FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

上諏訪神社    (2020年5月29日)(千葉県君津市) 

5月29日

この日は、富津市こら君津市へと移動。
君津市の廃校へ向かう途中に諏訪神社の看板を見つけ、立ち寄ってみました。

諏訪神社は、上諏訪神社と下諏訪神社が
老杉のそびえる境内を対峙して鎮座していました。
下諏訪神社を参拝したあとは、
対峙して鎮座する上諏訪神社へ向かいます。


上諏訪神社は君津市清和市場に鎮座する神社です。


社伝では嘉祥元年(848年)、信州の諏訪大社から分霊勧請されたと伝えられ、
以来、領主の秋元氏や、代々の代官の祈願所として崇められたということです。

本社である長野県の諏訪大社に倣い、上諏訪神社が向かい合うように鎮座し、
上社・下社二社合わせて諏訪神社と呼んでいるようです。

その昔、猪や鹿が多くなりすぎ、農作物に害を与える為、
困った村民達が10日間にわたり狩猟をし、獲物を神前に供え、
御狩祭を開いそうで、それがシシキリマチ神事と呼ばれています。
別名「御狩(みかり)大明神」とも呼ばれています。

御祭神は、建御名方命。



上諏訪神社の社頭。

     20200529上諏訪神社01



鳥居脇の狛犬。

     20200529上諏訪神社02


     20200529上諏訪神社03



手水舎。

     20200529上諏訪神社04



拝殿。

     20200529上諏訪神社05



拝殿正面。

     20200529上諏訪神社06



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200529上諏訪神社07

色褪せているのか?
何と書かれているのか?  判別出来ない。



拝殿内部。

     20200529上諏訪神社08



内部に掲げられた扁額も判別出来ない。

     20200529上諏訪神社09



別アングルからの拝殿。

     20200529上諏訪神社10



そして、こちらが本殿。

     20200529上諏訪神社11



境内社。

     20200529上諏訪神社12


     20200529上諏訪神社13



板碑。

     20200529上諏訪神社14



板碑の前には何故か? 砲弾が飾られている。

     20200529上諏訪神社15



社号標。

     20200529上諏訪神社16




境内の御神木。

     20200529上諏訪神社17
     20200529上諏訪神社18
     20200529上諏訪神社19


昨年秋の房総半島を襲った台風の影響で
本殿奥の社叢の杜は、悲惨な状態になっていました。
ここにも、台風の傷跡は深く残っていました。


スポンサーサイト



2020/07/08 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

下諏訪神社    (2020年5月29日)(千葉県君津市) 

5月29日

この日は、上総地区の廃校巡り。
今年の春に廃校になった富津市の小学校を巡り、
君津市の廃校へも足を伸ばしてみました。

富津市から君津市の清和地区へ向かっていたら
道沿いに諏訪神社の看板が目に留まり、
急遽諏訪神社にも立ち寄ってみることにしました。

立ち寄った先は...............下諏訪神社。


下諏訪神社は君津市清和市場に鎮座する神社です。


社伝では嘉祥元年(848年)、信州の諏訪大社から分霊勧請されたと伝えられ、
以来、領主の秋元氏や、代々の代官の祈願所として崇められたということです。

本社である長野県の諏訪大社に倣い、上諏訪神社が向かい合うように鎮座し、
上社・下社二社合わせて諏訪神社と呼んでいるようです。

その昔、猪や鹿が多くなりすぎ、農作物に害を与える為、
困った村民達が10日間にわたり狩猟をし、獲物を神前に供え、
御狩祭を開いそうで、それがシシキリマチ神事と呼ばれています。
別名「御狩(みかり)大明神」とも呼ばれています。

御祭神は、八坂刀賣命。




社号標。

     20200529下諏訪神社01



神社社頭。

     20200529下諏訪神社02



手水鉢。

     20200529下諏訪神社03



参道の狛犬。

     20200529下諏訪神社04


     20200529下諏訪神社05



拝殿。

     20200529下諏訪神社06



拝殿正面。

     20200529下諏訪神社07


     20200529下諏訪神社08



拝殿内に掲げられた扁額。

     20200529下諏訪神社09



拝殿内には太鼓も飾られている。

     20200529下諏訪神社10



別アングルからの拝殿。

     20200529下諏訪神社11


     20200529下諏訪神社12



そして、本殿。

     20200529下諏訪神社13



びいすけ も参拝します。

     20200529下諏訪神社14



境内社・諏訪社。

     20200529下諏訪神社15


清和市場の諏訪神社は、上諏訪神社と下諏訪神社が
老杉のそびえる境内を対峙して鎮座している。

この後、上諏訪神社も参拝するわけですが、
神社が向かい合う姿を目にするのは初めての経験。
なかなか乙なモノですね。




2020/07/08 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

富津八坂神社   (2020年5月29日)(千葉県富津市) 

5月29日

この日は、富津市に出かけました。

天神山小学校をあとにして、向かった先は...............富津八坂神社。



富津八坂神社は、富津市富津に鎮座する神社です。


日本武尊が東征の折に相模よりこの地に渡られ、
神籬を立てて素盞嗚尊を祀られたとされています。
後に、その旧地に社殿を造営して奉斎し、
旧富津・川名・篠部・新井の総鎮守としました。

天正年間には、領主である小笠原彦太夫が社殿を改修し、
別に西蓮寺を建立して別当とし、本社を管理させたそうです。
しかし、安政4年9月28日当地大火の際、西蓮寺が類焼し、
本社に関する古記録等が失われてしまったそうです。

御祭神は、素盞嗚尊。



社号標。

     20200529富津八坂神社01



神社社頭。

     20200529富津八坂神社02



鳥居背後には、狛犬の代わりに錨が鎮座。

     20200529富津八坂神社03


錆び付いた錨。

     20200529富津八坂神社04

古くからの漁業の町だった証しだろうか?



手水舎。

     20200529富津八坂神社05



こちらは、獅子山。
     20200529富津八坂神社06


     20200529富津八坂神社07




拝殿。

     20200529富津八坂神社08



拝殿正面。

     20200529富津八坂神社13



別アングルからの拝殿。

     20200529富津八坂神社09


     20200529富津八坂神社10



そして、本殿。

     20200529富津八坂神社11

本殿は覆殿のため、中は見えない。



拝殿前の天水桶。

     20200529富津八坂神社14



びいすけ も参拝。

     20200529富津八坂神社12


富津市には、日本三大クモ合戦とも言われる
通称「フンチ」と呼ばれる遊びがあります。
オスがメスを取り合う習性を利用して、
ネコハエトリという1cm程の蜘蛛を、喧嘩させる伝統ある遊びです。
毎年5月4日に開催され、この八坂神社の境内がその会場になっているらしい。

地域性のある行事ですね。


2020/07/07 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

金谷神社    (2020年5月29日)(千葉県富津市) 

5月29日

この日は、富津市に出かけました。


金谷小学校をあとにして、向かった先は...............金谷神社。


金谷神社は、富津市金谷に鎮座する神社です。

国道127号線から鋸山ロープウエー乗り場に向かうと
小さな神社が鎮座しています。
それが金谷神社です。

創建は養老4年(720年)とされています。

また、こちらの金谷神社には、大鏡鉄と呼ばれる円形の鉄の塊が祀られていて
鉄尊宮として信仰の対象となっている。
社伝によれば、文明元年(1469年)6月に
金谷神社西方の海中より引き上げられたものといわれています。


御祭神は、豊受姫神
     金山彦神
     日本武尊



社号標。

     20200529金谷神社01



神社社頭。

     20200529金谷神社02


二の鳥居。

     20200529金谷神社03



手水鉢。

     20200529金谷神社04



狛犬。

     20200529金谷神社05


     20200529金谷神社06

この狛犬は、備前焼の狛犬と言うことで、珍しいモノらしい。
確かに備前焼どころか、焼物(陶器製)の狛犬を見るのは初めてかも知れない。



拝殿正面。

     20200529金谷神社07



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200529金谷神社08


別アングルからの拝殿。

     20200529金谷神社09



そして、こちらが本殿。

     20200529金谷神社10



 びいすけ も参拝します。

     20200529金谷神社11


本殿裏には祠も並ぶ。

     20200529金谷神社12



大鏡鉄の説明板。

     20200529金谷神社13



こちらに『大鏡鉄』が祀られています。

     20200529金谷神社14


御神体となっている『大鏡鉄』は、直径160cm、厚さ11cm、重さ約1.5tで、
二つに割れているそうです。
大鏡鉄と言う呼称は、日本武尊が東征の際に船首にかけた鏡に由来するとされていますが、
実際には鏡ではありません。本来の用途や制作年代は不明ですが、
宮城県の塩竃神社にある製塩用の鉄鍋に類似したものとされています。

こちらの金谷神社。
以前は本務社であったようですが、
現在は君津市の六手八幡神社の兼務社となっているようです。



2020/07/06 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

古船浅間神社     (2020年5月29日)(千葉県富津市) 

5月29日

この日は、富津市出かけました。

国道127号を移動して木更津市から富津市へと入り
館山市方面へと移動していく時に
坂の途中にある神社が、以前から気になっていました。

そんな訳で、立ち寄った先は...............古船浅間神社。


古船浅間神社は、富津市鶴岡に鎮座する神社です。

霊峰富士山に鎮座する「富士浅間神社」から分霊、分社したものと言い伝えられ、
木花開耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)が祀られています。

かつて神社の背後には大きな山がそびえ、富士山にとてもよく似ていたことから、
富士権現を願い、分霊、分社したものとされています。
浅間山と呼ばれたこの山は、全体が良質の砂に覆われており、
東京湾の埋め立てに使われることとなり、切り崩されてしまいました。
以前は山の頂部に鎮座していましたが、現在地に遷座したそうです。

御祭神は、木花咲耶姫命




社号標。

     20200529古船浅間神社01



神社社頭。

     20200529古船浅間神社02



社号標脇に建つ説明板。

     20200529古船浅間神社03

富津市の指定文化財である『本殿』と『羯鼓舞(かっこまい)』について触れています。



手水舎。

     20200529古船浅間神社04



定番の龍の吐出口。

     20200529古船浅間神社05



境内。

     20200529古船浅間神社06



石段の先には社殿。

     20200529古船浅間神社08



こちらが拝殿。

     20200529古船浅間神社09



別アングルからの拝殿。

     20200529古船浅間神社10



そして、本殿。

     20200529古船浅間神社12



拝殿前の狛犬。

     20200529古船浅間神社13


     20200529古船浅間神社14



びいすけ も参拝します。

     20200529古船浅間神社15



境内社。

     20200529古船浅間神社18


     20200529古船浅間神社17



本殿の背後には残された浅間山の名残りか?
30mほどの高台になっていて、社が点在する。

     20200529古船浅間神社19

     20200529古船浅間神社20


     20200529古船浅間神社21


     20200529古船浅間神社22



浅間神社と言うから、東京湾越しに富士山が見えるかと思ったけど
残念ながら、富士山は見えなかった。

     20200529古船浅間神社23



竪堀のような凹みもあり、いずれかの城址かと勘違いもしてしまう。

     20200529古船浅間神社24


こちらが社務所。

     20200529古船浅間神社25

普段は無人の神社のようです。


君津市の久留里は名水(湧水)で有名だけど
富津市にも名水があり、こちらの浅間神社の神水は有名で
多くの人が水を汲みにくるらしい。
『神水』の幟も国道沿いに立ち、はためいている。

持ち合わせていたペットボトルに神水を汲み、
びいすけ に飲ませる事にしました。


2020/07/05 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

八幡大神    (2020年5月28日)(千葉県香取郡多古町)  

5月28日

この日は、多古町に出かけました。
志摩城址の一角に鎮座する八幡大神を訪れました。

八幡大神は、多古町島に鎮座する神社です。

旧・島村の鎮守とされ、古城(志摩城)跡の西端に鎮座する古社です。
旧・島村な全戸が日蓮宗不受不施派で、
お祖師様以外の神仏に頼らない時 代が長かったためか、社の記録が失われたらしく、由緒を記した文書等は残されていないとのことです。
近年補修された長い石段を上り 切ると、朱色に塗られた鳥居の奥に 老木に囲まれた本殿が閑静な佇まいを見せています

それにしても、多古町にはネットで調べても
由緒や御祭神が不明な神社が多い気がするのは気のせい?



社号標。

     20200528八幡大神01



神社社頭。

     20200528八幡大神02



鳥居の先には石段。


     20200528八幡大神03



手水舎。

     20200528八幡大神04



二の鳥居。

     20200528八幡大神05



鳥居に掲げられた神額。

     20200528八幡大神06



社殿。

     20200528八幡大神07

社殿そのものが覆殿となっている。



別アングルからの社殿。

     20200528八幡大神08


     20200528八幡大神09



びいすけ も参拝。

     20200528八幡大神10



志摩城址の西端に鎮座する八幡大神。
志摩城そのものが千葉氏関連の城郭だから
本来は志摩城の北東の鬼門の位置に妙見宮があるかと思いきや
西端に八幡大神が鎮座している。
八幡神社と言うことであれば、
応神天皇や誉田別命(ほんだわけのみこと)、
または八幡太郎義家が祀られていると思われから
千葉氏関連の城郭には、不似合いと感じてしまうのは気のせい?


2020/07/04 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

春日神社     (2020年5月28日)(千葉県香取郡多古町) 

5月28日

この日は、多古町に出かけました。


並木城のある南並木地区でナビを見ると、並木城の一角に鳥居マーク(⛩)がある。
ナビには、春日神社と表示されている。

せっかくだから、覗いて行きましょう。

と、言うことで向かった先は.........南並木春日神社。


南並木春日神社は多古町南並木に鎮座する神社です。

社伝によると、元和3年(1617年)、南並木村の佐藤勘兵衛に夢のお告げがあって、
南中村大桐の祠からこの地に遷し、寛文元年(1661年)に社殿を造ったと言うことです。
そして遷座の時に、御神体を乗せた「馬の轡」が飯田惣右衛門家に伝えられていて、
御利益によって子供の風邪が治ったことから次々と又貸しされて、
一時は行方不明であったが、偶然飯田家当主によって、茨城県水戸市で発見され、
以後、今でも大切に保管されているそうです。

ネットで調べて分かったのはここまで。
肝心の御祭神については、分かりませんでした。



この狭い石段の先が春日神社。

     20200528春日神社01



まだまだ元気な びいすけ 。

     20200528春日神社02

先陣を切って先に進みます。



神社社頭。

     20200528春日神社03



鳥居。

     20200528春日神社04



手水舎。

     20200528春日神社05



こちらが拝殿。

     20200528春日神社06



別アングルからの拝殿。

     20200528春日神社07


     20200528春日神社08




本殿は覆殿。

     20200528春日神社09



隙間から覗き込んだ本殿。

     20200528春日神社10


別アングルからの拝殿と本殿。

     20200528春日神社11



びいすけ も参拝。

     20200528春日神社12



境内社。

     20200528春日神社13


     20200528春日神社14



こちらは、裏参道口の鳥居。

     20200528春日神社15


     20200528春日神社16


春日神社は、南並木地区の氏神と推されるけれど
並木城の一角に鎮座する形になる。

     20200528春日神社17
  
周りには、城っぽい雰囲気の土壇もあり
並木城の主郭からは北東の位置になる。
並木城を千葉氏関連の城郭とするならば、
この場所に妙見宮(妙見神社)が在ってもおかしくない。

いずれにしても、詳細が不明なのか少し残念です。




2020/07/03 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

星宮神社     (2020年5月28日)(千葉県香取郡多古町) 

5月28日

この日は、多古町に出かけました。

常盤小学校をあとにして、道の駅 『多古あじさい館』に向かう途中、
ナビに鳥居のマーク。
気になる神社が道沿いに鎮座していた。
ナビには『星宮大神』とある。
かつての妙見神社が星宮神社と改号した例もある、
ひょっとして、妙見神社?
やっぱり気になるから、ちょっぴり覗いていきましょう。


星宮大神は、多古町川島に鎮座する神社です。


旧川島町の鎮守でもある「星宮大神」。
元和2年(1616年)勧請で、もとは七島妙見と呼ばれていたとされています。
社には羽子板に巻子を付けた珍しい奉納物が天井に隙間なく貼り付けられており、
往時の繁栄を物語っています。
これはこの村に生まれ、江戸に住んだ鈴木勘左衛門、及び、東暁と号した絵師による功績と言われています。

と、ここまではあるサイトからの情報です。
一方、千葉県の神社庁のHPを見てみると
由緒どころか御祭神も不明。
おそらく明治以前の神仏習合時には、
妙見菩薩を御本尊とする妙見堂だった筈。
とすれば、天御中主が御祭神となるのでしょうか...............?


神社社頭。

     20200528星宮神社01



鳥居に掲げられた神額。

     20200528星宮神社02



手水舎。

     20200528星宮神社03



こちらも手水鉢?

     20200528星宮神社04

石灯籠の基台のように見えなくもない。




参道。

     20200528星宮神社05



拝殿。

     20200528星宮神社06



拝殿正面。

     20200528星宮神社07



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200528星宮神社08



別アングルからの拝殿。

     20200528星宮神社09


     20200528星宮神社10



そして、こちらが本殿。

     20200528星宮神社11



拝殿前の天水桶。

     20200528星宮神社12



拝殿前の狛犬。

     20200528星宮神社13


     20200528星宮神社14



びいすけ も参拝。

     20200528星宮神社15

    

境内社・天満宮。

     20200528星宮神社16



中には、菅原道真公?

     20200528星宮神社17



境内には、土壇もある。

     20200528星宮神社18

いにしえの古墳跡なのか?


土壇頂部には、古峯神社。

     20200528星宮神社19



適度な日陰で苔生した境内。

     20200528星宮神社20



苔生した参道が味わい深い神社。

      20200528星宮神社21
    20200528星宮神社22
  20200528星宮神社23

千葉宗家終焉の地である多古町ある星宮神社、かつての妙見宮。
残念ながら、千葉氏の家紋である月星紋や九曜紋は見かけられなかったけど
苔生した境内は、それなりのモノを感じました。



2020/07/01 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

松崎神社     (2020年5月28日)(千葉県香取郡多古町) 

5月28日

この日は、多古町に出かけました。

六所大神をあとにして、向かった先は...............松崎神社。


松崎神社は、多古町東松崎に鎮座する神社です。

宝亀3年(772年)の創建とされ、五穀および歌舞音曲の神々として、
古くから人々の信仰を集めています。
延暦16年(797年)に征夷大将軍・坂上田村麻呂が蝦夷征伐の途中に参拝、戦勝を祈願したとされ、
このとき、鏡1面及び征矢を献じ、木鼓1箇を奉納したと伝えられています。
その後の戦乱により、鏡と征矢は失われましたが、木鼓は現在も社宝として保存されているそうです。

弘仁年間(810年〜824年)に諸国行脚の僧空海が参拝し、携えてきた公孫樹の杖を
上下逆さまに地中に挿し「後世まで繁盛せよ」と念じて立ち去ったという伝説があり、
社殿前には周囲約6メートルの古木「空海の逆さ公孫樹」があります。

平忠常の乱(1028年〜1030年)で兵火にかかり、
建久2年(1191年)に再興され、旧号を「坂東稲荷本宮」と称しました。
北条氏や里見氏などの武将の尊敬が篤く、徳川家康も朱印地30石を寄進したそうです。
明治2年(1869年)に社号を「松崎神社」に改号しました。

御祭神は、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
     邇邇芸命(ににぎのみこと)
     大宮比売命(おおみやひめのみこと)



神社社頭。

     20200528松崎神社01



二の鳥居。

     20200528松崎神社02



参道。

     20200528松崎神社03



参道の狛犬。
 
     20200528松崎神社04


     20200528松崎神社05



拝殿。

     20200528松崎神社06



拝殿正面。

     20200528松崎神社07



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200528松崎神社08


     20200528松崎神社09



別アングルからの拝殿。

     20200528松崎神社10



そして、こちらが本殿。

     20200528松崎神社11



別アングルからの拝殿と本殿。

     20200528松崎神社12



びいすけ も参拝します。

     20200528松崎神社13



境内社・白髭神社。

     20200528松崎神社14



境内社・子安神社。

     20200528松崎神社15



境内社・古峰神社。

     20200528松崎神社16



小さな祠も点在します。

     20200528松崎神社17


     20200528松崎神社18


     20200528松崎神社19



境内の板碑。

     20200528松崎神社20



境内には北条塚古墳の説明板も建つ。

     20200528松崎神社21



実は、本殿の背後は北条塚古墳。

     20200528松崎神社22



この土壇が古墳です。

     20200528松崎神社23



古墳頂部から見下ろす、松崎神社の本殿。

     20200528松崎神社24



こちらが、空海の『逆さ公孫樹』の説明板。

     20200528松崎神社25



そして、こちらがその『逆さ公孫樹』。

     20200528松崎神社26     
     20200528松崎神社27



こちらは、社務所。

     20200528松崎神社28

立派は社務所ですが、閉まっています。
どうやら、普段は無人の神社のようです。



境内の御神木。

      20200528松崎神社29
     20200528松崎神社30


       20200528松崎神社31
     20200528松崎神社32


昔は、成田山に肩を並べるほどの信仰を集めたと言われる松崎神社ですが
今は、ひっそりと北総の台地に鎮座している。
稲荷神社の扁額が未だに掲げられているけれど
神使いの狐は見当たらず、『?』と思ってしまう。
祭礼の時に訪れたら、また違った一面が覗けるのかもしれない..................。





2020/06/29 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

六所大神   (2020年5月28日)(千葉県香取郡多古町) 

5月28日

個人的な連休初日。

新型コロナウイルス拡散防止の緊急非常事態宣言が解除されてから初めての個人的な休日。
久しぶりの遠出と言う訳ではないけれど、この日は多古町に出かけました。

多古町のとある神社に向かって車を走らせていると
県道沿いに建つ社号標が目に止まった。

『六所大神 延喜式内』と社号標には記されている。

     20200528六所大神01

そう言えば、多古町に六所大神と言う神社の名を聞いたことがあるような気がした。
多古町の神社リストかなるかで見たような気もする。


六所大神は、多古町北中に鎮座する神社です。

第54代・仁明天皇の承和年中(834年~848年)に物部小事の子孫で、
陸奥鎮守将軍に任ぜられていた物部匝瑳連熊猪が、
中村の郷の郷社として創建したとされています。
社号の由来は、六大神を祀ることからくるとされています。

御祭神は、伊弉諾尊(イザナギノミコト)
     伊弉冉尊(イザナミノミコト)
     天照皇大神(アマテラスオオカミ)
     素戔嗚尊(スサノオノミコト)
     月読尊(ツクヨミノミコト)
     蛭子尊(ヒルコノミコト)



神社社頭。

     20200528六所大神02



鳥居に掲げられた神額。

     20200528六所大神03



社殿へと続く参道。

     20200528六所大神04



参道の両脇には杉の古木が立ち並ぶ。

     20200528六所大神05
     20200528六所大神06
     20200528六所大神07



二の鳥居。

     20200528六所大神08



二の鳥居に掲げられた神額。

     20200528六所大神09



手水舎。

     20200528六所大神10



拝殿。

     20200528六所大神11



拝殿正面。

     20200528六所大神12



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200528六所大神14



向拝。

     20200528六所大神13



別アングルからの拝殿。

     20200528六所大神15


     20200528六所大神16



そして、こちらが本殿。

     20200528六所大神17



拝殿前の狛犬。

     20200528六所大神18


     20200528六所大神19



拝殿前の天水桶。

     20200528六所大神20



びいすけ も参拝します。

     20200528六所大神21



境内社・宇賀神社。

     20200528六所大神22



境内社・雄健神社。

     20200528六所大神23



境内の板碑。

     20200528六所大神24

     20200528六所大神35

『南無妙法蓮華経』と刻まれた板碑。
神仏習合の名残りですね。



こちらは、大東亜戦争の碑。

     20200528六所大神25



昭和天皇の御成婚を記念して建てられた表忠碑。

     20200528六所大神26




杉の古木に囲まれた境内。

     20200528六所大神27
     20200528六所大神28


     20200528六所大神29
     20200528六所大神30


     20200528六所大神31
     20200528六所大神32
     20200528六所大神33



境内の由緒書き。

     20200528六所大神34



こちらが、社務所のようです。

     20200528六所大神36

正面に掲げられた扁額には、『飯高』と書かれている。
隣接する匝瑳市の飯高に関連しているのでしょうか?

いずれにしても、普段は無人の神社のようです。


社号標には、『延喜式内』と記されているけれど
ネットで調べてみると、その真偽は定かでは無さそうです。
いわゆる、式内社のことを意味していると思うんだけど
式内社は、平安時代に編纂された延喜式神名帳に記載されている神社の事。
式内社を巡っては、いろんな神社で論争を交わしているみたいだから
真偽が不明って言うのは、まあ良くある話でしょうね。





2020/06/28 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

月詣 菊田神社  (2020年5月27日)(千葉県習志野市) 

5月27日

この日は夜勤明け。

本来は、夜勤仕事から帰ってきたら、その日は大人しくしていますが
何せ、2日前に新型コロナウイルス拡散防止の緊急非常事態宣言が解除されたから
これで、我慢していた外出も一応許される。
御朱印巡りも、一応可能と言う事です。

今井神社をあとにして、、向かった先は...............菊田神社。



社号標。

     20200527菊田神社01



神社社頭。

     20200527菊田神社02

菊田神社は、境内の犬連れ禁止だから
びいすけ はここまで。
車の中で大人しく留守番してもらいましょう。


そう言えば、工事していた駐車場も整備してされたようです。

     20200527菊田神社03


以前は気付きませんでしたが、こんな石仏や碑が在りました。

     20200527菊田神社04



青面金剛像

     20200527菊田神社05

神仏習合の名残りがあったんですね。




参道。

     20200527菊田神社06



参道の狛犬。

     20200527菊田神社07


     20200527菊田神社08



手水舎。

     20200527菊田神社09



拝殿。

     20200527菊田神社10



拝殿正面。

     20200527菊田神社11


     20200527菊田神社12



拝殿正面に飾られた提灯。

     20200527菊田神社13



緊急非常事態宣言が解除されたとは言え、まだまだ参拝者は少ない。
この日の御朱印待ちは3人ほど。

     20200527菊田神社14

でも、朝から41番目になるんだろうか?


こちらが、5月限定の月詣の御朱印。

     20200527菊田神社15




外出自粛の期間、いくつかの社寺が『遙拝』と称して
御朱印の郵送対応をされているみたいです。
まあ、個人的な意見ですが...............

あくまでも奉拝(参拝)あっての御朱印だと思っているから
参拝もせずに御朱印を郵送しともらうのは『?』と、
頭の中に疑問符が浮かんでしまうのは、致し方ない。


2020/06/26 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

再訪 今井神社  (2020年5月27日)(千葉県千葉市中央区) 

5月27日

この日は夜勤明け。

2日前の5月25日の夕刻に、
新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく
新型コロナウイルスの拡散防止の緊急非常事態宣言が解除されました。
気持ちの中では『まだまだ早いんじゃないか?』と思いながらも
『これでやっと外出が出来る』と言う喜びと安堵の中、
眠い目をこすりながら、夜勤仕事を終え自宅に戻り
身支度を整え外出です。

思えば、4月7日の緊急非常事態宣言が発動されてから
大好きな御朱印巡りも封印していたから、そろそろ復活です。

と言う事で、向かった先は...............今井神社。



今井神社社頭。

     20200527今井神社01



手水舎。

     20200527今井神社02

相変わらず、手水は張られていない。

 


参道。

     20200527今井神社03



二の鳥居。

     20200527今井神社04



拝殿。

     20200527今井神社05



拝殿正面。

     20200527今井神社06



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200527今井神社07


     20200527今井神社08



びいすけ も久しぶりに今井神社に参拝。

     20200527今井神社09



そして、こちらが御朱印。

     20200527今井神社10


     20200527今井神社11


書置き版ですが、問題ありません。
今回は猫七福神の恵比寿と大黒天を拝受出来ました。




2020/06/26 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

月詣  東金日吉神社  (2020年4月6日)(千葉県東金市) 

4月6日

この日は、公休日。
東金市へ出かけました。

先ずは、月詣の東金日吉神社に参拝です。

毎月の月詣は、富里市の富里香取神社と抱き合わせで訪れる事が多いのですが
今月は抱き合わせではありません。



神社社頭。

     20200406日吉神社01



社号標。

     20200406日吉神社02



社号標と鳥居。

     20200406日吉神社03



鳥居の先から、日吉神社の社叢である杉並木が始まる。

     20200406日吉神社04



表参道の杉並木。

     20200406日吉神社05


     20200406日吉神社06



杉並木の奥に見える拝殿。

     20200406日吉神社07


手水舎。

     20200406日吉神社08



拝殿。

     20200406日吉神社09



拝殿正面。

     20200406日吉神社10


東金市・山武市の11の小社寺で企画された桜詣は、
新型コロナウイルスの拡散防止の配慮から中止になってしまったようです。

     20200406日吉神社11



そのせいでしょうか?
いつもは開いている拝殿も閉ざされている。

拝殿が開いていようが、閉じていようが参拝は出来ます。
びいすけ も参拝。

     20200406日吉神社12


残念ながら、社務所は閉ざされていて無人。
滅多に無人って言う事が無い神社なのに...............


こちらが、月替りの御朱印。

     20200406日吉神社13


     20200406日吉神社14


     20200406日吉神社15


社務所前に置かれた書置き版。
初穂料は、賽銭箱に入れると言うシステムです。

コロナウイルス対策で、接触を避けるため、
今後は書置き版を頒布って言うパターンが増えていくのでしょうね。



2020/05/17 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

再訪  六所神社  (2020年4月2日)(千葉県成田市) 

4月2日

この日は、富里市から成田市へと移動しました。
例月なら富里市の富里香取神社から東金市の東金日吉神社へと
移動をするのですが、この日は訳あって成田市へ。

実は、成田市の竜台に鎮座する六所神社が御朱印を頒布される事になったようで
御朱印拝受の参拝と相成りました。

実は、六所神社へは、以前にも参拝に来た事があります。
(その時の記事は  こちら  )

その時は、また御朱印対応もされていなくて、
管理社である成田豊住熊野神社の宮司さんも
『御朱印対応の予定はありません』とおっしゃっていましたが
御朱印を求める声が多かったのでしょうか?
ある方のブログを拝見して、六所神社の御朱印の事を知り、
慌てて参拝に来たと言う経緯になります。




社号標。

     20200402六所神社16



神社社頭。

     20200402六所神社01


かなり伐採されたようですが、それでも参道の木々は凄い。

     20200402六所神社02
     20200402六所神社03
     20200402六所神社04



こちらが拝殿。

     20200402六所神社05


     20200402六所神社06



拝殿正面の扁額。

     20200402六所神社07



そして、こちらが本殿。

     20200402六所神社08


別アングルからの本殿。

     20200402六所神社09


本殿背後に鎮座する八坂神社。

     20200402六所神社10


びいすけ も参拝。

     20200402六所神社11


御神木の夫婦杉。

       20200402六所神社12
      20200402六所神社13
     20200402六所神社14


こちらが六所神社の御朱印。

     20200402六所神社15


『六所神社竜台』と言う印影ですね。



2020/05/14 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

再訪  成田豊住熊野神社  (2020年4月2日)(千葉県成田市) 

4月2日

この日は、公休日。

月詣に訪れた富里香取神社をあとにして、
次なる場所へと移動します。
例月なら、富里香取神社から東金日吉神社へと言うパターンなのですが、
この日は、あえて成田市へと向かいます。

向かった先は、...............成田豊住熊野神社。


成田豊住熊野神社は、何度か(2回?)訪れていますが
前日、ある方のブログを拝見したら、
成田豊住熊野神社でも月替りの御朱印を頒布されているようなので
改めて参拝を兼ねて訪れてみました。


神社社頭。

     20200402熊野神社01


鳥居と社号標。

     20200402熊野神社02



こちらが社号標。

     20200402熊野神社03



参道。

     20200402熊野神社04


参道の奥には、拝殿。

     20200402熊野神社05


手水舎。

     20200402熊野神社06


こちらが、拝殿。

     20200402熊野神社07



拝殿正面。

     20200402熊野神社08


拝殿内部。

     20200402熊野神社09



そして、こちらが本殿。

     20200402熊野神社10



びいすけ も参拝。

     20200402熊野神社11


拝殿脇に置かれた恵比寿像。

     20200402熊野神社12



こちらが、成田豊住熊野神社の御朱印。

     20200402熊野神社13

4月と言うことで、おそらく桜の木をイメージとした
御朱印になっているんでしょう。

御朱印の印を見ると『熊野神社南羽鳥』となっている。
正式には南羽鳥熊野神社になるのだろうか?
でもHPには、『成田豊住熊野神社 』となっているんだよなぁ。



2020/05/13 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

月詣.........富里香取神社 (2020年4月2日)(千葉県富里市) 

4月2日

この日は、公休日。

4月最初の公休日。
最近は、毎月欠かさず月詣をしている富里香取神社に出かけました。


駐車場の看板前で、はいポーズ。

     20200402冨里香取神社01



神社社頭。

     20200402冨里香取神社02



定点ポイントであるいつもの干支の看板前にて。

     20200402冨里香取神社03



参道。

     20200402冨里香取神社04


     20200402冨里香取神社05



拝殿。

     20200402冨里香取神社06


拝殿正面。

     20200402冨里香取神社07


びいすけ も参拝。

     20200402冨里香取神社08



拝殿には貼り紙が...............

     20200402冨里香取神社09

今月より新型コロナウイルス対策で、
当面は書置きの御朱印対応となるそうです。

書置きでも全然構いません。
月替りの御朱印をこのまま続けて頂ければ、
全然問題はありません。


こちらが月替りの御朱印。

     20200402冨里香取神社10


今や、月詣と月替りの御朱印は
欠かせない毎月の楽しみとなっています。


2020/05/12 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの通勤・途中下車.........月詣 大原神社    (2020年4月1日)(千葉県習志野市) 

4月1日  

この日は、前日の17時から勤務の夜勤明け。
10時に職場から解放され、帰宅の途に着きましたが、
帰りの電車を途中下車。
京成津田沼駅で降りて菊田神社へ。

菊田神社の参拝を終え、再び京成の電車に乗り
今度は実籾駅で途中下車。
向かった先は...............大原神社。


大原神社も昨年の春から月詣を始め、約1年になろうとしています。
まあ、菊田神社と抱き合わせのパターンになりますが.........。


大原神社の社頭。

     20200401大原神社01


鳥居に掲げられた神額。

     20200401大原神社02


小雨に濡れた参道。

     20200401大原神社03


手水舎。

     20200401大原神社04

新型コロナウイルス騒ぎで手水鉢の水は抜かれています。




こちらが、拝殿。

     20200401大原神社05



拝殿正面。

     20200401大原神社06



今月も数種類の御朱印が頒布されています。

     20200401大原神社07



小雨が降っていますが、月替りの御朱印を求める人が数人居る。

     20200401大原神社08

天候のせいで、いつもより御朱印待ちの人は少ない。



こちらが、この日拝受した御朱印。
いずれも書置き版。


4月の限定御朱印。
『若竹』。

     20200401大原神社09


季節の御朱印。
『初夏の見開き』。

     20200401大原神社10


いずれも書置きの御朱印だったため、待ち時間はほぼゼロ。
受付の順番待ちに2〜3分を要しただけ。
毎月、これくらいの時間で御朱印を頂ければ、
言うこと無いんだけどなぁ。

2020/05/11 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの通勤・途中下車.........月詣 菊田神社    (2020年4月1日)(千葉県習志野市) 

4月1日  

この日は、前日の17時から勤務の夜勤明け。
10時に職場から解放され、帰宅の途に着きます。

考えてみれば、4月1日。
月も変わった事だし、小雨が降っているから
そんなに混まないでしょう。
ならば、月詣と洒落込みましょう。
帰りの電車を京成津田沼駅で途中下車。

向かった先は...............菊田神社。


昨年の春から月詣に訪れるようになったから
月詣もそろそろ1年になるようです。


社号標。

     20200401菊田神社01



神社社頭。

     20200401菊田神社02



小雨に濡れる参道。

     20200401菊田神社03


     20200401菊田神社04
 

そして、拝殿。

     20200401菊田神社05



向拝。

     20200401菊田神社06


拝殿正面。

     20200401菊田神社07



雨だから誰も居ないと思っていたら、
それでも数人が御朱印待ち。

     20200401菊田神社08

やっぱり、人気のある神社なんですね。



順番待ちの札を貰って御朱印待ち。

     20200401菊田神社09


そして、拝受したのが こちら 。

     20200401菊田神社10

書置きではなくて、直接御朱印帳に書き入れて下さる御朱印。
菊田神社の御朱印は、そこが良いですね。



2020/05/10 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

山梨香取神社   (2020年3月30日)() 

3月30日

東金市に御朱印巡りに出かけたこの日、
東金市からちょっぴり足を伸ばし、千葉市の今井神社に出かけました。
そして、その帰り道に四街道市の山梨香取神社に立ち寄りました。

山梨香取神社は、四街道市山梨に鎮座する神社です。

山梨香取神社の創建時期等、ネットで調べてみましたが
由緒等、詳細は不明です。

御祭神は、経津主神。


先日、四街道物井にある園福寺を訪れた時、近くを車で走り、
ナビに表示されていて、気になったけれど急いでいたので、
素通りをしたのが、こちらの神社。

狭い集落の道を走り、辿り着いた香取神社。
この石段の先に鎮座しています。

     20200330香取神社01


石段を上がれば、そこには鳥居。

     20200330香取神社03



鳥居脇の手水鉢。

     20200330香取神社02



こちらが、社殿。

     20200330香取神社05



社殿正面。

     20200330香取神社06



社殿正面に掲げられた扁額。

     20200330香取神社04


別アングルからの社殿。

     20200330香取神社07


     20200330香取神社11



社殿前の狛犬。

     20200330香取神社09


     20200330香取神社10



びいすけ も参拝。

     20200330香取神社08


     
境内には小さな祠が点在する。

     20200330香取神社12


こちらは、石仏。

     20200330香取神社13

神仏習合の名残りでしょう。



板碑も境内に建ち並ぶ。

     20200330香取神社14


鳥居脇の碑。

     20200330香取神社15

『大日本は神国なり』
戦時中に建てられた碑なのだろうか?

こちらの香取神社について調べてみたけれど、
詳細は分からない。

四街道市内には3つの香取神社があるようです。
一つは、こちらの山梨香取神社。
もう一つは、栗山香取神社。(こちらは訪問済み)
そして、残る一つは鹿渡香取神社。

この際だから、鹿渡の香取神社にも機会があったら訪れてみよう。



2020/05/09 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今井神社    (2020年3月30日)(千葉県千葉市中央区) 

3月30日

東金市に御朱印巡りに出かけたこの日、
東金市からちょっぴり足を伸ばし、
千葉市の今井神社に出かけました。



社号標。

     20200330今井神社01


神社社頭。

     20200330今井神社02



参道。

     20200330今井神社03


二の鳥居。

     20200330今井神社04



拝殿。

     20200330今井神社05



拝殿正面。

     20200330今井神社06


拝殿正面の扁額。

     20200330今井神社07


     20200330今井神社08



扁額の両脇に掲げられていた奉納額。

     20200330今井神社09


     20200330今井神社10



びいすけ も参拝。

     20200330今井神社11




境内の桜もそろそろ見納めに近づいている。

     20200330今井神社13



社務所は、この日も閉まっている

     20200330今井神社12



初穂料を賽銭箱に入れ、書置きの御朱印を頂きました。

     20200330今井神社14


     20200330今井神社15


     20200330今井神社16


個人的な主観ですが、いつ見ても素敵な御朱印です。



2020/05/08 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit