FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............岩下菅原神社 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。

群馬県と言っても広い。
今回は、吾妻地区の東吾妻町を中心に巡ります。


岩島第一小学校をあとにして、向かった先は...............岩下菅原神社。


岩下菅原神社は、東吾妻町岩下に鎮座する神社です。

残念ながら、ネット等で調べても由緒等は不明。
御祭神は、菅原道真公と思われます。



こちらが一の鳥居。

      20190822岩島菅原神社01



一の鳥居に掲げられた神額。

      20190822岩島菅原神社02



一の鳥居から二の鳥居までは100mほど。

      20190822岩島菅原神社03

元気に進む びいすけ 。


こちらが、二の鳥居。

      20190822岩島菅原神社04

二の鳥居の先は石段。



石段途中の狛犬。

      20190822岩島菅原神社05


      20190822岩島菅原神社06



そして、三の鳥居。

      20190822岩島菅原神社07



手水鉢。

      20190822岩島菅原神社08


石段を上り切った先が拝殿。

      20190822岩島菅原神社09


      20190822岩島菅原神社10


      
別アングルからの拝殿。

      20190822岩島菅原神社12


      20190822岩島菅原神社13



そして、こちらが本殿。

      20190822岩島菅原神社14



拝殿正面に飾られた提灯。

      20190822岩島菅原神社15



こちらは、神楽殿。

      20190822岩島菅原神社16


御輿庫。

      20190822岩島菅原神社17



こちらが社務所。

      20190822岩島菅原神社18

社務所は閉まっていますが
隣接する民家が宮司さん宅。

事前に電話を入れて置いたので、快く御朱印を頂く事が出来ました。


こちらが、岩下菅原神社の御朱印。

      20190822岩島菅原神社19

普段は書き置きの御朱印ですが
この日は、御朱印帳に墨書きして頂きました。
ありがとうございました。






スポンサーサイト



2019/09/17 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............密岩神社 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。

群馬県と言っても広い。
今回は、吾妻地区の東吾妻町を中心に巡ります。


観音山不動滝をあとにして、向かった先は.............密岩神社。


密岩神社を語る前に、密岩神社の鎮座するの岩櫃山に触れないと
話が理解しづらいかも知れませんね。

岩櫃山は、古来から修験文化の宿る敬虔な山です。
岩櫃城の支城で「岩鼓の要害」といわれる柳沢城の下には、
岩櫃城の鬼門(東北)の鎮守として今から600年前に建てられ、
『観音様』と親しまれる瀧峩山金剛院不動堂があります。

また天狗の丸には『岩櫃神社』があり、山頂近くには、かつては祈祷の祠もあり、
現在は原町に移った善導寺も、かつては岩櫃城の鬼門・切沢に在ったそうです。
このように信仰と深く関わる岩櫃のなかで、とりわけ、謎と伝説に包まれているのが
『密岩神社』です。

奥宮といわれる古くからの神社は、東吾妻町郷原古谷地区からの密岩通り登山道の中腹にあり、
崖の岩の中に造られた社で、誰がどうやって造ったのかは謎となっています。
現在は落石により損傷が激しくて危険で、行く事ができません。
しかし、古くから密岩神社を慕う地域住民の厚い志により、
平成23年に、麓にあたる古谷地区の中心地に里宮が設けられ、遷宮が行なわれました。


岩櫃山は、東吾妻町にとっても貴重な観光資源。
岩櫃山の登山口の駐車場には、案内板も設置されています。

      20190822蜜岩神社01


生憎の天気で岩櫃城(岩櫃山)も視界が悪い。
このガスっている雰囲気が岩櫃城の荒々しさを感じさせます。

      20190822蜜岩神社02


小雨の中、カッパを着込んでる出発です。

      20190822蜜岩神社03


さっそく、ご挨拶代わりにオシッコ。

      20190822蜜岩神社04



密岩神社を目指して進みます。

      20190822蜜岩神社05

密岩神社は、古谷地区の登山口の駐車場から徒歩5分程度の距離。




画面右側の杜が密岩神社。

      20190822蜜岩神社06



びいすけ に促されるように進みます。

      20190822蜜岩神社07



神社参道口。

      20190822蜜岩神社08

さすが、真田関連の地。
真田丸のブームは未だ衰えず?
多くの幟が旗めきます。


こちらが、密岩神社。

      20190822蜜岩神社09



思っていたより、小ぶり。
コンパクトな社です。

      20190822蜜岩神社10


朱色の鳥居に掲げられた神額。

      20190822蜜岩神社11


由緒書き(いわれと御利益)

      20190822蜜岩神社12



狛犬。

      20190822蜜岩神社13


      20190822蜜岩神社14



では、参拝いたしましょう。

      20190822蜜岩神社15


賽銭は気持ち。
五円玉を6枚、真田氏にあやかって
六文銭のように並べてみました。

      20190822蜜岩神社16


怪訝そうに、こちらを見上げる びいすけ 。

      20190822蜜岩神社17



しっかりとお参りいたしました。

      20190822蜜岩神社18



この密岩神社は、今年から御朱印が拝受されるようになったようです。
授与(配布)場所は2ヶ所。
その1ヶ所がこちら。

      20190822蜜岩神社19

JR群馬原町駅構内にある東吾妻町観光協会。

もう1ヶ所は、平沢登山口観光案内所になるそうです。


駅構内と言っても、駅事務所が観光協会になっていて
駅の窓口では、JRの切符が売られていない。

      20190822蜜岩神社20


窓口のガラスには、こんな貼り紙。

      20190822蜜岩神社21

密岩神社の御朱印はセットになっていて
単品では扱っていないそうです。
密岩神社、岩櫃城、金剛院(観音山不動)の3枚セット。


こちらが、密岩神社の御朱印。

      20190822蜜岩神社22

こちらのセットの御朱印ですが
地元の著名な書道家ぎ書かれたモノを印刷されているようです。



金剛院の御朱印。

      20190822蜜岩神社23

こちらの前に訪れた観音山不動の滝の近くにあった不動堂が金剛院だと言う事です。



こちらは、岩櫃城の御朱印。

      20190822蜜岩神社24

岩櫃城は改めて攻城に来ることにいたしましょう。
まあ、密岩神社も岩櫃城の一画ではあるから
この御朱印は大事に取っておくことにいたしましょう。



2019/09/12 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............大宮巖鼓神社 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。


なかなか群馬県に来る機会もそんなに無いから
群馬県に精通しているわけではありませんが
吾妻地区を今回もぐるっと周ってみたいと思っています。

前日の夜にいつものように八王子の実家へ移動。
妹の もっちゃん にナビゲートしてもらい、
人間2人と犬1頭、圏央道から関越道と移動、
群馬・長野の旅行の始まりです。

関越道の渋川・伊香保ICで関越を降りて下道で移動。
向かった先は、東吾妻町の大宮巖鼓神社。

大宮巖鼓神社は、東吾妻町原町に鎮座する神社です。

創建年代は不詳ですが、千年以上前だと考えられているそうです。

吾妻太郎行盛が武州氷川明神を配祀し、以来武将・民衆の崇敬篤く、
天正十八年北条家朱印、宝暦以降は真田家黒印の社領を寄進された神社とされています。

         
御祭神は、日本武尊、弟橘姫命、素盞嗚尊、保食神。




社号標。

      20190822大宮巌鼓神社01



朱色の一の鳥居。

      20190822大宮巌鼓神社02


一の鳥居に掲げられた神額。

      20190822大宮巌鼓神社03



一の鳥居をくぐった先には二の鳥居。

      20190822大宮巌鼓神社04



二の鳥居の奥には拝殿。

      20190822大宮巌鼓神社05


こちらが手水舎。

      20190822大宮巌鼓神社06



手水舎の脇には由緒書き。

      20190822大宮巌鼓神社09



参道の狛犬。

      20190822大宮巌鼓神社07


      20190822大宮巌鼓神社08



こちらが、拝殿。    

      20190822大宮巌鼓神社10


      20190822大宮巌鼓神社11



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190822大宮巌鼓神社12




別アングルからの拝殿。

      20190822大宮巌鼓神社13


      20190822大宮巌鼓神社14




そして、こちらが本殿。

      20190822大宮巌鼓神社15


   

拝殿正面に飾られた提灯。

      20190822大宮巌鼓神社16



拝殿脇には御神木。

      20190822大宮巌鼓神社17
      20190822大宮巌鼓神社18


    

境内社・八幡宮。

      20190822大宮巌鼓神社19



境内社・伊勢神明宮

      20190822大宮巌鼓神社20


      20190822大宮巌鼓神社21



境内社・宇婆神社

      20190822大宮巌鼓神社22


境内末社。

      20190822大宮巌鼓神社24



神楽殿。

      20190822大宮巌鼓神社23



参集殿。

      20190822大宮巌鼓神社25



社務所。

      20190822大宮巌鼓神社26



こちらが、授与所。
御朱印はこちらで拝受出来ますが
時刻は朝の8時過ぎ。
まだ空いていません。

      20190822大宮巌鼓神社27

電話を掛けてみると、宮司さんの自宅に繋がったようで
10分位待ってくれれば、授与所に来ていただけると言う事です。




こちらが、御朱印。

      20190822大宮巌鼓神社28


朝早くからご対応いただき、ありがとうございました。


私にとって、群馬県の初御朱印てある 大宮巖鼓神社 の御朱印。
しっかりいただきました。

2019/09/11 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの通勤・途中下車.........月詣 大原神社    (2019年8月9日)(千葉県習志野市) 

8月9日

この日も遅番。

13時10分からの勤務だから、朝はいつもよりゆっくりして
それでも、1時間ほどの余裕を持って自宅を出ます。
かと言って真っ直ぐに職場に向かうわけではなく
今日もちょっぴり道草。
京成実籾駅で途中下車して、5月からの恒例である大原神社への月詣です。



大原神社の社頭。

      20190809大原神社01


鳥居に掲げられた神額。

      20190809大原神社02




拝殿へと続く参道。

      20190809大原神社03



参道の狛犬。

      20190809大原神社04


      20190809大原神社05



そして、拝殿。

      20190809大原神社06

この日もしっかりお参りしました、


この日も平日だと言うのに、御朱印を求めて訪れる人が多い。


今月も数種類の御朱印が拝受する事が出来るようです。

      20190809大原神社07


      20190809大原神社08



朝から24番目のようです、

      20190809大原神社09



しかし、人気かあるのか?
一人で二冊、三冊と御朱印帳を差し出す人もいる。

それって、誰かの代理?

結局、この日は御朱印待ちに45分。
信じられない?


この日頂いた御朱印は、こちら。


8月の月替わりの御朱印。

      20190809大原神社10



そして、『夏詣り』の御朱印(直書き、見開き版)。

      20190809大原神社11


しかし、平日なのに御朱印待ちで45分って
ちょっぴり異常だと思うんだけでなぁ。




2019/09/07 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの通勤・途中下車.........月詣 菊田神社    (2019年8月5日)(千葉県習志野市) 

8月5日

この日は遅番勤務。

13時10分からの勤務だから、朝はいつもよりゆっくりして
それでも、1時間ほどの余裕を持って自宅を出ます。
かと言って真っ直ぐに職場に向かうわけではなく
京成津田沼駅で途中下車。
5月からの恒例、菊田神社への月詣です。




社号標

      20190805菊田神社01



神社社頭の鳥居。

      20190805菊田神社02




拝殿へと続く参道。

      20190805菊田神社03



参道と狛犬。

      20190805菊田神社04


      20190805菊田神社05




手水舎。

      20190805菊田神社07



定番の龍の吐出口。

      20190805菊田神社08



拝殿。

      20190805菊田神社09


      20190805菊田神社10



別アングルから。

      20190805菊田神社11


      20190805菊田神社12



この日もしっかりと参拝いたしました。


授与所で御朱印をお願いします。
この日は、平日で空いていた。

      20190805菊田神社13

それでも、朝から32番目のようです。
人気があるんですね。


こちらが、御朱印。

      20190805菊田神社14

8月限定版。


涼しげな御朱印。
そして、季節感溢れる一句。

なかなかのモノですね。
ちょっぴり気に入りました。







2019/09/06 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

月詣 富里香取神社 (2019年8月2日)(千葉県富里市) 

8月2日

昨年の秋あたりから、毎月月詣に出かけている富里香取神社。
8月になったので、今月も月詣に出かけました。

まあ、月詣と言っても、特にお祓いをしてもらったり
祈祷をしてもらうわけじゃなく、
ただ拝殿を参拝するだけなんですけどね。


石造りの社号標があるわけでもないから
この看板の前で、ハイポーズ。(パチリ☆)

      20190802富里香取神社01


新しい幟?

      20190802富里香取神社02

富里市はスイカマラソンで有名。
富里マラソン完走祈願もアリですね。



鳥居前にて。

      20190802富里香取神社03


いつもの看板の前にて。

      20190802富里香取神社05


      20190802富里香取神社06




狛犬と拝殿。

      20190802富里香取神社04




参道と拝殿。

      20190802富里香取神社07


拝殿。

      20190802富里香取神社08



この時期は夏詣。

      20190802富里香取神社09

初詣だけが参拝じゃない。
コレもアリでしょう。

今月もしっかりとお参りいたしました。


こちらが、月替わりの御朱印。

       20190802富里香取神社10

やっぱり、夏と言ったら『スイカ』。
ここは、富里ですからね。


今月はどんなデザインか?
期待に胸を膨らませ、アレコレ推測する。
コレも楽しみの一つとなっています。







2019/09/05 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの通勤・途中下車.........月詣 大原神社    (2019年7月21日)(千葉県習志野市) 

7月21日

この日も遅番。2日続けての遅番になります。

13時10分からの勤務だから、朝はいつもよりゆっくりして
それでも、1時間ほどの余裕を持って自宅を出ます。
かと言って真っ直ぐに職場に向かうわけではなく
昨日と同じようにちょっぴり道草。
京成実籾駅で途中下車して、5月からの恒例である大原神社への月詣です。



大原神社社頭。

      20190721大原神社01



鳥居前の狛犬。

      20190721大原神社02


      20190721大原神社03



参道。

      20190721大原神社04
  


参道の狛犬。   

      20190721大原神社05


      20190721大原神社06



こちらが、拝殿。

      20190721大原神社07

しっかりと参拝いたしました。


カラフルで繊細な御朱印で脚光を浴び、人気の大原神社。
月替わり、季節替りと御朱印の種類は豊富。
この日は、これだけの種類の御朱印が用意されているようです。

      20190721大原神社08



この日は日曜日。
参拝者(御朱印の拝受者)が多いためか?
授与所が参集殿の特設場で拝受されています。

      20190721大原神社09



結婚式場としても利用される参集殿(大宮会館)。

      20190721大原神社10

ちょっと敷居が高い気がするのは私だけ?



参集殿には既に10人ほどが順番待ち。
急いで御朱印帳を渡し、順番待ちに加わります。

      20190721大原神社11

待つこと約20分。
無事、御朱印も拝受出来ました。


こちらが大原神社の御朱印。

月替わり、7月の限定御朱印。

      20190721大原神社12



こちらも期間限定。
墨書きの見開き版 『 笹願い 』。

      20190721大原神社13



こちらも期間限定の見開きの書置き版 『 涼の見開き 』。

      20190721大原神社14


たしかに、どれも繊細な御朱印。
女性に人気のある御朱印だと、改めて認識しました。





2019/09/03 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの通勤・途中下車.........月詣 菊田神社    (2019年7月20日)(千葉県習志野市) 

7月20日 菊田神社

この日は遅番勤務。

13時10分からの勤務だから、朝はいつもよりゆっくりして
それでも、1時間ほどの余裕を持って自宅を出ます。
かと言って真っ直ぐに職場に向かうわけではなく
京成津田沼駅で途中下車。
5月からの恒例、菊田神社への月詣です。



社号標。

      20190720菊田神社01



神社社頭の鳥居。

      20190720菊田神社02



参道と狛犬。

      20190720菊田神社03


      20190720菊田神社04




拝殿。

      20190720菊田神社05



拝殿正面の向拝の彫刻。

      20190720菊田神社06



拝殿前には七夕の笹。

      20190720菊田神社07


      20190720菊田神社08

一応、七夕は7月7日だけど、今月いっぱいは飾っていても良いのかな?



参拝を済ませて、御朱印を授与します。
土曜日だけど受付は朝から39番目。
ちょうど人の切れ目だったのか?
受付した時は2〜3人しか待っている人は居なかった。

      20190720菊田神社09


待っている間に、何処から湧いてきたのか?
あれよ、あれよと、いつの間にか人が増えてきた。

      20190720菊田神社10

やっぱり、御朱印の人気のある神社です。



と言う事で、頂いた御朱印はこちら。

      20190720菊田神社11

7月限定の御朱印。

ちょっぴりお洒落な御朱印です。






2019/09/02 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り.....................住吉神社 (2019年7月11日)(千葉県長生郡長生村) 

7月11日

この日は、いすみ市に出かけました。

いすみ市に向かう途中、長生村の住吉神社に立ち寄ってみました。
長生村の住吉神社に来るのは、これで2回目。
御朱印を頂ける神社と言う事で、昨年の春に一度参拝に来ています。
( その時の記事は こちら

その時は、宮司さんにお会いする事が出来なくて、御朱印も拝受出来ず
いずれ改めてと思っていたら、いつのまにか1年の月日が流れ、
時代も平成から令和に変わってしまいました。


こちらが、社号標。

      20190711住吉神社01



神社社頭の鳥居。

      20190711住吉神社02



参道。

      20190711住吉神社03


手水舎。

      20190711住吉神社04



そして、拝殿。

      20190711住吉神社05


      20190711住吉神社06

しっかりと参拝いたします。



こちらは、御神木。

      20190711住吉神社07
      20190711住吉神社08



お近くにお住まいの宮司さん宅にて御朱印を拝受いたしました。

      20190711住吉神社09



こちらが、御朱印。

      20190711住吉神社10


以前、電話した時は男性が応対してくれたので
その方が宮司さんだと思っていたら息子さんだそうで、
その方のお母様が宮司さんでした。

あまり、御朱印は書かないと言う事らしく
大変貴重な御朱印をありがとうございました。





2019/08/30 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

賀茂神社の大杉 (2019年7月8日)(千葉県山武市) 

7月8日

この日は、山武市に出かけました。


成東八幡神社から、日向小学校のかつての分校跡地へと
車を走らせていると、こんな看板が視界に入ってきた。

      20190708賀茂神社の大杉01



『 賀茂神社の大杉 』?

      20190708賀茂神社の大杉02

ちょっと気になる...............


気になってしまうと、通り過ぎてる事が出来ない............。
と、言う事で急遽立ち寄ることになった賀茂神社。


賀茂神社は、山武市森に鎮座する神社です。

詳しい由緒は不明。
ネットっ調べてみても、賀茂神社の由緒よりも、
大杉についての記述が多く、よく分かりませんでした。

その大杉については...............

室町時代の将軍・足利義政のころに植樹されたと伝えられ、
樹齢約500年と推定されるそうです。
山武市下最大の大杉(高さ35m、太さ6m35cm)と称され、
御神木として氏子の信仰を集めているそうです。


こちらが、賀茂神社の参道。

      20190708賀茂神社の大杉03


石段を上がって行きます。

      20190708賀茂神社の大杉04



鳥居が見えてきました。

      20190708賀茂神社の大杉05



鳥居前にて。

      20190708賀茂神社の大杉06


鳥居の前には大杉の説明板。

      20190708賀茂神社の大杉07



大杉は、鳥居の脇に『どぉ〜ん』と聳えています。

      20190708賀茂神社の大杉08
      20190708賀茂神社の大杉09



確かに、立派な幹。

      20190708賀茂神社の大杉10



別アングルから。

      20190708賀茂神社の大杉11
      20190708賀茂神社の大杉12


これが、山武市一の杉の巨木なんですね。




賀茂神社の拝殿。

      20190708賀茂神社の大杉13



拝殿正面。

      20190708賀茂神社の大杉14


拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190708賀茂神社の大杉15



別アングルからの拝殿。

      20190708賀茂神社の大杉16


      20190708賀茂神社の大杉17



手水舎。

      20190708賀茂神社の大杉18



境内社。

      20190708賀茂神社の大杉19


      20190708賀茂神社の大杉20




拝殿前から眺める大杉。

      20190708賀茂神社の大杉21
      20190708賀茂神社の大杉22



気になったのは、この賀茂神社が鎮座する台地。
まるで、昔の城郭跡のように見える。


土塁があって...............

      20190708賀茂神社の大杉23


削平地。

      20190708賀茂神社の大杉24


またまた土塁があって...............

      20190708賀茂神社の大杉25


空堀もある。

      20190708賀茂神社の大杉26


ネットで調べてみても、この場所が城郭だったと言う記述はない。
でも、それっぽく見えちゃうだけどなぁ。

最近、城郭巡りをしていないから、その反動なのかなぁ?(笑)





2019/08/28 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

成東八幡神社 (2019年7月8日)(千葉県山武市) 

7月8日

この日は、山武市に出かけました。

以前からその存在を知っていて、気になっていた成東八幡神社。
山武市の市街地に来たついでに、足を伸ばしてみました。


成東八幡神社は、山武市成東に鎮座する神社です。

成東八幡神社の詳細な由緒は不明ですが、
葛原親王が勧請したとされています。

御祭神は、誉田別尊・気長足姫命・比咩大神。



社号標。

      20190708成東八幡神社01



朱色の一の鳥居。

      20190708成東八幡神社02



一の鳥居に掲げられた神額。

      20190708成東八幡神社03



石灯篭の並ぶ参道。

      20190708成東八幡神社04


杉の木立の中の参道。

      20190708成東八幡神社05
      20190708成東八幡神社06
      20190708成東八幡神社07



手水舎。

      20190708成東八幡神社08


二の鳥居脇の社号標。

      20190708成東八幡神社09



ニの鳥居。

      20190708成東八幡神社10



暗くて見えないけれど、ニの鳥居に掲げられた神額。

      20190708成東八幡神社11


由来記。

      20190708成東八幡神社12

詳しい由緒を期待したんだけど、触れていない。
由緒書きを建てて欲しいなぁ。



狛犬。

      20190708成東八幡神社13


      20190708成東八幡神社14



拝殿。

      20190708成東八幡神社15



拝殿正面。

      20190708成東八幡神社16



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190708成東八幡神社17


別アングルからの拝殿。

      20190708成東八幡神社18


      20190708成東八幡神社19



そして、こちらが本殿。

      20190708成東八幡神社20

緑濃い社業に映える朱色の拝殿と本殿です。



拝殿前には、もう一組の狛犬。

      20190708成東八幡神社21


      20190708成東八幡神社22


境内社。

      20190708成東八幡神社23


      20190708成東八幡神社25


      20190708成東八幡神社26


      20190708成東八幡神社27



こちらは、宝物殿?
それとも御輿庫?

      20190708成東八幡神社28



東参道口。

      20190708成東八幡神社29

かつては、この場所にも丸い石の柱の鳥居が建っていたようです。
倒壊した残骸が無造作に置かれていました。


その近くには、道祖神。

      20190708成東八幡神社30


その脇には、将門堤の記念碑。

      20190708成東八幡神社31

『延長六戊子年(928年)、平将門此の地に堤を築く、是れを将門堤と言う』

と、刻まれています。
この地にも将門の伝説が残っていたんですね。



ニの鳥居脇の社務所。

      20190708成東八幡神社32

普段は無人の神社。
どうやら、御朱印の対応はされていないようです。






2019/08/27 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

再訪 高松入神社 (2019年7月8日)(千葉県富里市) 

7月8日

富里香取神社の月詣に出かけたこの日。
兼務社の高松入神社にも立ち寄ってみました。



鳥居。

      20190708高松入神社01


手水鉢。

      20190708高松入神社03




拝殿。

      20190708高松入神社02



拝殿正面。
しっかりと参拝いたしましょう。

      20190708高松入神社04


      20190708高松入神社05



別アングルからの拝殿。

      20190708高松入神社06



境内社。

      20190708高松入神社07


      20190708高松入神社08



扁額には『大願成就』。

      20190708高松入神社09



時代は令和に変わりました。
せっかくだから、御朱印も頂きました。

      20190708高松入神社10


夏詣の特別バージョンの御朱印も頂きました。

      20190708高松入神社11



2019/08/26 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

月詣 《 富里香取神社 》 (2019年7月8日)(千葉県富里市) 

7月8日

もう何ヶ月も行なっている富里香取神社の月詣。

7月になったので、今月も月詣に行って来ました。

      20190708富里香取神社01



鳥居前にて。

      20190708富里香取神社02



いつもの干支の看板前にて。

      20190708富里香取神社03



参道の狛犬と拝殿。

      20190708富里香取神社04



愛犬と拝殿。

      20190708富里香取神社06



最近は(数年前から)都内を含め、各地の神社で
『夏詣』と称して、この時期の参拝を促しています。

      20190708富里香取神社07

ネットで調べてみると、この富里香取神社も初期から
このキャンペーン(?)に賛同されているようです。



拝殿正面。

      20190708富里香取神社08

しっかりとお参りいたしました。


こちらが、月替わりの御朱印。

      20190708富里香取神社09


この月替わりの御朱印も月詣の楽しみの一つ。
来月も忘れずにお参りに来る事にいたしましょう。





2019/08/26 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの出勤前の途中下車...............大原神社 (2019年6月27日)(千葉県習志野市) 

6月27日

この日は遅番勤務。
13時10分からの仕事だから出勤前の途中下車。
京成実籾駅で途中下車して、大原神社へ向かいました。


5月から月詣と称し、大原神社にも参拝することにしました。



神社社頭。

      20190627大原神社01


鳥居に掲げられた神額。

      20190627大原神社02



参道の狛犬。

      20190627大原神社03


      20190627大原神社04



手水舎。

      20190627大原神社05


そして、拝殿。

      20190627大原神社06

しっかりと参拝いたしました。



昨今の御朱印ブームで、ここ大原神社も参拝客が多い。
ましてや、月替わり、季節替わりの御朱印を拝受しているから
その御朱印の種類も多い。

      20190627大原神社07


この日は平日。
それでも御朱印待ちの人が多い。

      20190627大原神社08


受付番号は104番。

      20190627大原神社09



15分ほど待って、頂いた御朱印がこちら。


月替わり 6月の御朱印。

      20190627大原神社10



『梅雨まいり』の限定御朱印。

      20190627大原神社11


見開きの『宮の杜』。

      20190627大原神社12


また、来月も忘れずに参拝に来ることにいたしましょう。








2019/08/24 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

塩原八幡宮 (2019年6月25日)(栃木県那須塩原市) 

6月25日

福島旅行の2日目。
福島県から南下して、栃木県の那須塩原市へ移動してきました。

新湯分校をあとにして、向かった先は...............塩原八幡宮。



塩原八幡宮は、那須塩原市中塩原に鎮座する神社です。


創建は大同2年(807年)とされています。
康平元年(1058年)、源頼義と嫡子の義家が前九年の役にあたり、
奥州の安部貞任征伐のため、この八幡宮に立ち寄り戦勝祈願をして、
社殿を再興したとされています。

また、治承4年(1180年)に源頼政一族が、神前に鎧兜を奉納し、
文治3年(1187年)には源有綱(源義経腹心の武将)が訪れ、
八幡宮に参拝したと伝えられています。
その後、源有綱は塩原八幡宮の側神として祀られ、
地域の人々に尊敬され、塩原領主や藩主により代々守られ、
村内安全、五穀豊穣の神様として崇敬されています。

中世には宇都宮氏・小山氏等の祈願所として崇められ、
江戸時代に入り、宇都宮代々の藩主により寛政10年(1798年)に再興され、
温泉神社を司る村社として、崇敬されています。


御祭神は、譽田別命・素盞嗚命・大山祇命・源有綱公。




こちらが、社号標。

      20190626塩原八幡宮01



神社社頭。

      20190626塩原八幡宮02



鳥居。

      20190626塩原八幡宮03



参道の狛犬。

      20190626塩原八幡宮04


      20190626塩原八幡宮05



由緒書き。

      20190626塩原八幡宮06



手水舎。

      20190626塩原八幡宮07


定番の龍の吐出口。

      20190626塩原八幡宮08



参道。

      20190626塩原八幡宮09
      20190626塩原八幡宮10
      20190626塩原八幡宮11
      20190626塩原八幡宮12



こちらが、拝殿。

      20190626塩原八幡宮13



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190626塩原八幡宮14



別アングルからの拝殿。

      20190626塩原八幡宮15


      20190626塩原八幡宮16



そして、こちらが本殿。

      20190626塩原八幡宮17



拝殿正面に飾られた提灯。

      20190626塩原八幡宮20



拝殿前の狛犬。

      20190626塩原八幡宮18


      20190626塩原八幡宮19



境内社。

      20190626塩原八幡宮21



境内社の若水神社。

      20190626塩原八幡宮22




そして、こちらが御神木。
『逆杉』と言われる二本の杉。
別名『夫婦杉』とも呼ばれています。

      20190626塩原八幡宮23
      20190626塩原八幡宮24
      20190626塩原八幡宮25

戦勝を祈願するため、しめ竹の代わりにスギ苗2本を植えたのが
この逆杉であるとの言い伝えがあります。


別アングルから。

      20190626塩原八幡宮26
      20190626塩原八幡宮27
      20190626塩原八幡宮28



説明板。

      20190626塩原八幡宮29



さらに、別アングルから。

      20190626塩原八幡宮30
      20190626塩原八幡宮31




境内の神橋。

      20190626塩原八幡宮32


橋の欄干から びいすけが池を覗いています。

      20190626塩原八幡宮33



橋の下の池には、鯉がいっぱい泳いでいる。

      20190626塩原八幡宮34



なかなか訪れないシャッターチャンス。
ここぞとばかりに撮りまくります。

      20190626塩原八幡宮35


      20190626塩原八幡宮36



こちらに気が付いたようです。

      20190626塩原八幡宮37



サービス精神旺盛?
身を乗り出す びいすけ 。

      20190626塩原八幡宮38



危ないよ!
落っこちゃうよ!


      20190626塩原八幡宮39



鯉の泳ぐ池の水は澄み渡っている。

      20190626塩原八幡宮40


池には湧き水が流れ込んでいる。
その湧き水は御神水として汲みに来られる方もいるそうです。

      20190626塩原八幡宮41

逆杉だけではなく、この湧き水も塩原八幡宮のパワースポット。




こちらが、社務所。

      20190626塩原八幡宮42

この日は閉まっていて無人。
残念ながら、御朱印を拝受する事は出来ませんでした。

次の機会に期待いたしましょう。



2019/08/24 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ふくしま緑の百景 《 隠津島の原生林 》 (2019年6月24日)(福島県郡山市) 

6月24日

6月24日〜25日に1泊2日で福島県に遊びに行って来ました。

初日の24日は、郡山市内を巡ります。
この日訪れた隠津島神社。
福良山の山中に鎮座する神社ですが、この境内周辺の原生林が
福島県の天然記念物に指定されています。



隠津島神社の社号標。

      20190624福島緑の百選09

社号標の右奥に小さな石碑が在ります。
(それは、後でのお楽しみ?)



鳥居。

      20190624福島緑の百選10



拝殿。

      20190624福島緑の百選11


      20190624福島緑の百選12

見ての通り、隠津島神社の境内は緑が映える。



それもそのはず、先ほどの社号標の右奥には
こんな石碑が建てられています。

      20190624福島緑の百選01


『ふくしま緑の百景』の碑です。


ふくしま緑の百景とは、

国際森林年の記念として昭和60年に福島民報社と県緑化推進委員会の主催で
ふるさとの森や樹を見直し、その美しさを守り育てることを目的 として
福島県民の投票により選定されたものです。



ここ、隠津島神社の境内地である福良山の原生林が
ふくしま緑の百選に選定されています。


隠津嶋神社に至る県道も森が深く、緑が濃い。

      20190624福島緑の百選13



隠津島神社の駐車場。

      20190624福島緑の百選02



駐車場の周りも緑で溢れている。

      20190624福島緑の百選03



苔生した参道も周りの木々とベストマッチング。

      20190624福島緑の百選05
      20190624福島緑の百選04



そして、神社社業。

      20190624福島緑の百選06


まさに原生林。

      20190624福島緑の百選07


      20190624福島緑の百選08


これぞ、ふくしま緑の百選ですね。




2019/08/16 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

隠津島神社 (2019年6月24日)(福島県郡山市) 

6月24日

6月24日〜25日に1泊2日で福島県に遊びに行って来ました。

初日の24日は、郡山市内を巡ります。
福良小学校をあとにして、向かった先は......................隠津島神社。


隠津島神社は、郡山市湖南町福良に鎮神社です。

平安時代の『延喜式神名帳』陸奥国安積郡に載る「隠津島神社」に比定される式内社論社で
郡山市(旧・湖南村)から天栄村をつなぐ県道235号線沿いの
福良山の山中に鎮座する神社です。

社伝によれば、平安時代に筑紫国宇佐郡の宗像大社より勧請し、
隠津島神社と号したのが始まりとされています。
社叢(境内の森林)は約15ヘクタールにもおよび、
鬱蒼とした原生林に覆われ、まさに神秘的な雰囲気を有しています。
福島県指定天然記念物であり、『福島県緑の百景』にも選定されています。



御祭神は、市杵島比売命、多岐理毘売命、多岐都比売命。




県道沿いに建つ社号標。

      20190624隠津島神社01

この辺りから道は狭くなり、対向車の不安を感じながら進みます。


社号標の先には一の鳥居。

      20190624隠津島神社02


こちらが一の鳥居。
      
      20190624隠津島神社03

でも、この一の鳥居から社殿まではかなり離れています。



かなり山道を車で走り、やっとの思いで駐車場に車を入れると一安心。



こちらも社号標。

      20190624隠津島神社04



鳥居。

      20190624隠津島神社05


鳥居に掲げられた神額。

      20190624隠津島神社06



緑が深く、何とも言えない雰囲気の参道。

      20190624隠津島神社07

境内周辺は、福島県の天然記念物に指定されている社叢。
欝蒼とした森に囲まれて隠津島神社は鎮座しています。



手水舎。

      20190624隠津島神社08



狛犬。

      20190624隠津島神社09


      20190624隠津島神社10



こちらが拝殿。

      20190624隠津島神社11



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190624隠津島神社12


別アングルからの拝殿。

      20190624隠津島神社13


      20190624隠津島神社14



境内に建つ由緒書き。

      20190624隠津島神社15


      20190624隠津島神社16



こちらは、別宮である風穴堂。

      20190624隠津島神社17


こちらが蛇神風穴堂。

      20190624隠津島神社18

白蛇を祀っています。


社の下には『風穴』と呼ばれる穴が空いています。

      20190624隠津島神社19



こちらが授与所。

      20190624隠津島神社21

普段は無人の神社。
連絡先の電話番号も記されているけれど、何せ境内地は山の中。
携帯電話も圏外で使えません。

山を下って天栄村で宮司さんと連絡を取ったら
福良山の麓になる湖南町福良地区、福良小学校(跡地)近くに
隠津島神社の社務所があるそうです。
そう言った訳で、今回は御朱印を拝受出来なかったけれど
次回は楽しみに参拝してみたいものです。


2019/08/16 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............飯豊和気神社(2019年6月24日)(福島県郡山市) 

6月24日

6月24日〜25日に1泊2日で福島県に遊びに行って来ました。

初日の24日は、郡山市内を巡ります。
向かった先は.....................飯豊和気神社。


飯豊和気神社は、郡山市三穂田町に鎮座する神社です。

飯森山(妙見山の山頂)に鎮座している神社で、
神亀元年(724年)に妙見山(標高:778m)の山頂に創建したと伝えられています。

延喜式神名帳に記載された式内社飯豊和気神社の論社であり
歴代領主からも信仰が厚く、会津藩の藩主・加藤家により社殿が再建され、
寛永20年(1643年)に加藤明成が改易になると、
飯豊和気神社の境内地は二本松藩領に属するようになり、
その後は二本松藩主丹羽家の祈願所として庇護されます。
このように、会津城城主だった加藤家や二本松城主丹羽家から庇護され、
社殿の造営や社地が寄進されています。



神社社頭。

      20190624飯豊和気神社01

社号標が並んでいます。


元々、こちらには八雲神社が鎮座しています。

      20190624飯豊和気神社02



八雲神社の境内に飯豊和気神社の遥拝殿が鎮座しています。

      20190624飯豊和気神社03



以前、鳥居が建っていたと思われる場所の前には大黒天(?)。

      20190624飯豊和気神社04


こちらは、女性の石像でしょうか?

      20190624飯豊和気神社05

米俵の上に座っているようにも見えますが.........。



鳥居。

      20190624飯豊和気神社06


境内の狛犬。

      20190624飯豊和気神社07


      20190624飯豊和気神社08



八雲神社の拝殿前には立派な夫婦杉。

      20190624飯豊和気神社09
      20190624飯豊和気神社10


八雲神社の拝殿。

      20190624飯豊和気神社15



八雲神社の拝殿正面。

      20190624飯豊和気神社11


      20190624飯豊和気神社12


拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190624飯豊和気神社13



そして、こちらが飯豊和気神社の遥拝殿。

      20190624飯豊和気神社14


      20190624飯豊和気神社16

遥拝殿があると言うことは、簡単に妙見山の社殿には
登る事も難しいのでしょうか?



境内社。

      20190624飯豊和気神社17


神輿庫。

      20190624飯豊和気神社18



そして、こちらが御朱印。

      20190624飯豊和気神社19

神社前の宮司さん宅にて拝受いたしました。
現在は、書置き版での対応のようです。






2019/08/12 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............字奈己呂和気神社  (2019年6月24日)(福島県郡山市) 

6月24日

6月24日〜25日に1泊2日で福島県に遊びに行って来ました。

初日の24日は、郡山市内を巡ります。
多田野本神社をあとにして、向かった先は.....................字奈己呂和気神社。


字奈己呂和気神社は、郡山市三穂田町八幡に鎮神社です。


社伝によれば、欽明天皇11年(550年?)、安積郡の高旗山山頂に
瀬織津比売命が顕現したので祭祀されたのが始まりと伝わります。

瀬織津比売命は、伊耶那岐命が阿波岐原で禊ぎ祓いした際、
黄泉で受けた穢れより産まれた八十禍津日命と同神で、
伊勢神宮の荒祭宮や廣田神社で祀られている
「天照大御神荒御魂(撞賢木厳之御魂天疎向津比売命)」であり、
世の中の罪穢・禍事を清める神とされています。

大和朝廷への態度が定まらない陸奥国に対して、
瀬織津比売命の神助により平定が成し遂げられるようにと
祈願を込めて祭祀されたとされています。

延暦3年(784年)に高旗山より現在の鎮座地へと遷座したとされています。


御祭神は、瀬織津比売命。



社号標。

      20190624字奈己呂和気神社01


神社社頭。

      20190624字奈己呂和気神社02



ちょっぴり傾いている幟。

      20190624字奈己呂和気神社03

これもご愛嬌。


参道の神橋。

      20190624字奈己呂和気神社04



狛犬。

      20190624字奈己呂和気神社05


      20190624字奈己呂和気神社06



こちらは手水舎ですが、残念なことに屋根が倒れています。

      20190624字奈己呂和気神社07



こちらが拝殿。

      20190624字奈己呂和気神社08


      20190624字奈己呂和気神社09



拝殿正面。

      20190624字奈己呂和気神社10


      20190624字奈己呂和気神社11



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190624字奈己呂和気神社12



別アングルからの拝殿。

      20190624字奈己呂和気神社13



そして、こちらが本殿。

      20190624字奈己呂和気神社14



境内社。

      20190624字奈己呂和気神社15



神楽殿。

      20190624字奈己呂和気神社16



こちらが社務所。

      20190624字奈己呂和気神社17

この日は閉まっていて無人でした。



郡山市と言っても市街地からはそれなりに離れていて
大宮伊豆神社や菅船神社もそうでしたが、
この辺りの神社の社業は見応えがある。

      20190624字奈己呂和気神社18
      20190624字奈己呂和気神社19


     20190624字奈己呂和気神社20
      20190624字奈己呂和気神社21
      20190624字奈己呂和気神社22

圧倒されます。



こちらが御朱印。

      20190624字奈己呂和気神社23

社務所は閉まっていましたが、偶然にも神社向かいの公民館の駐車場に
数人の男性が居て、話をしたらその中の一人が宮司さんでした。
御朱印をお願いしたら、快く対応していただけました。

ありがとうございました。




2019/08/11 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

多田野本神社 (2019年6月24日)(福島県郡山市) 

6月24日

6月24日〜25日に1泊2日で福島県に遊びに行って来ました。

初日の24日は、郡山市内を巡ります。
菅船神社をあとにして、向かった先は......................多田野本神社。


多田野本神社は、郡山市逢瀬町多田野に鎮座する神社です。


詳しい創建年代は不明ですが、物見ケ岳に火の神を祀ったのが始まりとされ、
その後、山中から現在地に遷座したと伝えられています。

康治2年(1143年)、源義家の家臣である鎌倉権五郎景政が
東北征伐の際に、この地に住んでいた盗賊や大蛇を
ことごとく退治したことに感謝した村民が、
景政やその一族を合わせて祀ったとされています。




御祭神は、火之夜芸速男神、鎌倉権五郎景正。



社号標。

      20190624多田野本神社01



一の鳥居。

      20190624多田野本神社02



一の鳥居に掲げられた神額。

      20190624多田野本神社03



参道の狛犬

      20190624多田野本神社05


      20190624多田野本神社06




朱色の二の鳥居。

      20190624多田野本神社04



二の鳥居に掲げられた神額。

      20190624多田野本神社07





      20190624多田野本神社08



手水舎。

      20190624多田野本神社09



定番の龍の吐出口。

      20190624多田野本神社10



手水舎の先には別な狛犬

      20190624多田野本神社11


      20190624多田野本神社12



こちらが拝殿。

      20190624多田野本神社13



拝殿正面。

      20190624多田野本神社14



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190624多田野本神社15



別アングルからの拝殿。

      20190624多田野本神社16


      20190624多田野本神社1



そして、こちらが本殿。

      20190624多田野本神社18



境内社。

      20190624多田野本神社19


      20190624多田野本神社20


      20190624多田野本神社21



神楽殿。

      20190624多田野本神社22



社務所とその一角に併設された授与所。

      20190624多田野本神社23

この日は授与所も閉まっていて、宮司さんも不在。
奥さんが対応してくださいましたが
御朱印は宮司さんが不在のため今回は断念です。


境内の一角に設置されていたすべり台。

      20190624多田野本神社24

ちょっぴり、びいすけ もお借りして楽しませてもらいました。



2019/08/11 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit