FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

今週はコレ!!...............上海灘 鄧小平  (2019年9月2日) 

9月2日

毎週月曜日に付け替えている腕時計。

今週はこちら ↓

      20190902今週はコレ01

先週に続き、文字盤に何やら人民服を着た男の人が描かれています。



中国共産党の最高指導者であった鄧小平の腕時計です。

      20190902今週はコレ02


      20190902今週はコレ03



鄧小平は、中華人民共和国を建国した毛沢東の死後、事実上の中華人民共和国の最高指導者となりました。
改革開放や一人っ子政策などで、毛沢東時代の政策を転換して現代中国の路線を築いたとされています。



こちらの腕時計も、毛沢東の腕時計同様、SHANGHAI TANG(シャンハイ・タン)」 製。
つい最近まで、かつての国営腕時計工場であった上海手表の腕時計かと思ってました。
そうとは知らず、毛沢東の時計を手に入れたあとに、
すぐさまヤフオクで手に入れた中古の1品です。

      20190902今週はコレ04



それでは、腕に付けてみましょう。

      20190902今週はコレ05


      20190902今週はコレ06

やっぱり、文字盤の中で鄧小平の腕がカクカクと動くのは漫画チック。
さすがに仕事中はちょっと抵抗があるけれど、気にするにはやめよう。

さぁ、今週も頑張りましょう!!









スポンサーサイト



2019/10/06 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今週はコレ!!...............上海灘 毛沢東  (2019年8月26日) 

8月26日

毎週、月曜日に付け替えている腕時計。

今週は、こちら ↓

      20190826今週はコレ01



中国製機械式手巻き腕時計の真骨頂。
毛沢東腕時計です。

新古品がヤフオクで出品去れていたので
やはり10年近く前に落札したものです。


毛沢東はWikipediaによれば

中国共産党の創立党員の1人で、長征、日中戦争を経て党内の指導権を獲得し、
1945年より中国共産党中央委員会主席および中央軍事委員会主席を務めた。

日中戦争後の国共内戦では蒋介石率いる中華民国を台湾に追放し、
中国大陸に中華人民共和国を建国した。
以後、死去するまで同国の最高指導者の地位にあった。


と記載されています。
すなわち、第二次世界大戦以後、日本の占領下だった中国を
現在の中国に導いた最高指導者だったわけですね。

まぁ、政治の世界は複雑だから、彼のことはこれぐらいにして.............


いずれにしても、近代中国の礎になった人だから
多くの中国国民の崇拝と尊敬の念を得ているのでしょう。

どんな彼を文字盤に描いたこの時計。

「SHANGHAI TANG(シャンハイ・タン)」
かつての国営腕時計工場であった上海手表の腕時計かと思ったら
どうやら違うようですね ?(この辺の真偽はよく分かりません)

「SHANGHAI TANG(シャンハイ・タン)」 は、
1994年に香港の実業家であるデヴィッド・タンが設立したブランドらしい。
1930年代の上海租界をイメージした服やバッグなどの小物類から
インテリア、香水まで様々な商品を展開しているブランドらしい。

どうも腕時計好きだと、「SHANGHAI TANG」=『上海手表廠』というイメージが
固定化されているから、間違えちゃうんですね。


文字盤の毛沢東のの右手がカクカクと動くという
まるで、おもちゃのような腕時計。

      20190826今週はコレ02


      20190826今週はコレ03



ベルトは合皮製。

      20190826今週はコレ04

一応、オリジナルのようです。



ケース裏蓋には剥がれかかった保護シールの下に
シルク印刷で、『上海灘 SHANGHAI TANG』と記されています。

      20190826今週はコレ05



では、腕に付けてみましょう。

      20190826今週はコレ06


      20190826今週はコレ07


コミカルに腕を振る毛沢東。

流石に仕事中は(?)思えてしまう腕時計。
でも1週間だけだから、愛嬌で使っちゃいましょう

今週も頑張りましょう!!





2019/09/30 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今週はコレ............... (2019年8月12日) 

8月12日

毎週、月曜日に着け替えている腕時計。
今週は、こちら ↓

      20190812tictac01



先週からの手巻き繋がりで機械式手巻きの腕時計。

10年ほど前にヤフオクで見つけて、手に入れた腕時計です。

文字盤には Tic-Tac とロゴがはいっているから
てっきり、腕時計のセレクトショップの『Tic-TAC』のオリジナルかと思っていたら
ロゴが違ってましたね。

      20190812tictac02

と、いう事で詳細は不明。


ベルトは金属製の万能タイプ、
いわゆる長さ調整不要のゴムで伸びるタイプです。

      20190812tictac03


      20190812tictac04


竜頭にも、特に刻印は無い。

      20190812tictac05


ケース裏蓋にも、特にメーカーやブランドと言った類いの刻印は無い。

      20190812tictac06


唯一、『ASSEMBLED IN PHILIPPINES』と、
フィリピンで組み立てられたと記載されている。

      20190812tictac07

う〜む、謎?


でも、腕に着けてみましょう。

      20190812tictac08


      20190812tictac09


小振りなけーはユニセックス用?
即ち、男性でも女性でも違和感無く使えるサイズ。
ある意味、BOY'Sサイズです。
感覚が、何となくSwatchに近い感じがするのは、気のせいか?

クリスマスには、まだまだ早いけど
1週間、楽しませてもらいましょう。

さぁ、今週も頑張りましょう!!





2019/09/07 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今週はコレ............... HENRI SANDOZ (2019年8月5日) 

8月5日

毎週、月曜日に着け替えている腕時計。

今週は、こちら ↓ 。

      20190805SANDOZ01

HENRI SANDOZ

SANDOZ(サンドス)は、世界22カ国で展開するスイスの機械式時計の老舗ブランドです。
スイスの山奥でデビッドサンドスがラ・ショードフォン教会の時計製作に携わったのがすべての始まりです。

1870年 ヘンリーサンドスが初めて自社の工場を設立し、
この年をもってサンドス家による初めてのSANDOZブランドが誕生しました。

文字盤に記載されている『Henri』は、ヘンリーサンドスによる製造であることを表しています。
高度な技術を駆使した時計製作により、ハイクオリティな腕時計を作り出し続けているメーカーでした。
多くのスイスの古き時計メーカーと同じように、日本産のクォーツ時計の台頭により
やがてその規模は縮小せざるを得ない状況に置かれて行きました。

しかしながら、機械式手巻き時計の海外での知名度は高く、
ビンテージ時計として、一部のマニアの中では愛好家は絶えないようです。


もちろん、SANDOZの名前は知っていましたが
なかなか手に入れる機会がありませんでした。
今年の春、ヤフオクで見つけて落札。
晴れて、SANDOZの腕時計を手にする事が出来ました。



文字盤は、見ての通りミッキーマウス。
当然、(ライセンスの関係がありますが)リダンされた文字盤になります。

      20190805SANDOZ02

赤い帽子をかぶったミッキーサンタです。



ベルトも社外品の合成皮革品。

      20190805SANDOZ03


      20190805SANDOZ04



ケース裏蓋には、HENRI SANDOZの名がしっかりと主張。

      20190805SANDOZ05



それでは、腕に着けてみましょう。

      20190805SANDOZ06


      20190805SANDOZ07


どうしても、キャラクターのイラストが入るとチャッチイ時計に見えてしまう。
一応、オモチャの時計じゃなくて、れっきとした機械式の腕時計なんだけど
見る人が見ないと分からないんだろうなぁ..................。



2019/09/06 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit