FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて..................山ノ荘小学校沢辺分教場 (2019年9月21日)(茨城県土浦市) 

9月21日

この日は、茨城県の土浦市に出かけました。

土浦市は平成18年に旧新治村を編入しましたが
平成30年春に、旧・新治村域の3小学校が統合され
廃校となってしまいました。

今回、その廃校を巡ってきましたが、
旧・新治村時代にも廃校になった学校があります。
その廃校を訪れてみました。

訪れたのは...................旧・新治村立 山ノ荘小学校沢辺分教場。


沢辺分教場はの詳しい沿革は分かりませんが
明治5年に開校した沢辺小学校がその祖となるようです。
沢辺小学校は明治41年に廃校となりましたが
児童は小野小学校へと通いました。
その小野小学校も昭和27年に永井小学校と統合し
新たに山ノ荘村立山ノ荘小学校が開校します。
その分教場として沢辺分教場は設置されました。

昭和33年、本校の山ノ荘小学校に統合されて
沢辺分教場は廃校となりました。



沢辺 分教場の詳しい情報は、ほとんどありません。
従ってその場所もわksりませんでした。
いつものように、沢辺と言う字を頼りに
Googleマップの航空写真でそれらしき場所を探し
沢辺地区にある『沢辺生活改善センター』にあたりを付けて訪れます。

こちらが、沢辺生活改善センター。

      20190921沢辺分教場01

石造りの門がある。


それらしい、桜の木と国旗掲揚ポールもある。

      20190921沢辺分教場02

このじてんでは、ここが沢辺分教場跡だと確信し、
周辺の写真を撮りながら、学校遺構が無いか?
そんなことを考えていました。


そんな時に、1だいの軽トラックがやって来ました。
軽トラックに乗って来たおばちゃんに訊いてみると、
沢辺分教場はここでは無く、数百m離れた分教場跡を教えてくれました。


散歩を兼ねて、徒歩で5分ほど離れた分教場へと向かいます。



こちらが、沢辺分教場跡。

      20190921沢辺分教場03


先程のおばちゃんには、『ブランコが有るぐらいで、
他には何もないよ』と言われていましたが
確かに更地になっている。

      20190921沢辺分教場04


      20190921沢辺分教場05


わずかに残る遊具類。
でも廃校から60年に月日がたっているから
これらの遊具は廃校後に設置されたものでしょう。

      20190921沢辺分教場06


      20190921沢辺分教場07


      20190921沢辺分教場08


敷地の一角には小さなプレハブの建物。
地域の倉庫になっているようです。

      20190921沢辺分教場09



敷地内に学校遺構が無いか? 探してみましたがざんねんながら、
それらは見つかりませんでした。

分教場跡の隣は蕎麦畑。

      20190921沢辺分教場10

蕎麦の花が満開。
でも蕎麦の花ってこの時期にさくんだっけ?


その隣が芝生畑(?)

      20190921沢辺分教場11

そう言えば、茨城県のこの辺りは芝生の栽培が盛んな所。
隣接するつくば市にも芝生の畑(?)が多かった。
そんな事を思い出したりして、この場所をあとにしました。





スポンサーサイト



2019/11/02 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

茨城百景 山の荘 (2018年1月18日)(茨城県土浦市) 

1月18日

この日は、茨城県の石岡市に出かけました。

千葉県から利根川を渡り、利根町→龍ケ崎市→牛久市→土浦市と抜けて
朝日峠の朝日トンネルを抜ければ石岡市。

朝日トンネルの手前の 小町の里 で小休止。
確か、この近くに 昭和27年に廃校になった山ノ庄村立小野小学校が何処にあるはず。
その場所を調べるのも良いかな?と思ったけれど
冬の田舎の朝の8時半、出歩いている人は誰もいない。

9時近くになって、小町の里 の職員の方が見えられたけど
誰もそんな昔(昭和27年)の事は知らない。

そう言えば、近くの 日枝神社 に茨城百景の碑が在ると聞き
日枝神社に行ってみました。

そもそも茨城百景と言うのは、昭和25年に茨城県観光審議会が選定した
茨城県内の100の景勝地のことです。


茨城百景 山ノ荘 は、包括風景として、清滝観音堂 東城寺 向上庵 御経塚 
駒ケ滝 日枝神社が含まれます。



こちらが、日枝神社の社号標。

      20180118茨城百景山の荘01


      20180118茨城百景山の荘02



そして、一の鳥居。

      20180118茨城百景山の荘03


木々が生い茂り、社殿まで続く長い参道。

      20180118茨城百景山の荘04



この長い参道を利用して、日枝神社の流鏑馬が行われるようです。

土浦の日枝神社の流鏑馬祭は、山ノ荘地区の平和と五穀豊穣を祈願したもので、
毎年4月第1日曜日に行われているそうです。
この流鏑馬は、村人に害をなした大猿を
領主と弓の達人が退治したという室町時代の伝承を基にしたもので、
物語性を持つ珍しい流鏑馬だそうです。

御輿御渡所。

      20180118茨城百景山の荘05


その先には、三の矢場。

      20180118茨城百景山の荘06



二の矢場。

      20180118茨城百景山の荘07



そして、一の矢場。

      20180118茨城百景山の荘08


参道に建てられた日枝神社の説明板。

      20180118茨城百景山の荘09


参道からの二の鳥居。
奥には日枝神社の社殿。

      20180118茨城百景山の荘10



参道の左脇に、茨城百景の碑を発見。

      20180118茨城百景山の荘11


見慣れた茨城百景の碑とは、ちょっと違う。

      20180118茨城百景山の荘12

碑文によれば、本来の茨城百景の碑は、本来は別の場所に在ったらしい。
道路拡張時に誤って破損してしまったらしい。
地元の有志が、この場所に新しい 茨城百景の碑 を記念碑として建てたらしい。


この場所は、日枝神社の境内。
確かに、茨城百景 山ノ荘 の包括地区に日枝神社も盛り込まれているから
この場所に碑が建てられても間違いではない。


日枝神社の流鏑馬の説明板。

      20180118茨城百景山の荘13


その脇には、流鏑馬祭の記念碑。

      20180118茨城百景山の荘14



こちらが手水舎。

      20180118茨城百景山の荘15



二の鳥居。

      20180118茨城百景山の荘16


金網のフェンスに囲まれた茨城県指定の伝統工芸品である石灯籠。

      20180118茨城百景山の荘17



さらには、日枝神社の沿革の刻まれた碑。

      20180118茨城百景山の荘18



狭い境内には、石版や碑が多い。

      20180118茨城百景山の荘19



こちらが拝殿。

      20180118茨城百景山の荘20


      20180118茨城百景山の荘21



別アングルからの拝殿。

      20180118茨城百景山の荘23


見た感じ本殿のようにも見えるけど、おそらく神楽殿。

      20180118茨城百景山の荘22


      
拝殿の奥にある本殿。

      20180118茨城百景山の荘24



本殿の飾り彫刻。

      20180118茨城百景山の荘25


こちらが社務所。

      20180118茨城百景山の荘26

現在は、無住の社務所。
宮司さんも離れた隣の集落に住んでおられるということで
社務所は、パラグライダーの事務所として使われているようです。


小町の里 で見せてもらった新治村史によれば、
かつて、日枝神社の参道近くに、山ノ荘村立小野小学校が在ったらしい。
宮司さんが居れば、詳しい場所が聞けたかも知れないし
ひょっとしたら、日枝神社の御朱印もいただけたのかも知れない。

ちょっぴり残念...............。



2018/03/03 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit