08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

び・び・びのびいすけ

松伏総合公園  (2017年1月11日)(埼玉県北葛飾郡松伏町) 

1月11日 公休日

この日は、埼玉県の松伏町に出かけました。
松伏町の廃校及び学校跡を探索したあとは、
ゆっくりと公園散歩と洒落込みましょう。

と、言うことで立ち寄った先は...............松伏総合公園


松伏総合公園は、松伏町の「ゆめみのニュータウン」の東端に整備して作られた公園で、
松伏記念公園の南側に隣接しています。
園内には、釣りをして楽しむことが出来る大きな池を中心に、
公園北側にある公園のシンボルで展望台設備の整った風車、
そして公園東側には多目的広場があります。
春になると桜が綺麗に咲く池周辺をお花見からピクニック、
そして散歩などを楽しむのに適している公園です。
特に風車周辺は、桜が多く植えられているのでお花見スポットとしても知られているようです。


こちらが、公園入口。

      20170111松伏記念公園01



すぐ隣にも公園があって、そちらを松伏記念公園と言うのか?

      20170111松伏記念公園02

でも公園案内板には、しっかりと松伏記念公園なんて書かれている。
ましてや、松伏総合公園と言う記載はどこにもない。

ひょっとしたら、公園名を改称さたけれど、案内板までは気が回らなかったのかな?


案内板による多目的調整池をぐるっと回ってみましょう。
何せ、こちらの公園はこの調整池がある意味、メインだったりします。

池の前の芝生に大きなモニュメント。

      20170111松伏記念公園03

ひょっとして、スーパーマン?(笑)
そんな訳はない。


調整池と言うだけあって水位は変動するようです。
なぜか、立ち入り防止のフェンスを超える水位。

      20170111松伏記念公園04

ひょっとして、ちょっぴり水が多いんじゃない?



足元が濡れていない、要はフェンスを水が超えて来ていない場所を選んで
池沿いを歩いて行きましょう。

      20170111松伏記念公園05


四阿もありますが、こちらの四阿は素通り。

      20170111松伏記念公園06


他のワンちゃんの匂い(残り香)が有るのか?
匂い嗅ぎに夢中な びいすけ 。

      20170111松伏記念公園07


      20170111松伏記念公園08



ロングリードに付け替えてくれば良かったのに...............
ちょっぴり後悔。

      20170111松伏記念公園09

って言うか、車に戻って付け替えれば済むんだけど
そんな元気は無い(笑)。


クンクンと匂い嗅ぎが激しい びいすけ 。

      20170111松伏記念公園10


      20170111松伏記念公園11


その理由がわかりました。

ノラ猫の匂いですね。

      20170111松伏記念公園12


意外に、この公園ノラ猫が多かった。

ノラ猫に遭遇する度に、 びいすけ が興奮するから
宥めるのが大変です。

      20170111松伏記念公園13



ノラ猫のいない水辺を選んで歩きましょう。

      20170111松伏記念公園14


      20170111松伏記念公園15


      20170111松伏記念公園16


      20170111松伏記念公園17


      20170111松伏記念公園18


      20170111松伏記念公園19


      20170111松伏記念公園20


      20170111松伏記念公園21



池の周りをほぼ半周すると、いきなり視界に現れた風車。

      20170111松伏記念公園22


スペイン風らしい。

      20170111松伏記念公園23

って、何処がスペイン風なんだろう?(笑)


取り敢えず高いモノには上りたがる びいすけ 。
『お前は煙か?』と思いながらも、風車の上部へと上がってみます。

      20170111松伏記念公園24

かく言う私も、こう言った展望台みたいなモノは嫌いじゃ無い。




風車最上部(展望台)からの眺め。

こちらが調整池。

      20170111松伏記念公園25



こちらはグランド。

      20170111松伏記念公園26



そのグランドに立ってみます。

      20170111松伏記念公園27



グランドって言っても人間用。
ドッグランじゃないから走らせる訳にも行かないし。

      20170111松伏記念公園28



そもそもドッグランじゃ走らないし...............
まぁ、もっとも今日は七福神巡りや廃校巡りをして
いっぱい歩いているから、走る元気もそんなに残っていないんじゃないかな?

      20170111松伏記念公園29


30〜40分ぐらいの松伏総合公園の散策。
そんなに近いわけじゃないから、おそらく次回は無いと思うけれど
ノラ猫さえ居なければ、犬連れで散歩するには良い公園じゃないかな?

そんな感想を胸にこの地をあとにしました...............。




スポンサーサイト
2017/02/05 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて............松伏町立松伏小学校赤岩分校  (2017年1月11日)(埼玉県北葛飾郡松伏町)  

1月11日  公休日

松伏町の廃校、学校跡巡りの第4弾。

旧・松伏小学校跡をあとにして、
向かった先は...............松伏町立松伏小学校赤岩分校


赤岩分校は

明治25年     赤磐尋常小学校として設立。
明治41年     松伏尋常小学校の分教場となる。
昭和22年     松伏小学校赤岩分校となる。         
昭和48年     本校に統合され廃校となる。

と、このような沿革となっています。



こちらが、赤岩分校。

      20170111赤岩分校01

分校と言うだけあって、敷地は狭い。

廃校時には周りが田んぼや畑だらけだったか否かは知らないけれど
現在は、住宅街の一画です。

      20170111赤岩分校02


分校の校舎はおそらく建て替えられているのでしょう。
現在は、赤岩農村センターの建物が建っています。

      20170111赤岩分校03



敷地の一角に在る石碑。

      20170111赤岩分校04



『赤岩分校跡地』の碑です。

      20170111赤岩分校05


碑の側面には沿革が刻まれています。

      20170111赤岩分校06


      20170111赤岩分校07

既に廃校となってしまった学校は、なかなか情報も少ないので
こう言う形で沿革が残されているのは貴重な情報源です。



とにかく狭い敷地だから、限られたアングルでしか撮影できない。

そして、遊具等の遺構も全く残されていない。

      20170111赤岩分校08


      20170111赤岩分校09


      20170111赤岩分校10


廃校から、もうすぐ44年。
あの赤岩分校跡地の碑が無ければ、
誰もこの地が廃校跡地だとは思わないだろうなぁ...............。


2017/02/04 Sat. 16:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて............松伏町立 旧・松伏小学校跡  (2017年1月11日)(埼玉県北葛飾郡松伏町)  

1月11日 公休日

松伏町の廃校、学校跡巡りの第3弾。

大川戸分校をあとにして、
向かった先は...............松伏町立 旧・松伏小学校跡

松伏小学校は廃校ではなく、現存する小学校です。
ただ、現在の校地は48年に校舎を新築された際に移転したもので
昭和48年までは、別な場所に学び舎は在りました。


松伏小学校は、

明治6年      松伏領村立大川戸小学校として西福寺に開校
明治6年      松伏領村立松伏小学校が宝珠院を校舎として開校
明治9年      第四学区の本校として広大なる校舎を新築する   
           分校は郁文学校(旭村),周知学校(豊野村),
           樋籠学校(幸松村),向畑学校(新方村)とする
明治12年     新教育令により従来の学区を廃して町村毎に学区を設置することになり,
           本校の広大な校舎を縮小する。残余の校舎は本郡々役所の庁舎に献納する
明治19年     分教場を下赤岩の東陽時に置き,同年9月に廃止する
明治22年     町村制実施に伴い,松伏領村になった大川戸藤聯小学校分教室は本校の分教室となる
明治25年     赤岩尋常小学校を設立(旧赤岩分教場)
           本校に補習科を設置
明治34年     二カ年制高等科を設置
           松伏領尋常小学校と称する
昭和4年      大川戸尋常小学校と合併し,松伏領尋常高等小学校と称し,大川戸に分校を置く
昭和22年     六三制実施に伴い,松伏領村立松伏領小学校と改称
昭和31年     町村合併による新松伏村設置に伴い,校名を松伏村立松伏小学校と改称
昭和44年     町制施行により松伏町立松伏小学校と改称
昭和47年     大川戸,赤岩両分校を廃止し,松伏小学校に名目統合する
昭和48年     新校舎完成に伴い松伏町大字村松伏1609番地に移転する





こちらが、旧・松伏小学校跡地。

      20170111旧・松伏小学校跡01

旧・松伏小学校の跡地は現在の松伏町役場です。



この広い駐車場は、かつての校庭跡なのだろうか?

      20170111旧・松伏小学校02



庁舎と庁舎の間に何やら石碑らしきモノがある。

      20170111旧・松伏小学校03



近寄ってみましょう。

      20170111旧・松伏小学校04


石碑は松伏小学校跡の碑です。

      20170111旧・松伏小学校05



しっかりと『松伏小学校跡地』と刻まれています。

      20170111旧・松伏小学校06



裏面には、沿革も刻まれています。

      20170111旧・松伏小学校07


この石碑以外、学校跡を彷彿させるモノは無い。
いわゆる、遺構が全く残っていない。

学校跡地の碑の脇に、どぉ〜んと庁舎がそびえ立っている。

      20170111旧・松伏小学校08

はたして、この庁舎を訪れる人たちが、この碑に気付いているのだろうか?



そう言えば、先日テレビで芸能人、著名人の同級生を探すって言う類いの番組で
作家の羽田圭介が松伏小学校の卒業生だと言う事を知りました。
彼はまだ31歳だから約44年前には、まだ生まれていない。
昭和48年に移転した松伏小学校が学び舎になる。
松伏町の役場が昔の母校跡だと言う事を知っているのだろうか...............?


2017/02/04 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて............松伏町立松伏小学校大川戸分校  (2017年1月11日)(埼玉県北葛飾郡松伏町)  

1月11日 公休日

この日は、埼玉県の杉戸町に出かけ、そのあとに松伏町の廃校巡りに出かけました。

旧・金杉小学校跡をあとにして、
向かった先は...............松伏町立松伏小学校大川戸分校



大川戸分校は

明治6年     大川戸小学校として開校する。
明治22年    町村制施行と同時に松伏領村となり 
          松伏小学校分教室となる。
明治25年    松伏領村立第一学区大川戸尋常小学校となる。    
昭和4年     松伏領尋常高等小学校の分校として開校する。    
昭和22年    松伏領村立松伏領小学校大川戸分校と改称する。
昭和48年    松伏小学校に統合され廃校となる。

と、このような沿革となっています。



こちらが、大川戸分校跡。

石造りの門柱が残っています。

      20170111大川戸分校01



残念ながら、造られた時期は不明。

      20170111大川戸分校02


大川戸分校跡の敷地は、地域の集会所として再活用されているようです。


かつての校庭跡になるのでしょう。

      20170111大川戸分校03



敷地の一角に建っている石碑。

      20170111大川戸分校04



『大川戸分校跡地』の碑です。

      20170111大川戸分校05



側面には、沿革が刻まれています。

      20170111大川戸分校06


なかなか情報が少ない分校だから、創立時の経緯も分かるから
貴重な情報です。

      20170111大川戸分校07



校庭跡の奥に建つのは集会所。

      20170111大川戸分校08



校庭跡は、集会所を利用する人の駐車場と化しているようです。

      20170111大川戸分校09

残念ながら、遊具等の遺構は全く無し。
二ノ宮像もありません。



校庭跡の端っこには、廃校ではお約束(?)の消防倉庫。

      20170111大川戸分校10




かつての校舎跡(?)には、新しく自治会館が建てられています。

      20170111大川戸分校11


その名も『本田自治会館』。

      20170111大川戸分校12



そして、自治会館の隣には小さな神社。

      20170111大川戸分校13


元々は、神社の敷地の一画に学校が設けられだのでしょう。

      20170111大川戸分校14


神社の社殿。

      20170111大川戸分校15


社殿の神額には『天照皇大神宮』

      20170111大川戸分校16

由緒ある神社なのかな?


まぁ、明治初めの教育令で創設された学校は
寺院や神社の敷地の一画教育建てられたことが多いから
大川戸分校の前身である大川戸学校もそんな流れを汲んでいるのでしょう。




2017/02/03 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて............松伏町立 旧・金杉小学校跡  (2017年1月11日)(埼玉県北葛飾郡松伏町)  

1月11日  公休日

この日は、埼玉県の杉戸町に出がけました。
杉戸町の隣とも言える松伏町にもいくつかの廃校、学校跡が在ると言うことで
松伏町に足を伸ばしてみました。

まず、最初に向かったのは...............松伏町立 旧・金杉小学校跡

金杉小学校は廃校ではなく、現役の小学校ですが
昭和51年に移転して、旧・校地は松伏町北部サービスセンターとして再活用されているようです。



金杉小学校は、

明治8年      築比地小学校創立 宝蔵院を仮校舎とする
明治20年     築比地尋常小学校となる
明治42年     金杉尋常小学校となる
大正15年     高等科設置が認可され,金杉尋常高等小学校となる
昭和22年     校名を埼玉県北葛飾郡金杉村立金杉小学校と改称
           埼玉県北葛飾郡金杉村立金杉中学校を併置
昭和25年     金杉中学校を廃止
昭和31年     村名変更により校名を松伏村立金杉小学校と改称
昭和44年     町制施行により松伏町立金杉小学校と改称
昭和51年     現在地(松伏町大川戸3854)に新校舎落成,全校移転
           
現在に至る

と、このような沿革となっているようです。


こちらが、金杉小学校の正門跡。

      20170117金杉小学校跡01



石造りの古い門柱が残っています。

      20170117金杉小学校跡02



画像では見辛いですが、大正四年と造られた時期が刻まれています。

      20170117金杉小学校跡03



門柱脇から覗く校庭跡。

      20170117金杉小学校跡04

ちょっと台地から窪んだ場所になり、
まさに、小学校の校庭って言う感じです。



校庭跡に降り立ってみます。

      20170117金杉小学校跡05



シンボルツリーだったと思われる大きなモミの木。

      20170117金杉小学校跡06



校庭跡で黄昏る(?) びいすけ を激写(笑)。

      20170117金杉小学校跡07


      20170117金杉小学校跡08


      20170117金杉小学校跡09



古い桜の木も学校跡を彷彿させます。

      20170117金杉小学校跡10


      20170117金杉小学校跡11



別アングルから校庭跡を...............

      20170117金杉小学校跡12

      20170117金杉小学校跡13



おそらく、校庭から一段上がった台地に校舎は建っていたのでしょう。

取り壊されて、現在は『松伏町北部サービスセンター』の建物学校建っています。

      20170117金杉小学校跡14


      20170117金杉小学校跡15



校舎の在った台地から校庭へは、こんな滑り台が残されています。
それも2基。

      20170117金杉小学校跡16


      20170117金杉小学校跡17



ここから、子供たちは『きゃ〜、きゃ〜』と言いながら
滑り台を降りて行ったのでしょう。

      20170117金杉小学校跡18



北部サービスセンターの建物前には石碑が在ります。

      20170117金杉小学校跡19



金杉小学校跡地の碑。

      20170117金杉小学校跡20


      20170117金杉小学校跡21



碑の裏面には簡単な沿革が刻まれています。

      20170117金杉小学校跡22


その隣には、明治39年の日付のある校舎建築の記念碑。

      20170117金杉小学校跡23


紛れもなく、この地は金杉小学校の跡地。

かつての校地を忘れないように、こうやって碑を残して後世に伝えていく。
松伏町のそんな姿って好きだなぁ...............。





2017/02/02 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

まつぶし緑の丘公園 (2016年3月2日)(埼玉県松伏町) 

3月2日 公休日

個人的な連休2日目。
この日はお昼に越ケ谷に用事があって春日部方面に出かけました。

春日部市の庄和総合公園をあとにして、
向かった先は...............お隣の松伏町、 まつぶし緑の丘公園


お洒落な都会の街を散歩するのは、千葉の田舎(?)に住んでいるモノには似合わない(?)
それよりは、普段行かない町のちょっぴり大きな公園を
散策を兼ねて散歩するのが好き。

このまつぶし緑の丘公園も越ケ谷に予定が無ければ
まず、訪れることは無かったでしょう。
そういう意味では、 びいすけ にとっても貴重な体験になるはず。


こちらが
まつぶし緑の丘公園の入り口。

      20160302まつぶせ緑の丘公園02


ロングリードを装着して、いざ散策を開始。
駐車場を元気よく闊歩する びいすけ 。

      20160302まつぶせ緑の丘公園01


こちらは管理棟。

      20160302まつぶせ緑の丘公園03


管理棟の前にある公園案内図で公園全体を把握いたしましょう。

      20160302まつぶせ緑の丘公園04

大きく分けると、広場ゾーンと里山ゾーンと水辺ゾーン に分かれるようです。




公園全体を周遊路が巡り、約900mの距離があるようです。

      20160302まつぶせ緑の丘公園05



中央にある芝生広場。
こちらが広場ゾーンになります。
奥に見える小高い台地のある辺りが里山ゾーンのようです。

      20160302まつぶせ緑の丘公園06



広場ゾーンと言うだけあって、本当に広い。

      20160302まつぶせ緑の丘公園07



この広場を縦横無尽に走り回ったら気持ち良さそうだと思うのですが...............

      20160302まつぶせ緑の丘公園08


走ることより、芝生に転げ回るのか好き(?)な びいすけ 。

      20160302まつぶせ緑の丘公園09


画像をみているだけで、『うげっ、うげっ!!』と言う
びいすけ の奇声が聞こえてきそうです。

      20160302まつぶせ緑の丘公園10


平日だから、芝生広場がガラガラだけど
休日は人がいっぱいになるんだろうか?

      20160302まつぶせ緑の丘公園11




里山ゾーンに移動すると、なぜか立ち入り禁止。

      20160302まつぶせ緑の丘公園12


どうやら、工事中で立ち入り禁止になっています。
      20160302まつぶせ緑の丘公園13


ところで、公園に緑を増やす工事 って何?
植樹でもしているのかな?

      20160302まつぶせ緑の丘公園14


仕方ないので、里山ゾーンは諦めて、散策を続けます。

      20160302まつぶせ緑の丘公園15



またまた、ネットが張られ立ち入り禁止。
今度は照明工事のようです。

      20160302まつぶせ緑の丘公園16

考えたら、今は3月。
役所で言う所の年度末。
それで色んな工事をしているのかな?



外周を歩くのは諦めて、水辺ゾーンに移動します。

      20160302まつぶせ緑の丘公園17


なだらかなスロープを降って行きます。

      20160302まつぶせ緑の丘公園18


降った先には木道。

      20160302まつぶせ緑の丘公園19



調整池の上を木道が先へと導いてくれます。

      20160302まつぶせ緑の丘公園20


しっかりした木道だから揺れもほとんど無い。
水の苦手な びいすけ も怖れることも無く、快調に歩きます。

      20160302まつぶせ緑の丘公園21


      20160302まつぶせ緑の丘公園22


調整池の先はトンボ池。

      20160302まつぶせ緑の丘公園23


夏から秋にかけて、トンボがいっぱい飛んでいるんでしょうか?

      20160302まつぶせ緑の丘公園24



トンボ池の先は、またまた工事中で立ち入り禁止。

      20160302まつぶせ緑の丘公園25

あまりにも工事中で立ち入り禁止が多いと
若干、興醒めしちゃいます。

まぁ、時刻も11時ちょっと前。
越ケ谷に11時半に約束(予約)があるから
撤収するには、ちょうど良いタイミング。

立ち入り禁止が多くて、100%満足していないから
工事が終わって落ち着いた頃に、また来てみようかな...............?


2016/03/28 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit