柏木教場(2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。

群馬県と言っても広い。
今回は、吾妻地区の東吾妻町を中心に巡ります。



大戸関所跡をあとにして、向かった先は...............吾妻町立坂上小学校大柏木教場


大柏木教場は、

明治7年     大柏木小学校が開校する。
明治20年    大柏木尋常小学校となる。
明治23年    坂上尋常小学校大柏木分教場なる。
明治26年    再び独立して、萩生尋常小学校となる。
明治34年    この地に校舎を新設して移転する。
明治42年    坂上高等尋常小学校北分教場となる。
昭和22年    学制改革により、坂上村立坂上小学校北分校となる。
昭和30年    坂上村が原町、太田村、岩島村と合併し、改めて原町が発足。
         独立して原町立大柏木小学校となる。
昭和31年    原町が吾妻町と名称を変えだことにより、
         吾妻町立大柏木小学校と改称する。
昭和47年    統合して吾妻町立坂上小学校大柏木教場となる。
昭和49年    坂上小学校に統合され廃校となる。

と、このような沿革となっています。


これまた、他の教場とほぼ同じ同じような沿革。
しかしながら、これらの教場の譲歩はほとんど無く
いつものように、ヤフーマップやGoogleマップで
大字である大柏木と言う集落の公民館や集会所にアタリをつけます。
あとは、現地に行って、違ってもいたら聞きまくる。
そんな形で、今回は大柏木集落の中にある
大柏木公民館にアタリをつけて向かいます。

今回は意外に的中率が高く、大柏木公民館が教場跡でした。



かつての教場に至る石畳。

      20190822大柏木分校01


こちらが正門跡。

      20190822大柏木分校02



残念ながら門柱は無いけれど、それらしき雰囲気はある。

      20190822大柏木分校03


校庭跡。

      20190822大柏木分校04


山あいの小さな学校だったようで、敷地はそんなに広くは無い。

      20190822大柏木分校05


      20190822大柏木分校06


敷地のフェンス周りの木々が学校跡っぽい雰囲気を醸し出しています。

      20190822大柏木分校07


      20190822大柏木分校08



昭和49年に廃校。
今から45年前の事だから、校舎は既に解体され
新しく公民館が建てられました。

      20190822大柏木分校09



何故か、公民館のテラスにパイプ椅子。

      20190822大柏木分校10

学校跡を意識しているのか?(笑)


校庭には遊具も残っていなかったけれど
唯一、学校跡を確認させてくれたのが、こちらの碑。

      20190822大柏木分校11


裏面には、沿革も記されています。

      20190822大柏木分校12


そんな事は御構いなしに、フェンス沿いに匂い嗅ぎの徘徊をする びいすけ 。

      20190822大柏木分校13


その傍らには、ローラー。

      20190822大柏木分校14

紛れもなく学校跡でした。




2019/09/14 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

大戸関所跡 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。

群馬県と言っても広い。
今回は、吾妻地区の東吾妻町を中心に巡ります。


萩生教場をあとにして、向かった先は................大戸関所跡


江戸時代には、江戸幕府や諸藩が、軍事・警察上の必要から関所を設置しました。
主な関所には、東海道の箱根関所や新居関所、中山道の碓氷関所や木曽福島関所、
甲州街道の小仏関所、日光街道・奥州街道の房川渡中田関所などがありました。

宝暦14年(1764年)に、通行手形の発行された関所は、
上州の新郷、川俣、五料、杢橋、碓氷、横川、大戸、大笹、猿ヶ京。
相州の箱根、根府川。
総州の小岩、市川、関宿。
越後の関川。
遠州の今切、荒井。
信州の福島(木曽福島)。
武州の房川渡(栗橋・中田)、小仏(駒木根)の17ヵ所が指定されたそうです。
ちなみに江戸時代の関所は、幕末には46あったとされています。

その中のひとつ、大戸関所は近世初頭の寛永8年(1632年)に
信州街道の要点をおさえる重要な関所として、
江戸幕府によって設置されました。

あの国定忠治が子分の仇をとるため、
手下30人余りをひき連れ信州へ向かった際、
大戸関所を破ったため関所破りの罪で手配され捕縛され、
はりつけの刑に処せられた場所だとされています。



こちらが、大戸関所跡。

      20190822大戸関所跡01

この門構えが、いかにも関所って言う面構え。



でも関所跡と言っても、この門と標柱、そして説明板と碑が在るのみ。

      20190822大戸関所跡02



こちらが標柱。

      20190822大戸関所跡03



そして、説明板と碑。

      20190822大戸関所跡04


      20190822大戸関所跡05



関所跡から100mほど離れた場所には、
加部安左衛門関連の遺構が残されています。

      20190822大戸関所跡06

加部安左衛門は江戸時代から明治時代にかけて、
信州から江戸への物資輸送、草津温泉、川原湯温泉などを往来する交通の要衝だった旧大戸村で、
代々世襲されてきた加部家当主です。

加部家は農業のかたわら、酒造業や鉱山業、金融業、麻の仲買商などを営み、
長年にわたって大戸関所の関守(せきもり=関所の番人)を務めたほか、
地域社会にも献身的に貢献し、「加部安(かべやす)」と称され、多くの人に親しまれました。
上州(現在の群馬県)の三大尽(だいじん=お金持ち)として、
「一加部、二佐羽、三鈴木」と呼ばれ、その筆頭に挙げられたそうです。

特に、7代・安左衛門重実、8代・安左衛門光重が商売に成功し、
1783(天明3)年の浅間山大噴火、
1784(天明4)年の冷害・凶作などの際は財産を惜しまず使い、
被災した吾妻川流域の多くの住民を救ったと言われています。

その加部家の12代嘉重の生家跡。

      20190822大戸関所跡07



残された住居の一部と井戸が町指定史跡となっています。

      20190822大戸関所跡08



大戸の関所から700mほどの所に、関所破りの罪で処刑された刑場があります。
上州佐波郡国定村に生まれた忠治は、天明の大飢饉の際に
餓死する庶民を見るに忍びず、岩鼻代官を殺害して蓄米倉を開放し、赤城山にこもりました。
さらに大戸の関所を破り、反逆の罪でこの地で磔刑されました。

稀代の仁侠人である忠治を慕い、忠治地蔵尊が建てられ、
その冥福を祈って訪れる人もかつては多かったそうです。



2019/09/13 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............坂上小学校萩生教場(2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。

群馬県と言っても広い。
今回は、吾妻地区の東吾妻町を中心に巡ります。


坂戸教場をあとにして、向かった先は.........旧・吾妻町立坂上小学校萩生教場


萩生教場は、明治初期に萩生村に開校ささた萩生小学校がその祖とされています。

明治7年     萩生村宮ノ下に萩生学校が開校する。
明治20年    萩生尋常小学校となる。
明治23年    坂上尋常小学校萩生分教場なる。
明治26年    再び独立して、萩生尋常小学校となる。
明治34年    この地に校舎を新設して移転する。
明治42年    坂上高等尋常小学校南分教場となる。
昭和22年    学制改革により、坂上村立坂上小学校南分校となる。
昭和30年    坂上村が原町、太田村、岩島村と合併し、改めて原町が発足。
         独立して原町立萩生小学校となる。
昭和31年    原町が吾妻町と名称を変えだことにより、
         吾妻町立萩生小学校と改称する。
昭和47年    統合して吾妻町立坂上小学校萩生教場となる。
昭和49年    坂上小学校に統合され廃校となる。


と、このような沿革となっています。


とは言え、萩生教場(萩生小学校、萩生分校)については、
情報がなく場所も分かりませんでした。
いつものように、Googleマップで小字である萩生地区の公民館等を探し
そちらにアタリを付けて、あとは現地で探す!と言ったパターン。

『萩生区民会館』と言う地域の集会所にアタリを付けて
訪れてみると、大正解。
こちらが萩生教場跡でした。



正門跡は無かったけれど、見るからに校庭のような広い敷地に。

      20190822萩生分校01


      20190822萩生分校02



その一部はゲートボール場として利用されているようです。

      20190822萩生分校13


      20190822萩生分校03


広い敷地には、芝生のように雑草も生えているけれど
適度に手入れはされているようです。

      20190822萩生分校04



こちるが、萩生区民会館

      20190822萩生分校05


      20190822萩生分校06

かつては、この辺りに校舎が建っていたんでしょう。



校庭の片隅で見つけました!

      20190822萩生分校07



『萩生小学校の跡』碑です。

      20190822萩生分校08



裏面には沿革も刻まれています。

      20190822萩生分校09

大変、参考になりました。



その脇には、二宮像。

      20190822萩生分校10


      20190822萩生分校11



昭和31年の校舎改築時に合わせて建立されたモノのようです。

      20190822萩生分校12


      
区民会館の建物の脇には古い下駄箱。

      20190822萩生分校14



そして、ゲートボール場の脇には、フレームだけの椅子。

      20190822萩生分校15

これらは、学校遺構になるのか?


フェンス脇に無造作に置かれたローラー。

      20190822萩生分校16


こちらは、校庭の片隅に建つ顕彰碑。

      20190822萩生分校17



校庭跡に残る遊具類。

      20190822萩生分校18


      20190822萩生分校19


      20190822萩生分校20



こちらでも、ちょっぴりテンションの高い びいすけ 。

      20190822萩生分校21



草の匂いを嗅ぎながらの闊歩。

      20190822萩生分校22


それは、やがて競歩のようになり、いつしか小走り等なります。

      20190822萩生分校23


そして、疲れたのか?
草の感触を味わいながら『伏せ』の態勢。

      20190822萩生分校24


おそらく、寝そべって背中をスリスリしたいのだろうが
生憎、先程までの小雨で地面はしっかりと濡れている。

      20190822萩生分校25


      20190822萩生分校26

さすがに体が濡れるのは嫌なのか?
今日は大人しく伏せ状態。

さぁ、次なる場所へと移動いたしましょう。






2019/09/13 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............坂上小学校大戸教場 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。

群馬県と言っても広い。
今回は、吾妻地区の東吾妻町を中心に巡ります。

密岩神社をあとにして、向かった先は.........吾妻町立坂上小学校大戸教場


大戸教場の沿革については不明です。
ただ、明治期にこの辺りが大戸村と称していた事から
明治初期に開設されたと思われます。
そもそも、この地区には、本宿村、大戸村、萩生村、大柏木村、須賀尾村があり
それぞれの向かってに小学校が在ったようです。
明治22年に本宿村、大戸村、萩生村、大柏木村、須賀尾村が合併し
坂上村が誕生しました。やがて、各校は坂上尋常小学校の分教場となったようです。
そして、昭和30年に坂上村が原町、太田村、岩島村と合併し、
改めて新しい原町が発足、翌年の昭和31年に原町が吾妻町と名称を変えました。
その際に、各校が独立します。
その際に、坂上小学校大戸分教場は吾妻町と大戸小学校と改称しますが
昭和47年に坂上小学校に統合され、大戸教場となります。
そして、他の教場と同じように昭和49年に本校に統合されて廃校になりました。

とまあ、こんな沿革だったようです。


数年前にまで、木造の校舎が残っていたようですが
現在は、解体されてしまいました。
廃校後、婦人服の服飾メーカーの縫製工場として利用されていたようですが
そちらも撤退されてしまい、地域の公民館として再利用していたようです。
いくつかのブログでも木造校舎が紹介されていたので
楽しみにしていたのですが、残念です。

( こんな感じの校舎だったようです。 憧憬の刻


こちらが正門跡。

      20190822大戸小学校01


正門の門柱はコンクリート製。

      20190822大戸小学校02


      20190822大戸小学校03



左右いずれの門柱にも、往時の表札が残っていました。

      20190822大戸小学校04


      20190822大戸小学校05



数年前までは、木造の校舎が残っていましたが
今は、解体されて何も無い。

      20190822大戸小学校06


      20190822大戸小学校07


      20190822大戸小学校08



正門脇の立派な桜が、学校跡を彷彿させてくれます。

      20190822大戸小学校09

この桜が地元では、ちょっぴり有名らしい。


校舎が解体されてしまったから、学校遺構が殆ど無い。
一時期、民間の縫製工場として利用されていたからか?
遊具類もないし、一連の学校関連の記念碑の類いもない。


唯一の学校遺構?

      20190822大戸小学校10

敷地の一部が、ゲートボール場として利用されているのでしょう、



フェンス沿いに匂いを嗅ぐ びいすけ 。

      20190822大戸小学校11

まるで、ドッグランの時の行動。



雨も一瞬、上がったようなのでカッパを脱がしてみます。

      20190822大戸小学校13



この日初めて履いた赤いゴムの靴。

      20190822大戸小学校12

よっぽど気に入ったのか?
いつもと雰囲気が違う。


そして、軽快に校庭(跡)を走り回る びいすけ 。

      20190822大戸小学校14



最近は、ドッグランに行かないし(行っても走らないし.........)
走る姿にはご無沙汰だった びいすけ 。

      20190822大戸小学校15


この日は、いつもと違う。

      20190822大戸小学校16


      20190822大戸小学校17



何たって、跳んでるし!!

      20190822大戸小学校18

びいすけ 10歳の激走です。



楽しそうな顔してるし。

      20190822大戸小学校19

いやぁ、久々のびいすけ の力走姿。


違った意味で、この大戸教場の事は忘れることがなくなりそうです。




2019/09/12 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............密岩神社 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。

群馬県と言っても広い。
今回は、吾妻地区の東吾妻町を中心に巡ります。


観音山不動滝をあとにして、向かった先は.............密岩神社。


密岩神社を語る前に、密岩神社の鎮座するの岩櫃山に触れないと
話が理解しづらいかも知れませんね。

岩櫃山は、古来から修験文化の宿る敬虔な山です。
岩櫃城の支城で「岩鼓の要害」といわれる柳沢城の下には、
岩櫃城の鬼門(東北)の鎮守として今から600年前に建てられ、
『観音様』と親しまれる瀧峩山金剛院不動堂があります。

また天狗の丸には『岩櫃神社』があり、山頂近くには、かつては祈祷の祠もあり、
現在は原町に移った善導寺も、かつては岩櫃城の鬼門・切沢に在ったそうです。
このように信仰と深く関わる岩櫃のなかで、とりわけ、謎と伝説に包まれているのが
『密岩神社』です。

奥宮といわれる古くからの神社は、東吾妻町郷原古谷地区からの密岩通り登山道の中腹にあり、
崖の岩の中に造られた社で、誰がどうやって造ったのかは謎となっています。
現在は落石により損傷が激しくて危険で、行く事ができません。
しかし、古くから密岩神社を慕う地域住民の厚い志により、
平成23年に、麓にあたる古谷地区の中心地に里宮が設けられ、遷宮が行なわれました。


岩櫃山は、東吾妻町にとっても貴重な観光資源。
岩櫃山の登山口の駐車場には、案内板も設置されています。

      20190822蜜岩神社01


生憎の天気で岩櫃城(岩櫃山)も視界が悪い。
このガスっている雰囲気が岩櫃城の荒々しさを感じさせます。

      20190822蜜岩神社02


小雨の中、カッパを着込んでる出発です。

      20190822蜜岩神社03


さっそく、ご挨拶代わりにオシッコ。

      20190822蜜岩神社04



密岩神社を目指して進みます。

      20190822蜜岩神社05

密岩神社は、古谷地区の登山口の駐車場から徒歩5分程度の距離。




画面右側の杜が密岩神社。

      20190822蜜岩神社06



びいすけ に促されるように進みます。

      20190822蜜岩神社07



神社参道口。

      20190822蜜岩神社08

さすが、真田関連の地。
真田丸のブームは未だ衰えず?
多くの幟が旗めきます。


こちらが、密岩神社。

      20190822蜜岩神社09



思っていたより、小ぶり。
コンパクトな社です。

      20190822蜜岩神社10


朱色の鳥居に掲げられた神額。

      20190822蜜岩神社11


由緒書き(いわれと御利益)

      20190822蜜岩神社12



狛犬。

      20190822蜜岩神社13


      20190822蜜岩神社14



では、参拝いたしましょう。

      20190822蜜岩神社15


賽銭は気持ち。
五円玉を6枚、真田氏にあやかって
六文銭のように並べてみました。

      20190822蜜岩神社16


怪訝そうに、こちらを見上げる びいすけ 。

      20190822蜜岩神社17



しっかりとお参りいたしました。

      20190822蜜岩神社18



この密岩神社は、今年から御朱印が拝受されるようになったようです。
授与(配布)場所は2ヶ所。
その1ヶ所がこちら。

      20190822蜜岩神社19

JR群馬原町駅構内にある東吾妻町観光協会。

もう1ヶ所は、平沢登山口観光案内所になるそうです。


駅構内と言っても、駅事務所が観光協会になっていて
駅の窓口では、JRの切符が売られていない。

      20190822蜜岩神社20


窓口のガラスには、こんな貼り紙。

      20190822蜜岩神社21

密岩神社の御朱印はセットになっていて
単品では扱っていないそうです。
密岩神社、岩櫃城、金剛院(観音山不動)の3枚セット。


こちらが、密岩神社の御朱印。

      20190822蜜岩神社22

こちらのセットの御朱印ですが
地元の著名な書道家ぎ書かれたモノを印刷されているようです。



金剛院の御朱印。

      20190822蜜岩神社23

こちらの前に訪れた観音山不動の滝の近くにあった不動堂が金剛院だと言う事です。



こちらは、岩櫃城の御朱印。

      20190822蜜岩神社24

岩櫃城は改めて攻城に来ることにいたしましょう。
まあ、密岩神社も岩櫃城の一画ではあるから
この御朱印は大事に取っておくことにいたしましょう。



2019/09/12 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit