01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

び・び・びのびいすけ

御朱印巡り...............《 田間神社 》 (2017年12月1日)(千葉県東金市) 

12月1日

御朱印巡りに出かけたこの日。
成田市から八街市と移動し、さらには東金市へ足を伸ばし
最後に訪れたのは...............田間神社


実は田間神社に来るのは、これで2回目。
前回は、田間神社そのものが目的ではなく
田間神社の背後の山が中世の田間城址になるため
田間城址を攻略する際に田間神社からアプローチしました。

でも、今回は御朱印目的の参拝。
確実に田間神社目的の訪問です。

1509年(永正六年)に、土気城より移った酒井定隆によって
田間城が築かれました。
田間城の城内に第六天宮を祀ったのが田間神社の始まりとされています。
城地が狭かったため、南の地に鴇ヶ根城(東金城)を築き、酒井定隆は本拠を移しました。
田間城はその後も、支城として用いられましたが、
1590年(天正十八年)の秀吉の関東侵攻により、東金城落城とともに   
田間城も廃城となりました。
田間神社は、参拝路が険悪なために、現在の地に遷されたと言われています。
享保年間(1716年~1731年)に本殿を建立されたそうです。
明治2年(1869年)に太政官布告「神仏分離令」により
神社名を「田間神社」とし祭神を造化の三神とし現在に至っているそうです。



田間神社の社号標。

      20171201田間神社01


それでは、田間神社を参拝いたしましょう。

      20171201田間神社02


      20171201田間神社03


一の鳥居。

      20171201田間神社04


鳥居に掲げられた神額。

      20171201田間神社05


手水舎。

      20171201田間神社06


石段脇には祓戸大神。

      20171201田間神社07

祓戸大神とは、神道において祓を司どる神であり、
祓戸とは祓を行う場所のことで、そこに祀られる神という意味です。
すなわち、この場所で清めてから、拝殿にお参りをすると言うことになります。


拝殿に向けて、石段を上がって行きます。

      20171201田間神社08



石段の先には二の鳥居。

      20171201田間神社09


      20171201田間神社10


さらに石段を上がれば拝殿。

      20171201田間神社11


      20171201田間神社13


拝殿に掲げられた扁額。

      20171201田間神社15



ちょうど、拝殿内では七五三のご祈祷中。

      20171201田間神社17


      20171201田間神社18

邪魔をしないように参拝します。



拝殿前の狛犬。

      20171201田間神社12


     
拝殿前の提灯。

      20171201田間神社14


      
拝殿の鬼瓦。

      20171201田間神社16



そして、本殿。

      20171201田間神社20

  

   
御朱印は、こちらの授与所で頂くことが出来ます。

      20171201田間神社19


      20171201田間神社26



拝殿脇の境内社。
     
      20171201田間神社21


この先は田間城址。

      20171201田間神社22

今日は、この先へは行きません。


田間城址の説明板。

      20171201田間神社23


田間城址の縄張り図。

      20171201田間神社24

いつか、また攻略しなくちゃ!



こちらが、田間神社の御朱印。

      20171201田間神社25


元々は戦国時代に酒井定隆によって祀られた第六天宮を楚とする田間神社。
田間城が落城後も厳かにこの地に鎮座する田間神社。
    
やっぱり、昔から地域の社だったのですね。





スポンサーサイト
2018/01/22 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅 《 みのりの郷東金 》 (2017年12月1日)(千葉県東金市) 

12月1日

御朱印巡りで東金市まで足を伸ばしたこの日。
東金市にある道の駅にも立ち寄ってみました。


訪れたのは...............道の駅 みのりの郷 東金

      20171201みのりの郷東金01


      20171201みのりの郷東金02


      20171201みのりの郷東金03


道の駅 みのりの郷 東金 は平成27年11月にオープンした
千葉県内では27番目の道の駅です。
実は、最近まで東金市に道の駅があるとは知りませんでした。
しかしながら、千葉県内には28の道の駅が在り、
いつの間にかかこんなに増えたんだぁ...............と言うのが正直な感想です。


駐車場に車を停めて、道の駅を探索いたしましょう。

      20171201みのりの郷東金04



こちらが、メインの施設。
東金マルシェと言う物産館。

      20171201みのりの郷東金05


内部は、こんな感じでちょっとしたスーパーのようです。

      20171201みのりの郷東金06


農産物が豊富。

      20171201みのりの郷東金07


      20171201みのりの郷東金08


      20171201みのりの郷東金09


片貝漁港が近いから、ちょっとした海産物も置いてある。

      20171201みのりの郷東金10


道の駅の切符も販売。

      20171201みのりの郷東金11



レジ近くには情報コーナーもあり、道の駅のスタンプも置かれています。

      20171201みのりの郷東金12


      20171201みのりの郷東金13



東金マルシェの建物の隣は園芸コーナー(緑花木市場)。

      20171201みのりの郷東金14


広いスペースには温室もある。

      20171201みのりの郷東金15


      20171201みのりの郷東金16



こちらはレストラン。

      20171201みのりの郷東金17

地元の食材を使ったイタリアン。


テラス席のスペースもあるようですが、
平日のこの日は、テラス席は無い。

      20171201みのりの郷東金18


その代わりに、物産館とレストランの間の広場に
常設のテーブルが設置されています。

      20171201みのりの郷東金19



物産館にも雨が降っても大丈夫なテラス席があり。

      20171201みのりの郷東金20


小腹が空いて来たので、ちょっとひと休み。

      20171201みのりの郷東金21


びいすけ もオヤツの時間といたしましょう。

      20171201みのりの郷東金22


      20171201みのりの郷東金23


      20171201みのりの郷東金24



レストランの奥には芝生広場。

      20171201みのりの郷東金25


ちょっぴり南国ムードもあったりして...............。

      20171201みのりの郷東金26



こちらが道の駅の切符。

      20171201みのりの郷東金27


      20171201みのりの郷東金28


そして、道の駅のスタンプ。

      20171201みのりの郷東金29


さすがに新しい道の駅だから、施設も綺麗。
ただ買い物をするだけじゃなく、ゆっくりと休憩してもらいたい、
楽しんで帰ってもらいたいと言う意図がはっきりしている道の駅。

こう言った道の駅が増えればいいな。






2018/01/21 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............《 日吉神社 》 (2017年12月1日)(千葉県東金市) 

12月1日

この日は、成田市近郊の御朱印巡りに出かけました。
成田市から八街市に足を伸ばし、
ついには東金市まで足を伸ばしてしまいました。

たまたま立ち寄った東金市の丸山公園の駐車場近くに
こんな案内板を見つけてしまいました。

      20171201日吉神社01

『 日吉神社の裏参道? 日吉神社って...............? 』

正直言って、東金の日吉神社の事を知らなかったから
ちょっとだけ覗いてみようか................? と軽い気持ちで足を伸ばしてみました。

      20171201日吉神社02


裏参道を歩いて日吉神社に到着。


こちらが、裏参道側の鳥居。

      20171201日吉神社03

正直、大したことのない神社だと思っていて
鳥居をくぐって、境内に入り社殿を見てびっくり。
随分と立派な神社。社務所にも官職さんが居る。

これは、正面からきちんと参拝しないと失礼にあたる。
慌てて、正面の鳥居へと移動しました。


そもそも日吉神社は、日吉と書いて『ひえ』と言うらしい。
創建は807年に最澄がこの地を巡錫し、最福寺を建てるにあたり、
守護神として比叡山の日吉大社を鴾ヶ峰(現在の山王台公園)に勧請したのが始まりとされています。

1387年にこの地に遷宮され、1614年に徳川家康によって本殿の改築を命じられました。
山王大権現と称していましたが、明治から日吉神社と改めたそうです。
      


こちらが、日吉神社の参道の入口(表参道と言うのだろうか?)

      20171201日吉神社04



鳥居の脇に建つ案内板。

      20171201日吉神社05



その隣には由緒書き。

      20171201日吉神社06



さらに、その隣には社号標。

      20171201日吉神社07



そして、二の鳥居。

      20171201日吉神社08

実は、一の鳥居は八鶴湖の近くにあるそうです。



日吉神社の参道の杉並木は、東金市の天然記念物に指定されています。


かなり年季の入った標柱。

      20171201日吉神社09


標柱だけでなく、説明板も建てられています。

      20171201日吉神社10


      20171201日吉神社11



鳥居の先には見事な杉。

      20171201日吉神社14


どれくらい見事かって...............?

こんな感じです。

           20171201日吉神社13
      20171201日吉神社12

いきなり目の前に現れたこの杉には圧倒されました。


二の鳥居から本殿までの約200mの表参道の両側には、
39本もの大杉が立ち並んでいるそうです。


杉を眺めるように上を見ながら石段を上ります。
     
      20171201日吉神社15


      20171201日吉神社16



石段を上りきれば、目の前には杉並木。

      20171201日吉神社17


      20171201日吉神社18


      20171201日吉神社19

思わず、ここはパワースポットだと実感しました。


静寂な杉並木の参道を約200m歩けば
目の前には拝殿。

      20171201日吉神社21


      20171201日吉神社20


拝殿に掲げられた扁額。      

      20171201日吉神社22



拝殿内部。

      20171201日吉神社23




拝殿前の説明板。
神使いについて記されています。

      20171201日吉神社24


日吉神社には、神使として石造りの一対の猿が鎮座しています。

      20171201日吉神社25


      20171201日吉神社26



こちらは狛犬。

      20171201日吉神社27



本殿の説明板。

      20171201日吉神社28


こちらが、本殿。

      20171201日吉神社29


こちらが、社務所と授与所。
御朱印はこちらで頂く事が出来ます。

      20171201日吉神社30

御朱印を待つ間に、もう一度杉並木の参道を歩いてみます。


こちらは手水舎。

      20171201日吉神社31



手水舎の隣には由緒書き。

      20171201日吉神社32



境内社。

      20171201日吉神社33


こちらは、神輿庫。

      20171201日吉神社34



御神木前にて。

      20171201日吉神社35


御神木も、これまた立派な杉。

        20171201日吉神社36
      20171201日吉神社37



参道の案内板。
この先に八幡神社があるようです。

      20171201日吉神社38


大谷八幡神社の一の鳥居。

      20171201日吉神社39


大谷八幡神社の由緒書き。

      20171201日吉神社40

こちらの八幡神社の本宮は山武市に鎮座する白幡八幡神社のようです。


大谷 八幡神社へは、この細い道をさらに進みます。

      20171201日吉神社41



こちらが、大谷八幡神社。

      20171201日吉神社42



こちらが、御朱印。

      20171201日吉神社43



丸山公園に立ち寄らなかったら、
丸山公園の駐車場に車を停めなかったら
おそらく立ち寄ることも無かった日吉神社。

正直期待していなかっただけに、このギャップは嬉しいモノ。
とにかく、この静寂さと尊厳さは味わう価値有りだと思います。


2018/01/20 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

丸山公園 (2017年12月1日)(千葉県東金市) 

12月1日

この日は、成田市近郊の御朱印巡りに出かけました。


八街神社から東金市へと向かいます。
その移動途中、ときがね湖近くに広そうな公園があったことを思い出した。
せっかくだから立ち寄ってみましょう。

と言うことで、立ち寄った先は...............丸山公園


丸山公園は、丸山遺跡を利用して作られた約1万坪の広さを持つ公園です。
公園内には昭和33年(1958年)東金高校の考古学クラブによる発掘調査で
約100軒の住居跡と多数の遺物が発見された堅穴住居跡もあるそうです。
周囲は静寂で花木や野鳥も観察でき、気分よく散策を楽しめるそうです。

ならは、立ち寄らない理由がありません。
駐車場もしっかりと準備されていました。


こちらが、県道に面した公園の入口。

      20171201丸山公園01


それなりに歴史はあるのか?
公園案内図も年季が入っています。

      20171201丸山公園02


メインの広場になるのか?
きっと夏場は水が張られていると思うけれど
今は水枯れ状態。

      20171201丸山公園03



日吉台と言う台地にある公園。
近くに住宅街が有るけれど、木々も多い。

      20171201丸山公園04



東金レイクサイドヒル記念碑。

      20171201丸山公園05

民間の不動産会社が開発した分譲地の記念碑のようです。


公園には県道を挟んで二つのエリアに分かれ
各々に芝生広場があります。
こちらは、運動場と呼ばれる芝生広場。

      20171201丸山公園06



広場を闊歩する びいすけ 。

      20171201丸山公園07



住宅街が近いから、近隣のワンちゃんたちの散歩コースになっているのでしょう。
かなり匂いが気になるようです。

      20171201丸山公園08


      20171201丸山公園09



しばらくすると、いきなりの『ごろりんちょ』。

      20171201丸山公園10

そして、背中をスリスリのローリング。


さらには、起き上がってからの ぷるぷるぷる〜っ。

      20171201丸山公園11

やっぱり、芝生を徘徊するのって楽しいのかなぁ?



運動場の下手には、屋外ステージ。

      20171201丸山公園12

ちょっとしたイベントでも開催されるのかな?


園内の散策路は、ちょっとした雑木林の中へ導いてくれます。

      20171201丸山公園13


こう言った山の中へと続く散策路って個人的には好き。

      20171201丸山公園14



特にこの時期、枯れ落ち葉をカサカサと踏み付けて歩くのは
びいすけ も好きなようです。

      20171201丸山公園15


再び運動場脇の遊歩道を歩き、
県道の向こうのエリアに移動します。

      20171201丸山公園16



県道は高架の歩道橋で渡ります。

      20171201丸山公園17

丸山ガーデンブリッジってベタな名称(笑)。


普通の遊歩道にしか見えない丸山ガーデンブリッジ。

      20171201丸山公園18



こちらが、芝生広場。

      20171201丸山公園19



この辺りに丸山遺跡が在ったようです。

      20171201丸山公園20

城址には興味があるけれど、
遺跡とか古墳には余り興味が無いから、ここはスルー。

何だかんだと言いながらも、久しぶりの公園散歩。
びいすけ も満足してくれたようです。







2018/01/19 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

丸ポストを探して...............千葉県東金編②  (2016年9月7日)(千葉県東金市) 

9月7日 公休日

この日は、千葉県内のダムカード集めに出かけていました。

とは言いながらも、千葉県内の最後の1枚である『東金ダム』のダムカードを手にしたあと
公平小学校跡に立ち寄ったりして、更なる寄り道。
最近ご無沙汰ですが、新たに千葉県内に設置された丸ポストを探しに行きました。

千葉県内の丸ポストを完全制覇したはずだったんですが
いつの間にか、何基かの丸ポストが新設されたりして
かなりの時間が経っていますが、改めての制覇に向けてのチャレンジです。

と言うことで、丸ポスト探し、千葉県東金編②です。



東金の観光スポットでもある『八鶴湖』。
春の桜の季節には多くの花見客で溢れる地元では名の知れた場所。

その八鶴湖の畔に『八鶴亭』と言う明治18年創業の老舗の料亭があります。


いつの日からか判りませんが...............
その八鶴亭の建物の前に丸ポストが設置されました。

      20160907丸ポスト東金01



こちらが、その丸ポスト。

      20160907丸ポスト東金02


確かに、背後の木造の建物は時代を感じさせてくれます。

      20160907丸ポスト東金03


      20160907丸ポスト東金04



丸ポストを別アングルから。

      20160907丸ポスト東金05


八鶴亭の玄関がバックに映り込むから
こちらの方が画になるかも...............?

      20160907丸ポスト東金06




正面から

      20160907丸ポスト東金07

桜の花のワンポイントがお洒落。
桜の名所であるのを八鶴湖の畔にあるから
桜の花が似合います。

そして、折り鶴。
八鶴湖だから鶴なんでしょうね。


      20160907丸ポスト東金08



八鶴湖の畔にある八鶴亭。

八鶴亭の建物は、元々は明治創業の旅館『八鶴館』のものでしたが、
現在は所有者が変わり、料亭を営んでいます。
八鶴湖畔に面する本館には1階に60畳の大広間や玄関、
2階には宿泊室を配し、各部屋の意匠を凝らしています。
本館東側に接続する本館は木造3階建で棟が最も高く、
さらに東側に宿泊棟が続き、棟高や屋根形式が異なる3棟が八鶴湖の景観に彩を添えています。
背面には渡り廊下を介して浴室棟と、石造風外壁と赤瓦が印象的なビリヤード棟が建っています。
平成21年5月に国の登録有形文化財に登録されました。

      20160907丸ポスト東金09


老舗料亭には縁がありませんが、玄関もそれなりの趣きがありそうです。

      20160907丸ポスト東金10

まぁ、庶民の私には敷居が高そうですが...............


でも、丸ポストのある風景は画になるなぁ。

      20160907丸ポスト東金11



せっかくだから、八鶴湖をバックに...............

      20160907丸ポスト東金12

逆光で少し暗くなってしまったようです。



千葉県内の丸ポスト。
これまでに、

数多くの丸ポストに会いに行ってきました。
 

佐倉市①   13基制覇
佐倉市②   2基制覇
成田市    9基制覇
富里市    1基制覇
東金市    4基制覇
八街市    1基制覇
香取市   10基制覇
印西市    2基制覇
四街道市① 2基制覇
勝浦市    5基制覇
御宿町    2基制覇
山武市    3基制覇 
銚子市    3基制覇
茂原市    4基制覇
白井市①   1基制覇
白井市②   1基制覇
鎌ヶ谷市   5基制覇
習志野市   3基制覇
大多喜町   2基制覇
いすみ市   5基制覇
市原市    1基制覇
袖ヶ浦市   1基制覇
鴨川市    1基制覇  
南房総市   6基制覇
君津市    3基制覇
富津市    2基制覇
木更津市   1基制覇
野田市    2基制覇
我孫子市    1基制覇
柏市     1基制覇
四街道市②  1基制覇
大多喜町②  1基制覇
九十九里町    1基制覇


そして、本日東金市②で1基追加。
合計101基制覇したことになります。


(この他にも 銚子市の丸型庇付き  白井市のLETTERポスト の2基もあり)


まだ未確認ですが、習志野市に1基、丸ポストが増えたとの情報もあるようなので
いずれ機会があれば、確認してみたいと思っています。







2016/10/04 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............公平小学校 (2016年9月7日)(千葉県東金市) 

9月7日   公休日

この日は、東金市にやって来ました。

偶然に見つけた『公平中学校跡』に隣接する駐在所の駐在さんに教えてもらい
辿り着いたのは...............東金市立 公平小学校


公平小学校も詳しい情報がありません。

東金市立東小学校のHPによれば...............

明治5年8月3日。学制が発布されると同時に、公平地区の学校は
家之子学校・松之郷学校・姫島学校・求名学校が統廃合されて、
家之子学校と松之郷学校の二校になりました。

明治41年。この二校を合併して公平小学校と改称し、
松之郷分校とともに,公平地区の教育の進展を担ってきました。

昭和48年に東金市の学区が編成され、東金小学校と公平小学校は分割・再編され
東小学校、東金小学校(1974年東金市立東小学校・城西小学校・鴇嶺小学校となりました。


と、まあ、このような沿革のようですが
肝心の校地が何処であったか? 不明でした。
Googleマップで調べてみると、公平幼稚園が怪しい?
そうは思っていたんですが、幼稚園って平日は園児が居るから
絶対に入れない。
遠巻きに眺めてみたけれど、確信が持てないし
確たる証し(記念碑や二ノ宮像など)も無い。
たまたま出逢った駐在さんに尋ねたら、
『公平小学校の跡地に公平幼稚園が出来ました。』と教えてくれました。



と、言う事で自信を持って紹介する公平小学校跡地。


こちらが正門。

      20160907公平小学校01


当然ながら、門柱には『公平幼稚園』の表札。

      20160907公平小学校02


古タイヤの築山は、幼稚園児が遊ぶには、まだちょっと早くない?

      20160907公平小学校03


と言うことで、この辺りの遊具は公平小学校の時のモノじゃないのかなぁ?

      20160907公平小学校04


ちょうど建物の外壁工事をしているようで、
尚更、部外者の立ち入り禁止。
当然ながら、敷地内には入れないので、フェンス沿いに移動します。

      20160907公平小学校05


この辺りの遊具も幼稚園児にはそぐわない?

      20160907公平小学校06

雲梯って、幼稚園にあったっけ?
私たちの時代には無かったような...............気がします。


公平幼稚園が開設したのは昭和49年の9月。
公平小学校が廃校になったのは昭和48年の春。

おそらく、建て替えられたであろう園舎。

      20160907公平小学校07


それにしては、大きいと言うか、横に長い。
ひょったしたら、公平小学校時代の校舎?

      20160907公平小学校08

中に入れないから確認出来ないけれど
玄関辺りにある定礎のプレートを確認したくなります(笑)。



公平幼稚園に隣接する公平公民館。

古い石作りの門柱は、おそらく公平小学校のモノ?
それとも、この場所に建っていた校舎の一部を間借りして開校した
公平中学校のモノでしょうか?

      20160907公平小学校09


門柱には、『公平公民館』の表札。

      20160907公平小学校10

意外に新しい。
ちなみに、公平公民館は昭和52年に建てられたそうです。


公民館と幼稚園は一応フェンスで区切られています。
公民館側から幼稚園の敷地内に、こんなモノがあるのを見つけました。

      20160907公平小学校11

とは言っても、勝手に中には入れない。
9月の平日。
幼稚園はお昼寝の時間か?


たまたま、遭遇した保育士さん(?)に声を掛けて
写真を撮るだけの条件で許可をいただいたけれど、
犬連れはNG。

びいすけ のリードをフェンスに括り付け
さ、さ、さぁ〜と写真を撮ることになります。

      20160907公平小学校12

『希望』と記された碑。


公平小学校の開校50周年の碑でした。

      20160907公平小学校13


数年前から情報を集めていた公平小学校。
まさか、跡地が幼稚園になっているとは...............

あれ?
どこかで似たような展開がありました。

行方市(旧北浦村→北浦町)の山田小学校も幼稚園になっていたっけ。


廃校後、幼稚園として再活用されるっていうパターンも
世の中には多くありそうですね。




2016/10/03 Mon. 23:59 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............番外編 公平中学校跡 (2016年9月7日) 

9月7日 公休日

この日は、東金市に行きました。

東金ダムをあとにして、東金市の廃校を探しに行きました。


昭和47年に廃校になった小学校(公平小学校)を探していたら
こんな石碑を見つけちゃいました。

      20160907公平中学校跡01


      20160907公平中学校跡02



『学舎の跡』

      20160907公平中学校跡03

お〜! 探していた小学校跡は此処か!?



よく石碑を見ると、『公平中学校校歌』と刻まれています。

      20160907公平中学校跡04



そうなんです。

公平小学校跡を探していたら、
偶然にも公平中学校跡を見つけちゃいました。


しかしながら、すぐさまiPhoneで『公平中学校』とググッてみても
ヒットいたしません。
詳しい沿革が判りません。

以前、この辺りは公平村と呼ばれていて
その頃、公平村には中学校がありました。

東金中学校のHPの沿革によれば...............

昭和22年 新制中学発足。
東金町,丘山村,公平村,正気村,福岡村に町村立中学校が創立。

昭和29年 町村合併による市制施行に伴い,それぞれの学校は東金中学校,
丘山中学校,豊成中学校,正気中学校,福岡中学校に改称したらしい。


昭和36年 中学校の統合により,三つの中学校に再編され
第一中学校,第二中学校,第三中学校となったらしい。

すなわち昭和36年まで、この地に中学校があったと言うことらしい。



石碑の裏に回ったら、何やら記されています。

      20160907公平中学校跡05


      20160907公平中学校跡06


      20160907公平中学校跡07

要約すると...............

昭和22年の学制改革によって公平村立公平中学校は創立されました。
公平小学校校舎の一部を借りて(現・公平公民館のある場所)開校しました。

昭和24年  新校舎建設に伴って、この地に移転。
昭和27年   町村合併により東金町立公平小学校と改称する
昭和29年   東金町が市制施行して東金市となり、
         東金市立公平中学校と改称する 
         東金市内の中学校統合により東金中学校公平校舎と改称する。
昭和35年   東金市内の中学校の再編により廃校となる。
         学区の生徒は東金市立第二中学校へと通うことになる。
昭和42年   惜しまれつつも校舎は解体され、跡地は住宅地となる 

と、このような沿革が刻まれていました。




中学校跡の一部は、道庭公園と言う小さな公園になっています。

      20160907公平中学校跡08


      20160907公平中学校跡11


      20160907公平中学校跡12




そして、道庭公園の隣は公平駐在所。

      20160907公平中学校跡09

この駐在所もかつての中学校の敷地の一部です。


駐在所を別アングルから。

      20160907公平中学校跡10


     
そこへ巡回パトロールをしていた駐在さん(警察官)がバイクに乗って駐在所に戻って来ました。
駐在さんに色々と尋ねたら、やはり駐在さんは交番勤務の警察官とはひと味違います。
まだ若い警察官ですが、地域に住んでいるから、地元の事に詳しい。
しっかり、探していた場所(公平小学校跡)も教えてくれました。


校舎解体後に更地となり、一部は小さな公園として残されていますが
敷地の多くが宅地開発されてしまい、例の碑が無ければ
とても学校跡地には見えません。
この石碑について、Googleで『千葉県公平中学校跡』とか
『公平中学校歌碑』で検索してもヒットしない。

ひょっとしたら、多くの東金市民でさえ
此処に公平中学校が在った事さえ知らず、
ひっそりと碑が建っていることも知らないかもしれない。

偶然とは言え、また一つ多くの人が知らないことを知り得て
ちょっぴり得した気分になりました。








2016/10/03 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう  《 東金ダム 》 (2016年9月7日) (千葉県東金市市) 

9月7日  公休日

最近、ハマっているダムカード集め。
千葉県内には多くのダムがありますが、
ダムカードを発行しているダムは9ヶ所あり
その内8ヶ所のダムカードは手に入りました。
残すは1ヶ所。
千葉県のダムカードの最後の1枚。
そのダムカード集めに訪れたのは...............東金ダム




東金ダムは、千葉県東金市にあるダムです。
房総導水路にある2つのダムのうちの1つで、平成6年に完成しました。
ダムの高さ28.3m、長さは248mもあり、土を盛り立てたアースダムです。
堤体材料の大部分は、ダムサイトや近隣住宅地造成時の掘削土を利用しているそうです。

房総導水路事業の一環で房総半島一円を導水路 - 揚水機場 - ダムで結び、
各水道事業体に引き継ぐためのものであり、
千葉市周辺地域、九十九里浜沿岸地域、南房総地域の水道水、
京葉臨海工業地帯等の工業用水を供給する房総導水路施設のひとつです。

東金ダムのダム湖は『ときがね湖』と呼ばれています。




こちらが東金ダム。

       20160907東金ダム01

と言っても東金ダムの駐車場。



駐車場から、ときがね湖を眺めます。

       20160907東金ダム02


       20160907東金ダム03


      20160907東金ダム04


イヤ~な看板が目に入ってきました。

      20160907東金ダム05



ときがね湖の周りは、ぐるっと一周できる周遊路(散歩コース)があって、
東金市民の憩いの場となっているようです。
 
      20160907東金ダム06



しかしながら、こちらも犬連れ散歩禁止。

      20160907東金ダム07



仕方がないので、駐車場から望遠レンズ越しに東金ダムの堤体を眺めてみます。

      20160907東金ダム08


      20160907東金ダム09


      20160907東金ダム10




長柄ダムにも、ダム湖の真ん中に似たような施設がありました。

      20160907東金ダム11

まさか、展望台じゃないと思うけれど...............



確か、ときがね湖って魚釣り禁止だと思うんだけど
まさか、船で釣りしてる...............?

      20160907東金ダム12


なかなか良さそうなロケーションなんですが
犬連れには、周遊路が立ち入り禁止とは酷ですなぁ。

早々に引き上げて、少し離れたダムカードの配布場所に移動しましょう。


こちらが、配布場所になる『東金文化会館』。

      20160907東金ダム13

1階の事務所で配布されています。
ダムを訪れた証しになるデジカメの画像を見せて
ダムカードをゲットです。



こちらが、東金ダムのダムカード。

      20160907東金ダム14


      20160907東金ダム15



これで、千葉県内で配布されているダムカードを全て手に入れました。
千葉県のダムカード、コンプリートっていうやつです。

ちなみに、これで手に入れたダムカードは17枚。
カードを入れるカードホルダーを買って来なくっちゃ。





2016/10/02 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

丸ポストを探して ...........千葉・東金編                   (2013年2月7日)(千葉県東金市) 

2月7日 公休日


先日もブログに記載しましたが、
ネットで、面白いサイトを見つけた。

〒MAP ポストをひたすらマッピング


全国185,409ポストの内、161,605 ポストの所在地 、形状のデータベース。


こちらで丸ポスト(差出箱1号と言うらしい)を検索すると

2月1日現在

   全国で    4658基 あるらしい
   千葉県で    98基 あるらしい

  もちろん網羅率は100%ではないので、漏れ等はあるかと思いますが
  全国の郵便ポストファン(?)が情報を投稿しているようです。

この丸ポスト、探してみると結構おもしろい。

最近は近隣の市町村の丸ポストを調べたりして..........


東金市に丸ポストが4基あるということなので
東金市に丸ポストを探しに行ってきました。




まずは、東金市街地(東金市東金)にある丸ポスト。
県道119号線沿線の福屋という書店の向(道路を挟んだ反対側)
歩行者の通行を妨げ(?)大きな顔をして歩道に建っています


      20130207東金丸ポスト01


      20130207東金丸ポスト02


      20130207東金丸ポスト03

昔ながらの街道沿いの商店街(商店会)の中にありますが
このあたりもシャッター通りと言うか
商店をやめて、一般住宅になっているところが多いようです。





さらに県道119号を西下、
田間のカネハン商店前の丸ポスト


      20130207東金丸ポスト04


      20130207東金丸ポスト05


      20130207東金丸ポスト06



市街地の丸ポストはこの2基


残りの2基はちょっと離れた場所にあります。
いやちょっとではないですね。
かなり離れていました(笑)




東金から九十九里に向かう県道25号線
正木郵便局前にある丸ポスト
東金市といっても、ほとんど九十九里町と言ってもいいくらい(笑)


      20130207東金丸ポスト07


      20130207東金丸ポスト08


      20130207東金丸ポスト09



最後の1基は、さらに遠く.......     
求名駅から1kmぐらいの豊成郵便局前の丸ポスト
こちらは東金市と言っても、ほとんど山武市と言ってもいいくらい。
いやぁ~九十九里から山武まで移動した感じです。


      20130207東金丸ポスト12


      20130207東金丸ポスト10


      20130207東金丸ポスト11




これで、東金市の丸ポストも制覇!!


千葉県の丸ポスト  98基

    佐倉市   15基
    成田市    9基
    富里市    1基
    東金市    4基

都合29基制覇。 残すは69基。


頑張っちゃおうとっ!!


 
 
 
 
 
 
2013/02/19 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit