FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

狂犬病予防接種済証  (2019年6月6日) 

6月6日

今年は佐倉市が4月に主催される狂犬病集団予防接種に行けなかったので、
先月(5月)に、八王子の実家近くの動物病院にて狂犬病の予防接種を受けてきました。

しかし、なかなか市役所に行けず、
予防接種済みの手続きが出来ませんでした。


いい加減、手続きしないと、市から何か言われても嫌だから
手続きに行きましょう。

申請用紙。

      20190606狂犬病予防注射票01


そして、こちらが病院で発行してもらった注射済証。

      20190606狂犬病予防注射票02



この2枚の書類を持って、いざ、市役所へ!

      20190606狂犬病予防注射票03

目指すは市役所本庁舎5階の生活安全課。


手続きは、簡単。
2枚の書類を提出して、550円の手数料を払って
手続き完了。

      20190606狂犬病予防注射票04

2019年版の狂犬病予防接種済証をいただきました。


今年は黄色い予防接種済証なんですね。







スポンサーサイト



2019/07/31 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

びいすけ 病院へ行く (2019年5月17日)(東京都八王子市) 

5月17日

相模原市に遊びに行ったこの日。
16時からの診察受付に間に合うように
八王子の実家近くの動物病院に行って来ました。

千葉県に住んでいながら、掛かり付けの病院は八王子。
これもおかしな話ですが、もう10年近く続けているから
今更変えるつもりも、よほどの事がない限り無いでしょう。

と、言う事で病院にやって来ました。

      20190517びいすけ病院01
      

実は、今年は仕事の休日と、佐倉市の集団予防接種の日程が合わず
未だ、狂犬病の予防接種を受けていませんでした。
そして、時期的にフィラリア検査の時期でもあるから
血液検査の健康診断も併せての診療です。

それと、左後肢内側に水が溜まって(?)痼り状態。
これは何回も同じ症状が出て、毎回注射針を刺すと水分が抜けて萎んじゃう。
こちらも注射針で抜いてもらいます。


午後からの診察は16時。
15時半過ぎに受付をして、受付番号は13。
順番待ちは一番最初だから、午前中に12頭の診察があったようです。

      20190517びいすけ病院02



名前を呼ばれるのを待つ びいすけ 。

      20190517びいすけ病院03

今日は、チックンと注射を射って、採血もするから頑張るんだよ!!


針が痛かったのか、採血の時に『キャン』と吠えていたけど
それ以外は大丈夫。
左後肢内側の水泡も注射針を刺したら、
萎んじゃいました。

      20190517びいすけ病院04

フィラリア検査の結果を待ちます。

5分ほど待って、フィラリア検査は陰性。

      20190517びいすけ病院05


予防薬も半年分処方してもらいました。

      20190517びいすけ病院06




血液検査の結果は、後日自宅へ郵送。
昨年は血液検査で色々と問題事項があったから
今年は何事も無いと良いんだけど.............。



と言う事で、記録として残します。
本日のお会計。

      20190517びいすけ病院07



18984円。
う〜む、 やっぱりキツイねぇ............。






2019/07/18 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

狂犬病予防接種   (2017年4月11日) 

4月11日  公休日

3月下旬に佐倉市から送られてきた、集団狂犬病予防接種の案内。
要は、市が主体となって日時を決めて、地区ごとに公共の場所で
狂犬病予防接種を、行うってやつ。

      20170411狂犬病予防接種01


我が地区は、この日の13時半〜14時半の限られた時間。

たまたま運良く、この日が休み。



しかしながら、世の中甘くない。
この日は朝から雨。

激しい雨だったらパスしようかと思っていたら
13時過ぎに小降りになって来た。
チャンスとばかりに、会場である白銀公園へと向かいました。

      20170411狂犬病予防接種02


『お父さん! 雨が激しくなってきたよ!』
そんなことを言いたげな びいすけ 。

      20170411狂犬病予防接種03

確かに雨足が強くなってきた気がする...............



白銀公園に到着。
奥に見えるテントが予防接種の会場です。

      20170411狂犬病予防接種04



都内に比べ、桜の開花が1週間遅かった佐倉市。
白銀公園は桜が満開を迎えるはずが、
この雨でかなり散っています。

      20170411狂犬病予防接種05



雨足が強くなって来たから、ささっと済ませちゃいましょう。

      20170411狂犬病予防接種06




受付で問診。

      20170411狂犬病予防接種07

『 どこも異常ありませんよ! 』と、びいすけ 。


注射の際は、 びいすけ の頭を押さえておかなければいけないから
画像は無し。

注射は一瞬の出来事。

吠えるでもなく、『キャン!』と鳴くこともなく
あっと言う間に終了です。

      20170411狂犬病予防接種08



手渡された書類類と予防接種済証。

      20170411狂犬病予防接種09


      20170411狂犬病予防接種10



この札を無くさないようにしなくっちゃ!

      20170411狂犬病予防接種11



飼い主の法的義務。
狂犬病予防接種、今年も無事終了です。




2017/04/28 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

狂犬病予防接種 (2015年4月25日) 

4月25日 公休日

毎年4月に実施される佐倉市の狂犬病予防接種集団接種。

今年は集団接種日と休みが合わず、今まで行けませんでした。



今年の最終集団接種日が、今日4月25日。
佐倉市役所の駐車場で9時15分から11時半迄の間で実施されます。


と言うことで、本年度の 狂犬病予防接種 に行って来ました。


市役所からの案内状(案内ハガキ)では、
『車で来ないで下さい!』と言った主旨のことが書かれているから
自宅から歩いて市役所へと向かいます。

まさか、注射だとは思っていないから、
この日2回目の散歩でご機嫌な びいすけ 。


      20150425狂犬病接種01


佐倉城址公園へ行くのと、途中までは一緒だから
まさか、注射だとは気付かれない(笑)。

      20150425狂犬病接種02



郵便局前から裏道を通ると、こんな雰囲気の道もあります。

      20150425狂犬病接種14

滅多に通らない道だから、ある意味新鮮です。

しかし、城下町である佐倉は坂が多い。

      20150425狂犬病接種13

今度坂巡りでもしてみようかな?(笑)。



市役所に到着。
最近、市役所に来る(行く)って用事もなかったから
改修工事をしていることすら知らなかった。

      20150425狂犬病接種03


時刻は9時20分ちょい過ぎ。
集団接種は始まったばかり。

まだ行列は出来ていない。

先ずは、①窓口

問診。

      20150425狂犬病接種04


ハガキに全て いいえ に丸を付けたから問題なし。

      20150425狂犬病接種11




続いて②窓口。

もう、いきなり注射です。

飼い主が両手で首を押さえていなければならないので
注射の瞬間の画像はなし。

      20150425狂犬病接種05


早めに来たから、ここまで待ち時間は殆ど無し。

もっと混んでいるかと思ったから、ちょっぴり拍子抜け。

      20150425狂犬病接種06


注射を終えた びいすけ 。
特に暴れるでもなく、お利口さんでした。

      20150425狂犬病接種07




注射を終え、③窓口に並びます。



会計です。

      20150425狂犬病接種10

ここが一番待ちました。

退屈そうな びいすけ 。

      20150425狂犬病接種08


それでも5分くらいすれば、列の先頭に立つようになります。

      20150425狂犬病接種09



注射代 2950円 と 注射済票代 500円を払って
無事、今年の狂犬病予防接種も完了。

市からの注意書きと済ステッカー、注射済票を貰って帰途に尽きます。

      20150425狂犬病接種12





これが今年の注射済票。

      20150425狂犬病接種15



無くすと行けないから、専用のリードに取り付けます。

      20150425狂犬病接種16



旅行の時や初めてのドッグラン、鑑札票と注射済票の提示を求められる施設に行く時は
このリードを忘れないようにしよう。


2015/05/09 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit