10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて............... 大場小学校 (2017年9月14日)(茨城県常陸大宮市) 

9月14日 公休日

この日は、茨城県の常陸大宮市に出かけました。

常陸大宮市と言えば、平成16年に大宮町、山方町、美和村、緒川村、御前村が合併して
常陸大宮市が誕生しましたが旧・町村時代の廃校を含めると
30校近い小学校の廃校があります。

題して常陸大宮市廃校ツアー、
その第二弾...............常陸大宮市立大場小学校


大場小学校は、

明治8年      石山小学校出張所を小野村に設置。
           同時期に三美村に三美小学校を創立
明治22年     小場村・小野村・三美村が合併し大場村が誕生。
明治41年     大場第二尋常小学校と大場第三尋常小学校を合併して、
           大場第二小学校を創立する。
大正8年      大場第二尋常高等小学校と改称。
同  年      大場尋常高等小学校と改称する。
昭和22年     学制改革により、大場村立大場小学校と改称する。
昭和30年     大宮町、玉川村、大場村、静村の一部、世喜村の一部が合併して大宮町となる。
           大宮町立大場小学校と改称する。
平成16年     大宮町、山方町、美和村、緒川村、御前村が合併して常陸大宮市となる。
           常陸大宮市立大場小学校と改称する。
平成25年     大宮西小学校に統合されて廃校となる。

と、このような沿革となっています。



こちらが、大場小学校の正門です。

      20170914大場小学校01



誇らし気に、大場小学校の表札が掲げられています。

      20170914大場小学校02



正門の先には、閉校記念碑。

      20170914大場小学校03


      20170914大場小学校04



大場小学校の校舎。

      20170914大場小学校05


      20170914大場小学校06


      20170914大場小学校07


      20170914大場小学校08



廃校から4年。
校舎にある時計の時刻は、かなりズレている。

      20170914大場小学校09



玄関の庇に掲げられた校章。

      20170914大場小学校10



現在、大場小学校の校舎は『泉坂下遺跡』の調査事務所として使われています。

      20170914大場小学校11


さらには、『ひたまる25』と言うスポーツ施設として活用されています。

      20170914大場小学校12



校庭には、あるべきはず(?)の遊具がない。

      20170914大場小学校17


さほど広くはない校庭ですが、何となく広く感じたりもします。

      20170914大場小学校18




校庭の隅っこに怪し気な建物。

      20170914大場小学校13



正面に回ってみるとJAの施設のようです。

      20170914大場小学校14

この施設の中で栽培をしているようです。



校舎前の碑。
『 たくましく 豊かな子 』

      20170914大場小学校15

子供たちには、そう育ってもらいたいモノです。



花壇はきちんと植栽されて管理されているようです。

      20170914大場小学校16


      
      

校舎の裏側回ってみます。

      20170914大場小学校19

昭和3年に建てられた校舎。
正面から見ると立派に見えるが、裏手に回るとそれなりの古さを感じます。



こちらが体育館。

      20170914大場小学校20

この体育館が『ひたまる25』として活用されているようです。


校歌を用いたオブジェ。

      20170914大場小学校21



卒業製作の一品でしょうか?

      20170914大場小学校22



朝日に映ゆる御前山...............

そんな歌詞を目にすると、かつてはこの辺りが大場村で
御前山村は隣だったはず...............
でも、この地から那珂川の対岸にある御前山はランドマーク的な存在だったのでしょう。


2017/10/04 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて............... 小場小学校 (2017年9月14日)(茨城県常陸大宮市) 

9月14日 公休日

個人的な連休初日。

最近、歳のせいか?
遠出をした翌日はゆっくりしたい!と言う願望が強く
連休初日に遠出をして、翌日はゆっくり休む。
そんな行動が理想的だと思うようになりました。

そんな訳で、この日は茨城県の常陸大宮市に出かけました。


茨城県の常陸大宮市は、廃校の宝庫。
平成16年に大宮町、山方町、美和村、緒川村、御前村が合併して常陸大宮市が誕生しましたが
旧・町村時代の廃校を含めると30校近い小学校の廃校があります。

題して、常陸大宮市廃校ツアー。
その最初となる廃校は...............常陸大宮市立小場小学校



小場小学校は

明治6年      小場村に小場小学校が創立される。
明治22年     小場村・小野村・三美村が合併し大場村が発足する。
           大場尋常高等小学校となる。
明治26年     大場第一尋常小学校となる。
大正8年      小場尋常高等小学校と改称する。
昭和22年     学制改革により、大場村立小場小学校と改称する。
昭和30年     大宮町、玉川村、大場村、静村の一部、世喜村の一部が合併して大宮町となる。
           大宮町立小場小学校と改称する。
平成16年     大宮町、山方町、美和村、緒川村、御前村が合併して常陸大宮市となる。
           常陸大宮市立小場小学校と改称する。
平成22年     村田小学校に統合され廃校となる。


と、このような沿革となっています。



こちらが小場小学校の正門。

      20170914小場小学校01



廃校から7年。
門柱には、まだ小場小学校の表札が掲げられています。

      20170914小場小学校02



現在、施設を流用して学童保育園が運営されています。

      20170914小場小学校03



以前は別な場所に在ったようですが、
こちらに移転してきたのが平成2年。
その時に、この門柱は建てられたモノのようです。

      20170914小場小学校04



門柱脇の茂みの中に在った小場小学校跡の碑。

      20170914小場小学校05




いわゆる廃校記念碑。
表側には校歌。

      20170914小場小学校06



裏面には沿革が刻まれています。

      20170914小場小学校07



敷地内に入り、緩やかな坂を上がって行くと、視界には体育館が入って来ます。

      20170914小場小学校08


体育館の隣が校舎。

      20170914小場小学校09


      20170914小場小学校10


      20170914小場小学校11



朝の7時前だけど、既に数台の車があります。

      20170914小場小学校12

別に悪い事をしている訳でなく、単純に見学をしているだけですが
犬連れだとどうしても気が引けてしまいます。



校舎の前に建つ、小場小学校の校訓の碑。

      20170914小場小学校14

『 健康 』『 勤勉 』『 協和 』


裏面には、碑を建立した際の協賛者の一覧。

      20170914小場小学校13

いわゆる、寄付をされた方々ですね。



校庭は一段下がった場所になります。
      
      20170914小場小学校15



校庭から眺める校舎。

      20170914小場小学校16



広い校庭には、遊具さえも残っていない。

      20170914小場小学校17



逆に何も無いから、かえって広く感じてしまうのか?

      20170914小場小学校18



廃校記念碑は在ったものの、二ノ宮像も無いし
広い校庭には遊具さえも無い。
学童保育園になっているものの、校庭で遊ぶ児童は居ないんだろうか?
そんな事を思いながら、この地をあとにするのでありました...............。



2017/10/03 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............第三小学校 (2017年8月21日)(群馬県吾妻郡中之条町) 

8月21日 公休日

この日は、群馬県の中之条町に出掛けました。


中之条町は廃校の宝庫(?)。
木造校舎も数多く残り、以前から訪れたい町でした。

中之条町の廃校巡り。
その第十弾は................中之条町立第三小学校



第三小学校は、

明治5年      学制頒布により、駒岩に四万小学校創立。
明治12年     新湯に四万小学校支校を置く
明治14年     区改正により四万温泉小学校となる。
明治19年     学区改正により北尋常小学校となる。
明治20年     四万尋常小学校と改称する。
明治43年     沢田尋常小学校第四教場となる。
昭和22年    学制改革により、沢田村立沢田小学校第四分教場、
          並びに沢田村立沢田中学校第四分校となる。
昭和25年    沢田小学校、並びに沢田中学校より独立。
          沢田村立四万小中学校と改称する。
昭和30年    沢田村が中之条町、伊参村、名久田村と合併して中之条町となる。
          中之条町立四万小中学校と改称する。
昭和41年    中之条町立第三小学校、並びに第三三中学校と改称する。
昭和52年    第三中学校が名目統合され、西中学校四万教場となる。
昭和54年    西中学校の実質統合により小学校単独となり、中之条町立第三小学校と改称する。
平成17年    第二小学校と統合し、新たに沢田小学校が誕生(校地は旧・第二小学校)。
          第三小学校は廃校となる。

と、このような沿革となっています。



温泉街にある小学校。
狭くて細い坂道を腹を擦らないかと心配しながら
車で上がって行くと、正門が現れます。

      20170821第三小学校01


      20170821第三小学校02



門柱には往時の表札。

      20170821第三小学校03

どうせなら、『中之条町立第三小中学校』って残っていればと思うのは
贅沢になるんだろうか...............?



昭和40年に建てられた門柱。

      20170821第三小学校04

児童・生徒のお母さんたちが建てたようです。



正門から眺める校舎。

      20170821第三小学校05


実は、この第三小学校の情報が乏しく、
まさか木造校舎だとは思いませんでした。

適度に古びた鉄筋コンクリートの校舎をイメージしていたんですが
綺麗な白い木造校舎を見て、テンションが上がってしまいました(笑)。



色々なアングルから木造校舎を眺めて見ましょう。

      20170821第三小学校06


      20170821第三小学校07


      20170821第三小学校08


      20170821第三小学校09


      20170821第三小学校10


      20170821第三小学校11





校舎の正面玄関には英文の案内。

      20170821第三小学校12

四万温泉に訪れる外国人たちへの案内ですね。



普段は施錠されているのか?
はたまた一般開放されているのか分かりませんが
中之条ビエンナーレ2017の会場でもあるため、
この日は若いアーティストが校舎内で製作活動をしていました。
邪魔にならないように一声かけて、校舎内を見学しました。

びいすけ は、当然外で待機です。


あとでネットで調べるまで、
小学校と中学校が共存していたとは知りませんでした。
この校舎を小学生と中学生が共有していたんですね。

      20170821第三小学校13


      20170821第三小学校14



玄関に掲げられていた歴代の校長の写真。

      20170821第三小学校15



教室は、若いアーティストの表現の場所。

      20170821第三小学校16



昭和の時代の第三小(中)学校の航空写真。

      20170821第三小学校17

見た感じは、今と全く変わらない。






校庭に残る遊具類。

      20170821第三小学校18


      20170821第三小学校19


      20170821第三小学校20


      20170821第三小学校21


      20170821第三小学校22


      20170821第三小学校23



壊れて朽ち果てたオブジェ?

      20170821第三小学校24

おそらく、生徒・児童たちの卒業製作でしょう。



残念ながら、廃校記念碑や二ノ宮像は見当たりませんでした。


正直言って、全く期待していなかった第三小学校。
まさか、木造校舎だったとは...............

何か、非常に得した気分。
木造校舎の在る高台の下に広がる四万温泉。
湯上がりに校舎を眺めに来るのも粋かもしれないなぁ...............。





2017/09/22 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............名久田小学校 (2017年8月21日)(群馬県吾妻郡中之条町) 

8月21日 公休日

この日は、群馬県の中之条町に出掛けました。


中之条町の廃校巡り、その第九弾。

第四小学校第三分校をあとにして、
向かった先は...............中之条町立名久田小学校


名久田小学校は、

明治6年       第118番中学区113番公立平小学校創立(善徳院)
明治12年      名久田尋常小学校となる。
昭和22年      学制改革により名久田村立名久田小学校と改称する。
昭和30年      名久田村が中之条町、沢田村、伊参村と合併し中之条町となる。
            中之条町立名久田小学校と改称する。
昭和41年      中之条町立第五小学校と改称する。
昭和50年      第一分校(栃窪分校)を本校に統合する。
平成17年      中之条町立名久田小学校と改称する。
平成27年      中之条小学校、沢田小学校と統合して廃校となる。

と、このような沿革となっています。
創立から141年と非常に長い歴史を持った小学校でした。


こちらが、無久田小学校の正門。

      20170821田名久小学校01



廃校からまだ2年。
当然のように門柱には、まだ表札が掲げられています。

      20170821田名久小学校02



正門付近から眺める校舎。

      20170821田名久小学校03

まだまだ新しく見える鉄筋コンクリート造りの校舎。

中之条町には木造校舎の古い校舎が多く残っているから
近代的な校舎は違和感を感じたりします。


校舎のデザインも凝っています。

      20170821田名久小学校04



単純なマッチ箱のような箱型じゃない所がちょっぴりお洒落。

      20170821田名久小学校05



校舎の正面玄関には、校名と校章。

      20170821田名久小学校06


      20170821田名久小学校07


      20170821田名久小学校08




こちらは、体育館。

      20170821田名久小学校09



もう誰も泳ぐことのないプール。

      20170821田名久小学校10

しばらく水も張られていないようです。




校舎前に建つ記念碑。

      20170821田名久小学校11



閉校の記念碑ですが、校歌が刻まれています。

      20170821田名久小学校12




廃校後、グランド(校庭)は少年野球にでも使われているんでしょうか?
グランド整備と思われる軽トラック。
荷台の後ろにトンボを取り付けて、軽トラックを走らせて
グランドをならしていました。

      20170821田名久小学校13



校庭の隅に在る百葉箱。

      20170821田名久小学校14



この学校にも二ノ宮像は有りました。

      20170821田名久小学校15



穏やかで、優しそうな表情の二ノ宮像。

      20170821田名久小学校16



校庭に残る遊具類。

      20170821田名久小学校17


      20170821田名久小学校18


      20170821田名久小学校19


      20170821田名久小学校20


      20170821田名久小学校21



となりのトトロ?

猫バス発見!

      20170821田名久小学校22


      20170821田名久小学校23



バスの行き先走らせて名久田小学校?

      20170821田名久小学校24

ひょっとして、スクールバス?(笑)



可愛い動物たちのオブジェ。

      20170821田名久小学校25



ミニチュアダックスと一緒にポーズ。

      20170821田名久小学校26



校庭は、学校遺構の宝庫。

使われなくてなったローラー。

      20170821田名久小学校27



グランド整備用のトンボ。

      20170821田名久小学校28



朝礼台。

      20170821田名久小学校29

ふと、気づいたのだが...............
何気に朝礼台って水色や青色が多い気がする。



名久田小学校の校訓でしょうか?
『 清く 正しく 美しく 』

      20170821田名久小学校30

久しく、こんな言葉を口にしたこともない(笑)。



軽トラックで整備されたグランド(校庭)を歩き廻るのは申し訳ないから
遠慮がちに校舎の前で記念撮影。

      20170821田名久小学校31



141年の歴史に幕を閉じた名久田小学校。
近代的に見える鉄筋コンクリート造りの建物が
中之条町らしくないなぁと思ったのは、私だけだろうか...............?







2017/09/19 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............第四小学校第三分校 (2017年8月21日)(群馬県吾妻郡中之条町) 

8月21日 公休日

この日は、群馬県の中之条町に出かけました。

群馬県の中之条町は、廃校となった木造校舎も多く残り
廃校マニアの間では、メッカとも言える地区。
数年前から、是非行きたい場所でした。

と言うことで中之条町の廃校巡り、
第四小学校第二分校(五反田分校)をあとにして、
向かった先は...............中之条町立第四小学校第三分校

第三分校は

明治16年      岩本学校蟻川分校を設置、小渕半六氏所有の民家を借用する
明治17年      岩本学校第二分校となる。
明治19年      東尋常小学校となる。
明治23年      伊参尋常小学校蟻川分校となる。
明治26年      伊参尋常小学校から独立し、蟻川尋常小学校となる。
昭和13年      伊参尋常高等小学校が設置され、伊参尋常高等小学校第三分校となる。
            尋常4年生までが通学する。
昭和22年      学制改革により伊参村立伊参小学校第三分校と改称する。
昭和30年      伊参村が中之条町、沢田村、名久田村と合併し中之条町となり、
             中之条町立伊参小学校第三分校と改称する。
昭和32年      第三分校校舎一部改築落成する。
昭和41年      中之条町立第四小学校第三分校と改称する。
昭和44年      本校に統合されて廃校となる。


と、このような沿革となっているようです。


やはり、ナンバー制の校名は味気ない。
ちなみに、廃校マニアの間では、『蟻川分校』とか
『伊参小学校蟻川分校』と呼ばれていたりするようです。


こちらが第三分校の正門。

      20170821蟻川分校01



門柱には、往時の表札。

      20170821蟻川分校02

年代モノ。
何せ、本校である伊参小学校から第四小学校に名称が変わったのが
昭和41年だから、それ以前のモノ。


門柱の裏には昭和32年とある。

      20170821蟻川分校03

今から60年前に建てられた門柱です。
ちなみに、この『小渕光平』とは小渕恵三元総理の実父のようです。
尚、中之条町長を務めた2代目小渕光平は、小渕恵三元総理の実兄らしい。
初代小渕光平も国会議員。
地元の小学校の正門も、ぱぁつと寄付しちゃうんでしょう。

何と言っても、この分校の始まりが小渕一族の民家だから
致し方ないことでしょう。



昭和32年に建てられた木造校舎。

      20170821蟻川分校04

げんざは、蟻川公民館として利用されています。
地域の分別ゴミの集積所となっているのは
公民館の悲しい定めでしょうか?



しかし、今から60年前の校舎。

      20170821蟻川分校05



ある意味、大切にされて来たのでしょう。

      20170821蟻川分校06



この第三分校(蟻川分校)の木造校舎を見るのも
今回の楽しみの一つでした。

      20170821蟻川分校07


      20170821蟻川分校08


      20170821蟻川分校09


      20170821蟻川分校10


      20170821蟻川分校11


      20170821蟻川分校12




廃校記念碑かと思ったら違っていた。

      20170821蟻川分校13

蟻川道路開設の碑。
分校前の道路が蟻川道路なのかな?


校庭にわずかに残っていた遊具。

定番の鉄棒。

      20170821蟻川分校14



そして、ブランコ。

      20170821蟻川分校15



こちらは、用具入れの倉庫だったようです。

      20170821蟻川分校16



校舎の陰に隠れるように置かれた、使われなくなった下駄箱。

      20170821蟻川分校17



茶色く錆びついたローラー。

      20170821蟻川分校18

もう何年も使われていないのでしょう。


小さいながらもきちんと管理されている木造校舎を見ると、
やっぱり木造校舎は良いなぁ〜って、改めて思います。





2017/09/18 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............第四小学校第二分校 (2017年8月21日)(群馬県吾妻郡中之条町) 

8月21日 公休日

この日は、群馬県の中之条町の廃校巡りに出かけました。

群馬県の中之条町は、廃校となった木造校舎も多く残り
廃校マニアの間では、メッカとも言える地区。
数年前から、是非行きたい場所でした。


中之条町立第四中学校を後にして、
向かった先は...............中之条町立第四小学校第二分校



第二分校は

明治11年      五反田村に校舎を設け、和利学校と称した。
明治17年      岩本学校の第一分校となる。
明治19年      西尋常小学校となる。
明治23年      伊参尋常小学校五反田分校となる。
明治26年      伊参尋常小学校から独立し、五反田尋常小学校となる。
明治42年      五反田尋常小学校校舎改築落成する。
昭和13年      伊参尋常高等小学校が設置され、伊参尋常高等小学校第二分校となる。
            尋常4年生までが通学する。
昭和22年      学制改革により伊参村立伊参小学校第二分校と改称する。
昭和30年      伊参村が中之条町、沢田村、名久田村と合併し中之条町となり、
             中之条町立伊参小学校第ニ分校と改称する。
昭和41年      中之条町立第四小学校第ニ分校と改称する。
昭和44年      本校に統合されて廃校となる。

と、このような沿革となっているようです。



第四小学校第二分校と数字が並ぶとピンと来ないんですが
一部の廃校好きには、『五反田分校』とか『伊参小学校第二分校』
とも呼ばれているようです。


一応、中之条町の指定文化財に認定されていて
地元の方々には、『五反田学校』として知れ渡っているようです。


詳しい場所がわからず、通り過ぎてしまい
酒屋さんで道を尋ねたら、県道沿いに看板が建てられていました。

      20170821五反田分校01

ピュ〜っと走っていたから、気づかなかったなあ...............。



緩やかな坂を上って行くと、第二分校が現れます。


敷地入口に建つ説明板。

      20170821五反田分校02


朽ち果ててはいないものの、
いずれ文字の判別も不能になりそうな標柱。

      20170821五反田分校03



そして、こちらが木造校舎。

      20170821五反田分校04



校舎の前には比較的新しい看板。

      20170821五反田分校05



違ったアングルからの木造校舎。

      20170821五反田分校06


      20170821五反田分校07



校庭の樅の木?

      20170821五反田分校08



ポツンと置かれたローラー。

      20170821五反田分校09



正門が在ったと思われる辺りの木。
おそらくシンボルツリーだったのでは?

      20170821五反田分校10



なぜか、校庭の隅には割れてしまった石碑。

      20170821五反田分校11

碑文は読めません。
学校関連のモノだろうか?



こちらは、五反田学校校舎建設の記念碑。

      20170821五反田分校12



9月9日〜10月9日まで1ヶ月間開催される
『中之条ビエンナーレ2017』の会場にもなると言うことで
20代の若きアーティストが校舎内で作品を制作されていました。


見学しても構わないとの事なので、交代で見学。


びいすけ は、校庭で待機。
芝生周辺の匂い嗅ぎに夢中です。

      20170821五反田分校13


      20170821五反田分校14



作品製作の邪魔をしないように、校舎内部を見学。

      20170821五反田分校15



こちらの教室は作品の展示途中?

      20170821五反田分校16



こちらは、単なる資材(道具)置き場?

      20170821五反田分校17


あんまり長居をするのも若きアーティストの邪魔にもなるから
早々に撤収することにいたします。


町の文化財だし、普段は施錠されていて内部の見学も出来ないとは思うけれど
たまたま、内部を見ることが出来たのはラッキーでした。






2017/09/17 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............番外編 第四中学校 (2017年8月21日)(群馬県吾妻郡中之条町) 

8月21日 公休日

この日は、群馬県の中之条町に出掛けました。


中之条町は、廃校となった木造校舎も多く残り
廃校マニアの間では、メッカとも言える地区。
数年前から、是非行きたい場所でした。

伊参小学校からすぐ近くの場所にある中之条町立第四中学校に訪れました。

元来、廃校巡りは小学校をメインとしていますが
中之条町の旧第四中学校は、廃校後も綺麗な木造校舎が残り
伊参スタジオとして保存されていることもあって
以前から、訪れたい場所でありました。


第四中学校は、

昭和22年      伊参村立伊参中学校として開校。
昭和28年      新校舎落成。
昭和30年      中之条町立伊参中学校と校名変更。
昭和41年      中之条町立第四中学校と改称する。
昭和63年      中之条町立中之条中学校として名目統合して、伊参教場となる。
平成2年       新校舎完成により廃校。


と、このような沿革となっています。


平成7年に群馬県民200万人突破を記念して、映画『眠る男』が群馬県内で撮影されました。
当時、廃校になっていた旧中之条町立第四中学校を改装し、小栗康平監督以下スタッフが
2月から7月まで5ヶ月の月日をかけて映画づくりが行われました。
中之条町では、この映画の完成を記念して、ここで使われたセットや、
県内各所でロケーションに使われたセットを移築して、
『伊参スタジオ公園』として、第四中学校の校舎を公開しています。




こちらが、第四中学校の正門。

      20170821第四中学校01



門柱の表札は『伊参スタジオ』に変わっています。

      20170821第四中学校02



正門付近から眺める木造校舎。
  
      20170821第四中学校03



在りし日のままの姿を残しています。

      20170821第四中学校04



この木造校舎が見たかったんだよなぁ。

      20170821第四中学校05


      20170821第四中学校06



こちらは、体育館。

      20170821第四中学校07



別アングルからの木造校舎。

      20170821第四中学校08


      20170821第四中学校09


      20170821第四中学校10


      20170821第四中学校11


      20170821第四中学校12




校舎玄関。

      20170821第四中学校13



玄関には、こちらで撮影された映画関連の案内が飾られています。

      20170821第四中学校14



『月とキャベツ』もこちらで撮影されたようです。

      20170821第四中学校15



真打ち、『眠る男』。

      20170821第四中学校16

この映画が作られたから、今の伊参スタジオがあると言っても過言ではない。



びいすけ は中に入れないから、もっちゃん と交代で中を見学します。

      20170821第四中学校17



この地で撮影された映画関連の資料が展示されています。

      20170821第四中学校18


      20170821第四中学校19



セットも移設されて展示しています。

      20170821第四中学校20


      20170821第四中学校21




中に入れない びいすけ は大人しくお留守番。

      20170821第四中学校22



校庭に在った二ノ宮像。

      20170821第四中学校23


中学校に二ノ宮像? って思っていたら
後から飾られたモノのようです。

      20170821第四中学校24

流石にジェットエンジンを背負った二ノ宮像って普通はないからねぇ(笑)。



こちらの校庭には、緯度・経度を記した標柱。

      20170821第四中学校25

実は、第五中学校にも同じような標柱があったんだけど
敷地の隅に朽ちて倒れていました。
やっぱり、校地の緯度・経度を示すのが中之条町流だったんだろうか...............?



2017/09/16 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............伊参小学校 (2017年8月21日)(群馬県吾妻郡中之条町) 

8月21日 公休日

この日は、群馬県の中之条町の廃校巡りに出かけました。


中之条町立第五中学校をあとにして、
向かった先は...............中之条町立伊参小学校


伊参小学校は、明治6年に岩本村に創設された岩本学校がその祖とされています。
岩本学校は、のちに伊参小学校の第一分校となりますが
昭和13年に現在地に伊参尋常高等小学校として設立されました。


明治6年      岩本村清竜寺に岩本学校として開校。
明治19年     吾妻第18尋常小学校となる。
明治23年     伊参尋常小学校となる。
明治26年     原岩本尋常小学校となる。
明治41年     伊参尋常高等小学校と改称する。
昭和13年     現在地に伊参尋常高等小学校が新たに設置される。
昭和22年     学制改革により伊参村立伊参小学校と改称する。
昭和30年     伊参村が中之条町、沢田村、名久田村と合併し中之条町となり、
           中之条町立伊参小学校と改称する。
昭和41年     中之条町立第四小学校と改称する。
昭和44年     第一分校、第二分校、第三分校を統合する。
平成17年     中之条町立伊参小学校と改称する。
平成25年     中之条小学校に統合され廃校となる。

と、このような沿革となっています。


こちらが、伊参小学校の正門。

      20170821伊参小学校01


2年前に廃校だから、比較的まだ日が浅い。
門柱には、しっかりと表札が残っています。

      20170821伊参小学校02


しかしながら、校庭側に門があると何かと不便。
こちらは、県道に面した駐車場入口。

      20170821伊参小学校03

普段は、こちらから通学していたんじゃないかな?



鉄筋コンクリート造りの立派な校舎。

      20170821伊参小学校04

でも、最近は木造校舎の廃校巡りが続いていたから
何となく物足りなさを感じてしまいます。




校舎の正面玄関。

      20170821伊参小学校05



玄関の庇には、校名と校章。

      20170821伊参小学校06



校庭に置かれたモニュメント。

『 よく学び よく遊べ 』

      20170821伊参小学校07


『 未来を担う 伊参の子 』

      20170821伊参小学校08



何やら、碑も確認出来ます。

      20170821伊参小学校09



廃校になってまだ2年。
真新しい、閉校記念碑です。

      20170821伊参小学校10



こちらが、校庭。
今時の小学校だったから、ナイター照明も完備されていたようです。

      20170821伊参小学校11



校庭の隅に在った水飲み場。

      20170821伊参小学校12

やけに年季が入っている。



その近くには、怪しげなオブジェ。

      20170821伊参小学校13

卒業制作か何かでしょうか?



校庭の端っこに二ノ宮像を発見!

      20170821伊参小学校14



モデルはご存知、二ノ宮金次郎(二宮尊徳)。

      20170821伊参小学校15


      20170821伊参小学校16


二ノ宮像って、学校によって(像によって)顔の表情が違うから
見比べるのも面白い。



二ノ宮像の近くには百葉箱。

      20170821伊参小学校17




そして、その傍には伊参小学校の位置(緯度、経度)が示された碑。

      20170821伊参小学校18

緯度、経度の表示って、山梨県の小学校に多かったんだよねぇ。
群馬県も多いのかな?



校庭の遊具類。

      20170821伊参小学校19


      20170821伊参小学校20


      20170821伊参小学校21


      20170821伊参小学校22


      20170821伊参小学校23


      20170821伊参小学校24




朝礼台。

      20170821伊参小学校25




校庭から校舎を眺めてみます。

      20170821伊参小学校26



立派な鉄筋コンクリート造りの校舎。

      20170821伊参小学校27


      20170821伊参小学校28



正門の傍にはひっそりと立つシンボルツリー。

      20170821伊参小学校29



校舎は近代的になっているけれど、前身の岩本学校から数えれば
140年の歴史が在った小学校。
時代の流れ、少子化の流れには勝てなかったようです。



2017/09/15 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..............番外編 第五中学校 (2017年8月21日)(群馬県吾妻郡中之条町) 

8月21日 公休日

この日は、群馬県の中之条町に出掛けました。

群馬県の中之条町は、廃校となった木造校舎も多く残り
廃校マニアの間では、メッカとも言える地区。
数年前から、是非行きたい場所でした。

そんな訳で、中之条町の廃校巡り、その第4弾

中之条町立第五中学校 です。


本来は、廃校となった小学校を追い求めているんですが、
木造校舎だから、立ち寄りました。

第五中学校は、

昭和22年      名久田村立名久田中学校として開校。
昭和30年      名久田村が、中之条町、伊参村、沢田村、と合併し中之条町となり、
            中之条町立名久田中学校と改称する。
昭和41年      中之条町立第五中学校と改称する。
昭和63年      中之条町立中之条中学校として名目統合して名久田教場となる。
平成2年       新校舎完成により廃校となる。

と、このような沿革となっています。


廃校時の正式名称は、中之条町立中之条町中学校名久田教場だったんですね。

中学校の校舎として使われなくなって27年。
しかしながら、解体されることなく、この地に残されています。

      20170821第五中学校01



校舎を正面からその姿を撮そうとすると
生い茂った木々がちょっぴり邪魔になります。

      20170821第五中学校02


      20170821第五中学校03



このアングルからだと、その姿がはっきり見えるようです。

      20170821第五中学校04



校舎1階は、地域の集会所として使われているのか?
はたまたアトリエか何かで使われているのか?
数脚の椅子が並んでいました。

      20170821第五中学校05


      20170821第五中学校06


木造校舎の二階に上がる外階段を恐る恐る上がってみると
瓦か何かの焼き物が保存されていました。
ひょっとしたら、卒業生たちのモノなんでしょうか?





こちらが、閉校記念碑。

      20170821第五中学校07


      20170821第五中学校08



裏面には、碑の建立にあたっての賛同者の芳名。

      20170821第五中学校09



綺麗に芝生が植えられた校庭。

      20170821第五中学校10



地域のご老人たちの社交場であるゲートボール場となっています。

      20170821第五中学校11


      20170821第五中学校12


遠い昔に、この日中学校から巣立っていった若者たちが
数十年の月日を経て、この場所に戻って来て、
ゲートボールを楽しんでいるんですね...............。





2017/09/14 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............第四小学校第一分校 (2017年8月21日)(群馬県吾妻郡中之条町) 

8月21日 公休日

この日は、群馬県の中之条町に出掛けました。


群馬県の中之条町は、廃校となった木造校舎も多く残り
廃校マニアの間では、メッカとも言える地区。
数年前から、是非行きたい場所でした。

中之条町の廃校巡りの第3弾。
中之条町立第四小学校第一分校です。


まぁ、第四小学校第一分校と言われてもピンと来ない。
通称で呼んでしまえば、中之条町立伊参小学校岩本分校となります。

第一分校は

明治6年      岩本村清竜寺に岩本学校として開校。
明治19年     吾妻第18尋常小学校となる。
明治23年     伊参尋常小学校となる。
明治26年     原岩本尋常小学校となる。
明治41年     伊参尋常高等小学校と改称する。
昭和13年     伊参尋常高等小学校が新たに設置され、第1分校となり
           尋常4年生までが通学する。
昭和22年     学制改革により伊参村立伊参小学校第一分校と改称する。
昭和30年     伊参村が中之条町、沢田村、名久田村と合併し中之条町となり、
           中之条町立伊参小学校第一分校と改称する。
           第一分校の校舎が改築される。
昭和41年     中之条町立第四小学校第一分校と改称する。
昭和44年     本校に統合されて廃校となる。

と、このような沿革だったようです。


中之条町では、昭和41年に第◯小学校第◯分校と言った、
紛らわしい校名に統一改称されたようです。




こちらが、第一分校の正門。

      20170821岩本分校01


      20170821岩本分校02

向かって右側の門柱には『中之条町立伊参』のプレート(表札)



左側の門柱には『小学校第一分校』の表札。

      20170821岩本分校03


      20170821岩本分校04

伊参小学校と記されているから、
昭和41年以前の門柱ですね。
おそらく、校舎が改築された昭和30年辺りに建てられたモノでしょう。



昭和30年に建てられた木造校舎。

      20170821岩本分校05


      20170821岩本分校12

元々は、昭和13年までこの地が伊参小学校であり、本校であった割には
敷地はさほど広くはない。



白い壁に赤い屋根。
昭和30年当時では、かなりハイカラだったんじゃないのかな?

      20170821岩本分校06



廃校後、校舎の右半分は工場として使われていたらしいから
一部改築されているようです。

      20170821岩本分校07



校庭は、ゲートボール場として利用されているようです。

      20170821岩本分校08


      20170821岩本分校09



校庭(ゲートボール場)の隅にあるベンチに座って、遅めの朝ごはん。
オニギリが美味しい!

      20170821岩本分校10


  
びいすけ と もっちゃん は校庭を探索中。   

      20170821岩本分校13




久しく使われていないであろうローラー。
赤く錆びついています。

      20170821岩本分校14



こちらのローラーとトンボも使われていないだろうなぁ。

      20170821岩本分校15



校庭の端に在った看板。

      20170821岩本分校16

テレビを消して家族で会話。

テレビが生活の中に完全に入り込んできた
高度成長期の忘れ形見でしょうか?
今じゃ、テレビ離れも珍しくないんですけどね。




2017/09/13 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............大道冬季分校 (2017年8月21日)(群馬県吾妻郡中之条町) 

8月21日 公休日

8月21日〜22日、群馬県の中之条町並びに周辺に出掛けていました。


群馬県の中之条町は、廃校となった木造校舎も多く残り
廃校マニアの間では、メッカとも言える地区。
数年前から、是非行きたい場所でした。

そんな訳で、中之条町廃校巡り。
その第2弾...............中之条町立第四小学校大道冬季分校


季節分校とは、書いて字のごとく
通年ではなく、冬季など季節を限定して設置される分校です。
すなわち、この大道地区は冬季になると
雪深いところになると言うことになります。


大道季節分校の詳しい沿革は分かりませんが
廃校巡りをされている方のブログを参考にさせていただくと、


明治19年      東尋常小学校(岩本学校蟻川分校)の分教場として設置される。
明治24年      大道分校は閉校となる。
昭和29年      伊参村立伊参小学校大道冬季分校として設置される。
昭和35年      閉校となる。

と、このような沿革となるようです。

そもそも分校と言うからには、本校が在る訳ですが
その本校が今一歩分かりづらい。
昭和29年に設置された年代と地域的な位置関係から
伊参小学校(後の第四小学校)が本校のようです。


こちらが、大道季節分校。

      20170521大道冬季分校01

てっきり、左側の立派な(?)建物が校舎たと思っていたら
どうやら、違っていたようです。


こちらの青い屋根の建物が季節分校の校舎だったようです。

      20170521大道冬季分校02

とは言いながら、右側半分は養蚕場として使われていて
左半分が季節分校だったようです。
(事前にじっくり調べておかなければダメですね。)



てっきり、校舎だと思っていた建物。

      20170521大道冬季分校03



玄関前には、スクールバスのバス停になってるし...............。

      20170521大道冬季分校04



勘違いの中での、 びいすけ とのショット。

      20170521大道冬季分校05



看板も文字がカスれて、よく見えないし...............

      20170521大道冬季分校06

どうやら、地域の公民館のようです。

中を窓ガラス越しに覗いたら、掘りごたつに黒板。
いかにも季節分校だと思わせぶり。


思わせついでに、勝手に分校の用具倉庫と判断した建物。

      20170521大道冬季分校07

どうやら、違うようですね。


まぁ、ネットで調べても情報が少ないから...............
と、勝手に自己弁護して納得します(笑)。


いかにも!って言う学校遺構は少ない。
何となく、学校跡?と思わせる風景。

      20170521大道冬季分校08


おそらく、この桜の木もシンボルツリーだったんじゃないのかな...............?






2017/09/12 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............第五小学校栃窪分校 (2017年8月21日)(群馬県吾妻郡中之条町) 

8月21日 公休日

8月21日〜23日まで個人的な3連休。
21日〜22日まで1泊2日で群馬県の中之条町に出掛けました。

八王子の実家から、妹の もっちゃん と びいすけ を乗せ、
午前3時に出発。
圏央道 あきる野ICから圏央道に乗ると、いきなり関越道(下り)が
花園IC→本庄児玉IC間が事故で通行止め。
花園ICで降ろされ、下道で本庄児玉ICまで移動。
おまけに雨まで降ってきて、散々たる出足です。。

渋川伊香保ICで関越道を降り、下道で中之条町へと向かいます。

群馬県の中之条町は、廃校となった木造校舎も多く残り
廃校マニアの間では、メッカとも言える地区。
数年前から、是非行きたい場所でした。

最初に訪れたのは...............中之条町立第五小学校栃窪分校


栃窪分校は、映画のロケ地としても利用された事があり、
私はまだ観ていませんが、山崎まさよし主演の『月とキャベツ』のロケ地でして知られ、
この映画のファンの間では、『月とキャベツ』の聖地として有名らしい。


そもそも、中之条町の学校は、地域の名前ではなく
第五小学校とか第四小学校と言うように名付けられていました。
この第五小学校は、後に田名久小学校と改称されましたが
その田名久小学校も廃校となってしまいました。
数字ばっかり並ぶと紛らわしいので、この栃窪分校の事を
中之条町立田名久小学校栃窪分校と呼ぶ方もいるようです。


舗装されてはいるものの、狭い山道をひたすら上り、
やっと栃窪分校の近くに辿り着けました。

      20170821栃窪分校01


大きく切り返して右折するのですが、ちょっと無料。
近くの広めの路肩に車を置いて、栃窪分校を目指します。

この先に、栃窪分校は在るようです。

      20170821栃窪分校02


霧雨のような天候ですが、頑張って歩きましょう。

      20170821栃窪分校03


だらだらとした上り道を300mほど歩くと、
大きな木の背後に赤い屋根が見えて来ました。

      20170821栃窪分校04



栃窪分校が視界に現れました。

      20170821栃窪分校05



こちらが、栃窪分校。
霧が掛かって、山奥って感じがします。

      20170821栃窪分校06


      20170821栃窪分校07


      20170821栃窪分校08


現在は、栃窪集落公民館として活用されていますが
建物は栃窪分校時代の木造校舎。

      20170821栃窪分校09



校舎前には立派な碑が建てられています。

      20170821栃窪分校10


『学び舎の地』の碑。
いわゆる、廃校跡地の碑ですね。

      20170821栃窪分校11


碑文を参考にすると............

栃窪分校は、明治12年に中村の小池武平宅を校舎とした
大阪学校栃窪分校がその始まりとされています。

明治23年      この地に栃窪簡易学校として開校。
            のちに栃窪尋常小学校となる。
明治42年     名久田尋常高等小学校栃窪分教場となる。
昭和24年     名久田村立名久田小学校栃窪分校と改称する。
昭和28年     名久田村が中之条町と合併して、
           中之条町立名久田小学校栃窪分校と改称し、
           その後、中之条町立第五小学校栃窪分校と改称する。
昭和50年     本校に統合され、廃校となる。

と、このような沿革であったようです。





碑の裏側には、碑の建設にあたって協賛された方々の芳名が記されています。

      20170821栃窪分校12

平成26年に建立だから、割と新しい。




正面玄関には、栃窪公民館の表札。

      20170821栃窪分校13


画像を撮り忘れましたが、玄関前に置かれた机の上には
何冊ものノートが置かれ、訪れた人の書き込みがあります。
目を通してみると、多くの訪問者がいつまでもこの木造校舎が在る事を願っています。

      20170821栃窪分校14


狭い校庭に残された遊具。

      20170821栃窪分校15


      20170821栃窪分校16



びいすけ は草の匂いを嗅ぐに必死です。

      20170821栃窪分校17



木造校舎の裏手に回ってみます。

      20170821栃窪分校18



そっと、校舎の内部をガラス越しに覗いてみます。

      20170821栃窪分校20

黒板があります。
紛れもない学び舎の跡です。



ちいさな渡り廊下もありました。

      20170821栃窪分校21


こちらは、教師の宿舎だったようです。

      20170821栃窪分校19

山奥の小さな分校に赴任する教師は、こちらで生活をしていたのですね。



地元の方々に大事にされている栃窪分校。

      20170821栃窪分校22

校舎前に植えられた花がきちんと管理されています。


ずっと訪れたかった栃窪分校。

やっぱり木造校舎は趣きがあって良い。
貴重な文化資産。
いつまでも、このままの状態でいて欲しいなぁ...............。






2017/09/11 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..........羽鳥小学校  (2017年7月21日)(福島県岩瀬郡天栄村)  

7月21日

福島旅行の2日目。

明神滝をあとにして、向かった先は...............天栄村立羽鳥小学校



羽鳥小学校は、明治25年に創立した湯本尋常小学校の分教場が
その始まりのようです。

明治44年     辰目沢分教場開設
昭和22年     学制改革により、湯本村立湯本小学校辰目沢分教場と改称。
昭和30年     牧本村・湯本村・大里村と広戸村の一部が合併して天栄村が発足。
天栄村立     湯本小学校辰目沢分校と改称する。
昭和39年     湯本小学校より独立、天栄村立羽鳥小学校となる 。
平成14年     湯本小学校に統合され、廃校となる。

と、このような沿革となっています。



天栄村から下郷町へと繋ぐ国道118号線沿いに
廃校となった羽鳥小学校は在りました。


こちらが、羽鳥小学校の正門。

      20170721羽鳥小学校01


コンクリートブロック製の門柱。

      20170721羽鳥小学校02


表札は、しっかりと残っていました。

      20170721羽鳥小学校03



正門辺りからの羽鳥小学校の全景。

      20170721羽鳥小学校04

体育館がやけに目立ちます。
画面の真ん中よりちょっと右の水色の建物が校舎のようです。


こちらが、その校舎。

      20170721羽鳥小学校05

意外や意外。
木造の平屋建ての校舎でした。

廃材が積まれていた校庭の状態から
てっきり、鉄筋の校舎を解体したあとだと思っていたら
木造の校舎が残っていたんですね。


雪が深く、冬の寒さが厳しいことが
校舎の窓から出ているストーブの煙突で容易に計り知れます。

      20170721羽鳥小学校06



校舎の壁に掲げられた時計

      20170721羽鳥小学校24



体育館とプール。

      20170721羽鳥小学校07



プール脇の大きな木。
こちらが、シンボルツリーだったのかな?

      20170721羽鳥小学校08



校庭を徘徊する びいすけ 。

      20170721羽鳥小学校09


      20170721羽鳥小学校10



校庭の隅に記念碑を発見!。

      20170721羽鳥小学校12



碑の正面には、校歌と簡素な沿革が刻まれています。

      20170721羽鳥小学校11


      
裏面には、羽鳥小学校の卒業生一覧。

      20170721羽鳥小学校13



校庭に残る遊具類。

      20170721羽鳥小学校15


      20170721羽鳥小学校16


      20170721羽鳥小学校17



雲梯は、雑草に埋もれています。

      20170721羽鳥小学校18



小さなジャングルジムも雑草に埋もれています。

      20170721羽鳥小学校19


こちらの 棒あがり(?) も雑草の中。

      20170721羽鳥小学校20



校庭には、こんなモノもありました。

      20170721羽鳥小学校21

放射能計。


福島県って被災地なんだなぁと改めて考えさせられます。

      20170721羽鳥小学校22

果たして、この数値が良い数値なのか?
はたまた悪い数値なのか?

それには触れないでおきましょう。


正門近くの白樺の木。

      20170721羽鳥小学校23

小学校に白樺の木とは珍しい。
ひょっとしたら、こちらがシンボルツリーだったのかな?



     



2017/08/20 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..........羽鳥小学校黒沢分校  (2017年7月21日)(福島県岩瀬郡天栄村)  

7月21日 公休日

福島県の旅行の2日目。

レジーナの森を11時に出発して、
最初に向かった先は...............天栄村立羽鳥小学校黒沢分校


黒沢分校は、元々は湯本小学校の季節分校として設立されましたが
湯本小学校辰目沢分校が羽鳥小学校として独立した際に
羽鳥小学校の分校になったようです。


昭和28年黒沢季節分校開設
昭和29年黒沢分校開設
昭和30年天栄村立湯本小学校黒沢分校と改称する。
昭和39年辰目沢分校が独立して羽鳥小学校となり
天栄村立羽鳥小学校黒沢分校と改称する。
平成14年羽鳥小学校が湯本小学校に統合され黒沢分校も廃校となる。

と、このような沿革となっています。



黒沢集落の奥。
かなり山深い場所に、黒沢分校は在りました。

      20170721羽鳥小学校黒沢分校01



木造に小さな校舎。

      20170721羽鳥小学校黒沢分校02


      20170721羽鳥小学校黒沢分校03
     

      20170721羽鳥小学校黒沢分校04



なぜか玄関が開いている。

      20170721羽鳥小学校黒沢分校05

誰か居るのか?
声を掛けてもだれも居る気配はありません。


恐る恐る中に入ってみると...............

      20170721羽鳥小学校黒沢分校06

道路工事の看板の山。

どうやら、土木工事会社の倉庫となっているようです。



倉庫となっていてもやっぱりココは、かつての分校の校舎。
給食室も有ったようです。

      20170721羽鳥小学校黒沢分校07



理科の実験用機材も残ってました。

      20170721羽鳥小学校黒沢分校08


廃虚マニアでもないし、『荒らし』でも無いので
早々に校舎内から引き上げます。


しかしながら校舎の周りは、かなり雑草が伸びてきています。

      20170721羽鳥小学校黒沢分校09


      20170721羽鳥小学校黒沢分校10



こちらは裏口って言うか、通用口だったのでしょう。

      20170721羽鳥小学校黒沢分校11



なぜか、校庭にポツンと椅子が置かれている。

      20170721羽鳥小学校黒沢分校12


工事関係者が置いたモノでしょう。
雨風に打たれ、いつしかこの椅子も朽ちていくのでしょう。

雑草に覆われながら、校舎もいつか朽ちていくのだろうか...............?





2017/08/19 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..........旭田小学校中妻分校  (2017年7月20日)(福島県会津郡下郷町)   

7月20日

7月20日〜21日に福島県の南会津方面に出かけました。

題して、南会津・下郷町の廃校巡り。

その第10弾は................下郷町立旭田小学校中妻分校


中妻分校は、現地の廃校(閉校)記念碑に刻まれた沿革を参考に
この地域の変遷をかんがみて

明治6年     弥五島小学校中妻分教場設置。
明治7年     中妻小学校設置。
明治36年    中妻尋常小学校と改称。
大正3年     旭田小学校中妻分教場となる。
昭和22年    学制改革により旭田村立旭田小学校中妻分教場と改称する。
昭和30年    旭田村が楢原町、江川村と合併して下郷町が誕生。
          下郷町立旭田小学校中妻分校と改称する。
平成17年    本校に統合され廃校となる。

と、このような沿革となっているようです。



こちらが中妻分校の正門。

      20170720旭田小学校中妻分校01



コンクリート製の門柱。

      20170720旭田小学校中妻分校02



表札もセメントのプレート。

      20170720旭田小学校中妻分校03



校舎は平屋建ての木造校舎。

      20170720旭田小学校中妻分校04


      20170720旭田小学校中妻分校06




現在は、学び舎・ポッポ館 と言うアトリエ(?)として利用されているようです。

      20170720旭田小学校中妻分校05

どうやら、ここのアトリエ主は東京八王子から こちらにアトリエをオープンをしたらしい。
そういえば、敷地内に八王子ナンバーの車が停まっていたっけ。


低学年(1〜3年生)が通った分校のようです。

     
背を伸ばして窓ガラスの中を覗きこむと
教室に各学年が区分けされています。

      20170720旭田小学校中妻分校08


      20170720旭田小学校中妻分校09


教室の一部を体育館としていたようです。

      20170720旭田小学校中妻分校10




こちらは、倉庫でしょうか?
それともトイレ?
外からじゃよく判りません。

      20170720旭田小学校中妻分校07



校舎の壁面に掲げられた時計。

      20170720旭田小学校中妻分校11

時刻が思い切りズレてるし...............


校庭整備用にローラー。

      20170720旭田小学校中妻分校12



校庭の隅には、閉校記念碑。

      20170720旭田小学校中妻分校13


裏には沿革が刻まれています。

      20170720旭田小学校中妻分校14



雑草の中に埋もれつつある遊具。

      20170720旭田小学校中妻分校15

ブランコよりも手前の洗濯物干しの方が生活感があって気になっちゃいます(笑)。


雑草に埋れかけた鉄棒。

      20170720旭田小学校中妻分校16


ここでも びいすけ は敷地内を徘徊。

      20170720旭田小学校中妻分校17

まるで、ドッグランにでも来たと思っているのかな?



青空に伸びる国旗掲揚ポール。

      20170720旭田小学校中妻分校18

でも、校旗が掲げられ
風にはためく事は、もう無いんだよね.................。





2017/08/14 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..........楢原小学校弥五島分校 (2017年7月20日)(福島県会津郡下郷町) 

7月20日

7月20日〜21日に福島県の南会津方面に出かけました。

題して、南会津・下郷町の廃校巡り。

その第9弾は................下郷町立楢原小学校弥五島分校


弥五島分校も詳しい沿革は解りません。

現地に在った記念碑には、簡素ながらも
明治5年8月2日 弥五島小学校創設
昭和54年3月31日 楢原小学校弥五島分校として本校舎に統合のため閉校

と刻まれています。
元々は弥五島小学校として創設されましたが
楢原小学校のHPによれば、

『昭和32年 大内分校は江川小の、弥五島分校は楢原小の分校となる』

と記載されていることから、
いつの時代かはわかりませんが、
以前は江川小学校の分校になっていたようです。

昭和32年下郷町立楢原小学校弥五島分校となる。
昭和54年本校に統合されて廃校となる。

と、簡素ながらもこのような沿革となるようです。



こちらが弥五島分校正門。

      20170720楢原小学校弥五島分校01


表札は、分教場となっています。

      20170720楢原小学校弥五島分校02



こちら側の門柱の表札は外されています。

      20170720楢原小学校弥五島分校03

おそらく、本校であった楢原小学校の名が刻まれていたのでしょう。



小ぶりながらも二階建ての木造校舎。

      20170720楢原小学校弥五島分校04



赤い屋根に茶色い壁面。

      20170720楢原小学校弥五島分校05

下郷町の廃校の木造校舎に多い配色です。


比較的、綺麗な校舎。

      20170720楢原小学校弥五島分校06


保存状態も良いようです。

      20170720楢原小学校弥五島分校07



それもそのはずです。
現在は、民間に貸し出されていて、
川田太鼓工房 弥五島会館となっています。

      20170720楢原小学校弥五島分校08

この日は開いていませんでしたが、
和太鼓の練習場として利用されているようです。


逆光で碑文が暗く読みづらいですが、閉校(廃校)記念碑。

      20170720楢原小学校弥五島分校09

下郷地区最古の小学校だったらしい。
確かに明治5年創設とは...............

明治5年に明治政府から教育令が出されて直ぐに創設された学校な訳ですね。



      20170720楢原小学校弥五島分校10

1979年(昭和54年)建立と刻まれているから
廃校の時に建立されたんですね。
下郷町の他の分校の記念碑は、平成になってからの建立が多いから
それだけ、この弥五島地区って言うのは小学校に思い入れがあったんでしょうね。




そして、見つけました!

下郷町って言うか、福島県で初めて見かけた二ノ宮像。

      20170720楢原小学校弥五島分校11

なぜか、ここまで二ノ宮像には出会えなかったんだよなぁ。



残念なことに、二ノ宮像はあったのに遊具類は無し。



校庭跡を徘徊する びいすけ 。

      20170720楢原小学校弥五島分校12


      20170720楢原小学校弥五島分校13



空は澄み渡り、真夏の陽射しの南会津地方。


隣接するお寺との境界には古い桜の木。

      20170720楢原小学校弥五島分校14

春には立派な花を咲かせることでしょう。


ただ、陽射しの強いこの時期。
葉桜の木の下は絶好の陽よけとなっています。

      20170720楢原小学校弥五島分校15


弥五島分校の桜も満開の頃に見に来たいなぁ。




2017/08/13 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..........江川小学校大内分校 (2017年7月20日)(福島県会津郡下郷町) 

7月20日 公休日

7月20日〜21日に福島県の南会津方面に出かけました。

南会津の下郷町には20近くの廃校があります。
題して、下郷町廃校巡り。
その第8弾は...............下郷町立江川小学校大内分校


大内分校の沿革もよく分かりません。
楢原小学校のHPには一部記載されていますが
当初は楢原小学校の分校だったようですが、
やがて江川小学校の分校となったようです。
本校である江川小学校のHPを見ても沿革が記載されていないので
詳しいことは解りません。

楢原小学校のHPを参照すると、

『明治20年 豊成・栄富・戸赤・大内の各校を簡易小学校と改称する。』

との記載がありますので、
明治20年以前に大内小学校として開設されていたようです。




明治20年      豊成・栄富・戸赤・大内の各校を簡易小学校と改称する。
明治35年      近隣の簡易小学校4校(豊成、栄富、戸赤、大内)を合併して
            楢原尋常小学校と総称し、各々を分教室とする。
昭和22年      学制改革により、楢原町立檜原小学校大内分教場となる。
昭和30年      楢原町が旭田村、江川村と合併して下郷町が誕生。
            下郷町立楢原小学校大内分校と改称する。
昭和32年下郷町立江川小学校大内分校となる。
平成17年本校に統合されて廃校ぬなる。

と、このような沿革となっているようです。



実は、この大内分校は下郷町では1番メジャーな観光地である
『大内宿』の一角に在ります。

メインストリートとでも言う日光街道(下野街道)の藁葺き古民家から
ちょっと奥に入った場所に在りました。

      20170720江川小学校大内分校01


今回の廃校巡りで珍しく感じてしまう近代的な校舎。

      20170720江川小学校大内分校02


      20170720江川小学校大内分校03


ここに来るまでに巡ってきた廃校は殆どが古い木造校舎でした。
こちらは、見た感じが軽量鉄骨の校舎のようです。

重要伝統的建造物群保存地区である大内宿。
その宿場町に在った小学校だから、
かなり校舎には期待をしていたんですが
ちょっぴり、ガッカリ感は否めません。

      20170720江川小学校大内分校04



こちらは、プールと体育館。

      20170720江川小学校大内分校05


      20170720江川小学校大内分校06

そういえは、プールを見るのは下郷町の廃校では初めてかも?



校舎前に建つ『創立百周年記念碑』。

      20170720江川小学校大内分校07



校庭は意外に広い。

      20170720江川小学校大内分校08


      20170720江川小学校大内分校09



遊具もそれなりに残っています。

      20170720江川小学校大内分校10


      20170720江川小学校大内分校11


      20170720江川小学校大内分校12



校庭からの大内分校の全景。

      20170720江川小学校大内分校13



江戸時代から続く藁葺き屋根の古民家が
重要伝統的建造物群保存地区として保存されているのに
明治期に創設された小学校が廃校になってしまった。

時代流れと言ってしまえば、それまでだけど
何とも因果な時代のようです...............。







2017/08/11 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..........楢原小学校中山分校  (2017年7月20日)(福島県会津郡下郷町) 

7月20日 公休日

7月20日〜21日に福島県の南会津方面に出かけました。

題して、南会津・下郷町の廃校巡り。

その第7弾は................下郷町立楢原小学校中山分校



中山分校も詳しい沿革が不明です。
統合先の楢原小学校のHPにも中山分校については余り触れておらず
創立時期や楢原小学校の分校になった時期等は不明です。
ただ、中山集落のある中山峠が会津城下へと続く下野街道の難所であり
古くから人の往来もあり、それなりに人が住んで居たことを考えれば
それなりの歴史があった学校だったのではないでしょうか?

しかしながら、平成5年に休校となり、
平成17年に本校に統合される形で廃校になりました。



下野街道沿いに中山分校は在ります。

      20170720楢原小学校中山分校01



木造平屋建ての校舎。

赤い屋根に茶色い壁は、この地方のお約束?

      20170720楢原小学校中山分校02


      20170720楢原小学校中山分校03


      20170720楢原小学校中山分校04


      20170720楢原小学校中山分校05




廃校後は、中山古民具館として活用されていたのでしょう。

      20170720楢原小学校中山分校06

現在はしっかりと施錠され、倉庫のような使われ方をしているようです。



校舎前には朽ちた児童用の椅子。

      20170720楢原小学校中山分校07

錆びた金属パイプだけになっています。



お世辞でも広いとは言えない校庭。

      20170720楢原小学校中山分校08

でも山間部の小さな分校ではちょうど良い広さ。

残念ながら、廃校記念碑など無く、遊具も残っていません。

      20170720楢原小学校中山分校09


敷地の隅には、一里塚の碑。

      20170720楢原小学校中山分校10

まさしく、下野街道の遺構。

この先にある大内宿がスポットを浴びちゃったけれど
この地も下野街道の一部。


学校が在るほどの集落だったのに、
真夏の平日の昼間だから仕方ないかも知れないけれど、
今は人も見かけない集落なんですね。


ちょっぴり、寂しいものです。





2017/08/09 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..........楢原小学校戸赤分校  (2017年7月20日)(福島県会津郡下郷町)   

7月20日  公休日

7月20日〜21日に福島県の南会津方面に出かけました。

題して、南会津・下郷町の廃校巡り。

その第6弾は................下郷町立楢原小学校戸赤分校



三ツ井分校からさらに山の奥へと進んで行くと
山桜で有名な戸赤集落に辿り着きます。
その戸赤集落に戸赤分校が在ります。


戸赤分校の詳しい沿革も良く解りません。
現地に在った閉校(廃校)記念碑に沿革が刻まれていることを期待しましたが
残念ながら沿革の記載は無し。

本校である楢原小学校のHPには

『明治20年 豊成・栄富・戸赤・大内の各校を簡易小学校と改称する。』

と記載されていることから、
明治の初めに創立されたものだと推測されます。


明治20年      豊成・栄富・戸赤・大内の各校を簡易小学校と改称する。
明治35年      近隣の簡易小学校4校(豊成、栄富、戸赤、大内)を合併して
            楢原尋常小学校と総称し、各々を分教室とする。
昭和22年      学制改革により、楢原町立檜原小学校戸赤分教場となる。
昭和30年      楢原町が旭田村、江川村と合併して下郷町が誕生。
            下郷町立楢原小学校戸赤分校と改称する。
平成11年      休校となる。
平成17年      本校に統合されて廃校になる。

と、このような沿革になるようです。



こちらが、戸赤分校の正門。

      20170720 楢原小学校戸赤分校01



割と新しい門柱。

      20170720 楢原小学校戸赤分校02



校名のプレート(表札)も健在。

      20170720 楢原小学校戸赤分校03


      20170720 楢原小学校戸赤分校04



こちらが、戸赤分校の校舎。

      20170720 楢原小学校戸赤分校05


      20170720 楢原小学校戸赤分校07


      20170720 楢原小学校戸赤分校08


      20170720 楢原小学校戸赤分校15

廃校後、「戸赤自然体験あそびの学校」として活用されているから
てっきり建て替えられた建物かと思っていたら、
平成4年に新たに建てられた校舎と言うことです。

平成の時代に木造で校舎を新築するなんて
木造校舎が多く残る地らしい粋な計らいです。


楢原小学校の校章もしっかり玄関の上の壁に掲げられています。

      20170720 楢原小学校戸赤分校06

たまたま、こちらに居らした管理人のおばちゃんに話をしたら
この日は10数人の子供たちが泊まりに来て、
近くの川で水遊びをするらしい。
慌ただしく動き回っていました。


玄関脇に置かれたモニュメント。
『友情』とか言うタイトルだったのでしょうか?

      20170720 楢原小学校戸赤分校16

無造作に置かれ、用具の中に埋もれているような感じでした。



校庭に目を移すと...............

あらまぁ、すごい事になっている。

      20170720 楢原小学校戸赤分校09



ちょうど分校前の川の護岸工事をしていて
その工事の資材置き場と工事事務所となっています。

      20170720 楢原小学校戸赤分校10


      20170720 楢原小学校戸赤分校11


邪魔にならないように、工事関係者の方の許可を頂いて
校庭跡を探索します。

工事事務所の脇に石碑を発見!

      20170720 楢原小学校戸赤分校12



閉校(廃校)記念碑です。

      20170720 楢原小学校戸赤分校13

裏面に沿革が刻まれているのを期待しましたが
残念!
この碑の建立にあたっての寄付をされた方の名簿になっていました。




唯一残っていた遊具。

      20170720 楢原小学校戸赤分校14

しかし、残された遊具が鉄棒だけって...............
下郷町にはこのパターンが多くない?

何となく寂しい気がするのは...............気のせい?






2017/08/07 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..........楢原小学校三ツ井分校  (2017年7月20日)(福島県会津郡下郷町) 

7月20日  公休日

7月20日〜21日に福島県の南会津方面に出かけました。

題して、南会津・下郷町の廃校巡り。

その第5弾は................下郷町立楢原小学校三ツ井分校



三ツ井分校の詳細は不明と言うか
統合された本校である楢原小学校のHPにもほとんど記載されておらず
詳しい内容は解りません。


ただ、現地に在った閉校(廃校)記念碑によれば

明治7年     志源行村下等小学校設置。
大正9年     楢原小学校三ツ井分教場となる。
昭和45年    楢原小学校に統合されて廃校となる。

とだけ記載されています。

詳しく推挙すれば

明治7年     志源行村下等小学校設置。
大正9年     楢原尋常小学校三ツ井分教場になる
昭和22年    学制改革により楢原町立楢原小学校三ツ井分教場と改称する。
昭和30年    楢原町が旭田村、江川村と合併して下郷町が誕生。
          下郷町立楢原小学校三ツ井分校と改称する。
昭和45年    本校に統合され廃校となる。

と、このような沿革になるのでしょう。





両脇が藪の狭い舗装路を上った先に、三ツ井分校は在りました。

     20170720楢原小学校三ツ井分校01



赤い屋根に茶色い壁。
木造校舎です。

     20170720楢原小学校三ツ井分校02



訪れた時期が悪いのだろうか?
普段から使用されていないから、管理もされてなく
雑草が伸び放題。

     20170720楢原小学校三ツ井分校03



玄関までは辿り着けますが...............

      20170720楢原小学校三ツ井分校04



その先は、かなり藪状態。

      20170720楢原小学校三ツ井分校05



私の後を付いてくる びいすけ は、雑草に隠れちゃう(笑)。

      20170720楢原小学校三ツ井分校06



やっぱり、このアングルが一番かな?

      20170720楢原小学校三ツ井分校07



敷地の一角には、閉校(廃校)記念碑。

      20170720楢原小学校三ツ井分校08


      20170720楢原小学校三ツ井分校09



この三ツ井分校にも桜の木が多い。
ちょっとした桜の穴場なのかもしれない。

      20170720楢原小学校三ツ井分校10



携帯電話のアンテナなのか?
大きな支柱が気になります。

      20170720楢原小学校三ツ井分校11



雑草が生い茂り、校舎周りの探索は諦めましたが
時期を選べばもっと見応えがあるかも知れない。

遊具等も確認出来ず、ちょっぴり残念でした。




2017/08/06 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit