03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

原町田七福神⑥ 大黒天  《 カリオン広場 》(2017年1月1日)(東京都町田市) 

1月1日 公休日

毎年、個人的な1月の恒例行事である七福神巡り。
今年は原町田七福神巡りからスタートです。

「原町田七福神」は、平成21年に祀られた比較的新しいものですが、
既に都内・相模地区で人気の注目コースとなっているようです。
小田急線町田駅の南側に展開する原町田七福神は、
総距離約3キロと短く気軽に廻れ、中央商店街を通るため、
行き帰りにお食事や喫茶、買物が楽しめるのも魅力のひとつです。
しかしながら、犬連れで巡る際は、楽しみが半減しちゃいそうですが
ワンちゃんと一緒に散歩感覚で巡れるのも魅力の一つではないでしょうか...............?


原町田七福神は

弁財天       母智丘神社
毘沙門天      浄運寺
大黒天        カリオン広場
布袋尊        宗保院
福禄寿        町田商工会議所前
寿老人       勝楽寺
恵比寿       町田天満宮

と、このような構成となっています。


それでは、原町田七福神の第6弾。
カリオン広場の 大黒天です。

大黒天は、梵語で摩訶迦羅(マハーカーラ)。
マハー(大いなる)カーラ(黒)を漢訳して大黒天または大黒神といい、
仏教に採りいれられ、悪鬼と戦う勇猛な護法の軍神となる。
もともとは甲を付け、右手に鉾、左手に宝塔を持ち邪鬼か岩座の上にたっていた。
鎌倉時代から室町時代にかけて、字音が大黒と大国が同じ事から、
出雲大社の大国主命と結びつき、現在のような打ちでの小槌を持ち、
大きな袋を担ぎ、福徳円満な純和風な大黒天となったとされています



原町田七福神の大黒天が祀られている(設置されている)のはカリオン広場。

町田街道を小田急線の線路を渡った先、
すなわち、小田急線町田駅前の広場がカリオン広場です。

      20170101町田七福神⑥大黒天01



そんなに広くないカリオン広場。
原町田七福神の幟はすぐ目に入ります。

      20170101町田七福神⑥大黒02



こちらが、原町田七福神 大黒天。

      20170101町田七福神⑥大黒03


      20170101町田七福神⑥大黒04


      20170101町田七福神⑥大黒05



町田街道に面するカリオン広場。
広場の一角には、絹の道の説明板。

      20170101町田七福神⑥大黒06


そして、絹の道の碑。

      20170101町田七福神⑥大黒07

北は、八王子。


南は、横浜。

      20170101町田七福神⑥大黒08




幕末に横浜が開港すると生糸の輸出が盛んとなり、
八王子に集められた生糸は、片倉・鑓水・を経て町田を通って横浜へ出荷されて行きました。
そして、明治には「絹の道」として栄えた八王子と横浜を結ぶ南北交通の要であったようです。
その絹の道が現在の町田街道です。


これで、原町田七福神の大黒天も制覇。



残すは、原町田七福神の恵比寿のみ。


原町田七福神の恵比寿は、町田天満宮に置かれています。

町田天満宮の前に来て、びっくり!
元旦の初詣客の長蛇の列。

      20170101町田七福神⑥大黒09




五列横並びでも、かなりの行列。

      20170101町田七福神⑥大黒10


さすがに犬連れでは無理があります。
町田天満宮で恵比寿を確認出来れば、
原町田七福神巡りは完了なのですが、
この人混みじゃ、それも無理っぽい。

ここは素直に撤退いたしましょう。


まあ、正月気分も抜けて落ち着いた頃にでも
また訪れることにいたしましょう。









スポンサーサイト
2017/01/20 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

原町田七福神⑤  毘沙門天 《 浄運寺 》(2017年1月1日)(東京都町田市) 

1月1日 公休日

毎年、個人的な1月の恒例行事である七福神巡り。
今年は原町田七福神巡りからスタートです。

「原町田七福神」は、平成21年に祀られた比較的新しいものですが、
既に都内・相模地区で人気の注目コースとなっているようです。
小田急線町田駅の南側に展開する原町田七福神は、
総距離約3キロと短く気軽に廻れ、中央商店街を通るため、
行き帰りにお食事や喫茶、買物が楽しめるのも魅力のひとつです。
しかしながら、犬連れで巡る際は、楽しみが半減しちゃいそうですが
ワンちゃんと一緒に散歩感覚で巡れるのも魅力の一つではないでしょうか...............?


原町田七福神は

弁財天       母智丘神社
毘沙門天      浄運寺
大黒天        カリオン広場
布袋尊        宗保院
福禄寿        町田商工会議所前
寿老人       勝楽寺
恵比寿       町田天満宮

と、このような構成となっています。



それでは、原町田七福神の第5弾。
浄運寺の 毘沙門天です。

毘沙門天は、インド出身の神様。
仏教四天王の一人。多聞天とも言われており、
さらに金毘羅の別名もあり、
招福利財・融通招福の神として広く親しまれています。


町田駅からほど近い商店街沿いに浄運寺があります。

こちらが浄運寺。
山門前にて。

      20170101町田七福神⑤毘沙門天01


浄運寺は、法要山と号します。
日明が天正5年(1577)に開創したとされ、
矢部淡路(法善院日証、慶長5年1600年没)を開基とし、
淡路の後嗣として武藤佐次右衛門(浄運院日徳)とその母(法用院日運)が入寺、
寛永14年(1637)に一寺としたといいます。


山門脇に、原町田七福神の毘沙門天を見つけました。

      20170101町田七福神⑤毘沙門天02


こちらが、原町田七福神の毘沙門天。

      20170101町田七福神⑤毘沙門天03


      20170101町田七福神⑤毘沙門天04


実は、七福神の中では『毘沙門天』が一番好きです。

こちらの毘沙門天は『強さ』よりも『可愛いさ』が溢れています。

      20170101町田七福神⑤毘沙門天05



こちらが、浄運寺の本堂。

      20170101町田七福神⑤毘沙門天06



本堂の扁額には、山号の『法要山』の文字。

      20170101町田七福神⑤毘沙門天07



境内にある野盗塚(武藤塚)

      20170101町田七福神⑤毘沙門天08

町田市には、こんな民話があります。

野盗塚物語
これは武藤家が名主のときの話である。
ある日、武士の一隊が武藤家を訪ね、御用長持ちを預ってくれるよう申し入れ、
家の中に置いて立ち去った。
その夜半ごろ、下女が勝手にいた時、長持ちの蓋がギギーッと持ち上がった。
下女が主人にこのことを話すと、大石を運ばせ、長持ちの上に置かせたので、
隠れていた武士はなすこともなく、翌日空しく長持ちは運び出された。
しかし武藤家では、いつか必ず復讐に来ると思い、警備を厳重にしていた。

はたして数日の後に、五、六名の武士がのりこんできて主人に面会を求め、
いかめしい様子で金子の借用を申しいれた。
ものかげで待ちかまえていた家人や村役人、剣術指南の侍が、槍、刀を振るって突き入った。
野盗達も大いに防ぎ戦ったが、逃げ出した。
ところが路地や家の角は、大石をゆわえつけた梯子でふさがれていた。
そこへ竹槍を持った村人達も駆けつけ、戦に加わった。
戦はしばらく続いたが、野盗達は枕を並べて倒されてしまった。

      20170101町田七福神⑤毘沙門天10



野盗塚(武藤塚ともいう)は、この武士達の亡骸を弔い、
塚を築いて供養したものであると言われています。

      20170101町田七福神⑤毘沙門天09


      
その野盗塚の隣には、小さな二基の墓石。

      20170101町田七福神⑤毘沙門天11


一つは、大須賀明の墓。

      20170101町田七福神⑤毘沙門天12

明治二十年代に三多摩壮士により自由民権運動の政治活動が展開された頃、
政党の対立から鶴川村の壮士十余名により大蔵(鶴川村)の医師である大須賀明は襲撃され殺されました。
大須賀医院は明治の始め、原町田四丁目で開業していたこともあり、尊敬する有志一同により
墓が建てられたそうです。
この事件は、大須賀医師事件と言われています。



そして、もう一つは長岡織部の墓。

      20170101町田七福神⑤毘沙門天13

長岡織部は、弟子100人以上もいたという神道無念流の剣士だったそうで、
この墓は多くの門人達によって明治24年に建立されたそうです。




境内に置かれた鬼瓦。

      20170101町田七福神⑤毘沙門天14



そして、こちらが鐘楼。

      20170101町田七福神⑤毘沙門天15



この浄運寺の境内で、毎年暮れ近くに酉の市が開催されるらしい。
『まちだの酉の市』と言われ、それなりに地元では有名らしい。

知らなかったなぁ...............




2017/01/19 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

芹ヶ谷公園 (2017年1月1日)(東京都町田市) 

1月1日 公休日

この日は、原町田の七福神巡りに出かけました。

弁財天のある『母智丘神社』の近くでこんな看板を見かけました。

      20170101芹ヶ谷公園01


ただ、七福神を探すだけの散歩もちょっぴりつまらない。
せっかくだから、ちょっぴり足を伸ばして、公園散策も気分転換にもなります。
と言うことで、向かった先は...............芹ヶ谷公園




芹ヶ谷公園は、町田市にある町田市立の都市公園(特殊公園)です。
町田駅から程近いところに位置し、台地と台地の間の谷戸の南北に広がる公園で
園内の南側に町田市立国際版画美術館があります。



こちらが、母智丘神社側の芹ヶ谷公園の入口。

      20170101芹ヶ谷公園02



公園入口から台地を下るように降りて行くと
谷戸沿いに園地が広がっています。

      20170101芹ヶ谷公園08



その公園には適度に木が生い茂り、遊歩道もあって
いかにも びいすけ 好みの公園です。

      20170101芹ヶ谷公園03


雑木林の中に四阿も有ったりして、なかなか雰囲気は良い。

      20170101芹ヶ谷公園04



犬連れで散歩に来る人も多いようで、
この日も何組かの犬連れを見ました。
当然、他のワンちゃんの匂いが残っているから、
びいすけ は匂い嗅ぎ。

      20170101芹ヶ谷公園05


あっちでクンクン。

      20170101芹ヶ谷公園06


こっちでもクンクン。
     
      20170101芹ヶ谷公園12



この地域は湧き水も豊富のようで
公園に隣接する高台(母智丘神社)の隣には、
町田市の緊急時の給水所があったりします。

そのせいか、園内には湧き水の水路や
ちょっとした池もあります。

      20170101芹ヶ谷公園07



こんな感じで湧水が小川になっています。
     
      20170101芹ヶ谷公園10


その小川や池にワンちゃんを入れてしまう飼い主が多いのでしょう。
悲しいかな、こんな看板が立てられていました。

      20170101芹ヶ谷公園09


      
やっぱり、公園の散歩はゆっくり歩くに限ります。

      20170101芹ヶ谷公園11


  
景色を眺め、たまには写真を撮ったりして楽しみましょう。    

      20170101芹ヶ谷公園13



市道を挟んで、芹ヶ谷公園はさらに続きます。

何なのか良く分からないオブジェ。

      20170101芹ヶ谷公園14


元旦だからでしょうか?
こちらの多目的広場では、子供連れの親子が凧揚げをしていました。

      20170101芹ヶ谷公園15


多目的広場の隣の斜面は、雑木林を利用した冒険広場。
いわゆるアスレチックのミニ版。
当然、犬が入ったら顰蹙を買いそうなので、ここはスルーいたします。

      20170101芹ヶ谷公園16



またまた、嫌な看板が目に入ります。

      20170101芹ヶ谷公園17

ひょっとして、この公園を利用する犬連れの人は
余りにもモラルが欠けているのか?


こちらが、その噴水池。

      20170101芹ヶ谷公園18


確かに子供が水遊びするために作られた感が強い。

      20170101芹ヶ谷公園19


噴水池の前で写真を撮るだけでも絵になるのにねぇ。

      20170101芹ヶ谷公園20


      20170101芹ヶ谷公園21



噴水池のさらに先は美術館エリア。

こんなオブジェも飾られています。

      20170101芹ヶ谷公園22


美術館の建物の前には、ひっそりと芹ヶ谷公園の園内図板が置かれていたりします。

      20170101芹ヶ谷公園23



町田市立国際版画美術館前にて。

      20170101芹ヶ谷公園24

今日は元旦で美術館も休館日。
ひっそりとしています。
美術館が芹ヶ谷公園の南端であり、ここで公園は終わり。


芹ヶ谷公園を南北に縦断したことになるから、町田駅方面に戻りましょう。

      20170101芹ヶ谷公園25



石段を台地へと上がって行けば、再びオブジェ。

      20170101芹ヶ谷公園26


こちらが、美術館の門(...............かな?)

      20170101芹ヶ谷公園27


こちらが芹ヶ谷公園の西口(入口)になるのかな?

      20170101芹ヶ谷公園28



偶然、立ち寄った芹ヶ谷公園。
町田市には薬師池公園とか相原中央公園とか
管理の行き届いた公園があって気に入っているんだけど
この芹ヶ谷公園もお気に入りの公園の一つに加わりました...............。



2017/01/18 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

原町田七福神④ 弁財天  《 母智丘神社 》(2017年1月1日)(東京都町田市) 

1月1日 公休日

毎年、個人的な1月の恒例行事である七福神巡り。
今年は原町田七福神巡りからスタートです。

「原町田七福神」は、平成21年に祀られた比較的新しいものですが、
既に都内・相模地区で人気の注目コースとなっているようです。
小田急線町田駅の南側に展開する原町田七福神は、
総距離約3キロと短く気軽に廻れ、中央商店街を通るため、
行き帰りにお食事や喫茶、買物が楽しめるのも魅力のひとつです。
しかしながら、犬連れで巡る際は、楽しみが半減しちゃいそうですが
ワンちゃんと一緒に散歩感覚で巡れるのも魅力の一つではないでしょうか...............?


原町田七福神は

弁財天       母智丘神社
毘沙門天      浄運寺
大黒天        カリオン広場
布袋尊        宗保院
福禄寿        町田商工会議所前
寿老人       勝楽寺
恵比寿       町田天満宮

と、このような構成となっています。



それでは、原町田七福神の第4弾。
母智丘神社の 弁財天です。

弁財天とは唯一の女神で、知恵財宝、愛嬌縁結びの徳があるといわれます。
インドの水の神、音楽の神、知恵の神。
本来の姿は、八臂で金剛杵・弓矢・刀などを持ち、水の恵みを与え、
河の怒りをもって水を供給してくれる五穀豊穣の神様でもある。
中世以降では、琵琶を抱える姿が多くなり、音楽や芸能、弁舌の神様となったそうです。


母智丘神社は、大正8年(1919)3月に黒木昇、ハナ両氏によって、
日向國の北諸県郡庄内の石峯山上に鎮座する豊受姫大神と大歳大神を奉遷して
御分霊を勧請し、近在の尊崇を得て創建したものです。
始めは母智丘協会といい、昭和21年宗教法人となり協会を廃止して神社と社名を変更したそうです。


こちらが、母智丘神社の入口。

と、思っていたら裏だった。

      20170101町田七福神④弁財天01



神社の入口は、こちらでした。
小さな鳥居がお出迎え。

      20170101町田七福神④弁財天02



母智丘神社は住宅街の一角にある小さな神社。
境内もさほど広くはない。

      20170101町田七福神④弁財天03



境内の片隅に、原町田七福神の弁財天。

      20170101町田七福神④弁財天04


      20170101町田七福神④弁財天05


      20170101町田七福神④弁財天06



境内の真ん中に大きな藁(?)の輪。

      20170101町田七福神④弁財天07


『茅の輪』と言うらしい。
輪をくぐる順番もあるみたいです。

      20170101町田七福神④弁財天08



こちらが拝殿。

      20170101町田七福神④弁財天09



そして本殿。

      20170101町田七福神④弁財天10



小さな神社ですが、地元の氏子さんが多いのか?
10人ぐらいの参拝者がいて、輪っかの前は順番待ちでした。

原町田七福神の弁財天、これにて制覇です。




2017/01/17 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

原町田七福神③ 寿老人  《 勝楽寺 》(2017年1月1日)(東京都町田市) 

1月1日 公休日

毎年、個人的な1月の恒例行事である七福神巡り。
今年は原町田七福神巡りからスタートです。

「原町田七福神」は、平成21年に祀られた比較的新しいものですが、
既に都内・相模地区で人気の注目コースとなっているようです。
小田急線町田駅の南側に展開する原町田七福神は、
総距離約3キロと短く気軽に廻れ、中央商店街を通るため、
行き帰りにお食事や喫茶、買物が楽しめるのも魅力のひとつです。
しかしながら、犬連れで巡る際は、楽しみが半減しちゃいそうですが
ワンちゃんと一緒に散歩感覚で巡れるのも魅力の一つではないでしょうか...............?


原町田七福神は

弁財天       母智丘神社
毘沙門天      浄運寺
大黒天        カリオン広場
布袋尊        宗保院
福禄寿        町田商工会議所前
寿老人       勝楽寺
恵比寿       町田天満宮

と、このような構成となっています。



それでは、原町田七福神の第3弾。
勝楽寺の 寿老人です。

寿老人とは
中国出身の神で、不老不死の霊薬を所持しているといわれています。
人々の健康と長寿の神様として、広く崇敬されています。


こちらが、勝楽寺の寺号碑。

      20170101町田七福神③寿老人01

勝楽寺は、三寶山と号します。
勝楽寺は、三橋新右衛門(勝楽寺殿清誉浄正居、天正3年1575年没)が開基となり、
源蓮社光誉が天正元年(1573)に開山したといいます。


こちらが、勝楽寺の山門。

      20170101町田七福神③寿老人02


山門に掲げられた扁額。

      20170101町田七福神③寿老人03

山号である『三寶山』と記されています。


この勝楽寺は、平成20年に都道(都市計画道路)開通工事の着工のため
墓地・境内移転事業が始まり、本堂は曳き屋により現在の場所に移動されました。
納骨塔『無量寿の塔』が建設され、本堂地下には誕生殿(ホール)
および蓮華殿、舎利堂などが作られたそうです。
境内の一部が都道になり、昔とはかなり変わってしまったらしい。

確かに、タワーのような納骨堂です。

      20170101町田七福神③寿老人04


境内で見つけた、原町田七福神 寿老人

      20170101町田七福神③寿老人05


幟もしっかりと立てられています。

      20170101町田七福神③寿老人06


こちらが、町田七福神 寿老人。

      20170101町田七福神③寿老人07


      20170101町田七福神③寿老人08


      20170101町田七福神③寿老人09



こちらが、本堂。

      20170101町田七福神③寿老人11


勝楽寺では、本殿の事を『紹隆殿』と言うらしい。

      20170101町田七福神③寿老人10


本堂に掲げられた扁額。

      20170101町田七福神③寿老人12

こちらにも『紹隆堂』と記されています。


本堂地下には、イベント会場となる『誕生堂』もあるらしい。

      

こちらが、鐘楼。
      
      20170101町田七福神③寿老人13

背後には高層マンション。
町田っていつの間にかに都会になっていたんだねえ。
ちょっとびっくり。

とりあえず、これにて原町田七福神、3つ目制覇です。





2017/01/16 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

原町田七福神② 布袋尊  《 宗保院 》(2017年1月1日)(東京都町田市) 

1月1日 公休日

毎年、個人的な1月の恒例行事である七福神巡り。
今年は原町田七福神巡りからスタートです。

「原町田七福神」は、平成21年に祀られた比較的新しいものですが、
既に都内・相模地区で人気の注目コースとなっているようです。
小田急線町田駅の南側に展開する原町田七福神は、
総距離約3キロと短く気軽に廻れ、中央商店街を通るため、
行き帰りにお食事や喫茶、買物が楽しめるのも魅力のひとつです。
しかしながら、犬連れで巡る際は、楽しみが半減しちゃいそうですが
ワンちゃんと一緒に散歩感覚で巡れるのも魅力の一つではないでしょうか...............?


原町田七福神は

弁財天       母智丘神社
毘沙門天      浄運寺
大黒天        カリオン広場
布袋尊        宗保院
福禄寿        町田商工会議所前
寿老人       勝楽寺
恵比寿       町田天満宮

と、このような構成となっています。



それでは、原町田七福神の第2弾。
宗保院の 布袋尊です。

布袋尊は、笑門来福、夫婦円満、子授けの神様として信仰されています。
中国出身の禅僧で、唯一実在した人物。
その容姿から知恵を授け、福徳と円満な暮らしを与えてくると言われています。


JR横浜線町田駅南口。
JRの線路脇にある宗保院。

こちらが宗保院の寺号碑。

      20170101町田七福神②布袋尊01

宗保院は、大河伊与(元亀元年1570年没、光雪院安心宗保居士)が開基となり、天文年間(1532-1555)に創建、吸江呑恕和尚(天正18年1590年寂)が開山したといいます。慶安2年には寺領7石3斗の御朱印状を拝領したといいます。


山門前にて。

      20170101町田七福神②布袋尊02


こちらが総門。

      20170101町田七福神②布袋尊03


総門に掲げられた扁額。
山号の『金森山』と記されています。

      20170101町田七福神②布袋尊04



総門脇にある原町田七福神 布袋尊。

      20170101町田七福神②布袋尊05


      20170101町田七福神②布袋尊06


      20170101町田七福神②布袋尊07



こちらが、鐘楼。

      20170101町田七福神②布袋尊08

背後の建物は、町田ターミナルプラザ。



こちらが本堂。

      20170101町田七福神②布袋尊09



本堂に掲げられた扁額。

      20170101町田七福神②布袋尊10



こちらが、秋葉殿。

      20170101町田七福神②布袋尊11



秋葉殿に掲げられた扁額。

      20170101町田七福神②布袋尊12



古くから在る寺院のようですが、本堂も秋葉殿も割と新しく
厳かな感が少ない気がしますが、気のせいかな?

とりあえず、原町田七福神の布袋尊。
これにて制覇です。




2017/01/15 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

原町田七福神① 福禄寿  《 町田商工会議所前 》(2017年1月1日)(東京都町田市) 

1月1日 公休日

新しい年がやって来ました。
今更ながらですが...............

新年明けましておめでとうございます。


さて、ここ数年は毎年1月1日は公休日。
そして、1年のスタートの日に七福神巡りをしています。
これが意外に楽しくて、毎年1月は手頃な七福神巡りに精を出しています。



2017年の七福神巡り。
今年は 原町田七福神巡り からスタートです。


「原町田七福神」は、平成21年に祀られた比較的新しいものですが、
既に都内・相模地区で人気の注目コースとなっているようです。
小田急線町田駅の南側に展開する原町田七福神は、
総距離約3キロと短く気軽に廻れ、中央商店街を通るため、
行き帰りにお食事や喫茶、買物が楽しめるのも魅力のひとつです。
しかしながら、犬連れで巡る際は、楽しみが半減しちゃいそうですが
ワンちゃんと一緒に散歩感覚で巡れるのも魅力の一つではないでしょうか...............?

原町田七福神は

弁財天       母智丘神社
毘沙門天      浄運寺
大黒天        カリオン広場
布袋尊        宗保院
福禄寿        町田商工会議所前
寿老人       勝楽寺
恵比寿       町田天満宮

と、このような構成となっています。


それでは、原町田七福神の第1弾。
町田商工会議所前の 福禄寿。

福禄寿は
長寿・幸福の徳を持ち、招徳人望の神様として信仰されています。
ご神名は伊装諾尊。長寿の神ですが、
一般には人々の幸福、授かる財物、人々の寿命を司る神様として親しまれています。


町田駅前は1980年代から長い期間をかけ再開発が進み、
昔の町田駅前を知っている身としては、随分と様変わりの感がします。
と言っても30年以上も前の町田駅周辺を語っても、もはや知らない人ばかりでしょうね。

町田商工会議所は、この先。

      20170101町田七福神①福禄寿07



こちらが、町田商工会議所の前。

      20170101町田七福神①福禄寿01

原町田七福神の幟も立っています。


こちらが、原町田七福神 福禄寿。

      20170101町田七福神①福禄寿02


      20170101町田七福神①福禄寿03


      20170101町田七福神①福禄寿04


七福神の像の台座には、簡単な福禄寿の説明文。

      20170101町田七福神①福禄寿05


一応、こんな案内板もあるから、七福神には力を入れているみたいです。

      20170101町田七福神①福禄寿06


神社や寺院に祀られている訳じゃないから
何となく有り難みに欠けると言うか、重きを置いている感が沸かないけれど
秘仏として公開されていない社寺仏閣よりはマシかな?

こんな感じの七福神の像があって、それを巡る手軽さがやっぱり良いですね。



2017/01/14 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

茅倉の滝   (2016年4月30日)(東京都西多摩郡檜原村) 

4月30日   公休日

この日は、檜原村に廃校&滝巡りに出かけました。


藤倉小学校をあとにして、実家のある八王子へと向かうべく
藤原・倉掛地区より都道205号を一気に駆け下りるように走っていると、
進行方向左手に、こんな看板が目に留まった。

      20160430茅倉の滝01


檜原村では、お馴染みの滝の案内板(説明板)。
慌てて、路肩の安全なスペースに車を停めて確認します。


『 あれ? 茅倉の滝? 』

      20160430茅倉の滝02


      20160430茅倉の滝03

事前に調べた檜原村の滝情報から漏れていた?
気付かなかったなぁ。


どうやら、この都道の茅倉橋の上から眺めるだけの滝らしい。

      20160430茅倉の滝04

落差は18m。

確かに橋の上から眺めることが出来ます。

      20160430茅倉の滝05



橋から下に降りる道を探しますが、そんなモノはありません。

      20160430茅倉の滝06



沢の両側は崖になっていて、降りるのは無理。
北秋川から沢を上るのもムリっぽい。

      20160430茅倉の滝07


やっぱり橋の上から眺めるしかない。

      20160430茅倉の滝08


まぁ元々、この滝の存在そのものを意識して無かったから
茅倉の滝を眺めることが出来ただけでも良しとしなくちゃ。

帰り掛けの駄賃とは、このことなんだろう。
ちょっぴり得した気分。

檜原村には、払沢の滝を含め、有名・無名のたきが30以上あるらしい。
今日回れなかった滝も幾つかあるから、
次回は、滝巡りでじっくり時間を掛けてみよう。








2016/05/30 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..............................藤倉小学校 (2016年4月30日)(東京都西多摩郡檜原村) 

4月30日  公休日

この日は、檜原村に廃校&滝巡りに出かけました。


北秋川小学校をあとにして、向かった先は...............檜原村立藤倉小学校



藤倉小学校は、

明治7年檜原小学校の支校として『包蒙学校』と称して創立する。
明治23年檜原小学校より独立。
昭和33年檜原村立北檜原小学校第二分校となる。
昭和40年北檜原小学校から独立して、檜原村立藤倉小学校と改称する。
昭和61年藤倉小学校、北秋川小学校は檜原小学校に統合され、
藤倉小学校は廃校となる。

と、このような沿革となっています。


檜原村の最北部。
藤原地区と倉掛地区にまたがる山奥に藤倉小学校は在りました。

この奥が藤倉小学校。

      20160430藤倉小学校01



こちらが正門。

      20160430藤倉小学校02


      20160430藤倉小学校03



門柱には、表札が残っていました。

      20160430藤倉小学校04



敷地内に入って、正面には平屋建ての校舎(?)

      20160430藤倉小学校05


猫の額のような狭い校庭。

      20160430藤倉小学校06



その校庭で転げ回る びいすけ 。

      20160430藤倉小学校07


必死に匂い付け?

      20160430藤倉小学校08


気になる匂いでもするのでしょうか?

      20160430藤倉小学校09



校庭の隅には、檜原村の廃校ではお馴染みとなった小学校跡の碑。

      20160430藤倉小学校10

『 藤倉小学校跡 』と刻まれています。


遊具類は残されていなくて、唯一残されているのは
崖のコンクリートの壁面に描かれている的(?)

      20160430藤倉小学校11

こちらにボールをぶつけて、遊んでいたのでしょう。


校庭の隅には、お約束(?)の防災倉庫。

      20160430藤倉小学校12



一段高くなった高台にも建物があるようです。

      20160430藤倉小学校13



どうやら、この石段を上がって行くようです。

      20160430藤倉小学校14


上部の建物も校舎のようです。

      20160430藤倉小学校16

ガラス越しに中を覗くと黒板や卓が有り、教室になっていました。


下の建物とは、こちらの階段で繋がっているようです。

      20160430藤倉小学校15


確か、何処かのブログで、この藤倉小学校を借りている団体が在ったようですが
現在は借りていないのでしょうか?
     

管理されている感じがしない、荒れ果てつつある校舎。

      20160430藤倉小学校17


この校舎もいずれ解体されてしまう運命にあるのだろうか?

再利用すると言っても、かなり山奥だから、難しいんだろうなぁ。
山奥に在った小さな学校って言う雰囲気が好きなんだけどなぁ...............。





2016/05/29 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..............................北秋川小学校 (2016年4月30日)(東京都西多摩郡檜原村) 

4月30日  公休日

この日は、檜原村に廃校&滝巡りに出かけました。


北檜原小学校をあとにして、向かった先は...............檜原村立北秋川小学校



北秋川小学校は、

明治7年檜原小学校の支校として『丁々学校』と称して創立する。
明治23年檜原小学校より独立。
昭和33年檜原村立北檜原小学校第一分校となる。
昭和40年北檜原小学校から独立して、檜原村立北秋川小学校と改称する。
昭和59年北秋川小学校と北檜原小学校は檜原小学校に統合され、
北秋川小学校は廃校となる。

と、このような沿革となっているようです。


既に正門はありませんが、見るからに正門跡のような出入り口。

      20160430北秋川小学校01


錆びて赤茶けた看板。

      20160430北秋川小学校02

校庭内を自動車や二輪車で走り回らないで下さい と言うような内容。
かつては悪さをする若僧が多かったのか?


校舎も既に解体されて、校地は更地状態。

      20160430北秋川小学校03


      20160430北秋川小学校04


      20160430北秋川小学校05




元々はお寺の敷地の一部を学校にしたのでしょうか?
校地の隅にはお寺の本堂。

      20160430北秋川小学校06


      20160430北秋川小学校07



なぜか、本堂の前にはトラス。

      20160430北秋川小学校08

イベントか何かの会場に使われているのでしょうか?



本堂に掲げられた扁額には、『東光禅寺』と記されています。

      20160430北秋川小学校09



本堂脇の石碑。

『 北檜原小学校 北檜原中学校 跡 』の碑

      20160430北秋川小学校10

ここまでに、数馬分校、南秋川小学校、南檜原小学校、共励小学校、北檜原小学校と巡ってきたけれど
数馬分校以外は、この小学校跡の碑が建っていた。
檜原村の学校に対する思い入れ、いかに地元の人たちにとって
学校が大切なモノだったのかが計り知れます。



校庭の残る遊具類。

      20160430北秋川小学校11


      20160430北秋川小学校12


      20160430北秋川小学校13



校庭の隅には、お約束(?)の防災倉庫。

      20160430北秋川小学校14



校庭の一画は、ゲートボール場。

      20160430北秋川小学校15

これもお約束とも言える、良くあるパターンです。



しかし、こんなに広い空き地(?)をゲートボール場だけでは勿体ない気がします。

      20160430北秋川小学校16

かと言っても、他に再利用の用途も無さそうだし...............。



昔は小学校へと続く石段でしたが、
校庭を整備した時に上部を塞いでしまったので
用途が無くなってしまった石段。
かつての通学路の名残りです。

      20160430北秋川小学校17

さらに昔は、お寺(東光禅寺)にお参りする参道だったらしい。



学校跡地に、東光禅寺の本堂が建っていると言うことは
元々はお寺の所有地を借りて学校を建てていたのだろうか?
いずれにしても、この地に再び学校が建つことは
おそらく、二度と無いことだろう...............。





2016/05/28 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit