FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

日本の道百選 《 旧・中山道 》 (2019年8月23日)(群馬県安中市) 

8月23日

1泊2日の群馬・長野旅行、その2日目です。  

この日訪れた、碓氷峠に鎮座する熊野皇大神社(碓氷峠熊野神社)。
その鳥居のある社頭は、旧・中山道。   

熊野皇大神社の向かいにある『元祖力餅 しげのや』の駐車場入口に
こんな碑が建っています。

      20190822旧・中山道01


      20190822旧・中山道02



『日本の道百選 旧・中山道』の碑です。

      20190822旧・中山道03


      20190822旧・中山道04



中山道は慶長6年(1601)から7年を掛けて、
他の4街道(東海道、日光街道、奥州街道、甲州街道)とともに整備された街道です。
古くは都と東国を結ぶ東山道と称されていました。

中山道は、日本橋から、上野、信濃、木曽、美濃、近江を経て、
京三条大橋まで135里32丁(約534km)69宿あり
特に坂本宿から軽井沢宿の間には、中山道の難所である碓氷峠があります。

今でこそ、国道18号の碓氷バイパスと言う立派な国道が走っていますが
坂本宿から軽井沢宿へと繋がる旧・中山道の碓氷峠は、
東海道の箱根に肩を並べる難所であり、関所も置かれていました。



こちらが、旧・中山道。

      20190822旧・中山道05

群馬県側。
画面の先までは行ってないけれど、
この先は舗装が途切れる狭い道らしい。



こちらは、長野県側。

      20190822旧・中山道06

このまま下って行けば旧・軽井沢の繁華街へと導いてくれます。
実は、こちらに来るのに旧・軽井沢から旧・中山道を上がって来ました。




時間があれば、車で群馬県側の碓氷峠を走ってみたり
びいすけ と舗装の切れた旧・中山道を歩いてみたい欲望はありますが
無茶はしません。今回は、写真だけで我慢しましょう。


この先が群馬県。

      20190822旧・中山道07


      20190822旧・中山道08

日本の道百選に選ばれるのだから
きっと見応え(?)のある道なんだろうなぁ.............。




スポンサーサイト



2019/09/24 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

日本の道百選  《 つくば道 》    (2019年2月26日)(茨城県つくば市 

2月26日 つくば道

この日は、つくば市にやってきました。

以前から気になっていた『日本の道百選』。

道の日の制定を記念して、1986年度および1987年度に、
建設省と「道の日」実行委員会により制定された、
日本の特色ある優れた道路104本です。
(百選と言いながら104ヶ所とは如何なモノか?)(笑)。
その道路には、建設省から交付された顕彰プレートが飾られています。
以前、その顕彰プレートを探すテレビ番組があり、
機会があればその顕彰プレートを探すのも面白いなぁと思うようになりました。

何と!つくば市には、その『日本の道百選』が二ヶ所も有ります。
即ち、2本の道路が『日本の道百選』に選ばれています。

その一つが『学園東大通り』。
こちらは一昨年の12月に顕彰プレートを探す事が出来ました。
(その時の記事は こちら


もう1本の道は、つくば市の北条という町から
筑波山神社までつながる『つくば道』と言われる道になります。
『つくば道』は3代将軍徳川家光が筑波山神社を作るための資材運搬用の道で、
その後、参道として使われた道になります。


関東平野の北東にそびえる筑波山は、古くから信仰の山として
徳川家をはじめ多くの参拝者でにぎわいました。
その参詣道だった「つくば道」は、道の正面に筑波山をのぞみ、
風情ある民家の佇まいや旧跡を訪ねる散歩を楽しむことが出来るそうです。



こちらが、『つくば道』のスタート地点になるつくば市北条。

      20190226日本の道百選 つくば道01



この石碑がつくば道の道標。

      20190226日本の道百選 つくば道02


      20190226日本の道百選 つくば道03



ネットで調べてみると、『つくば道』の顕彰プレートは2ヶ所に設けられていて
一つは、筑波山神社近くの参道にあるらしい。
そして、もう一つは北条の町にあるらしい。

と言うことで北条の町をかなり歩きました。

なかなか見つからない顕彰プレート。











ついに見つけました。

      20190226日本の道百選 つくば道04



何と、北条小学校の近く.........って言うか入口案内の看板の直近。

      20190226日本の道百選 つくば道05



こちらが、顕彰プレート。

      20190226日本の道百選 つくば道06


無事、顕彰プレートも見つけられたので
『つくは道』を実際に走ってみましょう。

      20190226日本の道百選 つくば道07


      20190226日本の道百選 つくば道08



実は、3年ほど前に『つくは道』を走った事があります。
この辺りはまだまだ平気ですが.......................

      20190226日本の道百選 つくば道09



神社に近付くにつれ、道は狭くなるし、
曲がりくねった先で車の腹を打ちそうになるし
車で走るには、とてもお勧めできません。



まあ、筑波山が前方に見えるこの辺りまでが無難でしょう。

      20190226日本の道百選 つくば道10

この後の予定が無ければ、筑波山中腹の筑波山神社へ向かうのもアリですが
この日は筑波山神社への予定ではない。

もうちょっと先で、右折しちゃいました(笑)。




2019/04/20 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

日本の道百選 《房総フラワーライン 》 (2017年11月25日)(千葉県館山市⇆千葉県南房総市) 

11月25日

この日は、房総半島南部の館山市に出かけました。

館山市の洲崎地区を車で走っていると
こんな看板が目に入ってきた。

      20171125房総フラワーライン02

そういえば、以前テレビで、タイの3輪車(トゥクトゥク)で
日本の道百選を走って、『日本の道百選』の碑を探すって言う番組がありました。
あの番組を見て、『おもしろそ〜っ!』って思ってました、


日本の道百選は、道の日の制定を記念して、
1986年度及び1987年度に、旧・建設省と「道の日」実行委員会により制定された、
日本の特色ある優れた104本の道路の事です。
百選と言いながら、104の道路を選定しているところが面白い。


そして、こちらが始点になる『房総フラワーライン』は、
館山市伊戸〜相浜間の6.6kmが、旧建設省と「道の日」実行委員会により制定されました。
毎年1月に、館山市などの関係団体が主催する館山若潮マラソンが開催されており、
県内外から数千人のランナーが参加するイベント道路にもなっていることから
四季の草花とマラソンの道と言うことで、昭和61年に選定されました。

      20171125房総フラワーライン01



何度か、この道を走っていますが
この看板は初めて目に留まりました。

せっかくだから、百選の碑も探しちゃいましょう。
      

道路沿いにもフラワーラインの看板。


      20171125房総フラワーライン07

逆光だから、上手く撮れない。
どうしても暗くなってしまう。
やっぱり、写真は難しい(笑)。

      20171125房総フラワーライン08


      20171125房総フラワーライン09


      20171125房総フラワーライン10





しばらく走っていると、前方に道の駅が見えて来ます。

      20171125房総フラワーライン03



道の駅の駐車場脇にモニュメント(碑)発見!

      20171125房総フラワーライン05



百選のプレートも在りました。

      20171125房総フラワーライン06



11月のこの時期は、フラワーラインと言えども花は咲いていない。

      20171125房総フラワーライン04

春になれば菜の花が咲いて綺麗なんだよなぁ。



日本の道百選の碑(プレート)探しの旅も
意外に面白そう。
ハマっちゃうかも...............?







 
2018/01/08 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit