FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

再訪 湯前神社&来宮神社 (2019年5月16日)(静岡県熱海市) 

5月16日

この日は、熱海にやって来ました。

平成から令和に変わり新しい時代を迎えました。


熱海市内を散策中に、熱海の源泉の近くにある湯前神社に参拝しました。
(なぜか、写真を撮り忘れたため、画像無し。)

JR来宮駅に行くついでに、
湯前神社の本務社である来宮神社にやって来ました。


社号標。

      20190516来宮神社01


鳥居。

      20190516来宮神社02


参道を進み、拝殿が見えてきました。

      20190516来宮神社03


由緒書き。

      20190516来宮神社04



拝殿。

      20190516来宮神社05


別アングルから。

      20190516来宮神社06


      20190516来宮神社07


      20190516来宮神社08



拝殿前には、落ち葉のハート。

      20190516来宮神社09


この落ち葉のハートがあるが故に、恋愛成就のパワースポットとも言われています。
このハートの前で写真を撮るカップルも多い。


ここにも1組(?)........(笑)。

      20190516来宮神社10




こちらは、境内社・来宮辨財天。

      20190516来宮神社11


      20190516来宮神社12


      20190516来宮神社17



来宮神社の御朱印は頂いておりますが、
平成から令和に変わった事だし、ここは気持ち新たに御朱印をいただきました。


こちらが、御朱印。


通常バージョン。

      20190516来宮神社13



天皇即位記念バージョン。

      20190516来宮神社14


境内社・来宮辨財天の御朱印。

      20190516来宮神社15


兼務社 湯前神社の御朱印。

      20190516来宮神社16


現在、来宮神社では、上記の4種類の御朱印が拝受出来るようです。

しかし、昨今の御朱印ブームの中、改元と言う事もあって
かなり御朱印を求める方が多く、順番待ちも長い。
平日でも参拝者が多く、混んでいました。







スポンサーサイト



2019/07/16 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ロケ地巡礼(?)..................熱海の町を歩いてみた。 (2019年5月16日)(静岡県熱海市) 

5月16日

この日は日帰りで伊豆に行って来ました。

この日の最たる目的は、熱海市内を巡る事。
何かとお世話になっている妹の もっちゃん のリクエスト。
以前、某アイドルグループの写真集(?)の撮影を熱海で行ったらしい。
その撮影地(ロケ地)を巡りたいらしい。

分かりました。運転手でも何でもいたしましょう。
(と言いながら、マンホールカードや御朱印巡りにはお付き合いいただきましたが.........)


と言う事でやって来た熱海市。



まずは、サンビーチ。

      20190516熱海サンビーチ01



サンビーチと言えば、熱海でも有名な観光スポット。
ロケでは、この海をバックに写真を撮ったらしい。

      20190516熱海サンビーチ02


写真集(?)のことは良く分からないから
とりあえず、パチリ、パチリと撮ってみます。

      20190516熱海サンビーチ07


      20190516熱海サンビーチ27


5月中旬だと言うのに、好天気のこの日は陽射しも強い。

      20190516熱海サンビーチ04



ビーチの砂も熱くなりつつある。

      20190516熱海サンビーチ03

犬連れで砂浜の海岸に来るのもそろそろ限界かも?
今年は夏の到来が早いのか?


海岸を歩く もっちゃん が何かを発見!

      20190516熱海サンビーチ05



どうやら、丸太を発見したようです。

      20190516熱海サンビーチ06



この丸太が実はミソ。

      20190516熱海サンビーチ08



写真集(?)にも写っていた丸太のようです。

      20190516熱海サンビーチ09

びいすけ を激写。


その姿を激写(笑)。

      20190516熱海サンビーチ10






      20190516熱海サンビーチ11


      20190516熱海サンビーチ12


      20190516熱海サンビーチ13


      20190516熱海サンビーチ14


      20190516熱海サンビーチ15


      20190516熱海サンビーチ16


      20190516熱海サンビーチ17


      20190516熱海サンビーチ18


      20190516熱海サンビーチ19

サンビーチでいっぱい写真を撮ったから
市内へと移動をします。


ドラマのロケにも利用される射的場。

      20190516熱海サンビーチ20

熱海では、結構知れた場所。
開店時間(13時)まで待って、記念写真。
流石に店内までは撮れません。



探すのに苦労した赤い橋。

      20190516熱海サンビーチ21



何とか見つける事が出来ました。

      20190516熱海サンビーチ22



その橋のたもとにて。

      
      20190516熱海サンビーチ25


      20190516熱海サンビーチ26




こちらも探すのに苦労した、山田湯。
その建物の階段。

      20190516熱海サンビーチ23


      20190516熱海サンビーチ24

地元では有名な共同浴場らしい。

びいすけ を連れて来ちゃったから、温泉には入りませんでした。




お昼は、熱海の町を歩いていて、偶然見つけたお店(海鮮丼屋)で
テイクアウトした、日替わりのオススメ品のしらす丼。
確か500円だったっけ?

      20190516熱海サンビーチ28


熱海市役所前に日除けの付いたテーブルベンチがあって
そちらをちょっぴりお借りして、頂きました。

美味しかったなぁ。





2019/07/15 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

マンホールカードを集めよう!..................静岡県熱海市 (2019年5月16日)(静岡県熱海市) 

5月16日

この日は、日帰りで伊豆に行って来ました。
主たる目的は熱海の観光(?)。
(その前に伊東市に足を伸ばしてはいましたが.........)

熱海市では、現在2種類のマンホールカードを発行、配布しています。
マンホールカードコレクターとしては、集めない訳にはいきません。

と言う事で、熱海市のマンホールカードです。


まずは、1種類目。
通称、熱海市A。

配布先は、熱海市役所 2号館 2階 下水道課窓口。

      20190516マンホール熱海01



そこには、見本のカラーマンホールも置かれています。

      20190516マンホール熱海02



カードを貰ったら、実物のマンホールの確認です。
国道135号線沿いの『貫一・お宮の像』の近くだと
市役所の職員の方に教えて頂きましたが、そちらとは別に
熱海サンビーチの駐車場前の交差点の横断歩道近くに在りました。

      20190516マンホール熱海03



びいすけ とカラーマンホール蓋。

      20190516マンホール熱海04



そして、マンホールカードもコラボレーション。

      20190516マンホール熱海05



こちらが、タイプAのマンホールカード。

      20190516マンホール熱海06




有名な『金色夜叉』をもちーふに熱海の代名詞でもある『貫一・お宮』。
背景には夏の風物詩である熱海の花火大会。
そして市制80周年のマークがデザインされています。

      20190516マンホール熱海07





熱海市にはもう一枚、別なデザインのマンホールカードが配布されています。

通称、熱海B。
配布先は、親水公園レインボーデッキ内にある熱海観光協会。

      20190516マンホール熱海08


観光案内所にて、マンホールカードゲット!!

      20190516マンホール熱海09



実物のカラーマンホールはと言うと..................

ちょっぴり離れた場所になるJR来宮駅前のロータリー。

      20190516マンホール熱海10


こちらが、そのカラーマンホール蓋。

      20190516マンホール熱海11


びいすけ とカラーマンホール蓋。

      20190516マンホール熱海12



そして、マンホールカードとのコラボレーション。

      20190516マンホール熱海13



こちらが、そのマンホールカード。

      20190516マンホール熱海14



熱海の市の花である『梅』。温泉地・熱海の『芸妓』。
そして、市制80周年のマークがデザインされたモノです。

      20190516マンホール熱海15


熱海市のマンホールカード、無事2枚ゲットいたしました。




2019/07/15 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............湯前神社  (2018年3月29日)(静岡県熱海市) 

3月29日

1泊2日の伊豆旅行の2日目。

今宮神社をあとにして、向かった先は..................湯前神社


湯前神社は、熱海市上宿町に鎮座する神社です。

『病を除く効果がある温泉がある』と神様からのお告げがあり、
祠を立てて神を祀ったのが始まりの神社で、
長い歴史の中で、ずっと熱海の湯を守ってきた神社です。

創建時期は749年とされていますが、
熱海の地に温泉が湧出したとき(約1500年前)には、
すでにお祀りされていたものと考えられている歴史のある古社になります。
平安時代より一般庶民・入浴者のみならず、
公家、将軍家、大名などにも“湯治の神”と篤く崇敬されてきた神社です。

御祭神は、少彦名神(スクナビコナ)。
医療の神、温泉の神、厄除けの神、酒の神として崇められているそうです。



熱海の源泉近くに鎮座する神社だから
周りには小さな旅館も多く、道は狭くて車も入りづらい。
駐車場も無いという事なので、かなり離れた場所に車を停めて
ちょっとした散歩気分で湯前神社へと向かいます。


湯前神社が見えてきました。

      0180329湯前神社22





神社の手前にある幼稚園の桜も満開。

      0180329湯前神社26






こちらが、湯前神社の社号標。

      20180329湯前神社01



湯前神社の鳥居。

      0180329湯前神社02



鳥居に掲げられた神額。

      0180329湯前神社03



鳥居脇には、熱海市教育委員会の説明板。

      0180329湯前神社04

説明板によれば、湯前神社の石鳥居と石灯篭は
熱海市の指定文化財らしい。



こちらが、その石灯篭。

      0180329湯前神社05



変わった形の手水鉢。

      0180329湯前神社06



一見、大きな岩から水が流れているように見えるけど
こちらは、『大湯(おおゆ)』と呼ぶらしい。

      0180329湯前神社07

熱海温泉本来の源泉とされ、流れてくる水を触ると温かい。
紛れもなく温泉です。



湯前神社の由緒書き。

      0180329湯前神社08



こちらは、何かの記念碑の大きな岩。

      0180329湯前神社09

金額と名前が並んでいるから、奉納者の記念碑ですね。



こちらも判読不明の碑。

      0180329湯前神社10



石段を上がれば境内。

      0180329湯前神社11



境内の狛犬。

      0180329湯前神社12


      0180329湯前神社13


こちらが社殿(拝殿)。

      0180329湯前神社14

明治44年(1911)に再建されたものだそうです。



拝殿正面。

      0180329湯前神社15



拝殿正面に掲げられた扁額。

      0180329湯前神社16



別アングルからの拝殿。

      0180329湯前神社17



こちらは、源実朝の歌碑

      0180329湯前神社19

『 都より 巽にあたり 出湯あり 名はあづま路の 熱海といふ 』

源実朝が23歳の時に熱海を訪れ、
海岸に湧出する大湯を見た際に詠んだ歌だと言うことです。




こちらは、明治35年(1902)の大火によって社殿が焼失した際、
再建の目処が立たないまま8年間放置されていた社殿再建のために
当時のお金で千円という大金を奉納した神部千三氏を讃えた記念碑。

      0180329湯前神社20

今のお金に換算したら、幾らになるのでしょう?




こちらは、昭和9年に建立された『能楽堂建設記念碑』

      0180329湯前神社21



そして圧巻。
湯前神社の大楠。

      0180329湯前神社23
      0180329湯前神社24



熱海の大楠と言えば、来宮神社となりますが
湯前神社の大楠も一応、天然記念物。

      0180329湯前神社25

熱海市の指定天然記念物です。



こちらは社務所。

      0180329湯前神社18

残念ながら閉まってています。


社務所が閉まっていると言うことは
普段は無人の神社になります。

熱海では、超メジャーな来宮神社が本務社で
湯前神社は、その兼務社になります。


御朱印は、本務社の来宮神社で拝受出来ます。


と言うことで、来宮神社に移動します。

      0180329湯前神社27

こちらは、有名なパワースポットでもあるから人が多い。
びいすけ には申し訳ないけれど、御朱印を拝受する間は
車の中で留守番してもらいました。


こちらが、来宮神社の社務所。

      0180329湯前神社28


社務所にある授与所で御朱印をお願いしますが、順番待ち。

      0180329湯前神社29


こちらが、湯前神社の御朱印。   

   0180329湯前神社30



湯前神社の御朱印をお願いしたら、何を勘違いしたのか?
来宮神社の御朱印を書いてくれました。

『えっ! これ違うんですけど..........』と言ったら
巫女さんが、『あっ!』と言って、すぐさま書き直してもらいました。

      0180329湯前神社31

なかなか兼務社だけの御朱印をお願いする人も少ないから
こんなミスもあるんでしょうね。


2018/05/14 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............今宮神社  (2018年3月29日)(静岡県熱海市) 

3月29日

伊豆旅行の2日目。

音無神社をあとにして、向かったら先は..................今宮神社。


今宮神社は、熱海市桜町に鎮座する神社です。

今宮神社の創建は古く、仁徳天皇の時代(313-399年)だと伝えられていますが、
詳細は不明とされています。
伊豆に流され、伊東祐親のに預かりの身だった源頼朝は、
祐親の三女である八重姫と恋仲になり、子供まで出来てしまいます。
祐親の怒りを買い、殺されそうになった頼朝は、
走湯権現(現在の伊豆山神社)に逃れる途中、一杯水で喉の渇きを癒し、
大楠の下にあった社に開運(戦さの勝利)を祈願したと伝えられています。
そして、その社が現在の今宮神社だったということです。
その後、頼朝は無事に追っ手から逃れ、その後平氏を滅ぼしたため、
現在では心願成就のご利益がある神社として有名となっているようです。



こちらが今宮神社の参道口。

      20180329今宮神社01



社号標。

      20180329今宮神社02



参道口には、『源頼朝公源氏再興祈願成就之神社』と刻まれた標柱が建っています。

      20180329今宮神社03


      20180329今宮神社04



では、私たちも色々と祈願するために参拝いたしましょう。

      20180329今宮神社05



鳥居前にて。

      20180329今宮神社06


      20180329今宮神社07


鳥居に掲げられた神額。

      20180329今宮神社08



鳥居の先には社殿。

      20180329今宮神社09



参道を歩いていけば、手水舎。

      20180329今宮神社10



手水舎の隣には恵比寿像。

      20180329今宮神社11


ペット連れに対してのお願いの案内板。

      20180329今宮神社12

おっしゃる事はごもっとも。
十分に注意いたします。

このように書いてあると言うことは、ある意味境内犬連れOK。
愛犬家として、今宮神社の広い心に感謝します。


犬と言えば、神社の犬。
そう、狛犬。

      20180329今宮神社13



拝殿前に鎮座しています。

      20180329今宮神社14



こちらが、拝殿。

      20180329今宮神社15



拝殿正面。

      20180329今宮神社16


      20180329今宮神社17



扁額には、社号の代わりに大黒様と恵比寿様。

      20180329今宮神社18

こちらの今宮神社の御祭神は、
大黒天(大国主命)と恵比寿(事代主神)。



別アングルからの拝殿。

      20180329今宮神社19



こちらが、本殿と楠木。

      20180329今宮神社20
      20180329今宮神社21



本殿裏の楠木は、熱海市の指定天然記念物。

      20180329今宮神社22




神楽殿。

      20180329今宮神社23



神輿殿。

      20180329今宮神社24


境内社。

      20180329今宮神社25


      20180329今宮神社26


     20180329今宮神社27



伊東市の神社もそうだったけど、
こちらの神社にも古木・巨木が多い。

     20180329今宮神社28
           20180329今宮神社29

神の宿る場所として拝められ、人の手が入らず
長い歴史をこれらの木々も一緒に歩んで来たのだろう。

ある意味、それがパワースポットでもあるわけなんでしょうね。



通常サイズより、かなりデカイ石燈籠。

      20180329今宮神社30



忘れちゃったけど、何かの記念碑。

      20180329今宮神社31



こちらが社務所。

      20180329今宮神社32

御朱印は、こちらで拝受出来ます。


社務所に飾らせていた瓶ビール(エビスビール)

      20180329今宮神社33

ラベルは今宮神社のマスコット。

そういえば、大阪の今宮戎神社も恵比寿さん(「えべっさん」)でしたね。
関連があるのかな?


こちらが、今宮神社の御朱印。

      20180329今宮神社34

対応していただいた方が禰宜さんだと思っていたら
今宮神社のFacebookを見たら宮司さんでした。
ちょっぴり驚きでした。

あとで知ったのですが、今宮神社は、留守が多いとの事。
事前にこの日のお昼にお邪魔する旨、連絡しておいて良かったぁ。




2018/05/14 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............《 伊豆山神社 》 (2017年12月18日)(静岡県熱海市) 

12月18日

この日は、妹の もっちゃん を引き連れて、 びいすけ と一緒に
熱海市のパワースポットである来宮神社に行き、
その延長で熱海市、湯河原町、小田原市、秦野市と御朱印巡りとなりました。


伊豆山神社は、かつて伊豆御宮、伊豆大権現、走湯大権現、伊豆御宮とも
走湯社とも称され、略して伊豆山、走湯山と呼び親しまれ、
強運守護、福徳和合、縁結びの神様です。
伊豆山大神は霊湯「走り湯」を掌る湯泉の守護神にして
強運・天下取りの神でもあるそうです。
また正しい御縁に導きくださり、一切の災から免れ、
福徳が得られるという御利益があるそうです、ら

平安時代後期、この伊豆山に修行して富士登拝を重ね、
富士上人と呼ばれた末大上人は、鳥羽上皇をはじめ貴族と民衆に勧進し、
富士山に一切経を奉納する偉業を達成したそうです。
伊豆山から富士につながる修行の道は、その後、平治の乱によって
伊豆国に配流された源頼朝が、北条政子とともに深い信仰を寄せ、
平家を打倒し、鎌倉幕府を樹立して征夷大将軍となりました。
鎌倉将軍の参詣で二所詣の聖地となり、威光を輝かし格別の尊崇を集め、
戦国時代には後北条氏、江戸時代には徳川将軍も崇敬して興隆がはかられました。
その後、明治維新の神仏分離令により、伊豆山神社と改称されたそうです。


伊豆山大神は霊湯「走り湯」を掌る湯泉の守護神にして強運・天下取りの神であります。
また正しい御縁に導きくださり、一切の災からまぬがれ福徳が得られるという御利益があります。

ちょっぴり道を間違えて、たどり着くのに苦労した伊豆山神社。

      20171218伊豆山神社01



社号標は見当たらず、石灯籠の前で、はいポーズ。

      20171218伊豆山神社02



こちらが、鳥居。

      20171218伊豆山神社03

てっきり一の鳥居かと思っていたら
どうやら、伊豆山神社の参道は遥か下にある海岸から始まっているらしい。


本当は海岸から上がってくると、かなりの数の石段わ上る事になるのだけれど
この辺りからだって、それなりの数の石段です。

      20171218伊豆山神社04



石段途中の鳥居。

      20171218伊豆山神社05

(この時点では二の鳥居だと思っていた。)



鳥居に掲げられた神額。

      20171218伊豆山神社06


社殿まではまだまだ石段を上ります。


石段途中の境内社の祖霊社。

      20171218伊豆山神社07



さらに、石段の先には同じく境内社の足立権現社。

      20171218伊豆山神社08


さらにその先には、やはり境内社の結明神社。

      20171218伊豆山神社09



頑張って石段を上った先には拝殿。

      20171218伊豆山神社10


こちらは、手水舎。

      20171218伊豆山神社11



手水舎には赤と白の龍。

      20171218伊豆山神社12

伊豆山の地下に赤白二龍交和して臥す。
その尾を箱根の芦ノ湖に付け、その頭は伊豆山の地底にあり、
温泉の湧く所はこの龍の両眼二耳鼻穴口中なり。
と社伝によれば、語り継がれているようです。

赤龍は火、白龍は水の力を掌り、
二龍の力を合わせて温泉を生み出すという最強の守護神だそうです。




境内案内図。

      20171218伊豆山神社13

この絵を見る限り、伊豆山神社の敷地はかなり広い。
本宮は、背後の山の頂部にあるようです。
即ち、背後の山を含めた広い敷地が神域になるようです。



参道の狛犬。

      20171218伊豆山神社14


拝殿が見えてきました。

      20171218伊豆山神社15



こちらが、拝殿。

      20171218伊豆山神社16



拝殿に掲げられた扁額。

      20171218伊豆山神社17



拝殿内部。

      20171218伊豆山神社18


拝殿の注連縄。

      20171218伊豆山神社19



拝殿の飾り。

      20171218伊豆山神社20

やはり、龍。

      20171218伊豆山神社21


      20171218伊豆山神社22



飾りの一部に菊の紋。

      20171218伊豆山神社23


拝殿の鬼瓦にも菊の神紋。

      20171218伊豆山神社24



こちらが、本殿。

      20171218伊豆山神社25



本殿背後には、本宮に至る参道。

      20171218伊豆山神社26

参道と言っても、ほぼ登山道。
ハイキングコースにもなっているようですが
本宮まで片道55分。

      20171218伊豆山神社27

ってことは、本宮まで往復約2時間...............

これはパスですね。




拝殿脇にある腰掛け石。

      20171218伊豆山神社28

源頼朝と北条政子が参拝の際に腰を掛けた石らしい。


説明板によれば、頼朝と政子は境内で恋を語らい、結ばれ、
伊豆山の神の力で鎌倉に幕府を開くことができたのだと伝えられているそうです。

      20171218伊豆山神社29



頼朝と政子の二人は、きっとこんな風景を眺めていたんだろうなぁ。

      20171218伊豆山神社34



境内社の雷電社。

      20171218伊豆山神社30



こちらが、社務所。
御朱印は、こちらでいただく事が出来ます。

      20171218伊豆山神社31


御朱印の書き手はは女性。

      20171218伊豆山神社32


こちらが、伊豆山神社の御朱印。

      20171218伊豆山神社33


ダイナミックで力強いな書体ですが、何と、女性の墨書き。
独特な御朱印ですね。




    


2018/02/13 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............《 来宮神社 》 (2017年12月18日)(静岡県熱海市) 

12月18日 公休日

この日は、前日の夜に八王子の実家へ移動。

朝、早くに八王子の実家を出て、熱海市へと出かけました。

目的は、熱海市にある来宮神社


来宮神社は、古くから来宮大明神と称し、
熱海郷の地主の神であって来宮の地に鎮座し、
来福・縁起の神として古くから信仰されています。

平安初期の征夷大将軍坂上田村麻呂公は戦の勝利を神前で祈願し、
各地に御分霊を祀ったとも伝えられ、
現在では全国四十四社のキノミヤジンジャの総社として、
信仰を集めております。

来宮神社のご神木「大楠」は樹齢2千年を超え、国の天然記念物に指定され
平成4年度の環境省の調査で、全国2位の巨樹の認定を受けており、
幹周り約24mの迫力に人々は畏怖し、自然と手を合わせます。
大楠に手を合わせれば、悠久の時の流れを感じる人も多いようです。



来宮神社に訪れるのは、これで2回目。
前回は、伊豆旅行の帰り道、パワースポットと言うことで
本殿裏手の『大楠』を目当てに訪れましたが、
今回は、来宮神社の御朱印帳が欲しくて訪れました。



社務所は午前9時からですが、8時に来宮神社に到着。


まずは、参拝しましょう。


こちらが、来宮神社の社号標。

      20171218来宮神社01



こちらが鳥居。

      20171218来宮神社02

朱色の鳥居ですが、両脇の幟の方が目立っている。


来宮神社の由緒書き。

      20171218来宮神社03



来宮神社の境内案内図。

      20171218来宮神社04


参道にで〜んと置かれた岩(石)。
何かのいわれのモノなんでしょうね。

      20171218来宮神社05



境内社の来宮稲荷明神。

      20171218来宮神社06



こちらは、同じく境内社の三峯社。

      20171218来宮神社07



手水舎。

      20171218来宮神社08


      20171218来宮神社09



この参道の先が社殿。

      20171218来宮神社10



御神水。

      20171218来宮神社11



参道の石段を上がれば、その先は拝殿。

      20171218来宮神社12


      20171218来宮神社13


      20171218来宮神社14


      
拝殿内部。
    
      20171218来宮神社15


来宮神社の提灯。

      20171218来宮神社16



拝殿前には、来宮神社の由緒、沿革の碑。

      20171218来宮神社17


拝殿前の狛犬。

      20171218来宮神社18



境内社弁財天

      20171218来宮神社19



弁天岩。

      20171218来宮神社20



こちらは斎館に奉納されている神輿。

      20171218来宮神社21

42歳になる男の人が厄除を祈願して、
毎年7月16日にこの神輿を担いで浜降りするらしい。



境内には、ハート型の落ち葉の飾り。

      20171218来宮神社22

縁結びの神らしい演出。



社殿左奥には、天然記念物の大楠。

      20171218来宮神社23

来宮神社がパワースポットと言われる最たる場所。


説明板。

      20171218来宮神社24



天然記念物と記された石柱。

      20171218来宮神社25



さすが、樹齢二千年と言われるだけある見事な大楠。


       20171218来宮神社26
       20171218来宮神社27



こちらにも、大楠の説明板&由緒書き。

      20171218来宮神社28



とにかく見事。


色んなアングルから写真に収めます。

      20171218来宮神社29
            20171218来宮神社30



      20171218来宮神社31
                20171218来宮神社32



        20171218来宮神社33
      20171218来宮神社34



大楠から少し離れた場所に鎮座する狛犬。

      20171218来宮神社36



拝殿前の狛犬とは、表情が全く違う。
ちょっと、ヤンチャな狛犬って感じかな?(笑)

      20171218来宮神社35



社務所近くから見る拝殿。  
実は、社務所の上は通路になっている。   

      20171218来宮神社37


こちらが、社務所。

      20171218来宮神社38

御朱印はこちらでいただくことが出来ます。
社務所が開く9時まで、ちょっぴり待機。


午前9時。
社務所も開きました。

      20171218来宮神社39



こちらが、欲しかった来宮神社の御朱印帳。

      20171218来宮神社40


ビニールカバーも標準装備。

      20171218来宮神社41



こちらが、来宮神社の御朱印。

      20171218来宮神社42



実は、この来宮神社を含め熱海市への御朱印巡りの日帰りツアー。
私と私の妹の もっちゃん と びいすけ との二人と一頭のお出かけ。

さてさて、熱海市の御朱印巡りは、まだ続きますよぉ〜!




2018/02/12 Mon. 13:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

小山臨海公園  (2016年7月15日)(静岡県熱海市) 

7月15日 公休日

個人的な連休2日目。
そして、伊豆旅行の2日目。

9時過ぎにサンロードをチェックアウトして
伊豆半島を北上。R135を北に進路を向けます。

伊東の市街地を抜け、そろそろ熱海っていう時に
びいすけ が車の中で『ぴぃ〜、ぴぃ〜』と愚図りだした。
ウンチかオシッコがしたいみたいです。
いつの頃からか? 車に乗っている時にだけ『ぴぃ〜、ぴぃ〜』と
トイレに行きたい合図を出すようになりました。


と、言うことで当初の予定では無かったのですが
急遽立ち寄ったのが...............小山臨海公園

      20160715小山臨海公園01

以前にも一度、トイレ休憩で立ち寄ったことのある公園ですが
その時は、この公園の一部しか見て無かったようです。


今回、改めて行動案内図を見たら
意外に広い公園だと言うことに気付きました。

      20160715小山臨海公園02



それなら、折角だからじっくりと、この公園を散策してみましょう。

      20160715小山臨海公園03



しばらく歩くと、左手に芝生広場?

      20160715小山臨海公園04


どうやら、以前はゲートボール場だったようですが
近い内にドッグランになるみたい。

      20160715小山臨海公園05

どんなドッグランが出来るのか?
ちょっぴり楽しみです。


さらに先へと進んでみましょう。

この辺りが、この公園の本来の正面口になるのでしょうか?

      20160715小山臨海公園06



中央広場と言った感じです。

      20160715小山臨海公園07



句碑が有ったり...............

      20160715小山臨海公園08



モニュメントが有ったり...............

      20160715小山臨海公園09


      20160715小山臨海公園10

前回は、こちらまで足を運んでいなかったので
なぜか新鮮な気分です。


海岸沿いの遊歩道。

      20160715小山臨海公園11



ちょっとしたベンチも設置されています。

      20160715小山臨海公園12



東京方面は曇り空。
って言うか雨雲。

千葉は雨らしい。

      20160715小山臨海公園13



網代の港も曇っています。

      20160715小山臨海公園14



見覚えのあるタワー。

      20160715小山臨海公園15

昔の2時間ドラマで熱海を舞台にしたドラマの殺人現場だったような...............
現在は老朽化して立ち入り禁止。



南熱海マリンホール横の築山。

      20160715小山臨海公園16



ここの芝生は気持ち良いのか?
いきなりローリングする びいすけ 。

      20160715小山臨海公園17



相変わらず、天候は優れず
今にも降り出しそうな厚い雲。

      20160715小山臨海公園18



公園内の遊歩道はジョギングコースになっており
一周、約1.2km。

      20160715小山臨海公園19

ほぼジョギングコースを歩いているから、約1.2kmの散策になりそうです。



やはり、関東方面の雲行きは怪しい。

      20160715小山臨海公園20


雨が降り出す前に駐車場に戻りましょう。


このまま真っ直ぐ千葉に向けて車を走らせるか...............?
はたまた、丹沢辺りに寄り道して行くか?

思案所であります...............。




2016/08/08 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

丸ポストを探して...............静岡・熱海編 (2015年10月2日)(静岡県熱海市) 

10月2日 公休日

9月30日〜10月2日まで個人的な3連休。
この3連休を利用して2泊3日で伊豆へ出かけました。

個人的な3連休の最終日。
伊豆から千葉の自宅へ帰る途中に熱海に立ち寄りました。

静岡県には235基の丸ポストが現存されているとされています。
その内、熱海市には12基の丸ポストが現存されているとされています(2015年9月30日現在)。

せっかく熱海市に来たのだから丸ポストを探すことにいたしました。



それでは、探し当てた熱海の丸ポストの紹介です。


1基目の丸ポスト。

熱海市和田浜南町、サンレモ公園の丸ポスト。

      20151002熱海丸ポスト01


      20151002熱海丸ポスト02


      20151002熱海丸ポスト03


      20151002熱海丸ポスト04

サンレモ公園と言われてもピンと来ない。
相模湾に浮かぶ初島への観光船の発着場近くの公園です。
初島はまだ行った事がないから、いつか行ってみたいと思っています。




2基目の丸ポスト。

熱海市桜町、飯塚食料品店前の丸ポスト。

      20151002熱海丸ポスト05


      20151002熱海丸ポスト06


      20151002熱海丸ポスト07


      20151002熱海丸ポスト08





3基目の丸ポスト。

熱海市清水町、花と緑とインテリアの萌 前の丸ポスト。

      20151002熱海丸ポスト09


      20151002熱海丸ポスト10


      20151002熱海丸ポスト11


      20151002熱海丸ポスト12





4基目の丸ポスト。

同じく熱海市清水町、井上紙店前の丸ポスト。

      20151002熱海丸ポスト13


      20151002熱海丸ポスト15


      20151002熱海丸ポスト16


      20151002熱海丸ポスト14




5基目の丸ポスト。

熱海市東海岸町、古屋旅館前の丸ポスト。

      20151002熱海丸ポスト17


      20151002熱海丸ポスト18


      20151002熱海丸ポスト19


      20151002熱海丸ポスト20




6基目の丸ポスト。

同じく熱海市東海岸町、お宮の松 近くの丸ポスト。

      20151002熱海丸ポスト21

R135沿いの お宮の松 のすぐ近くにありました。


      20151002熱海丸ポスト22


      20151002熱海丸ポスト23


      20151002熱海丸ポスト24



ちなみに、こちらが お宮の松 の 貫一とお宮の像。

      20151002熱海丸ポスト25



そして、二代目お宮の松。

      20151002熱海丸ポスト26




7基目の丸ポスト。

熱海市上宿町、橋の袂の丸ポスト。

      20151002熱海丸ポスト27


      20151002熱海丸ポスト28


      20151002熱海丸ポスト29


      20151002熱海丸ポスト30




8基目の丸ポスト。

熱海市福道町、JR東海道線 来宮駅前の丸ポスト。

      20151002熱海丸ポスト31


      20151002熱海丸ポスト32


      20151002熱海丸ポスト33


      20151002熱海丸ポスト34



9基目の丸ポスト。

熱海市西山町、熱海第一小学校前 野沢橋袂の丸ポスト。

ここの丸ポストは、かなり画になる場所に建っていたなぁ。

      20151002熱海丸ポスト35


      20151002熱海丸ポスト36


      20151002熱海丸ポスト37


      20151002熱海丸ポスト38




10基目の丸ポスト。

熱海市桃山町、山口商店前の丸ポスト。

      20151002熱海丸ポスト39


      20151002熱海丸ポスト40


      20151002熱海丸ポスト41


      20151002熱海丸ポスト42

看板がないから、山口商店さんは廃業しちゃったみたいですね。





11基目の丸ポスト。

熱海市東海岸町、国際医療福祉大学熱海病院敷地内の丸ポスト。

病院敷地内だから、色々と問題が出ても困るから
びいすけ には車の中で待機してもらいました。

1Fの救急外来入口前に丸ポストは建っていました。

      20151002熱海丸ポスト43


      20151002熱海丸ポスト44


実は、この丸ポスト、昨年11月に設置されたのか?
今までその存在が明らかにされていませんでした。

飾り?かなって思っていたら
しっかり集配時間が書かれています。
現役の丸ポストなんですね。

      20151002熱海丸ポスト45



それにしても、根石が埋められていない。
倒れないのかなぁ?

      20151002熱海丸ポスト46





いよいよ最後の1基。
12基目の丸ポスト。

熱海市伊豆山、ハートピア熱海 正面玄関前の丸ポスト。

      20151002熱海丸ポスト51     


      20151002熱海丸ポスト48


      20151002熱海丸ポスト49


      20151002熱海丸ポスト50


ハートピア熱海の駐車場から眺める相模湾。
晴れていたら、もっと綺麗に見えるんだろうなぁ。

      20151002熱海丸ポスト52



これで熱海市の丸ポスト、全12基制覇。


これまでに

駿東郡小山町      1基
御殿場市       1基
沼津市        7基 
伊東市 ①       15基
裾野市         2基
三島市        1基
伊東市②      10基
東伊豆町       3基
伊豆市①       1基
河津町①       1基
伊豆の国市     16基
伊豆市②       2基
下田市①       3基

そして本日、熱海市の丸ポスト12基を制覇して合計75基となりました。

とりあえず
静岡県内には235基の丸ポストがあるようですから
残すは160基。
完全制覇を目指したいところですが、
まだまだ先は長いようです.......。






2015/10/31 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

来宮神社 (2015年10月2日)(静岡県熱海市) 

10月2日 公休日

9月30日〜10月2日まで個人的な3連休。
この3連休を利用して2泊3日で伊豆へ出かけました。

個人的な3連休最終日、長浜海浜公園をあとにして、
向かった先は...............来宮神社



来宮神社は、古くから来宮大明神と称し、熱海郷の地主の神であって、
伊豆の来宮の地に鎮座し、来福・縁起の神として古くから信仰されています。
キノミヤ信仰として知られる、樹木神や漂着神を祀る共通点をもった神社のなかでも代表的な神社です。
御神木「大楠」は樹齢2千年を超え、国指定天然記念物に選定されています。




こちらが来宮神社の入口。

大きな幟が一際目立ってます。

      20151002来宮神社01



鳥居脇に建つ社号標。

      20151002来宮神社02



目を引く赤い鳥居。

      20151002来宮神社04



そして、鳥居に掲げられた社額。

      20151002来宮神社03



境内に一歩足を踏み入れると、来宮神社の由来の記された説明板が目に入ります。
     
      20151002来宮神社05

確かに由緒ある神社なんですね。


来宮神社と言えば、国の天然記念物に指定された『大楠』。
樹齢二千年とも言われています。

境内にも案内板が用意されています。

      20151002来宮神社08



これが、『大楠』?
意外に小っちゃいじゃん って思ってました。

      20151002来宮神社06


      20151002来宮神社07


別な案内板には『第二大楠』と書いてある。

      20151002来宮神社09

な〜んだ! と一人で納得(笑)。




参道の石段を上がれば、その先には拝殿。

      20151002来宮神社10



こちらが、拝殿。

      20151002来宮神社11



こう言った厳かな所に来ると、何故か びいすけ も凛々しく見えます(笑)。

      20151002来宮神社12



目的の『大楠』は拝殿の裏手にそびえ立っています。

『大楠』前の説明板。

      20151002来宮神社13



こちらが『大楠』。

      20151002来宮神社14


確かにデカい。

      20151002来宮神社15

びいすけ が小さく見えます。


楠の木は、常緑樹であるが故に新葉が成長し、古葉が落ちてゆきます。
言い換えれば、親の葉は子の葉の成長を見届けて落ちてゆくのです。
つまり子孫の繁栄、国家の弥栄を象徴しているとも言えます。

      20151002来宮神社16



とにかく、日本屈指のパワースポットと言うことであり、
生命力に満ち溢れている大楠。

健康長寿・心願成就のパワースポット。

幹を1周廻ると寿命が1年延命すると言われ、
心に願いを秘めながら1周すると願い事が叶うとも言われています。

      20151002来宮神社17


当然、 びいすけ と幹周りを一周します。

      20151002来宮神社18


      20151002来宮神社19


      20151002来宮神社20


      20151002来宮神社21


とにかく、その大きさに圧倒されました。



幹周りはどれぐらいあるんだろうか?

      20151002来宮神社22



史跡碑の前でそんなことを考えたりしました。

      20151002来宮神社23



正直言うと、2周しちゃったから
2年長生き、2つの願い事が叶うのだろうか?


とにかく、 びいすけ が、よりいっそう長生きしてくれることが
今現在の願い事です。



2015/10/30 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

長浜海浜公園 (2015年10月2日)(静岡県熱海市) 

10月3日 公休日

9月30日〜10月2日まで個人的な3連休。
この3連休を利用して2泊3日で伊豆へ出かけました。

個人的な3連休の最終日。
サンロードを9時前にチェックアウトして出発。
一路、千葉の自宅へ向けてハンドルを握るのですが...............

ハナっから真っ直ぐ帰るつもりは無く、
以前から気になっていた所に立ち寄ることにいたします。

伊東市からR135を北上。
宇佐美(伊東市)、網代(熱海市)と抜け、
熱海市上多賀地区にある長浜海岸を目指します。

向かった先は...............長浜海浜公園


R135経由で伊豆に訪れるたびに、この長浜海浜公園の前を通り、
数年前から、いつかは立ち寄ろうと思ってました。


駐車場に車を停め、ロングリードに付け変えて、
長浜海浜公園の散策開始です。

      20151002長浜海浜公園01



元々、長浜海水浴場を整備して公園化したのでしょう。
駐車場の前が海。
それも砂浜。

これが長浜海岸ですね。

      20151002長浜海浜公園02


      20151002長浜海浜公園03

駐車場から、真っ直ぐに砂浜に向かったので、
実はこの時は気付かなかったのですが
どうやら、長浜海岸(の砂浜)はペット禁止だったようです。


そうとも知らず、砂浜を徘徊する びいすけ を
カメラ越しに追いかけていました。

      20151002長浜海浜公園04


      20151002長浜海浜公園05



いつものように砂の匂いは嗅ぐけれど
決っして波打ち際には近付かない。

      20151002長浜海浜公園06


      20151002長浜海浜公園07



波打ち際に向かっているのかな?と思わせながら、
押し寄せる波を避けるかのように、くるりんと引き戻ります。

      20151002長浜海浜公園08



砂浜の端の方まで歩いて来ました。
所々に草も生えていて、砂浜もこの辺りまで。

確か、この辺りに立て看板で、
砂浜にペットを入れないで下さい。 って書かれていたっけ。

      20151002長浜海浜公園09

言い訳になったちゃうけど...............

砂浜の端っこに看板を建てるなら、駐車場にも注意書きが欲しかったなぁ。




長浜海浜公園は、砂浜を挟むように突き出た遊歩道があります。

こちらは、湯河原側の遊歩道。
すなわち、海岸に向かって左側の遊歩道。

      20151002長浜海浜公園10


海岸線を見ながら、ロングリードを引っ張る びいすけ の歩調に合わせます。

      20151002長浜海浜公園11



雨は止んだものの、爆弾低気圧の影響か?
全国的に強風で、またまだ厚い雲が流れてきます。

      20151002長浜海浜公園12



湯河原側の遊歩道の突端。

      20151002長浜海浜公園13


      20151002長浜海浜公園14




せっかくだから、伊東側の遊歩道にも行ってみましょう。

砂浜近くに戻りましたが、砂浜はペット禁止なので
(禁止って知ったから、もう入りません)
R135に沿って、海浜公園を散策します。

R135沿いにある長浜海岸公園の碑(?)

      20151002長浜海浜公園15

かなり雑草に覆われていて、何とか『長浜』の文字が確認出来ます。



芝生広場を通り抜け...............

      20151002長浜海浜公園16



砂浜沿いの遊歩道を歩きます。

      20151002長浜海浜公園17



伊東市側の遊歩道の突端が見えて来ました。

      20151002長浜海浜公園18


タイルの遊歩道の端っこを歩いています。

      20151002長浜海浜公園19

( 決っして砂浜に入っていませんからね )




広い遊歩道。
まるで、何処かのショッピングモールのプロムナードって感じです。

      20151002長浜海浜公園22



先ほど歩いた、湯河原側の遊歩道を見てみます。

      20151002長浜海浜公園23      

こんな感じ出来ます長浜海岸の砂浜の護岸堤防の役目をしているみたいですね。



この頃に入って、雲の合間から太陽が顔を覗かせ
かなりあるいたからなのか?
長袖の服では、額に汗が浮かんできます。




東伊豆、熱海の長浜海岸。

びいすけ 記念のワン・ショット。
    
      20151002長浜海浜公園20


      20151002長浜海浜公園21




さぁ、いっぱい歩いたし、オシッコもしたし、ウンチもしたし、
朝の散歩がまともに出来なかった分も、これで許して貰えるでしょう。






     



2015/10/29 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit