FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

相模川八景 《 湘南潮来と河口 》 (2016年9月29日)(神奈川県平塚市) 

9月29日 公休日

神奈川県の相模川には、相模川八景なるものがありま(した?)す。
この日は、相模川八景巡りに神奈川県に出かけました。


相模川八景とは、神奈川県の「いきいき未来相模川プラン」策定にちなんで、
相模川を代表する眺望の優れた場所を、神奈川県民の投票で8箇所選んだものです。
相模湖から相模湾に至る相模川の風光明媚な場所が選ばれています。

冒頭に『相模川八景なるものがありま(した?)す。』と書き込みましたが
以前は、国道交通省関東地方整備局京浜河川事務所のHPに
相模川八景に付いて、詳しく記載されていましたが、
昨年辺りに、いつの間にかHPからも記載が抹消されてしまいました。
一説には、相模川八景の一つが立ち入り禁止となり、
おまけに設置したモニュメントが解体業者によって
いつの間にかに撤去されてしまったと言う情け無い噂もあるようです。

一応、相模川八景は
1.みどりの中の相模湖
2.津久井湖と津久井城址
3.美しいアーチの小倉橋
4.水郷田名と高田橋
5.八景の棚と河岸段丘
6.三川合流点と大山
7.寒川宮山の富士
8.湘南潮来と河口

と、このような8ヶ所が選定されています。

厚木市の対岸、海老名市(相模川八景 三川合流点)から
寒川町(相模川八景 寒川宮山の富士)と巡り、
さらに下流の 相模川八景 湘南潮来と河口 へと向かいました。


随分前に、この 『 相模川八景 湘南潮来と河口 』目指して平塚市に来たことがありましたが
その時は詳しい場所が分からず、諦めて帰った事があります。
今回は、ネットで詳しい場所を調べて来たから、迷わず辿り着けました。


『 相模川八景 湘南潮来と河口 』の碑は平塚漁港の裏手、
漁港と相模川の間にある小さな公園の中に在りました。

      20160929相模川八景湘南潮来と河口01


      20160929相模川八景湘南潮来と河口02


八景の碑にプレートが貼られています。

      20160929相模川八景湘南潮来と河口03


相模川の最下流。
相模川が相模湾に流れ込む河口が湘南潮来。

相模川下流域一帯は、湘南潮来とも言われる広々とした水郷地帯です。
マリンスポーツや川釣りなどを楽しむ人々でにぎわいます。

河口に架かる橋は、国道134号線のトラスコ湘南大橋。

      20160929相模川八景湘南潮来と河口04



相模川の上流側。

      20160929相模川八景湘南潮来と河口05


相模川の下流側。

      20160929相模川八景湘南潮来と河口06


時期的に下草が伸び犬の散歩には、あまり適さない。
要は草刈り等の管理が今一歩。

      20160929相模川八景湘南潮来と河口07


マリンスポーツや川釣りなどを楽しむ人々で賑わうという事ですが
確かに、平日の木曜日。それも雨が降りそうな曇り空。
それでもジェットスキーに興じる人が目の前を気持ち良く滑降して行きます。

      20160929相模川八景湘南潮来と河口08


週末に釣りでもするのか?
プレジャーボートを整備する人が居たり...............

      20160929相模川八景湘南潮来と河口09



堤防では川釣りに勤しむ人も居る。

      20160929相模川八景湘南潮来と河口10



天気は悪いけど、風は潮風。
川と言うよりは海に近い感覚。

      20160929相模川八景湘南潮来と河口11


潮風が顔に当たって気持ち良い。

      20160929相模川八景湘南潮来と河口12


天気が良ければ、感覚的にはもっと心地良さを感じるかもしれない。


相模川八景。

一番上流にある 『みどりの中の相模湖』に辿り着けて居ないけれど
追いかけてみると、色々な顔(?)があって面白い。

辿り着けなかった『みどりの中の相模湖』へも再チャレンジしてみようかな...............?



スポンサーサイト



2016/10/28 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

相模川八景 《 寒川宮山の冨士 》 (2016年9月29日)(神奈川県高座郡寒川町) 

9月29日 公休日

この日は、神奈川県の相模川流域に出かけました。

相模川には、相模川八景なるものがありま(した?)す。

相模川八景とは、神奈川県の「いきいき未来相模川プラン」策定にちなんで、
相模川を代表する眺望の優れた場所を、神奈川県民の投票で8箇所選んだものです。
相模湖から相模湾に至る相模川の風光明媚な場所が選ばれています。

冒頭に『相模川八景なるものがありま(した?)す。』と書き込みましたが
以前は、国道交通省関東地方整備局京浜河川事務所のHPに
相模川八景に付いて、詳しく記載されていましたが、
昨年辺りに、いつの間にかHPからも記載が抹消されてしまいました。
一説には、相模川八景の一つが立ち入り禁止となり、
おまけに設置したモニュメントが解体業者によって
いつの間にかに撤去されてしまったと言う情け無い噂もあるようです。

一応、相模川八景は
1.みどりの中の相模湖
2.津久井湖と津久井城址
3.美しいアーチの小倉橋
4.水郷田名と高田橋
5.八景の棚と河岸段丘
6.三川合流点と大山
7.寒川宮山の富士
8.湘南潮来と河口

と、このような8ヶ所が選定されています。

相模川八景の地には、モニュメントと相模川を形取ったレリーフが飾られています。

相模川の風光明媚な場所をこの目で見ることは勿論、
それらのモニュメントやレリーフを見つけるのも楽しみの一つです。

そんな訳で、訪れたのは...............相模川八景 寒川宮山の富士



ダムカード集めで訪れた寒川取水堰の近く、
『川とのふれあい公園』にモニュメントは在るそうです。


神川橋から眺める『川とのふれあい公園』。

      20160929相模川八景宮山の富士01


『川とのふれあい公園』の河原近く、って言うか
寒川取水堰のすぐ近くにモニュメントは在りました。

      20160929相模川八景宮山の富士02



こちらが、そのモニュメント。

      20160929相模川八景宮山の富士03


      20160929相模川八景宮山の富士04


レリーフ。

      20160929相模川八景宮山の富士05


おまけ(?)の相模川の説明板。

      20160929相模川八景宮山の富士06



あいにくの曇り空。

      20160929相模川八景宮山の富士07

この方向に富士山が見えるのか?

富士山どころか、丹沢の山々も見えない。


河原には寒川取水堰のフェンスが有って行けないし、
富士山や丹沢の山々も見えないし...............

八景らしさを感じ取れません。

『川とのふれあい公園』を散策してみましょう。

だだっ広い『川とのふれあい公園』。
野球場なども完備されているから、散策よりも体を動かして
何かをするのが似合う公園のようです。

唯一(?)公園らしさを感じた人口の小さな池。

      20160929相模川八景宮山の富士08


      20160929相模川八景宮山の富士09

池の近くには、お弁当を広げられるテーブルもあり
ちょっぴり小休止。


『 食べるぅ〜? 』って、食べない訳が無い!(笑)

      20160929相模川八景宮山の富士10



『 待てよぉ〜!』

      20160929相模川八景宮山の富士11


『 良し! 』

      20160929相模川八景宮山の富士12



ささみチップスに飛び付く びいすけ 。
すごい迫力!(笑)。

      20160929相模川八景宮山の富士13


相模川のすぐ横を圏央道が走ります。

      20160929相模川八景宮山の富士14



相模川八景が選定された時にはなかった圏央道。
圏央道から相模川を見下ろせば、また違った景観が楽しめるのかも知れません。

      20160929相模川八景宮山の富士15


これで相模川八景も6つ制覇。

さて、さらなる相模川八景を目指して相模川を下流へと向かいましょう。




2016/10/27 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

相模川八景 《 三川合流点の大山 》 (2016年9月29日)(神奈川県海老名市) 

9月29日 公休日

この日は神奈川県の厚木方面に出かけました。


厚木市の市境を流れる相模川。
その相模川の対岸は神奈川県の海老名市になります。
相模川には、相模川八景なるものがありま(した?)す。

相模川八景とは、神奈川県の「いきいき未来相模川プラン」策定にちなんで、
相模川を代表する眺望の優れた場所を、神奈川県民の投票で8箇所選んだものです。
相模湖から相模湾に至る相模川の風光明媚な場所が選ばれています。

冒頭に『相模川八景なるものがありま(した?)す。』と書き込みましたが
以前は、国道交通省関東地方整備局京浜河川事務所のHPに
相模川八景に付いて、詳しく記載されていましたが、
昨年辺りに、いつの間にかHPからも記載が抹消されてしまいました。
一説には、相模川八景の一つが立ち入り禁止となり、
おまけに設置したモニュメントが解体業者によって
いつの間にかに撤去されてしまったと言う情け無い噂もあるようです。

一応、相模川八景は
1.みどりの中の相模湖
2.津久井湖と津久井城址
3.美しいアーチの小倉橋
4.水郷田名と高田橋
5.八景の棚と河岸段丘
6.三川合流点と大山
7.寒川宮山の富士
8.湘南潮来と河口

の8ヶ所となっています。



今回訪れたのは...............相模川八景⑥ 三川合流点と大山


相模川八景を訪れる目的は、風光明媚な場所をこの目で確認する事ですが
それ以外にも八景の地に設置されたモニュメントを探し当てる事もその一つです。

相模川八景のモニュメントは、相模川の河川敷にある河畔公園の中にあるようです。

      20160929相模川八景三川合流01


以前は、きちんと管理されていたとは思うけどけれど
現在の河畔公園は、きちんと管理されているとはお世辞にも言えない。
立派な桜並木はあるようですが、定期的な草刈りはされていないようです。

      20160929相模川八景三川合流02



桜の木の下に何やらあります。

      20160929相模川八景三川合流03

どうやら、相模川八景のモニュメントのようです。


こちらが、相模川八景のモニュメント。

      20160929相模川八景三川合流04


八景の地点ごとにモニュメントとレリーフが設置されています。

      20160929相模川八景三川合流05


      20160929相模川八景三川合流06



以前は、モニュメントのある辺りから大山が眺められたようですが
現在は雑草に覆われた公園。
お世辞にも風光明媚な場所とは言いづらい。

      20160929相模川八景三川合流07


      20160929相模川八景三川合流08



おまけに、こんな看板を見ちゃうと、一気にテンションが下がります。

      20160929相模川八景三川合流09

知らなかったとは言え、公園内の犬の散歩が禁止ならば
さっさと公園から離れましょう。


公園を出て、河川敷へ移動します。

      20160929相模川八景三川合流10


こちらが河川敷。

      20160929相模川八景三川合流11



晴れていれば、この方角に大山が見えるのだろうか?

      20160929相模川八景三川合流12



あいにくの曇り空で丹沢の山々が全く見えない。

      20160929相模川八景三川合流13



対岸の厚木市側はBBQのメッカらしく
シーズンの土日には、かなりの人が訪れるらしい。

      20160929相模川八景三川合流14



相模川の三川合流点。

      20160929相模川八景三川合流15

ちょうど、この辺りで小鮎川と中津川が合流します。




そして、やがて相模川に合流する。

      20160929相模川八景三川合流16



圏央道が近くを走り、昔と風景は様変わりしつつあるけれど
三川が合流した先に、大山が綺麗に見えたら言うことは無い。

      20160929相模川八景三川合流17


惜しむらくは、この曇り空。
今年の9月は本当に雨か曇り空。
太陽が恋しくなってしまいます(笑)。




2016/10/24 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

相模川八景 ④ 《 水郷田名と高田橋 》 (2015年5月14日)(神奈川県相模原市) 

5月14日 公休日

この日は、神奈川県の相模原市に出かけました。
相模川流域にある相模川八景を巡ることにしました。


山中湖を水源とし、富士山北麓の水を集めながら山梨県下を流れ、神奈川県域を流れていく相模川。
相模湖と津久井湖という2つのダム湖を経て、神奈川県域を流れていく相模川。

この相模川には相模川八景というものがあり
昭和61年度に、神奈川県による「いきいき未来相模川プラン」の策定にちなんで、
相模川を代表する眺望のすぐれた場所を、県民の投票によって定めたものです。

それぞれの場所にモニュメントが設置され、
川をかたどったイラスト入りの銅板画(エッチング)が組み込まれていて、
拓本がとれるようになっているそうです。



相模川八景の一つである小倉橋をあとにして、向かった先は...............
相模川八景 《 水郷田名と高田橋 》


相模川に架かる高田橋の相模原市側の一帯は田名地区になります。
そして、田名地区の中でも相模川の河岸に発展した地域を久所(ぐぞ)と言うらしい。
江戸時代後半になると久所に相模川の対岸とを結ぶ「渡し」が設けられ、
大山参りの人々が行き来し、「久所の渡し」周辺は宿場として賑わうようになったそうです。
満々と水を湛えて流れる相模川には舟が行き来し、水上交通の要所でもありました。
さらに鮎漁や鵜飼いなどによって人々を集め、
明治初期から昭和初期にかけて久所周辺は歓楽街として大いに賑わったと言われています。
鵜飼いは観光客向けに行われていたらしいのですが、
昭和30年代まで続いた後、後継者が無く途絶えてしまったそうです。

高田橋の北側の河川敷は『花と芝生の広場』として整備されています。


相模川の河原に車を停め、まずは『花と芝生の広場』を散策します。

      20150514相模湖八景 水郷田名01


こちらが高田橋。

      20150514相模湖八景 水郷田名02

高田橋は1924年(大正13年)の架橋です。
相模川右岸側の愛甲郡高峰村と左岸側の高座郡田名村を繋いだことから
架橋時の地名から一文字ずつを取って、高田橋と命名されたと言われています。
現在の高田橋は堅牢な造りで相模川を跨ぎ、交通量もそれなりに多くあります。

そして、この高田橋も「かながわの橋100選」のうちのひとつに選定されています。

橋の袂には鮎漁で知られた土地らしく「鮎供養塔」が建ち、
その隣に「久所の渡し」の碑が建っている。
その傍らには架橋当時の高田橋の写真を載せた解説板が置かれ、
往時の様子を今に伝えています。


『花と芝生の広場』を散策するはずが、なぜか堤防へと向かう びいすけ 。

      20150514相模湖八景 水郷田名03



テンポよく石段を駆け上がる びいすけ 。

      20150514相模湖八景 水郷田名04

ご機嫌状態?(笑)



高田橋近くには、石碑や説明板がいっぱいありました。

こちらの説明板には、毎年5月4日に高田橋近くの河川敷に多くの鯉のぼりが飾られると記されています。

      20150514相模湖八景 水郷田名05

そう言えば、どこかのブログでその『鯉のぼり』の記事を読んだ事を思い出しました。



こちらは、『神奈川県の新八景 水郷田名』の碑。
      20150514相模湖八景 水郷田名06

『神奈川県の新八景』なるモノもあるらしい。

調べてみると、神奈川県の新八景は
①湯河原城山公園
②小田原城跡公園
③野毛山公園とかもん山
④横須賀十景
⑤逗子八景
⑥水郷田中
⑦弘法山公園と鶴巻温泉
⑧金沢八景と能見堂公園 の8ヶ所らしい。



こちらは、『かながわの橋100選』の碑。

      20150514相模湖八景 水郷田名07

小倉橋同様、この高田橋も『かながわの橋100選』に選ばれているようです。



そして、こちらが冒頭に触れた「久所の渡し」の碑。

      20150514相模湖八景 水郷田名09


      20150514相模湖八景 水郷田名08

昔、まだ橋が架けられていない時代に、舟で往来した渡し。
『××の渡し』っていう名前に何となく、哀愁を感じちゃったりしちゃいます。





高田橋近くの堤防から『花と芝生の広場』を眺めてみます。

      20150514相模湖八景 水郷田名10



河川敷緑が映えて、芝生が気持ち良さそうです。

      20150514相模湖八景 水郷田名11



堤防沿いに少し上流に向けて歩いてみましょう。

      20150514相模湖八景 水郷田名12


堤防沿いの遊歩道をしばらく歩けば...............、


目的のモニュメントを発見!

      20150514相模湖八景 水郷田名13



こちらが、相模川八景 《 水郷田名と高田橋 》のモニュメント。

      20150514相模湖八景 水郷田名14



そして、イラスト入りの銅板。

      20150514相模湖八景 水郷田名15


隣には、こんなオブジェ。

      20150514相模湖八景 水郷田名16

鮎を形取ったモノでしょう。


とりあえずは、当初の目的達成。

時間があるので、周辺(『花と芝生の広場』)を散策いたしましょう。

      20150514相模湖八景 水郷田名17



下の画像のどこかに びいすけ が居ます。
さて、どこでしょう?

      20150514相模湖八景 水郷田名18



『ここ、ここ。 ここですよ〜!』

      20150514相模湖八景 水郷田名19


      20150514相模湖八景 水郷田名20




広場の中央には、こんな石碑もあったりして...............

      20150514相模湖八景 水郷田名21



芝生が綺麗だから、散歩に訪れるワンちゃんも多いようです。


こちらのラブくんは、かなり向こうで びいすけ を見つけて
飼い主さんを引っ張りながら、近寄ってくれました。

      20150514相模湖八景 水郷田名22


お互いに匂いを嗅ぎ嗅ぎ。


おそらく、近隣に住まれているワンちゃんでしょう。
      20150514相模湖八景 水郷田名23

一期一会。
この近くに住んでいるわけじゃ無いから
おそらく、再び出会うことは無いかと思うけれど
お互いの匂いをしっかりと嗅いで、お別れしました。

『花と芝生の広場』、なかなか良い所です。

全8ヶ所ある相模川八景
その内訳は、
①みどりの中の相模湖
②津久井湖と津久井城址
③美しいアーチの小倉橋
④水郷田名と高田橋
⑤八景の棚と河岸段丘
⑥三川合流点と大山
⑦寒川宮山の富士
⑧湘南潮来と河口
(番号は上流側から付けています。)


これまでに
《 八景の棚と河岸段丘 》
《 津久井湖と津久井城址 》
《 美しいアーチの小倉橋 》
と3ヶ所を巡り、この《 水郷田名と高田橋 》 で4ヶ所となりました。

残すは、あと4つ。
コンプリート目指して、がんばっちゃいましょう。


2015/06/09 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

相模川八景 ③ 《 美しいアーチの小倉橋 》 & かながわの景勝50選 《 小倉橋 》(2015年5月14日)(神奈川県相模原市) 

5月14日 公休日

この日は、神奈川県の相模原市へ出かけました。

山中湖を水源とし、富士山北麓の水を集めながら山梨県下を流れ、
神奈川県域を流れていく相模川。
相模湖と津久井湖という2つのダム湖を経て、
神奈川県域を流れていく相模川。

この相模川には相模川八景というものがあり
昭和61年度に、神奈川県による「いきいき未来相模川プラン」の策定にちなんで、
相模川を代表する眺望のすぐれた場所を、県民の投票によって定めたものです。

それぞれの場所にモニュメントが設置され、
川をかたどったイラスト入りの銅板画(エッチング)が組み込まれていて、
拓本がとれるようになっているそうです。


そんな相模湖八景の一つ、《 美しいアーチの小倉橋 》にやって来ました。

本当は津久井湖から相模湖に北上し、
相模川八景の一つである《 みどりの中の相模湖 》のモニュメントを探しに向かったのですが、
詳しい場所が特定出来ず、モニュメントを見つけることが出来ず、撤退する運びとなりました。
気を取り直しての八景巡り&モニュメント探しです。

相模湖から再び津久井湖方面へ。
津久井湖からは相模川沿いの道が無いから、
ぐるっと回って小倉橋を目指します。

程なくして、小倉橋に到着。
河川敷に車を停め、相模川八景のモニュメントを探します。


びいすけ は、モニュメント探しよりも
河原の雑草の匂い嗅ぎ。

      20150514相模湖八景 小倉橋02


こちらが小倉橋。
確かに流線型のアーチが独特のデザイン。

      20150514相模湖八景 小倉橋03

小倉橋は、神奈川県相模原市緑区にあり、
相模川に架かる道路橋です。

県道長竹川尻線を通し、右岸で県道太井上依知線と接続する。
1979年(昭和54年)にかながわの景勝50選 、
1986年(昭和61年)に相模川八景、
1991年(平成3年)にかながわの橋100選、
2008年(平成20年)に土木学会選奨土木遺産に認定されています。

何やら随分と色々なモノに選定されているんですね。


かながわの景勝50選に選ばれているのなら
例の石碑も探さなきゃいけません。

いきなり目の前に現れた、かながわの景勝50選の碑。

      20150514相模湖八景 小倉橋05


実は、『神奈川の景勝50選』も追っかけているから、一石二鳥です。

      20150514相模湖八景 小倉橋04




こちらが、『かながわの橋100選』の碑。

      20150514相模湖八景 小倉橋06

随分と立派な碑です。


『かながわの橋100選』の碑の近くから眺める小倉橋。

      20150514相模湖八景 小倉橋07

この位置から眺めるアーチ型の小倉橋が素晴らしいということでしょう。


そして、『かながわの橋100選』の碑の脇に建つお目当の碑。


相模川八景の碑です。

      20150514相模湖八景 小倉橋08


この碑から眺めるアーチ型の小倉橋はやっぱり絵になります。

      20150514相模湖八景 小倉橋09


      20150514相模湖八景 小倉橋10



そして、こちらがイラスト入りの銅板。

      20150514相模湖八景 小倉橋11


      20150514相模湖八景 小倉橋12




さらに、その脇には、『渡船場跡』の碑。

      20150514相模湖八景 小倉橋13


この小倉橋は石碑のオンパレードのようです。




お目当の石碑を見つけたので、小倉橋に近寄ってみましょう。

      20150514相模湖八景 小倉橋14



猫か何かをみつけたのでしょうか?

      20150514相模湖八景 小倉橋15


やたらと茂みを覗きこむ びいすけ 。

      20150514相模湖八景 小倉橋16

でも、何も居なかったんだけど..............................。



10mのロングリードいっぱいに先を急ぐ びいすけ 。

小倉橋の方へと向かって行きます。

      20150514相模湖八景 小倉橋17



近寄ってみると、確かにアーチ型の橋は独特の曲線で
土木工学的にも素晴らしいモノに見えてしまいます。

      20150514相模湖八景 小倉橋18

きっと、多くの石碑を見ちゃったからでしょう。
石碑さえなけれは、単なるちょっと古い橋っていうだけで
感慨も何もあったものじゃないかもしれない。


小倉橋近くの相模川の流れは穏やかなモノ。

水の流れや動きがあると、怖がって近寄らない びいすけ が
なぜか、川面に近寄って行きます。

      20150514相模湖八景 小倉橋19


      20150514相模湖八景 小倉橋20


本当は川辺でもっとゆっくりしていたかったんだけど、
BBQのメッカでもあるようで、所々に炭火の跡があり
ましてや、 びいすけ の匂い嗅ぎも激しく、拾い食いでもしそうなので
早々に撤収することに..............................。

さてさて、相模川沿いに車を走らせて、次なる相模川八景を目指しましょう。





2015/06/08 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

相模川八景 ② 《 津久井湖と津久井城址 》 (2015年5月14日)(神奈川県相模原市) 

5月14日 公休日

この日は、相模原市に出かけました。

目的は相模川八景を巡ること。


山中湖を水源とし、富士山北麓の水を集めながら山梨県下を流れ、神奈川県域を流れていく相模川。
相模湖と津久井湖という2つのダム湖を経て、神奈川県域を流れていく相模川。

この相模川には相模川八景というものがあり
昭和61年度に、神奈川県による「いきいき未来相模川プラン」の策定にちなんで、
相模川を代表する眺望のすぐれた場所を、県民の投票によって定めたものです。

それぞれの場所にモニュメントが設置され、
川をかたどったイラスト入りの銅板画(エッチング)が組み込まれていて、
拓本がとれるようになっているそうです。


その相模川八景の一つ
津久井湖湖と津久井城址 に訪れてみました。


八景地に指定された(モニュメントが設置)された場所は
津久井湖畔沿いの高台を走る県道513号線、峯の薬師バス停前でした。
とは言え、片側1車線の県道で路上駐車もできないので
ちょっぴり離れた待機所(?)に車を停めて、八景の地に向かいます。


剣道を歩き.................

      20150514相模川八景 津久井湖01



トンネル内を歩き..........

      20150514相模川八景 津久井湖17




トンネルを抜けると................

      20150514相模川八景 津久井湖02



いきなり津久井湖が視界に入ってきました。

      20150514相模川八景 津久井湖03


峯の薬師のバス停はまだまだ先。

      20150514相模川八景 津久井湖14


さらに200mほど歩けば、峯の薬師のバス停に到着。

こちらが、バス停前に設置されたモニュメント

      20150514相模川八景 津久井湖04


      20150514相模川八景 津久井湖05



モニュメントというよりは碑と言った感じです。

      20150514相模川八景 津久井湖06


歩道に嵌めこまれた説明板。

      20150514相模川八景 津久井湖07


      20150514相模川八景 津久井湖08


      20150514相模川八景 津久井湖09




八景の地から眺める津久井湖。

      20150514相模川八景 津久井湖10


      20150514相模川八景 津久井湖11



そして、津久井城址。

      20150514相模川八景 津久井湖12



これが、相模川八景 《 津久井湖と津久井城址 》

      20150514相模川八景 津久井湖13



一通り相模川の景観を楽しんだあとは、車に戻ります。

県道を車を停めた場所までひたすら戻ります。

      20150514相模川八景 津久井湖15


トンネルに入る前に、今一度振り返って見ます。

      20150514相模川八景 津久井湖16

八景の碑のある場所より、こちらの景観の方が個人的には好きだなぁ。
そんなことを感じながらも、次なる場所へ移動するのでありました...............。





2015/06/06 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

相模川八景 ①   《 八景の棚と河岸段丘 》    (2015年4月16日)(神奈川県相模原市) 

4月16日 公休日


『相模原芝ざくらまつり』の帰り道。
以前から気になっていた場所に立ち寄ってみました。

実は、『相模原芝ざくらまつり』の会場を探しまくっている時に
何度もその場所の近くを行ったり来たりしていました。

立ち寄った先は、...............相模川八景 八景の棚と河岸段丘


相模川八景とは、
神奈川県の「いきいき未来相模川プラン」策定にちなんで、
相模川を代表する眺望の優れた場所を、
神奈川県民の皆さんの投票で八箇所選んだものです。

その八景は

みどりの中の相模湖
津久井湖と津久井城址
美しいアーチの小倉橋
水郷田名と高田橋
八景の棚と河岸段丘
三川合流点と大山
寒川宮山の富士
湘南潮来と河口

と、以上の八箇所となっています。


八景(はけ)の棚は、相模川東畔の崖の上に続く県道沿いに設けられた散歩道です。
"はけ"とは、関東の方言で"崖(がけ)"を指す言葉ですが、
ここでは眼下に広がる相模川の景色を意識して、"八景"の字が当てられたそうです。
下溝地区の河岸段丘の崖上にある眺望のいい場所で、
相模川の雄大な流れと、遠くに大山や丹沢の山が見渡せる景勝地だそうです。

相模川八景のポイントには、それぞれのモニュメントが建てられ、
川をかたどったイラスト入りの銅板画(エッチング)が組み込まれていて、
拓本がとれるようになっているそうです。
八ヵ所全部あつめると、「相模川絵図」が完成するそうです。

どうも、こう言ったポイント制覇って言うヤツには弱くて...............
相模川八景も、私の中の『行きたい、行ってみたいリスト』に
しっかりと入り込んでいました(笑)。



こちらが、八景の棚。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘03

この看板を車から何度も見かけてしまったから
立ち寄らない訳には行きません(笑)。


八景の棚から眺める相模川。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘01

晴れていれば、もっと眺望は優れていたことでしょう。
丹沢山系が雲に覆われて見えないのが残念です。



ベンチも置かれていて、ちょっとした展望台にいる気分です。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘02



こちらは、『八景の棚』の石碑。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘04


      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘05

この辺りは元々、相模川八景を制定する以前から
高台と言うこともあって、相模川の眺望がひらけ、
八景と呼ばれていたらしい。
近くには、『焼肉八景』『八景電器』と言った
八景の名を称したお店も数軒あります。



モニュメントを探しましたが、なかなか見つからない。
周辺をぐるりと歩いてやっと見つけました。

八景の棚からゆっくり歩いて5分ほど。
『三段の滝展望広場』の入口近くにありました。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘06


こちらが、そのモニュメント。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘07

モニュメントって言うより、むしろ案内板と言った方が適切かも?(笑)

そして、こちらがレリーフ。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘08


正直、簡単に見つけられると思っていましたが、かなり苦労しました。
目印は、この『大凧』の看板の道路の対面。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘19

まぁ、相模川八景を追いかけるモノ好きは、そんなに居ないとは思いますが...............



『三段の滝展望広場』からの眺望。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘09


確かに眺望は素晴らしい。
贅沢を言えば晴れていればもっと良いだろう。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘10



『三段の滝展望広場』はちょっとした公園になっているから
せっかく来たのだから、ぐるっと散策してみましょう。


芝生広場?の真ん中に建つモニュメント。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘11


こちらも、相模川八景のモニュメントです。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘12


先ほどのモニュメントよりも、こちらのモニュメントの方が
モニュメントらしく感じてしまうのは、気のせい...............?



『三段の滝展望広場』って言うくらいだから、どこかに三段の滝があるのか?
散策していると遊歩道は、やがて新三段の滝橋に変わります。

と、言うことは、こちらが『新三段の滝?』それとも、『三段の滝?』

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘13


さらに、その先に三段の滝橋がある。

と言うことは、こちらが『三段の滝』のようです。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘14

確かに、人工的ですが三段の落差があります。


三段の滝も確認出来たから、車を停めている八景の棚に戻りましょう。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘15


先ほどのモニュメントの前を通り...............

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘16



相模川散策路などと言う魅力的な言葉の誘惑にも負けず...............

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘17



長い階段を上って行くのでありました。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘18



相模川八景。
意外に追いかけてみると、楽しそうかも?

よぉ〜し、真剣に追いかけちゃおうかな!








2015/05/01 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit