09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて..........楢原小学校栄富分校 (2017年7月20日)(福島県南会津郡下郷町) 

7月20日 公休日

7月20日〜21日に福島県の南会津方面に出かけました。

題して、南会津・下郷町の廃校巡り。

その第4弾は................下郷町立楢原小学校栄富分校


いつもは、廃校を探すのに結構苦労したりしますが
今回は、事前の調査とナビ係をしてくれる『もっちゃん』が居たから
スムーズに辿り着くことが出来ました。


栄富分校も豊成分校同様、多くの変遷を経て
廃校に至ったようです。
HPに記載された本校である楢原小学校の沿革を参考に紐解くと
明治6年に創立された倉谷村下等小学校がその礎となるようです。

明治6年      倉谷村下等小学校を松庵寺に設置する。
明治13年     栄富小学校と改称する。
明治20年    栄富簡易小学校と改称する。
明治35年    近隣の簡易小学校4校(豊成、栄富、戸赤、大内)を合併して
          楢原尋常小学校と総称し、各々を分教室とする。
昭和22年    学制改革により、楢原町立檜原小学校栄富分教場となる。
昭和30年    楢原町が旭田村、江川村と合併して下郷町が誕生。
          下郷町立楢原小学校栄富分校と改称する。
昭和41年    本校に統合されて廃校となる。

と、このような沿革となっているようです。


こちらが、栄富分校の入り口。
おそらく、かつては門柱があったのだろうが、現在は無い。

      20170720楢原小学校栄富分校01


緩やかな坂を上がった先に小学校が在るってパターンは多い。

      20170720楢原小学校栄富分校02



坂を上った先に木造校舎が現れます。

      20170720楢原小学校栄富分校03


      20170720楢原小学校栄富分校04


      20170720楢原小学校栄富分校07



平屋建てですが、赤い屋根に茶色い壁。

      20170720楢原小学校栄富分校05

これぞ、木造校舎の王道ですね。



校庭には、トラックが置かれていました。

      20170720楢原小学校栄富分校06

現在は、建設会社の資材倉庫として利用されているようです。



      

校舎の脇に石碑を発見!。
廃校記念碑かと思ったら違っていました。

      20170720楢原小学校栄富分校08


      20170720楢原小学校栄富分校09



創立百周年の記念碑ですね。

      20170720楢原小学校栄富分校10



裏面には沿革が刻まれていますが
楢原小学校のHPに記載された沿革とは若干違うようです。

      20170720楢原小学校栄富分校11


古タイヤが遊具として埋められていましたが
伸びてきた雑草に隠れて、見つけにくい。

      20170720楢原小学校栄富分校12


古びた鉄棒。

      20170720楢原小学校栄富分校13



廃校から既にかなりの年月を経てますが
木造校舎も一応健在。
下郷町の廃校は木造校舎が残っていることが多いから
廃校巡りも楽しくなりますね。



2017/08/05 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう!...............旭ダム (2017年7月20日)(福島県南会津郡下郷町) 

7月20日 公休日

7月20日〜7月21日に福島県の南会津方面に出かけました。


主に下郷町の廃校を巡る旅ですが、
下郷町にあるダムにてダムカードを配布していることから
ダムカード集めにも奔走いたしました。

豊成分校をあとにして向かった先は...............旭ダム

福島県のダムカード集めの第1弾となります。



旭ダムは、民間の昭和電工(株)が所有する発電専用の重力式コンクリートダムです。
福島県を流れる 阿賀野川の本流である阿賀川を堰き止めています。
旭ダムで取水された水は、阿賀川下流にある湯野上発電所に送水されています。
アルミニウム精錬過程において大量の電気を必要とするため、
その電気を補うためにつくられた自家発電ダムで、
昭和10年に昭和電工の前身である日本電気工業によって
喜多方のアルミニウム精錬工場を操業するにあたり建設されました。
昭和14年の昭和電工設立に伴い戦中戦後も昭和電工が運営を行い、
電力会社以外の事業会社が運営する珍しい発電用ダムとなっています。



旭ダム管理所前にある、旭ダムの概要を記した説明板。

      20170720旭ダム01



こちらが、旭ダム。

      20170720旭ダム02

残念ながら、ダムそのものは立ち入り禁止。
とうぜん、ダム天端にも行けません。


ダム脇の道路から、旭ダムを眺める形になります。

      20170720旭ダム03


      20170720旭ダム04



この日は2基のゲートが開いて放流中。

      20170720旭ダム05


      20170720旭ダム06



このダムの下流に発電所があり、さらにその先には
『塔のへつり』という奇岩の景勝地があるらしい。
確かに、このダム辺りからでも阿賀川の河岸がそれっぽく見えます。

      20170720旭ダム07


      20170720旭ダム08


      20170720旭ダム09



肝心のダムカードは、ダムの脇に建っている管理事務所でもらえます。

      20170720旭ダム10

この管理事務所がまるで民家みたいなんだよなぁ。



そして、こちらダムカード。

      20170720旭ダム11


      20170720旭ダム12


密かな隠れたブームになりつつあるダムカード。

実は、こちらの管理事務所にダムカードをもらいに来る人も多いらしい。
民間の会社が発行するダムカード。
一応、福島県の非公式のダムカードと言うことになっています。

まずは、福島県のダムカード、1枚目をゲットです。





2017/08/04 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............楢原小学校豊成分校 (2017年7月20日)(福島県南会津郡下郷町) 

7月20日 公休日

7月20日〜21日にかけて、福島県下郷町近辺に出かけました。

下郷町には20近くの廃校があり、今回は下郷町の廃校巡りがメインの旅行。
その下郷町の廃校巡りの第3弾。

下郷町立楢原小学校豊成分校 です。



本校であった楢原小学校のHPによれば、
豊成分校は、明治7年に創設された楢原村下等小学校がその礎となるようです。

明治7年     楢原村下等小学校を円福寺に設置する。
明治13年    豊成小学校と改称する。
明治20年    豊成簡易小学校と改称する。
明治35年    近隣の簡易小学校4校(豊成、栄富、戸赤、大内)を合併して
          楢原尋常小学校と総称し、各々を分教室とする。
昭和22年    学制改革により、楢原町立檜原小学校豊成分教場となる。
昭和30年    楢原町が旭田村、江川村と合併して下郷町が誕生。
          下郷町立楢原小学校豊成分校と改称する。
昭和54年    本校に統合されて廃校となる。

と、このような沿革となっているようです。




こちらが豊成分校の正門。

      20170720楢原小学校豊成分校01

正門と言ってもコンクリートブロック製。
歴史のある(?)学校の割には簡素な感が否めない。




校地に入って、びっくり。

      20170720楢原小学校豊成分校02

目の前に大きな桜の木が現れます。

地元でも有名な桜。
ソメイヨシノの古木としては南会津地方最大らしい。



桜の木の間から見える、小さな木造校舎。

      20170720楢原小学校豊成分校03


      20170720楢原小学校豊成分校04


      20170720楢原小学校豊成分校05


      20170720楢原小学校豊成分校06



こちらが閉校記念碑。

      20170720楢原小学校豊成分校07


      20170720楢原小学校豊成分校08



それにしても立派な桜の木です。

      20170720楢原小学校豊成分校09



『氏合わせ』の桜と名付けられているようです。

      20170720楢原小学校豊成分校10



校庭には古びた鉄棒。

      20170720楢原小学校豊成分校11

残された遊具はこれしかない。



福島県には桜の名所が数多くあるけれど
この地はあまり知れ渡ってないようです。

      20170720楢原小学校豊成分校12

この見事な桜の木。
訪れるには、春の桜の時期が最高だったようですね。

その頃にまた来たいなぁ...............。







2017/08/03 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............南小学校十文字分校跡 (2017年7月20日)(福島県南会津郡下郷町) 

7月20日 公休日

この日は、福島県の下郷町に出かけました。
下郷町に来た目的の一つは、20ヶ所近く在る廃校巡り。

色々とネットで調べまくっていましたが
どうしても限られた内容になってしまいます。

存在は他の方のblogで知っていたものの
その場所がわからなかった廃校跡。

日暮滝からの移動中に、見覚えのある建物が視界に入って来ました。


白い壁に赤い屋根。

      20170720南小学校十文字分校01

下郷町立南小学校十文字分校 です。


十文字分校は、

昭和24年     旭田村立旭田小学校の十文字季節分校として開校。  
昭和26年     旭田村立旭田小学校十文字分校となる。
昭和30年     旭田村が江川村、楢原村と合併して下郷町が誕生して
           下郷町立旭田小学校十文字分校と改称する。
昭和38年     旭田小学校音金分校が独立して下郷町立南小学校と改称し、
           十文字分校は下郷町立南小学校十文字分校と改称する。
昭和47年     本校の南小学校に統合されて廃校となる。


と、このような沿革となっているようです。



現在は地域の集会所となっているようです。

      20170720南小学校十文字分校02

おそらく、廃校後に建て替えらたモノでしょう。

しかしながら...............
青い空、赤い屋根、白い壁、そして緑の芝生。
絶妙なコントラストですね。



また敷地の一画は、十文字直売所として
地域の特産品を販売しているようです。



割と綺麗に整備されている校庭跡。

      20170720南小学校十文字分校03

緑の芝生が綺麗に刈り上げられています。




敷地の隅には古びたブランコ。

      20170720南小学校十文字分校04

おそらく往時のモノでしょう。



童心に戻って ブランコ で遊ぶ もっちゃん 。

      20170720南小学校十文字分校05



びいすけ のこと、忘れていませんか?

      20170720南小学校十文字分校06

そうそう、一緒に芝生で戯れて下さいな。



綺麗な芝生は気持ち良いのか?
はたまた野生動物の匂いがするのか?

ひたすら、芝生の匂いをクンクンしている びいすけ 。

      20170720南小学校十文字分校07


もともと、この分校は諦めていたから、
偶然に見つけることが出来てラッキーでした。

運にも、天候にも恵まれた下郷町の廃校巡り。
頑張って廃校を巡ることにいたしましょう。





2017/08/02 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

日暮滝 (2017年7月20日)(福島県南会津郡下郷町) 

7月20日 公休日

この日から、個人的な3連休。
その連休に1泊2日で福島県の南会津方面へ出かけました。

大松川分校をあとにして、向かった先は...............日暮滝



日暮滝は、高さ40mと15m二段になって流れている滝です。
その神秘な景観に「日暮れまで眺めていても飽きない」ことから、
この名が名付けられたと言われています。
昔々、会津のお殿様がこの道(松川街道-下郷町大松川~栃木県塩谷郡氏家町)を通った際、
この滝の美しさに見とれ日暮れまで眺めていたと言うことです。


本当は、この日一番最初に立ち寄る予定でしたが
ナビの案内が遠回りな道順を示し、二番目になりました。
しかし、この滝に辿り着くまでが大変でした。
とにかく、対向車と離合するのに苦労する狭い林道を
『これでもか!?』と言うくらいに走り、
『本当に、この道で大丈夫?』と不安になり、
次の転回できる広い場所があったら、諦めてUターンして帰ろうと思っていたら
やっと日暮滝の案内が現れました。

      20170720日暮の滝01


      20170720日暮の滝02


車が5〜6台停められる駐車場もあり
ベンチもあって、滝を眺めることが出来ます。

      20170720日暮の滝03

この位置からだと木々が邪魔をして
滝がイマイチよくわからない。

ちょっとした遊歩道があり、観瀑台もありますが
そちらからは、さらに木々の葉が邪魔をして
滝がよく見えません。



ここからは、自己責任で...............


滝壺の方へ降りて行く遊歩道もありますが
かなり荒れています。

      20170720日暮の滝04



確かに急勾配な階段です。

      20170720日暮の滝05


遊歩道からも滝はよく見えない。

      20170720日暮の滝06

葉の生い茂るこの時期は、上段の滝はハッキリとは見えない。



さらに降って滝壺を目指します。

      20170720日暮の滝07



やがて、滝がその姿を現しました。

      20170720日暮の滝08



ほぼ、滝壺近く。

      20170720日暮の滝09



滝壺周辺の石には苔も生えていて、滑りやすくなっているので
足元には気をつけましょう。

      20170720日暮の滝10


      20170720日暮の滝11



滝壺近くからだと、下段の滝しか観れません。

そして、下段の滝も2段になっているようです。

      20170720日暮の滝18


      20170720日暮の滝12

でも、それなりの迫力。
やはり、下段と言えども15mの落差は見応えあります。



とにかく水量があります。

      20170720日暮の滝13




      20170720日暮の滝14


      20170720日暮の滝15


      20170720日暮の滝16


      20170720日暮の滝17


     

ここぞとばかりに、びいすけ と もっちゃん の2ショット。

      20170720日暮の滝19


      20170720日暮の滝20


苦労して辿り着いた 日暮滝。
一日中眺めている訳にはいかないけれど
しばらく、滝の流れを眺めていたくなる気持ちは解るような気がします。


2017/08/01 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............旭田小学校大松川分校 (2017年7月20日)(福島県南会津郡下郷町) 

7月20日 公休日

この日から、個人的な3連休。
その連休に1泊2日で福島県の南会津方面へ出かけました。

高速の深夜割引の恩恵に預かろうと、午前3時に八王子の実家を出発。
あきる野ICから高速に乗り、圏央道〜東北道と乗り継ぎ
白河ICで高速を降り、西郷村経由で下郷町を目指します。

当初は、『日暮の滝』を目指していたのですが
我が愛車のナビはとてもお利口さんで遠回りに道を案内します。

『 明らかに左折する場所は過ぎたでしょ?
どう見たって住所がおかしいし............... 』

と思っていた矢先、進行方向右側に怪しげ(?)な場所を発見?
って言うか、この地方の廃校をネットにアップしている方のblogで
見たような光景に出会いました。


それは、ズバリ! 下郷町立旭田小学校大松川分校 でした。


正門に至る導線に建てられた標柱。

      20170720旭田小学校大松川分校01


道の脇には、閉校記念の桜の木が植樹されているようです。

      20170720旭田小学校大松川分校02



大松川分校は...............

詳しい沿革は不明です。
平成16年に本校である旭田小学校に統合されて、廃校になったようです。

本校の旭田小学校のHPにも沿革の記載がなく
詳しい事は調べきれません。
下郷町には、廃校(廃分校)がかなり多くありますが
詳しい沿革がわからないモノが多いようです。



木造平屋建ての校舎。

      20170720旭田小学校大松川分校03


ちょうど逆光の時間帯。
上手く撮影出来ませんでした。

      20170720旭田小学校大松川分校04


      20170720旭田小学校大松川分校05


      20170720旭田小学校大松川分校06



微妙に時間がズレている時計。

      20170720旭田小学校大松川分校07




こちらが閉校(廃校)記念碑。

      20170720旭田小学校大松川分校08


      20170720旭田小学校大松川分校09



裏面に沿革が刻まれているのを期待しましたが...............

      20170720旭田小学校大松川分校10

残念でした。



校庭の隅に残された遊具。

      20170720旭田小学校大松川分校11

かなり、草に覆われかけています。


こちらのブランコは、まだまだ健在?

      20170720旭田小学校大松川分校12




校庭に取り残されたローラー。

      20170720旭田小学校大松川分校13



そして、無造作に放置された椅子。

      20170720旭田小学校大松川分校14



廃校から13年。
まだまだ綺麗な木造校舎。

この校舎は、あとどれくらいこのまま綺麗な状態が保たれていくんだろうか?

10年後、20年後。
また機会があれば、訪れてみたいものです。



2017/07/31 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit