FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

佐倉の坂道散歩 《 鍛治作の坂 》 (2019年10月20日) 

10月20日

この日は、公休日。

都内渋谷区の恵比寿神社の例祭日で
この時しか授与されない恵比寿神社の御朱印をいただきに行こうと休みを取っていましたが
前日の勤務が遅番で、家に帰って来たのが午前零時近く。
それから、びいすけ の散歩に行ったりして
いつの間にか、午前1時を過ぎていました。

疲れもあってか、やがて爆睡。
目が覚めたら午前11時過ぎ。
この時間から都内へ出かけるには気が重い。

結局、都内へ出るのは諦めました。


そんな訳で、午後から散歩に出かけます。
せっかくだから、佐倉市民ハイキングのHPに掲載されている
佐倉の坂道を散歩いたしましょう。

と言うことで、向かった先は................鍛冶作の坂。


鏑木町の麻賀多神社の近くにある坂道と言うことなので
京成佐倉駅前を通って城址公園の方へと進みます。

      20191020鍛冶作の坂01


      20191020鍛冶作の坂02


鍛冶作の坂は、坂下の鍛冶作という地名から名付けられた坂道で
麻賀多神社の裏の幼稚園の前にあります。
麻賀多神社からだと下りになるので
反対側の城址公園(菖蒲園)側からのアプローチ。



この道を進めば、鍛冶作の坂になります。

      20191020鍛冶作の坂03



途中にある重願寺。

      20191020鍛冶作の坂

真宗大谷派の寺院です。



重願寺の説明板を横目に先を進みましょう。

      20191020鍛冶作の坂05



重願寺の向かいは、佐倉第二児童公園。

      20191020鍛冶作の坂06



しばらく進むと民家の並ぶ細い坂道となります。

      20191020鍛冶作の坂07



坂はこの辺りから始まっているけど、ここはまだ鍛冶作の坂ではないようです。

      20191020鍛冶作の坂08


しばらくすると、狭い十字路。

      20191020鍛冶作の坂09



そこには、『佐倉藩刀剣細工所の地』の標柱が建つ。

      20191020鍛冶作の坂10

旧・鍛冶作町になるようです。


この十字路から、『鍛冶作の坂』が始まります。

      20191020鍛冶作の坂11



鏑木町の麻賀多神社に向けての上り坂。

      20191020鍛冶作の坂12


急がなくても良いから、ゆっくり行きましょう。


びいすけ もオチッコしながら、マイペースで進みます。

      20191020鍛冶作の坂13


      20191020鍛冶作の坂14



坂道の最後は、この坂1番の急勾配。

      20191020鍛冶作の坂15


上りきった先には案内板。

      20191020鍛冶作の坂16

重願寺からは、350m。



このまま、鏑木町の麻賀多神社に向かいます。

      20191020鍛冶作の坂17



びいすけ の背後の銀杏の木が、麻賀多神社の御神木。

      20191020鍛冶作の坂18


麻賀多神社とお蕎麦屋さん『房州屋』の間の道に繋がっていたんですね。

      20191020鍛冶作の坂19


こうやって、佐倉市民ハイキングのHPに掲載されている坂道を
一つ、一つ歩いて制覇して行くのも意外に楽しいモノです。



スポンサーサイト



2019/12/04 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

佐倉の坂道散歩 《 八幡様の坂 》 (2019年9月22日) 

9月22日

私と びいすけ の住む町 佐倉。
佐倉藩十一万石の城下町です。

城下町佐倉には、多くの坂道が存在します。

佐倉市民ハイキングクラブ のHPには
その坂道を取り上げていたりします。

今回は、そのHPで紹介している『八幡様の坂』を散歩してみましょう。



自宅からいつもように旧・国道に出て散歩となります。

      20190923八幡坂02



すぐさま、匂い嗅ぎに夢中になる びいすけ 。

      20190923八幡坂01



今年もこの看板を見かける季節になって来ました。

      20190923八幡坂03

毎年、10月の第2金・土・日曜日は佐倉の秋祭り。
山車(佐倉の祭りでは『御神酒所』と言うようです。)が出るから
毎年、交通規制が入ります。



さて、こちらが『八幡様の坂』の最下部。

      20190923八幡坂04

この坂の上に八幡様(弥勒八幡神社)があるから、
そう呼ばれているみたいです。


最下部には公園があるんだけど、
その公園にも台風15号の影響が出ています。

      20190923八幡坂05


木が4か〜5本、根元から倒れています。

      20190923八幡坂06


      20190923八幡坂07

ニュースにはならないけれど、地元にとっては衝撃的な出来事です。



では、坂道を上って行きましょう。

      20190923八幡坂08



八幡様の下までは、ダラダラと緩やかな上り坂。

      20190923八幡坂09


      20190923八幡坂10


      20190923八幡坂11




この辺りから、上りが急になってくる。

      20190923八幡坂12


坂の左側が八幡様。

      20190923八幡坂14


      20190923八幡坂13



びいすけ の奥が八幡様(弥勒八幡神社)。

      20190923八幡坂15


こちらが、弥勒八幡神社。

      20190923八幡坂16

弥勒町の成田街道に向かってもうちょっと坂は続くけれど
今日は、ここをゴールにして、
せっかくだから、お参りして帰りましょう。



2019/11/05 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

佐倉の坂道散歩 《 下長屋の坂 》 (2019年9月11日) 

9月11日

今更ですが................台風15号で被災された方々にお見舞い申し上げます。


かく言う私の住む佐倉市も、台風上陸の9月9日の午前4時過ぎぐらいから
当日の18時近くまで停電。そしてそれに伴う断水。
テレビも見れず、スマホのバッテリーも乏しく
情報はないし、パニクっていました。
仕事は元々、公休日だったので救われましたが
電気に頼りすぎている生活なんだと思い知らされました。




台風の影響による千葉県下の大停電をテレビで放映しているこの時期、
休みといっても喜び勇んで遊びにも行けません。
こんな時は、自宅で大人しくしているに限ります。



昼間は暑いので、 陽が陰った夕刻に散歩に出かけます。
久しぶりに、佐倉の坂道散歩でもいたしましょう。

という事で、今回の坂道散歩は..............下長屋の坂。


下長屋の坂は、肴町から裁判所、松林寺へ至る坂道です。
下に長屋があったことからその名が付くそうです。
佐倉市民ハイキングクラブのHP から参照しています。)



ほぼ一日、部屋の中に居たので外に出てテンション上がる びいすけ 。

      20190911下長屋の坂01



こちらが肴町側の坂の入り口。

      20190911下長屋の坂02


ここから下り坂。

      20190911下長屋の坂03

民家の建て替えでセットバックして一部は広くなったけれど
元々は狭い袋小路のような坂道。




ここを左に曲がれば坂の最下部になります。

      20190911下長屋の坂04



ここが最下部。

      20190911下長屋の坂05



この辺りに長屋があったのでしょうか?

      20190911下長屋の坂06



裁判所方面への上り坂です。

      20190911下長屋の坂07


さすが城下町の佐倉。
ちょっとした坂でも所々に横矢が掛かっている。

      20190911下長屋の坂08

そんな事を気にするのは、私だけだろうか?


      20190911下長屋の坂09



この坂の左手には検察庁の佐倉支部。

      20190911下長屋の坂10



春になると、桜が綺麗なんだよなぁ。

      20190911下長屋の坂11



下長屋の坂を上りきった先には、千葉地方裁判所佐倉支部。

      20190911下長屋の坂12



佐倉の坂道、また一つ制覇しました!!
って言っても................

この坂道はちょくちょく散歩で利用するんだよなぁ(笑)。









2019/10/13 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

あと9日 (2019年8月13日) 

8月13日

この日も早番勤務。
18時をちょっと過ぎた辺りに自宅に帰って来ました。

約11時間半留守番していた びいすけ 。

ただいま〜! の声と同時にすぐさま散歩へと出かけます。

      20190813散歩01


陽はまだ沈んではいないけれど、西に傾いているから
陽射しもなく、散歩には好都合。

      20190813散歩02


でも、まだまだ外気は30℃は優に越えているでしょう。

      20190813散歩03



いつもの散歩コースで、いつもの所作。

      20190813散歩04


この坂の先の左側には弥勒公園。

      20190813散歩05



弥勒公園にて。

      20190813散歩08


子どものようにあどけない笑顔、!

      20190813散歩06

とは言え、もうすぐ10歳の老犬。
充分におじいちゃん犬。


暑さで口角が緩んで笑顔に見えるのか?

      20190813散歩07



7月後半から、休みの日もほとんど遠出もせずに
部屋の中でくすぶっているから
たまには、こうして公園でゆっくりするのも良い。
何と言っても、明日(8月14日)は遅番だから
今夜はゆっくり出来る。

      20190813散歩09


      20190813散歩10



この笑顔を見ると、心なしか びいすけ も喜んでいるような気がします。

      20190813散歩11


      20190813散歩12


8月13日、 10歳になるまであと9日。
9歳11ヶ月22日の びいすけ でした.............。



2019/09/08 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

あと10日 (2019年8月12日) 

8月12日

8月も12日。
8月22日で10歳になる びいすけ 。

気が付けば、もう10歳と言う高齢になる びいすけ 。
高齢の犬にとって、今年の暑さも辛いモノでしょう。

梅雨寒で、少し安心していたら
梅雨明けで、一気に猛暑がやって来た今年の夏。

梅雨が長かったのと、8月の猛暑で
最近はマトモな外出をしていないので
ちょっとだけ、フラストレーションが溜まっちゃいます。

唯一の救いは、春の異動で職場が変わり
早番の出勤が1時間早くなった分、帰りも1時間早くなり
18時過ぎに、自宅へ帰って来る事が出来るようになりました。

夏のこの時期、まだまだ明るい内に びいすけ の散歩が出来ます。



たまには、ちょっとコースを変えて
朝・夜の散歩に変化をつけましょう。

最寄りの駅方面へと進みます。


力強く、リードを引っ張る びいすけ 。

      20190812散歩01

いつもと違うコースだから、新鮮なのか?


遅れて気味な父さんを催促するように
こちらを振り返る びいすけ 。

      20190812散歩02


仕方ないなぁ.........と思いながら、ペースを早めると
今度は、他のワンちゃんの『残り香?』が気になる びいすけ 。

      20190812散歩03



18時を過ぎても、額にはうっすら汗が浮かび上がる暑い夕方。

      20190812散歩04



まだまだ残暑厳しいと言うか、夏真っ盛りな日々。

      20190812散歩05


今日は、まだ8月12日。

びいすけ、10歳の10日前。
即ち、 びいすけ の9歳もあと10日を残すのみとなりました.............。





2019/09/08 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

びいすけ と夕暮れ (2019年6月17日) 

6月17日

この日は公休日。

疲れも有ってか?
びいすけ の朝の散歩を6時前に済ませて二度寝。

うとうととしながら、三度寝、四度寝と
惰眠を貪っていたら午後になってしまいました。

流石に何もしないのも休日を無駄にしてしまいそう。
そんな事を思いながらも、結局外に出たのは夕刻になってから。

6月も中旬になると、17時を過ぎてもまだまだ明るい。
出かけるのも、これから!って感じ(笑)。

では、散歩に出かけましょう。

      20190617散歩01


      20190617散歩03


散歩の目的の一つでもあるオシッコ。
心おきなくしなさいね。

      20190617散歩02



自宅近くの公園。

      20190617散歩04


      20190617散歩05


たまには、 びいすけ のアップを撮ってみましょう。

      20190617散歩06


なんてたって、このブログは びいすけ のブログなのに
最近は、登場機会が少ない(笑)。



今日は、 びいすけ のアップを目一杯載せちゃいましょう。

      20190617散歩07


      20190617散歩08


      20190617散歩09


      20190617散歩10


      20190617散歩11



最近、 びいすけ だけを写真に収める事って少なかったから
この日は、かなり撮ってみます。

      20190617散歩12


      20190617散歩13


      20190617散歩14


      20190617散歩15


      20190617散歩16


      20190617散歩17


      20190617散歩18


      20190617散歩19


      20190617散歩20


実は、数日前に ビーグルブログ界における著名なビーグルが亡くなった。
世の中に永遠に続くモノは無いけれど、飼い主さんに愛された犬生だったと思う。
一人暮らしをしていると、満足に世話も出来ないけれど
少なくても、私の人生のパートナーでもある びいすけ 。

急ぎ足て無くていいから、ゆっくりと一緒に人生(犬生)を歩んで行こう...............




2019/08/08 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今宵の散歩  (2019年5月29日) 

5月29日

3月に異動で都内の現場から千葉市(幕張)の現場になって
早番の出勤時間が1時間早くなり、その分退勤時間が1時間早くなった。

早番の退勤時間は17時。
即ち、定時で速攻で帰れば18時ちょい過ぎに帰って来れる。

陽が段々と長くなり、5月の末ともなれば
18時頃はまだまだ明るい。

周りが暗いのと明るいのでは、
夕方の散歩のテンションも違います。

早番勤務を終え、18時過ぎに自宅へ戻り
びいすけ の散歩へと出かけます。

びいすけ にとっても散歩の時の周りの明るさは
テンションにも左右するようです。
この日は、テンション高め。

      20190529散歩01


周りが明るいと気になる箇所の匂いもじっくりと嗅ぐようです。

      20190529散歩02

個人的には色々な虫が増えてくる時期ですから
匂い嗅ぎと言えども、むやみに草に鼻を突っ込まないで欲しいもの。



先を進みながら、時折飼い主の様子を窺う周到さ。

      20190529散歩03

やっぱり、犬と言えども10年近く生きていれば知恵も付きます(笑)。



問題ないと察すると、自分のペースで再び進み出します。

      20190529散歩04



なぜか、飼い主と言うか、散歩の同伴者より先に行きたがる びいすけ 。

      20190529散歩05




明らかに、自己主張。

      20190529散歩06



時折、わざと びいすけ より前を歩くように急ぎ足になったりして.........

      20190529散歩07

単調になりがちな散歩に変化をつけています。


この日は、いつもよりちょっとだけ遠出。

      20190529散歩08

と言っても数百mですが............

でも、その変化を感じとってくれるのか?
時々、立ち止まっては、周りを確認しているみたい。

      20190529散歩09

オシッコとウンチが目的の散歩になりがちですが
夕暮れに、こうやって びいすけ とのんびり歩くのも良いものですね。






2019/07/21 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

佐倉の坂道散歩 《 野道の坂 》 (2019年4月13日) 

4月13日

都内の墨田区に出かけたこの日。
15時過ぎに自宅に戻り、 びいすけ と散歩に出かけます。

4月も中旬になると、陽も伸びて15時過ぎてもまだまだ昼間。
せっかくの休みだし、大人しく留守番してくれていた(?) びいすを連れて
散歩に出かけました。
実は都内散歩でかなり疲れていたのですが.........。
帰ってきた私を見るなり尻尾を振って喜んでいる姿を見たら
やっぱり、散歩に行かないとねぇ。

いつもの散歩コースとは逆周りで出かけましょう。

      20190413坂散歩01


元気良く闊歩しする びいすけ 。

      20190413坂散歩02


やって来たのは中央公民館。

      20190413坂散歩03

中央公民館の敷地脇から、ちょっとした坂道が始まります。


坂道の名称を示す案内板等はないけれど
『野道野坂』と言うらしい。

      20190413坂散歩04


坂を上り始めてすぐに、猫と遭遇。

      20190413坂散歩05


敵もさるもの。
しっかりと威嚇して来ます。

      20190413坂散歩06

最近は、猫との遭遇も余り無かったから
久しぶりの猫との遭遇は びいすけ にとっても新鮮だったのかな?



坂道と言うよりは、殆どが石段の『野道の坂』。

      20190413坂散歩07



お世辞にも広い道とは言えず、まさに佐倉の路地裏の坂道(石段)。

      20190413坂散歩08



それなりに斜度も有って、意外にきつい坂道(石段)。

     20190413坂散歩09



ちょっぴり、息を切らして、坂の頂部に到着。

      20190413坂散歩11


振り返って見ると、やっぱり勾配がそれなりにある坂道です。

     20190413坂散歩10

息が切れるのは、単なる歳のせいだけでは無いようです。




坂を上り切ったら、何と猫のお出迎え?

      20190413坂散歩12

再び、猫との遭遇です。

今日の びいすけ は猫に好かれているのかなぁ.........?




2019/06/20 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

2019 佐倉の桜 With びいすけ  (2019年4月6日) 

4月6日

例年、4月に入って1週間もすれば、
千葉県内は桜の見頃になります。

東京の今年の桜の開花宣言は3月21日と、
例年より気持ち早かったような気がしていたけれど
その後雨が続くたり、寒かったりで、
今年は桜の時期が長くなるのかもしれない。

千葉県の佐倉市。
私と びいすけ が暮らす町。

佐倉市にも桜の季節がやって来ました。

数日前に夜桜見物に行ったけれど
佐倉城址公園に行かなくても、
自宅近くには桜の見所はある。


仕事から帰ってきた18時過ぎ。
陽が長くなってきたとは言え、春の薄暮はあっという間。

      20190406桜01


      20190406桜02


      20190406桜03



ここは毎日、朝・夕(夜)とびいすけの散歩コースのほぼ起点。

      20190406桜04


      20190406桜05

ここ数日、上を見上げる日々が続いています。

でも、あと1週間前すれば、葉桜になっちゃうんだろうなあ。



桜の木の近くには、近所の方が植えた花が咲いている。

      20190406桜06

菜の花にチューリップ。
そして桜の花。

春本番ですね。




2019/06/14 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

佐倉の坂道を歩こう! 《 くらやみ坂 》 (2019年1月7日) 

1月7日  

この日は、地元の佐倉七福神巡りにチャレンジ。
七福神の大聖院へ向かう途中に、こんな看板を目にしました。

      20190107くらやみ坂01


『くらやみ坂』って.................
名前が良いよね。



そう言えば、佐倉って城下町。
そして、坂の町でもある。


以前から佐倉の坂道をちょこちょこと散歩してきました。
偶然とは言え、新たな坂道に遭遇。

これは素通り出来ませんねぇ。


くらやみ坂は、佐倉武家屋敷の旧河原家と旧但馬家の間の坂で、
木がうっそうと覆い、昼なお暗いことから、この名が付いたとされています。


坂の上から。

      20190107くらやみ坂02

一度、坂を下って下へと向かいます。。



ちょっと行き過ぎかもしれないけれど
この辺りが起点になるのか?

      20190107くらやみ坂03


この斜面の上は武家屋敷(旧・但馬家)

      20190107くらやみ坂04



斜面の竹林がいい味出しています。

      20190107くらやみ坂06



こちらは、旧・河原家側の斜面。

      20190107くらやみ坂05


      
坂の下から。

      20190107くらやみ坂07



坂そのものは、そんなに長い距離はない。
その長さは、約60mほど。

      20190107くらやみ坂08



坂をゆっくりと上って行きましょう。

      20190107くらやみ坂09



ところどこr、地面が剥き出しで。こんな看板も................。

      20190107くらやみ坂10



時折、私が気になるのか?
振り返る びいすけ 。

      20190107くらやみ坂11



こちらは、坂の上。

      20190107くらやみ坂12


たぢかに、ぶけやしきのに挟まれ、鬱蒼と繁る木々に日を遮られ
うっすらと暗さを感じる坂。

『暗闇』とは言いづらい、『くらやみ』坂でした................。



2019/03/05 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

佐倉の坂道を歩こう! 《 愛宕坂 》 (2018年11月13日) 

11月13日

個人的な連休初日。
特にこれと言った予定もないから、自宅でウダウダ。

午後からは、 びいすけ と散歩に出かけます。


今日は、休みの日だからいつもと違ったコースにしましょう。

      20181114愛宕坂26



京成佐倉駅を過ぎ、歴博方面へと向かいます。

      20181114愛宕坂01


      20181114愛宕坂02



佐倉城址公園の入り口。

      20181114愛宕坂03



土塁がお出迎え。

      20181114愛宕坂04


      20181114愛宕坂05



歴博(国立歴史博物館)正面側の導線。

      20181114愛宕坂06


ここは、佐倉城の田町門跡であり、この坂道は愛宕坂。

      20181114愛宕坂07



坂上に愛宕神社(現在は田町に移転)があったため、
愛宕坂と呼ばれたらしい。

明治新政府になって、佐倉城は廃城となりました。
そして連隊がおかれ、坂の中ほどに営門があったので、
「営門の坂」と呼ばれていたそうです。

      20181114愛宕坂08



愛宕坂をあがって、城址公園に行きましょう。

      20181114愛宕坂09


      20181114愛宕坂10



この坂を上れば、歴博。
そして、歴博の先が佐倉城址公園。

      20181114愛宕坂11


      20181114愛宕坂12


歴博のゲート。

      20181114愛宕坂13

遅い時間になれば、このゲートは閉められます。
確か。17時だったかな?

      

さらに進みましょう。

      20181114愛宕坂15


      20181114愛宕坂16


れきはくに到着です。

      20181114愛宕坂17



久しぶりの佐倉城址公園。

      20181114愛宕坂18


      20181114愛宕坂19



三の丸の空堀。

      20181114愛宕坂20


      20181114愛宕坂21


やっぱり、佐倉城は空堀に尽きる。

      20181114愛宕坂22



空堀の無い佐倉城は、クリープの無いコーヒーみたいな物。(古い!)

      20181114愛宕坂23



晩秋の佐倉城址公園。

      20181114愛宕坂24


色付くイチョウ並木も、見所の一つ。

      20181114愛宕坂25



愛宕坂から佐倉城址公園。
ベタな定番の散歩コースになりますが、
佐倉市民にはどハマりの散歩コースのようです。




2019/01/04 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

佐倉の坂道を歩こう! 《 海隣寺坂 》 (2018年11月5日) 

11月5日

この日は、朝から富里市の富里香取神社に行ったり、
印西市に北千葉導水路のダムカードを貰いに行ったりしていましたが
夕方は地元の散歩。
平日と言うか、仕事の日には朝夕の散歩も
そんなに時間を掛けたりは出来ないから、
せめて休みの日ぐらいは、散歩も時間を掛けてあげましょう。



いつもの散歩コースをとりあえず進みます。

      20181105海隣寺坂01


佐倉高校前を進みます。

      20181105海隣寺坂02


今日は、ちょっと違う道を進みましょう。

      20181105海隣寺坂09


今は寂れてしまった城下町商店街。
『さくら・時代まつり』の幟も立てられている。

      20181105海隣寺坂04


11月11日に 『さくら・時代まつり』が開催されるようです。

      20181105海隣寺坂05


      20181105海隣寺坂06



佐倉の秋まつりの時は人がいっぱいのこの通りも
普段は人通りもなく、静かなものです。

      20181105海隣寺坂07




佐倉藩11万石の城下町・佐倉。

もともと城は高台にあるもの。
と言うことは城下町には坂が多いことになる。

我が町佐倉も意外に坂が多い。
台地と谷津から城下町が成り立っているため、どこに出るにも必ず坂を通らなければならない。
坂は、佐倉らしさ感じさせる重要な景観アクセントだと、佐倉市商工観光課HPにも謳われている。


と言うことで、本日の散歩は坂道散歩。
『海隣寺坂』を歩きます。

      20181105海隣寺坂08



田町商店街から市役所に上る坂道は、坂上に海隣寺があったことから
『海隣寺坂』と呼ばれています。
この坂道は、旧成田街道になり、当時荷車が上れないので、
後押し(おっぺす)人夫がいたことから、おっぺし坂と言われていたそうです。

現在の市役所の下にあり、成田街道が台地上の町へと上る坂となています。
街道筋の要地であり、当時は木戸があり、土手や竹矢来で守られていたそうです。

      20181105海隣寺坂09



坂の途中に建つ案内板。

      20181105海隣寺坂10


佐倉の市内にはこんな看板がいくつも建てられています。

      20181105海隣寺坂11


      20181105海隣寺坂12


      20181105海隣寺坂13



この辺りに住むワンちゃん達の散歩コースなのか?
やたらと匂い嗅ぎに夢中になる びいすけ 。

      20181105海隣寺坂14


      20181105海隣寺坂15



坂の途中には、こんな民家も。

      20181105海隣寺坂16


この先は市役所。

      20181105海隣寺坂17


ゴールは、あと少し。

      20181105海隣寺坂18


こうやって、休みの日にいつもと違うコースを散歩するのも楽しい。
佐倉の坂道散歩、楽しいです。





2018/12/31 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

佐倉の坂道を歩こう! 《 薬師坂 》 (2018年9月16日) 

9月16日

散歩の続きです。


弥勒町の八幡神社から、細い裏道を通って散歩を続けます。
普段は、滅多に通らない道。

      20180916薬師坂01


見慣れない場所だから、 びいすけ も新鮮な感覚?
リードを引っ張り気味に先へと進みます。

      20180916薬師坂02


この辺りは、教安寺の裏手。
初めて通る道。

      20180916薬師坂03



狭い道を進めば、やがて知ってる道に合流する。

      20180916薬師坂04

これが新たな発見で、ちょっと得した気分。



目的がなくブラブラしているわけではなく
確か、この先に看板の立っている坂道があったはず。

      20180916薬師坂05



坂道が見えてきました。

      20180916薬師坂06


坂の入り口に立つ看板。

      20180916薬師坂07

佐倉の有名(?)な坂道には、この看板が立っているようです。


看板によれば、薬師坂と言うらしい。

      20180916薬師坂08

坂の途中に薬師堂があったそうですが、
昭和4年に焼失してしまい、本尊は難を免れて
200m先の周徳院に安置されているそうです。


現在は、坂の入口に子安地蔵堂が建っています。

      20180916薬師坂09


TVの深夜番組では、若いお姉ちゃんが全力でダッシュしますが
御歳9歳のシニア世代のビーグル。

      20180916薬師坂10

無理はいたしません。

ゆっくり、坂道を歩きましょう。

      20180916薬師坂12



竹藪がある切り通し。

      20180916薬師坂11

風情のある坂道です。



坂そのものは、200mくらい。
適度な勾配で、散歩にはちょうど良い。
     

坂を上りきれば、二又路。
左へ行けば、武家屋敷。

      20180916薬師坂13

今日は、右に進路を取り、
麻賀多神社の前を通って自宅へと向かいましょう。


佐倉の坂道散歩。
意外に楽しかったりして.......................。



2018/10/27 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

弥勒八幡神社の祭礼 (2018年9月16日) 

9月16日

午前中に富里香取神社に行って自宅に戻り、
昼からは思い切り昼寝で惰眠を貪っていました。

開け放した窓の向こうからピーヒャラ、ピーヒャラと笛の音。
威勢の良い掛け声も聞こえ、バックには太鼓の音も聞こえてくる。

あれっ? 佐倉の秋祭りには、まだ早いんじゃない?
ひょっとして佐倉の秋祭りの練習?

ちょっと気になる。

気になり出すと、確認したくなる。

と言うわけで、急遽散歩に出発!。

      20180916弥勒八幡神社01


さっきまで、音のなっていた方へと足を進めます。

この先にあるのは、弥勒八幡神社。

      20180916弥勒八幡神社02


弥勒八幡神社には、大勢の人が居て
祭りの法被を着ている若い衆が多い。

      20180916弥勒八幡神社03

鳥居にも新しい注連縄が巻かれている。
どうやら、弥勒八幡神社の祭礼のようです。


由緒書きを見てみると、祭礼日は9月14日、15日とあるが
土日の絡みで今年は15日、16日のようです。

      20180916弥勒八幡神社04



社務所の前の人だかりを押し避けて、
境内の奥に進みます。

手水舎。

      20180916弥勒八幡神社13


こちらが、拝殿。
     
      20180916弥勒八幡神社05


拝殿正面。

      20180916弥勒八幡神社06


拝殿の中には、氏子の役員さんがいて
参拝者にお祓いをしてくれました。

元々、こちらの神社は鏑木町の麻賀多神社が本務社で
この日は、宮司さんが不在らしい。



拝殿に掲げられた扁額。

      20180916弥勒八幡神社07


別アングルからの拝殿。

      20180916弥勒八幡神社08


      20180916弥勒八幡神社09


そして、こちらが本殿。

      20180916弥勒八幡神社10


拝殿前の天水桶。

      20180916弥勒八幡神社11


     
拝殿前には、祭礼の主役である神輿。

      20180916弥勒八幡神社14

この神輿が先ほど、私の自宅近くを威勢の良い掛け声と共に
練り歩いていたんですね。


弥勒町には、佐倉の秋祭りで使われる御神酒所があるのは知っていたけど
(佐倉の秋祭りでは、山車の事を御神酒所と言います。)
神輿もあったんですね。

      20180916弥勒八幡神社15


生粋の弥勒町の生まれ育った人間じゃないけど
10年ちょっと住んでいる地元民としては神輿燃えてちょっぴり嬉しい。

      20180916弥勒八幡神社16
      20180916弥勒八幡神社17



しかし、境内は人でいっぱい。

      20180916弥勒八幡神社18


焼きそばとかを売っているテントの前は人だかり。

      20180916弥勒八幡神社19

犬連れは顰蹙を買ってしまいそう。


ひょっとしたら、祭礼に日だから
御朱印も貰えたりして.........?
なんて、甘い考えもあって、御朱印帳も密かに忍ばせていたんだけど
氏子の偉いさんと話をしたら、元々御朱印を作っていないと言われ
ちょっぴり残念。


せめてもの記念にと、若い衆に頼んで
背中の『弥勒』の文字を撮らせてもらいました。

      20180916弥勒八幡神社20


隣接地には、稲荷神社。

      20180916弥勒八幡神社21


境外社になるのだろうか?

      20180916弥勒八幡神社22



すぐ近くのトタンの塀に貼られていたポスター。

      20180916弥勒八幡神社23

今年の佐倉の秋祭りは、10月12日(金)、13日(土)、14日(日)のようですね。
楽しみです。






2018/10/26 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

佐倉 城下町ひなまつり (2018年2月10日) 

2月10日

毎年、2月の中旬辺りになると町興しの一環で
各地でひなまつりが開催されます。

我が地元である佐倉市でも
今年も『 佐倉・城下町 ひなめぐり 』が開催されました。
って言うか、たまたま偶然に通りかかった商店に
ひな人形が飾られていて、
『あ〜! 今年もそんな時期かぁ...............』と思わせてくれました。


今年の 佐倉・城下町ひなめぐり は、2月10日から3月11日。

      20180210城下町ひなまつり01




すなわち、この日が初日でありました。

      20180210城下町ひなまつり05


では、今年も 佐倉・城下町ひなめぐり をしてみましょう。

      20180210城下町ひなまつり25





元々、商店街の商店も毎年減って来て
ひな人形を飾る店舗自体が少ないから
真壁や勝浦のひなまつりみたいに活気は無い。


それでも、今年は40ヶ所以上の商店や公共施設に
ひな人形が飾られると言うことです。


      20180210城下町ひなまつり02


      20180210城下町ひなまつり03


      20180210城下町ひなまつり04


       20180210城下町ひなまつり06


       20180210城下町ひなまつり07


      20180210城下町ひなまつり08


      20180210城下町ひなまつり09


      20180210城下町ひなまつり10


      20180210城下町ひなまつり11


      20180210城下町ひなまつり12


      20180210城下町ひなまつり13


      20180210城下町ひなまつり14


      20180210城下町ひなまつり15


      20180210城下町ひなまつり16


      20180210城下町ひなまつり17


      20180210城下町ひなまつり18


      20180210城下町ひなまつり19


      20180210城下町ひなまつり20


      20180210城下町ひなまつり21


      20180210城下町ひなまつり23


      20180210城下町ひなまつり24


    
初日と言うこともあってか?
準備不足は否めない。
毎年、立派なひな人形を飾っている古民家の平井家には
ひな人形が飾られていなかった。
まあ、いずれ飾られることだとは思うけれど
足並みは揃えて欲しかったなぁ...............。








2018/03/26 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

佐倉の坂道を歩こう! 《 ひよどり坂 》 (2018年2月10日) 

2月10日

2月1日からちょっと熱っぽいかな?って思っていたら
2月5日に39.3℃の熱が出て、病院に行ったら『急性気管支炎』と言われ、
3日ほど寝込んでました。
最初は、てっきりインフルエンザだと思ってました。

その間、 びいすけ には申し訳ないけれど
朝・夕の散歩は、本当に軽く済ませてもらいました。

薬の効果もあって、熱も下がり、咳も治って
久しぶりのまともな外出です。

今日は、じっくり散歩いたしましょう。



ここ数日の散歩と雰囲気が違うから、
びいすけ も戸惑っているみたい。

      20180210佐倉の坂道01



久しぶりに大通りの方へ行ってみましょう。

      20180210佐倉の坂道02



今日は、 びいすけ のペースで歩くことにしてみましょう。

      20180210佐倉の坂道03



匂いを嗅ぐのが好きな びいすけ 。

      20180210佐倉の坂道04

ペースは上がらす、ゆっくりとした足取り。



駅前を通って城址公園に向かうつもりで歩いていたけれど...............

      20180210佐倉の坂道05



いつもと雰囲気を変えて、武家屋敷方面へと向かいます。

      20180210佐倉の坂道06


11万石の城下町である佐倉。
坂の町でもあります。

      20180210佐倉の坂道07



佐倉の坂でも、最もメジャーな坂がこちら。

      20180210佐倉の坂道08


『ひよどり坂』。

      20180210佐倉の坂道09


      20180210佐倉の坂道10



竹林の中の坂。

      20180210佐倉の坂道11


      20180210佐倉の坂道12



ひよどり坂を上った先には武家屋敷。

      20180210佐倉の坂道13



多くのサムライが、この坂を駆け上がった行ったのか?

      20180210佐倉の坂道14


      20180210佐倉の坂道15


サムライたちの時代から数百年経って
今日は、びいすけ がこの坂を駆け上がる。

      20180210佐倉の坂道16


      20180210佐倉の坂道17



坂が多い、城下町の佐倉。
いにしえの坂には、こんな案内板も建てられている。

      20180210佐倉の坂道18


      20180210佐倉の坂道19


      20180210佐倉の坂道20



久しく、この辺りにも来ていなかったから
武家屋敷の近くに、侍の杜 なんて言うモノが出来ている。

      20180210佐倉の坂道21


こちらは、旧・佐倉藩士の西村茂樹の邸宅跡。

      20180210佐倉の坂道22


      20180210佐倉の坂道23


武家屋敷辺りも、ここ数年でちょっぴり変わって来たりしている。
知らない新しい地元を発見!と言ったところだろうか?

佐倉の知らない(知らなかった)新たな魅力でも探してみようかな...............?






2018/03/25 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

散歩@佐倉城址公園 (2018年1月25日) 

1月25日

犬服を2着作り終えたこの日。
試着を兼ねて、佐倉城址公園に散歩に出掛けました。


自宅から旧・国道を歩き、城址公園へと目指します。

      20180125佐倉城址01


      20180125佐倉城址02



リードを引っ張りながら前へ前へと向かう びいすけ 。

      20180125佐倉城址03


自宅近くのロング散歩は久しぶり。
いつもの散歩コースとは違うから、 びいすけ も張り切って歩きます。

      20180125佐倉城址04



きっといつもと違った匂いが びいすけ にとっては新鮮なんでしょうね。

      20180125佐倉城址05



ほどなくして、佐倉城址公園に到着。

      20180125佐倉城址06



城址公園の菖蒲園は北向きで日当たりが悪く
3日前に積もった雪がまだ残っています。

      20180125佐倉城址07


びいすけ にとっても久しぶりの雪。

      20180125佐倉城址08



でも、雪に喜んで走り回る訳でもない。

      20180125佐倉城址09

童謡の『犬は喜び、庭駆け回る...............』って、絶対嘘だね(笑)。



雪よりも散歩に来た他のワンちゃんの匂いの方が気になるみたい。

      20180125佐倉城址10



定点スポットの姥ヶ池。

      20180125佐倉城址11



連日の寒さで、姥ヶ池も凍っています。

      20180125佐倉城址12



こちらも定点スポットの梅園近くの土塁。

      20180125佐倉城址13

この辺りは雪もすっかり溶けているようです。



本丸に到着。

      20180125佐倉城址14


雪が降った日には、一面の白い世界だったと思うけれど
雪もすっかり溶けて、枯れた芝生が広がっています。

      20180125佐倉城址15


でも びいすけ は、この広い本丸広場の芝生の匂いをクンクンと嗅ぐのが好き。

      20180125佐倉城址16


芝生の匂いをクンクンと嗅いでいるのかと思ったら
いきなり、芝生でローリング。

      20180125佐倉城址17


あ〜っ!
作ったばかりの服が枯れ芝生だらけになっちゃう!

      20180125佐倉城址18



ムクッと起き上がって体をプルプルプル〜っ。

      20180125佐倉城址19



さらに、体をプルプルプル〜っ。

      20180125佐倉城址20


      20180125佐倉城址21


服に付いた枯れ芝生を上手く振り落としたみたいです。

      20180125佐倉城址22


なぜか、本丸広場にちょこんと座り込んで
あらぬ方向を見ている。

      20180125佐倉城址23


何か有った?

      20180125佐倉城址24

何にもないよね。
そろそろ帰ろうか...............


こちらは、定点スポットの三の丸の看板。

      20180125佐倉城址25



やはり、定点スポットの三の丸空堀前。

      20180125佐倉城址26



久しぶりだけど、定番コース。
やっぱり、佐倉城址公園は定番の散歩スポットです。



2018/03/19 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

本日の散歩② 麻賀多神社 《佐倉 鏑木町》(2017年10月23日)(千葉県佐倉市) 

10月23日 公休日

台風21号が過ぎ去ったこの日。
午後から佐倉城址公園に向けて散歩に出た筈だったのですが
急遽、田町の愛宕神社に立ち寄り、
その後、神社続きの流れで向かった先は...............麻賀多神社 (佐倉・鏑木)


台風はとうに過ぎ去ったのに
坂の多い佐倉の旧市街地。意外に水捌けが良くないのかな?

      20171023麻賀田神社01


愛宕神社から約500mの距離。
滅多に歩かない道だから、びいすけ には新鮮な場所。
そりゃ、匂い付けにも頑張っちゃいます。

      20171023麻賀田神社02



程なくして、麻賀多神社に到着。

      20171023麻賀田神社03

とにかく、麻賀多神社は佐倉市近郊に18社とか19社もあるから紛らわしい。
でも、社務所があるような麻賀多神社は、
ここ鏑木と成田の台方にある麻賀多神社ぐらいでしょうか?

毎年10月に開催される佐倉の秋まつりで
山車や神輿が集まるから、地元ではかなり有名な神社。
まあ、知名度で言ったら、ここの麻賀多神社が1番なのかな。

      20171023麻賀田神社04



朱塗りの鳥居。

      20171023麻賀田神社05



鳥居の神額には、流暢な書体の文字。

      20171023麻賀田神社06



佐倉の秋まつりも終わって、静かな境内。

      20171023麻賀田神社07


秋まつりや初詣の喧騒が嘘のよう。
本当に静かな佐倉の鎮守。

      20171023麻賀田神社09


      20171023麻賀田神社10





拝殿。

      20171023麻賀田神社08


   
拝殿の神額。

      20171023麻賀田神社11



提灯にも麻賀多大明神の文字。

      20171023麻賀田神社12



佐倉七福神の一つ(二つ?)でもある麻賀多神社。

こちらが、福禄寿。

      20171023麻賀田神社13



こちらは恵比寿。

      20171023麻賀田神社14

七福神の2つの神が祀られています。



御神木の大銀杏。
あと半月もすれば黄金色の樹になるのかな?

      20171023麻賀田神社16
      20171023麻賀田神社15


     
そう言えば、あと半月ちょいで七五三。

      20171023麻賀田神社17

千歳飴を持った子ども達がお参りに来るのかな?



こちらが社務所。

      20171023麻賀田神社18

御朱印は、こちらで貰えます。


こちらの呼び鈴で呼び出します。

      20171023麻賀田神社19


当然、御朱印を頂きました。



こちらが、御朱印。

      20171023麻賀田神社20




地元のそれなりの神社の御朱印集めも楽しそうです。
ハマっちゃいそう。







2017/11/22 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

本日の散歩 田町愛宕神社 (2017年10月23日)(千葉県佐倉市) 

10月23日 公休日

全国的に多大な被害をもたらした台風21号が駆け足でかんとうちほを過ぎ去ったこの日。
午後から、散歩に行きました。

      20171023愛宕神社01


当初は、佐倉城址公園を目指して歩いて行きます。
いつもの朝・夜の散歩とはコースが違うから
びいすけ もいつになく、リードを力強く引っ張って行きます。

      20171023愛宕神社02


      20171023愛宕神社03



ふと、目にした看板。

      20171023愛宕神社04

そう言えば、田町の愛宕神社って行った事が無いから
たまには趣向を変えて、行ってみましょう。


田町地区の小高い丘に鎮座する田町愛宕神社。
真っ赤な鳥居が目を引きます。

      20171023愛宕神社05


鳥居に掲げられた神額。

      20171023愛宕神社06



石段を上がって本殿(拝殿)へと向かいます。

      20171023愛宕神社07


      20171023愛宕神社08



石段を上りきった先にも鳥居。

      20171023愛宕神社09



鳥居をくぐれば、狛犬の待つ境内。

      20171023愛宕神社10



そして狛犬の先には拝殿(本殿)。

      20171023愛宕神社11



拝殿に掲げられた扁額。

      20171023愛宕神社12

見るからに由緒ありそうな扁額です。


田町愛宕神社の由来。

      20171023愛宕神社13

田町の愛宕神社は、元々は東京の愛宕神社の流れを汲むものらしいが
江戸時代には、佐倉城の田町門の近くに鎮座していたらしい。
大政奉還後、明治の時代を迎え、佐倉城は取り壊され
陸軍の兵営建設などにより、現在地に移されたらしい



境内は意外に狭い。

      20171023愛宕神社14



その狭い敷地の一角には天満宮。


      20171023愛宕神社16


天満宮の石灯籠。

      20171023愛宕神社15

   

この先には稲荷神社。

      20171023愛宕神社17



稲荷神社と石仏群。

      20171023愛宕神社18



拝殿の正面右奥に台地へと続く道があります。

      20171023愛宕神社19



この先に何があるのか?
興味を持ちながら上がって行くと...............


何と市役所庁舎の裏手に出ました。

      20171023愛宕神社20

これまた、驚き。
佐倉市役所の裏手に、田町愛宕神社が在ったんですね。




また一つ、地元の新しい発見がありました。




2017/11/21 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

本日の散歩@佐倉城址公園  (2017年6月5日) 

6月5日  公休日

6月になると各地で菖蒲祭りが開催されます。
わが街、佐倉市でも6月10日、11日に佐倉城址公園の菖蒲園で
『佐倉城下町菖蒲まつり』が開催されます。

しょうぶまつりにはちょっと早いけれど
佐倉城址公園の菖蒲を見に行ってきました。



自宅を出て、佐倉城址公園へと向かいます。

      20170605佐倉城址公園01


自宅から びいすけ のペースでゆっくりと歩いて行きます。

      20170605佐倉城址公園02



時折、こんな風にいろんな所な気が行き、なかなか進めません(笑)。

      20170605佐倉城址公園03



20分近くかけ、佐倉城址公園の菖蒲園口に到着。

      20170605佐倉城址公園04



前回はまだ咲いていなかった場所もポツリポツリと咲き始めています。

      20170605佐倉城址公園05


      20170605佐倉城址公園06


      20170605佐倉城址公園07


アヤメかと思っていたら、花びらに筋があるから菖蒲ですね。

      20170605佐倉城址公園08



満開とは言えないけれど、もう見頃。

      20170605佐倉城址公園09



しばし、びいすけ と菖蒲の花を堪能します。

      20170605佐倉城址公園10


      20170605佐倉城址公園11


      20170605佐倉城址公園12


      20170605佐倉城址公園13


      20170605佐倉城址公園14


      20170605佐倉城址公園15


      20170605佐倉城址公園16


      20170605佐倉城址公園17


      20170605佐倉城址公園18


      20170605佐倉城址公園19





菖蒲の花を見堪能したら、いつものように城址公園を散策いたしましょう。




定点撮影ポイントである 姥ヶ池。

      20170605佐倉城址公園20



前回来たときよりも、さらに水面の蓮の葉が広がっている。

      20170605佐倉城址公園21



姥ヶ池に沿って、三の丸、二の丸、本丸へと向かいます。

      20170605佐倉城址公園22



梅園脇の土塁。

      20170605佐倉城址公園23

この場所も定点撮影ポイントになってます。


この先が三の丸。

      20170605佐倉城址公園24



三の丸から二の丸を経て本丸に到着。

      20170605佐倉城址公園25

本丸広場は、昨日イベントが開催され
主催者がテントの片付け作業をしています。


邪魔にならないように、本丸の隅っちょを通って移動していたら、
いきなり びいすけ が芝生広場で転げ回っています。

      20170605佐倉城址公園26



知らない内に、こんな案内板も建てられていました。

      20170605佐倉城址公園27



案内板がきになる父さんですが、
びいすけ は、芝生広場がお気に入り。
ひたすら転げ回っています。

      20170605佐倉城址公園28


      20170605佐倉城址公園29


ひとしきり転げまわったら満足したのか?
いきなり起き上がって、体をプルプルプル〜ッ。

      20170605佐倉城址公園30



そして、何事も無かったかのように、芝生に座り
お利口さんをアピール。

      20170605佐倉城址公園31

これは、オヤツ狙いだな(笑)。


まだまだ、イベントの後片付けは済みそうもないし、
片付けの邪魔をしても申し訳ない。
早々に本丸から撤収いたしましょう。

本丸から二の丸を経て、三ノ丸へ移動。

      20170605佐倉城址公園32



定点撮影ポイントである三の丸の城址公園の看板。

      20170605佐倉城址公園33


そして、かなりお気に入りの場所。
三の丸の空堀前。

      20170605佐倉城址公園34


佐倉城址公園から自宅まで、びいすけ のペースで歩き
コンビニに寄ったりして、30分後自宅へ戻りました。

びいすけ にとって、本日も充実した散歩になったのかな?




2017/06/24 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit