FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて...............八総鉱山小学校(2019年6月25日)(福島県南会津郡南会津町) 

6月25日

6月24日〜25日に1泊2日で福島県に遊びに行って来ました。
2日目は、会津から栃木県へと廃校巡りの旅となります。

糸沢分校をあとにして、向かった先は......................旧・田島町立 八総鉱山小学校。


八総鉱山小学校は、

その名が示す通り、八総鉱山に在った小学校です。
江戸時代から銅、鉛、亜鉛、硫化鉄を採掘していた鉱山で
本格的な採掘が始まったのは、
住友金属鉱山が八総鉱山として操業した昭和25年。
ピーク時には従業員は545人。
八総鉱山の人口は2328人を数え、
その子供たちの為に設営されたのが八総小学校です。

昭和31年に校舎が建設され、八総小学校としての歴史がスタートしたようですが
八総鉱山が昭和44年に操業を停止して閉山となると
2年後の昭和46年に廃校となってしまいました。


廃校後、その敷地は会津高原オートキャンプ場、
さらに、その後に『あらかい健康キャンプ村』として活用されていましたが、
校舎は2011年に一部を残し、解体されてしまったそうです。


雑草の中、ココが学校跡地だと言わんばかりに存在感を示す正門跡。

      20190625八総鉱山小学校01


そして、門柱。

      20190625八総鉱山小学校02


門柱には、往時の表札がしっかりと残っています。

      20190625八総鉱山小学校03


正門から中を覗くと、雑草に覆われた先に木造の校舎が見えます。

      20190625八総鉱山小学校04


別アングルから。

      20190625八総鉱山小学校05


      20190625八総鉱山小学校06


      20190625八総鉱山小学校07


      20190625八総鉱山小学校08

この校舎を残し、他の学校関連の施設は全て解体撤去されてしまったそうです。

キャンプ場の宿泊施設として利用されていたようですが
現在は倉庫代わりとなっているようです。
キャンプ場そのものも、現在は運営されていないようです。



校庭には、キャンプ場の時に建てられた小さなコテージが点在。

      20190625八総鉱山小学校09

それなりに人気があったのでしょうか?



校庭跡で匂い嗅ぎに専念する びいすけ 。

      20190625八総鉱山小学校10


雑草の中に見え隠れする びいすけ 。

      20190625八総鉱山小学校11



今は訪れる者も居ないキャンプ場。
この場所がキャンプ場だった事も、
そして、それ以前は学校だった事も
ひっそりと忘れ去られていく事でしょう。




スポンサーサイト



2019/08/19 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............荒海小学校糸沢分校(2019年6月25日)(福島県南会津郡南会津町) 

6月25日

6月24日〜25日に1泊2日で福島県に遊びに行って来ました。

その福島旅行の2日目。
宿泊先の羽鳥湖近くにあるエンゼルフォレスト那須白河を出発して
会津経由で栃木県へと南下するコースで帰ります。


水無分校をあとにして、向かった先は......................旧・田島町立荒海小学校糸沢分校。


この糸沢分校も情報が全く無い。
ネットで調べてもそれらしき記述が殆んど無い。
と言うのも、時代の流れなのか?
現在の南会津町立の小中学校のHPを閲覧しても
学校の沿革が記載されていない。
HPに記載されている沿革って貴重な情報源なんだけどねぇ。

肝心の本校である荒海小学校のえんかが分からないから
廃校になった分校の沿革など分かる訳がない。

唯一の救いは、以前訪問した荒海小学校中荒井分校に掲示されていた案内板によれば
昭和34年に中荒井分校と糸沢分校は廃校になったと記載されていました。


それを頼りに、移動途中に通過する糸沢集落に立ち寄ってみました。

旧どうに入り、それらしき建物を探しますが見つかりそうもなさそう。
ならばと、御老人を探して声を掛けてみます。

最初の御老人に訊いてみたら、200mほど先の右側に
糸沢分校跡地が在ると言う。
超ラッキー!!

いとも簡単に糸沢分校跡地に辿りつく事が出来ました。


こちらが糸沢分校跡地。

      20190625糸沢分校01


なにせ、60年前に廃校となった分校ですから
当然、校舎は残っていません。

      20190625糸沢分校02



校舎は解体され、跡地は『糸沢林業研修センター』になっています。

      20190625糸沢分校03

確か、現:南会津町(旧・田島町)の廃校って林業関係の施設に転用されている事が多い。
長野小学校もそうだし、針生小学校も確か林業関係の事務所だった。
それだけ、林業が盛んな町なんだろうか?


建て替えられた研修センターの建物からは、学校(分校)を彷彿させるモノは無い。

      20190625糸沢分校04


      20190625糸沢分校05



遊具や学校関連の記念碑、二宮像の類いも無い。

      20190625糸沢分校06


敷地の周囲にそびえる桜の木々が、唯一の学校跡地らしさを感じさせる。

      20190625糸沢分校07


国道からちょっと入った旧道沿い。
地元の人しか旧道には来ないだろう。

この廃校跡も、いずれ忘れ去られてしまう事だろう..................




2019/08/19 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............田島小学校水無分校(2019年6月25日)(福島県南会津郡南会津町) 

6月25日

福島旅行の2日目。

エンゼルフォレストを10時前にチェックアウトして
会津経由で帰途に着きます。

エンゼルフォレストから羽鳥湖を抜けて
下郷町経由で南会津町へと向かいます。


向かった先は.............旧・田島町立 田島小学校水無分校。


現在は、南会津町となっていますが、平成18年まで田島町だった南会津町の田島地区。
南会津の中心とでも言うのか?
旧田島町の町役場が、そのまま南会津町の町役場本庁舎となっています。
そんな田島地区から山の中に入り込んだ先の水無集落に
かつて、田島小学校水無分校がありました。


水無分校の詳細は不明です。

Wikipediaによれば、
昭和39年に本校である田島小学校に統合されて
廃校となったようです。
いかんせん統合先の田島小学校(現:南会津町立田島小学校)のHPを覗いてみたのですが
田島小学校そのものの沿革も記載されていなくて、詳しいことは分かりませんでした。


とにかく、情報が殆ど無い中、
水無集落の公民館らしき建物にあたりをつけて集落を徘徊します。

最初にあたりを付けた集会所が大外れ。
近くに居たオバちゃんに聞いたら
そこから1kmほど戻った先にあるらしい。


そして、たまたま見かけた人に尋ねる為に車を停めた場所が
水無分校だったと言うオチ。


こちらが、水無分校跡地。

      20190625水無分校01


廃校後は地域の公民館として利用されているそうです、

      20190625水無分校02



話を聞くと、当時の校舎を半分にして
公民館として利用するようなったらしい。

      20190625水無分校03



と、言うことはこの建物は以前の校舎と言うことになる。

      20190625水無分校04


反対側から見ると、むしろ民家のように見える。

      20190625水無分校05

いずれにしても修繕・改築しながら使ってきたのでしょう。
今から55年前に廃校になった水無分校。
おそらく、旧・田島町域の人でも、その存在を知っている人、
知っていた人も少ないんだろう。

何とか探し当てる事が出来て良かった...............。








2019/08/18 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..................荒海小学校滝原分校 (2019年4月23日)(福島県南会津郡南会津町) 

4月23日

会津旅行の2日目。

羽鳥湖のある天栄村から、国道118号、121号と会津鉄道に沿う形で南下し、
南会津町の廃校を巡っています。

中荒井分校跡をあとにして、訪れたのは..................旧・田島町立 荒海小学校滝原分校。


滝原分校は、

昭和21年滝原地区に校舎が建設されました。
当時は戦時下、旧制の国民学校の時代ですね。

昭和22年     学制改革により荒海村立荒海小学校滝原分校となる。
昭和30年     田島町・檜沢村・荒海村が合併され、田島町が発足。
           田島町立荒海小学校滝原分校と改称する。
昭和45年     本校に統合され廃校となる。

と、このような沿革となっているようです。


廃校後、分校跡地は地域の集会所になったようです。

      20190423滝原分校01


しばらく、校舎は集会所として利用されていたようですが
平成18年に解体されて、現在は新しい集会所が建てられています。

      20190423滝原分校02


山あいの分校としては、それなりの敷地を有し
校庭もそれなりの広さが在ったようです。

      20190423滝原分校03


      20190423滝原分校04


      20190423滝原分校05


      20190423滝原分校06


校庭の隅に黒い物体。

      20190423滝原分校07

石碑のようです。


光の加減で見にくいですが..................


『滝原分校跡地』の碑です。

      20190423滝原分校08


      20190423滝原分校09



裏面には、簡略な沿革も刻まれています。

      20190423滝原分校10



校庭跡の隅っこに残る1基のブランコ。

      20190423滝原分校11



分校跡地の碑がなければ、だだっ広い空き地。
学校遺構が殆ど無いから、廃校跡地には見えづらい。

      20190423滝原分校12


せっかくだから、校庭跡地でちょこっと遊んじゃいましょう。

      20190423滝原分校13



とは言え、リードを離しても、走らない びいすけ 。

      20190423滝原分校14



元々、3歳過ぎからドッグランで走らなくなった びいすけ 。

      20190423滝原分校15



もっちゃん の後を一生懸命付いているだけ。

      20190423滝原分校16


今年の夏には10歳になる びいすけ 。


あと、どれくらいの廃校を一緒に巡る事が出来るんだろうか..................?



2019/07/05 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

中荒井分校の桜 (2019年4月23日)(福島県南会津郡南会津町) 

4月23日

会津旅行の2日目。

羽鳥湖のある天栄村から、国道118号、121号と会津鉄道に沿う形で南下し、
南会津町の廃校を巡っています。

ほぼ1年前の桜の時期に訪れた中荒井分校。
校庭にある大きな枝垂れ桜が有名ですが
昨年は、桜の時期が早く過ぎ去り、
見頃が過ぎていました。
( その時の記事は こちら

折しも今年の会津は、今が桜の見頃。
当初の予定には無かったけど、訪れたのは..................

旧・田島町立荒海小学校中荒井分校跡。

      20190423中荒井分校の桜01



昭和34年9月に廃校となった中荒井分校。

      20190423中荒井分校の桜02



この校舎は、廃校から既に60年が経とうとしている。

      20190423中荒井分校の桜03



窓ガラスをアルミサッシに補強されたりして建物は健在。

      20190423中荒井分校の桜04




とても大切にされているようです。

      20190423中荒井分校の桜05


その校庭跡には、十分な存在感を示す枝垂れ桜。

      20190423中荒井分校の桜06



今年は、幾分早かったのか?

      20190423中荒井分校の桜07

満開とは言えず、八分ほどでしょうか?


しかし、昨年のリベンジには十分。
今年は会津の桜を堪能出来ました。


2019/07/04 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..................針生小学校 (2019年4月23日)(福島県南会津郡南会津町) 

4月23日

会津旅行の2日目。

羽鳥湖のある天栄村から、国道118号、121号と会津鉄道に沿う形で南下し、
南会津町にやって来ました。

長野小学校を跡にして、向かった先は..................南会津町立針生小学校。


針生小学校は、


明治10年      静川小学校より分離し、針生小学校と称する。
明治26年      針生尋常小学校と改称する。
大正元年      檜沢地区尋常小学校を合併し、檜沢小学校針生分教場となる
昭和34年      檜沢小学校より独立。
            田島町立針生小学校となる。
平成18年      町村合併により南会津町立針生小学校と改称する。
平成25年      檜沢小学校に統合し、針生小学校は廃校となる。

と、このような沿革となっています。



こちらが、正門。

      20190423針生小学校01



片方しかない校門ですが、正面に立派なプレートがはめ込まれています。

      20190423針生小学校02



そのプレートには、校歌と沿革が刻まれています。

      20190423針生小学校03


なかなか情報が乏しいから、助かります。
参考になりました。

      20190423針生小学校04



こちらが、校舎。

      20190423針生小学校05



逆アングルから。

      20190423針生小学校06


      20190423針生小学校07



体育館。

      20190423針生小学校08



校舎の梁に掲げられた校章。

      20190423針生小学校09



校庭には何もなくて、殺風景。

      20190423針生小学校10

二宮像もなく、遊具も残っていない。


隣接する高台に建つ地蔵堂から、校地を眺めてみます。

      20190423針生小学校11

校地は、廃校後に林業関係者の事務所として使われているようです。


廃校後、児童たちは小学校の前からスクールバスに乗って通学しています。
お昼時でしたが、下校時間なのか?
スクールバスが到着して10人ほどの子供達が降りてきました。

スクールバスの通学は大変だと思うけれど
心の中で「頑張れ!」と応援しておきました..................。



2019/07/03 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..................長野小学校 (2019年4月23日)(福島県南会津郡南会津町) 

4月23日

福島県旅行の2日目。

豊成分校跡をあとにして、向かった先は..................田島町立長野小学校


長野小学校の詳しい沿革は不明ですが
昭和50年に長野小学校の校区に田島小学校の一部の学区を編入して
新しい校地に田島第二小学校が開校しました。
そして、長野小学校は閉校となりました。

長野小学校の歴史を引き継いでいる筈なのですが
残念ながら、田島第二小学校のHPを見ても沿革の記載すらなく
詳しい事は分からない状態です。

廃校後、その跡地は「長野林業研修センター」として活用されているようです。


こちらが、長野小学校跡地。
校庭側から。

      20190423長野小学校01



これらの建物は往時のモノなんでしょうか。

      20190423長野小学校02



小さな校舎と体育館のように見えますね。

      20190423長野小学校03

廃校から44年。
往時の建物を少しづつ修繕して活用して来たのかもしれませんね。



こちらが、正面玄関側。

      20190423長野小学校04

見事な枝垂れ柳。
気持ちだけ、見頃には早かった気もしないでもない。



この玄関は、学校っぽいんだよなぁ。

      20190423長野小学校05


      20190423長野小学校06



こちらは、見たまんま体育館。
どう見ても体育館。

      20190423長野小学校07

林業研修センターとして、新たに体育館が必要か?
そんな事を考えると、往時の体育館に思えてきます。



残念ながら、学校遺構が殆ど無い。

二宮像も廃校記念碑の類いも残っていない。
敷地内には何基かの記念碑が建っているんだけど
いずれも耕地開拓に関する碑。

校地であった事を関連させる碑では無い。


校庭跡には意味不明な櫓。

      20190423長野小学校08

林業研修センターで使用しているのか?
はたむた、地域の盆踊りとかで使用しているモノなのか?



校庭脇を会津鉄道が走っている。
その線路に面した校庭には桜並木。

      20190423長野小学校09



その桜も見頃を迎えようとしています。

      20190423長野小学校10


桜並木の片隅に、忘れさられた遊具がポツンと残されている。

      20190423長野小学校11


建物の規模からして、児童も少なく大きな小学校じゃなかったとは思うけれど
地域のランドマークであったに違いない。

何も残っていないのが、ちょっぴり残念。
そして、地元の人にも会えず、詳しい事は分からないままなのが
やっぱり残念です..................。



2019/07/02 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............旧・田島町立栗生沢小学校 (2018年4月26日)(福島県南会津郡南会津町 

4月26日     

1泊2日の南会津地方への旅行。
再び、廃校巡りへと...............。


鴫山城址をあとにして、向かった先は...............旧・田島町立栗生沢小学校


栗生沢小学校の詳しい沿革は不明ですが、

昭和40年    田島町立田島小学校の栗生沢分校から独立して
          田島町立栗生沢小学校となる。
平成6年     田島小学校に統合のため閉校となる。

と、このような沿革となっているようです。

統合先の田島小学校のHPを覗いても、
田島小学校そのものの沿革の記載がなく
田島小学校栗生沢分校の設立時期等も分かりません。



こちらが、栗生小学校の正門跡。

      20180426栗生沢小学校01



嬉しいことに、門柱はしっかりと残っています。

      20180426栗生沢小学校02



さらに、門柱には往時の表札が掲げられています。

      20180426栗生沢小学校03



残念ながら建築物としての学校遺構は、この門柱のみ。

      20180426栗生沢小学校04



校舎は既に解体され、広場状態。

      20180426栗生沢小学校05

倉庫のような小屋が片隅に建ち、関係者?の車が数台停められています。



正門側にちょっとした高台。
そして、数段の石段。

      20180426栗生沢小学校06

おそらく、石段先のちょっとした高台に校舎が建っていたのでしょう。



その高台に聳える モミの木。

      20180426栗生沢小学校07

きっとシンボルツリーだったんだろうなぁ。



同じ高台の別な石段。
校舎から校庭に行くには、これらの石段を駆け降りていたんでしょうね。

      20180426栗生沢小学校08



校庭の隅に置かれた朝礼台。
びいすけ に上がってもらいました。

      20180426栗生沢小学校09


      20180426栗生沢小学校10



朝礼台から10mほど離れた場所に
無造作に置かれていた朽ち果てた椅子。

      20180426栗生沢小学校11



敷地の周りを取り囲むように並ぶ桜の木。

      20180426栗生沢小学校12



種類は分からないけれど、ソメイヨシノでは無さそう。

      20180426栗生沢小学校13



おそらく、山桜系の桜だとは思うんだけど
見頃はちょっと過ぎたみたい。

      20180426栗生沢小学校14

でも、これも廃校の桜。
これで、木造の校舎が残っていたら、言うことないんだけどなぁ...............。





2018/06/05 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............旧・田島町立永田小学校 (2018年4月26日)(福島県南会津郡南会津町 

4月26日  

1泊2日の南会津の旅行。
南会津町の廃校を巡ります。

荒海小学校中荒井分校をあとにして、向かった先は...............旧・田島町立永田小学校


永田小学校については、詳細は不明です。
昭和49年に当時の田島町立田島小学校(現:南会津町立田島小学校)に統合されて
廃校になったようです。


永田小学校の跡地は永田農林公園となり、
校舎は既に解体され、敷地の一部には
「永田林業研修センター」が建てられています。

      20180426永田小学校01


      20180426永田小学校02



敷地の外周に何本かの桜の木が残り
学校跡地だと言うことを彷彿させてくれます。

      20180426永田小学校03


      20180426永田小学校04


      20180426永田小学校05

残念ながら、こちらの桜も満開の見頃の時期を逸してしまったようですね。


廃校記念碑等はなく、学校遺構はこのローラーだけ。

      20180426永田小学校06



道を挟んだ反対側に消防倉庫が建ち、その傍らに二宮像。

      20180426永田小学校07


      20180426永田小学校08



二宮像の基台には、寄贈者の名が...............。

      20180426永田小学校09

渡部さんの名が多い。
10代の頃の友人に田島町出身の友人が居て、
田島町には『星』と言う性が多いと聞いていたけれど
渡部さんのオンパレード。
あっ、ちなみにその友人も『星』と言う性なんですけどね。




学校跡に訪れたと言う感は少ないけれど、
この二宮像に会えただけでもマシかもしれない。

      20180426永田小学校10


でも敷地外に二宮像が置かれているって...............
どうなんでしょうね?
『公園の隅っこにでも置いておけば良いのに』って思うのは私だけ...............?







2018/06/01 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............旧・田島町立荒海小学校中荒井分校 (2018年4月26日)(福島県南会津郡南会津町) 

4月26日  

4月26日〜27日、世の中のGWが始まる前に、
妹の もっちゃん を誘って福島県の南会津方面に出かけました。

前日の25日の夜、八王子の実家に移動。
この日は、高速の深夜割引に間に合うように午前3時に八王子の実家を出発。
圏央道あきるのICから高速に乗り、東北道と乗り継ぎ福島県を目指します。

白河ICで高速を降り、山越えをして南会津町へと向かいます。


向かった先は...............旧・田島町立荒海小学校中荒井分校



中荒井分校は

明治11年  川島小学校中荒井分校として創立。
大正5年  荒海村の5校が統合し荒海尋常小学校となり、
荒海尋常小学校中荒井分校となる。
昭和22年学制改革により、荒海村立荒海小学校中荒井分校なる。
昭和30年荒海村が田島町、檜沢村と合併して新たな田島町が発足。
田島町立荒海小学校中荒井分校と改称する。
昭和34年 本校である荒海小学校に統合され、廃校となる

とこのような沿革になっているようです。


廃校から既に59年。
半世紀以上の月日が流れていますが
木造の校舎は健在です。

      20180426中荒井分校01

とは言え、廃校から半世紀以上の月日が経っているから
長い年月の中、少しずつ手入れや補修を行って来たんでしょうね。



木造の平屋建て校舎。

     20180426中荒井分校02



平成も30年度。
こうやって現在な木造校舎を見ると、嬉しくなりますね。

      20180426中荒井分校03



校舎の前には、大きな枝垂れ桜。

      20180426中荒井分校04



地元では、有名な『中荒井分校の枝垂れ桜』。

      20180426中荒井分校05

残念ながら、桜はすでに散ってしまい、見頃は過ぎてしまいました。

例年なら4月下旬が見頃と言うことで、1ヶ月以上前から宿を予約して
この時期に訪れたのに...................

ちょっぴり残念です。(本当は、かなり残念です。)
今年は、桜が例年より1週間以上前に開花しちゃったからねぇ。


ならば、中荒井分校の木造校舎を堪能しなくっちゃ。

      20180426中荒井分校06


      20180426中荒井分校07


      20180426中荒井分校08



校庭に残る遊具類。

      20180426中荒井分校09


      20180426中荒井分校10



残念ながら、分校跡地には廃校記念碑や二宮像もない。

在るのは、この枝垂れ桜と古びた地蔵堂。

      20180426中荒井分校11


      20180426中荒井分校12



      20180426中荒井分校13

地蔵堂の隣には、小さなお宮(熊野神社)も鎮座していました。



校庭の隅には数本の桜。

      20180426中荒井分校14

こちらも既に見頃は終わり、葉桜に近い状態。


廃校と桜、そんなテーマで訪れた南会津2018春。
まだまだ廃校巡りは続きます。


2018/06/01 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit