FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............明治神社   (2020年2月11日)(千葉県千葉市緑区) 

2月11日

この日は、九十九里方面へ出かけました。

松之郷八坂神社をあとにして、向かった先は...............明治神社。

明治神社は、千葉市緑区土気に鎮座する神社です。

明治45年(1912年)旧・土気本郷町に設立された遥拝所が基となり、
明治天皇崩御後の同年12月に御真影を掲げたのが始まりとされる。
約30年前、土地所有者と神社の間で土地をめぐるトラブルがあり、
しばらく立ち入り禁止となっていたそうです。
地元の小高さんが中心となって明治神社再建委員会を立ち上げられ、
平成22年(2010年)有志からの借入金で土地を購入。
雑木林のように荒れていた境内で、木の伐採や草刈りをボランティアが行い
本殿を白色や朱色に塗り直し、プレハブの仮社務所を設置して、再建されました。
昨年(令和元年)あたりから御朱印も対応されるようになったようです。

御祭神は、明治天皇。



最近は、ご無沙汰ですが.........
ドッグランの『すいらん』に行く時に
いつもこの神社の前の道を通っていました。
頻繁に『すいらん』に通っていたのは役7年前。
神社が在ったのは、薄ら記憶に残っているのですが
その時は、まだ整備されていなかったような気がします。


神社社頭。

     20200211明治神社01



鳥居。

     20200211明治神社02



参道。

     20200211明治神社03


参道の幟。

     20200211明治神社04



参道の由緒書き。

     20200211明治神社05


     20200211明治神社06



拝殿が見えてきました。

     20200211明治神社07



手水舎。

     20200211明治神社08



拝殿正面。

     20200211明治神社09


拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200211明治神社10



別アングルからの拝殿。

     20200211明治神社11


     20200211明治神社12



そして、こちらが本殿。

     20200211明治神社13


拝殿前の狛犬。

     20200211明治神社14


     20200211明治神社15



びいすけ も参拝。
 
     20200211明治神社16



境内の記念碑。

     20200211明治神社17


     20200211明治神社18



こちらは、御輿庫でしょうか?

     20200211明治神社19



こちらは、御神木。

        20200211明治神社22
     20200211明治神社23



こちらは社務所。

     20200211明治神社20

普段は無人の神社です。

実は昨日、本務社の方に電話で問い合わせをしたら
御朱印等は、本務社は関与せず、氏子さんが対応しているとの事で
本務社から氏子総代さんに連絡を取って頂き、
この日の14時〜15時の間で氏子総代さんど待ち合わせをさせて頂きました。

無事、氏子総代さんともお会いでき、御朱印をお願いする事が出来ました。

     20200211明治神社21



てっきり、書置きの御朱印かと思ったら
氏子総代さんが筆耕していただきました。

御朱印を待つ間、『これでもどうぞ!』と
小さな額に入って、書置きの御朱印を貰っちゃいました。

     20200211明治神社24


こちらが、額に入った書置きの御朱印。

     20200211明治神社26


そして、氏子総代さんの筆耕された御朱印。

     20200211明治神社25


ありがとうございました。



スポンサーサイト



2020/03/27 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

再訪  松之郷八坂神社   (2020年2月11日)(千葉県東金市) 

2月11日

この日は、九十九里町から東金市へと移動。
やって来たのは、...............松之郷八坂神社。


こちらの神社に来るのは、これで4度目になるんだろうか?
東金市、山武市、大網白里市の神社を約30社ほど兼務しているらしいから
これからも、ちょくちょく立ち寄る事もあるでしょう。


社号標。

     20200211松之郷八坂神社01


神社社頭。

     20200211松之郷八坂神社02


説明板。

     20200211松之郷八坂神社03




参道。

     20200211松之郷八坂神社04
     20200211松之郷八坂神社05
     20200211松之郷八坂神社06



拝殿。

     20200211松之郷八坂神社07



拝殿の背後には立派な本殿。

     20200211松之郷八坂神社08
     20200211松之郷八坂神社09

こちらの八坂神社の本殿は、いつ見ても圧巻。




     20200211松之郷八坂神社10


     20200211松之郷八坂神社11


     20200211松之郷八坂神社12


     20200211松之郷八坂神社13


こちらが、社務所。

     20200211松之郷八坂神社14

多くの神社を兼務されているから、宮司さんが居られる機会は少ない。
この日、午前中は九十九里の神社を廻るから、
午後1時に約束をしていたけれど、どうやら遅れている模様。

1時半まで待ちますが.........

     20200211松之郷八坂神社15
     20200211松之郷八坂神社16

その間、参拝者が2組来られましたが
社務所が閉まっていたので、残念そうに帰って行かれました。


14時から15時の間で千葉市緑区土気で待ち合わせがあったので
一旦、ここを離れ、16時ごろに再訪。
無事、宮司さんともお会いでき、御朱印を頂く事が出来ました。



こちらが、松之郷八坂神社の御朱印。

     20200211松之郷八坂神社17


宮司さんも気を使われて、待たせてしまった事を申し訳なく思い
何と、お土産を戴いちゃいました。

     20200211松之郷八坂神社18


自宅に帰って開けてみたら、紅白饅頭。

     20200211松之郷八坂神社19

美味しく頂きました。
ありがとうございました。


2020/03/27 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............武射神社   (2020年2月11日)(千葉県東金市) 

2月11日
  
この日は、九十九里方面へ出かけました。

皇産霊神社をあとにして、向かった先は...............武射神社。

武射神社は、山武市上下武射田に鎮座する神社です。

武射国造長忍人命の勧請と伝えられ、
文亀2年(1502年)当時の領主である酒井定隆が当社へ参拝し、
以来酒井氏代々武運を祈り崇敬されたそうです。
慶長12年(1607年)社殿を再興し、
上下武射田の産土神として鎮斎し今日に至っています。

御祭神は、大己貴命・面足尊・惶根尊。




社号標。

     20200211武射神社01



神社社頭。

     20200211武射神社02


   

『夏越の神事』の説明板。

     20200211武射神社03

武射神社には古くから『夏越の神事』と称し、
毎年6月晦日、田植えが終り季節の交替に当たって、
邪神をはらい災を除く神事が執り行われます。



鳥居。

     20200211武射神社04



参道の狛犬。

     20200211武射神社05


     20200211武射神社06



手水舎。

     20200211武射神社07



こちらが拝殿。

     20200211武射神社08



拝殿正面。

     20200211武射神社09



別アングルからの拝殿。

     20200211武射神社10


     20200211武射神社11



本殿を拝もうと、拝殿の裏手に回ってびっくり!!

     20200211武射神社12

朱色の本殿が視界に飛び込んできました。



立派な本殿です。

     20200211武射神社13



こちらは、拝殿前の狛犬。

     20200211武射神社14


     20200211武射神社15



びいすけ も参拝。

     20200211武射神社16



こちらは、本殿裏手の裏参道口の鳥居。

     20200211武射神社17



その鳥居に掲げられた神額。

     20200211武射神社18




境内社。

     20200211武射神社19


     20200211武射神社20


     20200211武射神社21


     20200211武射神社22


     20200211武射神社23



頌徳碑。

     20200211武射神社24



こちらが社務所。

     20200211武射神社25

普段は無人の神社です。


そして、こちらが武射神社の御朱印。

     20200211武射神社26

本務社の松之郷八坂神社にて授与いたしました。

この武射神社の御朱印は今年の節分(2月3日)から
頒布されるようになったそうです。





2020/03/26 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............皇産霊神社   (2020年2月11日)(千葉市山武郡九十九里町) 

2月11日   

この日は九十九里町に出かけました。
向かった先は...............皇産霊神社。

皇産霊神社は、九十九里町片貝に鎮座する神社です。

天慶年間(938年〜946年)の創建とされ、
往時は第六天神宮と称していたとされます、
明治の神仏分離令で、天御中主神・高皇産靈神・神皇産靈神を祭神とし、
社号を皇産靈神社と称するようになったそうです。
氏子一同の丘万作・浜大漁の守護神として今日に至っています。

毎年2月11日には例祭である『関万歳』が執り行われます。
昔の3村から氏子が太鼓などを載せた山車を先頭に
囃子で囃しながら皇産靈神社へ向かい並列し、神官万歳を唱え福の種を撒きます。
寛政6年(1794年)小関村と片貝村の水争いから堰を作り、
水を分け合うようになったことを祝い漫才が行われたと言う伝承があり、
これが関万歳になったと伝えられています。

御祭神は、天御中主神・高皇産霊神・神皇産霊神



以前は、片貝漁港の売店に行ったり、
海の幸を求めて『番屋』に食べに行ったりしていたけど
最近はご無沙汰。
九十九里町に来るのも久し振りになります。



県道沿いに建つ皇産霊神社の案内板。

     20200211皇産霊神社01



今日は年に一度の例祭日。

     20200211皇産霊神社02



遠くからでも笛や太鼓のお囃子が聞こえ、
神社に近付くにつれ、屋台の出店も見えてきた。

     20200211皇産霊神社03



神社社頭。

     20200211皇産霊神社04

時刻は11時過ぎ。
すでに、境内には多くの人で溢れている。



手水舎。

     20200211皇産霊神社05



定番の龍の吐出口。

     20200211皇産霊神社06



こちらが拝殿。

     20200211皇産霊神社07



拝殿正面。

     20200211皇産霊神社08


     20200211皇産霊神社09



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200211皇産霊神社10


別アングルからの拝殿。

     20200211皇産霊神社11


     20200211皇産霊神社12



そして、こちらが本殿。

     20200211皇産霊神社13



拝殿前の狛犬。

     20200211皇産霊神社14



びいすけ も参拝。

     20200211皇産霊神社15




こちらは、拝殿右手の参道口。

     20200211皇産霊神社17

位置的に西さんどうになるのか?


社号標。

     20200211皇産霊神社18



境内社・子安神社。

     20200211皇産霊神社19


     20200211皇産霊神社0



境内では、仮設の神楽殿にてお囃子に合わせた舞が披露。

     20200211皇産霊神社21



小さな子供達が一生懸命に舞っている。

     20200211皇産霊神社22



境内の記念碑。

     20200211皇産霊神社33



こちらが授与所。

     20200211皇産霊神社24


普段は無人の神社ですが、
この日は本務社の宮司さんがおられます。

     20200211皇産霊神社25




こちらが、御朱印。

     20200211皇産霊神社26


年に一度、この日しか頒布されない御朱印。
しっかり授与いたしました。





2020/03/26 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............大宝八幡宮   (2020年2月10日)(茨城県下妻市) 

2月10日  

この日は、茨城県の下妻市に出かけました。

駒城址をあとにして、向かった先は......................大宝八幡宮。

大宝八幡宮は、下妻市大宝に鎮座する神社です。

創建は大宝元年(701年)で、藤原時忠が常陸国河内郡へ下向の際、
東国平定のための鎮護の神として「宇佐八幡宮(現・宇佐神宮)」を勧請して
創建したとされています。
下妻市周辺の総鎮守であり、「関東最古の八幡さま」を称する古社です。
敷地内には南北朝時代に大宝城があったため、
境内自体が大宝城跡として国の史跡に指定されており、
本殿は戦国時代の下妻城主多賀谷氏による再建が現存していて、
国の重要文化財に指定されています。
古くは「大宝寺」「大宝寺八幡宮」などと称されたように、
神仏習合のもとで多大な崇敬を集めたそうです。
平将門や源頼朝の伝承などが残る地域を代表する大社です。

御祭神は、誉田別命、足仲彦命、気長足姫命。




社号標。

     20200210大宝八幡宮01



一の鳥居。

     20200210大宝八幡宮02



二の鳥居。

     20200210大宝八幡宮03



順番で言えば三の鳥居になる大鳥居。

     20200210大宝八幡宮04


鳥居脇に建つ由緒書き。

     20200210大宝八幡宮05



この大宝八幡宮の敷地は、南北朝時代の大宝城跡でもあります。

     20200210大宝八幡宮06



では、参道を進みましょう。


随身門。

     20200210大宝八幡宮07



随身像ではなく、仁王像がお出迎え。

     20200210大宝八幡宮08


     20200210大宝八幡宮09

このあたりが、神仏習合時代の色が濃い。


随身門脇にも由緒書き。

     20200210大宝八幡宮48



随身門をくぐれば、何対もの狛犬が現れる。

     20200210大宝八幡宮10


     20200210大宝八幡宮12



狛犬の中に一匹の犬。

   20200210大宝八幡宮13



由緒ある古社ですが、犬NGでは無い。

     20200210大宝八幡宮49

要は、いかに飼い主がマナーを守って参拝出来るかだと思います。
大宝八幡宮の寛大さに感謝です。



手水舎。

     20200210大宝八幡宮14



定番の龍の吐出口。

     20200210大宝八幡宮15



水盤脇には七福神の乗った宝船。

     20200210大宝八幡宮16



こちらが拝殿。

     20200210大宝八幡宮17



拝殿前の狛犬。

     20200210大宝八幡宮18


     20200210大宝八幡宮19




拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200210大宝八幡宮20



別アングルからの拝殿。

     20200210大宝八幡宮21


     20200210大宝八幡宮22



そして、こちらが本殿。

     20200210大宝八幡宮23


     20200210大宝八幡宮24


本殿は国の文化財に指定されているようです。

     20200210大宝八幡宮29




若宮八幡宮。

     20200210大宝八幡宮26

源頼朝が奥州征伐平定の日、鎌倉の鶴岡八幡宮を勧請して創建されたそうです。



若宮八幡宮の前には神馬舎。
 
     20200210大宝八幡宮25



黒鳥神社。
          
     20200210大宝八幡宮27



祖霊殿。

     20200210大宝八幡宮28


     

関東最古の八幡宮と言われるだけあって境内社も多い。

     20200210大宝八幡宮30


     20200210大宝八幡宮31


     20200210大宝八幡宮32


     20200210大宝八幡宮33


     20200210大宝八幡宮34


     20200210大宝八幡宮47


     20200210大宝八幡宮35



こちらは、東門。

     20200210大宝八幡宮36



神楽殿。

     20200210大宝八幡宮37



寳物殿。

     20200210大宝八幡宮38


さざれ石。

     20200210大宝八幡宮39


記念碑。

     20200210大宝八幡宮40


祖霊殿近くの蛙の像。

     20200210大宝八幡宮41


 
ここにも七福神。
大宝七福神。

     20200210大宝八幡宮42



境内には立派な土俵もあります。

     20200210大宝八幡宮43



鐘楼。

     20200210大宝八幡宮44

これも神仏習合の名残りでしょう。



太古石。

     20200210大宝八幡宮45



何故か、窯も置かれている。

     20200210大宝八幡宮46



     
御神木。

      20200210大宝八幡宮50
     20200210大宝八幡宮51


こちらが、授与所。

     20200210大宝八幡宮52

御朱印は、こちらで頒布されています。



そして!こちらが大宝八幡宮の御朱印。

     20200210大宝八幡宮53


2020/03/24 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............宗道神社   (2020年2月10日)(茨城県下妻市) 

2月10日

この日は、茨城県の下妻市に出かけました。

蚕養小学校をあとにして、向かった先は...............宗道神社。


宗道神社は、下妻市宗道に鎮座する神社です。

創建年は不詳ですが、寛永年間(1624年〜1645年)の建立と伝えられ、
京都の八坂神社より遷宮したとされています。
江戸時代は天王宮、天王社と呼ばれていたそうです。

御祭神は、建速須佐男命。



社号標。

     20200210宗道神社01



神社社頭。

     20200210宗道神社02



参道には二の鳥居、さらには三の鳥居が並ぶ。

     20200210宗道神社03 

   

手水舎。

     20200210宗道神社04



拝殿。

     20200210宗道神社05


拝殿正面。

     20200210宗道神社06


拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200210宗道神社07



別アングルからの拝殿。

     20200210宗道神社08


     20200210宗道神社09



そして、こちらが本殿。

     20200210宗道神社10



そして、 びいすけ も参拝。

     20200210宗道神社11



境内社。

     20200210宗道神社12


     20200210宗道神社13


神楽殿。

     20200210宗道神社14


御輿庫。

     20200210宗道神社15



境内の大欅。

     20200210宗道神社22
     20200210宗道神社23

どうやら、この大欅は天然記念物に指定されているらしい。



その記念碑と由緒書きの碑。

     20200210宗道神社16


こちらは、秋篠宮悠仁親王誕生記念の碑。

     20200210宗道神社17



忠魂碑。

     20200210宗道神社18

地域のランドマーク的な場所だったんですね。



境内の片隅には、宗道河岸址の碑

     20200210宗道神社19


     20200210宗道神社20

多賀谷氏の旧家臣であった内田五右衛門が上河岸を開設したようであり、
その後、森氏が中河岸、浅野氏が下河岸を開設し、
大正2年に常総鉄道が開通するまで隆盛を極めたそうです。

真壁、下館、遠くは笠間方面からの年貢米や味噌、しょう油、
薪炭、土器(甕類)などの物資がここから江戸に積み出され、
江戸からもさまざまな物や文化が流入し、
隆盛時には数十隻の高瀬舟が往来したそうです。



こちらが社務所ですが、普段は無人の神社のようです。

     20200210宗道神社21



そして、こちらが宗道神社の御朱印。

     20200210宗道神社24

本務社の宗任神社にて拝受いたしました。



2020/03/20 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............淡嶋神社   (2020年2月10日)(茨城県下妻市) 

2月10日

この日は、下妻市に出かけました。

甲神社から10mほどの距離。
歩いて移動するのが苦ではない距離。
そんな距離に鎮座している淡嶋神社に訪れました。


淡嶋神社は、下妻市大園木に鎮座する神社です。


創建時期等由緒は不明ですが、宗任神社の兼務社となっています。

御祭神も不明ながら、おそらく他の淡島(淡嶋)神社同様、少彦名神と思われます。



社号標。

     20200210淡島神社01




神社社頭。

     20200210淡島神社02



鳥居に掲げられた神額。

     20200210淡島神社03



境内の一角にまとめられた祠や石仏。

     20200210淡島神社04



その中には手水鉢もありました。

     20200210淡島神社05



こちらが拝殿。

     20200210淡島神社06



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200210淡島神社07



何故か、拝殿側面には鐘が掲げられています。

     20200210淡島神社08

何となくお寺っぽく感じたりもする。
神仏習合の名残りが濃いですね。



別アングルからの拝殿。

     20200210淡島神社09



そして、本殿。

     20200210淡島神社10



びいすけ も参拝。

     20200210淡島神社11



広くはない境内。
社殿脇には立派な御神木。

  20200210淡島神社12
     20200210淡島神社13



そして、こちらが淡嶋神社の御朱印。

      20200210淡島神社14


本務社の宗任神社にて拝受いたしました。





2020/03/19 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............甲神社   (2020年2月10日)(茨城県下妻市) 

2月10日

この日は、下妻市に出かけました。

吉沼八幡神社をあとにして、向かった先は.............甲神社。

甲神社は、下妻市大園木に鎮座する神社です。


創建時期は不明ですが、
全九年の役で敗れた阿部貞任・宗任を阿部大明神として厚く祀っていましたが、
後に阿部宗任着用の青竜逆角一分の甲胄を鯨の鎧神社(後の香取神社)と
こちらの(大園木の)甲神社に祀ったのが始まりとされています。


御祭神は、阿部宗任、経津主命。



社号標。

     20200210甲神社01



神社社頭。

     20200210甲神社02



由緒の記された碑。

     20200210甲神社03



手水鉢。

     20200210甲神社04



参道の狛犬。

     20200210甲神社05


     20200210甲神社06



拝殿。

     20200210甲神社07



拝殿正面。

     20200210甲神社08


     20200210甲神社11



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200210甲神社09



さらに拝殿奥にも別な扁額。

     20200210甲神社10


     
別アングルからの拝殿。

     20200210甲神社12


     20200210甲神社13



そして、こちらが本殿。

     20200210甲神社14

こちらも覆屋の本殿です。



びいすけ も参拝。

     20200210甲神社15



本殿裏手に並ぶ祠。

     20200210甲神社16


     20200210甲神社17



御神木。

   20200210甲神社18
      20200210甲神社19


     20200210甲神社20
     20200210甲神社21
     20200210甲神社22



社務所かと思ったら違ってました。

     20200210甲神社23

大園木生活改善センター。

地域の公民館みたいなものでしょうか?
きっと祭礼の時には氏子さん達が集まるんでしょうね。




そして、こちらが御朱印。

     20200210甲神社24


本務社の宗任神社にて拝受いたしました。

2020/03/19 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............吉沼八幡神社   (2020年2月10日)(茨城県つくば市) 

2月10日

この日は、茨城県の常総市&下妻市に出かけました。

と、言いながらちょっと足を伸ばして小貝川を渡ってつくば市に移動します。
つくば市と言っても、限りなく下妻市に近い吉沼地区。
向かった先は...............吉沼八幡神社。

吉沼八幡神社は、つくば市吉沼に鎮座する神社です。
 
創建は平安時代後期の寛治元年(1087)源義家が後三年の役で征奧の際、
旅宿した跡に誉田別命を祀り創建されたと伝えられています。

御祭神は、誉田別命(応神天皇)



社号標。

      20200210吉沼八幡神社01



神社社頭。

      20200210吉沼八幡神社02



社頭に建つ碑。

      20200210吉沼八幡神社03

吉沼八幡神社の本殿と覆屋は、
茨城県の文化財に指定されているようです。



鳥居。

      20200210吉沼八幡神社04



鳥居に掲げられた神額。

      20200210吉沼八幡神社05



手水舎。

      20200210吉沼八幡神社06



参道と拝殿。

      20200210吉沼八幡神社07



参道の獅子山。

      20200210吉沼八幡神社08


      20200210吉沼八幡神社09

 

そして、こちらが拝殿。

      20200210吉沼八幡神社10



拝殿正面。

      20200210吉沼八幡神社11



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20200210吉沼八幡神社12



その脇には奉納扁額。

      20200210吉沼八幡神社13



別アングルからの拝殿。

      20200210吉沼八幡神社14


      20200210吉沼八幡神社15



そして、本殿。

      20200210吉沼八幡神社16



本殿脇には説明板。

      20200210吉沼八幡神社17


覆屋の隙間から中を覗いてみます。

      20200210吉沼八幡神社18



確かに見事な彫刻の本殿です。

      20200210吉沼八幡神社19




びいすけ も参拝。

      20200210吉沼八幡神社20



境内社も多い。

      20200210吉沼八幡神社21


      20200210吉沼八幡神社22


      20200210吉沼八幡神社23


      20200210吉沼八幡神社24


      20200210吉沼八幡神社25



板碑も建ち並ぶ。

      20200210吉沼八幡神社26


     20200210吉沼八幡神社28


     20200210吉沼八幡神社27




忠魂碑。

     20200210吉沼八幡神社30     

古くは、地域のランドマーク的な存在だったようですね。



こちらは、以前の御神木の跡(切り株)でしょうか?

      20200210吉沼八幡神社29


      
現在の御神木。

      20200210吉沼八幡神社31
      20200210吉沼八幡神社32


      20200210吉沼八幡神社33
      20200210吉沼八幡神社34
      20200210吉沼八幡神社35



こちらが社務所ですが、普段は無人の神社のようです。

      20200210吉沼八幡神社36



そして、こちらが御朱印。

      20200210吉沼八幡神社37


本務社の宗任神社にて拝受いたしました。





2020/03/18 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............小保川厳島神社神社   (2020年2月10日)(茨城県常総市) 

2月10日

この日は、茨城県の常総市&下妻市に出かけました。

若宮戸鹿島神社をあとにして、向かった先は...............小保川厳島神社。


明応二年(1493年)、江州竹生島神社の心霊を分祀して
創建したとされています。

御祭神は、市杵島姫命。


神社社頭。

     20200210厳島神社01



鳥居には何やら藁を束ねたモノが飾られています。

     20200210厳島神社02

これは何でしょう?
不勉強なので、分かりません。



参道の由緒書き。

     20200210厳島神社03



拝殿。

     20200210厳島神社04


手水鉢。

     20200210厳島神社05



拝殿前の狛犬。

     20200210厳島神社06


     20200210厳島神社07



拝殿正面。

     20200210厳島神社08



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200210厳島神社09



別アングルからの拝殿。

     20200210厳島神社10


     20200210厳島神社11



そして、こちらが本殿。

     20200210厳島神社12



びいすけ も参拝します。

     20200210厳島神社13



本殿裏手には、祠が幾つか鎮座しています。

     20200210厳島神社14


     20200210厳島神社15


こちらは、二十三夜塔。

     20200210厳島神社16


御輿庫でしょうか?

     20200210厳島神社17



どちらか言うと、小さな神社。
社務所も在りません。

こちらが、厳島神社の御朱印。

     20200210厳島神社18


本務社の宗任神社にて拝受いたしました。


2020/03/17 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............若宮戸鹿島神社   (2020年2月10日)(茨城県常総市) 

2月10日

この日は、茨城県の常総市&下妻市に出かけました。

桑原神社をあとにして、向かった先は...............若宮戸鹿島神社。

若宮戸鹿島神社は、常総市若宮戸に鎮座する神社です。

正和二年(1313年)の常陸国鹿島郡鹿島神宮の神霊を分解祀して
創建したとされています。


御祭神は、武甕槌命





社号標。

      20200210鹿島神社01



その脇には記念碑。
  
      20200210鹿島神社02


鹿島神社と対をなす、境内社・八雲神社の社号標。

      20200210鹿島神社03



神社社頭。

      20200210鹿島神社04


  
鳥居。

      20200210鹿島神社05



鳥居脇の狛犬。

      20200210鹿島神社06


      20200210鹿島神社07



由緒書き。

      20200210鹿島神社08



二の鳥居。

      20200210鹿島神社09



手水舎。

      20200210鹿島神社10



こちらが拝殿。

      20200210鹿島神社11



拝殿正面。

      20200210鹿島神社14



拝殿正面に掲げられた。

      20200210鹿島神社12

『鹿島社』とありますね。



その脇には奉納扁額。

      20200210鹿島神社13



別アングルからの拝殿。

      20200210鹿島神社15


      20200210鹿島神社16



そして、こちらが本殿。

      20200210鹿島神社17



びいすけ も参拝。


      20200210鹿島神社18



こちらは境内社。

      20200210鹿島神社19


      20200210鹿島神社20


      20200210鹿島神社21


      20200210鹿島神社22


参道。

        20200210鹿島神社23
      20200210鹿島神社24


        20200210鹿島神社25
      20200210鹿島神社26


こちらが御朱印。

      20200210鹿島神社27


本務社の宗任神社にて拝受いたしました。


2020/03/17 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............桑原神社   (2020年2月10日)(茨城県常総市) 

2月10日

この日は、茨城県の常総市&下妻市に出かけました。

阿部神社をあとにして、向かった先は..................桑原神社。


桑原神社は、常総市国生に鎮座する神社です。

創祀年代は不詳。
社伝によると宝亀三年(772年)三月、当地を開拓した下総国司従四位下桑原王が
その祖神を、守護神として祀ったのが起源とされています。

当初は、現在地の東方の鬼怒川を見渡す本屋敷という台地に鎮座していたが
住民居住区の移動に伴い、延宝六年(1678年)現在地に遷座したという。

御祭神は、豊城入彦命、天熊人、稚彦命、大山咋命。



社号標。

     20200210桑原神社01

延喜式内と記されているのは、式内社としてのこだわりでしょうか?



神社社頭。

     20200210桑原神社02



鳥居に掲げられた神額。

     20200210桑原神社03


『平将門公史跡』とあるが
将門とはどのような関連があるんでしょう?

     20200210桑原神社04

調べてみると.........

昌泰年間(898年~901年)に、平将門の父である平良将が、
桑原神社の鎮座していた字本屋敷に下総国亭を置き、政治の拠点としたそうです。
平将門も父親の平良将と共に本屋敷を拠点とし、当社を崇敬したてされています。



碑の脇には由緒書き。

     20200210桑原神社05



参道。

     20200210桑原神社06


表参道の先に小さな社。

     20200210桑原神社07


えっ! これが桑原神社?

     20200210桑原神社08

と思ったら違ってました。


社の左側。
90°展開すれば社殿が見えます。

     20200210桑原神社09



手水舎。

     20200210桑原神社10



定番の龍の吐出口。

     20200210桑原神社11



拝殿。

     20200210桑原神社12


拝殿前の狛犬。

     20200210桑原神社13


     20200210桑原神社14



拝殿正面。

     20200210桑原神社15



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20200210桑原神社16



別アングルからの拝殿。

     20200210桑原神社17


     20200210桑原神社18



そして、こちらが本殿。

     20200210桑原神社19



びいすけ も参拝。

     20200210桑原神社20



境内社。

     20200210桑原神社21


     20200210桑原神社22


     20200210桑原神社23


     20200210桑原神社24



社務所と思ったら、国生農村集落センター。

     20200210桑原神社25

神社の敷地内にあるから、地域の公民館だけど
祭礼の際には社務所を兼るんでしょうね。


そして、こちらが御朱印。

     20200210桑原神社26

本務社の宗任神社にて拝受いたしました。




2020/03/16 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............阿部神社   (2020年2月10日)(茨城県常総市) 

2月10日

この日は、茨城県の常総市&下妻市に出かけました。

朝、5時半に家を出て、通勤時間帯の渋滞を避けたかってのですが、やっぱり早朝の16号は甘くない。
柏市辺りでは、かなり渋滞にハマりました。

渋滞にハマりながらも、向かった先は...............阿部神社。


阿部神社は、常総市豊田に鎮座する神社です。

下総国豊田郡に勢力を強めていた石毛荒四郎平政幹(常陸大掾平重幹の第三子)が
全九年の役で源頼義・義家父子に従い、戦の功を挙げます。
康平五年(1062年)凱旋した政幹は、
討ち取った阿部貞任・宗任を領内に埋葬し、
阿部大明神として厚く祭祀の礼を奉じたのがその始まりとされています。


御祭神は、阿部貞任、阿部宗任。



豊田小学校の脇に鎮座する阿部神社。
一の鳥居。

     20200210阿部神社01



二の鳥居。

     20200210阿部神社02



参道の狛犬。

     20200210阿部神社03


     20200210阿部神社04



手水舎。

     20200210阿部神社05


拝殿。

     20200210阿部神社06

一部パステルグリーンのトタンの壁面が印象的。



拝殿正面。

     20200210阿部神社07



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200210阿部神社08



別アングルからの拝殿。

     20200210阿部神社09


     20200210阿部神社10



そして、こちらが本殿。

     20200210阿部神社11



拝殿脇には、史跡の碑。

     20200210阿部神社13

阿部大明神は、この地を支配した豊田氏代々の尊祟を受けていましたが
豊田氏が多賀谷氏と戦を起こすようなると
宗道に鎮座する宗任神社へは参拝にいけなくなったため
阿部大明神は、『御代之宮(みがわりのみや)』と称されるようになったと言うことです。





びいすけ も参拝。

     20200210阿部神社12



拝殿脇には由緒が記された説明板。

     20200210阿部神社14



境内社。

     20200210阿部神社15


     20200210阿部神社16


     20200210阿部神社17


     20200210阿部神社18



境内の御神木。
      
     20200210阿部神社19
   20200210阿部神社20


別アングルから。

      20200210阿部神社21
     20200210阿部神社22


そして、こちらが阿部神社の御朱印。

     20200210阿部神社23



本務社の宗任神社にて拝受しました。




2020/03/16 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの通勤・途中下車.........月詣 菊田神社    (2020年2月8日)(千葉県習志野市) 

2月8日
  
この日は、遅番勤務。
月に7〜8回ある遅番勤務に合わせて
習志野市の神社に月詣に立ち寄ります

実籾駅近くの大原神社をあとにして再び京成電車に揺られます。
出勤時間にはまだまだ余裕かある。
二駅先の京成津田沼駅で途中下車。
向かった先は...............菊田神社。



社号標。

     20200208菊田神社01



神社社頭。

     20200208菊田神社02



鳥居に掲げられた神額。

     20200208菊田神社03


参道の『あぃ〜ん狛犬』。

     20200208菊田神社04


     20200208菊田神社05




手水舎。

     20200208菊田神社07



拝殿。

     20200208菊田神社06


     20200208菊田神社08



向拝の彫刻。

     20200208菊田神社09



拝殿正面。

     20200208菊田神社10


御朱印待ちは5〜6人。

     20200208菊田神社11


土曜日にしては空いているんだろうか?

     20200208菊田神社12


こちらが拝受した御朱印。

     20200208菊田神社13


     20200208菊田神社14


見開きですが、いずれも墨書き。
月替わりの御朱印や、見開きの限定御朱印を
書置き版で頒布する所が多いけれど、
書置きじゃない所が菊田神社の良さですね。


2020/03/15 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの通勤・途中下車.........月詣 大原神社    (2020年2月8日)(千葉県習志野市) 

2月8日 

この日は、遅番勤務。
月に7〜8回ある遅番勤務に合わせて
習志野市の神社に月詣。

出勤前の時間を利用して、電車を京成実籾駅で途中下車。
向かった先は...............大原神社。



神社社頭。

     20200208大原神社01



鳥居に掲げられた神額。

     20200208大原神社02



参道の狛犬と拝殿。

     20200208大原神社03


     20200208大原神社04


参道には『開運招福』の幟。

     20200208大原神社06


手水舎。

     20200208大原神社07


花が飾られてお洒落。
確か先月の参拝時も花が飾られていた。

     20200208大原神社08

今年の大原神社のトレンドでしょうか?



拝殿。

     20200208大原神社05




土曜日と言うこともあって参拝者もそこそこ居ます。

     20200208大原神社09



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200208大原神社10


拝殿正面。

     20200208大原神社11


授与所の前にも御朱印待ちの人が並んでいる。

     20200208大原神社13


いつもなら、御朱印待ちで30〜40分待つのですが
この日は、書置き版をお願いしたので待ち時間はほとんど無し。


こちらが拝受した御朱印。


月替わりの御朱印

金のトビ

     20200208大原神社14


八咫烏

     20200208大原神社15



二体並べると、こんな図柄になります。

     20200208大原神社16


先月も確か、二体並べて図柄を楽しむ御朱印でした。
これも大原神社の今年のトレンドなのかもしれませんね。





2020/03/15 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

月詣.........東金日吉神社 (2020年2月4日)(千葉県東金市) 

2月4日 

個人的な連休初日。
この日は、恒例の月詣。

富里香取神社をあとにして、向かった先は..................東金日吉神社。


最近は、富里香取神社と東金日吉神社を抱き合わせと言うか、
セットで参拝に訪れると言うパターンが続いています。

どちらもお気に入りの神社だから気にはならないんだけど。


東金日吉神社の社頭。

     20200204日吉神社01



社号標。

     20200204日吉神社02



鳥居。

     20200204日吉神社03



鳥居をくぐれば、すぐさま杉の巨木がお出迎え。

      20200204日吉神社04



やっぱり、日吉神社の表参道は、いつ訪れても心が洗われる。

      20200204日吉神社05
      20200204日吉神社06



尊厳さと、緊張する神々しさが魅力とでも言うべきなのか?
上手い言葉が見つからない。


こちらは、御神木。

      20200204日吉神社07


やはり、一際立派な杉の樹です。

      20200204日吉神社08
      20200204日吉神社09



社殿へと導く参道。

      20200204日吉神社10


歩くには、長からず、短からず、丁度良い距離。

      20200204日吉神社11
      20200204日吉神社12



手水舎。

      20200204日吉神社13


拝殿に近付いて来ました。

      20200204日吉神社14



拝殿。

      20200204日吉神社15



拝殿正面。

      20200204日吉神社16


      20200204日吉神社17



びいすけ も参拝。

      20200204日吉神社18



神使いの猿と びいすけ 。

      20200204日吉神社19



社務所の窓ガラスには、御朱印の見本。

      20200204日吉神社20



他に待っている人はいませんが
一応、番号札を貰って墨書き待ち。

      20200204日吉神社21



この日頂いた御朱印。

月替わりの御朱印。

      20200204日吉神社22


別バージョン。

      20200204日吉神社23


見開きバージョン。

      20200204日吉神社24

見開きは奇数月だけと言われていましたが
今月は節分があるので、特別に見開きバージョンも対応しているとの事です。

2020/03/13 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

月詣.........富里香取神社 (2020年2月4日)(千葉県富里市) 

2月4日 

個人的な連休初日。

2月になりました。
月も変わったことだから、例月の行事。
月詣に出かけました。

向かった先は...............富里香取神社。



道の右側も整備されて、駐車場になり
いつの間にか駐車場が広くなっていた。

     20200204冨里香取神社01


     20200204冨里香取神社02


神社社頭。

     20200204冨里香取神社03


先月はあまり意識していなかったけれど
干支の看板二可愛らしいネズミが描かれている。

     20200204冨里香取神社04


手水舎。

     20200204冨里香取神社05


狛犬と参道。

     20200204冨里香取神社06


     20200204冨里香取神社07



狛犬と びいすけ 。

     20200204冨里香取神社08



参道。

     20200204冨里香取神社10



拝殿。

     20200204冨里香取神社11



拝殿正面。

     20200204冨里香取神社13



そして、びいすけ も参拝。

     20200204冨里香取神社14



こちらが、御朱印。

      20200204冨里香取神社15


今月も月詣、そして月替わりの御朱印を頂く事が出来ました。

2020/03/13 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

再訪  成田豊住熊野神社  (2020年1月30日)(千葉県成田市) 

1月30日

この日は、成田市に出かけました。


埴生神社をあとにして、向かった先は.............成田豊住熊野神社。


こちらの神社は、これで3回目の参拝になるのだろうか?
九曜紋のある神社だから、個人的にお気に入りの神社。
やっぱり千葉県に住んでいて、城好きで、小田原北条家のファン。
血縁関係にある千葉氏のシンパで、千葉一族の城郭を巡ったりしていると
月星紋や九曜紋には愛着と言うか、親しみを感じてしまいます。

九曜紋の提灯を見にいきましょう!


熊野神社の看板。

     20200130熊野神社01

 
参道口。

     20200130熊野神社02



社号標。

     20200130熊野神社03



鳥居。

     20200130熊野神社04



参道。

     20200130熊野神社05


手水舎。

     20200130熊野神社06


由緒書き(?)

     20200130熊野神社07



拝殿。

     20200130熊野神社08


向拝。

     20200130熊野神社09



拝殿正面。

     20200130熊野神社10


その内部。

     20200130熊野神社11



別アングルからの拝殿。

     20200130熊野神社12


そして、こちらが本殿。

     20200130熊野神社13



熊野神社の提灯。

     20200130熊野神社14

九曜紋も健在。


びいすけ も参拝します。

     20200130熊野神社15


前回も疑問に感じたのだが............

     20200130熊野神社16

拝殿脇に並べられた、これらのは何なのだろうか?


そして、こちらが御朱印。

     20200130熊野神社17

拝殿前に書置きの御朱印が置かれていて
初穂料を箱に収めるシステム。
宮司さんが居ない時とか、急いでいる時もあるから
こう言ったシステムは個人的には歓迎。

時代は令和。
令和の元号の記された御朱印、頂きました。




2020/03/09 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

再訪  埴生神社   (2020年1月30日)(千葉県成田市) 

1月30日

この日は、成田市に出かけました。

新年1月に、その年の干支をモチーフにした御朱印を授与している神社を
多く見かけるようになった気がします。

成田市郷部に鎮座する埴生神社もその一つ。
昨年は知らなかったから、訪れませんでしたが
今年は他の方のblogで御朱印もチェック。
ギリギリですが、何とか1月中に参拝出来ました。


社号標。

     20200130埴生神社15



神社社頭。

     20200130埴生神社16



手水舎。

     20200130埴生神社01


拝殿。

     20200130埴生神社02


拝殿正面。

     20200130埴生神社03


拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200130埴生神社04



別アングルからの拝殿。

     20200130埴生神社05


     20200130埴生神社06


拝殿正面に飾られた提灯。

     20200130埴生神社07



拝殿正面脇には奉納酒。

     20200130埴生神社08



びいすけ も参拝。

     20200130埴生神社09



境内の由緒書き。

     20200130埴生神社10



授与所の窓口には御朱印の案内。

     20200130埴生神社11


こちらが、御朱印。

1月限定、社号が金文字の御朱印。
(通常、金文字は1日、15日のみらしい)

     20200130埴生神社12


干支に因んで『ねずみ』の文字を配した御朱印。

     20200130埴生神社13



干支に因んで『子(ねずみ)』の文字を配した御朱印。

     20200130埴生神社14


なかなか、凝った御朱印ですね。
書き手のセンスを誉めちゃいます。




2020/03/09 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの通勤・途中下車.........月詣 大原神社    (2020年1月29日)(千葉県習志野市) 

1月29日  

この日は、遅番勤務。

13時からの勤務だから、出勤前の途中下車。
月詣の参拝に習志野市の大原神社に立ち寄ってみました。


神社社頭。

     20200129大原神社01



鳥居に掲げられた神額。

     20200129大原神社02

 

参道。
     
     20200129大原神社03



狛犬と拝殿。

     20200129大原神社04



手水舎。

     20200129大原神社05


記憶に間違いがなければ、以前はこんなお洒落な事はして無かった筈。

     20200129大原神社06

今年からなんだろうか?



拝殿。

     20200129大原神社07




平日だけど、参拝者もチラホラ。

     20200129大原神社08



そのほとんどが授与所に立ち寄り、御朱印をお願いしています。

     20200129大原神社09


御朱印の人気が高い大原神社。
昔に比べて、御朱印対応に追われ、大変なんでしょう。
授与所の休みも決められています。

     20200129大原神社10

いわゆる、これも『働き方改革』の一つなんでしょうか?


この日、授与出来る御朱印。

     20200129大原神社11

相変わらず、種類が多い。


受付番号は18番。

     20200129大原神社12

一つ前に並んでいた人は28番だったから
番号は順になっていないようです。


この日も御朱印待ちの人が多い。

     20200129大原神社13

呼ばれるまで40分近く掛かりました。


こちらが、1月の御朱印。

     20200129大原神社14

社号が金文字なのが良いですね。


見開きの御朱印(書置き版)
『春の見開き』

     20200129大原神社15


書置き版
『陽の神恩』

     20200129大原神社16


書置き版
『月の神恩』

     20200129大原神社17



こちらの二体は並べると、一つの図柄になります。

     20200129大原神社18

これまた、お洒落ですね。



2020/03/08 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit