FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

雪割橋 (2018年10月30日)(福島県西会津郡西郷村立) 

10月30日

1泊2日の福島旅行。
2日目は西郷町を巡ります。

堀川ダムをあとにして、向かった先は.................雪割橋。


雪割橋は、西郷村西部の山間部にて一級河川阿武隈川の源流部に架かる道路橋で、
西郷村市街地と由井ヶ原地区を結ぶ唯一の通行経路です。

戦後の食料増産のため国鉄食糧増産本部の直轄農場として由井ヶ原地区の開拓が始まり、
入植や資材運搬のために雪割渓谷を渡河する必要がありました。
当初は深い渓谷に縄梯子を架けて命がけで川を渡っていたそうです。

昭和21年に初代雪割橋が架橋されました。
それは、全長81m、幅員約90cmの吊橋でした。

現在の橋は4代目になり、昭和32年に架橋されたものです。

グランドキャニオンのように深くえぐられた雪割渓谷をまたぐ雪割橋は、
谷底からの高さが約50mあり、紅葉の名所としても 有名らしい。




雪割橋の説明板。

       20181030雪割橋01



こちらが、雪割橋。

      20181030雪割橋02

車が何台も走っていくが、橋幅が狭くて危なっかしい。
とにかく、昭和32年に架けられた橋だから、老朽化は否めない。


実は現在、すぐ隣に新しい橋を建設中。

      20181030雪割橋03

平成32年度って、平成は今年で終わりじゃん。
2020年度に完成予定らしい。


      20181030雪割橋04

平成32年度に完成予定って...................

平成は今年で終わりじゃん。
2020年度に完成予定らしい。



橋から眺めた上流側。

      20181030雪割橋05


橋を渡った先には、こんな碑が建っている。

      20181030雪割橋06

熊供養塔。


104頭の熊の供養塔という事らしい。
この辺りは熊がいっぱい出たんですね。



再びはしにもどり、今度は下流側を眺めます。
      
      20181030雪割橋07



柱状節理の発達した絶壁と紅葉の見事な調和。

      20181030雪割橋08

これが雪割橋の景勝地と言われる由縁でしょう。



50m下の眼下を眺めてみます。

      20181030雪割橋09

ちょっぴり怖い。


なぜか、真似をして(?)下を覗き込む びいすけ 。

      20181030雪割橋10

危ないよ〜! って言うか落っこっちゃうよ。


良い子は決して真似しないで下さいね。


スポンサーサイト



2018/12/25 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

つつじ吊り橋 (2016年11月1日)(栃木県那須郡那須町) 

11月1日 公休日

11月1日〜2日、個人的な連休を利用して
1泊2日で栃木県の那須に出かけました。


PENNY LANEでお腹を満たしたあとに向かった先は...............つつじ吊り橋

つつじ吊り橋は、八幡のツツジ群生地と殺生石を結ぶ遊歩道の途中にあります。
車でのアプローチも簡単で、無料駐車場(普通車40台ほど)も完備されています。
つつじ吊橋は平成17年に完成し、川面からの高さ約38m、
標高は950mのところにあり.長さ130mで、歩道吊橋としては栃木県内では、
那須塩原市の「もみじ谷大吊橋」の320mに次ぐ2番目の長い吊橋です。


無料駐車場に車を停めて、つつじ吊り橋に向かいます。

      20161101つつじ吊り橋01


駐車場からつつじ吊り橋までは遊歩道(木道)が完備。

      20161101つつじ吊り橋02


リードを引っ張りながら、我が1番とばかりに先を急ぐ びいすけ 。


びいすけに引っ張られながら、つつじ吊り橋が見えて来ました。

      20161101つつじ吊り橋03

ロングリードにしてくれば良かった。
ちょっぴり後悔。



つつじ吊り橋の案内板。

      20161101つつじ吊り橋04

吊り橋の先(対岸)の奥は『八幡のつつじ群生地』のようです。



それでは、つつじ吊り橋を渡りましょう。

      20161101つつじ吊り橋05

最初は、何て事もないのですが...............
しばらく歩くと、矢鱈に揺れる。


吊り橋の真ん中はグレーチングで隙間から下が見える。
揺れに合わせて吊り橋の舌を見ると、思わず足が竦みます。


びいすけ も怖がって、真ん中を歩かず、吊り橋の端で固まります。

      20161101つつじ吊り橋06

『危ないよォ〜。落っこっちゃうから!』



吊り橋から眺める両岸の山肌は紅葉真っ盛り。

      20161101つつじ吊り橋07


      20161101つつじ吊り橋08


      20161101つつじ吊り橋09


      20161101つつじ吊り橋10


      20161101つつじ吊り橋11

この紅葉を見るために、この『つつじ吊り橋』に来たと言っても過言ではない。

とにかく、超久しぶりに紅葉って言うモノを
マジマジと眺めることが出来ました。


吊り橋の先は、『八幡のつつじ群生地』となっていて
遊歩道の木道は奥へと続いているけれど、
曇り空だし、若干小雨がパラつき出したのか?
冷たいモノが顔に当たりだしたので、揺れるのは嫌ですが
再び吊り橋を渡らなければ...............。

      20161101つつじ吊り橋12



吊り橋を渡る前に、もう一度紅葉を確認。

      20161101つつじ吊り橋13



紅葉をバックにはびいすけ を熱撮。

      20161101つつじ吊り橋14



背後の山が那須茶臼岳。

      20161101つつじ吊り橋15



本当は、この後に那須茶臼岳目指して、ロープウェイに乗る予定だったのですが
天候もヤバそうだし、お腹も急にグルグル言い出して...............

一目散に駐車場に戻り、トイレのある殺生石の駐車場へと向かうのでありました。
(那須の山間部の無料駐車場にはトイレが無い所が多いので注意した方が良いですよ)





2016/11/19 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

河口湖 もみじの回廊  (2014年11月30日)(山梨県南都留郡富士河口湖町) 

11月30日 公休日

この日は河口湖周辺に出かけました。

しかし、思いもせぬマラソンの開催で、河口湖湖畔が車両規制され
当初の予定が狂ってしまいました。

時間調整のために立ち寄った母の白滝をあとにして、
向かった先は、河口湖湖畔の もみじの回廊


目的地のすぐ側には車が停められないから
少し離れた駐車場に車を停め、歩いて向かいます。

      20141130河口湖紅葉の回廊01



紅葉には、少し遅すぎたか?

でも、視界に入る山は、いい感じで色付いています。

      20141130河口湖紅葉の回廊02



しばらく歩いて、現地に到着。
正式には、『梨川もみじ回廊』と言うらしい。

      20141130河口湖紅葉の回廊26



視界の先に、赤く色付いたモミジがあります。

      20141130河口湖紅葉の回廊03



確か今月末まで、すなわち今日まで
『2014富士河口湖紅葉まつり』だと思っていたら
先週(11月24日)で終わっていた。

思いっきり、勘違いをしていました。

たしかに、ちょっと紅葉には遅かったかもしれない。

      20141130河口湖紅葉の回廊04



そうは言いながらも、まだまだ紅く色付いている木々は健在で
晩秋の紅葉も悪くない。

      20141130河口湖紅葉の回廊05



ここ数日の雨で、葉も落ち赤茶色のカーペット状態。

      20141130河口湖紅葉の回廊06



普段は、 びいすけ と男一人と一匹(一頭)のお出掛けが多いのですが、
今日は、妹の もっちゃん も居る。

たまには、 びいすけ と一緒にカメラの前に立つのもいいでしょう。

      20141130河口湖紅葉の回廊07


      20141130河口湖紅葉の回廊08


      20141130河口湖紅葉の回廊09




この木には見覚えあり!

      20141130河口湖紅葉の回廊10

こちらに来たのは初めてだけど、色々な人のブログで『もみじの回廊』の記事を見ると
なぜか、この木の下で写真を撮っている人が多い。

多分、紅葉の絶頂期には、さぞかし見事なんだろうなぁ。



なぜか、零式52型? の案内があります。

      20141130河口湖紅葉の回廊11


何気に右方向に顔を向けると、
あら! びっくり!

本物?の戦闘機。

零戦ですね。
でも、何故ここに?(笑)

      20141130河口湖紅葉の回廊12







梨川の土手沿いは、楓の並木道となっています。

      20141130河口湖紅葉の回廊13



紅色だけでなく、黄色く色付く木々もある。

      20141130河口湖紅葉の回廊14






こちらは、久保田一竹美術館前。

      20141130河口湖紅葉の回廊15

それっぽい門構え。



そして、門前に色付く木。

      20141130河口湖紅葉の回廊16



紅葉よりも、匂いが気になる びいすけ 。

クンクンと地面の匂いを嗅ぎ嗅ぎ、パトロール?

猫でも見つけたのかな?

      20141130河口湖紅葉の回廊17





梨川の紅葉の切れ目でUターン。
反対側の土手を歩いて戻ります。

      20141130河口湖紅葉の回廊18




遅かったと思った もみじ も、まだまだ見応えあります。

      20141130河口湖紅葉の回廊19




やっぱり、日本の秋っていいなぁ。

      20141130河口湖紅葉の回廊20




もみじの回廊ってネーミングもお洒落。

      20141130河口湖紅葉の回廊21




この辺りは、かなり風雨で紅葉は飛ばされ、
スカスカ状態だけど、きっと真っ赤なトンネルになっていたんだろうな。

      20141130河口湖紅葉の回廊22



堤防の上で一枚。パチリ☆

      20141130河口湖紅葉の回廊23


      20141130河口湖紅葉の回廊24




ベンチの上でも一枚。パチリ☆

      20141130河口湖紅葉の回廊25



晩秋の河口湖。
ちょっぴり紅葉が楽しめました..................。




2014/12/25 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit