FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り.............鳥越神社 (2019年3月14日)(東京都台東区) 

3月14日

この日は、都内台東区の神社巡り。
御朱印拝受の散歩となります。


蔵前をあとにして、向かった先は..................鳥越神社。


鳥越神社は台東区鳥越に鎮座する神社です。


景行天皇の御代に、この地に日本武尊が良き斎庭と定めて
皇祖二柱の大御神を祀り、その後白鳥村と呼ばれました。
白雉2年(651年)、村民が日本武尊を祀って、
「白鳥明神」として奉祀したのが始まりとされています。

そのご、前九年の役征圧のため源頼義、義家父子がこの地を通った際、
白い鳥が飛ぶのを見て浅瀬を知り大川(隅田川)を渡ることが出来ました。
それを白鳥明神の加護と称え、『鳥越大明神』の社号を奉りました。

江戸時代まで、この地には三社の神社が鎮座し、
約2万坪の広大な敷地を一帯に所領していましたが、
元和6年(1620年)、江戸幕府が全国の天領からの米を収蔵するため、
隅田川沿いに蔵(浅草御蔵)を造営することとし、
この埋め立て用に大明神のある鳥越山を切り崩すことになり、
土地を没収されてしまいます。

三社のうち熱田神社は今戸に遷座され、
第六天榊神社は森田町(現・蔵前3丁目)に遷座され、
残った大明神が、現在の鳥越神社となります。


御祭神は、日本武尊



社号標。

      20190314鳥越神社01



神社社頭。

      20190314鳥越神社02



由緒書き。

      20190314鳥越神社03



社頭の白鳥橋(神橋)。

      20190314鳥越神社04


やはり、観光地である浅草地区でもメジャーな神社。
外国人観光客用のお洒落な案内板。

      20190314鳥越神社05



手水舎。

      20190314鳥越神社06


      20190314鳥越神社07



拝殿正面。。
鬼瓦にいきなりの『七曜紋』。

      20190314鳥越神社08

これって、『千葉氏』(千葉一族)の家紋じゃない?



拝殿正面。

      20190314鳥越神社09


賽銭箱にも七曜紋。

      20190314鳥越神社11

テンションが上がります。

      

拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190314鳥越神社10



よく見ると、拝殿屋根には『七曜紋』のオンパレード。

      20190314鳥越神社12


      20190314鳥越神社13

やっぱり、テンションが上がります。



別アングルからの拝殿。

      20190314鳥越神社14



そして、こちらが本殿。

      20190314鳥越神社15


      20190314鳥越神社22




本殿にも『七曜紋』。

      20190314鳥越神社16



拝殿前の天水桶。

      20190314鳥越神社17

やはり、こちらにも『七曜紋』。


何故、七曜紋が多いのか?
調べてみると、鳥越神社の神紋は『七曜紋』と『月星紋』。
『七曜紋』は、鳥越神社の宮司が、千葉氏の系譜の『鏑木氏』という事から使われているようです。

鏑木家という千葉氏の中でも重宝された家系であり、
千葉氏は妙見信仰であり、九曜紋系の御神紋を好んで使ったため、
その流れで鳥越神社の御神紋も『七曜紋』となっているようです。

確かに、実際に千葉氏と繋がりの深い神社では、
こうした九曜紋系の御神紋を使用している事が多い。





こちらは、本殿裏手の裏参道口。

      20190314鳥越神社18


鳥居に掲げられた神額。

      20190314鳥越神社19



境内社。
福寿神社。

      20190314鳥越神社20


同じく境内社。
志志岐神社。

      20190314鳥越神社21


こちらは、祖霊社。

      20190314鳥越神社23




神輿庫。

      20190314鳥越神社24

鳥越神社と言えば、『千貫神輿』ですね。



こちらが、社務所。

      20190314鳥越神社25



授与所。

      20190314鳥越神社26

御朱印は、こちらで拝受出来ます。



そして、こちらが御朱印。

      20190314鳥越神社27

『七曜紋』と『月星紋』の朱印も押されています。
コレもテンションが上がりますね(笑)。



スポンサーサイト



2019/05/10 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

助崎 須賀神社 (2018年1月1日)(千葉県成田市) 

1月1日

元旦のこの日、2019年の初詣ツアーと称して
普段、行けない神社。
行きづらい神社。
行きたいと思っていた神社。
宮司さんに会えず、御朱印を拝受し損なった神社。
諸々の神社を参拝しちゃいましょう。

と言う事で、山倉大神をあとにして、向かった先は................助崎 須賀神社。

助崎 須賀神社は、成田市名古屋に鎮座する神社です。


安政年間に社殿が全焼したために縁起が残っていないと言う事ですが、
仁寿3年(853年)に創建されたと伝えられる歴史ある神社となっています。
古くから「助崎の天王様」と呼ばれ、近隣のみならず、
常陸方面からも信仰を集めているそうです。


御祭神は、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)。



神社社頭。

      20190101須賀神社01


手水舎。

      20190101須賀神社02


狛犬は、境内には見当たらない。


こちらが、拝殿。

      20190101須賀神社03

元旦だから、宮司さんや氏子さんら関係者がいらっしゃるかと思ったら
何と無人。
ちょっぴり拍子抜け。


拝殿正面。

      20190101須賀神社06



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190101須賀神社04


こちらは、正面左脇に掲げられた扁額。

      20190101須賀神社05



実は、こちらの須賀神社は、以前から訪れたいと思っていた場所でした。
その理由は、社殿の屋根に在ります。

      20190101須賀神社07


この神門です。

      20190101須賀神社08


鬼瓦にも同じ神門。

      20190101須賀神社09

そうです。
千葉氏の家紋である『月星紋』です。

よく見かける『月星紋』は右に三日月を配し、左に星を配していますが
(一般には「月に星」(左斜めに星を置く)と言われています。)
こちらは、「真向き月に星」と言われる『月星紋』です。

      20190101須賀神社10

一説では、千葉氏の家紋には、月星紋、九曜紋が有り
分家スジが九曜紋を用い、本家筋金入り月星紋を用いたとされ、
その月星紋も、宗家が「真向き月に星」の月星紋を用いたとされているようです。

この近くには、名古屋城と言う助崎城の支城が存りました。
(まだ未攻略だから、いつか登城しなくっちゃ!)
助崎城そのものは、千葉氏一族の助崎大須賀氏の居城でした。
でも、大須賀氏って千葉氏の宗家ではなくて、庶流なんだけどなぁ。

いずれにしても千葉氏関連の神社のようです。



別アングアからの拝殿。

      20190101須賀神社11



そして、こちらが本殿。

      20190101須賀神社12




拝殿前の天水桶。

      20190101須賀神社13


こちらは、神楽殿?

      20190101須賀神社14

中を覗くと、物が置かれていて倉庫にも見える。


一応、扁額は掲げられているんですが.........。

      20190101須賀神社15



こちらは社務所のようですが、残念ながら閉まっています。

      20190101須賀神社16



境内の記念碑。

      20190101須賀神社17



本殿裏手の一段下がった削平地に建つ祠。

      20190101須賀神社18



中には、青面金剛刻像 。

      20190101須賀神社19

おそらく、境内に点在していた物を1ヶ所にまとめたのでしょう。
神仏習合を払拭したい様な感じがします。




御神木。

      20190101須賀神社20
      20190101須賀神社21
      20190101須賀神社22


      20190101須賀神社23
      20190101須賀神社24
      20190101須賀神社25



こちらの宮司さんも千葉県神社庁のHPに登録されている方から代わられているようです。
以前、電話で御朱印の事を問い合わせた事はあるけれど
新年早々、連絡するのも何か申し訳ない。

また次の機会に、期待したしましょう。






2019/02/18 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............千葉神社&千葉天神社 (2018年2月26日)(千葉県千葉市) 

2月26日 千葉神社&

この日は、千葉市内の神社を巡って、御朱印を拝領していました。


寒川神社をあとにして、向かった先は.........千葉神社。


実は、千葉神社も以前から訪れたかった場所。
何せ、千葉氏の家紋である月星紋が神紋に使われ
至る所に月星紋のある神社。
それもそのはず、妙見信仰であった千葉氏。
その千葉氏の妙見本宮にあたるのが千葉神社です。

千葉神社は、千葉氏の守護神である妙見菩薩を本尊とする寺院(千葉妙見宮)として建立され、
厄除け・八方除け で有名な神社です。
千葉神社は、妙見様といって、北極星を神格化星した菩薩を信仰している社の総本山です。



国道126号沿いに建つ千葉神社の鳥居。

      20180226千葉神社01

てっきり、千葉神社の入り口はこちらかと思っていたら
本来の入口は別にあるみたいです。



鳥居脇の唐獅子。

      20180226千葉神社02

『変わった狛犬だな?』と思っていたら、
昭和天皇即位の御大礼の記念として、昭和4年に建立された左右一対の獅子児鍛錬像。
獅子が我が子を千尋の谷に突き落として鍛錬したと伝わる故実を題材としています。




こちらが、尊星殿。

      20180226千葉神社03

神社建築では類例のない楼門と社殿の複合建築物です。
元来、千葉神社には「山門」が在りましたが、
昭和20年の七夕空襲で焼失してしまいました。

尊星殿は中央「福徳殿」、東「日天楼」、西「月天楼」、上階「開運殿」の四つに分かれ、
星王である妙見様が掌握する日・月・星の御力などが
それぞれ個別にいただけるようになっているそうです。


正面の扁額。

      20180226千葉神社04


御神紋は、月星紋。
まさしく、この神紋が見たかった。

      20180226千葉神社05



尊星殿の左側。すなわち西側だから月天楼。

      20180226千葉神社06



尊星殿の右側。東になるから日天楼。

      20180226千葉神社07




尊星殿前の狛犬。

      20180226千葉神社08


こちらにも月星紋。

      20180226千葉神社09

いやぁ、たまらん。

神紋・月星に由来して、
「ツキ(月)を呼び、勝ち星(星)を拾う 」と言われています。
私もツキにあやかりたい(笑)。


中央部の福徳殿。
御祭神「北辰妙見尊星王」の御分霊を奉斎し、
陰陽道や九星気学・風水学と関わり深い妙見様の御神徳により、
方位方角・五行・十二支・人間の身体各部等の役割を、
八角形に配された八つの各星宮が個々に担い守護しているそうです。

      20180226千葉神社10


      20180226千葉神社11


      20180226千葉神社12


      20180226千葉神社13



こちらは重層社殿。

      20180226千葉神社14

上下に二つの拝殿を有する我が国初の重層社殿です。



扁額は、『妙見』。
月星紋も九曜紋も扁額に入っています。

      20180226千葉神社16



1階の拝殿にも、千葉氏の家紋の月星紋と九曜紋のオンパレード。

      20180226千葉神社17

正確には、九曜紋ではなく十曜紋。
(中心の円の周りに9つの円があるから十曜紋)
これは千葉宗家が使用していた家紋ですが
千葉宗家は滅んでしまったため、
現在では千葉神社にしかない家紋です。




      20180226千葉神社18



1階の拝殿の扁額。

      20180226千葉神社19



賽銭箱にも月星紋。

      20180226千葉神社20


拝殿内部。

      20180226千葉神社21


      20180226千葉神社22



1階の拝殿の隣は授与所。
授与所にも千葉氏の家紋がいっぱい。
千葉氏の城郭を追っかけている身としては
かなりテンションが上がります。

      20180226千葉神社18

あっ! 御朱印は、こちらで頂くことが出来ます。


実は、拝殿も立派すぎるから、犬連れはNGだと思って
びいすけ を尊星殿脇の玉垣に括りつけていました。

授与所の巫女さんに、
『犬を連れて来ちゃったんですが、抱っこしていれば!大丈夫ですか?』
と訊いてみたら、
『拝殿内部に入らなければ、境内は抱っこしなくても大丈夫ですよ!』
と、言われ急いで びいすけ を迎えに行きます。


改めて、 びいすけ と重層社殿。

      20180226千葉神社15


こちらが、本殿。

      20180226千葉神社31




こちらは手水舎。

      20180226千葉神社23




まだまだ勉強不足。
これは何と言うんでしょうか?
千葉天神社の前にあります。

      20180226千葉神社24



こちらが境内社の千葉天神。

      20180226千葉神社25


      20180226千葉神社26



学問の神様・菅原道真公を御祭神とする御社です。
千葉県内最大の天神様のお社であり、千葉神社の旧社殿であったことから
妙見様の御神力も同時にいただけるとされ、その神紋・月星に由来しての
「ツキ(月)月を呼び、勝(星)星を拾う」という縁起の良さが
広く知れ渡っています。

      20180226千葉神社27


拝殿の扁額。

      20180226千葉神社28



社殿の屋根にも千葉氏の家紋。

      20180226千葉神社29


      20180226千葉神社30



千葉天神の提灯にも月星紋。

      20180226千葉神社32



こちらは、御力石。
千葉天神の拝殿脇に在ります。

      20180226千葉神社33



北辰石・三光石・四拾五縁石。
江戸期 御祭神・妙見尊の御力を授かった霊石です

      20180226千葉神社34


      20180226千葉神社35


      20180226千葉神社36



再び、境内に戻りましょう。

      20180226千葉神社37




妙見池に架かる朱色の橋。

      20180226千葉神社38



朱塗りの二つの神橋「ねがい橋・かない橋」

      20180226千葉神社43



神橋を渡った先は、境内社のオンパレード。

      20180226千葉神社39


      20180226千葉神社40


      20180226千葉神社41

千葉神社って、こんなに境内社があるんですね。



妙見池のほとりにある美寿之宮。
これも境内社の一つ。

      20180226千葉神社42

水の神である多くの龍神様・水神様を統治掌握する神様が水御祖大神。
その水御祖大神をお祀りしているのが「美寿之宮」です。


     

この奥に在るのが亀岩。

      20180226千葉神社44



福授の亀岩。

      20180226千葉神社45

妙見様の御神使である玄武(亀)を形どり
その霊力が宿っていると言われています。




こちらが、千葉神社の御朱印。
境内社の千葉天神の御朱印も一緒に頂きました。

      20180226千葉神社46


      20180226千葉神社47


      20180226千葉神社48


正月の期間だけ、特別な御朱印が拝領できるらしい。
来年の正月の時期に、また参拝に来ようかな.........?



千葉神社、なかなか見応えのある神社でした。



2018/04/12 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

利根七福神⑥ 布袋尊  《 円明寺 》  (2016年4月11日)(茨城県北相馬郡利根町) 

4月11日 公休日

この日は、茨城県の利根町にある『利根七福神』巡りに出かけました。


利根七福神は

毘沙門天 (徳満寺)
恵比寿(布川神社)
布袋尊(円明寺)
福禄寿(早尾天神社)
弁財天(来見寺)
大黒天(蛟網神社)
寿老人(応順寺)

と、このような構成になっています



蛟網神社をあとにして、向かった先は...............利根七福神 第6弾 円明寺布袋尊


円明寺は、正式名を長根山 地蔵院 円明寺 と呼びます。

山号の『長根山』は、江戸時代初期に寺の南側山麓を
「ナガネ」と称し、これにより現在地の円明寺一帯を
「ナガネヤマ」と称したということです。
院号は「地蔵院」と言い、建長7(1255)年に千葉介頼胤夫人の延明地蔵菩薩(木造)寄進によるとされています。




こちらが、山門前の寺号標。

      20160411利根七福神⑥円明寺01




こちらが、山門。

      20160411利根七福神⑥円明寺02

改修中なのか?
なぜか屋根にはブルーシートが被せられています。


山門の先には、本堂。

      20160411利根七福神⑥円明寺03



山門をくぐって、目の前に現れた本堂。

      20160411利根七福神⑥円明寺04



本堂に掲げられた扁額。

      20160411利根七福神⑥円明寺05



本堂の庇の部分を覗いて見ると...............

見覚えのある紋。

      20160411利根七福神⑥円明寺06



もしや? と思い、屋根を見上げて見ると...............

ありました! 月星紋。

      20160411利根七福神⑥円明寺07



くっきりと輝く月星紋。

      20160411利根七福神⑥円明寺08


鬼瓦にも光り輝く月星紋。

      20160411利根七福神⑥円明寺09


何と、円明寺の寺紋は、千葉氏本家の家紋である月星紋。

      20160411利根七福神⑥円明寺10


実は、千葉氏に所縁のある寺だとは知らなかったので
月星紋を見た時は、思わずガッツポーズ。
こんな場所(って言う表現もおかしいけど)、千葉氏の家紋に出会えるなんて...............

それも、千葉宗家の月星紋だから、やっぱり嬉しいねぇ。

ちょうど、草花に水やりをしていたお寺の方(住職の息子さん?)に話を伺ったら
「千葉氏所縁のお寺で、千葉宗家の家紋と同じものを寺紋として使っています。」と
自慢げ(?)に話されていました。
わざわざ、月星紋を探して、妙見神社巡りをしている身としては
偶然とはいえ、月星紋に出会えるとは嬉しい限りです。




こちらは、鐘楼。

      20160411利根七福神⑥円明寺11



さて、肝心の利根七福神の布袋尊。
なかなか見つけられませんでした。

布袋尊と同じよ背丈の紫陽花の木に隠れていて
何故だか看板もなく、見つけるのに苦労しました。

      20160411利根七福神⑥円明寺12


      20160411利根七福神⑥円明寺13

布袋尊は、笑門来福、夫婦円満、子授けの神様として信仰されています。
中国出身の禅僧で、唯一実在した人物。
その容姿から知恵を授け、福徳と円満な暮らしを与えてくると言われています。




先ほど、話をして伺った円明寺の関係者の方(住職さんの息子さん?)の話では
円明寺そのものは、昔の城址ではないが、
近くには城が在ったと言うことです。



確かに、千葉氏の家紋を見たり、こんな土塁を見たりしちゃうと、
千葉氏関連の城郭跡だったのかな? などと思ったりしちゃいます。

      20160411利根七福神⑥円明寺14


      20160411利根七福神⑥円明寺15


      20160411利根七福神⑥円明寺16


近くに城が在ったと言うことなので、その辺りもじっくり調べて
今度はそちらの城址を訪れてみることにしよう...............。








2016/04/24 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

月星紋を探して..........円通寺  (2015年1月8日)(千葉県成田市)    

1月8日 公休日

昨年の12月に成田市(旧・下総町)の助崎城址を訪れました。
(その時の記事は  こちら  )

助崎城は秀吉の小田原攻めの際、北条方の城と言う事で
徳川家康率いる別働隊により攻められ廃城となりましたが、
その助崎城の城門が成田市(旧・下総町)の寺院に移築されていると言う事で
訪れたのは............円通寺


1590年、秀吉の小田原攻めの際、時の助崎城主、大須賀朝胤は小田原城の籠城に加担し、
城主不在の中、助崎城の「姫」が奮戦が伝承として残されています。

この姫、城主不在の助崎城を守って薙刀を振るって奮戦します。
やがて、敵わぬと悟ると馬に飛び乗り、城下の小川を「お跳ね」になって渡り、
目の前の祥鳳院に駆け込みましたが、後難を恐れた祥鳳院は姫を匿うことを拒否します。
そして姫は、大室にある、こちらの円通寺に逃げ込み、匿われたということです。

その後、助崎大須賀氏は成田市大室附近に土着して帰農したと言われています。



こちらが、円通寺の入口。
明らかに土塁跡とわかる土盛り。

      20150108円通寺01



その先は、円通寺の総門。

      20150108円通寺02



こちらが、円通寺の総門。

      20150108円通寺03



かつての助崎城の東門と伝わっています。

      20150108円通寺06




屋根には千葉氏の家紋である『月星紋』。

      20150108円通寺04



そうです。
この家紋が見たかったのです。

      20150108円通寺05


      
総門の前に建つ古びた寺号標

      20150108円通寺07



こちらはもう一つの山門。
先ほどの総門(伝・助崎城の東方表門)から10mほど離れた位置に建っています。

      20150108円通寺08

実はこの山門は、近年建て替えられたものです。

以前は、助崎城の大手門が建っていたそうですが
倒壊してしまって建て替えられたそうです。

数百年の年月を刻んだ大手門を見たかったぁ.........


新しい門の屋根にも家紋は入れられています。

      20150108円通寺09




こちらは、境内の中から見た先ほどの総門。

      20150108円通寺10



時間が早いので総門は閉まっているけど
総門をくぐれば、こんな形で正面に本堂。

      20150108円通寺11


      20150108円通寺12



本堂の屋根にも月星紋

      20150108円通寺13

月星紋ではあるが、正確には『真向き月星』と言うらしい。



この『真向き月星』は、下総大須賀氏の家紋であり、
まさしく、この円通寺が大須賀氏所縁の寺と言う事になります。


鬼瓦にもしっかりと『真向き月星』紋

      20150108円通寺14


      20150108円通寺17



こちらは、鐘楼。

      20150108円通寺15



円通寺は、大イチョウでも有名だったらしいが
近年、そのイチョウも枯れてしまったらしい。

こちらは、その名残りか?

本堂裏手の土塁のような土壇。

      20150108円通寺16

    

帰りしな、もう一度総門と山門を眺めて見ました。

      20150108円通寺18



色々な方のサイトやブログで助崎城址の記事を拝見すると
必ず、この円通寺に移築された城門について触れています。

倒壊してしまったモノは仕方ないけれど
出来れば、倒壊前に一度、この目で見ておきたかった。



2015/01/30 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit